So-net無料ブログ作成
検索選択

(^_-)-☆軌道にのってきた [日常]

 2661 遠くなる、のほんの少しの例。 
IMG_1881.JPG
ここは、直進できない。左に曲がらされて、400mほど先にUターン場所まで行って、戻ってこなければならない。ここの場合は、400m先のUターン場所が閉じられていて、さらに300m先の四差路でUターンさせられる時もある。
IMG_1882.JPG
IMG_1885.JPG
そして、ここは、右折できない、直進して、400mほど先でUターンして戻ってきて、左折をする。

カンパニー プロファイルを更新した。明日紹介しようと思う。私がこの会社のトップにならざるを得なかった。それでないと、お客さんや従業員に迷惑が掛かるからでした。暫定的、措置だと、私は思っているが、後継者次第というところがある。

この会社の現状は、三ラインのフル稼働で、24時間、通常は日曜日の朝、夜勤明けで、一週間終了だが、各週位で日曜から月曜の朝まで、止めないで、繋げている。売り上げは400万円くらい、給料は私やセキュリティを含めて全員24人で110万円くらい、原料費が150万円くらい、どうでしょうか、ここ三か月、原料購入や装置の改造の費用に余裕が出てきた。今日の給料日も資金的には何の心配もなく通り過ぎた。5月から、四ラインになるので、オーバータイムをしなくて済むようになるし、現在、金型を作っている新製品の量産も可能になるし、今まで、頼まれていて、装置に余裕がなく、断っていた製品の話も受けることができる。6月の売り上げ目標は500万円に置いている。
5月末に二色成型の装置というか、メインの押出機と補助押出機と引取機と切断機が入るので、多分、8月には、600万円以上になっていると思う。ルピアは120を掛けてください。

何が売れているかというと、使い道はよくわからないが、軟質PVCのチューブのサイズや色各種、それから、冷蔵庫のトリム、各先は日系,韓国系が主だ。今日になって、二か月遅れで残額全額を支払ってくれた、インネシア企業などである。全てが、見積もりでも利益率は少ないと思うが、とにかく、固定費を少なくするように努めた結果が、出ていると思う。

固定費、流動費の概念がなく、どんぶり勘定で、商売をしていた、私が前に手伝っていた会社では、こんな具合には絶対行かない。社長は重役の人件費が高く、余分だと思われる勤続が長い事務の人も多い、間接固定費が多すぎる会社では、こうはいかない。

そして、インドネシアでこの会社でしかやっていない製品が三つある。LEDチューブランプのPCカバーと11ナイロンチューブ、暗光テープ、なぜ、この会社でしかやっていないのか分かるのかというと、これらの原料を買っているのは、インドネシアではこの会社だけだからです。メーカーからも原料商社からも他の会社には売っていないと、聞いている。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆日本人だね [思うこと]

 2660 70ジュタ入金されていることを確認したので、ほっとしている。全く、ちゃんと、約束の日にしっかり払ってよ、払えなければ、それなりの話があるでしょうが、いろいろな会社があるものです。とにかく、入金してもらって一安心。

 別々の会社の日本人のお客さん 二人の対応をした。一人は、ローカルの原料商社の人、初めて会う方だった。もう一人は、以前から、お付き合いがある、もう、かなり長い間のお客さんでした。11時と14時でした。それぞれの方たち、15分から30分、遅れて到着した。インドネシアでは、遅れてくるのが当たり前で、時間以前に到着するというのは、ごくまれなこと、待つ方も、それは、心得ている。そして、遅れることを、わざわざ?連絡してくるインドネシ人はほとんどいない。それどころか、こちらから、今どこにいるの、何時ごろになりそうか、電話で、問いかけると。答えが、“今、そちらに向かっている途中”これだ。今、どこまで来ているとか、あと、何分くらいかかりそうだ、という、返事をしてくれる人もいない。だから、それを、改めて、聞くことになる。どこに、今いるの?と聞くと、“車の中“、こりゃダメだと思う。だから、私は、もう、尋ねないことにしている。信じられないと思うが、そんなものです。もう慣れているが、鳴れといないときは、ストレスがたまった。

