So-net無料ブログ作成

(^_-)-☆歌からの影響 [日常]

 2692 人から借りたCDを聞きながら出勤運転、谷村新司のいい日旅立ち、“日本のどこかに、私を待っている人がいる” 旅立ちはずっと昔のことで、今更、どうのこうのということはないが、この歌は、日本の中のどこかに旅立った?人の歌ではなく、どこか、海外に旅立った人のための歌のような気がする。ところで、私の場合は、待っている人がいるとしたら、どこかで、ではなく。分かっている場所にいる。その分かっている場所のその人が、私を待っているかどうかは、ちょっと、自信がない。待っているにしても、是非とか、どうしてもとか、絶対にとかいう感じではないと思うし、帰ってきてくれれば、いてくれれば、ちょっと便利という程度だと思う。どちらかというと、私も、その方が良いと思っている。もうそろそろ、日本に落ち着きたいと思うが、なかなか、そうさせてくれない。
今日もスクリューが折れた。こんなことに、どうすれば、なるのかと首を傾げる。

私の心に響く歌は、だいぶ前に書いたが、
http://blogs.yahoo.co.jp/enplaind/39355261.html
伊東ゆかりの“あした明るく“というタイトルで、
1 一人ぼっちが寂しくて、お使い帰りに、故郷の赤いリンゴを買いました。上野の駅でかじったら、雪の匂いに泣けました。
2 赤い手袋ほほ寄せりゃ、小指のつぎにも故郷の母の温もり感じます。夜学の帰り星空に、青い五月を呼ぶのです。
3 遠い故郷、雪解けにハコベの花が咲くように、強く明るく生きること、しっかり今は根を張って、花の盛りは美しく。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28957928
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28957828
しかし、歌っている動画がない。私は歌えるが、一般に人には、メロディーが分からないでしょう。仕方がないから、歌ってみました。仕事を切り上げて住処に帰る道です。
この歌、歌っている姿をチェックできません。と、思います。
主に、東北地方から集団就職で上京してきた人たちの気持ちを歌った歌でした。当時も書いたが、この歌を、覚えていて、歌えれば、ボケがあまり進行していない証の一つとしている。
IMG_2774.JPG
IMG_2773.JPG
昨日、ゴルフが終わって帰宅してから準備したものの出来上がりです。一つは自分のためです。もう一つは、友人の何人かのためです。日本関連レストランで、注文すれば、三倍以上、十倍以上するものです。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆逆戻り [思うこと]

 2691 土日のゴルフの後の日曜の昼過ぎは非常に忙しい。ゴルフの後、ほとんどの日本人は、食事の後、車の後部座席で居眠りをしていれば、住処に帰る、そして、くつろぐ、また眠る、特に何もすることはない。
私の場合はそうはいかない。先ず、車の運転を自分でして、仲間を送って行ったり、必要なものがあれば、コンビニなどに寄ったりしてから帰宅する。眠気はこらえる。家に着き、直ぐに洗濯にかかる。汗まみれの二日分のゴルフで着たもの、作業服、それに、靴下や何着かの下着など、結構、量が多い。二層式なので、絞り槽に移すにで、洗剤を入れてスイッチを押せば、全自動で終了という分けのはいかない。しつこい汚れは,あらかじめ、手洗いをしなければならない。乾し終わるまで一時間以上掛かる。洗濯機が回っている間に、約三日分の夕食のおかずになる煮物の準備をし、火にかける。ぐつぐつと煮るのです。ジャガイモを剥いたり、玉ねぎ、にんじんなども放り込む、牛肉は、鋏で切って、食べやすい大きさにする。
部屋の掃除もする。一週間に一回するだけだが、日曜の夕方にしている。それから、今日の場合は、例の絞りをして、火曜の客先訪問の時に持ってゆく準備もした。三時間ほどの労働でした。一段落して、夕食前に一時間ほど居眠りが出来た。

ゴルフではなく、卓球の練習だ、土日欠かさなかった、移動は、車ではなく自転車だった。洗濯は、たらいと洗濯板だった。自炊もかなりに頻度でやっていたが、チキンラーメンに卵のお世話にったいた。時代が逆戻りしている。自然にやっていたことだ、今は、体が自然に動いているとは思えない、まだ、出来るぞと、意識的に無理をしていると思う。
IMG_2742-.JPG
IMG_2742^.JPG
白紫の睡蓮は、開くのが遅い、8時にはまだ閉じたまま、10時近くに、開き終わる。そして、夕方、暗くなる前に閉じる。朝、5時前にスタートする日には、開花した白紫睡蓮の開いた姿を見ることができない。濃いピンクの睡蓮は、8時には、ほぼ、開き終わっているが、閉じるのが早い、お昼前には、閉じてしまう。場所によって違うのでしょうか、私は、ブカシやカラワン辺りの二種類の睡蓮しか知らない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆日暮~綴れば [思うこと]

 2690 オバマ大統領の広島訪問に関して、インドネシアでも、報道されていた。被爆者に話を聞いたり、ないていた老人と抱き合ったりした場面もあった。一般のアメリカ人、日本人の反応も紹介されていた。これで、何がどう変わるというものではないと思うが、一つの区切りでしょうね。いろいろな、反応、意見があることは、立場によって違うし、時代によっても変わってくるでしょう。取りあえず、日本にとってもアメリカにとっても、良いことだったということにしておくのでしょう。それにしても、何を話したかは、私は知らないが、被爆者老人のしっかりした姿勢は日本人だなと思う。
IMG_2696.JPG
Obama ungkapkan Belasungkawa pada korban オバマさんが犠牲者に哀悼の意を表明した。

二週間ぶりのゴルフでした。チャガール アラムで転んで怪我をした場所が痛む、足に力が入らない。それでも、よく晴れた、澄み切った青空と入道雲の下でやるゴルフは、充実感を味わうことができる。 
今日はゴルフ場で、小動物Burung Binatan Hewanの観察ができた。ムサンMusang イタチのような動物 ブラトゥッ Belatuk キツツキです。勿論、日本にもいるのでしょうが、私は、野生のものは、どちらも、インドネシアで初めて見た。お馴染みのビアワックもうろついていた。
IMG_2704.JPG
IMG_2707.JPG
ゴルフの後、また仕事、ハイアールのコマーシャルが効いているのでしょうか、急に注文が増えてしまった。それも、短納期だ。急遽、生産計画を変更して、その準備の手伝いをした。ここにきて、元日本企業三社、今は、台湾、中国、そして日本の三社になっているが、競争が激しくなってきているようだ。そのうちの二社の冷蔵庫に、関わっている。一社は冷蔵庫で関わっていないが、LEDランプで関わっている。

生産能力が一杯いっぱいになっている。中国から送られてくるはずの装置の納期が今月末ということだが、既に今月末である。音沙汰がない、中国から出たのか、まだなのか、今どこにあるのか、全く、案内がない。私は聞きもしない。金型を取り付けるヘッドプレートの図面を三か月前から、一か月半ほど前まで、繰り返し、要求したが、出てこない。今は、請求も無駄だと思って、請求していない、現物を見てから、金型の手配をすることにするしかない。押出機が入る時が分からない、その分からない押出機が入っても二週間以上は使えない。滑稽ですね。だから、新規の製品の開拓もできない。
  注文した本人、既に前金を払った本人は、私ではないが、そのご本人からも、何の案内もない。


タグ:Burung Binatan Hewan
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆何故でしょうね [思うこと]

 2689 ガソリンスタンド(ポンパ ベンシン Pompa Bensinドイツ語ですね)でガソリンを入れる量が、フル(満タン)という人は、全くと言っていいほどいない。それと、何リットルという人もほとんどいない。私もそうだが、金額を言う。残量を確認して、満タン近くまで何リットル入るか、その近くまで入る金額が幾らかを計算する。というより、目盛りがどこまで下がっていれば、10万Rp,15万Rp,20万Rpとわかるので、その金額を言う。日本でも同じことだ、何千円と言って、入れてもらう。お釣りを計算したり、もらったりする手間が省けるので、お互いに、その方が良いと思う。
ただし、インドネシア人は、満タン近くまで入れることはないので、現在1L=6550Rpだが、見ていると、バイクは1万Rp出す人が多い。車は5万Rp出す人が多い。価格は変動するが、よっぽどでない限りこの金額だ。満タン近く残っているから、タンクに、少ししか余裕がないからではない。よく言えば節約です。手持ちのお金が少ないからだと思う、空に近い状態になってから、少し、足すのです。だから、ガソリンスタンドに行く回数が多いのです。バイクのポンプには、長い行列ができていることが多いのです。

そして、レバランのムディックの時も同じこと、途中のガソリンスタンドでは、何列にも長い行列、一般道にも行列が伸びる。それは、それは、壮観です。よく揉め事が起きないなと思う。神聖なラマダーン、レバランです。喧嘩をしてはいけない期間です。サバール(我慢)です。
今日も、私が使っている車で会社訪問をした人がいた。出発前に、五分の一くらいしか残っていないタンクが
、満タン近くになる金額、15万Rpを渡して、多分、往復では、足りなくなるだろうから、行く途中で、ガソリンを入れなさいと、言っておいた。ところが、彼、帰ってきて、お金が余りましたと、10万Rp返してよこした。何故でしょうか、彼は、私が渡したお金全部を使って入れないと言ったとは思わなかったのです。ガソリンの価格を私が知らないで、往復に十分なガソリンを入れるのに、15万Rp必要だと思い、渡したと思ったのでした。そして、いつもの習性通りに5万Rpだけ入れたのでした。帰ってきた車のガソリンの目盛りは三分の一くらいになっていた。

フローレス島に二回行っている。最初は、三色火口湖のクリムトゥが主目的だったが、二回目は、二回目のコモド島も併せて行ったために、使う空港を変えた。行ってみて、話のタネにすることはお勧めしますが、一般の日本人が想像するより遥かに、地方の田舎です。ちょっとした部落と繋ぐ道以外はほとんどジャングルです。地理で習う、熱帯雨林です。旅の環境は厳しいと思う。かなりの冒険になると思う。道は酷いし、遠いし、どこへ連れていかれるのか分からないし、ということですが、私には、どうってことはない。素晴らしいですよ。日本では味わえない感動が有りました。
http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage029.html
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0313.html

http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage124.html
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage126.html
旅日記と写真集です。宿泊場所は、びっくりするほど不潔です。
IMG_2686.JPG交通の取り締まりもソロソロ車の方にも及んできます。警察のTHRテーハーエルTunjangan Hari Rayaレバラン手当を自分たちで稼ごうというわけです。先ほどは車も止めていた。
IMG_2681.JPG
家で駐車している私の車の横に毎朝、くつろいでいる?猫?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆気持ちの準備 [日常]

 2688 インドネシアに赴任した間もない方が気になることでしょう。
約、10日後ですね。間もなく、ラマダーン、プアサ、断食月になりますね。イスラム関連の年中行事は、西暦では、10日ずつ、早くなりますね。三年で一か月はやくなる。二十年、このイスラムに関わっているので、最初は、今年6月の7か月前、一月だった。赴任したばかりの年の暮れから翌年に掛けて、レバラン休暇がクリスマスと正月休みと重なったような記憶がある。
年々、プアサの期間中の賑やかさは、増している。日本人好みのマッサージやカラオケは営業ストップか、営業時間はかなり制限される。そして、既に始まっているのが、セックスコマーシャルの取り締まり、一斉手入れです。ジャカルタもそうだが、全国各地のそういった場所が、摘発されている。
14人の少年が一人の女の子に暴行し、殺して、放置したという事件が、三週間ほど前にあった。そんな波紋を呼んでいる。大統領も厳罰に処すとコメントを出している。最高刑を今より重くするとも言っている。この事件も、今のRAZIAに影響しているでしょう。多くの女性が検挙を、逮捕をまぬかれるために、逃げ回っている姿がテレビに映し出されている。

