So-net無料ブログ作成

(^_-)-☆残念な振りでいい [インドネシア]

 2448 ジャカルターバンドゥン高速鉄道、ジャコウィさんが大統領になってから、既に、中国に傾いていたと思う。だから、中国に決まっただけだ。そして、日本は、残念と意思表示をしたらいい。私は、よかったと思う。この高速鉄道のルート、ジャカルタから東に向かい、どこから、南東に向かうのでしょうか。南東に向かったところから山岳地帯に入る、バンドゥンの街に入る直前まで山の中である。まさか、スバンを通る筈がないから、プロワカルタ、チプラランの高速道路より手前まで、地価の高い土地を通る、買収や補償問題が先ず立ちはだかる。高速道路沿いのその後はトンネルと橋の連続になる。資材運搬道路も山の中、難工事が予想される。高速道路が未だに、全線、陥没の改造工事が尽きない。

車で2時間半の距離を、高速鉄道で、途中駅に止まらなければ、40分くらいでついてしまうが、目的地の駅までと、駅からの時間プラスすれば、車での所要時間とそう変わらない。車の通行量は、バンドゥンを通りすぎて、終点ゲートまで行ってもせいぜい6万Rp(500円)である。高速鉄道の料金を幾らにするのでしょうか。多分20万Rp以上になるでしょう。飛行機は50万Rpくらいです。建設費は予算より遥かに高くなるだろうし、利用者は少ないだろうし、採算が合うとは全く思えない。大赤字間違いなし。

インドネシア人は列車や飛行機を利用するより、自分で運転する方が好きである。日本は、チレボンからスマランまで繋げることと、ジャカルターチカンペック第二ジャラントールを早期着工に向けて、運動した方がいい。
日系企業が車やバイク利用者のためにも協力して、インフラ整備の手伝いをした方がいい。安くて、効果的だ。ジョコウィさんも賛同すると思う。それと、スマトラのランプンからパレンバンのジャラントールも急いだ方がいい。そして、スラバヤのスラマドゥ橋のように、ジャラントールもバイクが走れるレーンを作ることを勧めたらどうか、絶対受ける。ガソリンスタンドもショッピングモールなどの駐車場もバイク専用があるくらいだから、これが、本当にインドネシア人が求めるところだと思う。
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/page0403.html
西部ジャワの地図です。
そもそも、このルート自体が変、バンドゥンは、日本で言うなら、東京から甲府に向かう山の中ルート、その後、チレボンへ向かうならやはり、山の中、途中、駅を作るような都市はない。スマランまで、日本で言うなら距離的にも名古屋である。東海道新幹線を作らないで、中央新幹線を、先ず、甲府まで敷こうというもの。変ですよね、バンドゥンなどに行かないで、ジャワ海沿いの平坦な土地を通って、スマラン、スラバヤ(距離的に大阪)までなら、採算に合いやすいだろうし、利便性もある。こんなことが、インドネシア政府は分からないのだろうか、日本も、提案したらいいと思う。事実、バンドゥンとチレボン間は、現在の鉄道も繋がっていないし、高速道路も、全く、計画していない、また、ジョクジャカルタ方面にも計画さえない。山の中だし、必要性が乏しいからだ。ジョクジャカルタはスマランと繋げれば、充分だし、途中まで、高速道路ができている。

日本政府、日系企業に提案でした。重ねて、ジャカルターバンドゥン高速鉄道は絶対に大赤字になります。そして、強引に、その後、スマランまで繋げれば、なお、大赤字になるでしょう、だから、繋げないでしょう。中流以上の階級が利用するだけです。
IMG_4304.JPG
IMG_4305.JPG
タシクマラヤとバンドゥン間のバイパス的道路のトンネル?風に開かれた場所、と、それに沿っている現在の鉄道。高速鉄道はこんな場所がほとんどになる。


タグ:赤字 高価 高架
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆パディ ブラス ナシ [生活]

 2447 Padi Beras Nasi稲、米、ご飯の事です。表現が細かいことは、米が主食だという現れです。お米の種類は大変豊富です。産地もインドネシア全土に広がっています。灌漑用水が安定している土地なら、二期作どころか三期作も可能だと思う。しかし、実際には、乾季、雨季があるので、そのタイミングで二期作の場所が多い。
インドネシアのお米は、長粒で、硬い、粘り気が無い、パサパサしているので、ナシゴレンには向いている。それでも、最近は、甘くなってきていると思う。そして、粘り気のある米も増えてきている。作者の名前や炊き方や保存の仕方を印刷してある袋も多くなっている。実際、私は、ローカル米しか食べない。炊く時に水を2.5倍にし、普通に、インドネシア製の炊飯器で炊いていて充分美味しいと思う。感触も日本米とあまり変わらないように思う。日本に帰った時に、勿論、日本国産米を食べるが、それほど、変わらないように思う。

多くの日本食レストランへ行くわけではないし、高級レストランへは全く行かないが、私が行くレストランでは、長粒米が出される。日本米やもち米を混ぜていない。過去には、そういう店もあって、味や食感を日本米に近づけているという店もあったらしいが、今はその必要がないと思う。今もあるのかな?
日本食レストランでは、ご飯は、茶碗に入れられてでてくる。お箸で、掬えるが、多くの場合、かき込む。それ以外のレストランでは、皿に、ほぼ、平らに広げて、もられるが、茶碗にギョット詰めてから、それを、ひっくり返して、山にして出す店も多い。これらは、箸で食べるのは難しいから、サジやフォーク使う。これが、インドネシアスタイルだと思う。
ぐっと握ればおにぎりもできるが、食べる時が難しい、海苔を一部に巻いてあるだけでは、ちょっと噛めば、全体が崩れてしまう。日系コンビニのお握りは、かなり、水を多くしてじっくり炊くなどの工夫をしていると思う。

私自身には、インドネシア米で充分、銘柄にもこだわっていない。美味しいと思わないし、まずいとも思わない。要する、ブラス、ナシなら何でもいいのです。にごり酒を作るにしても、インドネシアの安いお米で充分である。

 サウジへ行って死んだ人は、今年も多いと思う。クレーンの倒壊、踏みつぶされなど含めて、今季は今まで1600人以上現地で亡くなっているという。その場?その近く?に埋葬されてしまうのですね。埋めてしまうまでの時間制限があるのですね。自分の国、土地に戻れないのですね。なぜ、そうしなければならないのでしょうか。イスラムには、私に理解から程遠い、決まりのようなものが沢山ありますね。アッラーさん?モハンマドさん?いろいろな考えで、そうしなさいと言っているのでしょうが、皆さん、納得しているのでしょうか。理由を聞いても、皆さん、説明できない。ウスタッの説明も歯切れが悪く、本人が納得していないようだ。

ご飯をもっと沢山、Nasinya lebih banyak(sedikitすくなく).ナシニヤ ルビー(レビーではない) バニヤック お代りtambah タンバー 二倍 kali dua カリ ドゥア 半分 setengah ストゥンガー(セテンガーではない) 盛る Melayani mangkukムラヤニ マンコッ お椀 ボウル 丼に 田んぼ Sawah 
IMG_41823.jpgIMG_41823[1].jpg
今回、パンガンダランの写真集です。ラフレシアの写真がありません。その代わりに枯山水が一杯あります。
http://otaenplaext.net/newpage85.htm


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ランチャール [旅]

 2446 順調という意味です。仕事や交通などによく使います。
一応、四連休の最終日なので、午後の渋滞を避けるために。6時には、パンガンダランを出発した。家に着くまでランチャールでした。
IMG_4297.JPG
道中は順調で、途中10時過ぎに、レストランに依って、本当に、久しぶりにイカン グラメのゴレンを注文した。イカン マスと共にインドネシアでは代表的な淡水魚です。ナマズと共に、ほとんど100%養殖です。日本人にとっては、ちょっと臭みを感じると思う。インドネアシア人は一般的には、サンバルと共に食べる。私はケチャップ マニスを付けて、臭みを消して食べる。美味しいですよ。ゴレンにした時の盛り姿を各レストランは工夫する。立体的な姿にする場合も多い。バカールかゴレンで食べる。この一匹をたいらげた。ナイギレン半分を頼んで食べて、5万Rpでした。
IMG_4289.JPG
棕櫚(シュロ)を知っている日本人は相当の歳より、私の家は荒物屋でした。箒や羽毛を売っていた。藁や竹で作った者より高給で、庭ではなく座敷で使われていたと思う。その材料は、シュロと言っていた。南国から来た材料ということも知っていた。実際、収穫や集積を見たのはインドネシアでした。ヤシの木、全てかどうか知らないが、椰子の木のような木の高いところの葉っぱの付け根辺りに、こんなものがくっついている。タシクとチアミスの間の山道に脇に積まれているのをよく見かける。今でも、インドネシアからかどうか知らないが、輸入されたシュロで色々なものを作っている人もいると思う。
以前、私は、箒と羽毛と玄関の敷き物を日本へ土産として持っていたことがったが、飾られているだけだと思う。
IMG_4303.JPG
IMG_4303-.JPG
旧日本軍が作らせたと思われる鉄道用の橋、今使われている物と、使われていないもの、信じられないと思うが、この小さな橋の事を近所の人は、テッキョウと言っていた。食事時間を込みで8時間掛からない2時前に家に到着、洗濯をして、疲れて直ぐに寝てしまった。起きたのは19時を回っていた。同じことをしていても、ゆかれ疲れ方は、増しているようだ。と思いながら直ぐ寝てしまって、目が覚めたのが01時を過ぎていた。

そろそろ、最後と思いながら、又、行ってしまったパンガンダランでした。雨季に入って暫く、ということは、12月の初めに、また、行けたら行ってみようと思う。それとも、コタキナバルへもう一度か。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆歩きまわる [旅]

 2445 特にいってみたいところもないので、パンガンダランの首根っこの部分を歩いて回ることにした。いつも、車でスッと通り過ぎてしまうので、ゆっくり、様子を見ることはなかった。網の目のように張り巡らされた道の全てに、ホテルやロスメン、プンギナパンがあり、コソン(空き室)の札が出ている。車ではすれ違えないどことか、入ることができない、狭い道の奥にも、泊る場所がある。
 土産物屋も同じだ。体を横向きにしなければ通れない道にもある。それでも、まだまだ、増えるようで、建設中、増築中の施設が目に入らない場所はない。
IMG_4251-.JPG
 東海岸の地曳網は、毎朝、海岸道路を塞ぐようにして引いている。10年くらい前まであった海岸が消失してしまって、こんな状態になってしまっている。
IMG_4251.JPG
 西海岸は昼間でもととろどころで地曳網を引いている。500mのロープだそうだ。2時間半掛かるという。収穫と言えば、気の毒に思うほど微々たるもの、大きな魚はいなくなったという。
IMG_4250-.JPG
ライフガードの事務所へ久しぶりに行ってみた。2006年だったと思うが、津波が押し寄せ、500人ほどの犠牲者を出した。その時の様子の写真が多く張られていた。私たちは、こんな活動をしているという表示だ。イピン君、彼とは、10年以上前にチャガールアラムへ一緒に入ってラフレシアを捜しまわったことがあった。彼が、説明をしてくれた。私が、ライフガードのユニフォームのスポンサーの一人だった事も、彼は、覚えていた。