そして、今日のお二人、流石、日本人、約束の時間に何分くらい遅れるという、電話とメールが入ってきていた。今どこにいるので、後、何分くらいかかると。私は、遅れられることは、なんとも思っていない、事前に言ってもらえば、感激に近い。インドネシアはそういうところです。

私自身はどうか、私は、約束の時間に、遅れることは、全くと言っていいほど、ない。初めての場所でも、地図で確認し、渋滞無しで順調に行って、何分くらいかかるか、分かるし、渋滞する場所も、その渋滞で何分くらいロスをするかも分かる。そして、何分かかるか予想をする、そして、その時間にプラス30分を見て、出発時間を決める。だから、その出発予定時間の後に、別の約束を入れることはない。順調に何もなくついてしまう時には、一時間も前についてしまうこともあるが、大体、15分前に到着する。あまり、早く着きすぎてもいけないので、一度、目的の場所確認し、工場団地なら、どんな会社がどこにあるか、団地内を回ってみるとか、コンビニやスーパーによって、買い物をしたり、パソコンでメールを確認して、返信をしたり、道端、車の中でやることはあるので、時間調整をし、5分くらい前に、セキュリティーを通過することにしている。
インドネシアって、カーナビは、どうなっているのでしょうか、以前、タクシーに乗ったとき、カーナビらしきもののモニターを見たことがあったが、ちゃんと、陸の道路を走っているのに、モニターでは海の上を走っていることになっていた。使おうとは思わないが、まともに使われているのでしょうか。使えるのでしょうか。聞きもしないが、使っているという話を聞いたこともない。
IMG_1874.JPG
IMG_1873.JPG
住処の辺りにこんな場所がある。ヤシの実を落としていた。
 

タグ:連絡 流石 遅れ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆だんだん遠くなる [日常]

 2659 今の住所に引っ越してきて、会社やゴルフ場が、非常に近くなった。それが、目的で移ったわけだが、渋滞や道の変更や遮断がなければ、会社まで10分かからないし、ゴルフ場までは5分だ。ところが、そのように行かない。会社への通勤は、真っ直ぐ行けるとことを左折されられる、かなり遠回りをして、先ほど左折されられた場所に戻って、直進したかのような道に戻ることはできるが、順調にいって3分かかる。だから、13分ということになる。しかし、この道は、交差点や信号機の三か所にポリシがいるので、今は。通りたくない。
 そこで、元の道に戻らないで、建設中のサッカースタジアムの方向に行く、普通なら、ファーマーズ マーケットの前で、右折して、会社に行けるんだが、朝は、そこが閉鎖されている。ずっと先のシニアーライフ(老人ホーム)前まで行ってUターンし、ファーマーズ マーケットの前まで戻って左折し、会社に向かうには、マテルの女子寮を過ぎて左折する。この間が8分ほどかかる。会社まで、ちょっと渋滞なら20分かかってしまう。
 帰りが、また、直進できるときと、遠回りをさせられる時がある。その時間が、気まぐれで、決まった時間ではないので、運が悪ければ、5分は違う。
また、鉄道の踏切に向かう道を行くので、列車が通過する時間が決まっていないし、インドネシアでは遮断機を下すタイミングが早い、通過するであろう5分以上前におろし始める。というのは、こちらの連中、おろされ始めても、バイクはそれを無視して通過しようとするので、なかなか、下まで下せない。しっかり、平らになるまで、2分は掛かる。そうなっても、まだ、1分ほどは、全てが向こうの遮断機をくぐり抜けるまで、かかる。
そして、遮断機の両側とも道一杯に車とバイクで塞がれる。列車が通過して、遮断機が上がれば、双方が一斉にせめぎあいを始める。当然、なかなか前進しないので、100mくらい後方に着いた車は、動き始めるまで,数分かかってしまう。これが原因で全く動かなくなり、その間に、隙間という隙間をバイクが埋めてしまう。100mほど手前で、踏切が上がって、対向車線の車がこちらやってくるのを見たのち、動き出すまで10分くらいかかることもある。私は踏切の110mほど手前で左に曲がるが、その手前で止まってしまった場合は、すぐそこに曲る場所があっても、20分以上じっと待っていなければならない。

