So-net無料ブログ作成

(^_-)-☆気分は休み [情報]

 2722 既に、気分は、レバラン休暇、ほとんど、電話が掛かってこないし、メールも入ってこない。ところで、レバラン休暇中に、装置の改造がある。業者からの見積もりは増やされることはないが、当社の従業員に何人か出てもらう。2~4日の三日間だ。手当てをはずまなければならないが仕方がない。ムディックをしない人も多いわけで、そういう人たちにとっては、出勤は大歓迎である。希望者を募れば、大勢、やりたい人が出てくる。絞るのが難しいほどだ。そういうものです。

久しぶりに、“じゃかるた新聞“の見出しを、ネットで読んでみた。最近、どんなことを、取り上げているのかなと。http://www.jakartashimbun.com/
ネットには広告が無いのが良いね。ただし、私にとっては、TVニュースで、知っていることを書いてあるだけなので、ほとんど、意味がない。ジェシカの裁判のことも、ニセワクチンのことで、どこどこで、何人捕まったなども、イスタナ ボゴールで、ジョコウィさんがハンデキャップを持っている子供にクイズをだして、景品の自転車を上げていることも、知っていた。ということで、私にとっては買ってまで読む気になれないが、インドネシアに来て間もない人にとっては、参考になるでしょう。いろいろな、サークルや集会の紹介もあるように聞いています。何かの機会を探すにも、いいかもしれません。ま、とにかく、日本人がうようよしている社会ですから、何かと情報は必要でしょう。
IMG_3280.JPG
IMG_3277.JPG
IMG_3278.JPG
オフィスや現場でうろうろしていても邪魔だろうから、会社に周辺を散歩してみようと外に出た。今まで、会社を通り過ぎた先へ行ったことが無いので、ぶらぶら歩いて行ってみた。200mほど先は、出口で、いきなり、カンプンだった。ゴミは捨て放題、家はバラック、臭さがきつい。ジャバベカ2の出入り口の一つ、先はこんな道と家が並んでいる。相当の貧民地帯だと思う。振り返ってみると、こんな風。右の先に、私たちの工場がある。左に、屋台風の掘立小屋の食事をする場所が並んでいる。流石の私もここでは食べたくない。相当の不潔さを感じる。カンプン バンガット。しかし、朝、こちらの方面から、結構、身だしなみがしっかりした、何人かの女性が出てきて、会社の前を通る。違和感。
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆一瞬の判断 [行動]

 2721 車のシート背の中に入るサスペンダーコード?というバンド?の見積もり依頼を受けてから、インドネシアにまだないと聞かされ、メイドインインドネシアと考えて、先ず、不織布nonwovenのテープを探した。何社か当たって、10日以上過ぎて、やっと、タンゲランの会社から、似たようなサンプルが届けられた。そこで、幅を指定し、見積もりを出してもらうことにした。まだ、まだ、先の話である。とうのは、テープを手に入れたあと、金型作りをする。定尺カットや穴あけ用のプレス機、そして、プレス金型各種を作る。それぞれに投資が必要だし、独立した工程になるので、そこで、人が張り付くことになる。投資は多額になるし、加工費も高くなる。見積もりを高めに出すしかない。品質管理も大変だ。それでも、やってみょうと思ったのは、インドネシアではまだない、というのが前提だった。

 ところが、である。一瞬にして、止めた。インドネシアには主要自動車シート日系メーカーが三社あるが、日本の車シートメーカーが、デルタ シリコン6に新たに進出してきたばかり、という情報を得た。ネットでチェックしたら、確かに、有った。しかし、電話番号がない。メールアドレスもない。そこで、飛び込みで、行ってみた。デスタマスやチバトゥトリップチカランを結ぶ一般道沿いにあるJapanese Centreという塀で囲われた場所で、ゲートの前に入居企業の名前が10社以上、小さな字で書かれていた。近付いて見る気がしない。セキュリティーに直接聞いてみた。こういう名前の会社はあるかと。“有るよ“だった。アポなしなので、誰に会うかは言えないが、とにかく、訪問したいと頼んで、入れてもらった。場所はゲートから左方向、100mくらいの右に見えると、あそこだよと、教えてもらった。行ってみると、シャッターが開けられていて、そう広くない工場内が一瞬にして、見渡せた。責任者の日本人らしき人が、日本人来客と話をしていた。
IMG_3265.JPG
 暫く待って、客がいなくなったので、入って行って、突然の訪問の事情を話し始めて、事務所に通された。サンプルを持って行ったので、それを、見せながら、これを、作られていますねと、確認した。先ほど外から見た装置で明らかにそれを作っていることを確認したからでした。そうです。ダイハツ用に作り出したばかりです、という。なら、F社向けですね。そうです。という会話が続く。ここまで、話をして、先ほど一瞬だが眺めた。その製造装置、全長15mくらい、向こうの端に押出機がある、その横に、巻き戻しのロールが2つあり、寸法を安定させるための長めの層、引取機、たるませた後、プレス装置、そして、定尺にカットされた製品がベルトの上に落とされていて、作業員が、それを、取り上げ、箱に並べていた。全自動である。そのためだけの装置だが、完成装置だ。一瞬にして、私が今更、手掛けるべきではないと、判断した。

 そこで、私に依頼してきた会社を紹介して、早いうちに行った方が良いですよと伝えた。依頼してくれた会社にも伝えた。この仕事との関わりは一瞬にして終った。

 見積もりを頼んだ会社には悪かったと思うが、一応、後に、このサスペンダーコードの会社を紹介し、不織布を提供できる機会を作ってあげようと思う。

 ところで、私がここのゲートから出ようとして、閉ざされたゲートの前に止まって、車から降りようとした時、ゲートの前に止まっていた数台の高級車が、ゲートが開けられると同時に、列をなして入ってきた。ドライバーが降りてきて、ポスに入場の申請をする。セキュリティーは終始ペコペコしている。車の中に座っている人は見えない、インドネシアの高級車はすべて中が見えない。普通車もほとんど仲が見えない。私はその様子を立って眺めていた。向こうからは私は丸見えに見えているはず。そして、私の前から、奥のオフィスの方に向けて行って、見えなくなった。 私は、入場カードを返しに、ポスに向かい、渡したSIMを受け取った。セキュリティーの態度が全然違う。緊張感が全くない。友達同士の話し方だ。私のような日本人に会うと、ほっとするのでしょう。
 それにしても、日本人の訪問は、ここにとっては、VIP級なのでしょう。そして、訪れる日本人も、その気なのでしょうね。なにか、変だと思う。違和感。
IMG_3269.JPG
 ドリアン、実に美味しい、口の中でとろける。食感と香りが顔の周りに残る。直ぐに、飲み物を飲む気がしない、しばらく、そのままにしておきたい。匂いが残る種だけが乗っているトレイはそのまま、近くに置いておく。
 そして、味も匂いも違うが、子供のころ、私だけしか食べることができなかった。ポポー、ポーポーという果物のことを思い出す。私が大学に行くために家から離れた年に、その木は、切られてしまった。そして、40歳代だったと思うが、飛騨高山の朝市で偶然出会って、食べた。美味しかった。それ以来、お目にかかっていない。また、いつか、日本に帰った時にネットでチェックして、手に入れることが出来たら、庭に植えてみたいと思う。
  

(^_-)-☆年が越せる [インドネシア]

 2720 イスラム暦の年末ですね。いよいよ、最終週、デリバリーは既に終了している。休み明けの14日の納入や受け取りまで、サプライヤーやカスタマーとの行き来は無くなる。パルセルを渡しに行くだけである。連休中のゴルフ、7日間、スタート時間が決まった。四日と六日は休み。

 空いていることを願って、リッポチカランへ行ったついでに、ファーマーズ マーケットに寄った。以外に空いていて、拍子抜け、買い物はゆっくりできた。しかし、ジャガイモや玉ねぎ、白菜は、仕入れが間に会わなかったのでしょうか、無くなっていた。パルセルは、各種、山なりに残っていた。
 牛肉はプロモの100g9000Rpを、2kg買った。ということで、ふと、におった。ドリアンだ。日さ素振りの嗅ぐ匂いだ。パックに移したドリアンがあった。値段を見ると、1Kg20万Rp、高っ。しかし、誘惑には弱い。この匂いを嗅いで、何も買わないで帰ることはできない。0.55kgパックを二つ買ってしまった。2千円近い。車の中の匂いが、堪らない。食べてしまえば一パック一分ぐらいだ。今は、冷蔵庫の保管してある。早く食べたいが、明日と明後日の朝にしようと思う。
IMG_3257.JPG 
レバラン休暇中は、多くの店が閉まってしまう。日本食レストランも二三軒しかやっていないと思う。多分、コンビニの半数は開いていると思うが、仕入れが途絶えるので、空き棚が多くなると思う。私は、居残り組なので、それなりの蓄えを確保しておかなければならない。

いつ、行こうかが問題だが、ネットのプルサが、一番心配。一か月限定なので、今、買っても、インドネシアから離れる日までは、使えるので、今日、買った。二つ使っているが、一個は既にハビス、もう一個の有効期限が来月6日になっている。だが、いつ5GBがハビスになるか分からない状態だ。01~07時まで深夜は10GB以上残っているが、これは、ほとんど無意味、明け方、1時間程度で、その時間にネットに繋げることはほとんどない。
IMG_3251.JPG
この女性、手で掲げているのは何か知っていますか。こんな交差点では、止まってくれる車はないと思うが、なぜ、ここなのでしょうか。日本では、お年玉ですよね。レバランで帰省した時などに、身内や近所の子供たちにあげる小遣いのための新札を皆さん用意するのです。銀行で両替はできるが、道端の両替屋で変える人も多い。聞くところによると、1万Rp札の変えるのが大部分だそうだ。そして、10万Rpで9枚受け取るのが相場だそうだ。そして、この人達は、その半分をもらうで、元締めがもう半分を受け取ることになっている。所場代である。子供連れの女性が多い。今は、廃止されたスリーインワンのジョッキーも所場代をプレマン(マフィアの下部組織のようなもの)に払っていた。

今月末前に原料代など、サプライヤーに払う必要のある金額は準備できた。給料も余裕をもって払うことができる。無事、年越しができる見通しが付いた。心配事は、フレンシ君だけだ。彼の仕事っ振りは、全然、社員の模範になっていない、むしろ、やる気をなくしそうな雰囲気だ。困ったものだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆Suci Ramadhan [インドネシア]

 2719 7時半からのゴルフ、もう、そろそろ、帰国する日本人や韓国人がいるのでしょうか、キャンセルが多いようで、キャンセル待ちがぎりぎりまでだった割りには、空いているように思える。進行がスムーズで、後半にも、ほとんど、待ちは、無かった。ミーアヤムを食べている時間がなかった。
IMG_3243.JPG 
12番から13番ショートホールに移動する前に、必ず、蓮池を除いて、この種の蓮を眺め写すのが、当たり前の行動になっている。最大で15cmにならない小さな花だ、この花は5cmくらいだ。もっと小さいものもあるが、一人前の形をしているし、拡大すると、元のサイズが分からないほど、完璧に形をしている。形もいいが、私は色がもっと好きだ。白の花弁の先が主だが、周囲が薄い紫、この色を写真で忠実に表すことができていないと思う。見た目の方がもっと神秘的だと感じる。いろいろな仏像の下は、この種の蓮ではないかと思う。
 
 日本でのゴルフ予定が入った。18日間の滞在だが、4回、入っている。平日ばかりで、藤枝と富士川と島田と相良だ。一回平均1万円くらいだと思う。高いと思うがお付き合いである。楽しみにしていてくれるし、私も皆さんに会えるのが楽しみだ。
IMG_3239.JPG
 Vaksin palsu beredar Diproduksi sejak yahun 2003 偽ワクチン供給 2003年以来作られている。
IMG_3235.JPG
Jelang mudik Lebaran Tiket habis,Calon pemudik Protes Ambon. Maluku ムディックをする人たち、チケットが売り切れで抗議、アンボン マルク州