リッポチカランでは、ラマダーン、レバランに掛けて、カラオケ、マッサージは営業しない。40日間ほど、つらい人がいるかもしれない。自宅に来てもらう人が結構多いとか、ジャバベカはどうでしょうか、ブロックMと同じように時間短縮でやっているかもしれない。興味がある人は、くれぐれもご注意を。ジャボタベックの各、都市では、毎年、カラオケ、マッサージ、レストランの、最低、各一軒ずつが犠牲になっています。プアサに入る前に手入れがあるかもしれません。ビールの出し方もグラスでなく、すし屋で出すような日本茶用の大きな深い器に代わるそうですね。
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0101.html
IMG_2639.JPG
IMG_2641.JPG
タシクマラヤのバイパスを過ぎ、チレニに向かう途中の山岳地帯の難所を過ぎると、最後の難所に差し掛かる、急激な登りが二段、三段と続き、トラックは立ち往生する。そして今は、その道の手前で、一旦、ガルット方面に左折、二車線、三車線の新しい道に入る、直ぐ、バンドゥン方面は右折になる。上り下りと左右のくねりは、あるが、道が広いので、塞がれることはないし、一方通行なので、自分のペースで走ることができる。そして、元の3号線に戻ると、ウビの店が並ぶ。
IMG_2643.JPG
チレニの高速道路(バンドゥンのバイパス)入り口の手前に、ジャヤルタまでの距離が表示されている。こういう距離表示はインドネシアでは珍しい。ムラックというのは、ジャカルタを過ぎてずっと見紙に向かい、ジャワ島の西の端、スマトラに向かうフェリーが出る港町です。高速道路が繋がっている。バンドゥンからジャカルタまで170Kmということになる。高速鉄道は140Kmと言われている。その差は何でしょうか。くねくね曲がりの高速道路と、真っ直ぐが、多いという差でしょうか。それとも、三角形の二辺と一辺の差でしょうか、高速鉄道の駅が、ジャカルタは東端、バンドゥンは西端になるからでしょうか。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆火傷 [思うこと]

 2687 久しぶりに火傷をした。火遊びをしたわけではない。仕事をしたのです。何年ぶりの火傷でしょうか、自炊で熱いものを触って火傷することは、今でも、頻繁にあるし、年を取ってくると、何となく、その頻度が多くなっているような気がする。注意が散漫になるからでしょう。
仕事での火傷は、この仕事を始めてから、ずっと、現場の仕事なら、火傷は当たり前、火傷を怖がっている奴にはこの仕事はできない。私自身が、そう思ってやっていたし、部下、新入社員にも、指先の火傷については、勲章だと思え、仕事をこなしている証拠だと思え、火傷をしないやつは、仕事ができないやつだ。と、言ってきた。私は、樹脂を掴んで、引取機まで繋げることがうまくできない人はこの仕事には向かないと言ってきた。
平均200℃くらいの溶けた樹脂を指先でつまむんです。当たり前にそれをするのです。樹脂によって、同じ温度でも熱く感じるものとそれほどでもないもの、いろいろあるし、円錐状にきれいに伸びるものもあるし、伸びないものもある。樹脂によって、つまみ方、水を、ちょっと、つけてに冷やし方、いろいろ、考えながら、その樹脂に合った、つまみ方、引っ張り方がある。

三交代の当時や新製品に頻繁に挑戦していた時には、火傷が消えたことがなかった。水ぶくれになっていても、絆創膏や包帯で保護することはできなかった。そういうものを巻いても、繋げる作業はしにくいし、ぐしゃぐしゃになって、意味がなくなるから、そんなものはしない、だから、火傷の水ぶくれの上にまた火傷をし、二重三重に火傷をいていた。熱い、と、感じた時には火傷をしているので、感じる前に離さなければならないが、ちょっとでも、長くつかんだ方が、うまくつながるから、我慢をする。そういう火傷です。

HDPEパイプの製造がうまくできないという。吐出量が一定しないという。それでは、私が何とかしてみようということになって、やってみることにした。HDPEが一番難しい、溶融して出てきた樹脂を円錐状に伸ばすことができないので、指先で撮みながら、冷やしながら、何とか伸ばしながら、金型に通しながら、バキュームを掛けながら、水が前に被らないように、金型の入り口を樹脂で塞ぎながら、水槽の中を通しながら、引取機のベルトまで持ってゆく、その時に、ちょっと、無理に撮んだので、火傷をした。径5mmくらいの白い水ぶくれになった。懐かしい痛みである。別に、どうのこうのとするわけでもない、そのまま、その指は,その後の工程でも使うし、何度か、同じこともした。そして、何とか、皆さんに手本を示すことができた。吐出むらについては、原因がよくわからなかったが、取りあえず、先日、グロドックで買った。N6丸棒をホッパーに差し込んでおいた。
IMG_2672.JPG
吐出むらはない。何故、そうしたのですかと、聞かれた。おまじないだよ。インドネイア語でPesonaプソナ、と、答えた。そうしたら両腕を差し出し、両手の平を上に向けて、アーミンと言っていた。イスラムのお祈りのスタイルだ。私もアーミンといってやった。イスラムでプソナというのは、冗談のようなおまじないではなく、真剣なおまじないらしい。
IMG_2669.JPG
スマトラのシナブン火山の活動が収まらない、おとといは火砕流によって6人不明になったとか。
Erupsi噴火です。Debu bulkanik火山灰が噴火によって非常に厚くなっている。
IMG_2670.JPG
 ボックスのトラック、日本からのこういうトラックが溢れている。韓国や中国の中古トラックが全く入ってきていないのは何故でしょうか。日本語を消さないで走ることがちょっと自慢のように見える。

 共愛クリニックがRAZIAされましたね。よくわからないが、許可なし医療行為?(間違っていたらごめんなさい。)をしているということで、手入れを受けたのでしょうか。前にも、こんなことが有りましたね。
Razia Tenaga Medis Asing 外国人医療従事者 Ditemukan Sejumlah Obat-obatan Kedaluarsa 期限切れの薬が見つかった。
   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆病気が始まる [習慣]

 2686 客先から、軟質PVCのチューブで、粘り気のないチューブを作ってほしいと言われていた。軟質PVC製品は、製造直後、ペタペタ、くっ付く。暫くすると粘着力は弱くなってくるが、接触部分は既に、くっ付いてしまっている。非常に扱いにくい。きれいにそろえることができないし、巻くにしても、きれいに撒けないので、くにゃくにゃ曲がる癖が付いてしまう。ずっとずっと昔からそうだった。しかし、私自身が軟質PVCのチューブなんて作っても仕方がない、ただ、水に通せば、誰でもできるチューブだから、そんなものを作りたくない、値段の叩き合いに、首を突っ込みたくない、と、何十年も前から、そう思っていたので、 可塑剤のせいに決まっていることも当たり前に知っていたが、粘り気などは気にもしていなかった。
実際、そのことはお構いなしに至る所で使われているこのチューブ、柔らかさと価格の安さで、重宝されているのでしょう。Lengket Sticky 粘り気が気になってはいるが、それでも、使われているのです。しかし、可塑剤は使っていれば、次第に沁みだすように表面に付着してきて、粘り気はいつまで残るし、抜けてくるから、柔らかさも無くなってくる、いわゆる、劣化と言われる現象が進行する。曲げにくくなったり、ひびが入ったり、変色をしたり、見た目にも変質してきているなとわかる。
そんな原料と差別化するために、製造直後でもペタッとくっつかない、可塑剤を使うS-PVCがお目見えするようになり、インドネシアでも売られ始めている。ただし、硬度が若干、大きくなる、ちょっと硬めになる。それと、価格も高くなる。そんなことが理由で、なかなか、採用に至らないらしい。製品を薄くすれば、曲げ強度を同じにすることができるが、今までと同じサイズでないと、取り付け部分の金具などを新たにしなければならなくなる。

そこで、私は、チューブサイズを同じのまま、その原料を使って、価格も硬度も同じままできる方法を考えた。私が夏休みで日本に三週間ほどくつろいでいる最中に、そのサンプルが完成する予定で、今週中に、プロジェクトのスタートをする。
IMG_2663.JPG
ゴルフ場に向かっている?のではありません。ゴルフ場の周りにある高級住宅に向かっているのでもありません。BNIに寄ってから、安い家に帰るのです。帰り道の途中、ジャイヤンやファーマーズ マーケットなどのショッピングモールがあるので、一週間に一回は寄る。
IMG_2665.JPG
この先のロータリーまで、高速道路を降りてきてゴルフ場に向かう道です。私は4分の一周デスガ、ゴルフ場には四分の三周します。だから、私が家からゴルフ場に行くときには、このロータリーを半周することになります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆再び現実へ [情報]

 2685 零細企業のお金の管理者として、担当の女性と一緒に、体験も兼ねて、各種、支払いに行ってきた。昨日まで、何日間とは、非常に違う世界に戻ってしまった。電気代、水代、ATMで、そして、電話代は、アルファ マートで支払った。私の前の責任者は、車で往復30分以上かかるテレコムセルのオフィスまで払いに行っていて、私にもそこへ行くようにと、教えてくれていたが、私は、近くのどこのコンビニでも支払いができる事を知っていた。インドネシアには自動支払い、預金からの自動支払い制度がない。インターネットバンキングはあるが、自動ではない。ただし、いちいち、ATMや銀行に行かなくてもいいからそれでもいいと思う。聞いたら、申請をしていないという。先ほど、申請書類をビン行へ行ってもらってきた。出来るだけ早く申請しようと思う。しかし、実行できるのは申請を受理されてから後からだという。何故、今まで、申し込んでいなかったのか、不思議だ。インドネシア人がやらなくて、日本人がやろうとするのだから、変。

その銀行へ行ったときに、分厚くなっている関係書類のファイルを開きながら、ENDOTAは、短い間に次々と銀行担当者が替わるが、どうしたのですか、と、聞かれてしまった。そのファイル、変更の書類が沢山挟まっているので、分厚くなっている。苦笑いをしていた。

 中国系、韓国系の大企業で、こんな会社があるという。日本式の看板方式らしき制度を実施した。それは、いいのだが、指定された時に、納品に行っても、直ぐに受け取らず、二時間三時間待たされることは当たり前だという。悪くすると4時間以上待たされる。全ての納品者がそうなので、セキュリティーが、入場が指定時間通りかチェックし、受付時間の印を納品書に押すそうだ。だから、その時間に入っていなければならない。しかし、荷物を下す時間まで、じっと、待っていなければならない。その行列に並んでいなければならない。どうせ、遅くなるのだからと、遅く行っても、やっぱり待たされるし、指定時間に来なかったと、文句をつけられるという。
 こんな会社、困りますね、いやですね。あなたの会社はこんなことはないですよね。大企業だからといって、下請け泣かせのこんなのとをする会社は、やはり、商品の評判も良くならないですよ。競争相手は一杯あるのですから。日系企業の同じような業種での凋落ぶりを、見ていると、そんな会社も同じ運命ですよ。身勝手な手段をとる企業は、長持ちしない。
IMG_2612.JPG
IMG_2612-.JPG
田植えですね。苗代から苗を摘んでいますね。懐かしい風景ですね。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ニルワナから戻った [旅]