ダイレクターになって、最初の月末が来ている。支払いは、月末と月初に集中する。入金も、同じ時期になっている。この会社、利益が上がりだしたのは、私のビザが、切れて、帰国したその月、2月からだった。現在、三か月間、平均100ジュタの利益がある。従業員の数は、戻った時に17人だったが、今は増やして22人になっている。一応、順調だが、お金の余分がない、入金と出金のタイミングを計るのが、私の責任になる。前責任者は、もう知らん顔である。ま、その方が私もやりやすいには違いない。そして、今日、入金状況を確認したところ、何とか、今月末の支払いは問題ない。月初の3日の支払いは、月初の入金待ちになるが、振り込みは2日に決まっているので、これも、クリアーしそうだ。3日に60ジュタほど支払わないと、原料がショートしてしまう。悲しいかな、この会社、まだ、振り込みを前もってしないと原料を出してくれない、という、評価になっている。何時になったら、受け取りと同じように、月末〆の翌月末払いにならないかと思う。そろそろ、サプラーヤーに圧力をかけようと思う。最も、この会社始めてから8か月くらいは、月末〆の翌月末払いになっていたが、前々責任者が、支払いのすっぽかしをしながら、サプライヤーを次々に変えていたという、お粗末がったから、信用されなくなってしまっていた。

例の130ジュタ、前任者から、未払いの客先からの受け取りを頼まれてしまっていた件は、二回押しかけて交渉し、何とか、半分は今日振り込まれる約束になっている。まだ、確認していない。残りは明後日に払われることになっている。この客先、本当は次の注文を出したいが、出せないでいる。
IMG_1868.JPG
自作の肉じゃがだが牛を使っている。出汁は、ソッ ブントゥットゥのブンブを使っている。自分ながら、実においしい。
IMG_1871.JPG
なぜか、この時期、三人で食事、会談内容は秘密だが、何やらたくらみに私を誘おうとしていた、二人とも、日本での長期間、生活の援助をしていた。インドネシア語で構わないが、今回は、日本語だけで、会話した。今の彼らの日系企業での給料は、私の報酬より多い。そして、私、年齢相応に写っていてショック。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆イミグレ [情報]

 2658 また、無免許運転でブカシ バラットのサッカースタジアムの裏側にあるイミグレに行ってきた。ここも、多分、5回目になる。ちょっと分かりにくく、入り難い道の奥の方にある。運転手が連れて行ってくれる一般の日本人には、どうでもいいことでしょうが、私にとっては、行くには、狭いので、ちょっと、面倒だ。また、駐車場が狭く、今日は、入り口の前の路肩に駐車した。私の車だけではないし、係員がしっかり料金を4000Rp前払いで徴収していた。サインと写真と指紋、5分もかからない。

ところで、昨日の夕方、スンチンさんから、電話があって、“太田さん、カオスはダメですよ、スパトゥなら何でもいいよ”と、わざわざ、言ってきた。今更、妙な事を言いうなと思った。イミグレに出入りの規則があって、そう書いてあるということだ。Tシャツサンダルで行ってはダメだということだと思う。もともと、そんな恰好で行ったことはないし、行こうと思ってもいないので、私にとっては、何のことはないが、多分、Tシャツや突っかけなどで、行く人がいるのでしょうね。
 で、そのときの電話で、カオスはダメだと言われたときに、Tシャツはダメだよと、言われたと思った。一般的に、Tシャツのことをカオスあるいはカウスと言っているからだ、観光地へ行くと、しつこく、Tシャツを待って、追いかけてくる人種がカオスと言っているから、ずっと昔に覚えていた。また、カウス カキは、靴下、カウス タンガンは、手袋ですね。ところが、スンチンさん、靴ならどんなものでもいいと言っている。ということは、カウスの意味は何だ?と、思ってしまった。カウスに肌着下着という意味もある。しかし、まさか、裸足という意味があるのかなと思った。まさか、裸足で行くやつはいないだろうし、で、裸足の足でサンダルやビーチ草履などのことをいうのだろうと、解釈し、ビーチサンダルなどはダメでしょうねと、返事をしたら、ブナールと言われら。皆さん、イムグレに指紋を取られに行くときには、Tシャツ、サンダル履きで行っては、いけませんよ。
IMG_1867.JPG
IMG_1866.JPG
 毎年恒例の雨期明けの道路の破損状態、各地で、今年も舗装の修復が始まっている。イジップ ハイアール前のUターン場所、大渋滞している、原因は、アスファルトが、剥げて、でこぼこの深さが半端じゃなくなっているからだ。
ちょっと、一言、このごろ、でしょうか、いつごろからでしょうか、“半端じゃない“と、昔から言っていたが、”半端ない”と言っている。非常に違和感がある。NHK的には、どうでしょうか。“半端ではない”、が、正しいと思うのですが。“半端ない“は、やはり、変だ。半端というものがあるか、なしかの話ではないはずだ。だから、文法的にも変だと思うし、聞き苦しい。