 食料品と食材が切れてしまったので、一昨日、ジャイアンでパルセルを買うので、一緒に買おうと思ったが、そのカンンターの込み具合を見て。明日にしようと思っていた。そして、今日、皆さんと食事の後、ショッピングモールに寄ろうと思っていたが、車が駐車場に入れず、路上駐車をしている、そして、通過するだけの車は、それが原因の渋滞にはまり込む、三か所の前を通過したが、全てが、そんな状態だった。今日もあきらめた。ムディック前の最終土日、大量の買い物をする人たちでどこもごった返しだったようだ。明日、夕方、再挑戦しようと思う。コンビニでパンとカップ麺を買って食べている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆仕事にもどる [インドネシア]

 2718 今朝は、5時半スタート、真っ暗の中、ゴルフ場に着く、そして、真っ暗な中、10番、スタートホールのティーグランドで明るくなるのを待つ、そして、スタート、6時15分前でした。夜明けとものスタートは、晴れていて、すがすがしかった。エプソンの仕事が、なんだかんだと、忙しくさせられているという愚痴?を聞かされながら、だったが、それでも、そういう話をしながらのプレーは、仕事をしながら、の実感があっていい。
IMG_3230-.JPG
IMG_3230.JPG
IMG_3229.JPG 
食事を一緒にせず、それぞれが、会社に向かった。私も、11時前には、会社に入った。皆さん仕事をしている。既に、急か前の納品は終了しているが、休暇明け、直ちに、納品が控えているために、在庫を多めにしておかなければならない。場合によっては、休暇中、オーバータイムで何日か、稼働させなければならないかもしれない。手当てが、100%ではなく、200%、300%にもなるが。

昨日、突然、ディスナカール(労働基準局のようなもの)に人が一人でやってきた。私は日本語しかできないことにして、握手しただけだった。何故か、THRを従業員に既に、支給したか確認していた。ハリラヤの二週前に出さなければならないらしい。2週間以上前に皆さんの口座に振り込んだという振り込み票の控えを示してそれで終わり、ということだが、一般的に、何のために、今、来たかというと、彼もTHRを受け取りに来たのです。暗黙の了解で、見送りながら、封筒に入れた50万Rpを、何気なく渡した。インドネシアの恒例行事の一つでした。“太田さん、いくら渡し”?というので、“50万だよ”と言ったら、従業員の一人が“50万も渡すのお?多いじゃない?”と言っていた。彼らからすれば、そう思うのも分かる。もらいに来た人は、何日かかけて、管轄の会社を訪問し、何人かで集めた金を、役所の人たち全員で分けるのでしょう。

 インドネシア人同士のいろいろな会社のパーチャシングの担当者間では複雑な、いろいろな取引があるようだ。例えば、何かの製造の会社に営業担当インドネシア人Aがある会社のパーチャシングBにフィーを払う条件で、仕事を回してもらう。そして、そのBは、他の会社のパーチャシングCをAに紹介する。Aは、CにFeeフィーを支払う条件で、仕事をもらう。Aは、会社からプロモーション資金としてBとCに支出する。振り込みは経理Dも協力する。そして、BはAの会社とC個人からお金が入る、そして、A個人に一部を渡す。CはBとAにも配分する。AはDにも分ける。インボイスがないから経理上問題があるが、それは、そういうお金も会社としては必要だと、追及は、されないし、されるなら、金を払えばいい話だ。どうですか、これだけでも、複雑でしょ、これが、網の目のように金が動くのです。とてもじゃないが、追及などしようがない。
 どうですか、Aが、一社だけということはない、何社かと、こんなことをしているとすれば、すごい、蜘蛛の巣の糸のような構図になる。管理が難しいでしょうと言いってやりたくなるような、複雑さになりますね。有るのです、こういうこと。

 ハラパンクルアルガの歯医者(女性、ティティンさん)から呼び出される、仮の歯が出来たので、試してみるという。ほぼ、OK、しかし、手直しをして、水曜日に渡しますと、いうことになった。ティティンさん、木曜日にはムディック出発だと言っていた。

 テレビで全国のムディック渋滞情報がスタートした。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆贈答品 [習慣]

 2717 今時、各サプライヤーは、お中元ならぬ、なんというのでしょうか、パルセルと聞こえる。客先へ贈り物を届ける。客先の方は、いつで、仕事が終わりますよ、という知らせを出してくる。その日までに間に合うように贈り物を持ってきてください、と、言っているかのように、です。もらったものを最終日にスンバコとして配る会社が多い。だから、当てにしている会社も多い。スンバコはスンバコで準備してあるので、平等に分けたうえに、わが社も、当然、貰い物は、アミダで分けるものが多い。
 私の処も、客先であり、サプライヤーでもあるから、受け取りもするし、届もする。一般的に、贈答品のセットが売られている。スンバコの類だが、大小、ピンキリで、どの程度の値段のものを持ってゆくか迷うが、私の場合は、それほど、多きな取引ではないと思うので、10万Rpくらいのセットにする。ドライバーに届けさせるので、客先の倉庫(受け入れ場所)の人たちに、会社に渡すものとは別に、途中のケーキ屋で、ドーナツなど12個入りのセットを買わせて、ドライバーの顔を立てる。

 Paecer Parcelパルセルと言います。ラマダーン レバランの贈り物です。お歳暮、お中元の類です。近くのジャイヤンへ行ってみた。店内はごった返していて、十カ所以上ある支払いカウンアーの全てが長蛇の行列だし、それぞれが、カートにあふれんばかりの品物が載せられていた。こりゃ、困ったぞ、相当時間がかかりそうだし、行列の後ろに着くのも嫌だし、それよりも、買いたいものが何処にあるかも分からない。だから。先ず、インフォメーションに行って、箱に入っている贈り物はどこにあるか聞いた。そしたら、ここに“あるよ“と言いながら、パンフレットを出してきて、どれがいい?と聞く、やった!これだ! 10万Rpのセット、カートンボックス入りになっているパルセルを2箱註文した。箱を買って、いろいろなものをバラで買って、詰め込む方法もあるが、面倒だから、セットになっているものにした。プラスチックコンテナーやロタンの籠に入れているものもあったが、20万Rp以上と高いのでやめた。支払いはここのインフォメーションで済ますことができ、行列の後ろに付く必要はなかった。よかった。
 ただし、そこのカウンターで待っている私に、ここの案内人だと思ったやつがいて、つかつかと寄ってきて、景品の引き換えはここですかと聞いてきた。どうも、ここらしいので、ここだよと答えた。その通り、レシートを待った人がやってきては、鍋とかガラスの皿などをもらっていた。そいつ、直ぐ、私は個々の人間ではないことがわかって、苦笑いをしていた。私はインドネシア人じゃないよ。
IMG_3207.JPG
IMG_3208.JPG
戴いたパルセルと贈るパルセルと戴いたパルセルを詰め替えて贈るためのカートンボックスです。
IMG_3217.JPG
先ほど、また、TVで“ラスカル プランギ”を鑑賞した。勿論、この校舎に行って、中を覗いたこともある。ブリトゥン島です。http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0075.html
http://space.geocities.jp/enplaindonesia/newpage00092.html
http://otaenplaext.net/newpage48.html
http://otaenplaext.net/newpage49.html
ヤフーブログのプロフィールの写真にしています。http://blogs.yahoo.co.jp/enplaind
偽ワクチンが摘発され、大問題になっている。  

Vaksin ワクチン Waspada 警報

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆付き合いは疲れる [情報]

 2716 昨日私をすっぽかした。パーチャシングの人間、何の連絡もない。もう、彼からのコンタクトがあっても、付き合わないようにする。そして、昨日値下げの話をしに行ったが、7月に入ったら、値上げの見積書を出すことにする。インドネシア人の取引には、入って行けない。疲れる。複雑な、人間関係が交錯しているようで、疑えば、何でもありの世界のようだ。疑心暗鬼に陥る。

 ところで、中国製の押出機には、参った。使い始めてまだ10日ほどしか過ぎていないのに、一か所、C3の温度コントロールが出来なくなってしまった。コントローラーを交換したが、結果は同じ、サーモカップルからの温度が、変わってしまう。オンオフのタイミングが全く、機能していない。設定温度に達していないのにオフになったり、温度を越えているのにオンのままだったり、コントロール不能になってしまう。欠陥商品だ。このメーカーは売ってわいけないと思うので、被害者を少なくするために、折を見て、社名を公表する。

 タンゲランのコンパウンド屋が、なぜか、売り込みに来た。サビックに勤めていた人で、止めて、今は、プラスチックのペレット屋に努めているという。そこで、知り合いの私を訪ねてきて、あわよくば、売り込みたいという魂胆からだった。全然、私の処では使わないので、残念ながらお断りをした。
というのは、来る、口実にすぎなかったようで、本題は、こっちだった。オランダ人経営の会社だそうで、ロタンや竹ひご風味の樹脂をローカル企業に売っているそうだ。押出機を使うがペレットを作る会社だ。日系企業への売り込みが成功していないという。私に来てほしいという。それが、主目的だったようだ。今週中に社長を連れて来るから、何とか、来年からでもいいから、手伝ってほしいという。場所はタンゲラン、マチェットだから、いやだと返事をしたら、日系客先候補が多い、この辺りにセールスオフィスを作ってもいいと言われてしまった。
IMG_3196.JPG
こんな風景はどこからか知る人はほとんどいないと思う。押出機の上に載って下を見ている。何故、乗っているかというと、噛み込みを確認したり、噛み込んでいない場合はプラスチックの棒などで押し込んだりするのです。50年の間に、何度、上って、樹脂を押し込んだか。樹脂によって、直ぐ、噛み込み不良になってしまうものもある。シリンダーの温度の不適切やそのほかにもいろいろ原因があるが、この作業は、私の仕事では付き物だ。一度、この位置から落ちて、足の着き方が悪く、腓骨を骨折したことがあった。
IMG_3198.JPG
依頼された製品です。何とかしてやろうと思っている。
 

タグ:欠陥 勧誘 非礼
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆何を考えて [変!]

 2715 大手の弱電メーカーを訪問した。取引は、私がお膳立てして会社の創業間もない,1年半前ころからあった。今でも、コンスタントに続いている。アドバイザー当時は2回、品質に関して、訪問しているが、ダイレクターになって、まだ、挨拶に行っていないので、手土産を持って、挨拶に行ってきた。順調なら2時間だが、道を間違う可能性があるし、大渋滞になる可能性もあるため、約束時間の3時間前に出た。結局、3時間掛かって、やっと、着いた。約束の14時10分前に到着した。
 ということだった。ところが、ご本人がいないという。別の予定があって、そちらにいってしまっていて、16時過ぎには戻るでしょうという。本人のHPに電話した。切ってあった。がっかりである。仕方がないから、担当は違うが、同じパーチャシングの女性が応対してくれたので、その女性に、言いたいことを話し、伝えてくださいと頼んだ。値下げの話を持って行ったが、それは、止めにした。

 がっかりしたのは、大手弱電メーカーのパーチャシングの対応ぶりだ。何様だと思っているのでしょうか。こんな失礼な話はない。どういう教育をしているのでしょうか。約束の日にいない。そのいないことを事前に連絡がない。事後にも連絡がない。全くの無視である。こんな対応ぶりは、一時が万事、私に対する今日のことはほんの一部に過ぎないでしょう。せっかく、挨拶代わりに、製品の値下げの話をしてやろうと、案を持って行ったが、止めにした。ささやか乍ら、斜陽の企業を応援しようと思っているのに、これじゃだめだ。今後も、値下げの依頼があっても、応じない。

 謝りの連絡がないということは、ご本人、なんとも思っていないのでしょう。今は、取引があるから、公表はしないが、インドネシアの仕事を止めた時には、公表しようと思う。企業の弱点の象徴だ。中国や台湾に身売りをしたり、身売りをしなくても、やっていた事業から手を引いたり、縮小したり、衰退が止まらない業界。各社の創業者が泣いている。

 インドネシア人のモラルの低下を放置しているのでしょうか。インドネシア人が知らない中で、経営者が高い原料を買い続け、供給者から、アンダーテーブルを受け取る。また、上司が知らない中で、インドネシア人担当者も高い部品を買って、サプライヤーから、フィーを受け取る。中には、サプライヤーの協力者に配分している場合もある。会社のためでなく、自分のためだけにコルプシ。多くの従業員をも裏切っている。
 
