So-net無料ブログ作成

(^_-)-☆軌道にのってきた [日常]

 2661 遠くなる、のほんの少しの例。 
IMG_1881.JPG
ここは、直進できない。左に曲がらされて、400mほど先にUターン場所まで行って、戻ってこなければならない。ここの場合は、400m先のUターン場所が閉じられていて、さらに300m先の四差路でUターンさせられる時もある。
IMG_1882.JPG
IMG_1885.JPG
そして、ここは、右折できない、直進して、400mほど先でUターンして戻ってきて、左折をする。

カンパニー プロファイルを更新した。明日紹介しようと思う。私がこの会社のトップにならざるを得なかった。それでないと、お客さんや従業員に迷惑が掛かるからでした。暫定的、措置だと、私は思っているが、後継者次第というところがある。

この会社の現状は、三ラインのフル稼働で、24時間、通常は日曜日の朝、夜勤明けで、一週間終了だが、各週位で日曜から月曜の朝まで、止めないで、繋げている。売り上げは400万円くらい、給料は私やセキュリティを含めて全員24人で110万円くらい、原料費が150万円くらい、どうでしょうか、ここ三か月、原料購入や装置の改造の費用に余裕が出てきた。今日の給料日も資金的には何の心配もなく通り過ぎた。5月から、四ラインになるので、オーバータイムをしなくて済むようになるし、現在、金型を作っている新製品の量産も可能になるし、今まで、頼まれていて、装置に余裕がなく、断っていた製品の話も受けることができる。6月の売り上げ目標は500万円に置いている。
5月末に二色成型の装置というか、メインの押出機と補助押出機と引取機と切断機が入るので、多分、8月には、600万円以上になっていると思う。ルピアは120を掛けてください。

何が売れているかというと、使い道はよくわからないが、軟質PVCのチューブのサイズや色各種、それから、冷蔵庫のトリム、各先は日系,韓国系が主だ。今日になって、二か月遅れで残額全額を支払ってくれた、インネシア企業などである。全てが、見積もりでも利益率は少ないと思うが、とにかく、固定費を少なくするように努めた結果が、出ていると思う。

固定費、流動費の概念がなく、どんぶり勘定で、商売をしていた、私が前に手伝っていた会社では、こんな具合には絶対行かない。社長は重役の人件費が高く、余分だと思われる勤続が長い事務の人も多い、間接固定費が多すぎる会社では、こうはいかない。

そして、インドネシアでこの会社でしかやっていない製品が三つある。LEDチューブランプのPCカバーと11ナイロンチューブ、暗光テープ、なぜ、この会社でしかやっていないのか分かるのかというと、これらの原料を買っているのは、インドネシアではこの会社だけだからです。メーカーからも原料商社からも他の会社には売っていないと、聞いている。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆日本人だね [思うこと]

 2660 70ジュタ入金されていることを確認したので、ほっとしている。全く、ちゃんと、約束の日にしっかり払ってよ、払えなければ、それなりの話があるでしょうが、いろいろな会社があるものです。とにかく、入金してもらって一安心。

 別々の会社の日本人のお客さん 二人の対応をした。一人は、ローカルの原料商社の人、初めて会う方だった。もう一人は、以前から、お付き合いがある、もう、かなり長い間のお客さんでした。11時と14時でした。それぞれの方たち、15分から30分、遅れて到着した。インドネシアでは、遅れてくるのが当たり前で、時間以前に到着するというのは、ごくまれなこと、待つ方も、それは、心得ている。そして、遅れることを、わざわざ?連絡してくるインドネシ人はほとんどいない。それどころか、こちらから、今どこにいるの、何時ごろになりそうか、電話で、問いかけると。答えが、“今、そちらに向かっている途中”これだ。今、どこまで来ているとか、あと、何分くらいかかりそうだ、という、返事をしてくれる人もいない。だから、それを、改めて、聞くことになる。どこに、今いるの?と聞くと、“車の中“、こりゃダメだと思う。だから、私は、もう、尋ねないことにしている。信じられないと思うが、そんなものです。もう慣れているが、鳴れといないときは、ストレスがたまった。

そして、今日のお二人、流石、日本人、約束の時間に何分くらい遅れるという、電話とメールが入ってきていた。今どこにいるので、後、何分くらいかかると。私は、遅れられることは、なんとも思っていない、事前に言ってもらえば、感激に近い。インドネシアはそういうところです。

私自身はどうか、私は、約束の時間に、遅れることは、全くと言っていいほど、ない。初めての場所でも、地図で確認し、渋滞無しで順調に行って、何分くらいかかるか、分かるし、渋滞する場所も、その渋滞で何分くらいロスをするかも分かる。そして、何分かかるか予想をする、そして、その時間にプラス30分を見て、出発時間を決める。だから、その出発予定時間の後に、別の約束を入れることはない。順調に何もなくついてしまう時には、一時間も前についてしまうこともあるが、大体、15分前に到着する。あまり、早く着きすぎてもいけないので、一度、目的の場所確認し、工場団地なら、どんな会社がどこにあるか、団地内を回ってみるとか、コンビニやスーパーによって、買い物をしたり、パソコンでメールを確認して、返信をしたり、道端、車の中でやることはあるので、時間調整をし、5分くらい前に、セキュリティーを通過することにしている。
インドネシアって、カーナビは、どうなっているのでしょうか、以前、タクシーに乗ったとき、カーナビらしきもののモニターを見たことがあったが、ちゃんと、陸の道路を走っているのに、モニターでは海の上を走っていることになっていた。使おうとは思わないが、まともに使われているのでしょうか。使えるのでしょうか。聞きもしないが、使っているという話を聞いたこともない。
IMG_1874.JPG
IMG_1873.JPG
住処の辺りにこんな場所がある。ヤシの実を落としていた。
 

タグ:連絡 流石 遅れ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆だんだん遠くなる [日常]

 2659 今の住所に引っ越してきて、会社やゴルフ場が、非常に近くなった。それが、目的で移ったわけだが、渋滞や道の変更や遮断がなければ、会社まで10分かからないし、ゴルフ場までは5分だ。ところが、そのように行かない。会社への通勤は、真っ直ぐ行けるとことを左折されられる、かなり遠回りをして、先ほど左折されられた場所に戻って、直進したかのような道に戻ることはできるが、順調にいって3分かかる。だから、13分ということになる。しかし、この道は、交差点や信号機の三か所にポリシがいるので、今は。通りたくない。
 そこで、元の道に戻らないで、建設中のサッカースタジアムの方向に行く、普通なら、ファーマーズ マーケットの前で、右折して、会社に行けるんだが、朝は、そこが閉鎖されている。ずっと先のシニアーライフ(老人ホーム)前まで行ってUターンし、ファーマーズ マーケットの前まで戻って左折し、会社に向かうには、マテルの女子寮を過ぎて左折する。この間が8分ほどかかる。会社まで、ちょっと渋滞なら20分かかってしまう。
 帰りが、また、直進できるときと、遠回りをさせられる時がある。その時間が、気まぐれで、決まった時間ではないので、運が悪ければ、5分は違う。
また、鉄道の踏切に向かう道を行くので、列車が通過する時間が決まっていないし、インドネシアでは遮断機を下すタイミングが早い、通過するであろう5分以上前におろし始める。というのは、こちらの連中、おろされ始めても、バイクはそれを無視して通過しようとするので、なかなか、下まで下せない。しっかり、平らになるまで、2分は掛かる。そうなっても、まだ、1分ほどは、全てが向こうの遮断機をくぐり抜けるまで、かかる。
そして、遮断機の両側とも道一杯に車とバイクで塞がれる。列車が通過して、遮断機が上がれば、双方が一斉にせめぎあいを始める。当然、なかなか前進しないので、100mくらい後方に着いた車は、動き始めるまで,数分かかってしまう。これが原因で全く動かなくなり、その間に、隙間という隙間をバイクが埋めてしまう。100mほど手前で、踏切が上がって、対向車線の車がこちらやってくるのを見たのち、動き出すまで10分くらいかかることもある。私は踏切の110mほど手前で左に曲がるが、その手前で止まってしまった場合は、すぐそこに曲る場所があっても、20分以上じっと待っていなければならない。

ダイレクターになって、最初の月末が来ている。支払いは、月末と月初に集中する。入金も、同じ時期になっている。この会社、利益が上がりだしたのは、私のビザが、切れて、帰国したその月、2月からだった。現在、三か月間、平均100ジュタの利益がある。従業員の数は、戻った時に17人だったが、今は増やして22人になっている。一応、順調だが、お金の余分がない、入金と出金のタイミングを計るのが、私の責任になる。前責任者は、もう知らん顔である。ま、その方が私もやりやすいには違いない。そして、今日、入金状況を確認したところ、何とか、今月末の支払いは問題ない。月初の3日の支払いは、月初の入金待ちになるが、振り込みは2日に決まっているので、これも、クリアーしそうだ。3日に60ジュタほど支払わないと、原料がショートしてしまう。悲しいかな、この会社、まだ、振り込みを前もってしないと原料を出してくれない、という、評価になっている。何時になったら、受け取りと同じように、月末〆の翌月末払いにならないかと思う。そろそろ、サプラーヤーに圧力をかけようと思う。最も、この会社始めてから8か月くらいは、月末〆の翌月末払いになっていたが、前々責任者が、支払いのすっぽかしをしながら、サプライヤーを次々に変えていたという、お粗末がったから、信用されなくなってしまっていた。

例の130ジュタ、前任者から、未払いの客先からの受け取りを頼まれてしまっていた件は、二回押しかけて交渉し、何とか、半分は今日振り込まれる約束になっている。まだ、確認していない。残りは明後日に払われることになっている。この客先、本当は次の注文を出したいが、出せないでいる。
IMG_1868.JPG
自作の肉じゃがだが牛を使っている。出汁は、ソッ ブントゥットゥのブンブを使っている。自分ながら、実においしい。
IMG_1871.JPG
なぜか、この時期、三人で食事、会談内容は秘密だが、何やらたくらみに私を誘おうとしていた、二人とも、日本での長期間、生活の援助をしていた。インドネシア語で構わないが、今回は、日本語だけで、会話した。今の彼らの日系企業での給料は、私の報酬より多い。そして、私、年齢相応に写っていてショック。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆イミグレ [情報]