タグ:Kaos カウス Kaus
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆不都合でない新車 [情報]

 2657 車を交換してもらった。とにかく、使いにくかった車とさよならできて、よかったと思う。トヨタのアバンザ、今までの車でできなかったことのすべてが普通にできる、これが、私にとっては当たり前の仕様でした。ちょっと気になるのは、シートベルトをしないで動き出すと、アラームが鳴り響く、それは、締め忘れ防止でいいと思う。が、運転中に、ポケットから何かを出そうとして、ベルトを外すと、やはり、アラームが鳴る、ちょっとの間だけでも、外したままにしておくと、次第にけたたましくなる。そのままならしたままにしておくとどうなるのでしょうか、実験していないのでわからないが、もっともっと、大きな音になるのでしょうか、それとも、何分か後には、鳴らなくなるのでしょうか。試してみたいが、けたたましいので、ポケットから財布を出し、お金を出した後、ポケットに戻さないで、ベルトをしてしまう。サイフは、前のもの入れに置いておく。これほどまで、けたたましく鳴らなくてもいいのにと思う。
 過積載でもなるのかなと思う、500kg載せたら、時々、アラームが鳴っていた。それが、過積載だからかどうかは分からない。

早速、ある会社に行って、原料を500kg拝借してきた。今までの車では無理だが、この車なら、重さ的にもボリューム的にも大丈夫、ただし、本当は、荷物を積むことは違反行為です。ポリシに止められれば、20万Rpほど、払わなければならない、また、私の場合、免許証の期限が切れているので、提出して、ばれれば、追加、20万Rpも払わなければならないでしょう。会社に戻るまで、ポリシにおいでおいでをされないことを願っていた。幸い、検問は、やっていなかった。
IMG_1850.JPG
まだ、赤白の仮ナンバープレートのままだ。Hは、スマランナンバー。“太田さん、いいの、買ったばかりに車に500kgも積んじゃって”と、私の子供のようなこの会社の押出部門の教え子たちから、言われてしまった。大丈夫!!
IMG_1835.JPG
この写真は、その会社の周回道路の裏の方から、外を眺めたところ、金網に着いた雑草を取り払う人がいない、暇がないのか、気が利かないのか。私が20年前に最初に仕事をした会社です。今は、私が仲介して、この会社の第二工場になっているが、こちら側、向こうの会社の裏側は、まだ、空地になっている。第二工場をこの空地に増築しなければならないほど、こちらの本社工場は、隙間がなくなっている。ごちゃごちゃしすぎ、片付けがむり、5Sが無理な状態になっていた。私が指導した押出部門も完全に窮屈な状態になっていた。赴任したばかりの現地社長さん、大変なところに来てしまったねと、気の毒に思う。前の社長さんは相当、優秀な人だったが、辛そうだった。息抜きができなかったようだ。仕事は増えるがほとんど利益につながらないし、人も三年前には200人ほどだったが、今は600人だという。よくやるよ、と思う。
日本に帰れば、この会社をインドネシアに進出させた張本人とゴルフをする。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆不都合な車 [変!]