 THRを支給した結果、ちょっとだけ反応があった。基本は勤務日数だが、私の評価を加えた。マイナスした人は、前ダイレクターと経理の担当、手伝い者だ。何人は、プラスをした。何人かから、お礼をされた。しかし、経理の人からは、間接的に、なぜ、少なくしたのか聞いてきた。説明をした。この人、従業員の契約をしていない、前々ダイレクターの友人で引っ張られたらしいが、雇用契約がないまま、週三日出勤すればいいらしかった。前ダイレクターもそのまま使っていた。しかし、三日にしては、手当てが高すぎるし、前任者の分けのわからない出金を黙って、認めていて、経理上問題になる処理をしていた。私は、この人に契約があるか聞いてあったが、返事がないまま、今に至っていた。
 なぜ、少なくしたか聞かれたので、出勤日数が少ないことと、チェック機能をはたしていなかったことと、アシスタントへの仕事の任せ方、教え方がうまくないことと話した。
 そして、今のような曖昧な立場でいられても困るから、本人がいう、契約は8月末、以降は、従業員としての雇用にしたい。月給は今までのまま、勤務は勿論、会社規則による。そして、ポジションは経理だけでなく、事務全体を見てもらう、人事総務をやってもらう。部下は二人。という、条件を示した。レバラン休暇後に、どうするかの考え方を私に伝えてほしいと言っておいた。

 この人物、直ぐに止めてもらっても構わないと思っている。会社の情報が、前々ダイレクター漏らしていることは明らかだし。
IMG_3185-.JPG
 女性専用駐車場からこんな車がでてきた。トヨタヤリスだが、菱自動車と書いてある。
IMG_3185^.JPG
 途中のコンビニで借りたトイレ、清潔だと思う。大なら、紙は自分でもって入らなければなりません。手で洗うならいらない。
IMG_3185.JPG
 帰りの高速道路、大粒の雨が降ってきた。対向車線は大渋滞の様子。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆望まない移転先 [思うこと]

 2714 THRを振り込んだ。
また、置き忘れ、今度は、パスポート(キタスを挟んであった)が病院から会社に戻った時に、無くなっていることに、気が付いた。歯医者へ行ったときに、必要かなと思って、バッグからポケットに移して持っていた。受付で見せて、直ぐ、ポケットにしまった。診察室、支払いカウンター、そして、車、どこかで、ポケットから出てしまったようだ、病院の受けつけに戻った。聞くと、ニッコリしながら“有るよ“。でした。診察室ののげぞり椅子の脇に落ちていたそうで、ポスセキュリティーで保管しているよ。でした。セキュリティーの方を見ると、既に、私のパスポートを掲げて、私を招いていた。ホッである。
それにしても、注意不足というか、いろいろなことを注意を払えないというか、怖いですね。ポケットから落ちれば、その時の感触があるものだと思うが、それがない。HPを車の脇に落とした時も、自分の手から離れた感触がなかった。触感が退化していると思う。注意散漫だ。

プアサ期間中とはいえ、それにしても、歯がないのはつらい、噛めないから、何でも、出来るだけ小さく切ってから、飲み込むしかない。硬いものは、全くダメ、粉々にして飲み込む。

新工場予定地を見てきた。何時だったか、だいぶ前に行ってことがあったが、ど田舎、という以外には、こんなところに引っ越すの?と、思っただけだった。今日の印象は、以前と同じだった。大丈夫かなと思うが、ジャバベカ6と繋がるし、新ジャラントールが直ぐそばを通るということらしいので、私が、その時にいるわけでもないが、ま、いる間は、何とかしましょうというところ。私も大変になるが、従業員は、もっと、通勤が大変になる。ジャバベカ6の一番奥の外300m東にあるが、道がない。ゴルフ場まで、1kmが、行くには遠回りで田舎道、10分以上かかる。客先も訪ねて来るには一苦労になる。
IMG_3120.JPG
この場所に工場ができる。
IMG_3124.JPG
工場予定地から1分くらいの場所から見えるジャバベカ6。ここに行くには、大回りをして10分以上かかる。
IMG_3131.JPG
 今年1月から、こんなアクセスが続いている。普通の日は平均600くらいで、500~700回だが、月に二回か三回、5000~6000以上のアクセスがされている。不思議である。目的は何なのでしょうか。限られた人数で、書かれていることを読まないでも、これだけ開けるだけで、大変だと思う。人数が出ないのが残念。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆入れ歯の注文 [災害]

 2713 大きな歯の看板が出ている、トカンギギかアーリギギはどうかと、インドネシア人為聞いたら、危ないからやめた方が良いと言われて、行きつけの病院にした。月曜日で、いつも(と言っても何年に一回)かかっていた医者はいないので、いる医者にお願いした。入れ歯を作りたいと、上の歯を総入れ歯にする。チェタカン(型)を取る、下の歯の型も取る.それぞれ二回、入念に、噛み合わせのための、噛んだ状態での型も取る。結構時間がかかる。30分以上かけて、型取り終了、仕事日で7日掛かるという。約10日後ということでしょう。金額は?これが、高っ。前払い、5ジュタ(4万円)、保険が効かない。大丈夫ですか?と、確認された。仕方がないから、大丈夫というしかない。日本とほぼ同じ価格だが、日本なら、20%負担なので、1万円行かない。カードで支払った。
それにしても、まさか、私が、ほとんど、総入れ歯になってしまうとは、食欲があるのに、うまく噛めない現在、とほほ!である。早く、歯が出来てほしい。レバラン休暇に入る前で良かった。
IMG_3111.JPG
ブンガワンソロhttp://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0303.htmlが大変なことになっています。あの有名な歌、ブンガワンソロhttp://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage106.html
です。中部ジャワの大河です。ジャワ島で一番の長さと流域の広さです。歌詞に雨季には、はるか遠くまで氾濫する、乾季には、干上がってしまう。とある。そして、歌詞の通り、雨季になれば、毎年、例外なく、多くの犠牲者がでる。しかし、今は、本当は乾季だ。ジャカルタやブカシも、今年は、乾季らしい状態は少なく、まだ、雨季ではないかと思うほど、雨が降るし、気温も低い、ジャカルタからもバンジール(洪水)のニュースは、毎日のようにある。
IMG_3107.JPG
そして、ブンガワンソロです。中部ジャワのこの川が流れている県のすべてで、ロンソール(土砂崩れ)バンジールが、発生していて、一か所で60人以上亡くなっている場所もある。流域の多くは、人が入らない、熱帯雨林(ジャングル)で、空から、眺めると、茶色の地域が緑の地域に侵入しているのが分かる。その場所全てに人が住んでいて、洪水に見舞われているのです。果てしない洪水とドシャ崩れ、超自然の原始時代の天災とはこういうものかと思うほどだ。雨季での氾濫はニュースにならないが、乾季の洪水はニュースになる。
この乾季のはずが、ブンガワンソロだけではない、パレンバンのスンガイ ムシ、そして、カリマンタンのスンガイ マハカムhttp://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage022.html
http://space.geocities.jp/enplaindonesia/newpage00073.html
も例外ではない。全然、関係ないが、ジャカルタのジャラン マハカムにあった、六本木パパというカラオケは今でもあるのでしょうか。

レバランも半分過ぎた。帰省(ムディック)渋滞の始まりまで、十日余り、雨が止まないので、凸凹道の舗装のし直しが進まない。今年の帰省、Uターンの渋滞は、例年以上に大変なことになりそうだ。事故も多くなるに違いない。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆風邪治ったが [インドネシア]

 2712 ゴルフのスタートが遅く、8時を過ぎていた。昨日とは、違って、雨に祟られることなく、順調だったが、途中から、前の組のプレーが遅く、その前も遅く、待ち時間が長くなった。終わったのが、14時前、食事を終えて、家に戻ったのが、15時を回っていた。直ぐに、洗濯、その他、家の中の片付け、料理の下ごしらえをし、ちょっと、うたた寝をして、目が覚めたのが17時半、慌てて、身支度し、ブカ プアサ ブルサマのレストランに向かった。ぎりぎり、間に合った。17時45分頃ブカだった。

既に、ほとんど全員集まっていて、総勢、家族がいる人は家族も参加で、30人程度、子供、奥さんなどを含めてだ。私を除いての平均年齢は、 恐らく、25歳くらいでしょう。若い、これからの会社だと思った。始まりは、会社に一人が、お祈りのリードをし、飲み物から、一斉に口に入れる。皆さんにしてみれば、多分、ご馳走だと思う。モクモクの食べる、飲む、私は眺めているだけ。というのは、事故があった。前歯の差し歯三本が一篇に抜けてしまった。うまく食べられない。飲み込むだけでいいものはほとんどない。急に爺臭くなってしまってショック。喋るのも難しくなってしまった。
IMG_3098.JPG
IMG_3097.JPG
IMG_3099.JPG
お祈りらしきことを簡単にし、飲んで、食べて、一時間弱、締めの挨拶のようなことをして終わり、解散。いとも、単純な、それだけのブカ プアサ ブルサマだった。支払いは私、これだけ、食べて飲んで、2,2ジュタRp(1万8千円)安いものである。皆さんに感謝されながら、自己満足の世界に入ることができた。アルコール飲み物が無いのが安い理由だ。今日の昼食が三人で、メンバー割り引き10%があって30万Rp(2500円)でした。だから、安いものだ。

もう一つのショック、また、HPをどこかに、なくしてしまった。支払いを終え、お先に失礼と言って、私一人で駐車場に向かった。その途中、HPを持っていないことに気が付いた。食事をしたところで、HPを持った記憶がないので、車の中に置いたままだろうと思い、車の中を探した。無い。食事の場所に戻って、一人に私のHPに掛けてもらった。その場にない、やはり、車だろうと判断し、車に戻った。そのとき、会社の一人が私についてきてくれて、途中に落ちているかもしれないと、何回か、掛けてくれた。そして、私の車近くになって、鳴っている音がした。私の車の真横というか、運転席の下の地面で光っていた。車から降りるときに、カメラとキーとHPを持って出て、直ぐにHPを落としたのでした。全く、帰る時まで、意識することなく、困ったことになり、結局、見つけて、ほっとした。やれやれである。先日のパンガンダランのこともあり、人の手伝いが無ければ、HPに再会することはなかっただろうと思うと、自分の無意識ぶりが怖くなる。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆よく降るね [人生]

 2711 全く、雨季の真っただ中の様相、昨日の夜中から、ずっと、雨だった。6時スタートだったが、雨の中、空の色は全天、灰色、風がない、ザ~~っと降るわけではないが、しとしとと降り続く、止む気配がない、空のどこにも明るさが見えない。そして、11時ころ終わったが、雨は降り続いていた。全身、びしょ濡れ、寒い。靴の中も水が飽和状態。帽子も重たい、つばから、水がしたたり落ちている。

コースは水溜りになっていて、ボールが転がらないどころか、急ブレークがかかってしまう。高く上がって落ちたゴールは、付き刺さってしまう。雨季のゴルフだ。いつもは、レストランに寄ることなく、直接、スタート場所に行ってしまうのだが、今日は、雨ふりで,カートにそばで、スタートを待つことを止めて、レストランで待つことにした。コーヒーかテーを頼もうとしたら、2.9万Rpだという。高っ。朝食は、バイキング方式で幾らかと聞いたら、5.9万Rpだという。ドリンク付きだ。そこで、朝食を食べることにした。ナシゴレンやブブールがメインで、トッピングが多種類あり、果物もある。味噌スープモドキもあった。何年ぶるだろうか、ここで朝食を食べたのは、いろいろ食べて,最後におにぎりが有ったので、一つ、放り込んだ。
ハーフを終わって、8時半ごろ、スタートまで、ちょっと間があったので、ミーアヤムを食べた。これは、毎回のことで、品切れでなければ、必ず、食べることにしている。私にとって、大変、美味しい。3万Rp