 2684 今朝6;30頃の西海岸、南北の海岸で、海は西側インド洋です。南方面はパンガンダラン半島(チャガール アラム)、北は、半島の肩です。その肩を西に向かうとグリーン キャニオンやバトゥ カラスなどです。どうですが、この人達、どこから湧き出てこの海岸に集まったのでしょうか。ライフガードの話では、4万人くらいだという。野球場やサッカー場に比べればたいしたことはないかもしれないが、とにかく、芋の子を洗うよう、という、表現では足りないくらい、私の視力ではどこまで向こうまで人がいるのか分からない。写真でも分からない。先日四連休は、こんなものではなかったという。 
http://otaenplaext.net/newpage22.html
IMG_2578.JPG
IMG_2579.JPG
特徴、1 海水着は一人もいない。2 90%以上の人は立って居る。3 子供とその保護者が水際に座ったり、ボディボードをもったりして、10mほど先まで、海水に浸かっている。50以上沖まで50cmくらいの深さだ。4 波の高さは、朝のうち1mくらい、午後になると2m近くなるので、その波を潜り抜けて沖まで泳いで行く人は一人もいない。沖へ泳いでゆく人も20年近く来ているが見たことがない。見たことがあるのは、私自身だけだった。サーファーはボードを持っていて沖へ行く。5 浮き輪を持ってくる人はいない。そのあたりに売っている店もない。昔、タイヤの貸浮き輪があったが、今は、貸しボディボードだ。6 そして、この人達、8時前に、海岸から消える。どこへ行くのでしょうか、変な乗り物に乗ったり、買い物をしたり、宿泊所でくつろぐのです。日帰りの人は,それだけで帰る。7 海岸に人が殆どいなくなると、貴金属など落とし物を探る人が活躍し始める。若者男子はサッカーを始める。8 17時ころ、テントレストランで夕食のためとサンセットを眺めに、大勢出てくるが、朝の半分ほどの人数だ。それでも、多い。
http://otaenplaext.net/newpage21.html

体中が痛む中、6時にチェックアウトで、西海岸のUMMIレストランへ朝食と別れの挨拶にゆく。昨日は、交代で一晩中、営業していたとか、UMMIさんもご主人も、今朝は、私を待っていてくれた。ハグをして、挨拶。海岸を少し確認し、写真を撮り、その間に、出来あがっていたミーゴレンとテンペ、アヤムゴレン付、でした。美味しい。
IMG_2586.JPG
この家族には、もう、19数年の付き合いで、かわるがわる、息子さんたちが私のガイドをしてくれている。日本語学校に通う資金を援助したり、この夫婦が病院の世話になるときにもお見舞金を出したり、家族11人、今は、彼らの孫も6人、全員が私とかかわりがある、只、その中の一人が、亡くなっているのは、残念。7時15分、再会を期し、ハグをして、サンパイ クテムでした。
途中、給油と眠気を覚ますためにテンパット イスティラハット(サービスエリアー)に合計10分ほど、エンジンを止めただけだった。順調に帰宅、14時前だった。7時間かからなかった。写真を撮るときには徐行しているので、ロスがあるが、田舎の道、まだ、パンガンダランから出発する車はごくわずか、前方に車が見えることはほとんどなかったので、自分のペースで運転ができた。
いつ最後になるかを、思うようになった。一応、次はレバラン休暇のうち二三日泊まろうかと思っている。ジャングルに入る体力がいつまであるか。片道8時間くらい運転をして、往復できるのは、いつまでか。孫といつか行ってみたいが、出来るだろうか。

“卬高(こうこう)のダブルスのパートナー、逝ってしまったとの報、南のニルワナで思う。ペースメーカーの友はいかにとも。”共に卓球に関わった同級生を思う。
ちなみにNirwana 天国 涅槃の意味  バリ島のゴルフ場や北ジャカルタの斎場の名前にもなっている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆空振り [行動]

 2683 昨夜の大雨、8時にチャガール アラムに入った。乾季になっていない様子。沢の水量は多い、分け入る道らしきところは、雨水で削られていて、場所によっては、深くなっていて、水が溜まっている、溜まっていなくても、つるつる滑る。何度転んだか。いい年をして、こんな切り傷や打撲を負っている自分が可笑しくなる。足はつって、歩かなくなるばかりでなく、しばらく、立って居られなくて、横向きになったじっとしていた。昨日のマッサージは何だっただろか、と、思いながら。今日も、頼んであったので、19時から、マッサージを受けた。結局、ラフレシアに会えなかった。蕾にも会えなかった。会ったのは、真っ黒になって、腐って、いるものだけだった。訪れる回数も減っているが、一年以上,会っていない。次は7月のレバラン休暇のうちの二三日に来てみたい。雨が降り続いているのも、ブンガ バンカイが発生しない原因になっていると思う。雨に弱い、腐りやすい。
IMG_2561.JPG
昼食の後、車でなくベチャで、いつも行っているパサール パンガンダランになかのヘアーサロンでカットとカラーリングをしてきた。ここは9万Rp。丁寧にやってくれる。前の散髪から一か月以上過ぎていれば、ここに寄ることにしている。

ホテルに帰る途中、ビンタンやアンカービールが入っているプラスチックコンテナーが山積みになっている店があった。いつも、車で道の両側に何の店があるかなどと気にしていないので、知らなかった。今回は、アラックを日本人の友人の為に、土産として、買おうと思っていて、何人かに、どこで売っているか、聞いていた。コンビニで売っているよ、とか、パンガンダランのエリアの外にあるよとか、言ってくれる人もいたが、実のところ、知っていないと感じた。自分で探すしかないと思っていたが、偶然、それらしき店を見つけた。アラックは置いてあるかと、聞いたら、店のご主人、何か、喜んでいるように、すぐに、奥の方から、二種類のビンをもってきた。見覚えのあるラベルだ。オラントゥアという銘柄で、町の道のわきに。その看板を見かけることがあった。一種の養命酒のようなものだと思っていたが、はっきり、アラック ブラスと書いてある。コメの酒である。
IMG_2571.JPG
アルコールは15%と19、7%と書いてある。日本酒と変わらないと思う。値段は、620mlで7万Rp。日本の日本酒より高いが、インドネシアの日本酒は日本の10倍するから、こちらの方が、遥かに安い。ちなみに、アラック バリは、45%アルコールで、25万Rpで、15%に薄めても8万Rpなので、こちらの方が安い。私は飲まないから、味のことは分からな。

パンガンダランにアルコール飲料の卸売り店があるくらいだから、ブカシやジャカルタには沢山あるのではないかと思う。酒好きの人は、滅茶苦茶高い日本酒に拘らないで、こういうインドネシアの酒を探したらいいと思う。運転手が知っているのではないか。日本食レストランや韓国レストランはインドネシアの酒を出さないのでしょうか。同じエチルアルコールでしょ。

体中が痛い、疲れというより痛い。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆天国に再び [行動]

 2682 ゴルフを止めて、久しぶりに、南のインド洋、パンガンダラン竜宮城に来ている。6;30出発、13;30に到着、ホテルはパモルディアン、一泊35万Rp,前回より5万Rp値上げをのんだ。AC、お湯シャワーで私としては、この上なく満足。定宿である。東海岸パンタイ ティムールである、サンライズがヌサカンバンガン方向、部屋の前から望める。

 新車アバンザは快適だ。道中、マチェッMacet渋滞は、カラワン ティムールの出口手前2Kmから、そこを通り過ぎるまでだった。多分2~30分のロスだったと思う。そこから出ようとする車が本線一車線と路肩を2Km手前くらいから塞いでいたからだ。
IMG_2394.JPG
 これは、渋滞が消えた状態だが、2kmの行列の後ろにつかないで、ここまで来た車が、割り込もうとしている、だから、渋滞の原因になる。それにしても、7時半前のこの状態、多分、後ろに着いた車は、料金を払うまでに一時間近く掛かるのではないかと思う。スルヤチプタとミトラカラワンなどの工業団地がある。

 運動靴をパサール パンガンダランで買った。4年ほど使っていた運動靴の底が大分薄くなって、クッションがきかなくなってきたので、新しいものがほしくなった。そして、なぜ、パンガンダランかというと、むちゃくちゃ安いからだ。買った靴は119900Rpの値札がついているが、ディスコンで、11万Rpでいいというが、12万Rp払った。千円くらいですね。同じものをチカランで買えば50万Rpはする。
IMG_2498-.JPG
 金曜日というのに、かなりの人出があった。西海岸パンタイ バラッのウミUmmiさんのテントレストランへ行って、そこで夕食にミールブスにアヤムゴレンをつけて食べた。2万Rp、安いでしょ。私は5万Rpを置いて、明日の夕食分も払っておいた。そこで、ラシッド君が、私が来ていることを聞いて、やってきて、明日のガイドを頼んだ。一時間ばかり、海岸をぶらぶらし、サンセットと逆光の水遊びの人たちの写真を撮った。
IMG_2505.JPG
半島のパシール プティー前の浅瀬に乗り上げて傾いている大型漁船を見て、そのあたりの人に聞いたところ、密漁船だという。銃撃戦の末、サンゴ礁に乗り上げたという。スシ大臣のお膝元のパンガンダランの沖で、銃撃戦とは、象徴的な事件だったのだと思う。この船、彼女、得意の爆破で、沈めてしまうのではないと噂されている。

 より7時にマッサージのイナさんに来てもらう。パサール パリウィサタに住んでいる。旦那がバイクで送ってきて、二時間後に迎えに来る。二時間、みっちり、もんでくれるが、そのうちの一時間は、痛くてたまらなくて、体が自然に捻じれてしまう。特にフクラハギは、涙がにじむくらいだ、痛いと叫びたくなるがじっと我慢、最後に両肩をぐっと何度も押して終わり。どこも、痛くならない、特に悪いところはないが、疲れが取れたような気がする。10万Rpでいいのだが、20万Rp渡す。これも、チカラン辺りに比べれば、三分の一ではないかと思う。もっとも、ここ、何年もチカラン、ジャバベカ辺りでマッサージを受けたことはない。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆蚊を締め出す [習慣]

 2681 空気が出入りする場所全てが蚊の進入場所です。流しや洗面所、シャワーやバスタブなどの排水口、換気扇や窓、ドアーの隙間は、彼らは自由に出入りします。デング フィーバー(ドゥマン ブルダラー)やマラリヤは日常的にある病気です。そして、インドネシアのいたるところに、蚊はいます。どこでも、かしこでもです。都会の高級マンション、高層マンション、アパート、ホテル至る所にです。地上一二階の建物なら、うじゃうじゃ出てきます。時には、部屋の黒い物の上を雲霞のごとく、日本の夏に誘蛾灯に集まる虫のように、蚊が渦を巻いています。実に壮観です。そこに、スプレー式のアンチ ニャムック(殺蚊剤)を吹きかけると、一応、一網打尽に落とせます。一応です。暫くすると、その匂いが残っていても、また、集合してきます。ということは、その匂いは、多分、彼らにとっては、危険を感じるどころか、いい匂いなのではないかと思う。だから、私は、スプレーで、いろいろな匂いがある殺蚊剤、人によっても、別に嫌いじゃないという人もいるくらいで、芳香剤と同じように感じている人もいる。蚊にとってもそんなものでしょう。だから、これは、今は、全く使わない。

 デング熱やマラリヤは心配していないが、睡眠を邪魔されることが困る。そこで、蚊を部屋に入れないようにするにはどうしたらいいかと考えた。頭に書いた、とにかく、全ての穴を塞ぐことにした。排水口も塞ぎ、排水するときだけ開けるようにした。水を流していれば、蚊は上ってこないでしょう。ドアーの隙間、窓の隙間には、テープを張って隙間を塞いだ。常時、開け閉めする場所には、広幅のテープの半分をドアーに貼って、半分は隙間を塞ぐ効果があるようにした。
 
それでも、ドアーや窓を開けた瞬間に、目にもとまらぬ速さで入ってくるのでしょう。完全には、進入を防ぐことはできないと思う。

そこで、やはり、彼らが、気に入らない匂いを出すものが必要だ。先ず、香取線香、いろいろな種類の蚊取り線香がある、コンビニに売っている全てを、それぞれ、何日か、家の中の広さが、50㎡くらいある。そこに三か所、つけてみた。全て、効果がなかった。煙、におい、どちらも、嫌いではないようだし、殺す効果もなかった。蚊取り線香の効果を疑う。人間が煙で不愉快になるだけで、蚊にとっては、どうでもいいという感じ。
IMG_2385.JPG
蚊取マット?というのでしょうか。これを、蚊取り線香と同じように三か所、話して、置いてみた。朝、出勤するときに、つけて、帰って来た時に、交換した。一日6枚である。これは、効果があった。初めて三日後から、蚊が部屋に居なくなった。それから、10日間ほど後の間に、一匹、二匹が、カマール マンディ(トイレ、シャワー)いた程度だった。寝ている場所には、来ることはなくなった。その後、ずっと、毎日、そうしている。匂いは、取り替えた時、しばらく、感じるが、嫌な臭いではない、この匂いが、効果があると思うと、心地よく感じるときもある。スプレーや蚊取り線香の匂いは、不快だ。

とにかく、蚊は、一年中です。乾季に少なく、雨季に多いということを言われているが、雨季の方が水溜りが多いからそう思われているのだろうが、多い中のちょっと少ない程度の乾季でも、多いことは多い。
日本の夏と比べられないほど多いし、例のデング熱の蚊、黒い体に白い模様があるヒトスジシマカとちょっと赤っぽいネッタイシマカと言われていて、昼の外での蚊にご用心ですね。既に書いたと思うが、ゴルフで刺されないようにしましょう。チカンペックには、シマカが沢山います。家の中の蚊は、大丈夫です。

旅に出るときも、蚊取マットは持ってゆく。旅先にコンビニがあるとは限らない。
 私の感想ですから、人によって、環境によって、変わるでしょう。
IMG_2385-.JPG
相変わらず、厳しい検問が実施されている。ハラパン クルアルガ病院の四差路だ。中央を走っているバイクも、車を遮って、呼び止められるので、渋滞が長くなっている。バイクだけの取り締まりだ。
  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆真似のおすすめ [情報]

 2680 安い?高い?どちらを選ぶ?グロドックへいって買い物をする。インドネイア製、中国製?時にはアメリカ製?ドイツ製?そして日本製?どれにする?と、聞かれる商品が沢山ある。私は、日本製を最初から指定する、なければ、仕方がないから、他の国製でも買うことにする。インドネシア製と日本製では1;3くらいが標準でしょう。やはり、持ちが違う、使い勝手が違う、安心度が違う。インドネシア製を買っても、早く壊れる。高い物を買う。

しかし、私生活に関しては、インドネシア人である。先日、12,5万Rpの定食をMM2100のルコのレストランで食べてしまった。後悔している。今日の昼食はカキリマのミールブス、0,8万Rp、日本のインスタントラーメンより安い、美味しい、私に合っている。量もちょうどいい。
IMG_2376.JPG
現地採用ではなく、日本から派遣されている日本人がどんな生活をしていると思いますか。一般論です。給料、ピンキリですが、現地手取り給料平均20万円、家賃15万円、運転手給料7万円、車のレンタル代4万円、お手伝いさん2万円、それに、諸手続き、月平均5万円、プライベート、日本など海外往復会社負担月平均5万円、経費で落とすゴルフや飲食、カラオケなど交際費は?万円、おそらく、日本でも給料が入ると思う、それが20万円どうですか、一般に、日本人一人に、付き100万円かかるという。現地給料が100万円で、家賃30万円に住んでいる人を何人か知っている。日系企業のサラリーマン社長です。決して、大企業ではありません。そして、赤字の会社です。何年勤務が続くのでしょうか、数年で交代だろうと思う。

私はどうでしょうか、給料一応20ジュタ 車 多分 3ジュタ ビザなどの費用月平均にしたら3ジュタ。会社が私に使っている金額はこれだけです。20万円くらい。ゴルフはずっと昔に自分で会員になっているし、酒は飲まないし、マッサージやカラオケにも、とんと、行かないし、運転はずっと、自分だし、お手伝いさんは使っていないし、出費は毎週のゴルフ代チップ代、食事で月6ジュタくらい、土日以外の飲食事代、自炊、外食、月4ジュタ、他に買うものはない。10ジュタ近く余る。生活費、他人への差し入れやガソリン代、それでも、月5ジュタは余る。旅の費用にする。どうですか、これで、結構、快適です。自分に合った生活で満足している。ほかの人ができないことをしている。
IMG_2370.JPG
そして、そんな私が、インドネシアで誰も作ったことがない、PCの二色パイプを。光拡散剤入りの特殊グレードで作った。どうですか。アルミハウジングが高いから、出来るだけ小さくする代わりに、PCの二色パイプにするのだそうだ。これで、日系企業?今、台湾企業?へ、少しでも役に立てればいいと思うし、私の従業員にTHRTunjangan Hari Rayaやレバランの食事会やスンバコの配布金額にちょっとでもプラスになればいいと思う。

会社から給料をもらわなくても、十分、多くの日本人がしているような生活ができる蓄えは持っているから、20ジュタの給料でも20万円のアパートに住もうと思えば住めるし、運転手を使いたければ、自分で雇うこともできる、お手伝いさんにいてもらった方が良いなら、雇うこともできる。日本食レストランで毎日、食事をしたいなら、それも、自腹でできる。

そのうえ、会社にちょっとした金額を貸している。返してもらった方が良いが、返してもらわなくてもいいと思っている。他に、日本人に貸しているお金は、普通の人では、半端ではないと思うが、貸している本人に返済の能力が無いようなので、返して、と、言うのは止めている。

こんな生活の私ですが、庶民的と言えるでしょうか、旅やゴルフをしなければ、インドネシアの中間層より、生活水準は低いと思っている。それができる事に、快感。真似できないでしょう。真似したいと思う人もいないでしょう。真似をしてきませんか、ね。貧乏 金持ち まあまあ
IMG_2363.JPG
一昨日、グロドックで、つい手が出て買ってしまった6ナイロン丸棒、30と20φである。

EJIP,元SANYO(サンヨー)今HAIER(ハイアール)だが、冷蔵庫はAQUA JEPAN(アクア ジェパン)ブランドで大掛かりな宣伝が始まった。サンヨージャパンのテクニックとうたっている。OVJ(オペラ バン ジャワ)のアンドレーという人気タレントがメインのコマーシャルが流れ始めた。私が、トリムと軟質、硬質PVC二色成型の製品ガスケットで、少しお手伝いをしている。パナソニックとシャープを追いかけ始めた。今やジャパンを強調する意味はないと思うが。白物に関しては、高いというイメージが先行し、品質は日本製意外と変わらないと思われている。

インドネシアのことをもっと知りたければ http://otaenplaext.net/newpage0.htmlこちら。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆評価待ち [情報]

 2679 金曜日から、試作を続けた製品のサンプルを届けた。いくつかの色違いを作ってどの色が良いのか、光の透過度はどうなのか、評価を待つことになった。製品としては、私の手から離れることになった。担当者同士が、検査項目や公差や限度見本などについて、金曜日に話しをしてもらうこととした。今月末には量産になる予定だ。それまでに、スタンダード ブックルジャやフローチャートなど、お決まりのドキュメンを整えなければならない。これも、直接、私がかかわる必要はないと思う。
IMG_2353.JPG
よく降りますね、乾季というのに、今日のスコールがすごかった。たちまちのうちに、水が道路にあふれ出し、バイクが動けなくなっていた。工業団地内も、床下浸水の工場が何か所かあったようだ。
IMG_2345.JPG
ジャバベカ2に入って、ロータリーを直進したところに、スカルノハッタ空港直行バスの発着場があった。タクシーを使わなくても、ここから、バスに乗れば空港へ行けるわけだが、まだ、利用したことがない。今度、時間を確認しようと思う。安いに決まっている。時々、ここを通るが、いつも、二台駐車している。空港に向かう雰囲気の人がこの辺りにいるのを見たことがない。

単なるPPの入手がこんなに困難になってしまっていいのだろうか。生産をストップしてしまっているというから、入らない。使っている会社を何か所かしっているので、全てに、少しくらい分けてほしいと、頼んでみたが、全て、断られた。一か所だけ、客先が何トンか保有していて、原料がなくなれば、その会社に納品ができなくなると、話したところ、1トン出しましょうという。しかし、見積もりを見てびっくり、ふっかけてきた。わたしたちが。今。買っている金額が1.35US$だが見積もりは1.9US$と来た。完全に足元を見ている。また、似たような原料、物性が近い原料の価格を当たってみているが、これらも、1.8US$、価格が港としてしまっている。原油価格が安くなっているのだから、順調に製造できていれば、かなり、安くなっているはずだが、8月になれば、製造再開と聞いている。それまで、どうすればいいのでしょうか。困ったものだ。
  

タグ:評価 困難 提出
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆再びグロドック [インドネシア]

 2678 Glodokご存知ですか。製造業をしている或いは、何やら装置や道具を売ったり買ったりする人、必ず、ここを、知っていなければなりません。日本でいうホームセンターのようなものは、中都市なら、必ずあります。カワンラマとかエースがジャボタベック辺りでは代表的です。大概の工具や装置はここで手に入るか、店頭になくても、在庫があれば二三日内に届けてくれます。

しかし、どうしてもそれらの店にない物は、グロドックへ行って探すしかない。ここのは、どんなものでもあると言っていいでしょう。各国のカタログやパンフレットがあって、それに乗っている品物は、90%以上ある。今回、私が、どうしても手に入れたかったものは、LPGボンベ直結のバーナーをほしかった。インドネシアでは、絶対手に入れにくいと思って、インドネシアに赴任した20年前も、そうだったが、押出成形ラインと共にバーナーも押出機の隙間に入れて持ってきた。他社で技術指導することになった時も、日本から他の装置と共に輸入した。しかし、今回、今の会社では、装置を輸入しないで、インドネシア他社から買ったもので、そのバーナーも一緒に買ったのだが、使いかたが不適切で、壊れてしまっていた。これ場ないと、金型についている樹脂を撮るのが面倒になる。なんとか、しようと、聞いて回ったし、日本のメーカーにも聞いてみた。代理店はないし、輸出もしないと言われた。

仕方がないから、グロドック、先日、連休の時に,行ってみたが見事にクローズ、どうにもならなかった。しかし、どうしても、手に入れなければならない、大渋滞を覚悟で、10時に会社から出た。案の定。渋滞、チャワンの手前から大渋滞、10車線以上が4車線に絞られる。そのうえ、アンチョール方面からか、スマンギからか判断しなければならない。結局、アンチュール経由にした。

グロドックに到着し、写真を見せながら、こんなバーナーを探している。どこかで見たことはないか、と、聞きまくる。30分以上、尋ねまわったが、見つけられなかった。これも、仕方がないから、ダメもとだと思って。DEPOという、ホームセンターのようなところにはいって、聞いた。
IMG_2286-.JPG
有るよ!日本製だが良いか、という言いながら、カタログを近くの棚から取り出し、ぱらぱらと開いた。これでしょ、という。その通り、在庫は?先端の径が40φのものがあった。やった!!!工事用バーナーと日本語で書いてあった。千代田精機NAGATA KOBEでした。それを買って、LPG用の耐圧ホースとガスボンベ繋ぐ、バルブの店を探した。これは、何回か聞いただけで、見つかった。その店の人、全てのジョイトをしてくれて、持って帰れば、ボンベに繋ぐだけで使えるようにしてくれた。要するに日本国内で売っているような、トリガータイプガスバーナー状態にしてくれたのでした。合計金額2ジュタ(約1万6千円)。16時過ぎに会社に戻って、早速、使ってみた。OKだった。昨日、おとといの疲れが取れていない中、大渋滞で競り合いながら、買ってきたバーナー、他の人には、私の心境は分からないでしょう。インドネシア人の親切にも十分触れた。

試作の続き、夜19時にやっと、満足できる製品ができた。色の変化とルックスの調整しながら、三種類のサンプルを作った。これは、インドネシア第一号です。21時に終了した。やれやれである。従業員のやる気がかなり、私の手助けになった。彼らが、私の言うとおりの準備をしてくれてあったし、私の考え通りに作業をしてくれた。成長を感じて、製品が出来あがったことより、こちらの方がうれしい。
IMG_2291.JPG
IMG_2288.JPG
ホースやジョイントをセットする時間が30分ほど必要というので、そこを離れて、別館の6階?のレストランへ行って。ソプ イガを食べた。250円くらいと、安!! 美味しいバンガッBangat