 2656 こちらに再赴任してから使っている車が、気に入らない。不都合が多い。ダイハツの何とかという車だが、スタイルは、ちょっと若者向けのような、今、似たようなデザインの車が多い。チェンジが真ん中の前でちょっと上にある、そのすぐ右上にハンドブレーキがある。それだけでも、私にとっては、位置が違うと思う。操作をしにくいし,発進の時に、ハンドブレーキの解除を忘れがちだ。
IMG_1826.JPG
 150ジュタ、120万円くらい、高いと思う。
先ず、窓の開閉、運転席側のドアーに、運転席側の開閉スイッチしかない。その他の窓の開閉は運転席からできない。すべての窓の開閉ロックはできる。すべての窓の開閉は、その席の人しかできない。一人で乗ることが多いのに、空気の調整やガソリンスタンドで給油の時に給油口は左の後ろなので、そちらの窓開けて、ガソリンスタンドの人と話をしたり、料金を払ったり、領収書もらったりしたいが、いちいち、降りて、それらのことをしなければならない。
 サイドミラーの角度の調整も閉じてしまうことも,スイッチがないので、できない。降りて畳まなければならないし、助手席側のサイドミラーは、いちいち、そちらまで行って、調整しなければならない、運転席を前に出したり、背もたれの角度を変えたりした時には、いちいち、それをしなければならない。
 リモコンロックが不調で、ロックできるときとできないときがある。何回も押すことになる、一発でロックできるのはまれだ。また、解除も同じで、なかなかできないときには、どうしようか、途方に暮れそうになる時がある。また、それらのスイッチ操作は、車の前からでしか成功しない、横や後ろからでは、うんともすんとも言わない。バッテリがなくなっているとは思えない、まだ、買ったばかりで、新しい車検証というか、納税証明書というか、紙切れを受け取ったのが、おとといだった。で、今は、鍵で開閉をしている。その開閉の鍵穴は、運転席のドアーにしかない。ロックした状態で、荷物を出したり、入れたりしたいときには、いちいち、運転席側に行って、鍵で開けなければならない。
 オーディオセットがUSBモデムしかない、CD用がない。日本から持ってきているCDが無意味だ。
 最大の不都合は、荷物を載せにくいというか、荷物を載せて納品に行きたいが、載せにくいし、ほんの少量しか積めない、人だけを載せるようになっているから、そうなのかもしれないが、人が乗るにしても、それぞれの人の荷物があるはず、それらも、小さい体積のものしか載せられない。座席は前と中間と後ろにある。後ろの席の背もたれは、倒せないから、後ろに荷物を載せる空間を作ることができない、後ろの座席に物を置きたいときには。その背もたれの上から越えて、置かなければならないし、出すときにはもっと面倒だ。また、後ろの席の幅が狭いので、ゴルフバックは入らない。ゴルフバックは、中間の席に置くしかない。また、中間の席の背もたれは、前に倒すことができるが全体だ。後ろの席に人が座るときには、中間の席の背もたれを全部前に倒して乗ることになる。右からでも左からでも乗れる。そのあと、背もたれをもとのように立ててから、中間の席に座る人は座る。なんとも、面倒な話である。
 もう一つ、後ろのカバー、何とうのでしょうか、ハッチバックというのでしょうか、これが、鍵穴がないので、手で開けられない、運転席の右下にガソリンを入れる所を開けるハンドル?と同じところにハンドルがある、それで、開けるしかない、締めてしまって、また開けたいときには、また、運転席のそこまで行かなければならない。最も、後ろを開けても、ほとんど何も置けない、後ろの座席に置くしかない。
 日本ではこんな車は売れっこないと思うが、どうでしょうか。買う人も買う人だと思う、自分で運転をしない人、仕事で車を使ったことがない人、ゴルフをやらない人なら、買うかもしれない。
 明日、アバンザに変えることになっている。
IMG_1831.JPG
何か月かまえから、インドネシアでも日本と同じような、装置を作って、SASUKE?THE NINJA WARRIORSニンジャヲーリアーズ?をやっている。その進行役の後ろに、デカデカト、旭日旗?のようなものが、貼られている。韓国人は、黙っていないと思うが、何か月か前からそのままになっている。抗議がないのでしょか。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆特殊な生活習慣 [インドネシア]