12時過ぎに、シンガラジャのうどん屋で食事、チラシうどんというものを頼んだ。トッピングに野菜天ぷらも頼んだ。これが、ボリューム一杯、冷やし中華のうどん版です。出てきた瞬間、トッピングを頼むのではなかったと思った。食べてみると美味しい、てんぷらが美味しい、乗っている食材に種類も多い、栄養のバランスもいいようだ。多い気がしたが、たいらげた。4,5万+2万で払ったのは7万Rpだった。この味、この量なら高くない。私は飲まないが、ビンタンボトルが他の多くの日本食レストランの7万Rpなのに、ここは5万Rpで安いらしい。

食欲旺盛、よく食べる自分がいる。ゴルフで体を使い、心地よい疲れを感じながらも、よく食べると思う。胃が無いのに、よく食べる。仕事をしている、いつまでも、こういう状態でいられればいいなと思う。

実は、私のインドネシアでの生活の中で、身近にいてくれて、何かと世話をしてくれて、付き合いも多く、それらからの情報もいろいろ、伝えてくれる方が最近、体調が優れず、食欲がない様子、痩せてきているのが気になる。回復を祈るばかりだ。ゴルフをご一緒したい。
IMG_3081.JPG
IMG_3082.JPG
IMG_3076.JPG
ヤシの木に寄生させてあるランの花、と、育ち過ぎたキノコ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆熱意 [情報]

 2710 早速、ジャバベカ1にある不織布Nonwoven fabric のメーカーを訪問してみた。ネットでチェックしたところ、直ぐ近くに見つかった。場所も分かりやすかった。行ってみると、大きな工場に見えた。広い。正門に入いろうとするが、守衛に姿が、ポスに見えない、鉄の扉が閉じられたまま、私の車を感じて、誰か出てくるのを待ったが、出てこない。車から降りて、鉄扉を横にずらして入って、誰かいないのかと声をかけた。すると、ポスの裏から守衛が出てきた。何をしていたのでしょうか。きまり悪そうな顔をして、扉を開けようとしたので、車に戻り、運転して、中に入った。多分、来る人がいないのでしょう。だから、来客を全く想定していないで、裏で何かをしていたのでしょう。建物の玄関らしき前に車を止めて、そこに入った。内装は新品、外観と対照的に明るく、きれいになっている。アパは取ってあったので、入ったところにある社内電話でその人あての番号を押してみた。女性の声で、二階に上がってくるようにと言われた。二階までの階段が、二階半ぐらいの高さがあった。応接に通されて、しばらく待つと、二人の日本人が入ってきた。

聞くと、ここは、三年ほど前に、二十年ほど前に操業を始めたが、閉じてしまった工場を改造して入ったのだそうで、いろいろ納得した。早速、サンプルを見せて、こんなものはできますかと、返事は、この会社、厚めの不織布を作る装置が一ラインしかなく、こんなに薄い(肉厚を測ってくれて、0.6mm)テープのようなものはできない。日本の本社なら作れるかもしれないが、広幅のロール巻を輸入して、こちらで、小さい幅に切り出すということが、出来ないから、狭い幅のものを、本社から直接、輸入してもらうしかないという。

それはそれで、出来ないことが、分かった、私は、それでよかった。他に当たるしかないと思った。引き上げようと思った。ところが、お二人さん、根っからの技術者なのでしょう。サンプルの分析を始めた。二種類のプラスチック繊維を配合して、熱を掛けて、プレスをして作るのだそうで、そのプレスというか、押さえ具合で、密度、硬度、つやなどの調整をして、求める物性に物を作るなだそうで、これは、何と何が混ざっていて、どのくらいの強さで、押したとか、裏表の状態が違うから、なんだとか、繊維の長さが、どのくらいと、どのくらいだとか、結局、自分たちがこういうものを作るつぃたら、どういう方法で、どういう樹脂の繊維を混ぜるのか、という、自分たちの世界に入ってしまっている。失礼ながら、私には、入り込めない空間に移動してしまっている。なんとなく、相槌を打つしかない。

13時に入ったには、14時に来客予定があるからということで、30分くらい時間をくださいという約束だった。私の方は、その通りに追われると思ったが、そうはいかなかった。30分は、分析を聞いていた、14時からのお客さんが早く来てくれないかなと思いながら。丁度二時に来客に知らせが入った。これで、解放されると思ったが、まだ、物足りないのでしょう、サンプルを置いて行ってほしい、もっと、分析をしたいという。仕方がないから、持って行った四本のうちの一本を置いてきた。何時か、出来ますよと、言ってきてくれるのではないかなと思いながら、他を探すしかないと思った。こういうのもおもしろいなと思った。私も何とかしたいと持っているが、お二人さんも、只,できませんというだけでは済まないのでしょう。日本の技術者だなと思う。心境はよくわかる。

プリンターのフィルターを主製品として、進出して間もない会社だ、ぜひ、成功してほしい。

工場の建屋は古いことはすぐわかる。そして、敷地、建屋の広さから、想像する、駐車してある車とバイクの数が極端に少ない。要するに、本当にこの工場、仕事をしているのかなと心配になってしまうほど、閑散として、人も見えない。
IMG_3065.JPG
訪問した会社の二階応接室から私の車しかない。
IMG_3064.JPG
最近ここに出てきたと思う。今もリッポチカランのロブソンにもあるMISUMIって清水のミスミかな。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆新規頼まれごと [押出成形]

 2709 久しぶりにブキット インダー(bukit indah)の工業団地へ行ってきた。近くのチカンペックゴルフには、月一回程度来ているが、この工業団地までは、久しく、行く機会がなかった。以前は、透明のHIPSでのコンデンサーケース(ICケースの大きいもの)という製品でよく行っていた。今は、TPRに置いてきたので、行く機会はなかった。
今日は、その会社に近くで、前をよくとおった会社への訪問だった。クルマのシートやヘッドレストのフックやトリムという製品である。東南アジア全体にインドネシアから供給しようとする会社が増えてきていて、車のメーカーやその一次、二次下請けも、一部、そういう会社が出てきた。インドネシアで集中生産をし、近くの国々へ輸出する。車のシートも、それぞれの国で作っていたが、各国にある車の生産ラインにインドネシアから供給するのだそうだ。生産コストを下げるためでしょう。そこで、それらの部品もインドネシア国内から調達が増えてくる。しかし、技術、管理共に、難しい製品なので、あまり、手掛けるところがないし、有っても、一社集中では供給量に限度があり、その会社に押出ラインを早く増やして対応しろと言いえないし、私に何とかしてほしいということらしい。
この関係の製品は20年前にキジャンのシート、ヘッドレスト用ということで、輸入していたPVCでの製品をPPにして、インドネシアで初めて供給した経験があった。その当時の私の生徒たちが今、いる会社では、この製品を作ることができて、現在、やっている。しかし、装置の容量が限られているため、この客先の全製品の半分ほどしか引き受けることができないでいる。足りない分は、輸入している。

今日の話のポイントは、サスペンダーコードと言っていたが、幅、25mmくらいで、厚めの不織布の端に、PPを幅3mm厚さ4mmくらいで包む製品でした。クロスヘッドダイを使う仕事だ。この製品、どこにどういう具合に使うのか知らないが、大分前に何度も見たことがあって、求めている会社は、いずれも、車のシートメーカーだった。どのメーカーも同じものを使っているようだ。以前、見積もりを出すために、不織布を探して、サンプルを取り寄せたことがあった。しかし、どうしてか、覚えていないが、依頼主からの催促というか、話が来なくなってしまっていて、トリムやフックの量産に気を遣うようになり、いつの間にか、私も、気にすることがなくなっていた。それが、再び、目の前に現れた。これに、関わろうか、どうしようか、関わってしまうと、一二年では、収まらないと思うので、どうしようか。とにかく、不織布の調達を調べてみて、それからにすると、返事をした。技術的には、私にとって、簡単な部類だし、押出機は20mmφで十分、格好な押出機を持っている。

ちょっと、困ったことになりそうだ。受注が急に増えている。何も、レバラン休暇の時に、いじわるのような、注文は出さないようにしてもらいたいものだが、これだけは、仕方がない。場合によっては、ムディックをしない、会社の近くに住む、従業員に200%以上の手当てを出して、出勤してもらうことも考えなければならなくなった様だ。私も、ゴルフ、パンガンダランどころではなくなりそう。

風邪はピークを過ぎたと思う。酷かった。花粉症全盛の状態を思い出した。顔面、くしゃくしゃだった。
IMG_3056.JPG
Timun Suriティムンスリをこんなところで売っていた、道端販売がほとんどなくなってしまった。
IMG_3052.JPG
ブキットインダーの奥の方に、黄緑色トラック日野の置き場があった。何台あるのでしょうか、金額にしていくら? SAKAIとHINO、インドネシア、サバンからムラウケ、どこへ行っても、出会います。
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆風邪ピークか [行動]

 2708 風邪ピークであったほしい。目、鼻、口すべてがくしゃくしゃ、咳も止まらない。それなのに、片道二時間、往復4時間、ボゴールの客先訪問だった。渋滞が比較的少なかったので助かった。

THRは、レバラン入りの二週間前というのが習慣だから、21日に支給する金額を決めた。前回の支給日から一年勤務した人に基本給の一か月分が基礎の数字になる。だから、一年未満の人は勤めた月数を掛けて12で割る。それに、私の主観的プラスマイナスを加えた。スンバコは、レバラン休暇に前日、帰宅する人に渡すことにしている。9種類は必要ないわけで、砂糖(グラ)やてんぷら油(ミニヤック ゴレン)や洗剤(サブン)など5品目にすることにした。あちこちで売っている、セット品は高いので、バラで買って、袋詰めをする。
IMG_3034.JPG
IMG_3033.JPG
ボゴールの韓国企業に行ってきた。例の裏金問題を消すためだ。ダイレクターが私に変わったということの報告と挨拶で、韓国人経営者に合わせてもらった。その人とは、挨拶だけということにして、QCとPOのインドネシア人トップと主に話した。先ず、検査ポイントについて、チューブの外径、内径、肉厚に公差が設けられている。これには矛盾がある。二点の公差を満足させると、残りの一点の公差に入らない。三点を同時に満足させるには、公差をどんどん狭めてゆかなければならない、それは、作る側としては、その公差に納めることができないというしかない。そこで、当たり前のことだが、最重要点と次点の二点の公差を決めて、それを検査項目とすることを提案し、納得してもらった。こんな当たり前のことを、話さなければならないのか、と思いながらだ。今日の場合は内径と肉厚の二点とした。外径はあまり重要ではないという。それなら、最初から、そうしろよ、と思った。口に出さない。

その話が終わり、雑談になった時、私がなぜ、ダイレクターさせられたかを話し出した。初代のアブドゥールの会計報告が疑問だらけだったので、首にして、フレンシが責任者になったが、これも、初代と同じように疑問の支出が多かった。そこで、私に代わるように頼んできたので、仕方がないから、私がなった。だから、私が疑われるようなことはしないし、コロコロ、ダイレクターが交代し、客先に迷惑をかけることはしないと、話した。私の目の前に、首謀者がいることを私は知っていた。裏金(Feeという)を要求していたやつだ。彼が受け取って、何人かで分けていたのでした。
IMG_3037.JPG
帰りの高速道路の西側にモノレールの柱?日系企業だ手伝っているのでしょうか。ジャカルタからボゴールでしょうか。着々と進んでいるようですね。

取りあえず一件落着だと私は思っている。早速、今月末納期で20ジュタほどの注文が入った。既に、20ジュタほど出荷しているので、40ジュタの売り上げになる。決して、大きくないが、簡単な仕事なので、継続は良しとする。もっと、利益が多い製品の注文が増えれば、断ることになるかもしれない。

シャープから、LEDチューブランプのPCカバーの注文が80ジュタくらい入った。ショーケース内のミニランプのPCカバーもである。PCカバーも、いよいよ、本格生産に入る。シャープも台湾に買収されて、実績を上げようとしている。今までのような、のんびりムードではいられなくなったようだ。


タグ:挨拶 継続 落着
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆鼻水が止まらない [生活]

