So-net無料ブログ作成

(^_-)-☆気分は休み [情報]

 2722 既に、気分は、レバラン休暇、ほとんど、電話が掛かってこないし、メールも入ってこない。ところで、レバラン休暇中に、装置の改造がある。業者からの見積もりは増やされることはないが、当社の従業員に何人か出てもらう。2~4日の三日間だ。手当てをはずまなければならないが仕方がない。ムディックをしない人も多いわけで、そういう人たちにとっては、出勤は大歓迎である。希望者を募れば、大勢、やりたい人が出てくる。絞るのが難しいほどだ。そういうものです。

久しぶりに、“じゃかるた新聞“の見出しを、ネットで読んでみた。最近、どんなことを、取り上げているのかなと。http://www.jakartashimbun.com/
ネットには広告が無いのが良いね。ただし、私にとっては、TVニュースで、知っていることを書いてあるだけなので、ほとんど、意味がない。ジェシカの裁判のことも、ニセワクチンのことで、どこどこで、何人捕まったなども、イスタナ ボゴールで、ジョコウィさんがハンデキャップを持っている子供にクイズをだして、景品の自転車を上げていることも、知っていた。ということで、私にとっては買ってまで読む気になれないが、インドネシアに来て間もない人にとっては、参考になるでしょう。いろいろな、サークルや集会の紹介もあるように聞いています。何かの機会を探すにも、いいかもしれません。ま、とにかく、日本人がうようよしている社会ですから、何かと情報は必要でしょう。
IMG_3280.JPG
IMG_3277.JPG
IMG_3278.JPG
オフィスや現場でうろうろしていても邪魔だろうから、会社に周辺を散歩してみようと外に出た。今まで、会社を通り過ぎた先へ行ったことが無いので、ぶらぶら歩いて行ってみた。200mほど先は、出口で、いきなり、カンプンだった。ゴミは捨て放題、家はバラック、臭さがきつい。ジャバベカ2の出入り口の一つ、先はこんな道と家が並んでいる。相当の貧民地帯だと思う。振り返ってみると、こんな風。右の先に、私たちの工場がある。左に、屋台風の掘立小屋の食事をする場所が並んでいる。流石の私もここでは食べたくない。相当の不潔さを感じる。カンプン バンガット。しかし、朝、こちらの方面から、結構、身だしなみがしっかりした、何人かの女性が出てきて、会社の前を通る。違和感。
 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆一瞬の判断 [行動]

 2721 車のシート背の中に入るサスペンダーコード?というバンド?の見積もり依頼を受けてから、インドネシアにまだないと聞かされ、メイドインインドネシアと考えて、先ず、不織布nonwovenのテープを探した。何社か当たって、10日以上過ぎて、やっと、タンゲランの会社から、似たようなサンプルが届けられた。そこで、幅を指定し、見積もりを出してもらうことにした。まだ、まだ、先の話である。とうのは、テープを手に入れたあと、金型作りをする。定尺カットや穴あけ用のプレス機、そして、プレス金型各種を作る。それぞれに投資が必要だし、独立した工程になるので、そこで、人が張り付くことになる。投資は多額になるし、加工費も高くなる。見積もりを高めに出すしかない。品質管理も大変だ。それでも、やってみょうと思ったのは、インドネシアではまだない、というのが前提だった。