 2658 また、無免許運転でブカシ バラットのサッカースタジアムの裏側にあるイミグレに行ってきた。ここも、多分、5回目になる。ちょっと分かりにくく、入り難い道の奥の方にある。運転手が連れて行ってくれる一般の日本人には、どうでもいいことでしょうが、私にとっては、行くには、狭いので、ちょっと、面倒だ。また、駐車場が狭く、今日は、入り口の前の路肩に駐車した。私の車だけではないし、係員がしっかり料金を4000Rp前払いで徴収していた。サインと写真と指紋、5分もかからない。

ところで、昨日の夕方、スンチンさんから、電話があって、“太田さん、カオスはダメですよ、スパトゥなら何でもいいよ”と、わざわざ、言ってきた。今更、妙な事を言いうなと思った。イミグレに出入りの規則があって、そう書いてあるということだ。Tシャツやサンダルで行ってはダメだということだと思う。もともと、そんな恰好で行ったことはないし、行こうと思ってもいないので、私にとっては、何のことはないが、多分、Tシャツや突っかけなどで、行く人がいるのでしょうね。
 で、そのときの電話で、カオスはダメだと言われたときに、Tシャツはダメだよと、言われたと思った。一般的に、Tシャツのことをカオスあるいはカウスと言っているからだ、観光地へ行くと、しつこく、Tシャツを待って、追いかけてくる人種がカオスと言っているから、ずっと昔に覚えていた。また、カウス カキは、靴下、カウス タンガンは、手袋ですね。ところが、スンチンさん、靴ならどんなものでもいいと言っている。ということは、カウスの意味は何だ?と、思ってしまった。カウスに肌着、下着という意味もある。しかし、まさか、裸足という意味があるのかなと思った。まさか、裸足で行くやつはいないだろうし、で、裸足の足でサンダルやビーチ草履などのことをいうのだろうと、解釈し、ビーチサンダルなどはダメでしょうねと、返事をしたら、ブナールと言われら。皆さん、イムグレに指紋を取られに行くときには、Tシャツ、サンダル履きで行っては、いけませんよ。
IMG_1867.JPG
IMG_1866.JPG
 毎年恒例の雨期明けの道路の破損状態、各地で、今年も舗装の修復が始まっている。イジップ ハイアール前のUターン場所、大渋滞している、原因は、アスファルトが、剥げて、でこぼこの深さが半端じゃなくなっているからだ。
ちょっと、一言、このごろ、でしょうか、いつごろからでしょうか、“半端じゃない“と、昔から言っていたが、”半端ない”と言っている。非常に違和感がある。NHK的には、どうでしょうか。“半端ではない”、が、正しいと思うのですが。“半端ない“は、やはり、変だ。半端というものがあるか、なしかの話ではないはずだ。だから、文法的にも変だと思うし、聞き苦しい。


タグ:Kaos カウス Kaus
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆不都合でない新車 [情報]

 2657 車を交換してもらった。とにかく、使いにくかった車とさよならできて、よかったと思う。トヨタのアバンザ、今までの車でできなかったことのすべてが普通にできる、これが、私にとっては当たり前の仕様でした。ちょっと気になるのは、シートベルトをしないで動き出すと、アラームが鳴り響く、それは、締め忘れ防止でいいと思う。が、運転中に、ポケットから何かを出そうとして、ベルトを外すと、やはり、アラームが鳴る、ちょっとの間だけでも、外したままにしておくと、次第にけたたましくなる。そのままならしたままにしておくとどうなるのでしょうか、実験していないのでわからないが、もっともっと、大きな音になるのでしょうか、それとも、何分か後には、鳴らなくなるのでしょうか。試してみたいが、けたたましいので、ポケットから財布を出し、お金を出した後、ポケットに戻さないで、ベルトをしてしまう。サイフは、前のもの入れに置いておく。これほどまで、けたたましく鳴らなくてもいいのにと思う。
 過積載でもなるのかなと思う、500kg載せたら、時々、アラームが鳴っていた。それが、過積載だからかどうかは分からない。

早速、ある会社に行って、原料を500kg拝借してきた。今までの車では無理だが、この車なら、重さ的にもボリューム的にも大丈夫、ただし、本当は、荷物を積むことは違反行為です。ポリシに止められれば、20万Rpほど、払わなければならない、また、私の場合、免許証の期限が切れているので、提出して、ばれれば、追加、20万Rpも払わなければならないでしょう。会社に戻るまで、ポリシにおいでおいでをされないことを願っていた。幸い、検問は、やっていなかった。
IMG_1850.JPG
まだ、赤白の仮ナンバープレートのままだ。Hは、スマランナンバー。“太田さん、いいの、買ったばかりに車に500kgも積んじゃって”と、私の子供のようなこの会社の押出部門の教え子たちから、言われてしまった。大丈夫!!
IMG_1835.JPG
この写真は、その会社の周回道路の裏の方から、外を眺めたところ、金網に着いた雑草を取り払う人がいない、暇がないのか、気が利かないのか。私が20年前に最初に仕事をした会社です。今は、私が仲介して、この会社の第二工場になっているが、こちら側、向こうの会社の裏側は、まだ、空地になっている。第二工場をこの空地に増築しなければならないほど、こちらの本社工場は、隙間がなくなっている。ごちゃごちゃしすぎ、片付けがむり、5Sが無理な状態になっていた。私が指導した押出部門も完全に窮屈な状態になっていた。赴任したばかりの現地社長さん、大変なところに来てしまったねと、気の毒に思う。前の社長さんは相当、優秀な人だったが、辛そうだった。息抜きができなかったようだ。仕事は増えるがほとんど利益につながらないし、人も三年前には200人ほどだったが、今は600人だという。よくやるよ、と思う。
日本に帰れば、この会社をインドネシアに進出させた張本人とゴルフをする。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆不都合な車 [変!]

 2656 こちらに再赴任してから使っている車が、気に入らない。不都合が多い。ダイハツの何とかという車だが、スタイルは、ちょっと若者向けのような、今、似たようなデザインの車が多い。チェンジが真ん中の前でちょっと上にある、そのすぐ右上にハンドブレーキがある。それだけでも、私にとっては、位置が違うと思う。操作をしにくいし,発進の時に、ハンドブレーキの解除を忘れがちだ。
IMG_1826.JPG
 150ジュタ、120万円くらい、高いと思う。
先ず、窓の開閉、運転席側のドアーに、運転席側の開閉スイッチしかない。その他の窓の開閉は運転席からできない。すべての窓の開閉ロックはできる。すべての窓の開閉は、その席の人しかできない。一人で乗ることが多いのに、空気の調整やガソリンスタンドで給油の時に給油口は左の後ろなので、そちらの窓開けて、ガソリンスタンドの人と話をしたり、料金を払ったり、領収書もらったりしたいが、いちいち、降りて、それらのことをしなければならない。
 サイドミラーの角度の調整も閉じてしまうことも,スイッチがないので、できない。降りて畳まなければならないし、助手席側のサイドミラーは、いちいち、そちらまで行って、調整しなければならない、運転席を前に出したり、背もたれの角度を変えたりした時には、いちいち、それをしなければならない。
 リモコンロックが不調で、ロックできるときとできないときがある。何回も押すことになる、一発でロックできるのはまれだ。また、解除も同じで、なかなかできないときには、どうしようか、途方に暮れそうになる時がある。また、それらのスイッチ操作は、車の前からでしか成功しない、横や後ろからでは、うんともすんとも言わない。バッテリがなくなっているとは思えない、まだ、買ったばかりで、新しい車検証というか、納税証明書というか、紙切れを受け取ったのが、おとといだった。で、今は、鍵で開閉をしている。その開閉の鍵穴は、運転席のドアーにしかない。ロックした状態で、荷物を出したり、入れたりしたいときには、いちいち、運転席側に行って、鍵で開けなければならない。
 オーディオセットがUSBモデムしかない、CD用がない。日本から持ってきているCDが無意味だ。
 最大の不都合は、荷物を載せにくいというか、荷物を載せて納品に行きたいが、載せにくいし、ほんの少量しか積めない、人だけを載せるようになっているから、そうなのかもしれないが、人が乗るにしても、それぞれの人の荷物があるはず、それらも、小さい体積のものしか載せられない。座席は前と中間と後ろにある。後ろの席の背もたれは、倒せないから、後ろに荷物を載せる空間を作ることができない、後ろの座席に物を置きたいときには。その背もたれの上から越えて、置かなければならないし、出すときにはもっと面倒だ。また、後ろの席の幅が狭いので、ゴルフバックは入らない。ゴルフバックは、中間の席に置くしかない。また、中間の席の背もたれは、前に倒すことができるが全体だ。後ろの席に人が座るときには、中間の席の背もたれを全部前に倒して乗ることになる。右からでも左からでも乗れる。そのあと、背もたれをもとのように立ててから、中間の席に座る人は座る。なんとも、面倒な話である。
 もう一つ、後ろのカバー、何とうのでしょうか、ハッチバックというのでしょうか、これが、鍵穴がないので、手で開けられない、運転席の右下にガソリンを入れる所を開けるハンドル?と同じところにハンドルがある、それで、開けるしかない、締めてしまって、また開けたいときには、また、運転席のそこまで行かなければならない。最も、後ろを開けても、ほとんど何も置けない、後ろの座席に置くしかない。
 日本ではこんな車は売れっこないと思うが、どうでしょうか。買う人も買う人だと思う、自分で運転をしない人、仕事で車を使ったことがない人、ゴルフをやらない人なら、買うかもしれない。
 明日、アバンザに変えることになっている。
IMG_1831.JPG
何か月かまえから、インドネシアでも日本と同じような、装置を作って、SASUKE?THE NINJA WARRIORSニンジャヲーリアーズ?をやっている。その進行役の後ろに、デカデカト、旭日旗?のようなものが、貼られている。韓国人は、黙っていないと思うが、何か月か前からそのままになっている。抗議がないのでしょか。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆特殊な生活習慣 [インドネシア]

 2654 いまだに手で食事をするのがインドネシア人です。一般的にどんなレストランでも、フィンガーボールが出てくるか、片隅に手を洗う場所があります。 食事の前に、そこで、手を洗い、食事後に、また、そこで、手を洗います。チッシュペーパが置いて有れば、たくさん使うので、ちょっと、地方へ行けば、トイレットペーパーが置いてある。それ用の入れ物があって、トイレットペーパーの芯の方から引き出せるようになっている。椅子や机、テーブルで食事をするところと、床に座って、床に置かれた料理を食べるところがある。地方へ行けば、床に車座に座るところの方が多くなる。
 
 道端のテントレストランやカクリマで食べている人を見つと、スプーンやフォークを備えてあるが、ほとんど、全てが、手で食べている。私がよくゆく、観光地、リゾート地では、100%手で食べている。私のウェブサイトの表紙にその様子がある。
IMG_1815.JPG
IMG_1816.JPG
帰り道、この先に踏切があって、夕方に長く閉まるようだ。大渋滞というか、一時、全く、車は進まなくなるが、バイクは、隙間を探して少しずつ進もうとする。こんなとき、私は、前の車との車間を少し広めにいて止まる。すると、バイクは、前の隙間を横切って、勧めそうな方に車線というか、路肩から中央よりに、そのまた逆に、する。その様子です、対向車線も車とバイクで一杯、それでも、路肩はミニバスが止まっていて塞いでいるから、中央に出てくる。完全にぎりぎりだが、それでも、じっと待つことはしない。日本にしかいない人にはこの様子は想像ができない。私は、ほぼ、毎日、このなかに入っている。

ゴミになかの方が落ち着くのでしょうか、きれいさっぱりにしたら、多分、落ち着かないのでしょうね。カリマラン道の川側に塀を作った。これは、川や土手にゴミをしてないように、また、小屋を建てたり、何かを売る店を作ったりしないように、公共の所有の土地、場所に、不法占拠をしないように、ということだと思うが、これが、全く効果がない、それとも、何か、他の目的があって、それは、達成できているのでしょうか、私には、想像すらできない。

塀に狭い隙間を作ってある、全く、遮蔽してしまう分けに行かないのでしょうか。だから、そこが、塀と川の間の狭い土地に作った店の入り口になっている。ピントゥ マスクと書いてある。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆考えさせられる [情報]

 2653 タンゲランのイオンモール大荒れだったようですね。ラーメン屋にリッポチカランからはるばる出かけてゆく人がいます。テレビニュースでは、エントランスでしょうか、天井が吹き飛んでいて青空が見えていて、窓ガラスがなくなっていた。強風がモール内に吹き込んだのでしょう、だから、ガラスで怪我をして、病院に運ばれた人が14人だそうだ。手抜き工事ではないかと、警察も調査に入っていた。
 マンダムの関連裁判のニュースをやっていた。工事をした会社の従業員が裁かれているようだ。
雨季も終わりというのに、所々で、大雨、強風があるようで、ジャカルタでも局地的洪水になっているようですね。

 支払いが滞っている客先に、支払いをお願いに行ってきた。借金返せ!である。ダイレクターになったとたんに、前任者から、支払いを頼みに行ってほしいと言われ、自分が、行って来いよと言っても、彼では、到底できない話なので、私が引く次ぐことにしてやった。120万円くらい、支払われていない。最も、900万円くらい、支払わないで、交渉も拒否して、知らん顔をしている会社や人もいるのだから、このくらいの金額は可愛いものだが、放っておくわけにもいかないので、交渉に行ってきた。約束の時間に行ったが、先客が帰らなくて30分待たされた。強い調子で、言おうと思っていたら、会う人の上司がいて、いきなり、日本語で“こんにちは、おまたせしました“言われて拍子抜け、請求書を見せて、支払いのお願いに来たと言ったら、すぐに、”すばらしい製品を有難う、すぐに全額支払います”と言われてしまった。私の方は、“それでは、原料に支払いがあるので、今月末までに、お願いします“で、今話は終わってしまう。後は、いろいろの情報交換になった。”太田さん、インドネシア人ですか、日本人みたいですね“と言われて、なんと、返事をしたらいいのか、返事をしなかった。
 
“1リットルの涙”特別編という映画2時間以上をなんとなく眺めていたら、じんと来た。インドネシにはこの種の映画はない。脊髄小脳変性症、小脳が小さくなってしまうのでしょうか、運動神経がなくなって消え仕舞うのでしょうか、筋萎縮症とは違うようですが、動けなくなることは同じでしょうか。学生時代に彼らと一緒に見に行った。東京オリンピックの年だったと思う。“愛と死を見つめて“ という映画を思い出した。軟骨肉腫でしたね。
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0067.html
筋萎縮症になってしまった大親友を思い出す。亡くなったのは22年以上前だ。つらかった。弔辞を涙で読めなかった。静岡の国立病院に彼がいた時には、ほとんど、毎日、世間話をしに行っていた。そこは、今、保健所になっているのでしょうか、孫を連れて、何かの注射を打ってもらいに行ったことがあったが、昔の木造の病棟は、影も形もなくなっていた。そして、今でも、一人で、蒲原の町を通った時には、何をするわけではないが、彼の墓に立ち寄っている。
IMG_1792.JPG
 初代キジャンが今でも走っている。はっきりは知らないが、25年以上前のものだと思う。
IMG_1795.JPG
 ここは、ジャカルタのカリジョドではないが、不法占拠の住宅や店舗が壊された後だ。道路の拡幅をするのでしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆まだ、あったの? [変!]

 2652 朝からスケジュールが埋まっていて、急がすく動き回った一日でした。こんなに、会う人が多かったのは何年ぶりだろうと思うくらいだった。マシンが足りない、人が足りない。人は、三人入った。そして、もう一人二人を増やしたいと思っている。どうだろうか。三人、持つだろうか。

ノストラダモス?がどうのこうのという人がまだいるのですね。驚いた。1999年で、人類が滅亡したことになっていて、その後は、人類に関わる予言は無くなるはずだったが、無に世界になったと思っていたが、実は、2016年の6月だという、ことらしい。理屈は何なのでしょうか、以前のことは、間違っていたと、言わないと、今年のことはないので、間違いだったと言って居るらしい。いったい何が間違っていたのでしょうか、どの部分の解釈が間違っていたのでしょうか。今度、また、間違っていたということになるから、そのまた、何年か後に、間違っていたというのでしょう。間違いというより,気違いと言った方が良いと思いますが、世間はどうでしょうか。この種の話を信じてしまう人がいるから、困ったものだと思う。

 まだ有ったと言えば、口頭で他人で、見積もりをもらい、装置の改良や交換部品を購入したのに、注文書を出していない、出していないから、提供者からのインボイス(請求書)を発行できなくて、困っている、という話は、今日、二社から聞いた。サプライヤーは、POをもとに、インボイスを書くのが、決まりになっているのだそうだ。

 まだある。結構、著名らしい地震学者の一人が、どのくらい前のことか知らないが、三か所、日と震度を示して、地震の予知をしていたそうだ。記事によると、熊本の地震は予知が的中したと言っているようだ。予知した場所から100km以上離れているし、震度も大きく違っていたにもかかわらず、である。そして、残りの二か所について、一か所は三日ほど過ぎているが、地震は起きていない。もう一か所は、四日ほど先にことだ。どうなることでしょうか、楽しみだ。予知を信じるなら、その二か所に人々は、食料や飲み物や軍手などをちょっと多めに確保しておいた方が良いですよ。特に6月は、多くの預言者らしき人が、危機を予想しているらしいですね。
IMG_1779.JPG
IMG_1779-.JPG
IMG_1781.JPG
 KIICに14時ころから向かった。チバトゥからカラワンバラットまで1時間、ゲートを通過するのに30分、訪問先に到着が15;30 出たのが16;00 高速に入る前にすでに渋滞、チバトゥで出たのが17;20、約束の時間は、守れる状態ではない。渋滞原因は、何か所かの路肩に、故障トラック、パンクトラックが有ったり、バスが路肩からもっと下に転落していたりしていて、それらが、道路をふさいでいるわけではないが、全ての車がゆっくり見ながら走るからだ。私も、ゆっくり写真を撮ることができる。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆批判より提案 [思うこと]

 2651 東芝のインドネシアからの撤退?移転について、エッジングという製品の受注がなくなってしまい、6ナイロンが3トンほど残ってしまい、困っているという話を聞いて、検索してみたところ、インドネシア新聞というページに当たった。書き人知らずの文章が長々と書いてあった。印象的だったのは、その長々しい文章の最後に、日本の?日本人の?三つの寂しさは、仕方がないようなことで〆くられていた。
インドネシアの高速鉄道の受注ができなかったことで、この人は、日本が受注できなかったことを、悔しくお思い、今になって、愚痴をこぼしている、その愚痴が、みっともないと言いたいのでしょうか。日本のマスコミの取り上げ方と記事が気に入らなかったようだ。大いに批判をしている。そして、それは、日本人の寂しさからきている表現だと言いたいのでしょうか。

その三つとは、一つは、日本は、もはや工業立国ではないということ。もう一つは、もはや、この国は、成長はせず、長い後退戦を戦っていかなければならないのだということ。そして最後の一つは、日本という国は、もはやアジア唯一の先進国ではないということ。

私はこれらのことが、寂しいとは思わない。なぜ寂しいことと、決めつけるのでしょうか。そして、これらのことが、寂しいことだから、中国受注に関して、難癖や批判を並べているというのも、理屈が変でしょう。

中国が受注した要因は、インドネイア政府が一切資金の保証を受けないという条件だからでしょ。安全面やサービスの質や運航技術のことは、どうでもよかったのです。それと、ジャコウィさんの私的好みだったのでしょう。前にも書いたが、誰が良い、悪いではなく、また、受注できなかったことを、悔いることも、羨むことも、落胆することも、全く必要ないと思うから、マスコミが中国やインドネシアの決め方やプロセスに関して、あとで、何を言っても仕方がないし、何も、言う必要はないのです。そして、何かを書いたマスコミを批判する必要もないのです。ましてや、日本人の寂しさなどという必要も全くないのです。大体、日本人が三つのことを寂しいと思っていないと思う。

