So-net無料ブログ作成
検索選択

(^_-)-☆開いた口 [災難]

 3044 プラスチック原料ローカル商社、そこを通して、Kg26万Rpの原料を毎月、コンスタントに400kgほど購入していた。勿論、フォーキャスト出していた。輸入です。そして、それは、メーカーは受注生産。ということは、商社は大体三か月先までの納期に間に合うように、メーカーに注文をしておかなければならないはず。
ところが、今回、その商社から、在庫が切れました。注文したが、生産が一か月後、入荷を約束できるのが2か月半先になる。それだけではない。価格を上げるという。28万Rp/kgになるという。呆れて、開いた口が塞がらない。こんな価格で、2トンほど注文したいとおもいますが原料どうしますか、と、追い打ちをかけてきた。開いた口は閉じたが、今後、この会社とは口を開かないことに決めた。二年ほど、コンスタントに付き合っていたが、取引をしないことに決めた。

しかし、日系企業を含めて他社に、三社に当たってみた。急な話で、やはり、無理がある。取引が面倒なので、どの商社も、扱いたくない原料だ。本当かどうか、在庫はない、受注生産になる。やはり、納期は二か月半から三か月先になるという返事。その原料でなくても、近い原料でもいいが、それもない。

来月末、レバラン前の原料調達ができない。その、ひどい商社の担当者が300Kgなら、中国に在庫があるという。仕方がないから、それをエアーで購入することにした。20US$の原料を24US$で買うしかないと決めた。

再来月末については、ローカル商社から日系商社に替えて、頼むことにした。日系商社なら。在庫がなくなりました。メーカーも生産中止にしました。どうしますか?などと、言ってこないでしょう、からね。

また、原料で別の問題に直面し、困っている。やはり、本家本元はドイツの会社の製品、輸入原料だが、お願いした商社に、多分、他社向けに在庫がったのでしょう。ブロー成型にも使う原料だ。案外、スムーズに入手ができたので、ほっとしていた。サンプル取り寄せて、成型性のチェックをし、その原料で、製品を試作し、客先の承認も得た。それが約,三か月前でした。
その製品の注文書が入ったのが、二週間前、そのために同じ原料を一週間前に手に入れた。直ぐに、生産を開始。と、したが、製品がうまくできない。明らかに溶融粘度が低い。試作した原料とは別物の感じ。溶けて樹脂が金型から出てきた時の状態が、押出用としては、柔らかすぎる、温度を下げても、思うような硬さにならないので、もっと、下げると、表面がザラザラになるだけで、固くもならない。

製品表面の艶も違う。
これは、明らかに、ロット間のばらつきで、MIが大きい。袋を見たら、以前のロット、サンプルでもらったロットはタイ製、今回は中国製だった。やられた、と、思った。商社が、多分、同じ原料、同じグレードを二か国から買っていたのでしょう。商社は、グレードが同じなら、どこからでも、同じものだと判断しているのでしょう。今、タイ製に交換できないかと相談を持ち掛けている。多分、できないと、言われるでしょうが。
これも、場合によっては、日本のメーカー、日系商社から購入すること考えなければならないかもしれない。

全く、面倒な話、機械や原料で中国が絡んだものは、今の会社では、厄介なことになりやすい。今後は、中国からか確認する必要があると思う。本元がヨーロッパやアメリカや日本であっても、作っている国が中国ということなら、避ける方が無難だと思うようになっている。

海外では、技術以外に、こういうことも、乗りこえなければならないから、大変ですよ。
IMG_8983.JPG
何か昔のコマーシャルに、私はこれで、会社を辞めました。というのがったが、私は、これで、インドネシアをやめられません。
IMG_8986.JPG
私の今日の昼食です。近くのワルンで買ってきました。ナシ、チャベ、サユール、アヤムゴレン、ソトサピのセットです。いずれも、キャンティーンで皿に移して食べます。2万Rp 150円くらいです。ソトアヤムやバソもエナックだが、私はこれとミーアヤムが好きだ。スープの味次第で、美味しい

タグ:対処 困難 困惑
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: