So-net無料ブログ作成

(^_-)-☆気になる [生活]

 2631 通信販売で、孫のピアノ発表会のドレスの注文をした。それで、気になることがある。ネット販売に接続して、購入しなくても、検索しただけで。そのことに関連した広告が開いたページに現れることです。要するに私が買ったもの、探したものを世間に公表してしまっているということです。私が開くページの隅に広告が添えられて出てくる。ジャカルタまでの航空券を購入したくて、価格や空きをチェックしたら、そのことが、画面が現れた。以前、笑い袋やノギスを買ったことがあった。そのときも、次に利用をしないので、何か月も同じ広告がくっついていた。何か、危ない物を検索したら、それが、いつまでも、出てきてしまうのでしょう。滅多なものを検索できませんね。

迷惑メールが異常に増えている。インドネシア語でオバッ クアッObat kuatやチャリ パチャールCari pacarやジュアル パルスjual palsuミンタ バヤールMinta bayarなどが主だが、なかに、受信トレイに残ってしまっている、怪しい添付文章やhttpを開け、というやつがある。いかにも危なそう。絶対に開かない、そして、迷惑メールにしてしまう。

昨日の手伝いで、右肩が痛み出し、マウスを操作していると、チクチク痛む、近所の整形外科へ行ってきた。顔なじみのだ。この医者、デング熱のことを話したがる。かなり、久しぶりなので、問診票を書いた。肩の痛みと一年以上前から、気になっていた、体中のかゆみを書いた。そのかゆみの正体を私には分からない、インドネシアだから、何か、怪しい病気じゃないかと気になっている、ずっと。かゆい場所は一定しない、以前、パニック障害の時に、ちくっと、する場所が決まっていないのと、同じだという意識だ。そして、かゆい場所が、腫れたり、赤くなったりしていないことも気になる。皮膚ではなく、体の内部から、その場所が移動していると感じるからだった。

肩の痛みは、昨日の仕事、手伝いが原因ではない、原因は確定できないが、マウスの使い過ぎだと思う。何年も、一日、何時間も、動かしている。肘は付けの上にのせているが、そうでない時もある。痛みを感じ始めたのは、やはり、一年ほど前からだ。腰や首の先天性ヘルニアとは、別の話だ。
IMG_1375.JPG
IMG_1378.JPG
孫とドッチボールのボール投げをしていた場所の道端の花。桜は遅れているが、小さな花は、春だ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆手伝い疲れ [日常]

 2630 昨日、近くの“ナフコ”で買ったミニダンスの組み立てをした。これが、思ったより難しい。買った人。皆さん、自分で簡単に組み立てるとは思えない。二つのカートンボックスの中に入っているのだが、まず、それぞれが重たい、それを、開いて、中身を点検する。何が入っているのか、表があるが、番号を刻印してある場所もわかりにくいし、部品が多いので、確認も大変。引き出しの組み立てから始めたが、ボルトを最後まで締め付けるには、きつ過ぎて最後まで締めるには、プライヤーでドライバーを掴んで回さなければならなかった。座ったり、立ち上がったり、中腰になったりしながら、重いものを持ち上げた入り、支えたりしながらの作業、腰が痛みだして、休みながらになってしまう。
何とか、完成したが、何本かの小さなボルトが余ってしまった。説明書を確認しなおいしたが、どこか分からない。ま、いいか、で、作業は、終了。腰に加えて右肩も両掌も痛い。

以前私が買ってやった本棚、かなり、本や何やら、一杯になっていて、その上に地震などの時に、倒れないようにする支え棒をつけてほしいと、妻に、頼まれた。天井までの間隔は6~70cmを確認し、近くのホームセンターに行く、広い売り場を探して回った。突っ張り棒、と書いてある看板の下へ行ってみた、違った、ここは、タオルや小さなカーテンを吊るすための棒だった。インドネシアでも金属パイプにコーティングして作っている。結局、名前がわからないので、ゼスチャーをしながら付き方を話し、店員に場所を聞いた。なんと、聞いた場所は、そのコーナーの前だった。目立たないが、防災グッズが並んでいた。そういわれても、どこか分からない、私が探していたのは、見て、それと直ぐわかる白い直径5cmくらいの棒だった。それが、そこでも見当たらない。そして、まだ、その場にいた店員が、これでしょうか、と、指さした最下段の足元の箱を指さした。「家具転倒防止伸縮棒」と書かれていた。そして、小さな絵が印刷されていて、確認した。長さが三種類あり、一番長い二本セットを、やっと、手に入れた。2800円。
家で、開梱、長くするための15cmくらいのパイプも入っていた。それを、繋げなけなければ、長さが足りない、繋げるためにねじ込んでみた。しかし、入らない、逆ねじだったのです。繋げようとした側は正ねじだったのでした。反対側に、ねじ込まなければならなかったのでした。要するに、真ん中のパイプを回すことによって、長さを伸縮され、調整するようになっているので、逆ねじ、正ねじになっているのでした、そして、つなぎパイプは逆ねじ側だったのでした。納得、それが分かれば、取り付けは簡単でした。
IMG_1373.JPG
IMG_1374.JPG
どちらも、説明書や部品表はある、しかし、私は読まない、先ず、読むには、老眼鏡を持ってこなければならないし、読まなくてもできると思っている。それほど難しいと思わないからだ。しかし、これらのことは、高齢者にとっては、探すこと、読むこと、組み立てること、難しいことだと思う。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆手伝い [日常]

 2629 今回、あと何日日本にいられるでしょうか、インビテーション レター待ち、ではあるが、ビザ手続きの段取りは、進んでいるし、大使館行きの日も近づいている。もう、二週間程度になっているかもしれない。手伝いができる時間も少なくなっている。

孫のピアノ発表会が4月の20何日かにあるという、おじいちゃん、発表会用にドレスと靴を買って、という分けで、また、彼女たちの衣服の数が増えてきて、仕舞う場所が狭くなっているから、タンスも買って、とせがまれて、靴とタイツとタンスを仕入れに行ってきた。とにかく、安売り店を回った。
IMG_1368.JPG
IMG_1369.JPG
その前に、妻の染物同好会の会場、岡部まで、送っていった。宇津ノ谷のトンネルを抜けて、バイパスから左に出ると、昔は峠を越えると、旧東海道の岡部の宿場町にでる。車で通ったことはあるが、どこにも寄ったことはない、今日も通っただけである。歴史に興味のある人は、立ち寄り場所が沢山あると思う、それらしき、たたずまいに建物が目に入る。閑散とした通り。

小学五年生の算数に復習ドリルをやって、私に丸付けを頼んでくる。割り算の応用問題、図形では、円の面積や立体の体積の問題。よくできていると思う。ただし、せっかく、式は正しいが、計算が間違っているものがある。私が子供のころと同じだと思ってしまい、そんな話をしてやる。
 完全におじいちゃんバカをやっている。出来るのは今のうち、ゴルフと散歩以外は、自分の外出はなくなっているので、隠居生活なら、こんなものでしょうね。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆風光明媚 [思うこと]

 2628 山部赤人“田子の浦にうち出でてみれば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ”百人一首の中の得意札です。妻に付き合って、富士市の会館で催されている染物展を見てきた。今日も、また、1号線で太田石材店の前を通って、富士川橋を渡り、富士市街に入った。富士川橋を渡ることはほとんどなく、何十年ぶりということで、その沿線の様子が記憶と全く違っていて、目的地へ着くまで、不安だったが、目立つ建物で、杞憂だった。天気は良く、傘雲の富士山がよく見えた。さすが、富士市という感じ。

帰りは同じ道を引き返すのではなく、南のバイパスを選んだ。そこで、先ず、富士市内を南下し、田子の浦港に向かった。昔の一時期、製紙工場から排出されたヘドロの港として、全国区になったことがあったが、今では、平安、奈良時代にここを通過した人たちが、多分、見ただろう景色と海の色になっているのではないかと思う。
IMG_1358-.JPG
港の西海岸沿いに公園が整備されていて、多くの家族ずれが来ていて、その一番港側に小高い丘が作れていて、津波からの避難場所にもなっているようだが、富士山を背景にした港を見下ろすのに絶好の場所になっていた。末の防風林の様子も見下ろせる。
IMG_1349.JPG
その丘の海側下に歌碑がある、その左から三番目の石柱にこの歌が漢字のまま記されている。田子の浦の向こうには何もなかったはず、宝永山もなかった、右の愛鷹山と真正面の富士山、その、雄大な景色には、誰もが、一句歌ってみたくなるに違いなかったと思う。

田子の浦から富士市の南側にあるバイパスを西に進む、すぐ、旭化成やポリプラが目に入る。40年以上前に何度も訪問した会社だ。ポリプラの技術研究所には、ジュラコンの物性改善の希望で、また、東プラ精工を止めた時に、高野所長から、ぜひ,内に来てほしいと頼まれて、そのことで、お話をしに来たことがあった。
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆見学会 [思うこと]

 2627 “ふじのくに地球環境史ミュージアム”今日、オープンの県立博物館でした。県立南高校をクローズした建物をそのまま、内部を改造して博物館にしたのだそうだ。少子化の影響ですね。教室をそのまま利用し、小さいテーマごとに、まとめてあった。どこかに、置いてあったのでしょうね、それを、ここに、集めたのでしょう。一か所に集まて、管理保存することは良いことだと思うし、見たい人に、まとめて見てもらえることは良いことだと思う。それに、建物のリサイクル利用もいいともう。
IMG_1284-.JPG
IMG_1286.JPG
北海道新幹線が運行開始されましたね。始発の利用状況は、満席以上だったようですね。その後の予約率は24%だとか。沿線への経済効果は、当然、望めるが、新幹線自体の収支はどうでしょうか。多分、経営は難しいでしょうね。規模は全然小さいが、県立博物館の運営も難しいでしょうね。オープンの今日、多分、有料入場者は500人ほどだったでしょう。これが、ピークだと思う。

ボランティアが大多数だと思うが、職員というか世話係というか、そんな人が、ざっと見て、50人はいたと思う。どういう方たちか知らないが、妙に丁寧、だが、不慣れで、ぎこちない。多分、二三日後には、10人くらいになってしまうと思うが、それで、十分な来場者数になってしまうでしょう。そういうものです。

ということで、オープン初日に人体や動物の骸骨に会って、話をしてきた。ついでに、県立美術館に足を延ばした。孫たちの見学会である。こちらは、ロダンの彫刻を見るのが目的でした。何度か来たことがあるが、多分、訪れる人は少ない、静かな散歩道の途中にある建物になっていて、立ち寄る人、ここが目的で来る人は少ないと思う。今日も、そんな感じで、空いていた。考える人、カレーの市民、地獄の門は、超有名ですね。孫たちは、印象に残ったと思う。

両方とも、時々、何かのグループの趣味の発表会で使われるための会場になるでしょう。その関係者が訪れるときだけ、その一角だけ、ちょっと賑やかになるでしょう。絵画、彫刻、音楽、演劇などですね。

家から出て、数時間のツアーでした。小学生、70歳以上は無料、撮影はどちらもOK、しかし、フラッシュはNG。只での見学会でした。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆申請ビザ [行動]

 2626 静岡の宣伝、生シラス 梅ちりめん 郵便局へいったついでに用宗港へ寄って、今、旬の生シラスを手に入れた、醤油とおろし生姜に会いますね。私は、酢醤油をかけて、丼で食べる。有れば、生桜エビも混ぜて。薬味にネギなどを散らすと良いですね。また、ついでに、梅ちりめんも買ってみた。いわしの稚魚(駿河湾 用宗産)、梅を主体にオキアミや昆布や桜エビを混ぜてあるという。これは、多分、この辺りでしか作っていないものだと思う。シラスは、例年になく豊漁だとか。
黒はんぺんのフライと共に、食べれば、もう、大満足である。夕食にそれを食べた。
IMG_1277.JPG
IMG_1273.JPG
今回、初めて、日本で、ビザを取ることにしている。インビテーションレター、招請状ですね。勤める予定の会社からのものです。ワーキングビザを取るときに必要な書類の一つです。会社に頼んであるが、まだ、それを受け取っていない。

Passport (original) Visa during the remaining period of validity is visa field blank page that continuously for more than 18 months is three or more pages

Copy of passport Data surface (A4)
Application form The distribution at the window at the time of application application form sample
English curriculum vitae The distribution at the window at the time of application resume sample
 ID photo Color 3x4cm (taken within 3 months) one
English letter of recommendation (not copy) And fill in the details of the letter travel purposes from affiliation (company-size-company seal, job title by pressing the mark. Use the paper with a letterhead)

Invitation (copy not accepted) Letter from the local guarantor (Indonesian / English) * In the case of the company and that the destination is in the Japanese company. Applicant's name, purpose of entry, that the stay has been described. Issuance date, the issuer name, has indicated job title company mark (rubber stamp) which is are pressed. Use the paper with a letterhead.

 Round-trip ticket copy (E ticket Allowed) Yes in one way if the return path open Allowed 12 months or more of the permission has come out that the ticket number is entered

Visa issuance authorization Permission from Jakarta Immigration Bureau (copy available)

Stay possible dates 1 month to 24 months (extendable at the local immigration office)

Visa fee ¥ 5,650 (within six months) ¥ 10,750 (within 12 months) ¥ 18,410 (within 24 months)

Acquisition dates Two days later of the application date (Saturday, Sunday and holidays the two countries is not included)

Visa validity period The entry within 90 days

東京へ二往復しなければならないようだし、面倒くさいことになりそうだ。シンガポールで取った方がよかったかないと思う。
  

タグ:宣伝 ビザ 用宗
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆後継者 [押出成形]

 2625 私は、後継者について、30歳で会社を立ち上げた時に、後継者について考えていた。子供に継がせることは全く考えなかったというより、身内に後を継がせることにはよくないことだと思っていたし、特殊な仕事だから、身内のだれかに、継げる能力を伝えることは不可能だと思っていた。そこで、創業時から、能力が有りそうで、自らこの仕事をしたいという人間を探し始めていた。幸い、沼津の時に、富士プラ精工で一緒に仕事をしていた人が、私の後をついてきた。もし、私が沼津のまま、仕事をしていれば、そのまま、太田化工の後継者にするつもりだった。しかし、私の都合で、沼津が満杯になったとき、静岡に本社工場を移し、沼津が工場長として、任せた。そして、静岡は、私が50歳になった年末に社長を任せるという約束で、後継者の候補として三人いれた。そして、思うとおりに50歳で、その中の一人の社長をゆずった。沼津は、静岡の社長の方が若いし、後輩なので、部下にするのは、どちらもやりにくいので、その前に沼津は独立させた。いずれも、独立という形にしたのは私が50歳を過ぎて直ぐだった。いずれも、無償で譲渡した。ただし、静岡からは退職金を、受け取った。そして、その二年半後に、インドネシアにいた。

 そして、それから、二十年、双方の社長共に、後継者を育てていない。さてどうするか、ということで、太田化工へ、このことで、話をしに行ってきた。早いうちに、面倒を見てもらっている会計士さんを挟んで、打ち合わせをするように、ということになった。太田化工も後継者のことを、そろそろ、真剣に考えなければならない状況になっている。

 この仕事、後継者を作るには相当難しい。数年ではできないので、インドネシアでは、技術を伝えたすべての会社、集団の中に、芯の後継者はできていないままだ。そして、私の代わりの役目をするはずの、本社から派遣されている日本人は、すべて、技術的には、私に後継者になっていない。新しい仕事は取れない。
IMG_1266.JPG
IMG_1268.JPG
太田化工への最寄り駅、用宗駅。昭和というより、明治風ですね。 
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ルーツ [思い出]

 2624 父親が亡くなったとき、もう、二十年以上前になる、私がお墓を作った。富士川町に住む、いとこの内、本家の石材店以外は全員、本家のお墓(江戸時代からの墓標がある)の周りに、自分たちの親が亡くなった時にお墓を作った。だから、このお墓の周りは、太田家と彫られたお墓が沢山ある。本家が石材屋だから、静岡に引っ越しても夏休みには、毎年、富士川の橋のたもとの本家に遊びに来ていた。富士の方から国道一号線の橋を渡ると、国道は、その渡りきったところで急カーブを描いて左折している。左折しないで、認知症老人のごとく、真っ直ぐ行ってしまうと、太田石材店に突っ込む、そんなところにある。今でも、いとこがその石材店をやっている。信号がまだない時代、よく、太田石材店にトラックが突っ込んだという話は、聞いていた。
IMG_1205-.JPG
 で、お墓を作るのは、簡単で、安い、お寺も先祖代々、子供のころから、そのお寺の周りの山で遊んでいたし、お寺の坊さんとも、仲が良かった。今は,年に一回か二回しか行かないし、父母だけしか入っていないお墓に、次に入るのは私である。準備は万端である。この地より出でて、この地に戻るはずである。
IMG_1253.JPG
 この鉄のパイプはなにか分かりますよね。日本軽金属蒲原工場の第二発電所の取水パイプです。私が生まれた年に利用され始めたという。私の父親は重電の専門家で、その仕事に携わっていた。ボーキサイトから最後に電気分解、アルミニウムの抽出に携わっていたのでした。富士川の芝川辺りの第一発電所からの放水を使っている。二三歳のころ、会社の運動会に行ったことを覚えている。発電所についても、分からないながらも説明をされていた。四歳の時に、どういう分けか、静岡に引っ越した。なぜ、日軽金を止めて、静岡で荒物屋を始めたのか、説明を聞いていない。サラリーマンには向いていないと思うが、何故か、分からない。商人にも、向いていないと思うのだが。

 孫にこんな話をし始めている自分に気付く。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆故郷ゴルフ [ゴルフ]

 2623 私の生まれ故郷にほど近い、リバー富士で、ゴルフ、実に快適だった。場所は、富士川沿いに北上し、富士川楽座の前を通り、新東名の下を通り過ぎて左折し、道なりに進むと、案内看板がでてくる、山登りの道に入ってから、約4km、くねくねと進めば、開けた場所に出る。初めての場所だが、迷うことなく、家から一号線とそのバイパスと県道10号だけで、1時間ちょっとで到着した。