6ナイロン丸棒30φと20φを1mずつ買った。ABSやPOMやPAプレートや丸棒もここで売っている。私が22歳の時に作っていた代物で、見ると懐かしい。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆無理がきかない [行動]

 2677 昨日も21時ころまで試作をした、今日も14時から夜20時ころまでやったが、満足できるものができなかった。歯がゆい。根本的に考え方を変えて、金型を作り替えるという、時間的余裕がない。今の金型、今の方法で、何とか、格好をつけなければならない。機械がいうことをきかない。こんな壁に当たったのも久しぶりだ。精神的にきつい。
IMG_2247 (2).JPG
IMG_2249.JPG
朝7時から、いつものようにゴルフ、乾季にもかかわらず、夕方にはスコールがあるが、昼間の気候は完全に乾季だ。暑い。風が少しでもあれば、日蔭は涼しいが、日向は、じりじりと暑い。傘を差しても暑さは柔らがない。青い空も白い雲も乾季そのものだ。プレー中、600mlのポカリを三本飲み干してもトイレに行かない。全て、汗で出てしまう。だから、二日目の後半は、ばててしまい、いい加減なゴルフで、早く、終わりたいと、思うばかりだ。そんなゴルフが終わって、昼食後、出勤、試作。やっぱり、うまく、行くわけがない。

帰って、疲れで、朝まで寝てしまった。こんなことは珍しい。年齢を感じる。

タンゲランからジャカルタに向かう高速道路で上をまたぐ陸橋道路に大型クレーン車が引っかかって、横向きに道路、ほぼ、全部を塞いでしまった。インドネシアでは、高速道路に進入禁止、通行止めになることはまれだ。どんな事故があっても、一車線でも、すぐに、邪魔を排除して通す。当然、大渋滞になるが、通行止めにはしない。救急車の到着などを考えれば、路肩の一般車は直ぐに、走ることを禁止しなければならないと思うが、それもしない。15日の朝も通行止めになっているので、何十万に単位で出勤できない人がいると思う。テレビでキャスターが笑いながら、今日は休むしかないねと言っていた。


タグ:試作 疲れ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆滑稽 [変!]

 2676 3イン1を廃止するのだそうですね。理由が、3イン1を廃止しても渋滞は緩和しないから。だそうですね。何か、変だとは思いませんか。渋滞を緩和するために、規制時間に規制道路を通過しようとする車を少なくするのが目的だったと思う。納得ですね。そして、結果、効果が有ったはずですね。それを、元の3イン1出ない状態にすれば、渋滞が増えるに決まっていますよね。3イン1の時より渋滞が緩和するわけがない。その通り、渋滞が緩和しなかったどこら、渋滞が酷くなった。当たり前ですよね。渋滞緩和に効果がなかったから、3イン1は続けるならわかるが、3イン1は廃止する。どう考えても変ですね。

3イン1の制度を作った当時より、車やバイクの数は劇的に増えているのですから、その制度の効果が薄れるのは確かだが、3イン1が渋滞を大きくする原因ではないのに、廃止してみて、渋滞緩和の効果があるか検証する、そして、一週間でははっきりしないので、一か月にした。そして、効果がないことが分かった。この流れも不自然ですね。効果がないこと確認するために、一か月に伸ばす?一週間もやらなくても、分かりかり切ったことでしょう。

ジョッキーが乗り込むから、3イン1の意味が薄れる。それもそうだが、それは、制度の問題ではなくて、モラルとか法律とか取り締まりの問題でしょ。

試作で夜9時過ぎまで会社にいた。うまくいかなかった。残念、明日、また、挑戦する。どうしてくれようか、今も考えている。明日は、徹夜してでも成功させなければならない。
IMG_2166.JPG
IMG_2169.JPG
IMG_2171.JPG
滑稽と言えば、インドネシアの故障車とゴミの山とカマール マンディです・カリマラン川沿いのJl、KALIMARAN トラックの故障、片側を塞いでいるので大渋滞、故障車は葉っぱをくっ付けるのが礼儀。川沿いには、今でも、たくさんのトイレ兼水浴場がある。いわゆる、カマール マンディですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆苦肉の策 [行動]

 2675 シンガポールのメーカーのトラブルで原料の生産がストップしていて、増量の受注はできないと言われて、約、二か月過ぎる、8月には生産再開の見通しだというが、この会社での使用量が増えているが、増えた分の原料の購入ができないでいる。大量に使っている会社に、少しでもいいから分けてほしいと頼んでいるが、いい返事がない。代替えとして、似たような原料の手配も商社に頼んでいるが、対応がいい加減というか、知らん顔というか、真面目に考えてくれていない。迷惑そうだ。

そこで、何社かに、その原料でなくてもいいから、似たような原料で、長期在庫(デッド ストック)になってしまっている原料で、捨てるしかない原料はないか、聞きまくってみた。あった。そして、処分寸前の原料200Kgを拾いに行ってきた。メーカーは、ライセンスの関係で、製品を売れるが、原料を売ることはできない、バージンであっても、長期在庫で使うあてがなくなった原料は、捨てるしかないのです。大体、そういう原料は、スクラップ屋が持って行って、結局、どこかに売ることにある。スクラップ屋は、そういう、掘り出し物を待っているのです。

私がスクラップ屋の行動をするのです。借りるという名目でスラット ジャランを書いてもらうのです。そして、何とか、原料を間に合わせるのです。これで、トライを済ませた。使えるので、また、捨ててもらって、拾って来ようと思う。
IMG_2213.JPG
東芝やパナソニックの撤退で、下請けの射出成型会社は、軒並み、使わなくなってしまった原料在庫が多くなるはずです。困ったものですね。私の会社は、射出の原料を拾ってきても使い道がないのが残念。

今日の話、MM2100へ丁度、昼食時に行ったので、本当に久しぶりに、ルコの中に二軒ある日本食レストランの一軒に入ってしまった。13時20分くらいで、のれんを下すちょっと前に滑り込んだ。メニューを見たとたんに、滑り込まなければよかったとも思った。値段を見てびっくり、以前、入ったことがあるのは、もう7,8年前だったと思う。そのときは、定食が、税込みで5万Rpだった、当時のレートで、500円位だった。5万Rp札一枚持ってゆけばよかったので、入りやすかった。それでも、すぐ隣に、今、そのレストランになっている場所にインネシア料理屋があって、私は、そっちの方が、よく行っていた。2万Rpちょっとで、満腹になった。
そして、今日、ちらっと見て、平均9万Rpだった、今のレートで、700円以上する。サーモンフライ定食だったが、おいしいとは思わなかったし、餃子が三個添えられていたが、美味しくなかった。そして、メニューの価格はサービス、税抜きなので、私が払った金額は12万5千Rpでした。千円である。入ってしまったことを、非常に後悔した。暫く、当分、会社の前に来るカキリマの8千Rpのミールブスで過ごすしかない。
同時に、私以外の日本人は、当たり前の価格として、食べているのだから、異常と感じる。そのレストランがその価格でやっているということは、多分、MM2100の中では、一番安いレストランだと思うから、他の3,4軒の価格は、これよりも、かなり高いはず。それでも、聞くところによると、ちょっと遅くゆくと座れなくて、行列になるのだそうだ。日本人は金持ちですね。私は例外ですね。
IMG_2216.JPG
目的の会社に入る前に通ったインドネシアローカル屋台村、私が一番、利用していた場所です。今日も、ここにすればよかったと思いながら通過した。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆客先開拓 [行動]

 2674 この会社が開業した1年半前ほどに、ある会社からパイプの製造依頼があった。初代の責任者がその仕事を受けた。そのとき、私は、手続きの遅れで、仕事ができないどころか、インドネシアにも短期の滞在でしかいることができなかった。それは、責任者の申請が,わざとかと思うほど、遅れ遅れで、エージェントも、必要書類が、出てこないから、申請が進まない、と、私に言ってきていたくらいだった。そんな、責任者名で、押出の技術についてはほとんど素人、試作の依頼があって、金型を註文しなければならないのに、それも、なかなかできない、金型が出来ても、満足に試作もできない。客先の日本人が、インネシア人同士の話に任せておくことができなくなり、文句を言いに、乗り込んできた。そのとき、私は、やっと、仕事をする状態になったばかりだった。状況が分からなかったが、やはり、ここの責任者がいい加減な返事をしているばかりで、一向に、製品の形になっていないことがわかった。そして、稼働できるラインも、故障が多く、満足に、運転できていなかった。

私は、先方の日本人に、この話は,内の今の状態では、希望にこたえることはできない、体制も装置も整っていないし、担当者の対応も嘘が多かった。大変、申し訳ありませんが、この話は、この会社の体制が整うまで,いったん、無かったことにしていただけませんか、現状では期待を裏切るばかりだと思いますと、そして、一年後には、必ず、私の方から、その仕事の受注をお願いに伺わせていただきます。その時に、よろしかったら、その製品の全体の様子を聞かせてください。と、お願いしてあった。

そして、今日、その会社に挨拶に行ってきた。受け入れ体制が万全になったと判断したからでした。現在、注文している会社の品質が安定していないこと、価格も、高いと思っている。ということで、私に手伝ってほしいということでした。実は、1996年、私が赴任し、準備ができた1997年中頃、この会社がPPのパイプを作る会社を探しているという話が原料商社から漏れてきた。早速、様子を聞きに行ってみると、既に、ある会社に試作の依頼をしているので、また、何か、他の押出製品が有ったら、声をかけるということで、体よく断られていたのでした。私が赴任してきた時に、日系の押出成形会社二社、既に、出てきて、操業を開始していたのでした。その内の一社で、今でも、その会社でその製品は作り続けているのです。

14日にインドネシアに戻って、次の日15日(金)にサクラへ行って、パスポートを渡してきた。ところが、会社からの書類が届いていないので、イミグラシにキタスの申請がすぐには出来ないと言われ、その書類の請求をするので、それを待って、申請すると言われた。また、ここで、無意味な時間が過ぎてしまう。20日に会社からの各種申請書類が届けられた。そして、26日にイミグラシへ行くことができた。そして、5月2日パスポートとキタスを受け取ってきた。5月3日銀行サインの登録をした。私のサインで、会社の財産をすべて動かせるようになったと言いたいところだったが、これも、いったい何をしているのか、一向に進まない。だから、ダイレクターになっているが、お金の管理をすることができないでいる。5月9日、ついにというか、やっと、私に、預金通帳が渡された。しかし、これも、手落ちがあって、私が必ず銀行に行って手続きをしなければならない状態で、サインを私がして、代理の人がその書類を持って行っても、無効だという。仕方がないから、今日、初めて、取引銀行に行って直接送金の手続きをした。
もう一つ、運転免許のこと、なんだかんだ、これも、やっと、その日に書いたように5月10日に手に入れた。そして、今日、ついに、ダイレクターとしての仕事ができるように全てが整った。前のビザが切れて、ダイレクターとしての手続きが始まったのが、2月中旬でした。それから、何と3か月も掛かった。その間の、待ちだけの無意味な日が一か月以上もあった。

この種の二色成型パイプは、インドネシア以外の国の多くで作られているでしょう。日本でも、当然、作られている。私の想像では、こういう製品を作る装置の費用は、押出機から自動カッターまでの製造ライン一式を装置メーカーから買うとしたら、その価格は2000万円くらいになるでしょう。溶融金型と冷却金型だけでも100万円以上になると思う。しかし、私なら、インドネシアで30万円かならないでできる。小さい金型で作るので、材料費も加工費もそう高くはない。金型一式納期は10日ほどである。
IMG_2207.JPG
チカランバラットからMM2100まで30分かかった。通常は5分だ。前も後ろもこんな状態の中、路肩だけを走っての話だ。
IMG_2211.JPG
帰り、MM2100から出て、この陸橋を越えて、チカランバラット方面に向かう。そこからのジャカルタ方面大渋滞、先ほど、この路肩を通って来たのでした。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆偽装問題 [勘違い]

