So-net無料ブログ作成
検索選択

(^_-)-☆贅沢な使いかた [インドネシア]

 2987 私からもメール発信。 皆様 お疲れ様です
栗崎さんとのお別れは、28日 リッポチカラン シロアム病院メモリアルホールで、
昼過ぎから、仏式で写真とお骨が置かれ、ご焼香ぐらいはできる状態にするそうです。特に儀式はない可能性が高いそうです。
29,30日も 8時から20時まで、借り切っているので、焼香は可能とのことです。

最新情報です。Berikut acara Ceremony duka :
1. Hari/Tanggal : Kamis, 23 Maret 2017, pukul 15.00 waktu Jepang, Jenazah telah dikremasi.
2. Hari/Tanggal : Selasa s/d Kamis, 28 s/d 30 Maret 2017, acara ceremony duka di San Diego Suites RS. Siloam Lippo Cikarang, mulai pukul 09.00 wib. Abu Jenazah akan disemayamkan di sana.
お別れ式は28日午前9時から午後8時まで 29日、30日は午前8時から午後8時まで3日間行われます。
お別れ式ですが日本のような葬儀ではないようです。各人がお線香をあげていただき、お別れをしていただく
ことのようです。23日に日本で火葬されましたので、遺骨をインドネシアに持ち帰り、お別れ式が行われます。

私は、28日、都合が悪いので、29日に、お別れをしに行くつもりです。

カラワンのプレス屋さんに行ってきた。私たちが作った製品に沢山の打ち抜きをする工場だ。以前、一度、打ち合わせに行ったことがあったが、今回は、実際に打ち抜きをしている現場の様子を確認するためだった。結論から言うと、気の毒なくらい、手間取っているし、戸惑っている。穴の数や種類が沢山あり、打ち欠きする場所もあり、2mの製品に15カ所以上、抜き欠かなければならない。二台のプレス機を使ってやっているが、なかなか、はかどらない。その上、まだ、金型の一部が出来ていないので、ナイフで切り欠いている。見ていると、一本完成させるのに、10分以上かかっている。それも、四人がかりだ。 
一日7時間やったとしても、40本くらいしかできない。今回、900本だから、一か月掛かることになる。私たちの生産は三日間で終わっている。
IMG_6936.JPG
IMG_6938.JPG
IMG_6940.JPG
この会社、広大な土地に、広い工場をいくつも建ててある。それぞれが、使っているのは使っていないのか、人が殆どいないし、車もおいてない。このプレス工場も、だだっ広い場所のほんの片隅に機会が並んでいて、風通しのよさそうな状態で仕事をしている。事務所の一角もない。新品、未使用のプレス機が、難題も並んでいる。仕事の当てがあって入れたのだと思うが、聞くと、いつから、どんな仕事をするのか、聞いていないという。日本の岡山のプレス工場で研修生として3年仕事をしていたという日本語上手な青年が、そう言っていた。

10以上ある建屋に中は、全て、こんな様子、中に設置されている装置を全部、集めてきても、この工場、一杯にならないと思うくらい、無駄な使いかたをしている。どういう経営者なのだろうか。道楽としか思えない贅沢な工場だ。大赤字に違いない。

この会社、今日の仕事ぶりをみて、これでいいのか?と、思う。いいはずがない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0