  昨日の夕方とは打って変わって、人が湧き出していた。本日、夕方6時前の西海岸の人出です。凄いでしょ。泳ぐ人は一人もいない。少数に人が、発砲スチロールの板で、戯れているだけ、他の大多数は、写真を取っている。只、立っている。単に眺めている。砂遊びをしている。男も女も日本で言う水着を着ている人は一人もいないし、ジルバブをしたままの女性が多い。
IMG_4251^.JPG
こういう雰囲気の中で、海岸端でじゃれているインドネシア人を尻目に、私だけが、沖へ向かって、泳ぐことが多かった。100mくらいまでは水が引いた時には足が付くほどの遠浅だが、沖で泳ぐことは禁止なっている。私は、ライフガードに断って、2~300m沖で、プカプカ浮きながら、海岸に沿って泳いでいた。パシール プティーへ向かうボートが時々、私の傍を通る。それを、監視していて、もし、助けを求めたら直ぐに救助に来るように頼んであった。一回だけ、頼みもしないのに、数人が、私に向かって、競争をするように、向かって来た。私は、もっと、沖へ逃げたが、直ぐに捕まってしまった。訓練のつもりだった。彼等は直ぐに海岸に戻ったが、私はゆっくり戻った。そんな事も、イピン君は覚えていた。今は、流石に、足がつることを心配して、沖へ出ることはしない。
   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆会えなかった [旅]

 2444 チャガールアラムを四時間ばかり歩きまわったが、ラフレシアに会えなかった。残念ながら、私の匂いセンサーは、反応しなかった。ガイドも一度も感じなかった。それでも、経験で、今まで、会ったことがある場所で、又、会える確率が高いことが分かっているので、何か所かで、匂いを求めて、登り降り、かき分け,かき分け、滑って転んで、付き指をし、すり剥き、頭を打ち、72歳近い、じいさんがやることではないなと思いながら、捜しまくったが、ついに、恋人にまたもや、会えなかった。期待は見事に裏切られた。蕾の小さいものをちらっと見た。 
Ini Peta Pangandaran Orang Pangandaran silahkan print dan copi
http://otaenplaext.net/newpage22.html
パンガンダランの地図、 Map of Pangandaran
http://otaenplaext.net/newpage33.html
Saya ketemu 10 lebih Raffresia Patma di Cagar Alam Pangandaran. 16 tahun yang lalu pertama kali masuk situ. Sujak itu 60kali lebih masuk.. Saya ketemu bunga bangkai begini banyak adalah pertama kali. Silahkan lihat photo saya. Arigatoo

枯山水になっていた。聞くところに依ると、本当かどうか、3カ月以上、一滴の雨も降っていないという。完全に乾燥していて、枯れ葉もかさかさで、滑り安い、沢という沢は全て干上がっていて、オタマジャクシもミイラになっていた。パナンジュン滝、完全に、水が消えていた。以前、雨季の時の水量が異常で、こんなことは、初めてだと書いたことがあるくらい、見たことが無かった場所に滝が現れていたことがあったが、今回は、その真逆で、今まで見たことがないほどの乾燥状態だった。歩くところも地割れが多かったし、普段は歩かない、枯山水の沢を歩いた。
IMG_4163^.JPG
乾季の方が、会える確率が多いし、咲いたラフレシアは若干長持ちをすると聞いている。しかし、乾季も終盤、余りにも感想が厳しいのでラフレシアも蕾の内に枯れてしまったのでしょうか見つけた一つの蕾の隣に枯れた蕾がくっついていた。

どうも、人出が今一の様で、今日の夕方、サンセットの頃も閑散としていたし、泊っているホテルもガラガラだ。パサールイカンの前を夕方通ったが、ここも、駐車している車が少なかった。
IMG_4163.JPG
IMG_4163-.JPG
東海岸のサンライズ、西海岸のサンセット
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆パンガンダラン [旅]

 2443 スコットランドとの試合、12-7まで見て、ペナルティーをたくさん取られているなと思っていた。そこで、見るのを止めて、パンガンダランへ着いてから確認した。何と、大負けでしたね。7点の後、3点しか入っていなかった。これも、又、ショックでしたね。
IMG_4120.JPG
オジェックの詰め所にも誰もいない。昨日夜中までドンチャン騒ぎをして、今朝は、明るくなってからモスジッドへお祈りに行くのです。
早朝、出発、犠牲祭で今日は休日、明日を休みにして、4連休の会社も多い。一か月前までは、この連休に、会社を引っ越すことになっていたが、止めになったので、パンガンダランに行くことに決めていた。この前は、いつだったでしょうか。4月1日からでした。以外に道は空いていて、所々の道端近くで、カンビンやサピをさばいている姿が見られた。その、通りがかりも、渋滞にはなっていなかった。多分、イドゥル アドゥハの一連の行事が終わって、昼過ぎから、出発する人が多いと思う。午後は各地で渋滞したに違いないと思うのだが。

ここパンガンダランは、昼過ぎでも人出は閑散としていた。到着が夕方過ぎの人が多いと思う。滞在しているホテルも昼は、私一人だけだった。夜になっても、30以上ある部屋、私以外は入っていない。
IMG_4161.JPG
そして、夕方の西海岸、人っ子一人いない。

気になる。ちょっと、解せない現象が起きている。普通は、600前後、最低200位、最高でも1000回はいかないコネクトがある私のブログ、18日3100回、23日4000回のコネクトがあった。その前後は、やはり、600回前後である。8月に一回1100回、7月には1100回以上が三回あった。それでも多いと思っているのに、今月は、3000回以上と4000回以上である。異常である。特に、多くの人が検索したがる言葉があるとは思えない。どなたかが、私が書いたことに興味を持って、全部に近い文章を一日の内に、開けて、目を通しているとも思えない。何が何だかわからない。

サウジへのハジ、また、また、大事故ですね。密集した群衆が、なぜ、パニック状態になるのでしょうか、聖地へ行ってお祈りをしているのに、踏みつぶされ、押しつぶされ、殺されてしまう。これも、異常ですね。クレーンが倒れて、百何十人も亡くなり、見舞金二千万円近い金額を、サウジの政府が遺族に渡すという話があったばかり、今回は、今のところ700人以上の犠牲者、見舞金はどうするのでしょうか。誰の責任にするのでしょうか。今日は、犠牲祭、本来は、人間が犠牲にされたのを、動物に換えたらしい。今回は、人間が犠牲になってしまった。聞くところに依ると、過去にも何回も圧死事故はあったらしい。大勢が集まる場所には、いかないで、遠巻きの位置にいた方がいいですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆居心地インドネシア [生活]

 2442 PT,ENDOTA SINAR INDONESIAのカンパニー プロファイルです。
http://otaenplaext.net/newpage66.html
ダイレクターが交替し、その新ダイレクターが、会社の責任者になりました。Frensi(フレンシ)君です。コミサリスのエンダンさんの義理の弟です。押出成形というより、製造業は全く素人ですが、事務関係は経験が豊富で、客先や供給者への対応は、前任者のようなことはあり得ないと思う。英語力は充分です。

1996年8月に初赴任して以来、19年を過ぎた・その間、どのくらいでしょうか、日本の会社でも仕事をしたことがあるので、実質は17年くらいだと思う。53歳から72歳である。マダ、終わった分けではないが、そう長く居続ける分けにも行かない。あと、何カ月?何年?
ところで、自覚が無かった時期も含めると、パニック障害に掛かった期間は1年半ほどだったと思う。大変な目にあったが、それを克服し、インドネシアに居続ける理由は何でしょうか。

先ず、仕事、押出成形の仕事、新しい製品、インドネシアでは誰も手掛けていない製品を作り出すことに喜びを感じている。出来あがって、客先に提供した時の快感は、日本でも、インドネシアでも、歳を取っても同じこと、チップインバーディーを取った時の喜びだ。一年に何回か、数回はない。
次が、インドネシア人に私の技術を伝える事、そして、押出成型への取り組み姿勢を伝えることです。製品をできるかどうか自分で判断し、引き受けたら、全て、自分の責任で製品を作らなければならない。技術を売るのだから、営業するにも樹脂に知識や技術を持っていなければならないことは、言うまでもない。それらのことが、私に合っているので面白い。止められない、止まらまい。

気候が合っている。日本の家は静岡市だが、温暖で住みやすい地域、街だと思う。夏、35℃をこえることはまれである。冬、零下になる日は少ないし、なっても、せいぜい、一度か二度である。雪はほとんど降らない。そんな場所でも、私にとっては、暑すぎるし、寒すぎる。住みにくい。その点、インドネシアは、30℃以上になる事は希だし、寒く感じる時でも明け方の高地で20℃くらい、雨季のジメジメだけが気に入らないが老人の体にとっては優しい環境だと思う。デング熱や鳥フルなどを気にしなければ、快適だ。蚊の襲来には、参ることがある。

エンダンさんの会社を軌道に乗せなければならない。アブドゥールをダイレクターにしたのが大間違いだった。1年を無駄にした。新ダイレクターになって、ゼロからではなく、マイナスからのスタートやり直し。直ぐに、出て行ってしまうわけにいかなくなったが、方法は、色々あるので、考えようと思う。これは,居たいという理由ではなく、いなければならないという理由になる。
IMG_4110.JPG
引取機と自動カッターの様子を見ながら、近くの押出成形会社に寄ってみた。この会社は、PT,T社の工場長だったWさん(つい、一か月前ほどに、15年勤めた会社を止めてしまった)が5年前から弟にやらせた押出成型工場だ。そして、今は、この会社に来て、アドバイスをしている。この人も私の生徒の一人だ。この工場の金型も、私が教えたものを使っている。PPパイプの成形では、こんな場所にも、私の影,足跡があるのです。
IMG_4111.JPG
IMG_4108.JPG
この会社に至る道。工業団地ではない、バラックのような住宅が並ぶ一角にある。この道の向こう、右側に押出7ラインがある工場があります。前まで行って、中をのぞかないと分からない。主に、軟質塩ビの異形品やチューブを作っている。
 

タグ:独立 生徒 足跡
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆やはりすごい [思うこと]

 2441 先ほど、日本と南アのラグビーの試合を最初の選手紹介から最後までの映像を見ていた。本当に互角に試合をしていただけでも凄いと思うが、最後のロスタイム?四分間ぐらいの日本の攻撃は、圧巻だった。攻めに攻めまくっていた。つい、見いってしまった。同点のPKをしないであくまでトライ、逆転を狙っていた。最後、右端から三回のパスで左端、ギリギリに見事にトライ、分かっていても、見る度に、気持ちが高ぶる。解説者もアンビリーバボーを連発していた。歴史的なミラクルだとも言っていた。南アの選手がロッカーで、頭を抱え込んだまま、動かないのが気の毒に見えた。
実力が本物かどうか、次のスコットランド戦でわかる。明日の何時頃でしょうか、また、感動させてほしいものです。
IMG_4105.JPG
久しぶりに、何も事件が無かった。というより、客先やサプライヤーと会話をする機会が無かったから、何もなかったのかもしれない。

ところで、ある客先から、今使っている原料PPをHIPSに換えてほしいという要望があった。趣旨が理解できない。比重はPPより12%ほど大きい。使う場所、使い方でHIPSの方が向いているとは思えない。一般的に原料を換えるメリットはコストダウンだ。それにも関らず、製品が重くなるので、原料価格が同じなら、原料の分、製品が高くなる。客先が持っていて、それを使ってほしいというのです。デッドストックになっているから、消化したいのかもしれない。でも、不思議だ、成形会社ではないから、他の射出のサプライーに支給か売っていたのかもしれない。そこで、10%とか20%乗せて我々に売りつけて、そこで、ちょっと、利益の足しにしようと思っているのかもしれない。

他の商社から、見積もりを取ってみた、やはり、客先からの価格より10%以上安かった。それにしても、何のメリットがどこにあるのでしょうか。解せない。とにかく、サンプルを提出し、製品の見積もりも二本立てで出すが、現在より高くなる。

以前、客先が指定した原料を客先が購入して、それを売りつけて、見積もりを出させ、ある程度生産が軌道に乗ってきたところで、原料の価格を上げてきて、原料値上げ分だけの製品価格アップで見積もりを出すように言って来た。100%の歩留まりで製品ができれば、それでもいいが、100%でできるはずが無いということは、値下げをさせられたことになる。こんな姑息な、子供だましのような事をする客先もあるのです。今回も、原料の値上げ分の値上げだけ承諾するに違いない。こちらにも手段は有る。同じ原料を、他から安く買って、それも使い、歩留まりを100%以上にして納品するのです。客先の受け入れ担当者はそこまで、製品重量と売った原料重量をチェックできないのがインドネシアです。
IMG_4107.JPG
まだ、一人の生活が大丈夫のバロメーター、梨やリンゴなどの皮むきを途中で切らないですることができる。片足立ちで、ソックスを履く事ができる。などがある。それらはできるのだが、今日、会社にラップトップのバッテリーチャージャーのコードを置いて帰宅してから気がついて、会社へ取りに戻った。ショックだった。というのも、先週の金曜日の朝、会社へ到着してから、家に置いてきてしまったことに気が付き、昼前に家に取りに行った。注意していたつもりだったが、失敗を繰り返したからだ。


タグ:感謝 感動 歓喜
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆見積もり見直し [押出成形]

 2440 非常に常識的な話。Rpで取引している場合は、定期的に価格の調整をする事。そういう、取り決めをして置くのが常識。
PCやPA,輸入原料を使った製品は、買いがUS$なので、売りもUS$でお願いしていたが、最近は、全てRpでの取引にしなければならなくなったようだ。最近は、その時のレートで自動的にRpに変換して、支払ったり、請求をしたりしている。毎回、金額が変わるわけだ。
ところが、中に、元々US$で価格を出したが、客先の希望で、Rpで見積もりを出し直し、その時の価格をずっと変えないで取引していた製品、客先がある。当時のレートが1万Rp=1US$、それが、今は、1,4万Rp=1US$になってしまっているのに、前ダイレクター、そのままの価格にしていたので、注文を受ければ受けるほど損が増えるようになってしまっていた。
今朝、その、客先へ行って、価格の見直しをお願いしてきた。客先も、分かっていて、他のサプライーは半年に一度、定期的に、価格を見直しているという。それが、当然なのに、そういう、ルールを作っていなかったのでした。客先も分かっていて、見積もりをし直すことを承諾してくれた。20%以上も変動しているのだから、赤字でずっと売っていた。客先からは、何の話もないことは当たり前だった。

見積もり明細について、これも、一般的だが、客先は求める。価格の内容を知っておきたいからです。製造に使う装置の固定費や生産速度、単位時間にいくつできるかなど、変動費というか、その製品を作るから必要とする物の費用、例えば、原料費、梱包費、後加工、仕上げ加工などがあれば、それらの費用、これらを一枚の表にして提出を求めてくるのが普通ですね。プラスチックの射出成型の世界では、何トンは幾らというように、使う成型機の固定費の相場が決まってしまっている、それは、インジェクション屋さんが腐るほど沢山あって、それも、技術の勝負ではなく、価格の勝負になっているからです。厳しい世界ですね。健全な経営をしている会社はそう多くない。
その点、押出の場合は、固定費の相場がないので、最終価格に合わせて逆算で、それら個々の費用を出しやすいし、指摘される事もない。輸入していた時との比較だけである。明細は形式的なものになる。今回、その明細も求められた。
IMG_4098.JPG
IMG_4100.JPG
デルタシリコン5の会社を訪問して帰宅途中に高級住宅地がある。リッポチカランの奥の方に当たる。私には全く、縁のない場所だ。一戸建て、家賃20~30万円だそうだ。
 

タグ:固定 変動 改定

(^_-)-☆自慢は一つだけ [思うこと]

 2439 アン ビリーバボー ラグビー日本、感激した。 
インドネシアに仕事で来ている、或いは来ていた日本人の中で、私が一番だと思うこと。多分です。
1 プラスチックの押出成形の知識と技術。
2 押出原料として扱ったプラスチックの種類の数。
3 車でインドネシア内を自分が運転で走った距離。
4 インドネシアで作られている押出成形品で私が最初にメイドインインドネシアにした数。
5 ブンガバンカイ(ラフレシア)に会った回数。
6 観光で、インドネシアの端から端を旅し、尋ねた先の数。
7 パンガンダランとヌサカンバンガンへ行った回数。
8 ジャバベカゴルフでプレーした回数。
9 ネットに投稿している日本語の文字の数。
10 カキリマで食事をしたり、ブンクスをしてもらったりした回数。
11 ドゥリアンやチュンペダックCempedakを食べた量。
12 現在の生活費の安さ。
他にもありそうですが、このくらいしして置きますが、この中で、私がちょっと自慢できるのは、1の押出成形の知識と技術だけです。他は気ままにやっているだけで、他人や他国のためにはなっていない、自己満足の世界ですが、押出しに関しては、多くの他人も満足してもらっている。そして、1があるから2以下の事が全てできるのでした。

インドネシアに限らず、日本でも、私が一番先に作った、であろう製品がいくつかあります。例えば、コイリングチューブ、今はウレタンが多いようですが、最初はトーレの12ナイロンで作りました。
http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage024.html
http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage028.html
エッジング、グロメット、押出自在ブッシュなど、今でも電材屋さんのカタロブに乗っているでしょう。
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0201.html
スパイラルチューブもLDPEとN6で作りました。これらは、47~8年以上前の話です。
http://space.geocities.jp/enplaindonesia/newpage5.html
インドネシアでは色々ありませが、何といっても、車やバイクのコントロールケーブルシステム用の細いチューブです。HDPEとPOMが原料です。HDPEは架橋処理をします。これができるかと聞かれた時に、ポリカペンダントのPCの細いチューブを作った時の方法から、なお工夫すればできると思った。今は、私が提供した技術を使って、一か月100万メートル以上作っている。
IMG_4086.JPG
この新築住宅、エコ住宅と謳って売り出している。ここの他にも、ゴルフ場の周囲に、入居していれば、メンバー扱いになるという住宅が一杯ある。内部の設備は、直ぐ生活できるように、すべて整っているはずで、家賃は一か月20ジュタ(18万円くらい)。これが、リッポチカランやジャバベカでは相場だと思う。インフレがきつい。入居する日本人がいるのだから、値下げをする必要はない。私の家賃は10分の1だ。
IMG_4092.JPG
ジャバベカゴルフのレストランで食事をした。ここのソッ ブントゥットゥである。私の舌に合っているが、高い。自分で作るに限るが、牛の尻尾の値段は高い。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ささやかな喜び [生活]

 2438 食料、材料の買い出しは、一週間に一回、木か金曜日にする事にしているが、今日、土曜日はゴルフ仲間の都合が悪くなり、私もゴルフが出来なくってしまうことは木曜日に分かっていた。そこで、今日、買い物をする事にしていて、午前中、レジが空いているだろう時間に、シティヲークのファーマーズマートへ行った。果物、肉や野菜のほかに何故かブンブ、ラギ、ヨーグルトも仕入れた。

マクドナルドやスターバックスがあり、日本食レストランはないが、ラーメン屋は有る、タコ焼き屋台もある、中華料理、インドネシア料理レストランもある。オープンテラスの面積は広い。裏通りには洗練されたショーケースが並ぶ、各種の店もある。今日は、文房具屋でファイルを買った。リッポチカランでは色々なルコがあって、日本人の多くが求める夜の世界もかなり充実していると思うが、このシティヲークは、私が思うに、唯一、ヨーロッパスタイルの街だ。夜遊びのための店や施設はここにはない。

そして、何より、インドネシアらしくない点は、ゴミの散乱、臭さがないと思う。シンガラジャ、ルコタムリンなどなど、日本食レストランやカラオケ、マッサージがある街は、ゴミ箱は溢れているし、散乱している、臭い。日本食レストランに入る時、その脇を必ず通ると言っていいし、駐車する時、ゴミの入れ物をよけなければならい場所が一杯あるが、ここは、その事を考える必要がない。もっとも、本場ヨーロッパの街は遠目では綺麗だが、実際に歩くと、ゴミや煙草の吸殻が、散乱しているし、土の道にでは、土の中にめり込んでいる。この点は、ヨーロッパより良い環境だ。それほど広い場所ではないから、綺麗に保てるのかもしれない。ズリ エックスプレスホテルに泊まる人は、歩きで、レストランに行けるし、ショッピングもできる。チトラインからも近い。
IMG_4084.JPG
IMG_4082.JPG
ここのファーマーズマートで買い物、ここには、コンビニでは売られていないアルコール類も充実しているビンタンビールをカート一杯にしている人もいる。韓国、日本のからの輸入食材も結構充実している。肉、魚、野菜や果物も回転が速いと思うので、新鮮だと思う。私は、魚は買わないが、牛肉を買う。ここのは、オーストラリア産だという。今日は、安売りになっている、イガとランダンを各1kgずつ買った。量り売りなので、ぴったりではない。イガは、通常の半値近かった。大変お得感があった。ブントゥットゥは通常価格で100g200円もしていた。ここ、何カ月かソッ ブントゥットゥ(オックステールスープ)は作っていない、その代わり、味はそっくりの、ソッ イガができる。と、思いながら、レジで計算を待った。すると、サピ(牛肉)を1kg買うと、アヤム(鶏肉)一羽貰えるという。会計の後、サービスカウンターへ行くと、何やら計算して、ちょっと持ってくださいと言って、係の人がその場を離れた。直ぐに、戻ってきて、あなたは三羽受け取れます、といいながら、小さめだが、確かに鶏が三羽入っている袋を渡された。びっくりだが、妙な喜びを感じた。当分の間、ミーアヤム、ソトアヤムやアヤムゴレンを、食べたい時に、食べられるぞと、うれしくなった。
IMG_4079.JPG
ヤギが売られている。こんなのが、あちこちにある。24日までの勝負だ。
  
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆言葉雑知識 [情報]

 2437  Ciチの意味をご存知ですか。インドネシアには、或いはジャワには多くの地名や街の名前の最初に使われている。Cikarang Cipanas Cijurangなどなどです、 
Apa arti "ci" dari nama-nama tempat di jawa seperti cimangis, cibubur,etc?  というように、インドネシア人にも、それを知りたいと思っている人がいる。意味は川、小川、水です。その土地は水に関係がある環境で、その後につくのはその土地の特徴です。Karangは珊瑚、サンゴ礁のことです。Panasは熱い、暑い、温泉地に多い。Jurangは谷間です。mangis果物 buburお粥。余計なことですが、Nasi sudah menjadi buburご飯がお粥になってしまった。“腹水盆に返らず”という諺です。

Kopajaコパジャ Koperasi Angkutan Jakartaの略です。通常、ジャカルタの市内バスの事を言います。それではKoasiコアシは、どこでしょうか、そうです、Bekasiのミニバスです。土地の名前を付けない時には、単にAngkotアンコッと言います。チカラン辺りをミニバスはアンコッと言っています。
ちなみに、Ojekオジェックは、バイクタクシーですが、これだけバイクが氾濫しているのに、バイクタクシーは減らないどころか、増えているようです。私の家の前に、詰め所があるが、人数は増えている。アンコッが通る場所まで送ることが多い、又、アンコッを降りて自分の家に行くときに使う。
そして、ジャカルタでは、組織だったオジェック会社が増えている。タクシーならブルーバードのようなものだ。それが、Blu OjekやGo Ojekなどです。皆さん、ユニフォームを着ている背中に会社名が書いてある。人を乗せるが、届け物もする。電話で呼び出しも可能。
インドネシアの乗り物は、Bajai(バジャイ)が有名ですね。日本の昔のミゼットのような三輪自動車ですね。バタバタと賑やか、排気ガスを撒き散らして、車の間をぬって、走っていますね。ついでにBeca,Bemo,Kancir色々なスタイルのタクシーのような役割をする乗り物がありますね。土地々々の特徴がありますね。

またあった。帳簿を見れば分かることの筈が、それが、分からないのがこの会社の帳簿、今日も、原料の注文の前の見積もりを頼もうと電話した先の担当者曰く、以前のインボイスの分、まだ、払ってもらっていないという。いつ頃から、いくらだと聞いたら、4月からで、支払いで期限が過ぎているだけで40ジュタ(40万円弱)だという。その原料、約二トン分の未払いだ。前ダイレクターは、支払いの催促をされるので、在庫が無くなってしまって、生産ができない状態になっているのに、原料の手配をしていないのだ。手配出来ないでいたのだった。そして、彼が首になったことを言っていなかったのでした。事情を話して、私が責任を持って払うから取りあえず見積もりを出しほしい、POは直ぐ出すから、在庫があるなら、直ぐに納入してほしいと頼み込んだ。
まだまだ、後始末というか、問題の解消は終わらない。
IMG_4071.JPG
グリルアミド、アミドですが網戸ではありません。ナイロンの事です。これはPA11と並んで高価なPA12です。インドネシアでは、押出でこれらの原料を購入してチューブなどを作っている人は私だけです。今も、11ナイロンや12ナイロンのチューブを輸入して使っている会社は、私がメイドインインドネシアとしてお手伝いしますよ。

また、スパイラルチューブに関係ある日系の会社の方が、見えられた。スパイラルチューブをインドネシア国内で作っているのも私だけです。ただし、この製品は輸入品が氾濫していているので、積極的に営業をするつもりはない。
IMG_4075.JPG
我がタマンセントサの一角にアパートを建てている。ワン セントサという名前のアパートだと思う。完成すれば、日本人のタマンセントサ住民が私だけではなくなると思う。ただし、私がタマンセントサにいなくなる時の方が、完成より早いと思う。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆まだあった [災難]

 2436 原料、日本からの輸入だ。二か月半前に注文書を発行していた。それを、私は聞いていたが、その原料がいつ入るのか聞いていなかった。彼が先週、辞めてから、原料屋に問い合わせた。担当者曰く、まだ、日本からいつ製造するか返事が来ていない。びっくり、二か月半も前に注文したのに、黙って、只、日本からの返事を待っているという。一体、いつまで待つのでしょうか、催促をしていないで、もう、その事は忘れてしまっているのでしょうか。そして、注文をした、こちらのダイレクターだった人間も、催促していなかったのでした。私が、返事を三日待つから、すぐ、いつ生産し、いつ送るのか、いつ着くのか返事をしてほしいと頼んだ。そして、今日、返事が来た。今月中に生産して、来月九日に送り、会社に到着するのが10月20日だという。そして、おまけに、250kg注文してあったが、それでは少ないので500kgにしてほしいと言って来た。まったく、そんなことを頼むなら、二か月半前に言いなさいよ、と、言いたくなった。結局、この商社に担当者、日本のメーカーに注文していなかったのだと思うし、こちらの元ダイレクターも、その後、全く、知らん顔だったのでした。

そもそも、この樹脂、このメーカーの原料でなくても良かったし、この商社を使う必要もなかった。前ダイレクターが、どんな理由か知らないが、変えてしまって、注文してしまったのでした。この原料に関しては、近いところでは、日本や中国や韓国にメーカーがあって、韓国系の商社を通して、韓国から購入していた、それを、日本メーカーとインドネシアローカル商社に換えてしまったのでした。もっとすごいことには、船便でなく、緊急に必要だからといってエアーでの注文でした。緊急に必要が、何で、二か月も三カ月も放っとくんだよ。今までの韓国製はUS$5.1なのに、この日本からのものはUS$6.3もする。それにエアー代がプラスになる。

もう、いい加減にしてよという心境で、注文をキャンセルした。注文書のコピーに真っ赤な大きな文字で、CANCELとプリントして送った。アブドゥールAbdur アブノルマルAbnormalに名前を換えた方がいい、と、新しいダイレクターが言っていた。苦笑いである。

先週、私は、今迄通りの原料、今迄通りの商社に注文をしなおした。10月10日には会社に到着するという返事を貰っている。それも船便で。

犠牲祭近し、24日木曜日ですね。そろそろ、牛やヤギが街かど、空き地、道路脇で売られるようになる。24~27日まで連休にする会社が多いと思う。その代わり、今週土曜日に出勤するのかな。
IMG_4067.JPG
小さな押出機、例の持って帰られたものが再び会社に戻った。
IMG_4068.JPG
チカランバラットゲート脇にショッピングモールやホテル、アパートメントなどの建設が始まった。ここにもバブルの始まりの象徴がある。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆何かが出てくる [異常]

 2435 クレーンが倒れて、惨事となったことで、宗教家にコメントを求めている。建築、建設の専門家には、全く、インタビューをしていない。ウスタッ(usutad)と言われる、宣教師に、である。彼等のコメントといしては、異常気象で突風が吹いたのが原因だという。トゥハン(神)を責めてはならない。どうもよく分からない説明だが、イスラムの人達は納得するのでしょうか。

usutadと言えば、真面目な宣教師が多いと思うが、テレビに出てくるウスタッに中には、なまぐさも多い。歌って踊れるウスタッと言われている人が、浮気を奥さんにばれて、裁判沙汰になった。ポリガミ(一夫多妻制度)は、既に結婚している奥さんのOKが無ければできない。これが、一応のルールです。そんなことも知らない宣教師では、困ったもんだ。その人も、今回の事件を解説していた人の一人です。

例の押出機が戻された。タンゲランに持って帰ったと言っていた。手付金は払ってあったので、残金を支払った。その人曰く、機械を収めた時点で、支払ってもらえるはずだったが、払ってもらえず、催促を何回もしたが、知らん顔だったので、取り戻した、その時、アブドゥールが立ち会ったという。持って行って良いと言っていたという。ご本人、呆れかえっていた。

一月に請求書が来ていた金型費用を払っていなかったので、新しく頼んだ時に、支払いが先だと言われた。そこで、本日、一月の分を支払った。そして、新たに注文をした。この金型屋の他に、もう一社の未支払いがあった。アブドゥール、支払いをしないで、別の金型屋に注文をしていたのです。そして、払いをしないで、又、別の金型屋に注文したのです。よく、そんなことを、平然として出来るなと、感心してしまうくらいだ。そういえば、原料も同じことをやっていた。次々とサプライターを変えていたのでした。換える理由が、即時現金支払いを求められるとか、前払いを求められるなど、なら、分かるが、そうではなくて、やはり、支払わないので、次の注文を、同じ商社には出来ないのでした。彼に、目を付けられた会社はとんでもない目に会う。こんなことが、何年も続けられるはずもないのに。結局、尻拭いを、今、させられている。本人は辞めさせられて、ほっとしているのではないか。しかし、何か、まだまだ、出てきそうだ。

工場の引っ越しは止めたそうだ。私は反対だった。会社までの道の状態が最悪、雨季になったら、どんなひどいことになるか想像できる。工場が狭い。事務所も狭い、ミーティングやゲスト用の部屋もない、遠い、電力が足りない、その事が分かったようだ。移転費用もばかにならない。半年後を目途に、工場を作るそうだ。土地は買ったという、どこ?それは知らない。ま、このことは、お任せである。

事務能力には優れていそうだ。勿論、技術的にゼロだし、樹脂の事も全くの素人、これから、この会社を運営して行く人だから、知識をどんどん増やしてほしい。
IMG_4065.JPG
IMG_4065.JPG
帰宅途中の様子、カリマラン通りに出て、チカランバラットのゲート方向に曲がる。この道が一番の近道だが、渋滞は避けられない、程度の問題だ。


タグ:慎重 流れ 急ぎ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆頭痛の種 [思うこと]

 2434 今朝もイジップの冷蔵庫屋さんに行ってきた。新しいデザインの冷蔵庫のためのフレームの見積もり提出と、例の担当が首になって、その代わりに私が登場する事を伝えた。この会社には、冷蔵庫の各棚?の前面の縁として、PPのプロファイルを提供している。この数も徐々に増えているが、新しいデザインの冷蔵庫は、当初2500台、二年後には一万台が目標だとか。昨日の冷蔵庫屋さんといい、結構、景気のいい話をする。車やバイクとは、違うようだ。インドネシアは、冷蔵庫は必需品として、各家庭に置かれるようになるのはこれからだと思う。田舎なら、冷蔵庫など全く見ることができないのが現状だから。
IMG_4056.JPG
そして、この会社からもQC関連の書類の提出を催促された。お決まりのお困りである。

やっぱり、今朝、引取機を注文した会社に電話した。やっと、話をすることができた。いつ出来あがるか、聞いたところ、今はないという。以前、私が見た装置は、他の会社に売ってしまったという。頭金を払ってあるのに、そんなことをしていいのかと聞いたら、例のアブドゥールに、注文書が出ていないことと、キャンセルなら、他の会社から注文が来ているから、そちらに、回していいかと聞いたそうだ。返事は、いつ、注文書を送るかどうか決めていないからOKだと言ったそうだ。作っても、残りの分を払ってもらえそうもないから、他社に売ってしまったという。全く、とんでもない、改めて呆れかえった。
仕方がないから、とにかく、前金を払ってあるのだし、新しく作ってもらうように頼んだ、おかしな話出る。そして、返事は、来月の5日までに納入してもらうことになった。心配した通り、押出機とほとんど同じ情況にされていた。何度、聞いても、返事をしないで知らん顔をしていたわけだ。

PC、LEDランプカバー用の原料の注文をした。1トン、来月10日に到着予定という返事を聞いている。
IMG_4051.JPG
頭が痛いのに、寝違いか、慢性か、また、首が回らなくなった。運転がつらい。ところで、キャディーにその話をしたら、この薬を塗ってみて、と、渡されたのが、“フレッシュ ケアー”という名前の、匂いがトクホンチールのような塗り薬だった。コンビニで売っていた。一本買うともう一本付いてくるという、プロモーションをやっていた。結構、気持ちいい、暫く、塗り続けて効果を確認してみようと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆置き土産 [災難]

 2433 先ほど8時頃、パラパラと雨が落ちる音がした。その内、ザーっと来た。一時間ほど続いた。久しぶりに聞く音だった。それと同時にカマールマンディーのランプの辺りから雨漏りがしだした。屋根に大きな穴が開いたのだろうか。このまま放っておけば天井が落ちるのではないかと思う。
IMG_4049.JPG
インドネシアへ戻ったのが先月の13日だった。約一か月、その間、一度も雨は降らなかった。一般的には、10月から2月過ぎまでが雨季なので、そろそろ、雨季に掛けての序が始まるころである。順調かなと思う。日本の秋冬がこちらの雨季、春夏がこちらの乾季になる。インドネシアへ旅の人は、覚えておくといい。日本の寒い時期に、暖かなインドネシアへ行ってみたいと思うのは自然だが、雨にたたられる可能性が高い。
IMG_4033.JPG
タマンミニの辺りからボゴールに向かう一般国道沿いの日系企業を訪問した。ダイレクター、営業やデリバリーの担当も変わったので、その報告と。現在の問題点の把握のためだった。注文量が増えそうだ。それの対応をしていない。納品を一週間に二回程度にするために、生産容量を増やす必要があることを指摘された。それと、昨日、訪問した会社でも要求されたが、各種、作業標準書などのドキュメントである。昨日と同じように、半年も前に、頼んであって、オーディットを早くできるようにしてほしいとも言ってあったそうだ。前ダイレクター、全く、無視をしていたようだった。これでは、その他の会社も、挨拶に行けば、このことは必ず指摘されそうだ。

デポジット(手付金)を支払った押出機が消えてしまった事に関して、前ダイレクターが、納品された後、約束の支払いをしなかったので、持ち主が持って帰ってしまい、それから、二か月、支払いをするから、持ってきてくれと頼んだら、もう、解体してしまって、戻せないと言われた事件に関して、一つの部品だけ、戻すことができないから、その分、値下げして、納入をするということになった。それでも、先方、その、支払いに関して、信じていないようだ。今度、納入したら、支払いをされず、押出機を取られてしまうのではないかと。それほど、前ダイレクターとの会話。約束は、酷いものだったらしい。

同じように事態がもう一件あって、引取機の事、これも、4月に30%の前金を払ってあることは知っていた。私は、その会社へいって、途中経過を確認してあった。三分の一ほど出来あがっていた。その後、やはり、入ってこない、その会社に電話したら、注文書が入っていないから、進めていないという。そんな!!そして、押出機と同じように、解体されているかもしれないと思いながら、注文書を送った。その後、三日過ぎ、何も連絡がない。心配で、電話をしたが、出ない。そこで、直接、夕方、4時過ぎに、その会社へ行ってみた。鍵が掛かっていて、誰もいない。隣の工場の人に聞いたら、もう、今日は帰ったよという。どうなっちゃっているのだろうか。また、明日、このことで、確認作業をしなければならない。どこもで、彼は、でたらめだったのだろうか。
まだまだ、問題は有りそうだ。


タグ:被害 放棄 問題
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆信心の不思議 [インドネシア]

 2432 ハジの季節である。この時期、世界最大のイスラム国のインドネシアから何人メッカ巡礼に行くのでしょうか。想像もつかない、スカルノハッタのターミナル3は、ほとんど、アラブサウジ行きの専用になっている。空港が閉鎖されて、待機せざるを得ない人も多い。一生に一度はメッカに行きたい、死ぬ前にどうしても行っておきたい、ほとんどの人がそう思っている。日本で言う、頼母子講のようなものも盛んに行われている。
Sebanyak 11 jemaah haji asal Indonesia yang menjadi korban luka jatuhnya alat berat proyek (crane) di Masjidil Haram, Mekkah, Jumat (11/9/2015), telah dilarikan ke rumah sakit terdekat.
 インドネシア中のどこからでも、出発式や見送り式のニュースが伝わってくるし、現地からは、インドネシア人の動向を逐一伝えてくる。それが、突然、クレーンが倒れたニュースに変わった。結局、今日まで、インドネシア人の犠牲者は、亡くなった人6人、怪我で病院に入院している人が31人だそうだ。痛ましいニュースである、折角、願いがかなってやっと行けた人がほとんどだと思う。それが、不慮の事故で犠牲になるとは、家族は悲嘆にくれている。
 インドネシア人にこれだけの犠牲者がいるが、全体では100人以上亡くなっているという。しかし、これが宗教でしょうか。どうも、この事態を、責める情況が希薄なことには、驚く、偶々なのかどうか、ジョコウィ大統領がサウジを訪問していて、首脳同士が会い,会談をしているが、この件に関しては、さらっと、お互いに感想を言っているだけで、強く何かを要求しているという風景はないし、一般、イスラムの市民も責任を明らかにしろとか、保証金の要求を求める動きはまだ出ていない。関係ないが、どんな保証されるのか気になるところだ。

 もっとも、今回に限らない、ハジ専門の旅行会社が沢山あるくらいだから、毎年というか、巡礼は常に行われている。高齢者が多いからか、現地で何らかの原因で、帰ってこない人も多い。保険に入って行くのでしょうね。

じりじりと暑い中、スタート時間が8;30とかなり遅かったために、途中渋滞も在り、終了が14;20でした。こんなに遅くまで、やることは、初めてだった。それから食事で、家に戻ったのが、16;00近くになってしまった。まるで、日本でやっている時の時間だった。オリンピックで45ポイント、偶にはこういうこともある。竿が五回も入った。風の清々しさと、キャディーや仲間たちとの会話、心地はニルワナである。
IMG_4021.JPG
IMG_4024.JPG
私が住む街の一角の風景です。インドネシアのローカルらしい店が並んでいる、コスKostと言って、下宿の建物が、この辺り多い。家賃は、30万Rp,3千円弱です。私が50年以上前の学生時代の下宿代と同じだ。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ムシン クバカラン [インドネシア]

 2431 Mesin kebakaran 火事の季節、Mesin kemarau乾季に入って、二三カ月、相変わらず、各地から、火事のニュースが入ってくる。昨日はブカシのゴミ集積場、例の火葬場の近くにあるゴミの大きな山が炎を上げて燃えている風景が映し出された。匂いは画面に出ないが、相当、臭いだろうなと思う。消防車が放水をしているが、真面目に消そうとしているようには見えない。誰かが、火を付けて、燃やしているのではないかと疑いたくなる。

ジャカルタの密集貧民部落でも、何十軒かが焼けだされている。これも、バケツで水を掛けている風景しか映らない。誰かが燃やしたのではないかと思う。公共では、何十軒では、不満ではないかと思う。もっと、燃やしてしまいたかったのではないかと思う。

それとは別に、山火事、野原の火事、深刻だ。これは、恒例の行事のようなもの、日替わりで、空港が閉鎖される。スマトラ、カリマンタン、スラウェジ、フローレス、その他、それらの島々が競っているようだ。昨日は、カリマンタンのパランカラヤPalankaraya
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage109.html
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage110.html
という都市の空港が閉鎖せれた。
バンカ島のパンカルピナンpangkal pinang
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/page002.html
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/page003.html
の空港が正常に戻った。というようなニュースのように、である。

ある人から久しぶりにメールが届いた。私の問いかけや頼みに対して、半年以上、全く、答えてくれなかった。何故でしょうか、憶測するに、文章に書いてしまうと、自信がないのでしょう。できなかったり、そのようにしなかったりした時に、私に、証拠を残すことになると考えるからだと思う。久しぶりのメール、そして、面白い事に、その内容が、意味不明というか、矛盾している。明らかに、現状を分かっていないで、返事を書いている。分かっていないことの証に、見事に、なってしまっている。やはり、本人は、私に何かを言いたいときには、どなたかに相談してからの方が良いと思う。もっとも。相談した人の考えを、その通りに、伝えることができない人かもしれない。今回が、そのケースかもしれない。
やる人ではない、やれない人でしょう。オダックイでもオッチョコチョイでもない。
IMG_3999.JPG
IMG_3998.JPG
ちょっと豪華な結婚式と披露宴の会場。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆おっちょこちょい [思うこと]

 2430 “おっちょこちょい“は標準語でしょうか。この言葉も、よく言われた。落ち着きがなく、考えないで、軽々しく行動する。この言葉、言われて、決して、悪い気はしなかった。逆に、”よくやるよ、お前は“と言われているように受け取っていた。というのも、そのことを、他の人や子はやらないが、私がやっているのです。

おっちょこちょいの一面は、テストの結果です。算数、数学のテスト、結果は95点以上だが100点はなかなか取れない。というのも、一番最初の簡単な計算を間違えているのです。応用問題では、式を作って計算し、結果は、その問題にふさわしい、数字の大きさになるので、計算を間違えれば分かるので、間違わない。最初の問題は簡単なので、さっとやってしまって、見直さない、見直しても、間違っていると思っていないので、さっと、見直すだけ。答案が返ってきて、バツになっていて、又、やってしまったと、思うだけだった。親に、“おっちょこちょいだからな“といわれ、”仕方がないな、遺伝かな”と、言われていた。他人に迷惑を掛けるわけではないし、何も100点をどうしても。取らなければならないわけでもないし、それで、学級や生徒会の役もやらされていたし、運動もやっていたし、良いじゃないの。

自分で会社を作って、バブルで忙しくて、睡眠時間3時間とか4時間が当たり前で、税金もたっぷり払ったし、各種保険はマックス、それ以上はないという上限の金額を払っていたし、それが、バカバカしくなって、挙句に、インドネシアで数々の障害や妨害に会いながら、それとは別に、数々の楽しみもしているし、自分の目的をしつこく追っているし、良いじゃないの。やる人 見る人 逃げる人があるなら、やる人だから、オダックイでオッチョコチョイだから仕方がないですね。
IMG_3993.JPG
早速、KIICの会社を訪問し、ダイレクターが代わって、新しい体制になったことを報告かたがた、私が営業の仕事もする事になったと報告した。早速、コンプレーンを受けた。問題を、なかなか、解決してくれないと。フローチャートやスタンード オペラシなど、大分前に要求されていたらしいが、全く、知らん顔だったとか、ここでも、嘘をふんだんに言っていたのでした。
取り引きとは関係ないが、この会社、1200人の従業員を、この4月から500人減の700人にするための希望退職を募っていたが、今のところ、300人減らしただけだという。今年中には目標達成をするだろうと言っていた。私たちが手伝っている部門は成長しているが、他の部門は、下降線をたどっているという。
IMG_3990.JPG
今朝のチカランバラット、インターチェンジゲート付近のフライオーバーの大渋滞。
  

tempat kremasi yang dipilih oleh keluarga adalah keremasi Nirwana yang berlokasi di Bekasi.
家族が決めた(選んだ)火葬場はブカシのニルワナ(天国、涅槃)火葬場でした。多分、ガトゥットゥスブロト病院 ジャカルタ中心部からタンジュンプリオク、コンテナ港方向、過ぎて、ずっと、北東に向かい、ブカシに入って、なお、北東の海岸近くにある。そこから、南西方向にタンジュンプリオク港のクレーン群が望める。選ぶというより、ジャボタベックなら、ここしかない。
IMG_3993-.jpg
関係ないが、バリ島のタナロットにある有名なゴルフ場の名前もパンパシフィック ニルワナです。私は、どちらにも行ったことがある。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆辞めさせた理由 [病]

 2429 昨日、首になった、ここの責任者、昼間、1時間ほど会社に来ていて、申し送りのようなことをした。一月に来ている金型の請求書の支払がしていなかった。その金型屋には同じ型を二型頼んだ内の一型だった。今、一型しかないから二ラインで生産したいから、と、その金型屋に見積もりを頼んだ。先方曰く、その金型なら、途中まで作ってあって、止めたという、何故かと聞いたら、一型の支払いがまだだから、二型目を作るのを止めたという。いつ話か、聞いたら、一月だという。とんでもない話、当の責任者曰く、まだ、頼んでないから、他の安い金型屋に頼んだらどうかと、でした。他のインドネシア人曰く、彼は嘘を言っている。注文書は二型になっていた。口から出まかせをいう、知らないふりをする。よく、自分で、耐えられるなと感心する。

引取装置の見積もりを受けて、手付金に50%ほど支払ったのが、4月、その装置、いつになったら、入ってくるのか、製造会社に問い合わせた。“注文書をまだ貰っていない“、と言われた。ご本人は、もう出来あがっていると言った、これも嘘でした。
もう一つ、中古押出機の事、頭金を15%、7ジュタRpほど払ったとは聞いていた。ところが、オーナー曰く、全額、払いたいからと言われて全額分50ジュタRpを渡したといっていた。納入された後、社内である程度、使えるように改良した。費用は8ジュタRp掛かったという。それが、4月に末、やっと、使えるようになったとみていたら、直後、その装置、消えてしまった。どこに持って行って、何をしているのだろうか、話をしてくれない。そして、四か月過ぎたい今、いなくなるのだから、会社名と電話番号を押してほしいと頼んだら、やっと、押してくれた。その時に、本人、修理が終わって、いつでも、取りに行ける状態になっていると、ミーティングの席で数人に言った。終わった後、彼はいなくなった。私が、受け取りに行こうと思って、電話をした。

結果、凄いことになっていた。最初、取りに行きたいと言ったら、先方、いきなり、声を大きくし、頭金だけ払ったので納入してほしいと言われて、納入したが、一か月後に残りを払うと言っていたが、連絡がないばかりかm電話に出ない、メールに返事もいしない、だから、頭に来て、納入後、一か月半後に、取り戻したという。あなたは、それを、本人から、聞いていないのかと、言われてしまった。それなら、払っていない分を直ぐ払うから、残りを押してほしい、また、温度コントローラーを増やしたいから、その分の見積もりを追加してほしいと頼んだ。
そこまでで、先方に人、インドネシア人の分かる人と変わってほしいとう。ヘニーを知っているから彼に変わってほしいという。そして、ヘニーに代わった。そして、彼に話したことは、その押出機、今はばらしてしまって、部品は、他の装置に転用してしまって、元に戻すことはこうできない状態になっているという。だから、見積もりなど出せないし、返すこともできないということだった。払った、頭金も返さないと言えわれた。
結局、15ジュタ、捨てたことになるばかりか、押出機を手に入れることは振り出しに戻ってしまった。
そして、オーナーが渡した50ジュタの内35ジュタはどこへ行った?首になったご本人、何も悪びれずに、最後まで、とんでもない嘘を何気なく言って、会社を後にした。二か月以上、聞いても、黙って、無視していたわけだ。嘘を言い始めると、その環境から追い出されるまでは、嘘を付き続けなければならなくなるのでしょうね。気の毒ですが、首にされて、本人が一番、安堵しているのでしょう。
IMG_3982.JPG
IMG_3983.JPG
今朝の出勤途中。リッポチカランの通りを東に向かい、チバトゥのインターを横に見ながらジャガベカ2に向かう。朝6時から8時まで、チカランバラットのインター方面には相当遠回りをしないと行けないので、仕方がないから、チバトゥ方面でゆく。
  

"Hari ini kami berhasil menangkap terduga pelaku berinisial M. Terduga pelaku kami tangkap di Langkapura, Lampung saat berada di dalam bus,"
"Barang bukti yang kita temukan di rumah M salah satunya handphone milik korban. Sejumlah uang juga dinyatakan hilang. Tapi kami masih dalami soal itu,"
  Nishimura yosgimiさんについて、Mをスマトラのランプンのバスの中でつかまえたこと、東ジャカルタの彼の家で、HPと幾らかのお金を見つけた。まだ、捜査中。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆思い込み [思うこと]

 2428 “オダックイ“という言葉の意味を知っている人は、もう少ないでしょね。静岡の方言です。と、思います。子供の頃、親からも友達からも言われていた。そして、それは、言われて、気持ちが良かった。”お前は、オダックイだからな”と、何かで失敗した時に、よくいわれた。
“オダックイ”の意味をネットでチェックすると、お調子者、おだてると直ぐその気なる人、などと出ていた。私の場合は、意味が違うと思うし、使い方も違っていた。私の受け取り方は、何でも先走りをする、とか、出来そうもないことを、やってしまった後で、考える人、決して、お調子者ではないし、おだてられてやるということはなかった。一種のほめ言葉だと思っていたし、今もそう思っている。
50年、続けているプラスチックの押出成形は、その典型だと私は思っている。失敗をしながら、というより、最初から、上手く行くものはない、try and errorの繰り返し、他の人が躊躇しているとか、やっていないかなどとは考えない。運が良ければ一発で上手く行く。今迄に、私の周りで、目に入らなかった製品、この世に、まだないと思う製品を作ってみようという、それだけの気持ちだ。これが、オダックイだからできるのだと思う。

そして、今、自分ではエッセイとして、毎日文章を書いている、毎日です。きっかけは、パニック障害に掛かって、仕方がなく、仕事から離れた時でした。暇つぶしに、始めた。今も続けている。書くのは大概、夜10時前から、時には一時二時になる時も在り、眠気をからえながらで、書き終わったらすぐに、寝ようと思っている。書き終わるまで寝られないと思っている。だから、文章を読み返すことはほとんどしない。

過去にも日記を書き続けた時がある。大学生になって、家から出た時からでした。四年間、毎日書き続けた。そして、就職した時に、止めた。あまりにもやることが一杯あって、文章どころではなくなってしまったからだった。大学ノート数冊が文章でびっしり埋まっている。

しかし、それらを読み返すと事はない。今のエッセイも読み返すことはない。あまりにも膨大すぎて、いちいち、チェックなどできない、要するに、書きっぱなし、ということです。昨日、書いたことも、ほとんど読み返すことはない。前に書いたことがあるようなことも繰り返している場合もある。今日の事も以前に書いたかもしれない。オダックイの本領だと思う。そこのところ、オダックイだから仕方がないなと、思っているし、思ってもらいたいと思う。
 それに、年齢を重ねてくれば、少しずつではあると思うが、思い込みや忘れの頻度が多くなっていることを自覚している。気にしているが、どうでしょうか。

 転機が訪れた。スマランからオーナーが突然やってきて、ここの責任者に、会社を止めるように通告したらしい。遅かったと思う。今まで、任せていたのはオーナーの責任でもあると思う。私としては、前面に出て、客先と話し、約束もできる状態になると思う。今日から、金銭の関係は、全て、オーナーの甥が担当する事になって、今までの責任者は、お金を自由に使えないようになったようだ。

酷い嘘付き病で、すべての関係者に迷惑を掛けていたが、本人、悪びれる様子はなかったし、どうも、お金の使い方に不審な点もあって、それも、オーナーに嘘で説明していたようだ。始めてようやく一年、この間に、自分の別の会社を興そうと準備をしていることもばれてしまった。
オーナーに、彼が出る時に、会社の関係書類を持ち出されないように管理した方がいいと言っておいた。また、客先には、いち早く、事情を説明しに行くように言っておいた。
IMG_3980.JPG
IMG_3981.JPG
チカランバラットのゲートを過ぎて、右側、3年前くらいから建設がストップしたルコ?とその右のスパ、カラオケ、場所が悪い、眺めるだけで、そのあたりに行ったことがないが、行きたくても、行きにくい場所だと思う。よく、潰れないでやっているなと思う。
 

タグ: 交替
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆会話は弾むが [インドネシア]

 2427 ある人と重要な打ち合わせをした。今の会社の将来についてだ。一年、経過しているが、利益に関しての見通しが立っていない。装置の増強、工場の移転などの計画があるようだが、それを含めて、予定が立っていない。
IMG_3975.JPG
シティヲークの裏通り、ミーティングはこの先のラーメンブサールというレストランでした。3万Rp前後の価格で、結構 美味しそうだった。
私はインドネシアで仕事をする期間はそう長くない、というか、半年刻みになるので、その事を含んで、私の代わりになるようなインドネシア人を紹介しておいた。現体制では、私にはどうにもならないので、新しい人を入れて、空気を大幅に換える必要があると強調しておいた。こままでは駄目だと。
夜、又別に人を交えて話をした。私に代わりになる人をしょうかしたが、どうなるのか、一週間後に、見通しを話すという。今の責任者を更迭する事は決めたらしいが、いつなのか、そして、それまで、どうするのか、どうもはっきりしないので、私がどう動いたらいいのか、動かない方がいいのか、迷う。

また、変な事件がありましたね。殺人事件だと思うが、日本人女性が、腐乱が進んだ状態で発見された。それにしても、カサブランカ通りからプロガドゥンまで、車なら15分掛かるかどうかの距離。土日を挟んだとはいえ、何日も連絡がなく、出勤して来ないのに、同じ会社の人、不審に思って、アパートを訪ねなかったのでしょうか。電話もしてみなかったのでしょうか。出勤日の出勤時間に運転手が迎えに行くのが普通で、今朝、応答がないので、セキュリティーと一緒に部屋に入って、発見したとか。
Kepala Bidang Humas Polda Metro Jaya Komisaris Besar M. Iqbal mengatakan posisi korban ditemukan dalam keadaan tidur terlentang dengan selimut berwarna putih menutupi tubuhnya. Setelah diselidiki, petugas mengetahui wanita tersebut bernama Yoshimi Nishimura.
Yoshimi diketahui berusia 27 tahun dan saat ini bekerja di perusahaan Yamaha Motor yang terletak di Pulo Gadung, Jakarta Timur. Saat ditemukan, di sekitar leher korban ditemukan luka lebam.
wanita jepang.jpg
現在、東ジャカルタのプロガドゥン工業団地もヤマハオートバイの会社で働く27 歳のヨシミ、見つかった時、被害者の首に傷の血腫を見つけた。
どういう状況だったのでしょうか、ご冥福を祈るばかり、犯人が早く見つかることを祈るばかりです。

ところで、私はどうなるのでしょうか。高齢者の一人暮らし、運転手を使っていないし、お手伝いさんも使っていない。会社の人が訪ねて来てくれるでしょうか、電話にでない、無断で出勤しない日が二日続いたら、家に来てほしいと言ってはある。
IMG_3970.JPG
ユキとアユ、yuki katoと Ayu dewi
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆名前の話 [インドネシア]

 2426 昨日からジャカルタ日本祭りが始まっているようですね。スナヤン辺りが会場になっているようですね。13日までとか。リポチカランやカラワンでも毎年、少しずつ、規模が大きくなりながら,催していますね。良いことだと思います。コスプレ大会になっているようですが。私自身は、ほとんど興味がないので、通りがかりでたまたまやっていれば、ちょっと寄ってみようかなという気になる程度、実際に。寄ってみたことはほとんどないが。

ところで、昨日のテレビで、報道することがなくなったのか、面白い名前があるという話。NAMAという人が案外多いとか。私の名前は“なまえ”です、というのです。”Nama saya Nama”ですね。もう一つ珍しい名前として紹介されたのは、ホンダスズキ君です。KTPのNamaの欄に、しっかり、Hondasuzukiと書いてある。面白いですね。AA(アア)さんは、かなり多いようです。日本の出席番号なら絶対一番ですね。ヲノソボであったディエンのガイドがアアさんでした。チャンディ プランバナンの南の丘のラトゥボコであった、押し売りガイドもアアさんでした。

インドネシア人の名前と言えば、とにかく、宗教関係の名前が多い。しかし、最近は、欧米人の名前からきているものが多くなっているが、中には日本関連の名前を付ける人もいる。私はかなりの新婚夫婦から生まれてく子に、日本人のような名前を付けたいが、どんな名前が良いか押してくださいと言われたことがある。つい最近も聞かれたので、ノゾミが良いよ、と、言ってやった。この名前は、以前に、何人かに推薦していて、そのすべての人が、第一子に付けた。どうもインドネシア人にとっては、響きが良いらしい、そして、その意味(harapan希望)を言ってやると納得が深まる。Kibouと付けた人もいた。

ヒカリとかアユミ、ゲンキ、カワイイ、シズカなども人気があるようで聞いたことがある。ツバサ君も多い。スネオやノビタはない。ナルトは、店の名前があるが、他人の名前はあるかもしれないが、聞いたことはない。ユキという名前は多いが、日本語からではなく、元々ある名前らしい。レストランやパン屋やケーキ屋さん、香水屋など普通の店の名前にも多いが、保育園や私立小学校の名前もある。

どうでもいいけれど、コリアンフェスティバルというのは聞いたことがないし、韓国関連の人の名前も聞いたことがない。

 ある方から、久しぶりのメールが入った。私の問いかけに久しぶりに、やっと、返事が入った。体の具合が悪くて日本に帰っていたらしかったが、元気そうで何よりだと思う。仕事、上手くいくといいですね。何のお手伝いもできませんが、見守らせていただいています。
IMG_3948.JPG
IMG_3949.JPG
ププククジャンのゴルフ場のレセプションがある建物とその右隣の催しもの会場(体育館)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆会話が弾む [インドネシア]

 2425 いつものゴルフ場が大きなコンペが入っているそうで、ブッキングができない。仕方がないから、久しぶりにチカンペックへ行ってきた。建物が新しくなって半年だという。まだ、汚れていないから、綺麗だが、ロッカールームが、狭い、せっかく新しくしたのなら、ロッカールームを広くしたら良かったのにと思う。
 プレー費は32万Rpだったと思う、何気なく、出しただけなので忘れた。ちょっと、ここも、上がったのかなとは思った。キャディーは、相変わらず男ばかり、チップを10万Rp渡したら,20万だという。
 
半年以上前に来ているが、その時は雨季、緑のコースだったが、今は、乾季、見事に茶色のコースになっている。そして、枯れ草なのか土なのか分からないフェアウェーだ。ところどころ、スプリンクラーが稼働しているが、ほとんど効果がなさそう。多分、日本の冬のフェアウェーと同じ状況なのでしょうが、日本の場合は、緑のペイントをしてあると思う。体力勝負のコースで、カートのあるが皆さん歩き、疲れる。
IMG_3965.JPG
 ここの9番のティーグランド脇で、蜂蜜(maduマドゥ)を売っている。普通の蜂蜜とローヤルゼリーというのでしょうか、白っぽい蜜も売っている。600ccくらいでしょうか、12,5万Rpと20万Rp安いのか、高いのか知らないが、ここへ来る度に買って帰ることにしている。日本への土産にする。ペットボトルに入れ替えて持って行く。ここで売っている老人、私と同じくらいの歳に見えるので、インドネシア人の事、多分60歳くらいの歳をいうのではないかと思いながら、歳を聞いてみた。なななんと、91歳だという。信じられない。本当かどうか疑いながら、独立の時の頃、何をしていたのか聞いてみた。18歳だったという。オランダ軍との戦闘に参加したという。日本人も一緒に戦ったという。この辺りでの戦いでインドネシア人は16人、日本人が二人やられた、日本人の一人は木に登って、銃を撃っていたが、撃たれて、落とされてしまったという。

 標準語とこの地方のスンダ語と半々なので、分かりにくい点もあったが、雰囲気と彼の熱心な話に引き込もれてしまった。彼もインドネシア語を話せる日本人に会って、言いたかったこといったのでしょう。彼にとっても、気持ちが良かったに違いない。それにしても、91歳は信じられない。
バンドゥンからゴルフをしに来たという、次の次のグループのインドネシア人四人も一緒になって熱心に聞いていた。彼等は、私にバンドゥンのゴルフ場もいいぞ、ランチャマヤでやったことがあるか、あそこと、同じくらい、施設は良いし、キャディーも粒ぞろいだぞ、などと、話しかけてきた。次のグループは韓国人三人組、彼等は、ここの、クププクジャンの工業団地で働いているが、来て、まだ一年未満だという。言葉が分からないので、会話に入ってきていなかったが、私たちの会話を聞きいっていた。蜂蜜の説明では、ローヤルゼリーの保存方法と5年以上寝かしておいて黒っぽくなった方が、何だかわからないが、効果がおおくなるという話も聞いた。91歳、信じました。若く見える。蜂蜜の効果だという。
IMG_3960.JPG
IMG_3957.JPG 
この木なんの木、分からない木。新しい施設の中に何かの催し会場がって、バドミントンコート二面と卓球台が五面あった。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆発音の話 [インドネシア]

 2424 日本人は、rとlの発音の違いが分からない。rの発音が苦手。これは、仕方がない。日本語にその区別がないのですから。インドネシア人は、それを、笑って、許す、仕方がないねと。
Padalarangという町に名前、余談、ここの大学の日本語学科の学生は毎年、50人以上、静岡の日本語学校へ留学してくる。この町の名前を、しっかり、発音できる日本人はほとんどいないと思う。巻き舌の発音ができない。
 高速鉄道の予定ルートだった。高速道路の名前がCipularangチプララン、これを正しく読めて発音できる日本人はいないのではないでしょうか。CikampekとPurwakartaとPadalarangを繋ぐので、jalan tol Cipularangといいます。

インドネシア語の発音で一番、気になるというか、こいつ、知らないなと思う発音がある。私が住んでいるBekasiブカシです。これをベカシと言ったり、書いたりする人がいる。インドネシア語の辞書に、単語の初めの文字が子音で次が母音になる、日本のローマ字のような文字の場合、その母音がeの時は、エとウの中間の発音をする、エの口でウという、或いはその逆のようなことを書いてある。こんな、曖昧なことを、書いては、いけません。ウと発音するのです。英語から来ている言葉は、英語の発音のままでいいのです。ただ、ほとんどの言葉は、ウと発音するのが正しいし、インドネシア人も自然に聞きます。それを、エと発音すれば、エッと、いわれます。グーグルマップのカタカナ表示も、この書の書き方が間違っている地名が多い。pulau belitungブリトゥン島です。これを、ベリトゥンと書いて、検索したり、質問したりする人が多い。私がインドネシアで、一番、景色が魅力的だと思っている島です。是非、ブリトゥン島で検索してみてください。

 midplazaあなたは、どう発音しますか、タクシーの運転手に、何といいますか。ミッド プラザというでしょう?運転手は、全く分からないでしょう。正しい発音は、“ミッ プラッ”です。これで、運転手は頷きます。

 Cの次に母音が来る場合は、チャ チ チュ チェ チョと発音します。私が住むCikarang Bekasiは、チカラン ブカシといいます。ただし、これも、英語からくる言葉は、英語のまま発音します。Coca Colaそのまま、コカコーラです。チョチャ チョーラでは、ありません。ふざけて、こういう人もいます。MM2100はCibitung Bekasiチビトゥン ブカシにあります。
他にもありますが、このくらいにしておきましょう。
IMG_3938.JPG
IMG_3944.JPG
 この木なんの木、不思議ではない木です。小さい実が沢山ぶら下がっている、葉がほとんどない木です。Sawo duren(dulian)サヲ ドレンとう果物です。黒っぽくなれば、食べごろで、甘い。
 もう一本は、名前を知らない、実はならない。紅葉が美しい。
  


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆インドネシアの鉄道 [インドネシア]

 2423 インドネシアでは中国の軍事パレードに関するニュースを流したのでしょうか、私は全く見ていない。ニュースチャンネルやコンパスTVなど、ニュース番組の時間が長いチェンネルを主にチェックしていたが、全く当たらなかった。
 
 インドネシアの鉄道は超貧弱だ。その変わりといっては何だが、航空システムが発達している、しかし、空港へのアクセスが大変、飛行時間1時間のために数時間かけて空港へ行かなければならない。

高速鉄道、結局、止めにしたと、ジョコウィさん。国のお金を当初、全く出したくないというのが本音らしかったが、双方とも、国の当初の投資が必要とされる提案だったという。それなら、それで、最初から、そういう条件を付けて提案させればよかったと思うが、インドネシアらしい。もっとも、私もジャカルターバンドゥン(http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/page0403.html西ジャワの地図)間に、計画する事自体が、変だと思っていた。高速道路も、チカンペックから超山岳地帯だ、全く、トンネルを作らず、曲がりくねり、上り下りで無理やり作ったもの、高速鉄道ともなれば、どこから、山岳地帯に入るか知らないが、ほとんどトンネルの中ということになる。平坦なスマランまでの海岸に近い道とは大違いで、多額の投資が必要の上に、それほどの高速は必要ない区間だと思う。ジャコウィさんが言うように、最高速200Km程度の鉄道をスマトラのランプンからのパレンバン(http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/page0405.htmlスマトラ島の地図の南の方)辺りまで作った方が現実的だし、色々な効果が期待できる、何よりの沿線住民の利便さは絶大だと思う。多分、バンドンまでの三倍以上の距離になるが、同じくらいの見積もりが出されるのではないかと思う。

 高速鉄道の計画を立案したのは、ユドヨノさんかもしれないが、先走りをした感じがある。日本が輸送システムで見積もりを出すなら、その国の環境や必要性や資金力に見合ったいくつかの提案をし、それらの見積もりをしたらいいと思う。それが、真のソフト面のサービスだと思う。今回の事は、高速鉄道の見積もりと共に、中速鉄道を提案したら良かったと思うし、他の島への提案をしたら良かったと思う。
 インドネシアという国は、考えが、ころころ変わる、といっても、契約の前だし、そういう国だということを承知の上で、変わってもいいように、提案をする必要がある。

 日本政府の人が、このことで、とやかく言うのはお門違い、中国も日本も売り込みたい一心とお互いを蹴落としたい一心ばかりで、売り込もうとしても、ジョコウィさんの方が正しいと思う。説明を求めるなどと、上から目線で言うのではなく、次の提案をさせていただくという姿勢がほしい。民力で中国の軍事力に対抗してもらいたい。大使館の人達、日本人会のメンバー、現地日系大会社の人達の誰よりも、インドネシアの国情を熟知している私からの提案です。
IMG_3850.JPG
 バンドゥン、チカンペック間(高速鉄道の通貨予定地でもある)の山の中の鉄橋、日本軍の兵站が主導で作った。この写真は1945撮影です。今でも、使われています。チプララン、高速道路から見えます。
IMG_3904.JPG
 この鉄橋は、国道 ジャラン ラヤのチカランとルマーアバンの間でこの鉄橋を見ることができます。複線になった時に作った橋は、向こう側です。デザインが違う、手前はやはり日本軍が作ったものです。
IMG_3903.JPG
 ブカシバラットの駅、貧弱だすね。通勤のためにここまでバイクで来る人が多いうのでしょう。バイクで埋め尽くされています。
 

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆火山登山に注意 [体験]

 2422 ブカシバラットのイミグレに行ってきた。また、キタスの申請手続きのためである。例によって、全指の指紋と写真撮影とサインで終了、タイミングが良ければ、一分くらいで終わる作業だ。何度も同じ場所で同じことをしているので、何の問題もない。来週初めには、取りに行けると思う。
IMG_3899.JPG
IMG_3930.JPG 
イミグレからの帰り、ジャラントールが大渋滞だと知っていたので、ジャランラヤを通った。ルマーアバンのグラハチカラン、私が1997年から2003年まで、住んでいたコンドミニアムでした。
ところで、イミグレに隣接する場所でサッカースタジアムを建設中、いつ行っても建設中、何年前からでしょうか、まだ、建設中、後何年かかるのでしょうか。デザインは、ジャバベカに建設中のものとそっくりで、同じデザインを使っているのかもしれない。ジャバベカも二年以上過ぎているが、いつになるか、予測ができる状態になっていない。どうでもいいか。

インドネシアの日本語新聞で紹介されたことがある、ジャワ島のほとんど東の端にある火山、イジェンで、スイス人の男性が登山中に転落死したというニュースで。この、イジェンという山は、登るガスが夜、青く光るという、神秘的な光景を見ることができると紹介されてから、外国人の登山者が増えたという。それは、まさしく、二硫化水素系化合物毒ガスだと思う。急な狭い登山道でなくても、一歩、道を外せば、谷底へ転落なんていうこともあり得る。夜だし、真っ暗なら、片側が谷底などということも、気がつかない、知っていれば、又、昼間なら、そうと危険な場所だと震えるくらいの道かもしれない。

Banyuwangi - Seorang turis warga negara Swiss meninggal dunia di Kawah Ijen Banyuwangi. Johann Josef Brunner (66) meninggal dunia ketika mendaki Gunung Ijen, Selasa (1/9/2015).