 2673 データ不正操作、一種の偽装ですね。三菱自動車、とんでもないことになっていますね。どうなってしまうことでしょうか。天下の三菱もか、弥太郎さんが嘆くでしょうね。
 
偽装と言えが、言えるかもしれないが、私もいろいろなことをやってきた。混ぜ物のことだ。指定された原料やその原料しかなくて、物性が成形に適していない場合に、何かの混ぜ物をして、成型ができるようにする。他人ができない、他社では手に負えない樹脂でも、私なら、出来るというところの理由がそこにあったと思う。作りにくい原料なら、それなりの装置や金型を作り、成型条件、温度や速度など、適性を見つけ出す。それでも、出来ないときには、ほかの原料を使うことはないが、同じ原料でもメーカーが違うとか、グレードが違うものを混ぜることによって、正解しやすくする。滑材や硬化剤を混ぜたりもしてきた。私は、これら原料のことを公表しないし、成型法に関しても特許を申請するようなことはしなかった。

理由は、真似されても、それを、指摘することができないからである。いわゆる、ノウハウだと思っている。秘密事項だと思っている。

こんなことがあった。同じ会社の人で、私がその会社を辞めた後、その混ぜ物について、偽装原料を使っていると指摘し、私がやっていたことを、鬼の首を取ったように、私が悪だとあいて、混ぜ物止めさせた人がいた。現場の私の元部下は、混ぜ物を止めたら、出来ないことが分かっている。それでも、新上司がそういうので、試して見せた。出来なかった。新上司は押出の素人、自分で手を下してやってみることができない。結局、製品ができなくなり、二年以上、納品し、何の問題もなく、先方は満足していた製品の納入が止まってしまったことにびっくり仰天、そして、元々、他社で出来なかったものだから、他社から購入することもできない。新上司、私がノウハウだと思っていることを、混ぜ物は一種類、何%と、客先に打ち明けた。そして、客先は当然、問題ないのでそのままの状態で納品を継続してほしいということになった。
本当は、私の部下たちは、新上司に嘘を言っていた。その混ぜ物だけではなく、もう一種類、混ぜていたことを伝えなかった。知らぬが仏で、ノウハウの全貌は明かさなかった。その後、10年以上その製品は続いているが、全く問題なく、順調に生産、納品、使用されている。

この話に、おまけがある。本社のインドネシア工場担当取締役が、ここの製品はメイドインジャパンとしている。インドネシア産ということは公表しない。だから、カートンボックスの文字や記号は、日本で印刷したように気を付けること、ボールペンやマジックで文字を書き込む場合は、日本人が見本を書き、その通りのスタイルで書くように徹底させた。梱包場所や検査の場所には、大きな文字で、平仮名やカタカナ、アルファベットの活字書きの見本が掲げられていて、そのように書くように練習もさせた。また、植物や昆虫など小さい生き物が紛れ込まないように注意もさせた。
結局、このことは、明らかに産地偽装ということで、客先にはばれ始めていて、その取締りが、そのほかのこともあって、身を引かざるを得なくなり、しっかり、メイド イン インドネシアと明記されるようになり、社員全員がほっとしたということでした。

私を恐れていた、その取締役が送り込んだのが、押出の新上司だったのでした。その会社は今でもインドネシアに有るが、本社が替わっている。そして、当時の新上司もとっくに、どこかへ行ってしまっている。

押出成形というものは、押出成形用の原料がないころから手掛けてきた私にとっては、押出成形に向くような原料になるよう、原料自体に工夫をして、何とか、私でなければできないという製品を作ってきた。50年近く前、66ナイロンに6ナイロンを混ぜてみたり、液体の熱硬化性樹脂を混ぜたり、PCとナイロンを混ぜたりしたこともあった。アロイと言えるかどうか、そのころ、アロイという種類の樹脂は売られていなかった。暫くして、そういう混ぜ物をすると、別の外観や特性が得られるということで、化学的結合をしない別の樹脂同士を混ぜるだけの原料も出回ることにあった。勿論、それは、混ぜ物がなんであるかを公表して売っているのだからそれ自体は問題ないが、私が思うに、それだけではない何かが、各企業にあるはずだと確信している。それが、ノウハウだ。

しかし、三菱自動車の場合は、私がしてきたこと、今もやっていることとは、次元が違う問題だと思う。ノウハウでも何でもない。
IMG_2156.JPG
IMG_2159.JPG
LEDチューブランプの試作、PCカバーというよりPC二色パイプです。勿論、インドネシアでは初物です。これにもノウハウがいっぱい詰まっている。色や透明度(ルックス)の調整や二色だが、PCの原料自体も二種類使っている。グレード名やピグメントの種類は、明らかにできない。
 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆運転免許証5年物 [行動]

 2672 インドネシアはシステムがコロコロ変わるので、いろいろ代わっても、あまり、びっくりはしないが、KITASホルダーにも5年有効の免許証を発行するとは、インドネシア人(KTPホルダー)に話したら、やはり、日本と同じように誕生日が期限になっているそうだ。だから、初めて取る場合は、誕生日が過ぎたばかりに取った方が、有利だという。

書類が整ったので、無免許のまま、運転免許証の発行所に9時に出かけて行った。いつもは手伝いの人間がうろうろしていて、私のような外国人を見つけると、手伝おうか、と、言いながら、寄ってくるにだが、今日は、そんな人物がいなかった。仕方がないから、普通に申請書を出しているとことに言って、聞いたら、向こうで、免許証の種類による申請金を払ってから、ここに来なさいと言われた。別の窓口で払うと、領収書と申請書をよこした。今度は、何の費用12000Rpか知らないが、次の窓口で、払いなさいと言われた通り、12万Rpを払い、また別の空欄が多い書類をもらい、全てに書き込んでから、申請窓口に行きなさいと言われた。STMに書かれていることを、ほとんど、映したようなものだった。すべて、書き込んで、よし、これでいいな、と思って、ロケット2という窓口に持って行った。

ところが、窓口で受け付けた爺さん、しげしげと書類をチェックし、何やら、足りないという。わけがわからないから、書いてくれと頼んだら、住んでいる場所に市役所の出張所のようなところへ行って、書いてある住所に住んでいるという証明書をもらって来いという。その書類(スラット クトゥランガン ドミシリ)がなければ、申請を受け付けないという。
IMG_2151.JPG
こんなことを求められたのは初めてで、戸惑った。大体、その私の最寄りのデサDEASがどこにあるかも知らない。戸惑った挙句、住んでいる場所に戻って、セキュリティに、この辺りのDESAはどこにあるか聞いた。そして、そこに行き、書類を作ってもらった。暇そうな役人風の奴らが、10人ほど、三つ四つの見通しが良い小部屋で、うろうろしていて、私の動きを見ている。10分ほどで、その書類ができた。10万Rp要求された。シム発行所を出てから40分後にその足りなかった書類を持って、ロケット2に戻った。そして、やっと、何やら、その書類に書かれている事項が足りないようなことをその爺さん、ぶつぶつ、言っている。隣の若い人が、もういいよ、これで、と、言ってくれた。わけがわからないが、呼ばれ迄待つように言われた。
10分ほど、大勢座って待っている中に座って待っていたら、何やら、多分、ポジションの高い人物だろうが、私を一人呼んでいる。来たな、こいつ!と思いながら、写真や指紋、サインの場所のそのまた奥に案内された。思った通り、雑談から始まって、有効期間5年にするから、50万Rpでどうかという。良いも悪いもない、5年物が50万Rpなら、文句なしだ。外国人はずっと以前から、今でも、1年でしか取れないと思っている。そして、払うと、そのまま、写真の場所に戻り、5分もしないうちに、写真と指紋とサインが終わった。そして、先ほど座って待っていたところに戻って、また、5分もかからない内に、OOTAと呼ばれ、5年物の運転免許証が渡された。大勢のインドネシア人が、じっと待っている中、私一人が、ロケット2に書類を出してから、15分くらいで免許証を受け取った。
IMG_2153.JPG
最初、9時半ころ、ここについて、支払いや書類を書いて、ダメで、別の場所に書類を書いてもらいに行って、戻るまでが、1時間半くらいかかってしまったが、戻ってからは、滅茶苦茶早かった。

そして、疑問が残ることは、私だけ特別に5年にしてくれたのか、そうではなくて、1年物制度は廃止して、外国人もインドネシア人と同じように5年にしたのか、そこは、はっきり確認していない。

そして、そこから出ての運転は、何やら、開放感に浸っていた。そうですか、日本人の方、こんな動きができますか。適当な緊張感とやってみればできたという満足感、仕事で新製品を作り出すのとは別の自己満足がある。

これが、2021年、五年後の誕生日まで(だから、実際には5年半ほどになる)有効な運転免許証です。顔はやはり、年相応に映っていて残念。サインもへたくそ。Aが自動車です。バイクはBになる。Karena sudah dapat SIM, Tidak perlu khawatir tentang apa saja運転免許証の手に入れたので、何も心配することはない。ゴルフにも滅茶苦茶早い時間に行く必要がなくなった。

とにかく、これを持っていれば、KITASなど、いちいち出さなくても、どこででも、IDカードとして使える。

また、ビザなど、いろいろ、斡旋会社の人から、聞く話だが、法規の筆記テストや運転テストが課せられる、という話だが、今日の場合は、大勢の人がバイクと車の免許証を取りに来ていたが、それらを課せられたと思われる人は一人もいなかった。テスト場は、以前、目につくところにあったが、実際に受けている風景は見たことがなかったし、今日は、そのテスト場だったところは、事故車の置き場所になっていた。

それから、もう一つ、どうでもいいことだが、以前は、ジャラン カリマランから直接入ることができたが、今は、ジャバベカ2へ入って、くるっと回って、カリマラン川と反対側からしか入れなくなっている。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆忙しかった [仕事]

 2671 いきなり、シブッ、忙しかった。午前中、商社の人が見えて、原料の購入について、話した。日系の原料商社で、ずっと以前から、いろいろな会社にいて付き合っていたが、この会社では、まだ、付き合いがなかった。日本人担当者も後退していて、今の人は、まだ、知らない。

午前中は、ブカシ バラットのトゥリチプタというローカル会社の営業マンがやってきた。ジャバベカ1のトゥリチプタとは、すでに取引があるが、どうも、お互い、情報の交換が無いようだ。新しい押出製品の見積もりはすでにしたが、ちょっとばかり、大きな製品で、金型代が高くなる。やる気があるかどうか、試す意味で、思うより高めの見積もりを出してあった。それでも、来るというのだから、脈はあるかな。
しかし、聞いてみたら、温室での水耕栽培の溝にするそうで、今まで、インドネシアでは、経験がないことをするんだそうで、そのための溝も今まで、実際に使ってことがないという。テストをしていないのだった。何千Mと、最初から、大きな話をしている。日本で見てきたという人がやるのだという。
私から提案をした。配線ダクトという製品を作っている会社がある。ネットで調べれば、チェンカレンに山ほど工場がある。原料はH-PVC,あなたが望んでいる原料で、蓋つきで、様々なサイズがある。横の打ち抜き窓がない方が良いでしょうから、打ち抜き前のものを買えばいい。それで、テストをしてみて、ちょうどいいサイズがなかったり、他の原料でやるなら、そこに頼めば、作ってくれるでしょう。私に頼むより、価格も安くなるでしょう。最後に、ある程度のテストの結果、他の原料にしたいときに、ローカル会社ができないと言ったら、私の処に来てください。HDPEでもPPでも作ってあげましょう、しかし、私がやると、ローカル企業より高くなりますよ、と。

太田さん、いい人ですね。そうしてみます。そういうことは、知らなかった。PVCを使うことは、食品栽培で、心配することが多いと聞いていたが、こういう形のものはPVCでしかできないと聞いていたので、H-PVCでとお願いした。テストをしてみてから、また、意見を聞きに来ます。と言って、帰って行った。

PPの原料入手が厳しい状況で日系原料商社のインドネシア人担当者に来てもらった。ここも、大手のブロー成型会社に大量に提供しているので、少しは、回してもらえるかもしれない。しかし、即答は得られなかった。何トン出せるかと、見積もりを明日中に返事してほしいと使えた。この原料に近い原料を1,5トン確保した。

この原料、以前、私が指導した会社から500kg借りてきていたが、今日が返す日だったので、アバンザに500kg載せて返してきた。後ろが重すぎて前が上がってしまっていて、運転をしにくい、勿論、違反です。無免許で違反なので、所々にいるか警察官と目を合わせないようにして運転していた。ジャラントールに入ってほっとした。行くときの渋滞を見ながらの帰り道です。
IMG_2135.JPG
やっと、現金の管理を私がすることになった。銀行からの引き出しは、私のサインでできるようになった。早速、今、会社が現金をいくら持っているか、確認した。既に、安心できる金額だった。
IMG_2133.JPG
アルファーマートでパンを買おうとしたら、こんな、菓子パン?を見つけて、試しに買ってみた。チョコレートとカスタードのどら焼き、緑茶とチーズ味の蒸しパン。どれもこれも、日本語がちょこっと印刷されている。どらえもんで超有名などら焼きだが、小豆餡子ではない。北ジャカルタのメガモール プルウィットで、本格どら焼きを、目の前で焼いて売っているコーナーがある。ほかにもあるでしょうが、私が知っているのはそこだけだ。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆四日目 [思うこと]

 2670 今朝から、ジャカルタ方面行きは渋滞が始まっていた。昨日今日のリッポチカランのヲーターブームの駐車場は満杯、周辺の路上駐車も一杯だった。根強い人気があるようだが、私は一度も中を覗いたことがない。別に覗いてみようとも思わない。
 
ゴルフも四日連チャン、快い疲れだ。流石、四日目、今日ぐらい、家でくつろごうという人とが多かったのでしょう、かなり、空いていた。7;25スタート予定が、7;00前のスタートになり、後ろから、追い立てられるようなこともなく、前の距離も空いていたので、自分たちのペースで回ることができた。途中、結構、大きな蛇がコースを横切ったり、ヌサンがつがいででてきたり、ビアワックの子供がグリーンの周辺でくつろいでいたり、それだけ、普段より、人の邪魔が少ないことを表している。
IMG_2123.JPG
IMG_2125.JPG
 今日、一緒に回ったのは私を含めて4人でした。長野県が二人、愛知県が一人、私が静岡でした。たまたま、別のアウトスタートから長野県人会のコンペがあった。それほど多くなく、5フライトだそうでした。長野の会社関係の人、長野県出身の人達のグループだ。インドネシアにはさまざまな同好会や集まりというかグループがあるが、県人会、同窓会の類が一番多いようだ。私はどこにも参加していない。面倒だし、必要ないと思っている。

 私の印象になるが、どこの県もやっているでしょうが、盛んな県人会は、長野 埼玉でしょうか、実際にその県の関係者が多いのは、やはり、東京、大阪、愛知、その次が静岡のような感じがする。大企業とその下請け会社が多いから、こんなもんだと思う。ただし、県人会とのなると、まとめ役の存在と、必要とする人が多いかどうかだと思う。集まる機会や仲間が多い人は、県人会や同窓会は必要ない。

 現地の日系新聞や雑誌に、これらのことは、紹介されている。集まり案内、誘いの案内は、入れ代わり立ち代わり、あるようです。着任して間もない人、話相手に恵まれない人、興味がある人、ネットで検索すれば、ずらずらと出てくると思います。せっかく、外国に来ているのですから、行動範囲、話し相手範囲を広げてみたらいかがでしょうか。聞いたり見たりの情報が多い方が、仕事に余裕が出てくると思う。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆三日目 [思うこと]

 2669 四連休の三日目だった。こんな日々がずっと続くと良いと思う。4時半頃、自然に目が覚め、まだ、暗いなか、食事の用意や出発準備をし、5時20分ごろ、出発、EJIP工業団地になる会社で。その会社の人と6時に待ち合わせ、車をそこにおいて、その人の車でチカンペックのゴルフ場へ、運転手がいるので、少し、昨日の話をして、すぐ、うとうとしてしまっていた間に着いた。早い、6時40分だった。支払う場所に入ったら、43万Rpと書いてある看板のようなものが目に入った。上がったのか、と聞いたら、来週からだという。よく見ると、その看板に、14日からと書いてあった。33万Rp支払った。安い。ジャバベカの会員と変わらない。ところで、ジャバベカは、ゲストで1,8ジュタRp、高!!!
IMG_2095.JPG
IMG_2096.JPG
10番からスタート、こちらからの方が良い、インコースは、ここ独特の登り、上り、アウトコースは比較的平坦なので、涼しいうち、まだ疲れていない内に、体力的に難しい方を先にした方が良いからだ。15番、田んぼ越えの急激な登り、今日は田つくりをしている人がいた。注意を呼びかけて打つ。一年中、ボールが打ち込まれるので、結構な収入になるという、田起こしをしている今も、何個か拾っているという。私は、入れたことはない。
IMG_2098.JPG
 カートが、多くないがある。私は使ったことがない、後半の前の前のコリアン組がカートを使ってスタートした。1番、私のキャディが前方も見て、笑いだした。見ると、200mくらい先で、キャディ二人が、カートをコース外に押し出している、重そうだ。外に出して、バックを担いで歩き出した。気の毒だ。せっかく、楽ができるというのに、もっと、大変になってしまっている。バッテリー ハビス、普通、フルにしておくでしょう。すぐに代わりを届ければいいのに、ところが、他の予備もバッテリーの充電をしてないという。充電してから、コースの途中で届けると言っていた。流石、このゴルフ場、安いわけだ。

 11時に終わり。最終9番のティーグランド脇で、ロイヤルゼリーを三本買う。毎日、少しずつ舐めるためだ。12時前に、リッポチカランのシンガラジャに到着、今日の昼食は、オープンしたばかりの日本食レストランにはいってみることにした。昨日、チラシを配っていて知った。漢字、二文字だが、仮名をふってある。ふってなければ、誰もが、そうとは読めない名前だ。オーナーの日本人、愛知県の出身だという。私は、“チラシうどん“を注文した。今まで食べたことがない、冷やしラーメンのうどん版というのでしょうか、たくさん、いろいろなトッピングが上に乗っかっていた。美味しかった。日本食レストランで、値段に割りにおいしいと思ったことはないが例外にになった。税込みで5万Rp.安!!私は飲まないが、ビンタンボトル、今時。5万Rp.これも、安い。この通りの日本食レストラン、プロモの期間中かも入れないが、脅威になると思う。

 13時半には家に戻る。洗濯物の山を解消しなければならなかった。二回洗濯、乾し、一部、アイロンがけ、夕食の準備をし、その後は、リラックス。アナック ジャラナン(Anak Jalanan)というRCTIの番組を見ている。毎日19時から21時までやっている。インドネシア人ならほとんどの人が見ている番組で、どんな場面でも、この番組の話を持ち掛けると、その場が盛り上がる。
 本当に、のんびりした、リラックスした日々が続いている。有りがたい。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ちょっとジャカルタ  [行動]

2668 7年半ほどインドネシアで仕事をしていて、その間、仕事でもプライベートでもお付き合いがあり、パンガンダランやヌサカンバンガンなどにも何回か一緒に出掛けた間柄だったが、1年半ほど前に、インドネシアの仕事が一段落して、日本に帰っていた方が、日本のゴールデンウイークを機会にインドネシアに遊びに来た。そして、ゴルフをご一緒した。ここで、何年間も一緒にやっていたので、久しぶりなのに、いつも、一緒にやっていて、今日もその一日のような気がした。本人も、全く変わらないね、本当に、気を遣う仲間ではないので、のびのびとプレーしていた。もう、明日早朝のフライトで帰ってしまう。
 連休二日目、ジャカルタと周辺には渋滞は全くなしのようで、メンバー皆さん、早めに到着していた。
IMG_2017.JPG
6時ティーオフ、終了は11時前、食事をシンガラジャで取り、皆さんと別れた。従業員から頼まれていた道具を買いにグロドックへ出発した。チカランバラットからジャラントールに入ったのが、12:15だった。交通状態は超順調、グロドックには、アンチョール方面に向かい、いつもの通り、バタビアホテル前を通り、コタ駅の前を通っていった。着いたのが13;00早かった。
IMG_2057-.JPG
ところが、心配していたことが当たってしまっていて、祭日も休みだった。がっかり、無駄足だった。南下しモナスの横を通り、スマンギから東に向かい、すぐにジャラントールに入った。帰りも順調、120Kmで飛ばすことができた。
IMG_2088.JPG
チャワンを通過し、早い、チカランバラットに戻ったのが、14;00、たった、一時間45分のジャカルタトゥアーでした。

  トランスジャカルタのバスウェーが、北はコタ駅の前が最北だったが、今は、どこまで北に言っているのでしょうか、一般道に赤いペンキを塗っただけで、バスウェーと看板が出ているだけ、ジャラントールから降りたところに、あるので、私がグロドックに向かった道はずっとバスウェーになっていた。トランスジャカルタが来なかったからよかったが、後ろから、来てしまったら、どうしたらいいのか、と思った。バスウェーと一般道の境に盛り上がった仕切りがあるのが今までのバスウェーだったが、ここには仕切りがない。

 また、地下鉄の工事が日本大使館の前辺りから南に向かって、タムリンやスディルマン通りの中央に高い塀で仲が見えない状態で進んでいるのでしょう。そのために、道幅が狭くなっている。それを、少しでも、補うために、路肩側の一車線と二車線との間の分離帯(3mくらいの幅)が、崩されて、コンクリートブロックだけで、仕切られているだけになっていた。全部ではないので、狭くなったり、広くなったり、その都度、車線を仕切っている白線を右往左往することになる。左右からの割り込みに注意するし、こちらも、割り込みをその都度する。今日は、空いていていたから、かなりの速度で、それをしていた。これでは、休日でなければ、酷い状態になるわけだ。3イン1が、どうのこうのという場合ではないし、バスウェーの延長がどうのこうのという問題ではないでしょう。ジャカルタっていうところは、どういようもない、ところだ。地下鉄の開通は、待ち望まれるところだが、焼け石に水、だと思う。

 グロドックは閉まっていたが、平日の行く気になれない。困ったものである。通販で探してみようかな。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆トラブル [インドネシア]

 2667 今日のゴルフ、昨日夜からのジャカルタから出る車の大渋滞が今朝も続いていて、昨日は、いつもより30分は早く出るように書いたが、実際には、ジャカルタからの友達の多くは、2時間遅れてきた。途中から、電話が入っていたが、前々、動かないと皆さんが言っていた。コンペを予定していたグループは、コンペが成立しなかったようだし、いつもは早朝にスタートの列ができているのだが、今日は、列がなく、問い着した人たちからスタートしていて、私たちは遅れる一人を残して三人で6時にスタートした。
IMG_1999.JPG
一人は、ハーフが終わった時に、合流したが、後半のスタートには10グループほどが列を作っていた。8時半頃だったが、それらの人たちは、皆さん、予約が7時前の人達だった。その最後尾に着いた私たちは9時半くらいのスタートだった。明日は、渋滞はないどころか、普通より、早く到着するでしょう。