私は、高速鉄道を受注しなくてよかったと思っている。あんな山の中、インドネシアでは、未だに、トンネルや橋だらけの道路や鉄路は一路線もない。今までにない難工事になることは、はっきりしている。カラワンからバンドゥンまでの高速道路を自分で運転してみたことがある人ならわかると思うが、日本では考えられない、急勾配の急カーブの連続です。しかし、高速代は、只に近い。高速鉄道はトンネルと橋梁でつなぐことになる上に、駅が少ない。誰が、高額を払って利用するでしょうか。もっと需要なことは、バンドゥンからチレボンに繋げなければ、スラバヤまでの高速鉄道の意味がない。これが、また、カラワンからバンドゥンまでと負けず劣らずの山岳地帯。バンドゥンまでが大赤字になるのに、その先を引き受ける会社はないと思う。
何故、バンドゥン経由にしたのでしょうか。ジャカルタからチカンペック、そして、チレボン、スマラン、スラバヤにすれば、地理的に、おそらく、トンネルは一か所もいらないし、橋も高架はないし、カーブもほとんどないから、それに、地震とは無縁の地帯、安全面でもかなり優位だと思う。こういうことを、日本は、提案すべきだと思う。そして、それが、中国やフランスなどに取られてもいいじゃないですか。寂しいからどうのこうのではなく、批判をするのではなく、提案をした方が良いと思う。この人もマスコミも目くそ鼻くそですね。
IMG_1761.JPG
我が住処の様子、約20年前に新築でした。
IMG_1760.JPG
ルマーサキット ハラパン クルアルガの前の交差点、バイクも取り締まり。ラディアと言います。プチュノンガンと読みます。このあたりの地名です。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆気が早いが [情報]

 2650 確定ではないので、私の予想です。今年のラマダン、レバランの休暇、予想です。断食月ラマダンは6月7日辺りから、そして、レバランは7月6日だと思うので、多くの会社のレバラン休暇は7月1日辺りから10日までだと思う。ムディク(帰省)は1日2日がピークになる。航空券の価格は、この時期、最高価格になるし、手に入れるのも難しくなる。5月には予約をした方が良い、早ければ早いほど安心でしょう。7月15日ころには、極端に価格が下がるし、予約も簡単になる。ただし、日本関係は、夏休みに入るので、それほど、下がらないし、20日を過ぎれば、また、高くなる。私は、レバラン休暇中は、人数合わせの連日ゴルフで、17日ころに一時期帰国を狙っている。一か月ほど、日本にいようと思う。

 会社の組織の見直しをした。いままでの組織での最大問題は、知らない人がトップだったこと。トップが私に変わった。トップだった人は、三交代のオペレーターになった。今週中に、仕事の引く次をするように言い渡した。これで、障害がなくなるはずだ。彼が話を聞くと、社内に伝わらない。そして、原料にしても装置にしても、納期がはっきりしない上に、必ず、無くて、仕事が止まってしまう。順調に物事が進まないので、関係者に迷惑をかけっぱなし。すべてを、私に直接、話すように伝えた。メールで、客先やサプライヤーに、そのことを、知らせるように、命じた。命じたが、やるかどうかは、また、確認しなければならないと思う。やったという、話が、来ないからだ。頼んだことの状況が伝わらないのが、常だから。

中国から輸入の押出ライン、やっと、直接、話をすることができた。結局、ヘッドプレートに図面は、受け取れないようだ、おかしな話だが、いくら言っても分からないので、付いた時点で、現物に合わせるしかないようだ。そして、当初の納期が4月中旬だったが、既に、過ぎている。一か月半伸びて、5月末到着とのこと、これも、信用できないが、納得するしかない。どうも、私の間隔とインドネシア人、中国人の感覚が、乖離している。それで、商売が、成り立っているのが不思議だ。私の注文は小さいが、高速鉄道の話も、同じように、分けのわからないことを言って、引き延ばしたり、注文側の思いと違う話に逸れていくのでしょうね。

気象庁が今後の地震に関して予測不可能と発表した。正直でいいと思う。勿論、日本国中、警戒が必要だ。とにかく、予知は、当たらないのだから。余震の規模や範囲や地域は、当然、九州が心配されるわけだが、関連がなく、北海道や東北地方西部に起きるかもしれない。南海トラフや東海や東京直下型や富士山噴火のどは、予測されているので、これらは、私があの世に行く前には、M6以上はないと断言できる。何故でしょうか、もっともらしく、予測している集団、個人がいるからです。
IMG_1755.JPG
ユニフェスタス プレジデント前の通り。
IMG_1759.JPG
私の住処はここを左に曲がってすぐ。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆気分はスカッ [変!]

 2649 06:00ティーオフ変則12番からだった。何やら行列が長く、それに、一番がスタートしたばかり、この様子では、30分以上待ちそう、ということとで、一番スタートが、まだ、到達していない12番に入った。実は、これをやると、スタート時は、前に誰もいないので、快適にできるが、欠点は、1番と10番の二回、待たされる可能性があることだ。せっかく、早くスタートしても、結局、それほど早く終わることが出来ない場合がある。今回は、18番から一番に移った時に、7時半過ぎのころ、ここからスタートする7グループほどが待機していた。しかし、まだ、そこには、カートとバッグだけで、人が来ていなかった。そこで、それらの前に出て、すぐにスタートすることができた。また、二ホールだけを残して、10番に戻って、10時15分前、既に、行列は、無かった。終わったのが10時半過ぎでした。
IMG_1750-.JPG
IMG_1751.JPG
夜明けとともにスタートし、順調に進み、曇り模様だったが、明るくなるとともに、青空になり、入道雲が現れ始めた。直射の暑さは、じりじりと来たが、風は、まだ、冷たく、涼しい。15度くらいになった太陽が、広々とした緑を黄色にし、空の明るさと、地上の明るさの対照が、気持ちいい。

やっぱり出た、後出し?というか、全然、予測をしていなかった、熊本地震をあたかも予言していたかのように書いたる。ご本人がそういっていたのか、マスコミが適当に、脚色して書いたのか知らないが、地理的条件は別だし、規模も全く違っている。

もし、予知が当たったというなら、実験的でもいいから、起きるであろう時の10日前ほどから、半径50km中心地を示して、マスコミも、それを、報道してほしい。当たらなくてもいいじゃないですか、当たれば、予知できたということになる。そして、皆さんを納得させることができる。日向灘や伊予灘のことは、まったく、熊本地震の予知になっていないのに、予知していたとの後出しは、呆れる。

M6、震度5程度なら、ストレスを緩和する意味で、むしろ、来てもらった方が良いのだから、積極的に宣伝した方が良いと思う。
それと、過去のデータからの周期を決めることほど、安易な方法はない。地震の専門家はいらない。歴史に詳しい人にお願いすればいい。それと、もう一つ、活断層の話、日本、いたるところに、活断層と言われている場所がある。これも、過去の話、地震の可能性もあるが、無い可能性もある。大部分の活断層は、眠っているだけだから。起きる時期を当てることは、それこそ、データから、予測は不可能だ。

後出しと言えば、地震が起きてから、その地域には、ひずみが集中していたとか、地震が起きたその周辺に警戒が必要だとか、専門家という人が言っている。これも。滑稽、警戒というか、全ての人が、不安に思っている。専門家が言う必要などない、それより、当事者は、切羽詰まっている。崩れそうな場所から遠ざかったり、不明者の把握をしたり、当然のことをするだけだ。そして、崩れそうな場所は、余震によって、崩れてしまった方がいい。あの橋のように。
的外れの後出しは、罪だと思う。特定の地域に予測などできないと、正直に言った方がいい。

起きてしまったものは仕方がない。これから、どう、復興を進めるかに集中でしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ゴルフ日和 [変!]

 2648 13日に日本で最終ゴルフ、そして、二日空けて、今日、インドネシアでゴルフ。広々としていて、暑いくらいの気候の中でやるのがやはり、ゴルフだと思う。それと、一番快適なのは、一緒の人が気になる場面というか、気になる行動というか、動きが違うし、若いキャディーが手伝ってくれることによって、気楽にできる。もう一つ、ここは、メンバーになっているので、キャディーへのチップを入れても、食事を入れても、日本の半額以下でできる。

ゴルフをしながら、来週のスケジュールが月曜日から金曜日まで決まった。嬉しくも何ともない。要するに、私がインドネシアに戻ったことを知らせたとたん、会って話をしたいということでした。それだけ、客先が、私が居ない状態や危ういと思っているし、安心して、仕事を出しているのではないのです。私が引き受けた仕事ですが、その発展に関して、心配が一杯なのです。

月曜日は、先ず、中国からの機械を買うための商社の担当者に来てもらうことだ。これは、客先の心配ではなく、私が、彼らの能力になさを呆れて呼びつけるのです。こちらの担当者も無知なので、話が、全然進んでいない。とにかく、納品のスケジュールをはっきりさせてほしいのです。

それと、もう一社、こちらは、客先、日本の水槽屋さん。心配なのです。とにかく、こちらの担当者が、いい加減なことばかり、知ったようなふりをして、適当に答えているので、全く、信用していない。私が居なくなって、毎週のように、客先の担当者を、製造状況や検査や仕上げの状態をチェックしに来させていたそうで、今日も現場のチェックに来ていた。そして、新たに、少しの量だが、新しい仕事の段取りについて話を、直接、私に会って話をしたいとうことだった。当初、火曜は水曜ということだったが、早く確認したかったのでしょう、月曜の14時に訪問と言ってきた。
IMG_1733.JPG
赤とんぼと白い蓮。
IMG_1728.JPG
雨季はまだ明けていないようで、スラバヤでは大洪水になっているらしい、また、その他でも、がけ崩れや洪水が発生している。しかし、間もなく、乾季になる。その兆候の空模様でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆問題山積み [変!]