 インドネシア火山は、至る所にある。私が行ったり、登ったりした山の例です。これらは、全て、ほとんど下から登ります。例えば、バトゥール山は、キンタマニ展望台から右手に見下ろす湖の岸から登り始めます。そして、日本の富士山のように、大きなジグザグの道ではなく、蛇がくねくねと移動するくらいのくねりの道を登ります、垂直ではないが、かなり、急な登りになり、下からずっと、富士登山の8合目、9合目の様な登りです。それと、もう一つ、火山だから、色々なガスが発生している、風向きによって、気持ちが悪くなったり、息が詰まったりすることもある。三色の火口湖で有名なクリムトゥなどは、私も目眩を感じたことあった。毒ガスに巻き込まれて、亡くなった人もいると聞かされながら登ったものです。
 http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage029.htmlフローレス クリムトゥ
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage124.html
http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage019.htmlパパンダヤン、
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/page237.htmlバリ島、キンタマニ展望台から見るバトゥール山。
 
ディエンのサンライズを見に行く登山道が、そんな道、登るときは、見えないので、平気で登ったが、下山の時、見てびっくり、幅が50cmくらいしかない片側が100m以上あろうかという谷間、もう片側は、見上げるほどの岩肌、ようするに150mほどの崖の通した道だったのです。それも。勾配が30度は有る。よくこんな所に道を作ったなと思うほどだった。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ちょっとした事か [状況]

 2421 中国の軍事パレードのことや国連事務総長のことを昨日書いたが、今度は、インドネシアの借家の、前庭の一角、ほんの1平方メートルの話です。水道のメーターを新しいものと、交換していったのが、日曜日の夕方だった。昨日、家に戻ったら、メーターの辺りから、水が噴き出していた。既に、辺りは水浸し、見ると、メーターの両側の継手のメーターを水が通り過ぎた側が漏れていた。メーターが勢いよく回っている。水道局に電話をしたが、出ない。何度も電話をし、朝も電話をしたが取らない。大家に電話しても、今は使われていませんになってしまっていた。
IMG_3890.JPG
IMG_3892.JPG
 仕事に出かけなければならない。向かいのトカンオジェックに、何とかならないかと頼んでみた。セキュリティーも一緒になって、漏れている継手に、自転車のゴムチューブのようなものを待ってきて、巻いてくれた。メーターの回転は一応、止まった。インドネシアらしい出来事でした。門扉に水が漏れていることと、私のHP番号を書いた紙を張っておいたが、いつ、修理に来るのでしょうか、まだ、連絡がない。

 一か月6立法メートルくらいしか使わないのに、多分、一晩でその半分くらいの3立方メートル使ったことになってしまっていた。小さな話ですね。でも、私にとっては、ちょっとした問題でした。2000円くらいの損失でした。

 インドネシアの車とバイクの販売台数にベレーキが掛かって一年近くになる。車、7月の前年比では40%近い落ち込み、今年前半では昨年の20%減、バイクもほとんど同じくらいの下げ率だが、昨年比、やはり、20%以上下落している。下請けは、適正在庫の調整をするので、50%以上製造を減らしているところもある。
 
今日も、ある原料販売会社のタイの駐在をしている日本人が私を訪ねてきた。インドネシアの押出し成型の事情を聞くためでした。やはり、車やバイクの関係の押出し品は注文が少なくなっていることを話した。シートやヘッドレストのカバーをセットするためのトリムなどは注文が半減しているし、ボンネットの中に見える耐圧ホースのプロテクターも急激な落ち込みになっている、ことなどでした。
受注量は劇的に少なくなっている上に、取引がRpでしかできなくなったことも、価格の設定で非常に難しくなっているし、レートに依って、見直すという条件をなかなか取れないので、現在の価格では、利益幅がどんどん少なくなっているのが下請けの現状だ。赤字企業が増えている。装置の更新やメンテナンスを先送りにする傾向にあるので、全体の景気にも、様々な面で、悪い方に影響をしている。
韓国の会社も難しい局面に遭遇している。夜逃げが増えるのではないでしょうか。

1997年から98年に掛けてのタイから始まったエコノミークリシスの当時は最終的に1US$が16000Rpになった。その後は10000Rp中心だったが、三年ほど前から10000Rpを割ることなく、少しずつRpが弱くなり続けていた。円に関しては20Rpが1円だったが、一挙に180Rpになって、その後、100Rpくらいで落ち着いていた。アベノミクスで円が下がって、それでも、100Rpを下回ることなく、現在は120Rpくらいになっている。通貨のレートに関しては、当時と、若干似ているような気がするし、車やバイクの販売落ち込みも、当時と似ているような気がする。ちょっと、怖いですね。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆平和を望む軍事力誇示? [変!]

 2420 世界陸上はパットしないし、女子バレーはセビリアに負けたし、東京五輪のエンブレムは撤回するし、錦織選手の試合を2-1までチェックしていたが、寝てしまった。朝になって、負けを知って、がっかりでした。がっかりさせられるニュースが多いですね。
IMG_3882.JPG
労働組合の予告デモがジャカルタ中心部であったようですね。今朝のイジップやジャバベカでは警察機動隊がテント張りをして、集合していた。結果、無風でニュースにもならなかった。

  潘基文という国連事務総長の中国軍事パレードへの出席は、私は不快に思う。国連が第二次世界大戦後、世界の平和を守るという趣旨で作られたなら、大島議長 折角、会ったのだから、懸念を伝えるばかりではなく、彼に、出席をする理由を確かめる前に、日本が国連に果たしてきた役割について確認し、意見を聞いたらいいと思うが、そういうことを聞く人はいないのでしょうか。それとこれとは別の話というのでしょうが、是非、確認してほしいものだと思う。中国や韓国より多額な資金提供をしてきたし、今は、少なくなったが、それでも、アメリカに次いで二番目の金額を出している。日本の観艦式に彼を招いたらいい。世界平和を守っている、戦争を70年もしていない国は、国連設立の趣旨にふさわしいと思う。
それと、今の紛争地域は、そのままにしておいていいのか、彼の役割も確認してほしい。そして、軍事パレードに出席した先で、世界に向けて、現在、国連が果たす役割を高らかに、宣言してほしいものです。
大体、軍事パレードをするなどということは、一種の脅かしのようなものだから、国連の存在意識とは、かけ離れていると思う。自分はこんなに強いぞといっている人のところに行って、よくやってくれているね、というのが、国連事務総長の役割でしょうか。彼が、ノーベル平和賞の候補などとは、笑ってしまう。
中東の国々の紛争地域で、戦争を止めなさいよと、双方に、或いは、多国間に対して、仲介しなさいよ。この人の行動力では、所詮、無理だろうが、せめて、それくらいの姿勢を示したらどうでしょうか。ISについて、どう思っているのでしょうか。国連に加盟していないなら、加盟してもらったらいかがでしょうか。
IMG_3883.JPG
インドネシアの小学校は午前中で授業は終わりで、昼には、迎えの車が周辺に集まるのが普通、夕方近く、それも、集団下校?をする風景は非常に珍しい。
   

インドネシアの憂鬱として、纏めてみました。 http://otaenplaext.net/newpage87.html 小金が入って、インドネシアで生活をしたい人に厳重注意です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆嘘と人の所為 [情報]

 2419 月末でインベントリー、棚卸の日だ。生産を止めて、全員で、原料や仕掛品、完成品の数量を表に纏めて、経理に報告をする。とい日だが、機械を止めて、ではなく、原料がないので生産は出来ない、棚卸が終わっても何もすることがない。そして棚卸は原料がないので、そこは空欄で、棚卸の必要もない、一目見れば、ゼロと分かる。面白いですね。

もう、インドネシアに戻って、2週間過ぎた。瞬く間に時は過ぎる。仕事は、ほとんどしていない。する舞台がない。お金がない、装置がない、原料もない、それらが手に入る予定も計画もない。生産計画も利益計画もない。面白いことに、ここの責任者、毎月中旬に来月の生産計画を出しているらしい、一度だけ、私にサインを欲しいと、書類が回してきたことがある。それを、見て、これは、「この予定は、絵に描いた餅だね」「Lukisan Mochi tidak bisa makanya」、といってやりながらサインをした。Mochiは、インドネシアでは、米から作るお菓子のことをいう、多くの人は食べたことがあって、知っている。明らかに嘘の計画だ、オーナーを満足させるためだ。オーナーもでたらめということは分かっている。だから、私は、誰とも、約束ができない。約束をすれば、それは、嘘になる。
今朝、出勤して、原料置き場を見た。金曜日と同じ状態で、原料が完全に無くなっていて、あるのは粉砕原料と今は使わなくなった原料だけだ。それも、なぜ使わなくなったかというと、その製品の生産、納品が遅れ遅れになって、客が怒って、日本からの輸入に戻してしまったからでした。金曜日には、土曜日に2トンPPが入荷すると言っていたが、それも、嘘だったようだ。10日にPA11が入荷すると、金曜日に言っていたが、PO発行担当者に確認したら、注文をしていないという。注文してから2カ月掛かるというのに、である。どうするの?PCはPOを出してあるのは確かだ。しかし、いつ、入荷するのか、はっきりしない。PA12のPOも発行してあるが、いつ入るのか分からない。全てのラインが休業中になってしまっている。

このことをオーナーに報告したら、オーナーからの返事、本人に電話で聞いたら、「今日13時に一台分の三日分の原料が入るといっていた」と、私に報告してきた。そんなこと聞いて、そんなことを私に話してどうなるの?どうするの?そして、16時になっても、何の原料も入ってこないのに、である。というか、問題は、機械が止まってから、既に三日目になっている事でしょ。今日、一部、入ったから、全て良し、ということではない、ということを、分かっていない。それに、原料が入っても、二台は止まったままだし、どうなの?

ある会社では、こういう場合は、私が会社に貸す形で原料を購入していて、機械が遊ばないように、客先に迷惑が掛からないようにしていた。私が納期の返事をしたいたし、私が取ってきた注文だからでした。その会社からは未だに、私が貸した金額は返していただいていない。この会社にも、貸しているが、もう、追加で貸すことはしない,切りがないからだし、前の会社のようにされたくないからだ。このことについては、余計なお金を使ったようだし、仕事がないようで気の毒なので、時期を待っている。

経営で、上手くいっていない人は、嘘と他人の所為で固めることしか、生きる道はないようだが、一時逃れに過ぎないことを知らない。嘘をつく事と他人の所為にする事も、全権を握っている経営者である自分の権利だと思い込む。どうですか、あなたは。
IMG_3877.JPG
IMG_3879.JPG
久しぶりに、会社からの帰りは、チカランバルの街とカリマラン川の道を東に向かい、チバトゥのインター付近を通ってみた。やはり、こちらの方が、2km遠い。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感