 2654 いまだに手で食事をするのがインドネシア人です。一般的にどんなレストランでも、フィンガーボールが出てくるか、片隅に手を洗う場所があります。 食事の前に、そこで、手を洗い、食事後に、また、そこで、手を洗います。チッシュペーパが置いて有れば、たくさん使うので、ちょっと、地方へ行けば、トイレットペーパーが置いてある。それ用の入れ物があって、トイレットペーパーの芯の方から引き出せるようになっている。椅子や机、テーブルで食事をするところと、床に座って、床に置かれた料理を食べるところがある。地方へ行けば、床に車座に座るところの方が多くなる。
 
 道端のテントレストランやカクリマで食べている人を見つと、スプーンフォークを備えてあるが、ほとんど、全てが、手で食べている。私がよくゆく、観光地、リゾート地では、100%手で食べている。私のウェブサイトの表紙にその様子がある。
IMG_1815.JPG
IMG_1816.JPG
帰り道、この先に踏切があって、夕方に長く閉まるようだ。大渋滞というか、一時、全く、車は進まなくなるが、バイクは、隙間を探して少しずつ進もうとする。こんなとき、私は、前の車との車間を少し広めにいて止まる。すると、バイクは、前の隙間を横切って、勧めそうな方に車線というか、路肩から中央よりに、そのまた逆に、する。その様子です、対向車線も車とバイクで一杯、それでも、路肩はミニバスが止まっていて塞いでいるから、中央に出てくる。完全にぎりぎりだが、それでも、じっと待つことはしない。日本にしかいない人にはこの様子は想像ができない。私は、ほぼ、毎日、このなかに入っている。

ゴミになかの方が落ち着くのでしょうか、きれいさっぱりにしたら、多分、落ち着かないのでしょうね。カリマラン道の川側に塀を作った。これは、川や土手にゴミをしてないように、また、小屋を建てたり、何かを売る店を作ったりしないように、公共の所有の土地、場所に、不法占拠をしないように、ということだと思うが、これが、全く効果がない、それとも、何か、他の目的があって、それは、達成できているのでしょうか、私には、想像すらできない。

塀に狭い隙間を作ってある、全く、遮蔽してしまう分けに行かないのでしょうか。だから、そこが、塀と川の間の狭い土地に作った店の入り口になっている。ピントゥ マスクと書いてある。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆考えさせられる [情報]

 2653 タンゲランのイオンモール大荒れだったようですね。ラーメン屋にリッポチカランからはるばる出かけてゆく人がいます。テレビニュースでは、エントランスでしょうか、天井が吹き飛んでいて青空が見えていて、窓ガラスがなくなっていた。強風がモール内に吹き込んだのでしょう、だから、ガラスで怪我をして、病院に運ばれた人が14人だそうだ。手抜き工事ではないかと、警察も調査に入っていた。
 マンダムの関連裁判のニュースをやっていた。工事をした会社の従業員が裁かれているようだ。
雨季も終わりというのに、所々で、大雨、強風があるようで、ジャカルタでも局地的洪水になっているようですね。

 支払いが滞っている客先に、支払いをお願いに行ってきた。借金返せ!である。ダイレクターになったとたんに、前任者から、支払いを頼みに行ってほしいと言われ、自分が、行って来いよと言っても、彼では、到底できない話なので、私が引く次ぐことにしてやった。120万円くらい、支払われていない。最も、900万円くらい、支払わないで、交渉も拒否して、知らん顔をしている会社や人もいるのだから、このくらいの金額は可愛いものだが、放っておくわけにもいかないので、交渉に行ってきた。約束の時間に行ったが、先客が帰らなくて30分待たされた。強い調子で、言おうと思っていたら、会う人の上司がいて、いきなり、日本語で“こんにちは、おまたせしました“言われて拍子抜け、請求書を見せて、支払いのお願いに来たと言ったら、すぐに、”すばらしい製品を有難う、すぐに全額支払います”と言われてしまった。私の方は、“それでは、原料に支払いがあるので、今月末までに、お願いします“で、今話は終わってしまう。後は、いろいろの情報交換になった。”太田さん、インドネシア人ですか、日本人みたいですね“と言われて、なんと、返事をしたらいいのか、返事をしなかった。
 