 ちょっと、早く着きすぎて、富士川楽座の側を通って、昨日、寄ったばかりのお墓に寄って、時間を潰した。朝日に映えた富士が“頭を雲の上に出し”の状態で頂の雪が輝いて見えた。

 山の中のコース、起伏が激しく、ドッグレックも多いが、整備は行き届いると思う。日本のゴルフで、当たり前のことは、4人乗りのカートを使う。キャディーを使わないで、セルフという。食事休憩時間がある。ここも、その通りでした。今回は私が最年長者だったが、私がカートのリモコンを担当する。ほかの方は、足の状態が悪くて、カートに必ず戻る人が一人、そして、目の具合が悪くて、ボールが飛んだ位置が分からない人が私以外の三人、いい運動になった、歩きがほとんどで、他の人のボールの位置を示しつつ、カートの操作をしつつ、そして、他の人のクラブの置忘れがないことをチェックしつつ、富士山やコブシの花の写真を撮りつつ、鶯の鳴き声を聞きながらのプレーだった。それでも、オリンピックは29点、まあまあである。

 プレーの後、世間話、情報交換、まだ、皆さん、仕事をしているが、縛られる状態ではない、平日ゴルフをたまにはできる状態らしい、頑張っている。ただし、車の運転には、そろそろ、若干の危険を感じているらしい、免許返還を迷いっていた。
IMG_1221-.JPG
IMG_1226-.JPG
 ゴルフ場からの富士山です。子供のころ 毎年、夏休みには、当たり前に見える、こんな富士山をほとんど無視して、セミやカブトムシを追いかけた、川でフナやハヤを追っていた。ウサギはいなかったので追わなかった。秋には、ミカンの収穫の手伝いをして、両手が真っ黄色になった。
   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆待機 [思うこと]

 2622 トイレで新聞を見ていたら、中学の時の友達の名前が出てきた。静岡の町中にある碁会所“爛柯”の女将さんというのでしょうか、仕切っている人、多分、ご主人を支えるどころか、主なことは彼女が裏でやっていると思う。日本にいた時には、私もその碁会所には、時々顔を出していたし、中学の同窓会(学年会)の打ち合わせでも、彼女とは、話す機会が多かった。まだ、頑張っているんだ。さすが、中学の時には同じクラスになったことはないが、多分、お互いに、よく知った存在だったと思う。隣の組だったことがあるし、生徒会の役員をお互いによくやっていたからだ。

 ピアノ教室の合同発表会に総合練習会場に、孫たちを送って行き、迎えまで3時間ほどあるので、岩淵のお墓に行ってきた。春分の日は20日、昨日でした。彼岸の中日ですね。一応、24日までお彼岸ですね。

家にいて一か月になる、やっと言いか月過ぎたかと思う。異常に長く感じた。日本に戻っていて、何事もなく、遣らなければならないことは、何もなく、一日中、家の中にいて、何もしなくていい、だれにも、気を使う必要ない、と思える時期は今までこの20年間、無かった。この一か月が、仕事から解放され、完全リタイヤした時の自分の状態を体験しているのだと思う。そして、あと、何日、耐えればいいのだろうと思う。もし、仕事をしない、出来ない状態になれば、この一か月のような生活はしないでしょう。辞めることが分かっていれば、その前に、何かをするように手を打つでしょう。やろうと思えば、押出の技術指導のほかに沢山ある、ボランティアでどれにしようかなと迷うでしょう。今の状態が日常になることはない。
長ければ、もう、一か月このままだが、予定通り4月の上旬には、インドネシアに戻ることができると期待している。
IMG_1146-.JPG
IMG_1147.JPG
 今日の富士山は曇っていて全く見えなかった。これは昨日です。蒲原から富士川に掛けて。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ミニ観光 [情報]

 2621 映画に連れて行って、と頼まれて、新静岡ゼノバの9階のシネシティ ザート、2人を送って、私は、終わるまで、駿府公園を散歩することにした。桜は、蕾だけ、開花は、一週間以上先になりそうだ。静岡祭りの準備でしょう、あちこちにピンク色の提灯がぶら下げられていた。ちょっと、不似合。小雨模様だったが、次第に晴れてきて、ポカポカ陽気に、早歩きが快適だった。

ゼノバに戻って、ホームセンターを眺めて回る、小物、こんなに色々なものがあるの、あり過ぎ、そして俺らが、みんな、いい値段がする。家に着く前に100円ショップによって、布巾を買ったが、そんなものでも、ここでは、300円以上した。土産物にいいかなと思った、日本各地のシールセット、10枚ほど入っている、これも、500円、買う人がいるのでしょうね、他人の流れは良い、売れているのでしょう。直管LEDランプも目に入った。普通サイズが4000円、半分が2000円、売れているという雰囲気はなかった。置き場所が冷遇されているようだ。従来の蛍光灯と言えば、400円と300円。どうでしょうか。
IMG_1182.JPG
この橋を渡った場所に、静岡歩兵第34連隊兵舎があった。そして、それは、終戦後、静岡中学から第一高校そして城内高校になった。その中の卓球練習場に何回か入り込んで、一緒に練習させてもらったことがあった。
IMG_1183.JPG
内濠の静岡地方裁判所の前辺り、向こうに双葉学園高校、中学(今でもそうでしょうか)の校舎が見える。静岡税務署、市立病院の駐車場入口、写真を撮った背後には、県知事公舎や保険所跡に作られた法務局がある。静岡県と静岡市の行政の中心地になっている。高校の時には、浅間さん、臨済寺、城北高校方面に走っていったが、この内堀にも頻繁に来ていた。双葉の前を通過すると、窓から、皆さんが手を振ってくれた。急に速度あげて走った。
IMG_1187-.JPG
二人の希望で、帰り、家の前を通過し、駿府匠宿へ行って、クマノ牧場でソフトクリームを食べることにしたが、閉店、牧場の牛の世話が忙しくて、店は当分の間、開かないという。ここを目当てに来る人が多いという。下の子のクラスメートの家でもある。中庭のコブシが満開。駐車場には、大型バス、四台、愛知県、東京のナンバー、日本人でした。丁子屋とセットで、ここに来たという。それほどの場所ではないと思うが、日帰りコースになっているそうだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆遠い記憶 [思い出]

 2620 昨日書いたプロ野球選手の円陣の話、それに関して、世界の王会長の談話を読んだ。さすが、王氏、いいことをおっしゃる。スポーツマンだね。

 で、何も関係ないが、思い出をちょっと書く、甲子園春の選抜で優勝した王選手、ピッチャーで四番だった。中学の時、家の側の静商(セイショウ)の野球選手がよく、田所選手や興津選手などがいて、家の前までランニングをしてきた関係で、小学校の時からファンだった。高校は静商へ行って野球をやりたいと思っていた。当時、静高(静中から城内高校)と静商が甲子園へ殆ど交代で出ていたし、定期船は“静岡の早慶戦”と言われていて、人気があって、外野まで満員だった。多分、私が中学の二年の時だったと思う。招待試合として早実が来て、静高と静商とダブルヘッダーの試合が草薙球場であった。私は父親と一緒に見に行った。両校とも負けてしまったと思う、王選手さすが甲子園優勝投手だと思った。

しかし、そのときは野球をあきらめて、卓球をやっていた。そして、中学からは静高の方が近かったし、静高の卓球部は、全国大会にもよく出ていたので、二年の時には、まだ、駿府城内の城内高校へ教えてもらいに通ったし、三年の夏までは、新しい、現在の場所の静高の体育館へ練習に行っていた。そして、静高に入っても、当たり前のように、卓球部に入った。野球は、二年の時、私の中学の同級生をはじめクラスの仲間が甲子園夏の大会で準優勝をした。彼らと一緒に野球などできるはずがない。彼らのスピードといい、飛距離といい、とてもじゃないが、野球などやらなくてよかったと思った。同じ体育館で練習をしていたバスケットもインターハイで優勝していた。私たち卓球部と言えば、静岡の中部大会で準優勝止まりだった。
IMG_1169.JPG
静岡地方気象台の観測用ソメイヨシノはまだかもしれないが、ここの染井吉野は、五つの花どころか、一分咲きのようだ。
IMG_1166.JPG
 トンネル内の火災があったばかり、この先1kmほどにトンネルがある。前方工事渋滞とかで、左車線一車線になろうとしている。ちょっと、緊張する。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆当たり前意識 [習慣]

 2619 沼津の弟のような会社へ行って、アラックバリを渡してきた。何年間かを一緒に仕事をし、譲った会社だ。私が立ち上げた会社の最初の従業員でもあった。40年くらい前からの昔話は尽きない。
IMG_1145-.JPG
IMG_1151.JPG
IMG_1153.JPG
 また、富士山、いつものパターン、薩埵トンネルを出たところ、と、富士川楽座の横から、この右側に私が入る予定のお墓がある。そして、富士川橋に差し掛かったところからだ。富士の町とその向こうに愛鷹山が見える。

プロ野球の賭博問題?とは、別物だと思うが、公式戦に勝つと試合前の円陣で音頭をとった選手が、他の選手から集めたおカネをもらえる、件。清原のことやジャイアンツの選手、何人かが、賭博に絡んでいたことなどから、このことも、賭博だ、けしからんと、言われだし、巨人のほかに、何球団かで、同じようなことをしていることが、明らかにされた。どうでしょうか、私は、賭博などではないと思う。一種の息抜きというか、楽しみのようなもの、出来高払いのシステムのようなもの、私たちがやっている、ゴルフのオリンピック結果の金銭授受のようなもの、野球選手だって、他のプロスポール選手だって、スポーツではないが、私だって、プロだし、その道のプロは山ほどいる、彼らが、仕事で、何かが成功すれば、金銭をもらえるとか、出し合って、金銭の積立制度からだして、飲み会をやったり、何か記念品を上げたりすることもある。これらが、賭博だと言い張る人はどれだけいるでしょうか、彼らの意識感覚は、特別だとか異常だとか、批判する人がいたとして、その人は、きっと、ゴルフのオリンピックも掛けマージャンもやらないし、頼母子講などのようなものも批判するのでしょうね、きっと。
パチンコや競輪、競馬や競艇などの賭博を公認していて、何をおっしゃいます。
協約や会社の規定や制度や雇用契約に歌われている会員制度の会費制度の金額の中から、配分されているのも、ごく、当たり前のことですね。
やる気や指揮を高める意味、楽しみを増やす意味で、当たり前のことをしているだけに過ぎない、目くじらたてて、賭博だ、罪の意識がない、などというのが変!!

暴力団の資金源になるようなことに支出をすることは、賭博やドラッグでなくても、やってはいけないこと、法律に触れようが触れまいが、無意識でも結果は、悪だ。
 

タグ: 麻薬 賭け
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆不可解なレース [情報]

 2618 インドネシアのPutri Ayuプトゥリ アユは、何度も聞いているが、アメリカでのコンテストで認められた女性歌手、Susan boyleスーザン ボイルにも聞き入っている。
https://www.youtube.com/watch?v=HiitHDKP7rM#t=4.2058964

入れ歯の完成?違和感は当然あるが、使いこなさなければならない。インドネシアで上を修復しようと思う。下側総入れ歯、値段は、2500円くらい。これでは、保険がきかないインドネシアと同じ値段だ。20%の値段だから、日本の値段は5倍ということになる。保険がきかないソフトタイプの値段が写真と共に待合場に掲示されていた。高っ!! それだけの価値があるのでしょうね、きっと、しかし、私は、頼む気になれない。チタンなどの合金をどう具合に使うのか知らないが、20万とか30万円などと書いてあった。頼む人がいるのでしょうね。
72.5歳で、初体験、滅茶苦茶違和感がある。まだ、うまく,かむことができない。

どこのトンネルでしょうか、山陽自動車道ですね。40年近く前の日本坂トンネル火災を思い出す。

日本陸連が意識的に福士の記録を上まらないように画策した。それが成功したので、リオ五輪のマラソン選手が決まりましたね。選考には問題はなかったと思う。日本陸上競技連盟のオリンピックマラソン選手選考要領が変だ。女子マラソンの選考最終レース、名古屋、これが、変だった。私は、テレビで実況放送を見ていた。明らかに、ペースメーカーのペースが、不自然だった。解説の瀬古も、変だとは言っていないが、ペースを上げないこと、区間ごとのペースが一定していないことを指摘していた。それに、瀬古の解説は、30Km過ぎになくなってしまった。
それまでの、三レースのコースに比べて、高低の差が少ないこと、気温、天候共に条件が良かったこと、ペースメーカーが外れた30Km過ぎからペースが上がったこと、そして、30Kmまでのタイムを、ゴールタイムが2時間22分何秒かの標準タイムを切らないことを目標タイムにしたかのような印象を与えたこと。これらの、作為的な記録にして、日本人二人のあれほどの高速レッドフィヒートの末でも、福士の記録を越えなかった。陸上競技連盟の画策が成功した。1秒差で二位になった選手は今回の貧乏籤というか、犠牲者になった。
陸上競技連盟がPMに30Kmまでのタイムの設定を2分速くしていたら、福士は選ばれなかった。陸上競技連盟の思うようになってほっとしたでしょう。PMのペースに従わない選手がいたら面白かったと思うが、選手の多くは、記録より、一番を目標にしたのでしょう。
もう一つ、4レースを参考にしたが、最初の世界選手権の8位以内を記録に関わらず、内定というのも変、去年8月末のレースで早々と決めてしまうことが変、記録は、平凡にも関わらず。伊藤選手が悪いというのではない、選考要領が変、彼女、内定してしまって、その後のコンディションつくりはどうするのでしょうか、その後の選考レースに出て、ふるわなければ、みっともないことになるから、連盟は出場させなかったでしょうし、そのほかの地方レースに出場をさせないだしょうし、オリンピックまで、真剣レースは出ないでしょう。年近く、競争することなく、ブッツケ本番になることを、認めているのです、変ですね。
また、記録を設定する選考も変、男子の標準タイムは、だれが見たって、無理な話、目標にするには、ばててしまうことを覚悟して、最初から飛ばさなければならないタイムだ。それに、各コースの状況、天候、気温や風向きなどで、コースごとに違うし、その日のごとにも違う、そんなことは、当たり前なのに、記録を設定するにも変、世界選手権だけ、記録を設定しないのも変、変だらけの選考要領だ。
素人の私の方が、多分、多くの人が納得する基準を作るでしょう。5輪の半年くらい前一発選考レースをすればいい。これで、問題になるのは、スポンサーのことだけでしょ。視聴率の関係でしょ。
IMG_1133.JPG
IMG_1132.JPG 
安倍川にかかる二つの橋からの富士山、安倍川橋からは邪魔が多くて、見にくい。
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆モバイル [行動]

 2617 夜中の12時まで、起きていられなくなった。当たり前のことだが、インドネシアなら22時まで起きていれば、日本時間の翌日になるが、日本では24時まで起きていなければ翌日にならない。それで、眠ってしまえば、目が覚めるのは、早くても四五時になってしまう。

 昨日、電話会社の要請によって、アダプターを交換し、システムの変更をした。そのときの契約で、ホームテレホンの回線だけの変更だけだった。ところが、その瞬間から、メールアドレスが使えなくなったとともに、私の一部のウェブサイトにアクセスができなくなったしまった。慌てた。

 朝、近くのショップに行って、相談した。ショップは、ショップだから、ネットの問題の相談には乗れないといわれ、無駄足だった。アダプターのパンフレットに書いてあった、お問合せ先番号のネット関係トラブルに掛けてみた。通話は録音させていただきますなどと、喋っていた。だからでしょうか、対応は非常に丁寧、最初の応対は、受けた人では対応できないので、と言われ、別の電話番号を知らされ、そちらに聞いてほしいという。そちらに掛けてみた。10時ころだというのに、“営業は終了しました、営業時間は8時から17時までです“という、冷たい。大丈夫かな、この電話会社と思う。

 思い直して、もう一度、問い合わせに電話してみた。今度も、同じ会話が続いて、私の契約内容を確認してもらいながら、モバイル契約は解除されてしまっているという。回復できるかどうか、専門の相談員から電話をさせるので、切って、しばらくお待ちくださいといわれた。暫くして、というより、すぐに、電話がかかってきた。結局、“解除してしまった契約をすべて回復できます。価格は月、いくらです、再契約をしますかという”すぐ、回復してもらった。

 そして、昨日の夕方から、20時間ぶりに、今までの状態に戻った。のどに詰まったものが、無くなってしまって、すっきりした。

 こういうトラブルは、多分、私が初めてではないと思う。応対する人への説明教育や交換時の注意事項が不足していると思う。
IMG_1127.JPG
IMG_1124.JPG
 名前を知らない道端の花。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆暇つぶし [日常]

 2616 久しぶりの晴れで、特にすることがないので、丸子川の土手を散歩してみた。小学校の脇から、公民館を過ぎて、新幹線の下をくぐって、東海道線路まで、線路の向こうには、行けない状態だった。往復4kmくらいだと思う。道のわきの風景や花の写真を撮りながら、早歩きで行って来たが、チカンペックゴルフ半分も疲れない。
IMG_1122.JPG
IMG_1126.JPG
散歩している人、ジョギングしている人、犬を連れている人、大勢の人とすれ違ったり、追い抜いたり、抜かれたりしていた。午後4時ごろから5時ごろまでだったからでしょうか。すべてが私より年を取った人だったように見えた。その人たちは、日常的にこの場にいるのでしょう。挨拶をされる。知らん顔もできないので、返すのが面倒くさい。

ただ、VISAを取るために戻ってきている日本、間もなく一か月になろうとしている。今回は、シンガポールではなく、東京のインドネシア大使館で取る予定になっている。聞くところによると、申請後、二か月近くかかるという。どんな内容のテレックスから知らないが、それが、大使館に届けば、出かけて行って、パスポートにビザのラベルを張ってもらえることになっている。それは、本人が行かなくてもいいらしいので、シンガポールの場合は、朝、エージェントに会って、何やら、申請書のようなものにサインをしパスポートを渡せば、あとは、数時間後に、ビザのラベルが張られたパスポートを受け取ることができる。
東京の場合はどうなるでしょうか、12US$は、既に払ってあるので、テレックスを送ったという、知らせが、インドネシアのエージェントから、入るのを待っている状態だ。半月後か一か月後か、どうなることでしょうか、東京の場合も、提携しているエージェントが待っているのだろうか、それは、確認していない。

待つしかない。ゴルフの予定は、あと三回入っている。それまで、どうして過ごそうか、インドネシアの仕事を止めて、完全に、日本で生活をすることになった時に、今のような、状態になるのだろうが、どうも、困ったことになりそうだ、動きが極端に少なくなりそうで怖い。


タグ:散歩 挨拶
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆気にしない [インドネシア]

 2615 とんでもない結果とは、見積もりを書くときに使用原料、例えば、PP-Tubeのはずが、PE-Tubeになっていたり、HIPSがHIPEになったりしている。そして、客先も、そのまま、受け取ってしまっている。間違っているのに、お互いに知らないので、気が付かない、そのまま、注文書も来るから、面白い。私が、もしかしたら、間違っているのかもしれないと、首を傾げてしまう。
 こんなことがあった。新規の製品用に、HDPEの手配を購買に頼んだ。メーカーやグレードも指定した。そして、原料が入ってきた。私が指定したメーカーからではなく、こちらの方が安かったからと、その原料を購入したそうだ。金型が出来あがってきて、いざトライと、その原料を確認した。袋にLLDPEと買いてあった。どうにもならない、ポリエチレンなら、何でもいいと思っている。

 インドネシアでの難しさは、日本での比較にならない。金型の手配も、難しい、金型の図面を書いてその通りにつくってくれればいいが、その通りにはなかなかできてこない。ワイヤーカットの最初の穴の位置を指定する。製品が通るところは仕方がないが、製品の人の目に触れる場所にあると、どうにもならない。仕上げの状態が悪かったり、面やアールが取れていなかったり、とにかく、しっかりチェックしないままでは受けとれない。しかし、受け取る側が、そういうことをチェックできなければ、そのまま受け取ってしまい、製品がうまく通らなかったり、寸法が思ったように出なかったり、筋がついてしまったり、いろいろな、問題が出てきてしまう。出荷チェックができないし、受入れチェックもできないので、使って見て初めて欠陥が分かる。製品も同じこと、不良品を納品してしまっても、客先もそのまま受け取ってしまう。実際、組み立て初めて、初めて、欠陥だと言い出す。二三か月後に使えないとクレームをつけられると、開き具合や曲がりやねじれなどは、どちらの責任か分からなくなる。

 三か月以上前,押出機を注文する打ち合わせの時に、ヘッドプレートの図面を出してほしいと、頼んだ。当たり前には、売る側は、最初から、仕様のほんの一部として出してくるものだが、購買も商社もなしで話を進めて、注文をし、製造をしていて、4月に納品されてくるという。その間、金型を作るのに必要だからと10回以上、言い続けているが、まだ、でてこない。私だけが、やっきになっている。もういいや、あきらめた。押出機が、入ってから、作るしかないと思っている。こんなものです。

 インドネシアの高速鉄道受注に関しても、多分、こんなものでしょうね。分かっていない国の間で、決めてしまっているので、お互いにこれでいいと納得してしまっていたが、いざ、となって、どうにもならなくなる。どうにかするには、泥縄式に、手を打つしかないが、結局、自分たちでは、どうにもならなくなってしまう。
IMG_1110.JPG
IMG_1113.JPG
庭の春。今はきれいだ。妻が植えているのだが、私は、これを最終的にどうするのかと思う。
タグ:常識 普通 平常
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆原料の知識 [押出成形]

 2614 日曜日、20年以上前には、ほとんど、毎週 囲碁の対局を見ていた。そのNHK杯対局を久しぶりに見た。碁会所や公民館の囲碁クラブにも通っていた。囲碁と言えば、韓国の棋士が人工知能に三連敗後、一勝した。それはそれでしょ、チェスも将棋もとっくの昔に、コンピュータに負けているし、囲碁もそろそろかな、と思っていたが、やっぱりということでしょう。今でなくても、今年中には、中国や日本の棋士とも対戦して、全勝してしまうのでしょうね。

現在使っている原料は、PC、PP、PE、PS,PA、エラストマー、PVC、ABS、PVCだけは国内3社から、購入している。そして、PCはナアチュラル一種類と光拡散剤入りで三種類、PPはホモとブロックの二種類、PEはHDPEとLLDPEとLDPEの三種類、PSはGPPSとHIPSの二種類、PAはN11とN12とN6の三種類、エラストマーはPP系の一種類、ABSはナチュラルの一種類、すべて輸入品を使っている。原産地は、日本、シンガポール、韓国、中国、それとフランスです。如何ですか、何が何だかわかる方はいますか。私の仕事の基本中の基本のことです。先ほど、ハナタカ3割何とかという番組を見たが、こんなことを知っている人は、1割もいないと思う。

それらを輸入するのだが、まず、適当な商社を見つける、あるいは、選ばなければならない。どこのするのか、日本人なら、日系の商社の日本人に相談するでしょう。私も最初はそうした。当然、私が求める原料に関しては、知らない。知らないものをいちいち説明しなければならない。どんなことを話すかというと、先ず、射出の原料を大量に扱っていることは、知っているでしょうから、それらの原料はダメで、押出用の原料を求めている、と、話す。そちらが付き合っている原料メーカーのカタログを見れば、射出用、押出用、ブロー用などと、表の上の方に書かれている。その押出用の中から、先ず、ナチュラル(自然色でガラス繊維などの混ぜ物をしていない)で、MIあるいはMFI(メルト フロー インデックス melt flow index 溶融粘度)が、出来るだけ小さいグレードを使う。5以下が良い。射出の方を見れば、25とか30とか、と、書かれているはず。ブロー用を見れば、押出と似ている。もし、区別していない、あるいは、低い数字のものがない場合は、一番小さい数字のグレードの見積もりを頼むことになる。それだけ、話しておいて、当然、わたしのほうが、そのほかのメーカーの押出原料の種類を知っているのだから、その商社が扱っていないメーカーの希望するグレードの指定をして、見積もりを出してもらう。どうでしょうか、ハナタカさんは、0,1%以下でしょうね。

日本人が相手なら、知っていなくても、説明すれば、何とか分かってもらえるが、さて、最低ロットの話になると、こちらも、言いにくい。彼らにとっては、面倒なくらい少ない量だということは、分かっているからだ。毎月1トン以上使うことはまずない。押出用の原料は、射出に比べて高い、それも、小ロットだから、輸入価格も高くなる、それは、仕方がないこともわかっている。

これらのことを、私ではなく、インドネシア人の購買関係者がインドネシア系の商社に説明し、依頼することは、全くできない。どちらも知らないことだからである。しかし、私が彼らに任せると、あたかも、何もかも知っているように話すし、依頼する。とんでもない結果になる。
IMG_1100.JPG
IMG_1005.JPG
丸子から安倍川を渡って市街地に入るときに、いくつかの橋を通る。その内の一つ、入るときと出るときの景色。 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆必要知識 [押出成形]

 2613 土曜日で孫や娘は休みなので、お雛さんの片づけをした。また、一年箱の中である。

インドネシアでプラスチックの押出成形をするときの難しさは、日本での難しさより、はるかに難しい。 しかし、できるようになれば、日本よりは、はるかに、安くできる。

昨日書いた、依頼する日本人が製品に対する知識が全くないことは、海外の会社の日本人としては仕方がないこと。製造目的ではなく、管理目的で送られてくるからだ。

 インドネシア内での私の仕事に関する知識を持っていてほしい会社は、勿論、押出成形会社自身だ。客先、原料や装置の商社、それらのメーカーだが、残念ながら、持っていないので、どこからか、出来ないかという話があれば、私が何とかしなければならない。すべてのことを説明しながら、理解してもらいながら、しかし、分かっていないのだろうなという、疑心暗鬼になりながら。

 次に原料の問題だ。PP.PEとPVC以外は、国産がない。私が今使っている原料で、インドネシア国内産を使っているのは、軟硬質PVCだけである。PPとPEも使っているが、適した物性のグレードがないので、これも輸入するしかない。
 輸入原料の在庫を持っていて販売する商社はあるが、決まった客先を持っている、フォーキャストを受け取っている、大量に使う客先、射出やブローなどの決まったグレードしか扱っていないし、少ない。押出用の原料は、運が良ければ、ブロー成型用を使うことができるが、それは、一時しのぎに過ぎない。
IMG_1107.JPG
IMG_1108.JPG
 目薬は、目が悪いのではなく、涙の分泌が少なくなっていることを感じ、乾燥を感じるので、涙に近い薬を買う。そして、入れ歯洗浄液の元と、入れ歯安定剤を買う。寒いが、10分ほど速足で歩いてゆく。
  

タグ:輸入 特殊 汎用
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆予備知識 [押出成形]

 2612 孫会社の様子を見てきた。既に、軌道に乗っているようで、今の工場では、既に、狭くなっていた。スパイラルの出荷前の在庫が多い。そして、今まで、奥さんとお父さんの三人でやっていたが、そろそろ、パートでもいいから、従業員を雇わなければならない状態になっていた。日本の零細企業の問題だ。人件費が高い日本では、一人でも増やすことは、大きなテーマになる。沼津の工場の今後と共に、収束させたい会社と伸ばしたい会社と交錯する問題だが、双方ともうまくいくような方法はないかと思う。

 私が4月に復帰しようとしている会社の状態が、今、どうなっているのか、分かっていない。知っても、何もできないから、問い合わせていない。四ラインしっかり動いているのか。五ライン目の装置がいつ入荷するのか、そレが入る前に、必要な装置や金型はどうなっているのか、私が居れば、催促すること、確認することが一杯あるが、今は、気にしても仕方がないし、はなれていては、どうにもならない。
しかし、客先から直接、質問や見積もり依頼が入ってきている。新しい会社からのものも入ってきている。日系企業からだが、押出の日系企業があるのだから、そっちに頼めよと思う。

 一つ、面倒な相手の話、単なるパイプの見積依頼に話だ。その会社の客先からの図面も示せれている。それに、サイズと原料名が書かれているから、二種類のサイズと原料は、何、という情報だけで見積もりをしてほしい、それも、仮でいいから、すぐほしいという。それに、原料がポリエステルとしか書いてない。
 その依頼を受けて、感じることは、客先もその客先もプラスチックと押出成形に関して、全く、知識が無いである。図面を書いた人も知識を持っていない。

 こういう会社と付き合うのは難しい、どこまで教えればある程度分かってもらえるのか疑問に思いながらも、何から何まで教えながら、質問しながら、進めなければならないし、製品のOKももらって、量産を始めても、予想ができない、何らかの問題が起きる可能性も高いからだ。使用目的、使用場所、取るつける部品の規格、などなどのすべてを分かっていて、寸法やその公差決めていると思えないし、原料の選定をしているとは思えないからだ。
 原料の選定だけに限っても、パイプの図面を書いた人か書かせた人が、原料を決めているはずだが、なぜ、その原料にしなければならないのか、私は疑問に思う。本当にその原料でいいの? また、他にも、似たような原料があるのに、その原料でなければならないの? 単に ナイロン、PP.PE,エラストマー、ポリエステルなどと指定してくる客先には、本当は、それだけで、相手をしたくなくなる。私にとっては常識中の常識のことに関して、無知だからだ。プラスチックの種類や物性など、基本的な話をどこまでも優しく丁寧に話をしてやらなければ、分かってもらいないからだ。

 見積もりを依頼する側の条件として、1 製品図面あるいは、既にどこかで作られているものがあれば、サンプル。2 原料名、出来れば、何とか相当といった具合に、メーカーのゲレード名、品番を示してもらいたい。示すことができない場合は、使用場所と条件があれば、こちらから、提案はできる。3 生産量

知らないという自覚がないから、調べないことは分かっているが、そんな度に、思うことは、今の世の中、ネットでチェックすれば、いくらでも、知りたいことを知ることができるのに、なぜ、調べないのか、である。
IMG_1104.JPG
IMG_1105.JPG
 家に帰る途中。この辺りの人口は増えている。


タグ:見積 図面 原料
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆監獄島? [インドネシア]

 2611 多分、サリナデパート前の自爆テロに関係した、IS関係者が収容されているヌサカンバンガン島の刑務所を訪問した記者のレポートだと思う。その中のほんの一文です。
ジャワ島南部の港から専用の渡し船で10分のヌサカンバンガン島。121平方キロの島全体が刑務所で、イスラム過激派や薬物犯ら約1200人を収容する。
この文章によるとヌサカンバンガン島全体が、外部と隔離された刑務所になっていると受け取れます。
http://otaenplaext.net/newpage19.html
http://otaenplaext.net/newpage20.html
07-01032.jpg
ジャワ島南部の港とは、チラチャップです。性格には、中部ジャワの南西の端の町です。石油製品のコンビナートの町という印象。ヌサカンバンガン島へは目と鼻に先に、船着き場が向き合ってあるので、10分ほどというのは正しい。何か月か前に麻薬関連の死刑囚10人ほどが執行されて、大きな話題になりました。極悪人の監獄島として、インドネシアで恐れられている島ですが、塀に囲まれて監視塔で見張られている刑務所自体の面積は、広く見ても、300M×200M、私はその200Mほど脇を通ったが、狭さにびっくりした。
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/yanto.html
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage123.html
チラチャップの港から、ヌサカンバンガンにはすぐそこで、私でも泳いで渡れるくらいの距離だが、その渡し船には、誰でも自由に乗れるということはないと思う。刑務所までは、どんな道か知らないが、車で、30分以上かかるのではないかという距離がある。その間は刑務所ではないが、多分、許可なく進むことはできないと思う。そういう点では、その辺りは、監獄扱いと言ってもいいかもしれない。
IMG_0178.jpg
 しかし、島内のその他の地域、場所は、出入り全く自由だし、行きたいと思う人は少ないと思うが、簡単のどこからでも、行きたければ行くことができる。島だから、ゆくには、船を使う。島の南側、おそらく、35km以上有るインド洋に面した場所は、上陸したければどこからでも上陸できるし、西側は、パンガンダランから、近いところでは30分で着くし、西海岸から半島を回っていっても1,5時間で着く。そして、自由に上陸できる。そして、島全体がほとんどジャングルだが、かき分けて入ってみようと思うなら、それも、自由だ。ボートで奥地まで入ることもできる。入っても、ジャングルしかないが。何よりも、島の北側添いに住んでいる人も多い。ということで、島全体が、刑務所というのは、大間違いで、刑務所の面積は、1000分の1もない。

 島の周囲の海は、海の幸が豊富だ。特にエビやカニは豊富で、その漁師にとっては、稼ぎ場所だ。その人たちは、海岸に小屋を作って、寝泊まりする人も多い。私がこの島へ行ったのは10回以上だ。サーフィン目的で、パンガンダランに行く人は、バトゥカラス辺りだけでなく、ヌサカンバンガン西側とジャワ島の間を挑戦したらいいと思う。高低差5m以上のウネリが普通で、入り江になっているので、奥の波は相当高い。
   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆雨でした [情報]

 2610 静岡は一日中雨、日蝕も何もあったものではなかった。皆既日蝕 インドネシア 各地ともいい天気だったようですね。ヌピのバリも88%欠けたそうだし、カリマンタンのバリクパパンやポンティアナク、バンカ、ブリトゥン、また、ブンクルでもそれぞれ、素晴らしい天体ショウーにめぐまれたようですね。パレンバンは今一だったようです。gerhana matahariが日蝕ですね。totalが付くと皆既日蝕ということですね。パレンバンでは、名所になっているムシ川にかかるアンペラという吊り橋に大勢の人が集まって、満喫したようでしたね。ジョコウィ大統領は、ボゴールの大統領宮殿で、観測したようでした。
Proses gerhana matahari total di Belitung dimulai pukul 06.45 WIB.
WIBとは、Waktu Indnesia Barat西インドネシアタイムのことです。
Dimulaiは始まりのことです。
P Bali nyepi 日蝕.jpg
Istimewa, Warga Bali Bisa Lihat Gerhana Matahari Saat Nyepi, Ini Waktu Puncaknya!
Nyepiはヒンドゥー正月です。今のインドネシアでは、バリ島とジャワ島のバリ島に近い地域にしかヒンドゥーはほとんど無いようです。たまたま、ニッショクとニュピが笠名他のですね。この日は、交通機関はすべてストップです。空港閉鎖です。ホテルから出ることもいけません。この日ばかりは、イスラムやほかの宗教に人たちも、バリ島内ではこの習慣に協力しなければなりません。日蝕も自分の家やホテルからしか観測できません。
parembang.jpg
Ribuan warga berkumpul di jembatan Ampera, Palembang, Sumatera Selatan untuk menyaksikan fenomena alam langka, gerhana matahari total yang melintasi wilayah mereka pada Rabu, 9 Maret 2016 pagi.
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage107.html  旅日記 
http://otaenplaext.net/newpage37.html   写真 
パレンバン、と聞いて、日本軍の落下傘部隊の奇襲作戦を思い浮かべる人は、ほとんど、いなくなったでしょうね。私は知っていました。だから、どんなところか、どんなに重要なところか、知りたくて、一度は行ってみたいと、子供のころ思っていた。私はこの町で、日本軍が発行したルピア札アンティックで買った。当時は1ルピアが1円だったようです。だから、日本の何銭に当たるお札があり、それは、セントでした。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆明日は雨 予知? [思うこと]

 2609 ブリトゥンはどうかな、パレンバンはどうかな。雨季のインドネシア、一日中降るわけではないから、皆既日蝕の時の晴れるといいね。インドネシアにいれば、絶対、行っていたのに残念。静岡では、11時ころ、最大で20%くらい欠けると思う。 ジャカルタでも88%欠ける。

とにかく、神戸も北九州も奥尻も中越も東北も全然予知していなかった。日本中、どこで、いつ起きてもおかしくない、という、予知なら、当たっているし、私もそう思っている。例えば一か月以内でもいい、場所も半径50Km以内でもいい、震度も3~5くらいでもいい、そして、そのとき、3Mくらい以上の津波があるかなしかでいい、ぜひ、予知していただきたいものですね。あるいは、そのくらいの予知ができるようになるには、どういうことをあらかじめ知れば予知できるのか、それにはどういう測定器と数が必要なのか、示して、そのデータがどういい数値を示せば、予知できるのか証明していただきたいものです。

絶対できないと思う。囲碁でつい最近、コンピュータ-がプロ棋士に勝てるようになったという。将棋やチェスは、かなり以前に、コンピュータ-の方が強くなっている。それは、読む手数が少ない順からコンピューターが勝つことは当たり前だからだ。囲碁はかなり手間取った。天気予報はどうか、衛星から見るデータをもとに、かなりの確率で予報は当たるが、落雷、竜巻、ゲリラ豪雨のピンポイント的予知はできない。出来ていない。当然だ、データがないからで、そのデータは、無数にある変動要因と起こる条件を結びつけることができないからです。

地震の予知ができないのも当然で、出来るという人、予知を実際に出している人や集団は、私は、全くの嘘つきか、思い付きを言っているにすぎなと思う。全く、信じないし、信用しないし、もし、どこどこに何年以内に何十パーセントの確率で起きるということを言われたら、また、やってるよ、と思うだけだ。その場所以外に起きる確率の方が高いんじゃないのと思うだけだ。

静岡、明日は雨で部分日蝕を見ることができないでしょう。外れた方が良いが。
IMG_1067.JPG
IMG_1080.JPG
サンシュウ 緋寒桜?
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆予報 予測? [生活]

 2608 昨夜から大雨、出来るのかどうか、気になったが、結局、やりましょうということになって、出かけた。富士山静岡空港、南部化成の近くの静岡カントゥリー島田コースでした。天気予報では、昼過ぎには晴れることになっていた。10時半スタート時、小粒だが、大雨だった。そのまま、小降りになることはあったが、一向に止む気配がない、昼食は13時から、外は、雨が降り続く、後半スタートは14時10分前、晴れていい頃なのに、逆に、大粒の雨になってきた。もう、夕方の暗さ。全身、水がしみ込んで、寒さは、きつく成るばかり、とにかく、早く、打って、カートに座る時間を長くした。前の組のプレーが、わざと遅くしているように感じた。終わったのが、16時半。寒さをひたすら耐えた。冬のゴルフは、終わった後、普通、風呂に入らないが、今日ばかりは、全員が風呂に入った。風呂に浸かった時の感触は、ほとんど、広い大風呂に入る機会がない私にとっては、極楽気分だった。

東北地方大地震から5年になりましね。東海地震は、まだ、ありませんね。孫が“爺ちゃん、静岡に直ぐ大地震が来るんだって、家は、大丈夫?”と、言う。
もう、三十年以上前に、“150年周期で大地震が来ていた東海地方、特に駿河湾地方に、150年以上、大地震が来ていないから、いつ来てもおかしくない“と、言っていた方がいて、なるほどと、危機感を感じた人達が、それなりの準備をした。多くの人も、それに倣った。私も備蓄の手伝いや避難訓練や対策納税にも参加した。工場の建物を耐震構造の基準以上にした。それなりの資金を使った。公共もそれなりの予算を計上して、いざという時のための手を打った。

しかし、未だに、大地震は来ない。神戸淡路島、奥尻、北九州、中越、そして東北、火山もあちこちで噴火し、被害を出している。その間、関東直下型地震、東南海地震、富士山噴火など、今までの予想を上回る危険予想が次々と出てきている。最近は、第三の地震の話も出てきて、予想される津波の高さがどんどん高くなっている。浜岡原発の防潮堤の高さは、当初、東北地震の後、専門家の説によって,18Mとしたが、その後、22M説が出て、海抜22Mにして完成させた。これでいいのでしょうか、地震専門家の方々、如何でしょうか。どうも、沈黙しているように、私には思える。もっと、高く言っておけばよかったと思っているのでしょうか。
そして、三十年以上前にすぐ来てもおかしくないといっていた、三十年後のいま、今では50年以内に80%以上の確率で震度6以上の地震が来るといっている。

私が知りたいのは、そういう予想ではなく、震度6以上の予想ではなく、4以上でいいから、いつ頃、カラ、50年の間に、何回くらい来るかを予想してほしい。大地震がいつ」来ておかしくないといわれて、大地震は来ていないが、震度4~5は、私の記憶では4回ほど起きている、それ以下の有感地震は十回以上来ている。そして、ほとんど、何の被害もない。
IMG_1075.JPG
IMG_1072.JPG
♪こぶし咲く、あの丘、北国の 北国のお春♪
  

タグ:地震 自信 自身
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆日本での話の種 [生活]

 2607 連日、日本の状態を書いている。インドネシア人の話題にならない話だ。
徘徊運転?運転徘徊?前回の日本で、交差点で赤信号の横から車がスット入ってくるのに出会った。日本の車は、ほとんど、すべて、中が見える。インドネシアの車は、全く、横、後ろからは中が見えない。で、どんな人が運転しているか横から分かる。そのときは、見かけ、私より若いが高齢者だった。全く、急ブレーキをかけて止まった私の車を無視していた。明らかに、これが、認知症者の運転か、と、納得した。

また、老人が行方不明になっているという、町内放送は以前からあったが、今回も、そんな内容の放送が、車を運転して、他の町を通過したとき、二回、聞いた。

道を逆走、そして、車を運転して外出し、そのまま、何百キロも離れた場所で、見つかったという話も聞いた。徘徊ドライブだそうだ。私は、インドネシアで一日、何百キロも運転するが、徘徊ではない。ちゃんと、目的地があって、到着しているし、目的地によっては、途中、何度も道を確認する。尋ねた相手の方が、こいつら、ぼけているんじゃないのと思うことが多い。

ゴルフのスコアーがでたらめとか、最終の足し算ができないとか、そんなことは、たわいないことだが、日にちを間違えて思い込んで、その日に来ないとか、ゴルフ場を間違えて、他へ行ってしまうなどもある。インドネシアの日本人には、こういう人はいないと思う。日本の現象ですね。

ぼけ老人が犯したことで、迷惑を被った人たちへの賠償というか保証は誰がするのでしょうか、何やら、曖昧な判決が出ましたね。曖昧にしか言えない問題ですね。それもそうだが、先日の運転中の心臓停止で、起きてしまった事故、あれ、運転していた人が死んでしまっても、死んだ人の罪ですよね。本人に賠償能力がないのだから、身内の誰かが賠償責任者になるのでしょうね。これ、裁判になるのでしょうね、きっと。バスやタクシーの運転手が、失神状態になり、事故、なんていう時には、会社が保証するのでしょうか。
IMG_1033.JPG
IMG_1034.JPG
こんな空間の中に、いつ、ずっといることができるようになるのでしょうか。犬を飼うのでしょうか。
  

タグ:責任 保証 徘徊
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ペットを飼う [生活]

 2606 犬の話、私は犬も猫も飼ったことがない。世話をできないからだ。相手をしてやれないからだ。また、愛玩動物を飼う目的がないからだ。
しかし、子供が小さいころ、どういう分けか覚えていないが、犬が家にいたことがあった。私は賛成しなかった。私が飼ったという意識はない。世話をする人はいない、ただ、庭に犬が繋がれていた。可愛そうに、私は何もすることができない、子供も面倒を見ない、妻も、何やら食事を与えるだけで、相手をする時間もなかったようだった。三年ほどいて、ある日、亡くなっていたようだった。その様子を私は知らない。庭の隅にお墓を作って埋めた。その犬は、不遇だったと思う。それっきり、家で犬や猫を飼っていない。

先日、犬を飼いたいという話が話題にあった。妻に先立たれ、子供家族は、時々、来るが普段は、高齢者の一人暮らし、奥さんが亡くなるちょっと前までは、犬を飼っていた。それは、自分が犬好きで、世話好きで、犬のいる生活環境に満足していたようだった。犬が亡くなり、奥さんが亡くなって一年になる。今、犬を飼いたい、犬がいる生活をしたいと思っている。家の近くにペットショップがあって、前を通るたびに、寄って、犬を眺めているという。どの犬も、ここから、私を連れだして、と、言う目をしているという。売れなければ、だんだん、値段が下がるという、一か月も、すれば、いなくなるという。買われたのか、どこかに移動したのか分からないという。
犬を飼いたい気持ちを強くなるばかり。家を暫く留守にする場合は、そのペットショップに預けておけばいいが、一番の気がかりは、自分が亡くなった後の、その犬の世話だという。家族として、パートナーとして、暮らしたその犬の世話を引き受けてくれる人を見つけなければ、飼うことはできないという。信頼できる人でなければならないという。太田君、どう?という。

仕方がないから、特に理由はないが、2018年の4月以降なら、引き受けてもいいと、返事をしてしまった。ただし、座敷犬では、引き受けられないとした。その人も、あと二年でなくなるとは思っていないし、私も、二年後には日本に落ち着いていることを念頭にしているからだ。実行されるかどうか知らないが、遺言に書いておくという。
IMG_1050.JPG
IMG_1050-.JPG
近所の桜?
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆後継者 [押出成形]

 2605 今回、日本で、初ゴルフ、南部OB会 相良でした。ポカポカ陽気で、暑いくらいだった。また、やっぱりというか、当然というか、くしゃみの連発になってしまった。花粉症の発症だ。鼻の下、上唇が痛い。まだ、花粉を感じるのだと、妙に安心した。

私が仕事を取ったり、取る手伝いをしたりした会社は、日本に三社ある。インドネシアに四社ある。その内、経営をした会社は三社、押出部門の責任者は三社、アドバイザーが一社だ。指導をし、仕事を取ったが、私が離れることで、継続できなくて辞めてしまった会社が2社あった。
そして、今、日本の三社の内、二社が、後継者がいない状態です。当然ながら、私が20年インドネシアに行っている間に、引き継いでくれた経営者も20歳年を取っている。二三年後には、止めてしまいたいという会社もある。客先に迷惑をかけないいい方法はないかと私に相談。しかし、後継者を育てていないというか、後継者を作るのが難しい仕事なのです。
インドネシアの会社もそうだが、私が新しい仕事をとって、その技術を教えても、それ以外の新しい仕事は取れないのです。日本の会社も同じこと、新しい仕事はほとんど取れていない。そして、彼らが歳をとっても、若手従業員の中から、この特殊技術を引き継ぐ人間を育てることができないのです。それなりの従業員を入社させることができないのです。口を酸っぱくして言っているのだが、なかなか、育たない。そんな相談が、今、来ている。私にはどうにもならない。

インドネシアで今いる会社に新しい仕事の話が来る会社の中に、私が指導した会社で私が仕事を取って、その製品は、今でも、継続して注文を出している会社もある。新しいアイテムがあれば、当然、今、注文を出している会社に相談したり、見積もり依頼をしているはずだ。しかし、出来ないと、断られたのでしょう。昨日もそんな会社から、私に会いたいといってきているようだ。

私も後継者を早く作らないと、日本に戻れない。それが、あと二年、あと二年といいながら、20年過ぎてしまって、今では、あと一年と言っている。
IMG_1057-.JPG
在原業平 伊勢物語 駿河なる宇津の山辺のうつつにもゆめにも人にあはぬなりけり、蔦の細道 十団子も小粒になりぬ秋の風 許六 などなどで、古代からに文学で紹介される宇津ノ谷峠の下の宇津ノ谷トンネルです。
IMG_1053.JPG
大井川です。遠くに蓬莱橋、世界一長い木造歩行者専用有料橋、が見えますね。いずれも、ゴルフ場への道の地通でした。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ギギ パルス [行動]

 2604 一週間ぶりの歯医者、入れ歯をテストした。また、一週間後に調整だそうで、そのまた一週間後に、付けるという。調整って、何をしているのか、何をするのか分からない。何故、今日、出来ている入れ歯を付けたままにしないのか分からない、もう、四回目である。次の一週間、出来ている入れ歯に、何をするのでしょうか分からない。
インドネシアなら、一日目、余計な歯を抜いてしまって、型を取る。一週間後、二日目に、false teeth, gigi palsu入れ歯をつけて終わり。ただし、保険がきかないので、二三万円支払うことになる。
IMG_1037.JPG
上の子を英語塾に送り迎え、新静駅(今でもそういうのでしょうか)の近く、静岡で最初のスクランブル交差点も近い。家から車でなら10分くらい、駐車場で待つと、一時間以上になるので、いったん、家に帰って、また、迎えに行くのが、決まりだ。

スマトラ西で海底地震があったようですね。今回は、何ともなかったようですね。ニアスに行ったのは、大地震の後、間もなくでした。山の上の耐震家屋、多分、何百年も前の知恵ですね。大木を組み立って作ったその技術は、どこから来たのでしょうか。素晴らしい。山の中の森の中にある集落のもっと上の方の集落に行ってみた。
IMG_3811-.jpg 
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/page006.html
http://space.geocities.jp/enplaindonesia/newpage01.html
犠牲になったのは、原住民ではなく、後に、海岸近くに、スマトラから移り住んだ人々でした。

 とにかくインドネシアは火山と地震は、日常的にどこかで起きているという印象がある。火山は特に、どこかで空港の閉鎖も頻繁にある。
  

タグ: 地震 調整
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ついに散歩 [習慣]

 2603 することが無くなってしまった。日本にいて、10日過ぎた。毎日、何かと、することを少しずつやってきていたが、ついに、今日は、何もすることが無くなってしまったので、散歩に出かけた。インドネシアの仕事が終わり、定年で会社を辞めた長野の人、毎日、諏訪湖のまわりを早歩きで回っているという方がいる。私も、今日は、そんな状態かなと思いながら、丸子(マリコ)川の土手の細道を丁子屋まで往復することにした。
IMG_1006 - コピー.JPG
梅は咲いたか桜はまだかいな(^^♪ではないが、丸子川添いのソメイヨシノは蕾固しだが、早咲きは、満開のものがあった。タンポポ、ツクシも少ないが、点在していた。早歩きで、体が温かい。丸子川は左、旧東海道を右下に見ながら歩くこの道、ジョギングや散歩をする人とすれ違う。挨拶するのが面倒、声をかけられるから、仕方がなく、返す。
IMG_1017 - コピー.JPG
観光客が、もう、トトロ汁を食べ終わったのでしょうか、前で記念写真を撮っている丁子屋の前で引き返すが、同じ道を帰っても仕方がないので、駐車場を横切り、一号線に出た。丁度その向かい側の大分前に閉園になってしまっていた丸子梅園に差し掛かったので、寄ってみた。やはり、閉園中だったが、その入り口にセキュリティーが立っていたので、入ってみてもいいかと聞いたら、いいという、そして、バリケードがあったが、そこを入っていいという。手入れがほとんどされていないので、無駄な枝が多すぎる。“桜切る馬鹿梅切らぬ馬鹿”と言われているが、切らぬバカの通り、枝ばかりが茂って、花はかすかに色ついて見える程度、それでも、たくさんの種類はそのままに、今が盛りのような気がする。
IMG_1025 - コピー.JPG
ところで、この梅園、二年前に所有者が宗教団体に売ったのだそうで、梅園の入り口の先が、その団体の建物を建設するための地ならし現場になっていた。どんな建物がそこにできるのでしょうか、梅園をつぶす雰囲気ではないので、いつか、また、観光梅園を再開する可能性もあるという。是非、手入れをしっかりしなおして、再開してもらいたいと思う。

そのまま、一号線を東に向かい、家に戻った。一時間半ほどのコースでした。花粉症の発症を心配したが、今のところ、その気配なし、治ってしまったのか、年を取って、反応が鈍くなったのか、とにかく、約一か月何でもないことを祈る。


タグ: 散歩
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆日本製 [知識]

 2602 まだ、早いが、早めに、インドネシアの何人かから頼まれた工具などを買いに行ってきた。インドネシアでは、無いのか、見つけることができないもの、あるいは、あるが、品質が悪すぎるもののいくつかを頼まれている。
剪定鋏、製品を切るだけだが、固い物、柔らかい物、チューブやパイプ以外にプロファイルを真っ直ぐ切ることができて、切れ味が落ちないものは、日本製に限る。インドネシア人にもその差ははっきりわかる。

カッターナイフの刃、これも、同じ、どういうわけか、日本製以外の刃は、切れ味が悪いし、長持ちしない、特にスパイラルカッターの刃は、日本製に限る。
 
マグネットピース両面テープ付き、これは、あるのかもしれないが、インドネシアで売られているのを見ていない。プロファイルの曲がりや開きや閉じ具合や冷却金型へ入る溶融樹脂の角度を調整するのに必要不可欠である。これは、私の押出成形技術にも大いに関係がある。磁石によって、助けられている。無ければ、うまくいかない場合が多い。磁石に頼る点が多い。
IMG_0991.JPG
IMG_0995.JPG
沼津の工場が狭くなり、従業員は地元の人なので、そのまま、沼津工場として残し(後に独立させる)、私は、親が住んでいる地元の静岡に本社工場を移した。35歳でした。用宗港の東側、すぐ横の当時新築の貸工場、70坪くらいでした。仕事は、また、ゼロから、初めは一ラインだったが、北川工業や南部化成、葵プラスチックなどから受注をし、三年の間に3ラインにした。この工場も五年で一杯いっぱいになり、現在の自前の土地と工場に移した。成長と共に移動でした。
IMG_1000.JPG
春霞の日々が続いていて、伊豆半島へ行ったときにも富士山をはっきり拝むことができなかったが、今日は、久しぶりにはっきり見えた。インドネシアのコマーシャルには、桜と共に、頻繁に出てくる。太田さんは、日本のどこから?と聞かれた時は、まず、静岡と答える、全員が知らない、次に、ブヌン フジの近くだよと、行ってやる。それで、日本のどこら辺りか、分かるとは思わないが、一応、彼らは、それで、うなずく。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感