 2647 雨季が開けていない。昨日、空港からずっと雨、今朝も雨が止んでいない。余震が多いとか少ないとか、一週間以内に、強い余震が来る可能性があるとか、私でもわかるようなことを専門家が言っている。何の意味があるのでしょうか。地元の人は、そんなこと以上に恐れている。何の手助けにもならない。呑気なものだね。

初出勤でした。問題山積み、無知の上に、連絡なし、私が日本にいる間に、何も進んでいないので、全てが遅れている。いったん、設計を変更するから、今の製品はキャンセル、金型のオーダーはもらっていたが、待ったがかかった。日本に帰って、二週間後でした。そのときには、金型の図面が出来あがっていて、金型の注文を出す寸前だった。4月末には、OKサンプルを出すという約束に従っていた。ところが、ストップをせざるを得なかった。そして、その続きの話、そのまた、二週間後に、インドネシアのダイレクターに、客先から、変更はいないで、前のままで行くから、金型を準備してほしいといってきていた。それを知ったのが、今日でした。もし、今日、聞かなければ、もっとひどいことになっていた。そして、今日、金型の注文をした。客先は、当初の約束今月末には、必ず、サンプルを出してほしいといっている。変更しないと言われた二週間前に注文していれば、十分、間に合っている。しかし、今日では、無理だ。金型メーカー無理を承知で、何とかしてもらうしかない。

中国からの押出機のことも、前金を払い、注文のしたのが、1月中半でしたスクリューのデザインですったもんだし、片付いたが、押出機のヘッドプレートの図面が来ていない。最初から、今まで、何度も要求しているが、渡されない。こちらで作る金型を取り付ける場所なので、その図面がなければ、金型を注文できない。そんなことも、分からないで、押出機を売っているのも、いい加減だし、そんなところに注文を出すのもいい加減だ。呆れてしまうが、ご本人たちは、なぜ、太田さんは、そんなことにこだわるの?という口の利き方だし、気にしていない。全くの知らん顔だ。
IMG_1721.JPG
IMG_1723.JPG
私が大好きな果物の一つ、チュンペダックCEMPEDAKの100g中の成分。見かけはナンカ。臭さはドリアン。実の形はナンカに近いが粘り気がある。味は独特の甘さ。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆また来てしまった [思うこと]

 2646 インドネシアに到着して、すぐに触れた日本のニュース。熊本に地震、くまモンもびっくりだったでしょう。地震予知委員会というのがあるのでしょうか。何回も書いているように、日本の地震は、いつどこで、起きてもおかしくないという予報以外、当たらない。どこどこで、何年以内に何%の確率でMいくつ以上の地震が起きる、津波の高さが、最大何Mという予告、予想、予知?全く意味をなさない。ここ、50年前以降の地震は、すべて、それを証明している。熊本の地震も然りだ。予知委員会のメンバーからのコメントがまだなのかな。コメントが楽しみですね。

5;40家からスタート、ジャカルタタイム、20:30(日本時間22;30)に住処に入った。今回は、いつものガルーダではなく、ANAになった。10:15羽田発だ。ガルーダより、2時間以上早い。間に合うか、十分余裕をもって間に合った。6:22静岡始発こだまで品川まで、7:30到着、京急で、羽田まで、8:15くらいに到着、ちょうど、二技官前だった。込み合っている行列に並んで、いろいろの手続きを通り過ぎて、イミグレを通過したのが8:40でした。ボーディングタイムは9:50、悠々と間に合った。ガルーダの搭乗口は、遥かかなたという感じだが、ANAは何故か、一番近い場所にあって、免税店を見て回るには、近いゲートから遠ざかって、また戻ってくるということになる。今回、帰りのチケットは成田着だが、これは、捨てることになる。 
ジャカルタに到着は16;00でした。予定通り順調な飛行でした。ただ、23Aという席には参った。非常脱出扉の直ぐ傍、脱出を一番にできる場所に違いないが、それ以外は、居心地は最低、全座席の中で一番、恵まれない席ではないでしょうか。初めてだったが。その番号を知らなかったから、OKにした。二度と、忘れない23番の席は取らない。空港から16時半、チカランにタクシーで向かった。タマンアングレックからチャワンまで、渋滞、空港からスマンギまで一時間半かかった。チャワンまで一時間、19時だ。そして、ジャバベカ2の会社に着いたのが、途中プルサを買って20時でした。
いつもは、日曜日の到着にしているので、こんな渋滞は、初体験、反対方向も大渋滞、こちらの渋滞よりすごいようだ。仕事を終えて、リッポチカランから、ジャカルタの家に戻るのに、3時間以上かかる、一眠りして目が覚めた時に、いつも、まだ、こんなところ?とう話をよく聞く、納得だった。何故、ジャカルタから通うのだろうかと思う。ここでも、思った、日曜日以外のフライトはしないと。

車が新車になっていた。しかし、ダメだ、こんな車、仕事にならない。誰が選んだのだろうか,私用に買ったのだが、私に一言の相談もなかった。まったく、どうにかしている。調子物の若い奴が好きそうな車だ。高齢者が乗り回すデザインではないし、荷物もほんの少ししか運べない。
IMG_1711-.JPG
羽田の待合場所のコンセント、ガルーダの方にはこういう形式ではなかったが、こちらは、座ったどの席からも届きそうだ。
IMG_1711.JPG
いつものタマンアングレックの電飾、明るくて、まだ、点灯していなかった。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆今にも雨 [体験]

 2645 天気予報では、夕方から雨だった。9時からを8時からに早めてスタート。今回、日本でのゴルフ予定日のうち、二回、雨で、中止になった。インドネシアなら、スタート時やプレー中にスコールが長時間なると思われるときだけが中止になるが、天気予報によって、事前に中止になることは全くない。そんな話は20年間、聞いたことがない。怪しいと思っても、家を出るときに大雨であっても、必ず、ゴルフ場には向かうし、途中、止まず、ゴルフ場に到着しても、支払っても止まないときでも待機する。インドネシアの場合はプレー前に払う。プレーを始めなければ返金される。プレー中の買い物は現金でその都度払うのが普通だ。
8時からで、一番スタートだった。そして、二番スタートは、多分、30分以上離れていたと思う。前後が全くなしで自分たちのペースでできた。と、言いたいが、そうではなく、自分のペースではできなかった。いらいらしながら、プレーしていた。前後とは関係なしに、一緒にプレーした人のことだ。とにかく遅い、セルフ(キャディーがいない)である。カートは、ボールの真横まで行かないと降りない、クラブは、降りてから、カートの後ろに回って選んで取る、打って戻って、乗る前にクラブをバッグに戻す、また、同じ繰り返し、ちょろうことが多いが、その都度、クラブを取りにカートに戻る。そして、歩く速度が非常に遅い、急ぐ気配が全くない。カートにはほとんど乗らない私は、一打目を打った後、カートに座る前に、ドライバーを戻し、三番ウッドとピッチングとパターの三本を取り出し、持って、カートに乗る。二打目の近くか、どなたかが、その前で止めた時にカートから降りてしまう。後は、グリーンでパットが終わって次のホールに向かう時に遠ければ乗るが、近ければ乗らない。
そして、他の人の姿を振り返りながら、私が飛びぬけて、早く、前に前に行っている。打数に関わらず、私が一番早くオンをさせていて、皆さんと到着を待っている。そして、パットの順番を支持する、ピンも私が抜く。遠い人のために、ピンを斜めに持って、位置が分かるようにしてやる。

グリーンを離れるときには、クラブの置忘れがないか、グリーンの周りを見回してチェックをする。スコアーもチェックをする。一番遅い人、チョロやPBやバンカーから出なくて打った数、全く、いい加減、酷いときには三打少なく言う時がある。

また、全員のオリンピックの点数のチェックを毎ホールその人はする。同じことを何度も繰り返して、聞く、そして、誰が一番とか、誰が支払いとか、言いながら、うるさい、最後の数字合わせをすればいいのにと思うのだが、その人は、いちいち、確認しないと安心できないのでしょうか。それまで、一回しかとっていない人や全く取っていない人についてもトータルいくつという言い方をする。そして、ペナルティーがあって、マイナスがある人もいちいち、その説明を繰り返して、トータル、いくつという。途中で、計算をしなくてもいいんじゃないのと言ってやっても、やめないばかりか、損だ得だと、喋り続ける。いら!!

16.17日はインドネシアでゴルフの予定がしっかり入っている。
IMG_1687-.JPG
IMG_1684-.JPG
今年最後の桜、見納め。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆違法賭博はどこで? [変!]

 2644 いつも思うこと、間もなく、また、インドネシアへ出発するという時、日本の家庭での役割を断ち切るのだが、なんとなく、心残り、継続できないことが、ちょっと、罪悪感にさいなまれる。4月から、組長の役が回ってきている。妻が集金を始めている。

インドネシアに持ってゆく食料の買い出し。うどんは茹でうどんではなく、乾燥を買うことにした。黒はんぺんと納豆は、今まで通りのものを買った。

日本らしいというか、いい加減というか、清原麻薬問題、プロ野球選手の賭博問題が話題にならなくなったらバドミントンの選手の違法何とかでの賭博問題が出てきた。そして、このことも、一か月後くらいには話題にならなくなるのでしょうね。
私が気になることは、違法何とかの場所や仕切る奴らのことだ。どの問題も、そのことを報道は追及していない、と、思わせるほど、少ない、触れていない。今回のバドミントン選手が、どこの賭博場で何を掛けていなのか、スロットもどこなのか、どんなグループが仕切っていて、どんな人が出入りしているのか、そして、それらの場所は、いつごろからあったのか、警察は、当然、この問題が出る前に、そういう場所があることを掴んでいるはずである。そして、そういう場所は、今回、出入りした場所ではなく、全国、各地にあるはずでしょ。

そして、それらは、今、構想中の暴力団やそのほかの暴力団がやっているのでしょ。何故、警察も報道も大々的に報道をしないのでしょうか。スポーツ選手が引っかかっているのはほんの微小でしょう、大部分は、一般市民、これらの人が摘発されたという話はニュースになっていない。不思議ですね。

麻薬の取引、売買についても、日常茶飯事にあること、有名人が引っかからなければ、ニュースにならないし、その売人グループや取引実態についての追及や報道が目立たない。なぜ?
暴力団の抗争なんか、やらせておけばいい。資金源を、徹底的に追及しないのは何故?