“1リットルの涙”特別編という映画2時間以上をなんとなく眺めていたら、じんと来た。インドネシにはこの種の映画はない。脊髄小脳変性症、小脳が小さくなってしまうのでしょうか、運動神経がなくなって消え仕舞うのでしょうか、筋萎縮症とは違うようですが、動けなくなることは同じでしょうか。学生時代に彼らと一緒に見に行った。東京オリンピックの年だったと思う。“愛と死を見つめて“ という映画を思い出した。軟骨肉腫でしたね。
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0067.html
筋萎縮症になってしまった大親友を思い出す。亡くなったのは22年以上前だ。つらかった。弔辞を涙で読めなかった。静岡の国立病院に彼がいた時には、ほとんど、毎日、世間話をしに行っていた。そこは、今、保健所になっているのでしょうか、孫を連れて、何かの注射を打ってもらいに行ったことがあったが、昔の木造の病棟は、影も形もなくなっていた。そして、今でも、一人で、蒲原の町を通った時には、何をするわけではないが、彼の墓に立ち寄っている。
IMG_1792.JPG
 初代キジャンが今でも走っている。はっきりは知らないが、25年以上前のものだと思う。
IMG_1795.JPG
 ここは、ジャカルタのカリジョドではないが、不法占拠の住宅や店舗が壊された後だ。道路の拡幅をするのでしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆まだ、あったの? [変!]

 2652 朝からスケジュールが埋まっていて、急がすく動き回った一日でした。こんなに、会う人が多かったのは何年ぶりだろうと思うくらいだった。マシンが足りない、人が足りない。人は、三人入った。そして、もう一人二人を増やしたいと思っている。どうだろうか。三人、持つだろうか。

ノストラダモス?がどうのこうのという人がまだいるのですね。驚いた。1999年で、人類が滅亡したことになっていて、その後は、人類に関わる予言は無くなるはずだったが、無に世界になったと思っていたが、実は、2016年の6月だという、ことらしい。理屈は何なのでしょうか、以前のことは、間違っていたと、言わないと、今年のことはないので、間違いだったと言って居るらしい。いったい何が間違っていたのでしょうか、どの部分の解釈が間違っていたのでしょうか。今度、また、間違っていたということになるから、そのまた、何年か後に、間違っていたというのでしょう。間違いというより,気違いと言った方が良いと思いますが、世間はどうでしょうか。この種の話を信じてしまう人がいるから、困ったものだと思う。

 まだ有ったと言えば、口頭で他人で、見積もりをもらい、装置の改良や交換部品を購入したのに、注文書を出していない、出していないから、提供者からのインボイス(請求書)を発行できなくて、困っている、という話は、今日、二社から聞いた。サプライヤーは、POをもとに、インボイスを書くのが、決まりになっているのだそうだ。

 まだある。結構、著名らしい地震学者の一人が、どのくらい前のことか知らないが、三か所、日と震度を示して、地震の予知をしていたそうだ。記事によると、熊本の地震は予知が的中したと言っているようだ。予知した場所から100km以上離れているし、震度も大きく違っていたにもかかわらず、である。そして、残りの二か所について、一か所は三日ほど過ぎているが、地震は起きていない。もう一か所は、四日ほど先にことだ。どうなることでしょうか、楽しみだ。予知を信じるなら、その二か所に人々は、食料や飲み物や軍手などをちょっと多めに確保しておいた方が良いですよ。特に6月は、多くの預言者らしき人が、危機を予想しているらしいですね。
IMG_1779.JPG
IMG_1779-.JPG
IMG_1781.JPG
 KIICに14時ころから向かった。チバトゥからカラワンバラットまで1時間、ゲートを通過するのに30分、訪問先に到着が15;30 出たのが16;00 高速に入る前にすでに渋滞、チバトゥで出たのが17;20、約束の時間は、守れる状態ではない。渋滞原因は、何か所かの路肩に、故障トラック、パンクトラックが有ったり、バスが路肩からもっと下に転落していたりしていて、それらが、道路をふさいでいるわけではないが、全ての車がゆっくり見ながら走るからだ。私も、ゆっくり写真を撮ることができる。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆批判より提案 [思うこと]