原料のことが気になる。シンガポールのTPCの製造装置の故障?と、聞いている。私たちの会社は、購入の実績が少ないし、多くの使用会社より、量も少ない。在庫を置いておく資金もなかった。それが、昨年まで2トンくらいしか使っていなかったが、今、毎月1トンくらいずつ使用量が増えている。6月には6トン以上になりそうだ。ところが、今まで購入していた商社からは、3トンが限度だと言われていて、POを余分に出しても、それ以上は出せないという。仕方がないから、他の商社にあたっているが、1トンとか1,5トンしか出せない、そのうえ、今まで購入していた価格より30%ほど高い見積もりを出されている。8月まで、稼働しないという。困った、どこか、大量に使っていて、在庫をある程度持っている会社から、借りるか、売ってもらうように、頼むしかないようだ。それも、ダメなら、お手上げになってしまう。客先に迷惑をかけることになる。なんとしても、少しくらい高くても買うしかない。月曜日に、一社が見えるので、そこが頼りだ。
こんな時だが、製品を作ってほしいという見積もり依頼が逐次入ってきているし、私の方が、全く、知らない会社から、私に会いたいという人もいる。中国からに装置が、予定通りに入ることを期待する。月末、入荷ということなら、そろそろ、中国から出たというニュースがもたらされてもいいころだが、まだだ。
IMG_2000.JPG
こんなバイクは、珍しくない。無免許の上に、四人乗りだ。

臨時ニュース Kapal Rombongan Pengantin Tenggelam, Tiga Penumpang Dipastikan Tewas Kalimantan Timur
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆思いがけなく [インドネシア]

 2666車の免許証を買いに行くには、パスポートとKITASとSTM(SURAT TANDA MERAPOR,最寄りの)警察への届け書)というものが必要だということは知っていた。STMができるのが水曜日、今日ということも知っていたので、9日、月曜日にカリマランの発行所へ行くことにしていた。
 ところが、そのSTMを申請しているサクラエージェントから、昨日の夕方、「明日、発行所に12時に来てほしい、警察のエージェントが案内してSTMが無くても発行してもらえるから」と、言ってきた。それは、いい、連休中に四日間運転するので、それなら、安心できると思った。余分に払うことになるだろうが、それでもいいかと思った。
 それで、今日、12時前に発行所へ行った。それらしき人物がいない。昨日電話してきたサクラに、その人物は、どんな人か電話して聞いた。まだ、来ていないと思う、と言ったら、確認の電話を本人にしたようだ。暫くして、電話がかかってきて、「その本人、他の仕事で、出かけていて、すぐ、そちらに向かうと言っているが、しばらく待ってほしい」ということだった。20分ほど待った。12時半になっていた。再度電話した。何時になるか分からないが、そっちに向かっているということしか言えないという。「そんなことでは、今日はキャンセルにしよう。もし、その人が15時前に到着して、手続きができるようだったら、会社に戻っているから電話してほしい、10もかからないから、ここまで」と言って、その場を離れた。会社に戻って、16時ころまで待ったが、何の音沙汰見ない、そこで、私から、また、サクラに電話して、一言、文句を言ってやろうと思ったが、止めて、STMができているはずだから、メールでコピーを送ってほしいと頼んだ。暫くして、届いた。結局、最初の予定通り、4連休なので月曜日に一人で申請し、買うことになった。

思いがけなく、インドネシアらしい、無意味な行動をさせられた。想定内とはいえ、やはり、呆れる。
IMG_1960.JPG
IMG_1963.JPG
IMG_1965.JPG
夕方、シャープ セミコンから受けているLEDチューブランプノPCカバー、二色成型のパイプタイプの金型のチェックに、チビトゥンのジャランラヤ沿いの会社へ行ってきた。直接、住処に戻るので、ジャランラヤを東に向かい、ルマーアバンの駅まで戻った。その途中の風景だ。ところどころに町があるが、両側の殆どは田んぼと畑の風景だ。明日から、四連休なので、ジャラントールは、昼過ぎから渋滞になっているというニュースだったが、ここ、ジャランラヤ(一般国道)は、いつもより空いていた。明日の朝、ジャカルタからゴルフ場に向かう日本人は、30分以上、早く、家から出た方が良いと思う。
 
http://otaenplaext.net/newpage112.html20年間、インドネシアの実績を。大雑把に、書いてみた。インドネシアの押出成形の牽引をしてきたと思う。http://otaenplaext.net/newpage3.html
http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage%20top%202.html
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆別の疲れた [日常]

 2665 岡崎選手がいるレスターが優勝しましたね。お伽噺のようだとか。インドネシアではサッカーは大人気だが、めっぽう弱いようだ。それに、何が違反だったのか知らないが、国際的な大会には出られないようだ。アジア大会やシーゲーム(東南アジア大会)には参加できるのでしょうか。次のアジア大会は、2018年、ジャカルタとパレンバンで開催するようだが、トラブルなく進行できるといいですね。
 
ちょっと、新しくしたプロファイルですが、未完成です。
http://otaenplaext.net/newpage102.html
IMG_1931.JPG
IMG_1931-.JPG
 毎度々々の渋滞
社内でこんな話があった。日本人の方々、似たような経験があると思います。
Tri cipta kirim ini.
Minta quotation harga mold, product minimum order. Dikrim sore ini.
Terima kasih
出先の営業担当からだと思うが、こんなメールが送られてきた。製品の図面は添付されていた。
トゥリチプタという会社がこれを送った。
金型の価格と最少ロットを夕方に送ってください。と、いっている。これだけだ。分からないことが沢山あって、返事をしようがないし、見積もりを出しようがない。送った本人は、これで、見積もりを出せると思っているとしか思えない。
私は、先ず、この会社の誰に返事を出せばいいのか分からない、不明なことを誰に問い合わせることができるのか分からない。担当者の名前もHP番号も分からない。図面に肝心な原料名が書いてない。送った本人に連絡しようとしたが、電話に出ないし、メールに対しても返事がない。

夕方、本人が帰ってきたので、その会社の私が知っている人の名前を言って、この人かと聞いたら、違う人だという。それなら誰?と聞いたら。その人の場所でもなく、別の事業所の人だという。あんな頼みをするときには、相手の名前と電話番号ぐらいは普通書いて、私に送るでしょう、と、言ったら、少しふて腐れた。
そこで、名前と電話番号をメモに手書きをして、私に差し出した。アルファベットが崩れていて、読めない、7~8文字のうち5個ほど読めない。コンピューターで打ったような文字を書いてほしい、と、頼んだ。電話番号がまた、はっきりしない、8なのか9なのか、6と1が繋がっているのか4なのかわからない。8が6にも見える。9と7が紛らわしい。私は、解読できない。名前も番号も正解を言えなかった。丁寧に書き直すように指摘したら、完全にふて腐れた。

原料や色や硬度などを本当は彼が知って、見積もりを出すには、それ必要不可欠だということ分かってほしいと思ったが、ダメだ、こりゃ、ということで、私が相手に電話をし、メールアドレスをSMSで知らせ、詳しいスペックを送ってもらい、見積もりを直ぐに出した。
学校でどんな文字の書き方を指導するのでしょうか。インドネシア人の文字は、アルファベット、数字とも、明朝体やゴシックとは程遠いばかりでなく、醜い。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆再びKITAS受取り [情報]

 2664 やっと、キタスを手に入れた。ビザの申請手続きを始めてから、3か月近くかかった。原因は、この会社の責任者からの必要各種書類の発行が後手々々だったことでした。“後で気が付く寝小便“で、前もって必要書類を確認し、準備し、必要な段階ですぐに出せるようにして置けばいいのに、必要な時に、「そんなものも必要なの?知らなかった」と、言う始末では、遅れるに決まっている。

KITAS、ワーキングビザなど、長期滞在者の住民票だ。これがあれば、インドネシアに住民と認められる。外国人には違いないが、これを持っていれば、インドネシア人と同じ条件でサービスを受けることができる。キタスホルダーはインドネシア人と同じ入り口から、インドネシア人と同じ料金で入場できるとか、ホテルの宿泊代や旅ツアー料金なども、インドネシア人として扱われる。ただし、運転免許証SIMは、KTP(インドネシア人の身分証明書)ホルダーは5年有効だが、1年ぽっきりである。料金も割高になる。そして、KITASは、手に入れたが、SIMを買いに行くには、もう一つの書類が必要、住処の最寄りの警察への住民登録書のようなものが必要。これは、キタスの受取から、すぐに届け出をするが、1週間後くらいに、登録書が届く、それを、キタス、パスポートと一緒に、持ってゆく。今回の私の場合は、水曜日に受け取れる予定だが、木、金がナショナルホリデーだから、早くて、来週月曜日になってしまう。結局、四連休は無免許のまま運転しなければならない。ゴルフには、また、早めに行かなければならないし、大丈夫だとは思うが、遠出は自粛する。
仕事をするに必要なものはSIMだけを残し段階まで来たが、もう一週間かかりそうだ。

気まぐれで、KITASやパスポートをチェックする人物がいて、持っていないと、いちゃもんをつけられ、幾らかを払わされる時がある。運が悪いと思うしかないが、常にすぐに提出できる場所に持っていた方がよい。私の場合は、リックサックにいつも入れていて、持ち歩いている。ただし、盗難には、細心の注意が必要だ。車からちょっとでも離れるときには、担いで出る。命の次に大切にすることです。
IMG_1944.JPG
MM2100に入って、左折し、ルコに向かう道、完成間近の貸配送センター?マンモス倉庫?日系の会社ですね。
IMG_1932.JPG
ここも、朝、直進ができなくなった。向こうからも直進してこちらに来ることができないことが、この写真から分かる。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆疲れた [情報]

 2663 メーデー、日曜日と重なったことで、いずこも平穏でしたね。工業団地に入り口に装甲車が暇そうに置かれていた。
車の免許がないと疲れる。風が吹くと桶屋が儲かる的な話。
インドネシアに戻って、車の免許証の期限きれで、無免許状態で運転していて、早く、買いにゆきたいが、キタスがないことには、買えない。それでも、普段どこへ行くにも、心配はしていない。ポリシの取り締まりは、日常、あちこちでやっているが、バイクが対象で、車を止めることは、ほとんどない。観光地への行き帰りでも、何か所かで、バイクを止めている風景を見る。何年か前に、一度だけ、止められたことがあって、其のときは、免許証の期限切れは、指摘されず。車検証のようなもの、納税をしたという証明書の期限切れを指摘されて、罰金を20万Rp払わされた。これは、後程、レンタル会社から、私に払わせた。
 
そんなことで、あまり心配はしていないが、先週、この辺りで、バイクの盗難や車上荒らしがあったらしく、ゴルフ場に向かう道の途中で、車も止めているという情報が入った。昨日と今日、そこを通るのだが、引っかかって、20万Rpを払うことになるのは、望まない。そこで、ゴルフは7時半頃の予約だが、ポリシが、まだ、いない、6時前にゴルフ場に着くようにした。後で、確認したら、昨日も今日も取り締まりはしていなかったという。
時間余り過ぎたので、昨日も今日もドライビングレンジで100球打った。暑さも完全に乾季の暑さだ。日本の早春と体感は大きく違う。じりじりとした暑さは、頭に堪える。二日連続でそれをやったので、流石に疲れた。今日の後半は、どうでも良くなってしまった程、ふらふらしながら、ただ、早く終わりたいと思っていた。皆で昼食後、一仕事、タンブンの金型屋に、ねじ合わせの対象物を届けに行ってきた。居眠り運転を時々していた。
 太田さん、タ元気だね、フだね。と、よく言われる。それだけが、取り柄のようなもの。体のあちこちが痛い。でも、疲れた。家に戻って直ぐに一眠りだった。
IMG_1924.JPG
 疲れ切った中でも、この花を見ると癒される。
IMG_1928.JPG
先ほど、ここが、ルマーサキットOMNIの入り口と初めて知った。向こうからでは、ここで、左折をすればいい。それにしても、こちらからでも、向こうからでも入りにくい場所だと思う。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感