違法ではない賭博は、何?競輪 競馬 競艇 パチンコ店、そのほかに何?ゴルフのオリンピックは違法?
IMG_1667.JPG
買い物帰りに通る北丸子工業団地の中の桜も今盛り、逆光。
IMG_1665.JPG
家の庭の向こうの細道を学校に向かう孫、学校まで5分もかからない。
タグ:違法 賭博 追及

(^_-)-☆コンテナ新港 [インドネシア]

 2643 日系企業が新コンテナ港建設を受注したようですね。ユドヨノ大統領の当時、カラワン北部のチラマヤCilamayaCilamaya Wetan Karawang Regency, West Javaという場所に新コンテナ港を着工する寸前まで行っていて、日系企業が受注していたのではなかったかなと思う。しかし、当時の,多分カラ副大統領だったと思うが、プルタミナの石油基地建設用地に隣接していてまずい、と言い出し、建設地を変更することになってしまい、その候補地として、その東30kmほどのパティンバンPatimban Pusakanagara Subang Regency, Jawa baratというところに建設することになった。その後、中国企業との受注競争があった。例によって、高速鉄道と同じように、資金については、中国企業が有利だったようだが、日系企業が受注したようだ。高速鉄道の発注に関して、批判が強まっていることが、日本有利になった一因だと思う。

インドネシアのコンテナ港については、ジャカルタ北部のタンジュンプリオクが、大有名で、ジャカルタ東西のジャボタベック(ジャカルタ ボゴール タンゲラン ブカシ カワラン)その他、バンドゥンなどはこの港に集中していて、私が赴任した20年前には、チカランからコンテナトラックは一日二往復したという、10年前には一往復、現在は、一往復に二日かかっているとか。この東側に新コンテナ港を作ったが、追いつかない。主な原因は、交通と荷捌きの渋滞だ。インフラの建設が進まず、雨季の洪水は当たり前の現象、そして、東南アジアへの車やバイクの輸出の増加である。私の住処近くのジャバベカのほとんど、意味がないと思うドライポート、なにこれという感じ。

そして、いつ完成なのか、カラワンの工業団地付近から、北東90kmくらいの海岸にコンテナ港を作ることになったようだ。というのは、また、いつ、変更になったり、やめになったりするか分からないからだ。荷扱い量はタンジュンプリオク以上のコンテナ港になるという。
本当にできれば、コンテナの陸上輸送方向が大きく分かれるから、ジャカルタ方面の交通渋滞が緩和される。これが、最大のメリットになる。ブカシから東の工業団地は今後も進出企業がどんどん増えるので、それらの企業にとっても、輸送コスト面でメリットがある。また、当然、チカンペックから港に向けてのアクセス道路ができるはず。平坦なので簡単にできるし、地価も高くない。現在は、田んぼばかりで何もない地帯、新港の東西の海岸は有望な海水浴場になるので、地域の人にも恩恵がある。ドライポートも必要なくなる。

鉄路に沿って、高速道路はチレボンまで行っているし、高速鉄道を敷くなら、ここを通った方がバンドゥン経由より、半額以下でできる地帯だ。

中国が受注したバンドゥンまでの高速鉄道、バンドゥンからチレボン経由でスマラン、スラバヤに繋げる可能性はほとんどゼロだ。もし、チレボンやそれ以東の敷くなら、チカンペックからバンドゥン方面と別れて、東の平野部に敷くことになるに決まっている。最も、インドネシアには、今のところ、高速鉄道はいらない。中速鉄道と有料道路(高速道路)を優先すべきだ。
IMG_1552-.JPG
IMG_1552^.JPG
今日のポカポカ陽気は、寒がりの私も、暖房は切った。杉花粉も終わりのようですね。保護色の蝶ではありません、土筆を撮ったのです。タンポポも。


タグ:中止 変更 受注
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆VISA知識 [知識]

 2642 日本で取ったので、インドネシアに戻って、次の何種類かは、エージェント(サクラ)に行って、パスポートを渡せば、申請をしてくれて、イミグレ(私に場合はブカシ)写真撮影、サイン、指紋をして来れば、その三日後くらいに、ほとんど、全て、終わる。

日本からインドネシアに戻るチケットは、ビザ申請の時に必須だが、その出発日をいつにするかが問題で、その日を決めるのは、インドネシからVSBが大使館にテレックスで届けられ、私の方にe-mailで入ってくることが大前提になる。

しかし、今回の場合は、招請状について、全く、エージェントも会社の担当者も、必要という認識がなくて、私から、エージェントに、聞いたところ、VSBのコピーとパスポートとそのコピー、エアーチケット(e-tiket)と写真を持ってゆけばいいと言われた。ちょっと変。「それだけでいいの?招請状や履歴書はVSBと一緒に大使館に送ってあるのか」と聞いた。 「送ってない、会社から、太田さんは受け取っていないのですか」と言われた。会社の担当者、「そんなことをエージェントから、聞いていなかった」と言う始末。それから、エージェントから会社にフォームが送られ、コピーではなく、オリジナルを郵送してもらわなければないので、また、確定できない何日か日数がかかることになってしまった。
これでは、いつ、インビテーションレターが届くのか分からないので、インドネシアに戻る日を決められない、エアーチケットの手配もできない。それから、私が持ってゆく書類の種類やまだ、足りない書類の入手方法や大使館で渡されるフォームへの記入方法を確認した。インビテーションレターを発送したという、メールを、5日待ったが、どうなっているのか、連絡がない、私の方から、催促のメールを入れた。返事は、書類のコピーと共に、昨日、送る手続きをしたということだった。こちらから、聞かなければ、知らせないのかよ、という、気分。

発送日を確認したが、まだ、信用できない。何日かかるのか、その書類が、正しいのか分からない。だが、チケットは手配しなければならない。10日の出発という目標を変更し、それから10日後にした。10日の余裕があれば、間に合うだろう、と、思ったからだ。もし、まだ、問題が有って、申請できなければ、もう、その日にビザなしでインドネシアに戻ればいいと思った。そういう意味もあって、格安だったし、往復チケットにした。

2種類の書類が、送ったという日から4日後に、届いた。これで、ビザを申請できて、予定日に余裕をもってインドネシアに戻ることができるようになったと思った。ここまで、漕ぎつけるのに、会社の定款を変えてから、3か月近くかかった。無知とチェック不足と連絡不足が、エージェントと会社の担当者の能力不足で、余計な時間がかかってしまった。私が催促や確認を促さなければ、いつまでも、出来なかったかもしれない。インドネシアです。
IMG_1662.JPG
IMG_1664.JPG
東京へは申請と受け取りで2往復した。交通費はシンガポール日帰りと変わらなかったが、順調にビザ312を取ることができた。もう、増刷ページの方だ。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆選択ビザ場所 [知識]

 2641 藤枝でした。ここには、家から、国道を西に向かい、宇津ノ谷トンネルを抜けると、もう、藤枝市、しかし、ここは、岡部町。バイパスを降りて、藤枝市街を通り過ぎるころ、右に、案内看板が見える。30分くらいの距離だ。土曜日、昼食付き、キャディーが一人ついて、1万6千円でした。シニヤーゲストだったが、やはり、高いと思う。桜は見ごろで、一応満足。ゴルフはあと一回。
IMG_1638-.JPG
IMG_1638^.JPG
ピンクの絨毯、グリーンに、道に、淡いピンクが敷き詰められている。
IMG_1642-.JPG
楓の一種だと思うが、グラデーションの紅葉をしていた。

何故、今回、日本でビザを取ることにしたかというと、未確定事項が、多くて、インドネシアに戻るタイミングを掴むことが難しいと思い、日本で、待つことにした。そして、日本で待つなら、シンガポールに行かないで、日本で取ってしまおう思った。

金額のことを考えた。ビザがなくなって、インドネシアから出るときに、はっきり、いつ、シンガポールに行くか分かっていれば、日本への往復航空券とシンガポールへの往復券を買えばいい、そして、当然、いつから、仕事ができるかも分かっているのだから、ベストだ。1300US$くらいだ。バカにならないのが、日本での交通費、この場合は、静岡東京二往復なので、200US$近くになる。
何もかもはっきりしていない場合、シンガポールで取るなら、日本へは片道チケットで帰って、インドネシアに戻るときに、日本からの往復チケットが必要、そして、シンガポール往復、それに、交通費を合わせると、2500US$(28万円)くらいになってしまう。なおかつ、インドネシアに戻って、一か月以内にシンガポールへ行けばければ、また、いったん、国外に出なければない。その場合は、エアーアジアを使ってでも200US$くらいは余分になる。イミグレでのリスクも高くなる。
そして、日本で、いつとれるかはっきりしていれば、日本への往復チケット(日本のインドネシア大使館にビザの申請するときに入国チケットだけを示せばいいし、ビザが取れていれば、インドネシア入国の時に、インドネシアから出るチケットはいらない)だけで、いい。これなら、航空券1000US$静岡東京三往復300US$になる。これが、ベストの金額だ。15万円くらい。
しかし、今回の私のような方法は、手続きや書類の不備で、なかなか、日本で取れない心配があって、とりあえず、片道チケットで帰国した。これが、800US$,そして、インドネシアには片道チケットを買えばよかったが、ネットで格安をチェックしたところ、往復でも500US$というのが見つかったので、それにした。静岡東京三往復300US$を足して、1600US$ということになった。今のレートで約18万円、22ジュタRpだった。今回はラッキーだった。
どうでしょうか、自分と会社の担当者と代理人、合計の能力次第ですね。初めての何かも他人任せの場合は、やはり、金額は会社負担だろうから、日本で、しっかり取ってくることです。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ビザ受け取り [情報]

 2640 昼過ぎに家から出て、パスポートを受け取りに、東京のインドネシア大使館へ行ってきた。15:00前に着き、しばらく待って、パスポートを受け取った。家に戻ったのは、17:30でした。これで、インドネシアに戻ったら、エージェントにパスポートを渡せば、多分、その後、一週間以内に、ブカシのイミグレに行って、写真、指紋、サイン。その二日後には、KITASとマルチリエントリーパーミットの印が押されたパスポートが戻ってくる。

日本の海外大使館や領事館でビザを取ってから、仕事の場に赴任するのが一番いいに違いない。ネットでチェックすれば、エージェントはいくらでもいるので、個人でも会社でもそれらに頼んでやれば、必要最小限の行動だけで済むし、確実だし、安心もある。本人はほとんど何もする必要はない。赴任先のエージェントに任せて、その後の手付きもしてもらえる。更新はポジションに依るが、インドネイアの場合、四回、国内で更新ができる。