 2707 夏風邪にかかってしまい、鼻水たらたら、喉も痛い、くしゃみも連発、唾が飛ぶのでマスクをかけたままだ。鼻の下がピリピリ痛い。それでも、休まない。食欲もある。食料品の材料が切れたので買い物をしてきた。ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、白菜やホウレン草、牛肉1kg千円くらい、や各種パン、1.5Lのアクアを12本(1ケース)500円くらい、卵、米5Kg千円くらい、その他。プラスチックの袋は持ってゆく。これだけで、60万Rp(5千円)だった。
IMG_3030.JPG
広大な工業地帯があるという幟が、派手に、掲げられている。たどたどしい日本語も書かれている。進出企業の増加率は下降に転じているが、それでも、まだまだ、進出企業は、増えているわけだし、この地域は、進出企業にとって、何かと魅力的であることは確かだと思う。
IMG_3028.JPG
中国からの装置が、来週の月曜日に、稼働開始になりそうだ。ないない尽くしの上に、試運転すると負荷を掛けていないのにモーターが異常過熱をしたり、自動カッターの刃が回転する場所のカバーが上だけで下に無かったり、そういう部分の修復というか改善でファンを追加したり、カバーを付けたりした。水槽や金型が出来あがってきたが、これも、欠陥が多く、業者に改善を頼んだ。本当に、何もかも、想定通りにはいかない。それでも、今度こそという感じで、月曜からの稼働を確信している。一事が万事だということは、分かっている。

風邪を引きながらも、例の韓国系の客先従業員に裏金を渡している問題を解決するための手段を模索している。このままでは、やらないで、他の仕事をやった方が良いわけで、断ってしまうことも、一つの手段だが、韓国人は知らないようなので、このことは、話題にしないが、直接会って、挨拶をし、検査ポイントに問題が有るので、そのことを話題にし、QCの問題、客先の受け入れ検査の問題を解決しようと思う。そして、裏金については、知らないふりをし、払わないことにする。それで、その仕事がなくなれば、それはそれでいい。また、どこかのサプラオヤーから、同じような裏金を受け取る取引条件にするでしょうから、そのときは、そこの韓国人に、真相を話すことにする。

今、見ているテレビの番組は、スーパー ファミリー スラトゥス(Super family seratsuクイズ 百人に聞きました)です。その前には、3チャンネルでアナック ジャラナン(Anak jalananストリート ・ チルドレン)です。両番組とも、人気があり、話題にすると、かなり、乗ってくる。“見てるね、太田さんも“という感じ。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆何がなんだか [変!]

 2706 どうもわからないのが、THR積立金のこと、日本では、私が知る限りでは、退職金積立制度というのがあって、損金計上できる。賞与の積み立てもできる。毎月その金額を、出来る会社は、マイナスにできる。インドネシアでは、どうでしょうか、私は、出来るのではないかと思う。お金は残っているが、無くなっていることにしておく、実際に払う時には、その合計金額より多ければ、その差額分だけ、損にするから、大きな損金にはならない。賞与やTHRの場合は、大体、一年や半年で調整するが、退職金の場合は、何年も残るし、従業員や役員全員のためだから、完全に振り出しに戻すような、調整はできない。なお、儲かっている会社は、その積立制度を使えば、儲けを少なく申告ができるということになる。勿論、その制度には、限度があるでしょうが。赤字の会社が、積み立てをすれば、赤字が増えるが、そうしてまで、この制度を利用する必要があるのでしょうか。この制度、私には、理解しがたい。

ずっと、ずっと、昔の話、組合の委員長をやっていた時、経理の人から、賞与積み立てがあるよ、半年ごとに三か月分出せるように、賞与引当金として落としているよ。という話を、聞きつけた。しめた、交渉の時に、一丁これを使ってみようと、考えた。その金額を落としてあるうえに、利益が上がっているのだから、積み立ててある金額は、当然、受け取れるとれるわけで、それを、ベースにして、なお、利益を上げているのだから、その利益に配分の割合、パーセントの交渉をして、積み増す、という、作戦に出た。張り切って、その話を出した。いつも親しくしていて、立ち話で、いろいろなことを決めていた中で、其のときはテーブルに向かい合って、工場長などもいた。その労務の担当者が、太田君、そんなお金は準備してないよ。という。何が何だかよくわからない。損で落としておいて、そのお金はいったいどこにあるの?誰にも、どこにも使っていないし、払っていないが、帳簿上は損金になっている。つじつまが合わない、絶対、どこかに、ためてなければならないと思っていた。それが、無いという。そういうものだよ、だから、その金額に、今期の実績を載せることなどできないよと。経理の人は、太田さんが聞いたから、経理上の処理を話したが、そのお金が、どこかにためてあるとは、話していないと、言われてしまった。がっかりだった。しかし、ボーナスは、はずんでもらった記憶がある。私との交渉が、しやすかったのでしょう、だから、私の手柄を会社が考えてくれて、次期も私が当選するようにという、会社側の作戦だったような気がする。次期も組合長になった、その次には、会社側のポジションいなっていた。
IMG_3027.JPG
BPJS(Badan Penyelenggara Jaminan Sosial)各種保険
PDAM (Penyediaan Air Minum) 飲料水の提供
tokenというのはよくわからない。何か、かけ事だろうか。Barokah 祝福
電気代、電話代、プルサ(HPやネット)など、支払い代行屋さん。
IMG_3022.JPG
Singgah寄る 立ち寄り簡易レストラン 若椰子の実の液に氷を入れて飲む。

もう一つあった。家賃の話、200ジュタ一年分をコミサリスのエンダンさんが、エンドオオタに振り込んだという。そして、エンドオオタは、それを使って支払った。税を足して、220ジュタ一年分を全額支払ったのです。エンダンさんから借りているお金が、200ジュタ増えた。ここまでは良い。
ところが、帳簿では、220ジュタの支出がない。220/12=18,333,334Rp毎月、決まった日に支出しているのです。全く分からない。経理的には良いのだろうか、月払いの契約だが、一年分を払ってしまった場合は、既に、無いはずのお金があるように考えて、毎月の支出にしていいのだろうか、契約がどうなっているのか知らないが、220ジュタの領収書があるのだから、全部支出したことにするのが当然だし、なぜ、そうしないで、いちいち厄介なことをするのだろうか。準備金とは逆で、後払いにしている。それとも、契約終了後のその次の家賃の準備金なのだろうか、それなら、THR準備金と同じだが、話を聞くと、それとは違うらしい。

現実、事実と違うことを帳簿上処理して、いいのだろうか、考えが及ばない、事実通りに処理して、何か都合が悪いことがあるのだろうか。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ブカの飲み物 [思うこと]

 2705 Timun SuriティムンスリとKurmaクルマが、ラマダーン時期に店に並ぶのが定番だ。黄色い大きな瓜とナツメ椰子の実だ。この時期以外はどちらもほとんど見かけないが、とにかく断食月になると、出てくる。以前は、その量と売られている場所が半端ではなかった。ブカ プアサにはそれを必ず食べなければならないかのように、それ以外を食べてはいけないかのようだった。ところが、今はどうでしょうか、ティムンスリは、ほとんど見かけなくなった。栽培している場所も、ほとんど、見かけなくなった。クルマも、売っている量や面積はが、10数年前に5分の1程度になっていて、スーパーでも、買いたいときには,置いてある場所を探さなければならなくなった。他にいろいろ、飲み物や果物が出回っているにで、今更クルマやティムンシリでもないデショウということだろうと思う。ヤクルトの宣伝ではないが、ヤクルトのコマーシャルをテレビで見ることはない。この時期、いろいろな飲み物の宣伝をしている。プアサ明けにいいよ、ということだ。しかし、ヤクルトは宣伝をしない。既に、インドネシア人の生活に中に、プアサ明けの食事の前に、ヤクルトを先ず、流し込むことが習慣になっているのでしょう。子供にも年寄りにも、量が丁度いいようだ。自動的にヤクルトのコーナーは二倍、三倍になっている。これは、10年以上前から、続いている。コマーシャルを流す必要が無くなっているのでしょう。

ブカプアサで先ず、口にするものは、飲み物だ。唾液を吐き出している人を見たことはないが、人によっては,唾も飲んではいけないという。だから、出来るだけ、意識して、飲み込まないようにしている人もいるくらい、とにかく、胃の中に何もいれない時間が12時間くらいあるのだから、先ず、液体を入れるのでしょう。それも、刺激が少ない、若干、甘めの物が良いらしい。それに、乳酸菌飲料のヤクルトが最適だということになっているらしい。
ちなみに、昨日、ブカプアサを一緒にした時に、私は、いきなり、ソト アヤムを食べた。すきっ腹に、大変おいしかった。飲み物は、その味がしみ込んだ汁だった。
IMG_3011.JPG
IMG_3012.JPG
これは、ナツメヤシ、クルマがなる木です。と言いたいが、聞くところによると、オスの木だから、実がならないそうだ。そういえば、カユ プティもオスメスがある。もう一つは、ヤシの木の一種です。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆重要会談 [知識]

 2704 いつものゴルフ場がブッキングが出来ず、チカンペックに行ってきた。5;30前に家から出て、イジップの会社により、そこで仕事をしている人の車で一緒に向かった。空いている、順調に到着、07;50スタート、コースはガラガラ、早い速い、10時前に終了、3時間だった。シンガラジャのレストランに着いたのが、11時ころ、11時半にならないと、料理を出せないと言われ、仕方がないから、まった。12時過ぎには出勤、皆さんの仕事っぷりを観察しながら、少しだけ現場を手伝った。ブカプアサをいつどこにするのか、THRの計算方法や評価との関係を話した。

15時、グランド ズリGrand Zuriでスマランから見えたエンダンさんとミーティング。 サンパイ ブカ プアサまで、ヘニー君(工場長)エコさん(貸工場の持ち主、オラン バンドゥン)の四人で、何やかやと話した。とにかく、インドネシア語で、早口の会話、私が日本人だということを全く意識していないからの話し方に、ほとんど、問題なく、入り込んでいっている自分がいた。

新工場の移転について、私の考えを分かってもらい、今まで借りようとしていた面積の倍を借りることにし、狭くなれば、中二階を増やしてゆくことで納得、8月末までに、移転を完成するために、建設も急ぐので、来週水曜日以前に、レーアウトを示すことを決定した。この会話の中で、ヘニー君の賢さが分かった。彼を同行させて良かったと思う。私が言いたいことの80%以上は、彼が話すので、17時前だが、私は、私はお腹がすいたにで、勝手に、まだだけど、ブカ プアサにして食事をさせてもらいながら、聞いていた。そして、頷いていた。明日、ゴルフが終わってから、彼と話すことにした。彼に、任せてしまっていいと思うが、全て、彼にゆだねることは、彼にとって重荷になると思い、私が主な案を出すことにした。

その他、韓国企業への裏金のこと、私は初めて知ったが、前々、ダイレクターが約束してしまったことで、その経緯は、私が最初、関わった日系弱電メーカーの仕事をいていたが、その弱電メーカーのインドネシア人スタッフからに紹介で韓国企業の仕事をもらえる様になった。その条件が、韓国企業のインドネシア人に売り上げの30%(製品単価の30%)を渡す、そして、紹介した日系企業のインドネシア人と分ける、そういうことにして、受注に至った。
だから、その仕事は、やればやるほど、赤字が膨らむ、そのうえ、帳簿上も請求書が無いのに、お金が出てゆくという、税務上説明できない、ペナルティーを食らいかねない問題が有る。コミサリスは、その話を前若ダイレクターから、聞いていたが、仕事を続けていた方が良いと思い、黙認していたという。私は、その仕事が、無くなってもいいから、裏金は止めますと、宣言した。それでは、太田さんが、危ないことになるかもしれない、と、言われたが、私は、永久にこんなことを続けるわけにいかないので、やはり、止めると宣言した。新責任者、マーケティング ダイレクターとして、客先の韓国人に、挨拶に、まだ、行っていないので、挨拶に行くことも話した。