 ところが、である。一瞬にして、止めた。インドネシアには主要自動車シート日系メーカーが三社あるが、日本の車シートメーカーが、デルタ シリコン6に新たに進出してきたばかり、という情報を得た。ネットでチェックしたら、確かに、有った。しかし、電話番号がない。メールアドレスもない。そこで、飛び込みで、行ってみた。デスタマスやチバトゥトリップチカランを結ぶ一般道沿いにあるJapanese Centreという塀で囲われた場所で、ゲートの前に入居企業の名前が10社以上、小さな字で書かれていた。近付いて見る気がしない。セキュリティーに直接聞いてみた。こういう名前の会社はあるかと。“有るよ“だった。アポなしなので、誰に会うかは言えないが、とにかく、訪問したいと頼んで、入れてもらった。場所はゲートから左方向、100mくらいの右に見えると、あそこだよと、教えてもらった。行ってみると、シャッターが開けられていて、そう広くない工場内が一瞬にして、見渡せた。責任者の日本人らしき人が、日本人来客と話をしていた。
IMG_3265.JPG
 暫く待って、客がいなくなったので、入って行って、突然の訪問の事情を話し始めて、事務所に通された。サンプルを持って行ったので、それを、見せながら、これを、作られていますねと、確認した。先ほど外から見た装置で明らかにそれを作っていることを確認したからでした。そうです。ダイハツ用に作り出したばかりです、という。なら、F社向けですね。そうです。という会話が続く。ここまで、話をして、先ほど一瞬だが眺めた。その製造装置、全長15mくらい、向こうの端に押出機がある、その横に、巻き戻しのロールが2つあり、寸法を安定させるための長めの層、引取機、たるませた後、プレス装置、そして、定尺にカットされた製品がベルトの上に落とされていて、作業員が、それを、取り上げ、箱に並べていた。全自動である。そのためだけの装置だが、完成装置だ。一瞬にして、私が今更、手掛けるべきではないと、判断した。

 そこで、私に依頼してきた会社を紹介して、早いうちに行った方が良いですよと伝えた。依頼してくれた会社にも伝えた。この仕事との関わりは一瞬にして終った。

 見積もりを頼んだ会社には悪かったと思うが、一応、後に、このサスペンダーコードの会社を紹介し、不織布を提供できる機会を作ってあげようと思う。

 ところで、私がここのゲートから出ようとして、閉ざされたゲートの前に止まって、車から降りようとした時、ゲートの前に止まっていた数台の高級車が、ゲートが開けられると同時に、列をなして入ってきた。ドライバーが降りてきて、ポスに入場の申請をする。セキュリティーは終始ペコペコしている。車の中に座っている人は見えない、インドネシアの高級車はすべて中が見えない。普通車もほとんど仲が見えない。私はその様子を立って眺めていた。向こうからは私は丸見えに見えているはず。そして、私の前から、奥のオフィスの方に向けて行って、見えなくなった。 私は、入場カードを返しに、ポスに向かい、渡したSIMを受け取った。セキュリティーの態度が全然違う。緊張感が全くない。友達同士の話し方だ。私のような日本人に会うと、ほっとするのでしょう。
 それにしても、日本人の訪問は、ここにとっては、VIP級なのでしょう。そして、訪れる日本人も、その気なのでしょうね。なにか、変だと思う。違和感。
IMG_3269.JPG
 ドリアン、実に美味しい、口の中でとろける。食感と香りが顔の周りに残る。直ぐに、飲み物を飲む気がしない、しばらく、そのままにしておきたい。匂いが残る種だけが乗っているトレイはそのまま、近くに置いておく。
 そして、味も匂いも違うが、子供のころ、私だけしか食べることができなかった。ポポー、ポーポーという果物のことを思い出す。私が大学に行くために家から離れた年に、その木は、切られてしまった。そして、40歳代だったと思うが、飛騨高山の朝市で偶然出会って、食べた。美味しかった。それ以来、お目にかかっていない。また、いつか、日本に帰った時にネットでチェックして、手に入れることが出来たら、庭に植えてみたいと思う。
  

(^_-)-☆年が越せる [インドネシア]

 2720 イスラム暦の年末ですね。いよいよ、最終週、デリバリーは既に終了している。休み明けの14日の納入や受け取りまで、サプライヤーやカスタマーとの行き来は無くなる。パルセルを渡しに行くだけである。連休中のゴルフ、7日間、スタート時間が決まった。四日と六日は休み。