私は、インドネシアに短期ビザで入って、一か月以内にシンガポールへ行ってビザを取ってくるという方法にしている。手続きは簡単だし、安心だと思っている。方法は、仕事をする会社からエージェントに依頼し、すべての書類を整えて、エージェントがシンガポールのインドネシア大使館にVSBを送ってもらう。本人は、それまで何もする必要がない。写真を一枚(40×30)背景無地白(なぜか背景色指定が変わるときがある)とパスポート(当たり前)を持ってシンガポールへ行けばいい。朝、待ち合わせに場所でシンガポールのエージェントにそれらを渡して、何か所かにサインをすれば、あとは、エージェントがする。夕方5時ころになると思うが、指定された場所に戻れば、ビザが貼られたパスポートを受け取る。何度の行っていると、時間つぶしが厄介だ。私がどう過ごしたかは、ウェブサイトに紹介してある。
しかし、リスクがある。私には、それらのことはなかったが、聞いた話だ。
1 一か月、ぎりぎりでシンガポールへ行こうとした人が、イミグレで、仕事をしていただろう、と言われ、1万円払えと言われて払った。
2 シンガポールで、カジノへ行って時間つぶしをしようとして、10万円程、マイナスだった。
3 インドネシア人スタッフの無知や仕事が遅いことによって、一か月以内に、テレックスをシンガポールに送れずに、結局、国外に出て、一週間後に、インドネシアに戻ったら、出国のエアーチケットを持っていないことで、入国拒否をされたて、チケット代だといわれ、二万円程取られ、入国した。最初、インドネシアに入った時の持っていた出国チケットを使って出て、再入国時には、往復チケットを買わなければならなかった。しかし、この人は、出国だけのチケットを無効にして、キタスホルダーのように、インドネシアからの往復チケットで行動をしてしまった。
4 シンガポールのエージェント(代理人)を使わずに、会社のインドネシア人スタッフやエージェントから、持っていけばいいといわれて、持って、大使館に立ったところ、書類が足りないといわれて、手続きができず、インドネシアに戻れず、結局、シンガポールのエージェントを紹介され手続きをしたが、2泊し、エアーチケットもキャンセルと再購入をしたという。
これら全てが、会社にインドネシア人総務スタッフと会社が依頼しているエージェントの責任だと思うが、それを言っても仕方がない、インドネシアだから。
IMG_1592.JPG
IMG_1594.JPG
新幹線車窓から。どこでしょうか。新幹線のホーム、外国人が多い、写真を撮っている。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ルピア円 [情報]

 2639 ゴルフの予定が、また中止、大雨、天気予報通りでした。孫は始業式。新学期の始まりでした。
IMG_1581.JPG
6日 16日 26日にチェックが飛びぬけて大いのには何故でしょうか。その日以外は平均700くらいなのに、である。何か目的があるのでしょうか。
IMG_1583.JPG
「Letter of Appointment」 「Invitation letter」 「VSB」(Indonesia imigrasiからの承認、Visa Berdiam Sementara=暫定滞在ビザ ) 「Round-trip ticket copy (E ticket Allowed)」 「English curriculum vitae」 「Application form」 「photo」 「Passport (original)」 「Copy of passport」
収得が順調に行くように、これらのことは、ウェブサイトの方で、間もなく、紹介しようと思う。

1円が120ルピアを突破しましたね。ルピアで給料をもらっている日本人にとっては、痛手ですね。対ドルで円が108円台になりましたね。私もインドネシアルピアでの預金をもっているし、給料も一定ルピアでの契約になっているので、目減り感がある。ルピアで契約している日本人は少ないと思うが、現地採用の日本人の多くはルピアだと思うし、親会社からの出向者でもルピア契約にされている人は増えていると思う。というのは、売買は原則として、ルピアで行うことになってきているので、それに準じて、給料もルピア建てに変えている日系企業が多くなっていると思う。ルピアを円に交換する場合は、122Rp以上になりましたね。今後もしばらくの間は、対ドルでRpも若干強くなるでしょうが、円の方がより強くなるので、Rpの目減り感は続くでしょう。もっとも、為替の変動は、素人には、不可解、運次第でしょうね。

所得税の課税最低金額が上がるようですが、それで、手取りを多くして消費を促すのが目的だとか。ちょっと、それって、変ですよね。ローカル企業には最低給料をまもっていない企業が多い。日系企業など最低給料支給を守っている企業の多くは、健康保険は半々負担にしていても、税金は会社負担にしていると思うから、税金が少なくなっても、本人の受取額が増えるわけではないので、消費が増えるわけではない。物価が上がるだけなので、消費の名目増え具合は、所得税にほとんど関係なしで、最低給料だけが関係する。

今回、エアーチケットは、日本で買ったので、勿論、円で買った。往復6万5千円(片道を買うより安かった)くらいでした。これは、会社に請求するが、会社にとっては負担が増えることになる。これは、仕方がない。


タグ:為替 課税
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ビザVISA [情報]

 2638 また、何もない日 そろそろ、インドネシアへ持ってゆくものの準備に掛かろうかと思う。

ワーキングビザの収得や必要届けなどについて2009年に書いたものです。しかし、既に変化しているものが多いので、そのことについて、書いてみる。
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0100.html
シンガポールなど、インドネイアから郊外に出て、その地のインドネシア大使館でビザを取る場合、「結局、考えてみても、みなくても、本人が大使館へ行く必要なく代理が行けばいいのだから、書類とパスポートと送り、また、VISAがとれたパスポートを送り返してもらえばいい。100US$くらい高くてもそのほうが簡単である。ただし、万が一の紛失の心配をしたらできない。」 
この文章は間違いでした。パスポートにその国へ来ているという証明が必要だから、本人が行って、エージェントに渡さなければならない。
ブクビルは、今はない、と、思う。

「マルチプルリエントリーパーミット( KITASの延長と同時に更新、これがないと自由に出入国できない)のスタンプを受け取った。他は一年だがこれだけは半年更新である。」
これは、今は、マルチプルリエントリーパーミットも一年有効でとれる。

「今年2009年から、FISKAR(インドネシア人の出国税)が、1ジュタから3ジュタに上がった。」
これは、今は,ない。

「観光ビザ(短期間ビザ)30日から60日まで手続きをすれば延長できるようになった。また、2010 8月から、ステーッカーを張る儀式が省略されている。また、ガルーダに限って、機内でその手続きは済まされる。」
これは、既に、無い。一か月以内は、ノービザで入国できる。

最後に赤で書いてある文章は、日本で手続きは済ませましょう、です。今でも、同じです。しかし、私が書いておいて、今まで、これをしたことがなくて、今回、2016・4・5初めてやってみた。
IMG_1563-.JPG
IMG_1566-.JPG
昨日の夜の花見。二色の花は、実がならない梅の花、それと、ライトアップされた染井吉野。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆申請完了 [行動]

 2637 書類をもって、8:00頃、家を出て、8;34のひかりで東京へ、品川から五反田へ、大使館に着いたのは、9:45でした。ゲートを受付で開けてもらい中に入って受付に運転免許証と交換に、バッジを受け取り、各種申請の場所に入る、入ってすぐ左に、番号カードを出す箱があり、そこからカードを出す。17番でした。待っている人の人数も表示されるし、カウンターで今、何番の人が座っているかもわかるようになっていて、インドネシアにしては、気が利いていると思った。
IMG_1475.JPG
IMG_1475-.JPG
10分ほど待って、自分の番号になった。カウンターは二か所に日本語ができるインドネシア人がいる。その内の一人と、話し始めた。インドネシア語で、ワーキングビザの申請に来たといいながら、準備したドキュメントを全部見せた。それらに目を通して、パスポートを見せてほしいというので、すぐに渡した。シンガポールで今まで、取っているのに、なぜ、今回、日本で?という。もう、インドネシアでの仕事を止めて、日本に戻るつもりで、帰国していたが、どうしても、と、呼ばれて、仕方なく、また、引き受けることにしたので、片道チケットだけで済むように日本でビザを取ることにしたと話したら、20年ですか、大変ですね、と、言われてしまった。書類に問題はないようで、例の申請書と履歴書のフォームを持ってきて、これに記入して、書いたら、ここに戻ってくださいといわれた。5分ほどで書き、写真を裏側に貼って、カウンターに戻った。
ちらっと簡単なチェックをして、奥の方にそれらの書類を持って行き、戻ってきて、呼ばれるまでちょっと待ってくださいという。今度は、5分くらい待った。別の担当者が、私を呼んだ。請求書を見せながら、アチラのベンダーでこの金額を払って、領収書を持ってまた来てくださいという。10750円21番と書いてあった。自動販売機で何か書くのと同じだ。10750円券を買うようなもの、これも、簡単。すぐに、カウンターに戻ると。パスポートを受け取る日と時間が書かれた水色のカードを渡された。7日の15;00~17:30と書かれていた。全てが完了。何の問題もなし、順調でした。ホッ!

五反田駅周辺を少し散策して、帰途に就いた。こだまで帰ったが、家に戻ったのは14:00前だった。東京の街を少し歩いたのも、やはり、数十年ぶりかもしれないが、だからと言って、あちこち歩き回る気もしないので、用が済ませて、さっさと帰ってきた。

丸子川の桜が満開だというので、土手を孫2人とボールを投げながら蹴りながらの散策でした。水ぬるむ、川に石を投げたり、タンポポやツクシを摘んだり、東京での独り歩きとの差を感じる。

1996年の時には、エージェントにパスポートを渡しただけで、一年のビザが、なんとなく、貼られていた。卒業証明書も渡したような気がする。そして、その後は、継続の時はジャカルタやカラワンやブカシバラットのイミグレーションに行くだけだった。何の書類も請求されなかったし、私の方から頼むこともなかった。会社が変わった時も、短期ビザで入って、その一か月が過ぎる前にシンガポールのエージェントに会って、パスポートと写真を渡せば、夕方には、受け取っていた。そして、それから20年後2016年になって、初めて、私自身が手続きの準備をするために、書類のお願いしをし、自分でも用意し、申請をしてみた次第。出来た!!
 