エコさん、よくしゃべる。彼に工場を見せて説明してよかったと思う、状態を理解し、面積は、今までの倍以上は必要だとエンダンさんに適切なアドバイスをしてくれたと思う。また、レーアウトで一番肝心なことは、床の状態をどうするかを決めることだと言ってくれた。コンクリートで床を覆ってしまった後で、何かを埋め込んだり、掘り返したりすることは、したくない、一番厄介なことになるから、床の状態をどうしるか最初に知りたいということだった。私がいう必要はなかった。
IMG_2994.JPG
IMG_2995.JPG
6時前に、ブカ プアサを知らせる太鼓が打たれた。私以外の三人は、様々な料理や飲み物やお菓子類が並べられた場所へ行って、それぞれを持ってきて、早速、食べたり飲んだりしだした。他のホテルの滞在者も一斉に、このレストランに集合してきて、急に華やかに賑わい出した。それほど大きなホテルではないが、ブカ プアサの様子を始めてみた。イスラムにとって、欠かせない雰囲気で、生まれながらに習慣、生活の一部、これはこれで、平穏な状態なのでしょう。

おまけ、なぜ、ジャバベカ5辺り、私は住んでいる場所近くに、大規模なドライポートが出来ているのか、疑問に思っていた。エコさんの話にいると、高速道路の工事が間もなく始まるとう言う。日系企業が受注したという、第二高速道路だ。ジャワ島の北海岸に沿って、タンジュンプリオク港から、これも、日系企業が受注した、新コンテナ港(スバン)までが、工事区間だという。ジャバベカ工場団地の北を通過する、そして、私たちの新工場は、今は、ど田舎にあるが、直ぐ近く、インターチェンジができる予定だという。その、着工式が8月だという。その式にジョコウィ大統領が鍬入れに来るという。太田さん、大統領と一緒に写真を撮れるよ、などと言っていた。この話、つい、三日ほど前に決まったという。本当かどうか、私は知らない。でも、有ってもおかしくない話だ。私は、かねがね、高速鉄道より高速道路だと言っていた。そのバンドゥン人のエコさんもバンドゥンまでの高速鉄道は大赤字になるでしょう、大きな事故が起きる可能性も高いと、疑問を話していた。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆10周年 [知識]

 2703 先日、ゴルフ仲間と食事をしていた時に、誰かが、下痢の話をし、また目眩の話をした。太田さんは、元気だから、なにもないでしょうね。と、言われた時に。実は、と言って、先ず、過呼吸の話をした。死ぬかと何度も思ったが、死にたいとは思わなくて、ここで死んでたまるか、このまま死んでたまるかと思った。しかし、恐怖だった。紙袋を被せられた話、総合診療科に行きなさいと言われた話などをした。皆さん、なるほど、という顔をしていた。

パニック障害、あれから十年になる。知らぬ間に、そんな昔になってしまった。年も取った。記憶によると、薬のおかげで、翌日から、症状はほとんどなくなり、一二年後には、症状のことを考えることも無くなっていたと思う。薬は、一種のお守りのように携帯している。今持っている薬は、平成26年10月末に、一日一回、30日分を処方してもらった。今、10日分残っている。だから、二年半前からは、20日分しか飲んでいない。それも、たまに、原因不明の軽い目眩が来た時に、思い出して、一回飲むだけ、飲まなくても、いいと思うが、一応、有るから飲む。医者に、この薬をもらう時に、こんな飲み方をしていると、話した。そういう人もいますよ、と、いっていた。
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0063.html
当時のことを書いてある。
この十年の間にエマジェンシー(ダルラッ)に二回行った,一回は、原因は、長時間運転とその後の長時間の現場仕事だと思うが、目まいがきつくてシロアムに駆け込んだ。何でもないと言われた。二回目は、多分、トイレで力み過ぎたからだと思う。頭がぼーっとして、トイレから、ズボンをまともに履かないまま、這い出した。会社だったので、近くのハラパンクルアルガに運び込まれた。着いた時には、いずれも治っていて、こちらも、何でもないと、言われて、すぐ出てきた。年だからでしょうね、パニック障害の症状だとは全く思わないが、お守りにしている薬を一回分ずつ飲んだ。
IMG_2971.JPG
仲間から、原因は?と聞かれた。タンバー(溜まる) ストレスだよ、仕事のし過ぎ、いろいろ考え過ぎだよ。何事も真面目に一生懸命やる人がかかりやすいらしい、言ったら、全員が一致して、それは、無いでしょう、と言われてしまった。自由気ままに生きているように見えて、ストレスなど無縁と思われても仕方がない、動きをしていることは、自分でも分かっている。だから、そのときだけで、すぐ直ってしまったのかもしれない。

中には、本当のパニック障害じゃないでしょ、本当のパニック障害なら、薬だけでそんなに早く治るはずがないという、意見を寄せてくる方もいらっしゃる。もっと深刻な人が多いようだ。私は、ラッキーだったかもしれない。滅茶苦茶苦しんだと、自分では思うが、その期間は、自分でも思い返すと、かなりの行動をしたと思う。何とかならないかと、インドネシアでは大病院、日系病院、近所の病院、約3か月行動しまくった。日本へ脱出してからも一か月間、大病院の救急に、何度も、飛び込んだ。そのたったの4か月だった。やはり、神経をよく使う神経質な人間ではないようだ。私は神経をよく使っていると思うのだが、世間様の方々は、もっともっと、神経を使っているのでしょうね。

73歳近い、老人としては、世間から見れば、かなり、ハードな動きをしていると思われるだろうが、私としては、決して、無理、無茶をしていると思っていないし、頑張っているとも思っていない。自然にやりたいことをしているだけです。それが、できる事が、パニック障害になった原因かもしれないし、短期間で治った原因かもしれない。私は両方だと思っているから、私が動ける限りは、自分のペースを変えることはできない。
IMG_2974.JPG
毎日のブカプアサに飲むものを道端で売る風景が、風物詩になる。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

(^_-)-☆チチャックと旅 [生活]

 2702 ドライバーが、また休み、納品先は、ボゴール二か所、EJIP,そして、スルヤチプタとミトラカラワン、私がまたドライバーである。東に私、帰る途中、KIICのシャープに呼ばれていたので、立ち寄った。南へは、小型トラックでQCの人間が納品にいった。大変忙しいが、予備の人間がいるわけではないので、私がなんでも引き受ける便利屋である。午前中には銀行へ振り込みの手伝いでも行ってきた。チバトゥから高速に入る。カラワン ティムールまで、3500Rp(30円)安い。こんなに安いなら、取らなくてもいいじゃないの?と思うくらい安い。日本なら500円以上の距離ですよ。バンドゥンを10kmくらい通り過ぎてチレニーまでで、48000Rp(400円)だから、バンドゥンまでの高速鉄道を利用する人は少ないに決まっている。
IMG_2967.JPG
渋滞の確率が非常に高い高速道路です。私は路肩専門走行です。渋滞を前方に見れば、左に寄ります。皆で走れば怖くない、です。この写真には、“右車線は追い越し専用”と書かれています。全く、意味がありませんね。
IMG_2966-.JPG
雨が降ってきて、後ろのワイパーを動かそうとして、ルームミラー?で後ろの窓を見ると、チチャックの赤ちゃんがへばりついています。ワイパーを動かすのは止めた。スルヤチプタまで行って、料金を支払う前に居なくなっていた。10数kmだと思う。

インターネットのプルサ、各社に販売競争が盛んになっていて、一年前ほどから、夜間アクセスの場合に10とか12ギガバイト使える、17GBを使えるとか、4GBを10万Rpで入れれば、自動的に夜間12GBサービスという宣伝文句が出てきた。そして、夜間って、何時から何時?と聞いたら、01;00~06;59という。せめて、22:00から翌日04;00にしてもらえば、寝る前に使えると思うが、言われた時間では、ほとんど接続は無理。私にとっては全く無駄なサービスである。何もうれしくない。一般の日本人は、ホテル、アパート、コンドミニアムなど滞在場所に必ずWiFinetはあるので、パスワードを確認するだけでいい。私のような行動は必要ない。私は、住処や旅先、車の中で必要だ。
ちなみに、バリ島なら、02;00~07;59ということでしょうか、パプアなら、03:00~08;59でしょうか。どうでしょうか、これでは、夜間ではなくなりますね。それとも、同じにしているのでしょうか。そうすると、境界線近くでは、より長時間、使えることになりますね。

インドネシア人は、この時間に何をネットで見るのでしょうか、フィルムを一時間見たら、何GB使うのでしょうか、10GB使うには、この時間、何時間、起きているのでしょうか。もし、使い切るなら、昼間の仕事や勉強が出来ないわけだ。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆利息が30% [勘違い]

 2701 また、驚きの話。毎月7日に16,25ジュタ返すように、突然言われたことは書いたが、返す根拠を示さないで、振り込むことになっていると言われても、納得できないから、根拠になる書類を見せてほしいと、頼んであった。今日、その書類が届いた。300,000,000Rp(300ジュタ)、借りている、そして、90,000,000Rp(90ジュタ)が利息になっている。30%の利息だ。恐れ入りました。ものすごい利息。問題はないのでしょうか。昨日のバックマージンが30%で利益がなくなってしまっている現象と何か似ている気がする。コミサリスの判断で借りたのだが、まさか、コミサリスが、この高利貸しと結託していると、コミサリスが幾らか、高利貸しから受け取っているのかもしれないと、読むのは、疑い過ぎだろうか。これについて、質問をした。返事は、私が見間違いで、14%だという。経理の人間に再確認してもらったが、確かに30%になっているという。コミサリスが、こんなでは、コミサリスにならない。

私としては、不自然に感じることが多い新たな経験をしている、ということでしょうか。私の常識では到底、及ばない領域の物語だ。

それでも、先月も順調に利益をあげている。決算書の末端の数字だけをみれば、問題がない普通の会社だ。しかし、もし、私が居なければ、先ず、原料を手に入れることができずに、注文の品物を作ることができず、売り上げが落ちただけではなく、客先に大迷惑を掛けてしまっていたはずだ。客先の組み立てラインを止めてしまっていただろう。大きなペナルティーを要求されていただろう。第二に、アンダーテーブルの提供を続けているでしょう。その仕事をすればするほど、損をするし、利益の上がる仕事ができなくなってしまう。

 彼にしてほしいことは、Tidak ingin mengganggu.客先やサプライヤーなどから連絡を受けた場合は、直ぐに、私に連絡してほしい、メールなら、全文を私に転送してほしい、そして、連絡してきた方やメールを送ってきた方に、“私ではなく、太田かHENI”コンタクトしてください“と、メールで頼んでください。そして、メールした証拠として、私にもCCで送ってください。と、頼んだ。本当は、私が彼に代わる前に、彼に、全ての関係者に、自分は役から降りたので、あとは太田に連絡してくださいと、いう内容で、通知をして置くようにと頼んであって、一部には、出したようだったが、どうも、ほとんど、出していなかったらしい。何をさせても、手抜きだし、中途半端だし、そこまでも行っていないし、返事に嘘が多い。
IMG_2949.JPG
IMG_2950.JPG
 間もなく、ブカプアサ、今日、この辺りは、17時45分くらいです。毎日、少しずつ、変わります。ブカプアサを待っている道端のカキリマ。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆すごい話 [勘違い]

 2700 私にはすごい話だと思うし、よく、こんなことができるなと思う。
若い人がですよ、私のような、技術でも、経営でも大ベテランがすぐそばにいたし、今は、彼に代わって経営をしているのにですよ。

納入先の従業員との約束で、1m700Rpで売っている製品で、200Rpを払うことになっていたとか。それが、つい、一週間前に知らされた。訪問した工場長が、前のダイレクターに引き続いて、払うように要求されたとか。原料費が300Rp,諸経費が200Rp,利益が200Rpの製品である。そして、680Rpに値下げも要求されたという。私が取った仕事である。前々ダイレクターが約束して実行し、前ダイレクターも引き継いだという。三代目の私としては、大憤慨だ。全く、このことで引継ぎがなかった。滅茶苦茶がまた、現れた。作れば作るほど損をするという仕事をさせているのでした。今日、5月末の決算書が届いた。それらしき欄に金額が出ている。一月から五か月で100ジュタ以上支出している。去年の分は、分からない。