 空いていることを願って、リッポチカランへ行ったついでに、ファーマーズ マーケットに寄った。以外に空いていて、拍子抜け、買い物はゆっくりできた。しかし、ジャガイモや玉ねぎ、白菜は、仕入れが間に会わなかったのでしょうか、無くなっていた。パルセルは、各種、山なりに残っていた。
 牛肉はプロモの100g9000Rpを、2kg買った。ということで、ふと、におった。ドリアンだ。日さ素振りの嗅ぐ匂いだ。パックに移したドリアンがあった。値段を見ると、1Kg20万Rp、高っ。しかし、誘惑には弱い。この匂いを嗅いで、何も買わないで帰ることはできない。0.55kgパックを二つ買ってしまった。2千円近い。車の中の匂いが、堪らない。食べてしまえば一パック一分ぐらいだ。今は、冷蔵庫の保管してある。早く食べたいが、明日と明後日の朝にしようと思う。
IMG_3257.JPG 
レバラン休暇中は、多くの店が閉まってしまう。日本食レストランも二三軒しかやっていないと思う。多分、コンビニの半数は開いていると思うが、仕入れが途絶えるので、空き棚が多くなると思う。私は、居残り組なので、それなりの蓄えを確保しておかなければならない。

いつ、行こうかが問題だが、ネットのプルサが、一番心配。一か月限定なので、今、買っても、インドネシアから離れる日までは、使えるので、今日、買った。二つ使っているが、一個は既にハビス、もう一個の有効期限が来月6日になっている。だが、いつ5GBがハビスになるか分からない状態だ。01~07時まで深夜は10GB以上残っているが、これは、ほとんど無意味、明け方、1時間程度で、その時間にネットに繋げることはほとんどない。
IMG_3251.JPG
この女性、手で掲げているのは何か知っていますか。こんな交差点では、止まってくれる車はないと思うが、なぜ、ここなのでしょうか。日本では、お年玉ですよね。レバランで帰省した時などに、身内や近所の子供たちにあげる小遣いのための新札を皆さん用意するのです。銀行で両替はできるが、道端の両替屋で変える人も多い。聞くところによると、1万Rp札の変えるのが大部分だそうだ。そして、10万Rpで9枚受け取るのが相場だそうだ。そして、この人達は、その半分をもらうで、元締めがもう半分を受け取ることになっている。所場代である。子供連れの女性が多い。今は、廃止されたスリーインワンのジョッキーも所場代をプレマン(マフィアの下部組織のようなもの)に払っていた。

今月末前に原料代など、サプライヤーに払う必要のある金額は準備できた。給料も余裕をもって払うことができる。無事、年越しができる見通しが付いた。心配事は、フレンシ君だけだ。彼の仕事っ振りは、全然、社員の模範になっていない、むしろ、やる気をなくしそうな雰囲気だ。困ったものだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆Suci Ramadhan [インドネシア]

 2719 7時半からのゴルフ、もう、そろそろ、帰国する日本人や韓国人がいるのでしょうか、キャンセルが多いようで、キャンセル待ちがぎりぎりまでだった割りには、空いているように思える。進行がスムーズで、後半にも、ほとんど、待ちは、無かった。ミーアヤムを食べている時間がなかった。
IMG_3243.JPG 
12番から13番ショートホールに移動する前に、必ず、蓮池を除いて、この種の蓮を眺め写すのが、当たり前の行動になっている。最大で15cmにならない小さな花だ、この花は5cmくらいだ。もっと小さいものもあるが、一人前の形をしているし、拡大すると、元のサイズが分からないほど、完璧に形をしている。形もいいが、私は色がもっと好きだ。白の花弁の先が主だが、周囲が薄い紫、この色を写真で忠実に表すことができていないと思う。見た目の方がもっと神秘的だと感じる。いろいろな仏像の下は、この種の蓮ではないかと思う。
 