タグ:完了 順調 申請
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆申請準備完了 [行動]

 2636 朝から、かなりの大雨、水溜りの庭。ゴルフは中止。よかった。そこで、ビザ申請に必要な書類の準備ができた。
IMG_1460.JPG
申請をするには、予約が必要だといわれていたので、まず、東京のインドネシア大使館に電話した。そんな必要はないといわれ、9:30から11:30の間なら、いつでも対応しますといわれた。ということで、早速、明日行ってみることと決めて、まだ、用意してない、書類の準備にかかった。

太田化工へ行って、パスポートのコピーをしてきた。それから、ネットで、申請書と履歴書のフォームと記入見本を取り出し、記入をしてみた。インドネシア語、英語、どちらでもいいようで、記入はそれほど難しくないし、履歴書は日本の一般履歴書と全然違っていて、学歴や職歴や賞罰を細かく書く人必要がない、案外、簡単なもの、履歴というより、予定だ。これらは、窓口でブランクの用紙をもらって、書くことにするので、その練習だった。

これで、準備が整った。インビテーション レターや写真40×30やVSB(Indonesia imigrasiからの承認、Visa Berdiam Sementara=暫定滞在ビザ )のコピーとフライトのe-チケットのコピーなど、必要書類が整った。一応、インドネシアの住処住居の契約書や大使館への地図も用意した。
卒業証明書はいらないのかなとか、経験証明などは、どうなのかなと思うが必要ないらしい。もっとも、私の個人的記録は、インドネシアのイミグレーションにプールしてあるはずだ。パスポートを見るだけでも、私の経験は明らかになるはずだ。
これで、明日、行けるようになったので、善は急げ、で、行ってみようと思う。
IMG_1462.JPG
IMG_1463.JPG
この駅前の信号を真っ直ぐ、300mくらい先に、太田化工がある。ここまで来れば、右に看板が見える。山が近いから、杉花粉症の人は、大変ですよ。海も近いから、大地震や大津波が来たら、ひとたまりもない場所ですよ。
 

タグ:準備 書類 申請
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆3イン1 [情報]

 2635 よく降りますね。一日中晴れ間無しのどんより空、時々、小雨でうすら寒い。外に出る気もせず、閉じこもりの日曜でした。仕事をしていないので、日曜も平日も分からなくなる、こんな日が毎日では、耐えられなくなりそう。

ジャカルタの3イン1が中止されると聞いた。ガトゥットスブロトやスディルマンなど、朝と夕方、何時間かは、車一台に三人以上乗っていなければ、進入、通行できないシステムだ。以前は、私も、その時間に高速道路を出るとすぐにジョッキーを乗せたことがあるし、夕方、まだ、解除されていないが、その道に入らなければならないときには、違反だが、路肩に停車して、その時間が来るのを待ったこともあった。通勤、退勤時間の交通渋滞を少なくするのが目的だということは分かるが、私など、どうしても行く必要があるなら一人でも、行かざるをえない。そういう時にはジョッキーを使うしかない。悪習になってしまっているし、ジョッキーにとっては、お金を稼ぎたい人に機会を与えてしまっているし、場合によっては、犯罪も絡んでくるかもしれない。そして、私が思うに、このシステムで、渋滞が緩和されているかというと、はっきりと、そうは言えないのではないかと思う。

バスウェーと同じで、有っても無くても同じじゃないかと思う。それらのシステムによって、恩恵を受けている人も多いかもしれないが、ごく少ないと思う。だから 私は、どちらも廃止した方が良いと思っていた。3イン1の廃止は、試行らしいが、そのまま、廃止にすると思う。バスウェーも地下鉄が開通するれば、ブロックMからコタまでは、すぐに、廃止になると思う。

とにかく、渋滞が緩和と言っても、ジャカルタの場合は、道路面積が少ないし、広げる余地がない上に、雨季の冠水もあるので、無理な話。渋滞は仕方がないと思うしかない。
IMG_1445^.JPG  
駿府城外堀の桜と県庁。
IMG_1445-.JPG
“お練り“何台あるのでしょうか、当番町が交代で引き回しをする。私が中学一年の時に安西五丁目が当番の一つになったとき、昔は、安西橋から市中に繰り出したということを、私のおじいさんから聞いたことがあった。あんなもの何台か、どこに、格納してあるのか、今も知らない。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆祭り [生活]

 2634 インドネシアの会社から招請状invitation letterがやっと、届いた。エージェントからVBSは、10日ほど前に届いているのに、これで、必要書類は全部大使館に届けられていると判断し、大使館へ行って申請できるか聞いたら、インビテーション レターが必要だという。会社の担当者もエージェントもそのことを確認していない。こんなのものです。すぐに頼んだが、なかなか来ない、それが、何とか届いた。来週中には、大使館へ行ってこようと思う。この調子だから、大使館へ行って、問題なく申請ができるか不安は拭えない。

静岡祭り?何十年ぶりでしょうか、孫にせがまれて行ってみた。交通規制があって、車では行けないし、行けたとしても駐車料金がバカにならないので、バスで行くことにした。バスに乗るのもいつだったか覚えていないくらい久しぶり、料金の支払いが、おつりがないようにしなければならないが、行き先までの料金が、降りる場所が近づくまでわからない、そして表示が出るまでわからないから、持っているコインで大丈夫かどうか分からない。ずっと心配、290円だった。10円玉が足りなくて、孫に借りて払った。彼女たちは、プリペードカードを持っているので、なれたもの、私のように現金で払う人は少なかった。帰りもそんな感じ。

生まれて初めて行列に並んで買い物をした。どら焼きだ。通りがかりだったし、おいしいと評判の店らしかったので、並んで買ってみた。30分並んで買って、焼き立てを買って食べてみた。どら焼きは、どら焼きだった。残念、私には、その特徴が分からなかった。一個120円、そこらのスーパーで、パックで売っている、時には、半額のシールが貼ってあるものと、私には区別がつかないだろうと思った。最も、日本食レストランで食べるより、インドネシアの屋台の食べ物のほうがおいしいと思う私だから、そんな評価しかできないのでしょう。

祭りの雰囲気を確認したくて町に行ったが、桜は五分咲き以下だったし、人手もさほどではなかったし、曇りでうすら寒かったし、お練りに出くわすこともなかったし、雰囲気を楽しむことはできなかったが、静岡祭りは、必ず期間中雨に祟られるということになっているので、雨に降られないだけでもまあまあだったかなと納得。祭りにウキウキするという年でもないし。

VISA申請で、必要らしいので、ジャカルタまでeチケットを手配した。
IMG_1426-.JPG
IMG_1427^.JPG
浅間さんの桜
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆どうでもいいか [知識]

 2633 桜の開花がつい二日前、例年、静岡の標準木の開花日は日本で一か、二番だが、今年は、かなり遅かった。また、千葉、銚子も例年よりかなり遅くて、昨日だったようだ。原因は言われている。専門家曰く、より早く咲いた地域に比べて、暖かくなるのが、遅れたからだという。いかにも、暖かくなる速度順に咲くようなことを言っている。それはそうに違いないと思う。が、しかし、私はちょっと違う考えを持っている。理屈っぽいが、それぞれの土地の桜は、それぞれの温度意識があるのだと思う。寒い地方と暖かい地方の感覚が違うのだと思う。寒い地方は、少し寒い場合でも咲く、暖かい地方は、寒い地方が咲いた温度を感じても、まだ、咲かなくて、もう少し、暖かくならないと咲かないのだと思う。開花温度に差があるのだと思う。静岡や千葉は。そこの桜は、他の地域より高い経過温度が必要になっているのだと思う。
IMG_1415.JPG
IMG_1416.JPG
地震があった。静岡は震度いくつだったでしょうか。震度2以下だと思うが、よく揺れ、それも、少し、ということは、震源はかなり遠方とわかる。M6.1だとか、東南海地震を予想されている地帯の真ん中か。ところで、予想される大地震の前触れか、いつ来てもおかしくないといっている専門家はどういっているのでしょうか。直ちにコメントがあると思っていたが、どうでしょうか。報道で新幹線や建物などへの影響についてはあったが、地震に関しての解説はなかったように思う。どうでしょうか。
専門家の予想では、いつ起こってもおかしくないといわれだして、もう、40年以上過ぎる。この二三千年の間では、150年ほどの間隔で大地震が起きているが、今は前回大地震から150年以上過ぎているからだという。
しかし、私の思うには、二三千年の間の統計で、予想するのは、奇妙だと思う。せめて、一万年前ほどからの統計がほしい、しかし、それは、無理でしょう。ということは、専門家の説は、変でしょう。静岡では、大地震が予想されて以降、大地震ではなく、M6~7程度やそれ以下の揺れが何回か起きている。それによって、8以上の地震が起こる確率は少なくなるというか、応力緩和になっていると思う。
それに、沈下や隆起を知る計測器が設置されていて、それらのデータである程度大地震を予想しようとするには、十分なのでしょう。足りないから、もっと、多くという話を聞いていない。そして、そのデータは、全くと言っていいほど、定期発表と解説がない。まさか、知りたければ、データ収集場所へ見に来いというわけではないでしょう。地震津波の予想は、現在、全く不可能でしょう。日本もインドネシアも、大きさは分からないが、どこに、いつ来てもおかしくないと予想するなら、その予想は、大正解だと思う。
三重県沖地震は、大規模地震との関連について、コメントを出してほしいものです。April Fools' Dayの地震でした。
 

タグ:地震 開花 満開
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆贅沢花見 [生活]

 2632 島田でゴルフ、富士山静岡空港に隣接しているといっていい。頭の上?を通過する。桜の花見を兼ねる気持ちのいい雰囲気だった。

肩に痛みについては、レントゲンチェックの結果,50肩だという、70歳でも50肩だそうだ。看護婦から、痛みを軽くする運動を教えられた。毎日、根気よくやりなさい、でも、すぐに治るものではない、半年以上は、結果が出ないでしょう、と、言われた。薬は痛み止めの錠剤と膏薬と塗り薬を処方された。気が向いた時に、使おうと思う。腰や首が痛み出した時にも使える。

痒みの方はどうか、どちらかというと、こちらの方が気になっていた。医者曰く、年を取れば、そうなる人は多いと、何かに感染したとか、悪い病気にかかったとか、そういうことではないでしょう。痒みを軽減する漢方薬と錠剤を処方された。漢方薬は粉末の飲み薬、苦い。錠剤は舐めて溶かした方が、効果があるという。これも、気が向いたときに使おうと思う。

両方とも、そう、深刻ではないという。私もそう思う。

そんな次の日、痛みも痒みも感じられない状態でのゴルフでした。いい天気、桜は五分咲き、ウグイスの声が、間近に聞こえる。時々、離着陸の旅客機やヘリコプターが頭の上を通過する。それだけで、快適、家に閉じこもっていることなど考えられない。爆花見が話題になっている今、日本人として、落ち着いた雰囲気の中で、贅沢な花見だと思う。
IMG_1414-.JPG
IMG_1414.JPG
IMG_1414^.JPG
桜と橘。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感