前ダイレクターを問い詰めたところ、私の前のダイレクターがやっていたから、やったという。トップが自ら会社に損を与えて平気なのか?従業員を裏切って廃棄なのか?黙っているだけ。そして、この人達もそこから分け前のもらっていたはずだ。何時かはばれるでしょ、金を返すのか?全く、罪の意識が感じられない。会社の金を渡して、分け前をもらっているというのだから、呆れるばかり。もっとも、日本人にも同じことをしている人がいるよね。知っていますよ。あなたですよ。原料の値下げを交渉しないあなた。安い値段の原料を提案してきた購買担当からの話を無視したあなたですよ。

どう処理していたのか、経理に聞いた。毎月、70ジュタくらいの売り上げで、20ジュタくらい払っていた。項目はプロモーションということにしてある。領収書はもらってあるのか?もらってある。どこから?名前は入っていない。請求書(インボイス)は、受け取ってあるのか?ない。それで、経理的に問題ないのか?私は、言われたままのことをしているだけです。ということで、全く、チェック機能がない。経理の人間ももらっているのではないかと疑われても仕方が状況だ。従業員にも、ばれた。以前、新入社員を入れるときに、1ジュタ払わせていたのも、こいつらだった。払って入った連中は、全員今はいない、全く、この仕事に向いていない人間だった。そして、前若きダイレクターも今、三交代に入れて、修行させているが、気の毒なくらい、全然、向いていない。同じ時に入った、高卒者の方が、説教的だし、覚えも早い。そのことを話したら、彼らは、太田さんがテストして向いている人間を雇ったのだから、そうでしょうという。自分には向いていないと自覚があるようだ。それなら、もっと努力をしたら、というのだが、そんな気は全くない。

私は裏金を払うには止める。もし、なお、要求されても、払わない、サインをしない。それで、取引停止になるなら、それでいい。セイ ノウ ナルコバと同じように、セイ ノウ コルプシである。そして、実際、取引がなくなれば、先方の経営者に報告するし、会社の名前も明らかにする。その方が、その会社にとってもいいことだと思う。多分、その会社の中途半端な管理職は、内にだけでなく、他のサプライヤーとも同じ手口を使っているだろうから。

帰国のエアーチケットを手配した。ガルーダ インドネシア ジャカルタ~羽田、往復、9ジュタ(約7.5万円)プロモ価格だという、SAKURA TRAVEL,安いですよね。インドネシアのレバラン休暇と日本のお盆夏休みの間、谷間で超安値でした。学校は夏休みになるし、おじいちゃんは、孫と遊ぶために、こんな時期を狙っているのです。
IMG_2945.JPG
6時半ごろのマテル2の前、出勤してくる女性を載せた、夫のバイクとオジェックが大集合している。終業時間にもこんな状態になる。
IMG_2947.JPG
MM2100の新しいレンタル倉庫、未完成の様子、アパートやホテルも建設ラッシュだがロジステュック関係の建物も建設ラッシュだ。チバトゥの高速道路をまたぐ橋を渡ってジャバベカ側に入ってすぐ右側にも、広大な、倉庫が出現したし、ミトラカワラン工業団地にできた倉庫も広大だ。いずれも、日本ではちょっと考えられない広さだ。


タグ: 無茶 裏切り
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆今日からプアサ [習慣]

 2699 私は最初からプアサはしないと宣言した。口が乾きやすいので、入れ歯のこともあって、水の力をかりなければ普通に喋れないからだ。イスラムでは、仕事がきつい人や年寄りや女性や病気持ちの人は、参加しなくていいことになっている。そこのところは、厳しくないというか、いい加減というか、どうでもいいらしい。

全く、分からないことだらけで、次から次へと、突然、何日に支払うことになっている、などという話が出てくる。支払い条件や契約書がない。何か月前から、払っているから、今月も、来月も、引き続き払ってくださいという。借用書は?返済スケジュールは?聞いても、首を傾げるだけ。何故、支払うのか分からないのに、誰に言われて、払っているのですか?あなたが、借りている証拠がないものを、返してくださいと言われて、はい、分かりましたといって、払いますか。あなたは、払っているのですか。あなたは、支払いなさいと言っても、私は、払うわけがないでしょう。全く、そんなことをいちいち言わせるなよと言いたいが、ダメでしょうね。頭の中身が私と違い過ぎると思うが、どこがどう違うか分からないし、困ってしまうばかりだ。頭がどうにかなりそう。また、パニック障害になってしまうことを恐れる。

それでも、コミサリスから直接話をしてもらって、この会社がどこにどれだけ借金をしていて、返済経過もはっきりしているそうで、その書類を届けるという。ということなので、納得はしないが、待つことにして、明日、返済の申請をすることにした。来月の支払い日までには、全てが、経理上問題が無いようになっていることを願う。経理の人間も、不自然を指摘しないで、言われたままに、それらのことを、何も言わないで、何か月か支払っているというのも可笑しな話だ。何のための経理なのでしょうか。

結構人気があったシンガラジャの“祭りや”は、クローズで、“新祭りや”は、ヒュンダイの工業団地の方でしょうか、ビルの2階にあるゴルフ練習場に隣接しているそうです。行った方からの情報ですが、私は行っていない。どこから入るのでしょうか、いろいろな方面から入れるような気がするが、駐車場の状況も知らない。ゴルフ練習場がビルの二階にあることも知りませんでした。これでは、情報になりませんね。とにかく、祭りやはシンガラジャでは無くなったということです。
IMG_2919.JPG
セッティングしたマシン。
IMG_2928.JPG
IMG_2932.JPG
シティーヲークからかすんで見えない新しいアパート? 大雨、一転にわかに掻き曇って、どっと、雨が降ってきた。バイクに乗っている連中は大慌て、完全に雨季の風景だ。排水が悪い場所は、直ぐに水溜りになる。インスタントミー40個入りの段ボールで3個買ったり、ラマダンスペシャルディスコンの牛肉を2Kgかった。100g90円以下だ。買い物をして、出てきたら、駐車してある場所が5cmくらいの深さの水溜たまりになっていて、車に乗るまでに靴の中に水が入ってしまった。インスタントラーメンを120個も買ってどうするの、ナンブの連中にブカプアサで食べるように、明日、持ってゆくのです。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆明日からプアサ [勘違い]

 2698 355日間隔の行事である。毎回同じように、宗教大臣から、太陽の状態がどうのこうのだから、明日からラマダーン月になると、宣言があった。ということで、6日から断食月になる。日勤の連中は、明日から7時始業になるという。16時まででしょう。
ジャカルタのことは知りませんが、リッポチカランやジャバベカ、ブカシバラットのカラオケもマッサージも今晩までですよ。既に、今晩もやっていないかもしれませんね。私にとっては、どうでもいいことですが。レバラン休暇明けまで、40日ほど、クローズになる。日本食レストランなどのアルコール類提供も、密かなものになる。スーパーやコンビニでのアルコール類販売も自粛になると思う。ビールなど全く買えないということではないが、限られた店でしか手に入らないでしょう。酒飲みの人は、既に、ストックを普段より多く持っているでしょう。

今日は日曜日にもかかわらず、何人かの人が、朝から、新しい装置の据え付けと、配線をしてくれて、一ラインが明日から稼働する。私と言えば、8時ころから、ゴルフ、終わったのが、14時前、食事を終わって、会社に入ったのが15時を過ぎていた。大方、終わっていて、引取機や自動カッターの動作を確認していて、私も、正常に動くことを確認した。押出機の配線も間もなく終わるというところまで来ていた。私が居ても何の役に立たないし、気を遣わせるだけなので、10分ほどいて、あとはよろしく頼むと、家に帰った。若きダイレクターは、いなかった。何も手伝いはできないが、見ているだけでも、いろいろ覚える絶好のチャンスだと思うが、彼には、その気が無いようだ。一回も顔を出さなかったという。従業員が、彼の手抜きをカバーするために休日出勤をしているのに、知らん顔で、いったいどこに言っているのでしょうか。
IMG_2911.JPG
ゴルフの一番ホールのスタート待機カートの様子。雲が厚く、明るくなるのが30分ほど遅くなり、スタートも遅くなったという。私たち7時半のスタート予定が8時になってしまった。時間がったので、ここで、ミーアヤムを食べた。3万Rp、結構、美味しくて、日本人の多くの人も、これを楽しみにしているようだ。ハーフを終わって、ここに来ると、ハビス(売り切れ)と言われることが多い。
IMG_2913-.jpg
バイク(こちらではモートルという)の給油の長い行列、ここのガスステーションはいつも、この状況だ。私がここで、入れることはない。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆奇妙な事 [日常]

 2697 中国からの設備を使う場所に設置した。明日、配線をする予定だ。取り扱い説明書や仕様書がない。仕方がないから、こちらの業者が何とかするしかない。何とかなるでしょう。月曜から稼働させる予定だ。それにして、注文した張本人の若きダイレクターは、全く、知らん顔、手も足もださない。手も足も出せない。もう、彼は、いない方が良い。いると、余計な、的外れを言う。相手にするのも、面倒だ。従業員全員がそう思っている。

そして、彼のいい加減さのカバーをしなければならないのが、新工場のこと、昨日、貸工場の建設業者に来てもらったが、彼では、理解できても、計画の変更をコミサリスに提案することはできない、そこで、貸工場の建設依頼主に、来てもらった。バンドゥンの人だ。若きダイレクターが、コミサリスに対し、1ユニットで十分だと話したから、コミサリスは1ユニット借りる契約をしたという。そこで、昨日と同じように、今の工場の様子を見てもらった。一目で、分かった。面積として貸工場の二つ分が必要だと。最初からオフィスやキャンティーンは二回にしなければならない。そして、それでは、発展の余地はないと。発展分は中二階を作って、検査部門や各種在庫品の置き場所にする。工場主がコミサリスにアドバイスをすることになった。一ユニットを二ユニットにしての契約か、新たに、二倍の工場を見つけて紹介するなどの手段を紹介するという。それは、それで、承知した。

しかし、それだけでは、安心できない。何もわかっていない人たちが、勝手に決めないように、私の方から、いろいろな設備の設置場所と検査や梱包や金型の整備場所、などを指定し、仕事の流れがスームズになるようにしたいし、キャンティーン、ロッカーや祈り室、手足洗い場など福利施設も場所を指定しなければならないそして、それらは、コミサリスと貸主と私とでミーティングをし、同意、確認をする必要がある。そういうことは、私以外に頭が回る人は、いないので、私がやってやるしかない。

経理関係の相談役になる人に来てもらって、新しく入った経理の女性に、これからの方向を話してもらった。今の、経理担当者が分けのわからない存在で、止めてもらった前ダイレクターが連れてきた人物で、月、火、水の三日出勤するだけで6ジュタ払っている。木、金も出勤すれば10ジュタの給料になり、この会社では、私以外では、飛びぬけた金額の給料になる、そして、雇用契約書がない。社員ではないから、経理が暇な時に、他の部門の手伝いをしてもらうこともできない。そのうえ、前ダイレクターや今の若ダイレクターの分けのわからない出金に目を瞑っている。来週中に、彼と話をしなければならないと、思っている。
IMG_2898-.jpg
今日の白紫のハス。
IMG_2908.JPG
この信号、青の時には残り秒数が正常に示されていたので、故障をしていないと思ったが、赤の時に残り時間を示していなかった。壊れているのでしょうね。


タグ:狭い 無能 経理
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆とんでもない神経 [思うこと]

 2696 新工場といわれている場所を建設しているという人間に来てもらった。8月末には引っ越しすると、だいぶ前に聞かされていたが、その後、全く、何の情報も入っていない。もう、レバラン10日ほど休みがある中三か月を切っている。あまりにも、知らされていないので、知るために、貸工場を作っている会社の人に来てもらうことにした。依頼した人間から、何も言ってこないので、自分で呼んで確認しなければならない。これも、妙な話だが、仕方がない。どんな工場なのか、先ず、知らなければならない。