 2651 東芝のインドネシアからの撤退?移転について、エッジングという製品の受注がなくなってしまい、6ナイロンが3トンほど残ってしまい、困っているという話を聞いて、検索してみたところ、インドネシア新聞というページに当たった。書き人知らずの文章が長々と書いてあった。印象的だったのは、その長々しい文章の最後に、日本の?日本人の?三つの寂しさは、仕方がないようなことで〆くられていた。
インドネシアの高速鉄道の受注ができなかったことで、この人は、日本が受注できなかったことを、悔しくお思い、今になって、愚痴をこぼしている、その愚痴が、みっともないと言いたいのでしょうか。日本のマスコミの取り上げ方と記事が気に入らなかったようだ。大いに批判をしている。そして、それは、日本人の寂しさからきている表現だと言いたいのでしょうか。

その三つとは、一つは、日本は、もはや工業立国ではないということ。もう一つは、もはや、この国は、成長はせず、長い後退戦を戦っていかなければならないのだということ。そして最後の一つは、日本という国は、もはやアジア唯一の先進国ではないということ。

私はこれらのことが、寂しいとは思わない。なぜ寂しいことと、決めつけるのでしょうか。そして、これらのことが、寂しいことだから、中国受注に関して、難癖や批判を並べているというのも、理屈が変でしょう。

中国が受注した要因は、インドネイア政府が一切資金の保証を受けないという条件だからでしょ。安全面やサービスの質や運航技術のことは、どうでもよかったのです。それと、ジャコウィさんの私的好みだったのでしょう。前にも書いたが、誰が良い、悪いではなく、また、受注できなかったことを、悔いることも、羨むことも、落胆することも、全く必要ないと思うから、マスコミが中国やインドネシアの決め方やプロセスに関して、あとで、何を言っても仕方がないし、何も、言う必要はないのです。そして、何かを書いたマスコミを批判する必要もないのです。ましてや、日本人の寂しさなどという必要も全くないのです。大体、日本人が三つのことを寂しいと思っていないと思う。

私は、高速鉄道を受注しなくてよかったと思っている。あんな山の中、インドネシアでは、未だに、トンネルや橋だらけの道路や鉄路は一路線もない。今までにない難工事になることは、はっきりしている。カラワンからバンドゥンまでの高速道路を自分で運転してみたことがある人ならわかると思うが、日本では考えられない、急勾配の急カーブの連続です。しかし、高速代は、只に近い。高速鉄道はトンネルと橋梁でつなぐことになる上に、駅が少ない。誰が、高額を払って利用するでしょうか。もっと需要なことは、バンドゥンからチレボンに繋げなければ、スラバヤまでの高速鉄道の意味がない。これが、また、カラワンからバンドゥンまでと負けず劣らずの山岳地帯。バンドゥンまでが大赤字になるのに、その先を引き受ける会社はないと思う。
何故、バンドゥン経由にしたのでしょうか。ジャカルタからチカンペック、そして、チレボン、スマラン、スラバヤにすれば、地理的に、おそらく、トンネルは一か所もいらないし、橋も高架はないし、カーブもほとんどないから、それに、地震とは無縁の地帯、安全面でもかなり優位だと思う。こういうことを、日本は、提案すべきだと思う。そして、それが、中国やフランスなどに取られてもいいじゃないですか。寂しいからどうのこうのではなく、批判をするのではなく、提案をした方が良いと思う。この人もマスコミも目くそ鼻くそですね。
IMG_1761.JPG
我が住処の様子、約20年前に新築でした。
IMG_1760.JPG
ルマーサキット ハラパン クルアルガの前の交差点、バイクも取り締まり。ラディアと言います。プチュノンガンと読みます。このあたりの地名です。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感