結局、建設を始めた新工場の面積が、一階が12m×17m=204平方mで、4M×3M=12平方mのエントランスが有り、トラックの後ろが入る場所が8m×2m=16平方mあるので、実際に使える面積は、12m×15m=180平方mでしかない。二階に9m×4mの床を作る、それが、事務所とミーティングルームに使えるかな。今の工場が400平方mほどあるが、既に狭い。それなのに、今の半分以下の工場に移転なんかできるはずがない。まったく、レイアウトの計画なし、現工場の面積も考え入っていない。どうして、前ダイレクターは、新しい工場の面積がそれでいいと判断したのでしょうか。全く、小学校の生徒でも分かるようなことが分かっていない。不思議な神経の持ち主に違いない。
今日来た人は分かった。工場を一目見れば、新工場の面積では半分も入らないことが分かる。それをコミサリスに伝えた。明日、今日来た工事や出なく、建設を依頼している貸工場の持ち主が打ち合わせに来るという。とにかく400平方以上なければ、私は移転しないつもりだ。二三年後、二ライン以上の増設ができる余裕がなければならないからだ。そういう、計画を全くしていないし、何をどこに配置するかも、全く、考えていない。押出のことが分かる分からない問問題ではなく、単に物を置く場所、配置する場所がどれくらい必要かを考えるだけだから、頭の程度の問題だ。低いbangetである、
IMG_2883.JPG
帰り道、カキリマが出動の準備をしている。
IMG_2889.JPG
LEDのランプ屋さん、ヤシの実の汁を売っている店、パンク修理の店が並んでいる。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆とんでもない習慣 [日常]

 2695 運転手が出勤してきたので、今日のデリバリーは、私は必要なかった。よかった。奥さんも回復したそうだ。

日本人のお客さんがやってきた。日本人のお客さんを迎えることは、非常に珍しい。仕事で、日本人を相手にすることは、ほとんどないからだ。仕事が始まるときに、あいさつ程度、確認程度で終わり、その後は、全て、インドネイア人と話をするし、日系の商社でも、もともと、最初からでも、そこの日本人に頼むこと、話すことはない。ということは、日本人の中で、インドネシアの中で仕事を始めて間もない方が、私の会社を見つけて、何か聞きたいとか、頼みたいようなことがあって、コンタクトしてくるか、日系の客先の人で、全く、新しい押出の仕事をやってもらいたい人が、その製品の問題点とか、コストの初期の確認をするためである。

今日の場合は、その会社のタイに駐在している上司に当たる人が、インドネシアに見えて、客先開拓の手伝いをしているようだ。インドネシアのプラスチック押出に関する情報を受けたい人でした。私もその方たちから、若干の情報を得た。リルサンでチューブを作っている会社があるとか、チェックしてみたら、あった。多分、自社で日本から原料を調達して、自社でチューブを作り自社の製品に組み込んで使っているのでしょう。インドネシアの中の商社やメーカーの支社は、全く関わっていないので、なかなか、情報が入らなかったのでした。作っているが、他社に売るわけではないし、それ以外に押出製品を引き受けるのでもないので、押出の宣伝は全くしていない。

自社の製品に必要な押出製品を自社で作っている、そういう会社は他にもある。ボールペン屋さんは中の細いチューブ、化粧品や歯磨きペーストを売り出している会社が絞り出しチューブを作っている。

今日は、そのほかに、従業員の一人、品管の人間から、まことに、つまらない話を聞いた。納入先の韓国企業のQCなのかパーチャシングなのか、名乗らないので分からなかったが、インドネシア人スタッフから、フィーを要求されたという、以前から、この会社、製品にクレームを付けて、返品を繰り返していた。NGとされた製品は、公差に入っていた。そして、そのまま、OK品として、納品していた。そして、それは、再びクレームをつけられることは、なかったが、別のロットで、あるいは、ロットが同じでも、納品の日が違っている製品にまた、クレームを付けられる。その繰り返しをしているようだということは、薄々、わかっていた。今日、こちらの品管に、なぜ、同じようなこと繰り返しているのか、出荷検査をしっかりしているのか、聞いた。すると、彼、私をミーティングルームに来てほしという。
そこでの話、フィーというのは、アンダーテーブル、袖の下である。100m一巻の価格が7万Rpだが、2万Rp要求してきているという。そして、それは、今までに習慣になっていたという、だから、返品になった品物を再納入するときに、1万Mなら、7ジュタだが、2ジュタを持って行っていたという。初代のアブドゥール、そして、前のフレンシ、二人とも、それに、応じていたという。方法はフレンシは知っているはずだと言われたという。100mの原料価格が2,8万Rp、7万Rpは、健全な値段だと思う。しかし、今までは5万Rpで売っていたことになる。諸経費を考えれば、赤字になっていたのでした。韓国人はそれを知っているのか、聞いたが、それは、確認できないという。また、こちらからの支払いは、どんな方法で誰に渡していて、会計処理はどうしているのか知っているかと聞いたら、それは、フレンシがやっていたことだから、フレンシに確認してほしいという。こちらでは、NG評価にはならないから、明日、返品された製品をそのまま、納品するという。私はOKした。その時に、幾らかの金額を誰に、どんな方法でいつ渡すのか、会計処理はどうしたのか、フレンシに聞くと、私は返事をして、終わった。
インドネシアではよく聞く話である。あなたの会社も、必ず、こういうことはありますよ。それも、インドネシア人とは限らない、日本人がやっている例も多く知っている。方法や場面は多岐にわたる。

この話が事実なら、韓国人に話して、納品はストップしようと思う、作るだけ無駄な話だし、その他のお待たせしている仕事をやった方が良い。
IMG_2866.JPG
以前は、帰りの途中でワルンやカキリマに寄って、ペチェル レレをよく食べた。最近は、車を止めにくくなって、あまり寄らない。Pecel leleこの読みは、インドネシア語にすると特殊のうちに入る。Eは、ウと聞こえるのが普通だが、この場合は、エとはっきり聞こえる、だから、ペチェル レレである。プチュレ ルルとは、聞こえない。ナマズのから揚げに、キューリなどの野菜が添えられている単純な料理ですが、多くのインドネシア人はサンバル(滅茶苦茶辛い)をたっぷり塗り付けて食べる。ナマズを食べていないで、唐辛子だけ食べればいいじゃん、と思う。私は、掟破りに、ケチャップマニス派だ。
IMG_2860.JPG
ドライポートの交差点でのサンセット、交通信号は非常に少ない、そして、有っても、故障している場合が多いが、ここのは、長持ちして、ちゃんと作動している。残り秒数も表示される、数少ない信号だ。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆納品と原料調達 [日常]

 2694 運転手の奥さんの具合が悪いということで、面倒を見るために出勤していない。午前中はスルヤチプタまで納品、午後はMM2100へ原料の調達に行ってきた。どちらも、荷物の重量が500kg近い、アバンザでは、100%違反である。前タイヤが浮き上がっているし、うしろは、下に膨らんでいるし、見る人が見れば怪しい状態だ。ところどころでラジアをやっているので、呼び止められないように願って通過した。面白いね、この年になって、外国でこんなことをしているなんて。

昨日 受け取った装置のこと、なるほど中国製ですね、こんなものでしょうね。よく、作るな、こんな装置、よく使うな、こんな装置という印象を改めて深めた。不足や使いにくい分は、こちらで、手を加えるしかない。また、全ての装置が大きい、場所をとって仕方がない。

 PPが足りない。多分、インドネシア中が悲鳴を上げているのではないかと思う。決まった数量しか入手できない、増やすことができない。仕方がないから、沢山使っている会社から借りたり、高い値段で買ったりしていたが、この頃は、それらの会社から、入手が限られてきて、こちらに回すことができないと言われている。何時になったら、正常な状態になるのでしょうか。何社かの冷蔵庫の部品の生産ができなくなること恐れている。8月には正常に戻ると聞いているが、どうでしょうか。製品の受注が増えているので、それまで、持つか。

 水槽、日本のジェックスの新製品、スタイルが斬新で、玄人受けしそうな、黒を基調にした落ち着いた二槽デザインになっていると思う。私にところで、その水槽に使われている黒いパイプでお手伝いをしている。AGSアグスと目につく文字が、その製品の名前に入っているのが、私にとっては面白いと思う。ジェックスのインドネシア人スタッフの中で、貴重な存在になっているアグス君を、私は思い浮かべる。彼とは、20年くらい前からの付き合いで、日本人スタッフの中の誰よりも、長い付き合いだ。
 その水槽、評判が良いらしい。新発売をした瞬間から、予想以上の売れ行きで、生産が間に合わない。私に一台、くださいと言ってあるが、人にくれてやる余裕はないと言われている。ま、私にくれる余裕ができない方が私も、その方が良いと思う。夏に向かって、今が一番、忙しい時だし、発送も最多の時期だ。プアサ、レバラン、日本の夏休みと、デリバリーの日程のやりくりが難しい。
IMG_2849.JPG
IMG_2851.JPG
 今日見つけたチキンテリヤキ入りのパン。試しに買って、食べてみた。肉まんの肉がちょっとしか入っていないパンだ。インドネシア人好みなのでしょうか。カレーパンにした方が売れると思うが。カスタードやチョコレートやチーズが入っているパンは、売れているようだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆とんでもない会社 [押出成形]

 2693 とんでもない目にあっている。こんな、冗談のようなことが本当にあるとは、尻拭いするのは私だ。
シッピングスケジュールを出してほしい、荷つくりのパッキングリストを見せてから、パッキングをするように、と。何度も頼んだが、結局ないも出てこないまま、突然、荷物が届いた。昨日の夜だった。昨日の昼間、タンジュンプリオクで荷物が止まっている。カスタム手数料を振り込んでください、振り込まなければ、コンテナを届けることができないと、いきなり、フレンシに言ってきたとか、私に、フレンシから払うように言ってきた。寝耳に水だ。それも、ドルで払えという。ドル払いはできないから、Rpの請求書をよこしてほしとたのんだ。フレンシは、そんな決まりも知らない。そして、直接、直ぐに払えないから、二三日待ってほしいと、メールで頼んだ、その日の夜、荷物を積んだコンテナが、会社に前に来たという知らせがセキュリティーから、入った。どうなっているの?話がまったく違う。とにかく荷物が来たので、おろしていいのか、そのまま、帰ってもらうのか、分からないから、ジャカルタから売り主を呼びつけた。荷物を下していいという、ベアチュチュカイの許可証はあるのか聞いたが、後から、届けられるから、そんなものは必要ないという。そして、フォークリフトを借りてきて下した。
IMG_2789.JPG
IMG_2801.JPG
押出機を売る側、PT Xと注文を出す側、前ダイレクターのFrenである。
仕様書Specifications Spesifikasiがない。取り扱い説明書Instruction manual Instruksi manualもない。パッキングリストもない。何もない。求めていないし、出す気もない。必要ですか、それなら、あとで、送りますという。何時?そうですね。十日以内にという。

 それから、ブレーカープレートと予備のヒーターはどこ?注文書に付記したものだ。ブレーカープレートって、なに?と、逆に聞かれてしまった。双方とも、私が頼んだ物を何か知らないのでした。開いた口が塞がらない。

遡って、仕様の打ち合わせの時、あなたを信用できないので、私を交えてほしと頼んだ。そして、私の要望をすべて伝えた。そんなに多くない。当たり前のことを確認したと言った方が良い、塩ビの押出設備とフレンシが、頼んだというので、それは、間違いで、私がほしいのは、全ての樹脂が対象だから、スクリューはスルフライトでエルバイディL/Dは25から28くらい、圧縮比は3.5。3ゾーンの比率は、大体、同じでと、頼んだ。そして、スクリューの図面を頼んだ。

 付記事項でブレーカープレートは当然、ヘッドに付いてくると確認した。だから、その図面も頼んだ。そして、金型をセットするヘッドプレートの図面も必要だからと、それぞれ、制作に掛かる前に確認したいのでと、頼んだ。その後出てきたのはスクリューだけだった。それも、塩ビ用のダルメージタイプというやつだった。全く、分かっていない。双方ともスクリューのことも、全く分かっていない。その後、こちらから、図面を出して、指示をした。彼らは、それでも、何が違うの?どっちでもいいじゃん、というような口の利き方をする。

 もう、何もかも、私が彼らの尻を拭かなければならない。しかし、彼らは、何の落ち度も失敗もないと思っているでしょう。フレンシは、完全にはずしたが、この中国の会社、もう、口を効きたくない。無駄だと思う。この会社、存在することが、よくないと思う。よく商売ができているなと思う。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感