 日本でのゴルフ予定が入った。18日間の滞在だが、4回、入っている。平日ばかりで、藤枝と富士川と島田と相良だ。一回平均1万円くらいだと思う。高いと思うがお付き合いである。楽しみにしていてくれるし、私も皆さんに会えるのが楽しみだ。
IMG_3239.JPG
 Vaksin palsu beredar Diproduksi sejak yahun 2003 偽ワクチン供給 2003年以来作られている。
IMG_3235.JPG
Jelang mudik Lebaran Tiket habis,Calon pemudik Protes Ambon. Maluku ムディックをする人たち、チケットが売り切れで抗議、アンボン マルク州

 食料品と食材が切れてしまったので、一昨日、ジャイアンでパルセルを買うので、一緒に買おうと思ったが、そのカンンターの込み具合を見て。明日にしようと思っていた。そして、今日、皆さんと食事の後、ショッピングモールに寄ろうと思っていたが、車が駐車場に入れず、路上駐車をしている、そして、通過するだけの車は、それが原因の渋滞にはまり込む、三か所の前を通過したが、全てが、そんな状態だった。今日もあきらめた。ムディック前の最終土日、大量の買い物をする人たちでどこもごった返しだったようだ。明日、夕方、再挑戦しようと思う。コンビニでパンとカップ麺を買って食べている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆仕事にもどる [インドネシア]

 2718 今朝は、5時半スタート、真っ暗の中、ゴルフ場に着く、そして、真っ暗な中、10番、スタートホールのティーグランドで明るくなるのを待つ、そして、スタート、6時15分前でした。夜明けとものスタートは、晴れていて、すがすがしかった。エプソンの仕事が、なんだかんだと、忙しくさせられているという愚痴?を聞かされながら、だったが、それでも、そういう話をしながらのプレーは、仕事をしながら、の実感があっていい。
IMG_3230-.JPG
IMG_3230.JPG
IMG_3229.JPG 
食事を一緒にせず、それぞれが、会社に向かった。私も、11時前には、会社に入った。皆さん仕事をしている。既に、急か前の納品は終了しているが、休暇明け、直ちに、納品が控えているために、在庫を多めにしておかなければならない。場合によっては、休暇中、オーバータイムで何日か、稼働させなければならないかもしれない。手当てが、100%ではなく、200%、300%にもなるが。

昨日、突然、ディスナカール(労働基準局のようなもの)に人が一人でやってきた。私は日本語しかできないことにして、握手しただけだった。何故か、THRを従業員に既に、支給したか確認していた。ハリラヤの二週前に出さなければならないらしい。2週間以上前に皆さんの口座に振り込んだという振り込み票の控えを示してそれで終わり、ということだが、一般的に、何のために、今、来たかというと、彼もTHRを受け取りに来たのです。暗黙の了解で、見送りながら、封筒に入れた50万Rpを、何気なく渡した。インドネシアの恒例行事の一つでした。“太田さん、いくら渡し”?というので、“50万だよ”と言ったら、従業員の一人が“50万も渡すのお?多いじゃない?”と言っていた。彼らからすれば、そう思うのも分かる。もらいに来た人は、何日かかけて、管轄の会社を訪問し、何人かで集めた金を、役所の人たち全員で分けるのでしょう。

 インドネシア人同士のいろいろな会社のパーチャシングの担当者間では複雑な、いろいろな取引があるようだ。例えば、何かの製造の会社に営業担当インドネシア人Aがある会社のパーチャシングBにフィーを払う条件で、仕事を回してもらう。そして、そのBは、他の会社のパーチャシングCをAに紹介する。Aは、CにFeeフィーを支払う条件で、仕事をもらう。Aは、会社からプロモーション資金としてBとCに支出する。振り込みは経理Dも協力する。そして、BはAの会社とC個人からお金が入る、そして、A個人に一部を渡す。CはBとAにも配分する。AはDにも分ける。インボイスがないから経理上問題があるが、それは、そういうお金も会社としては必要だと、追及は、されないし、されるなら、金を払えばいい話だ。どうですか、これだけでも、複雑でしょ、これが、網の目のように金が動くのです。とてもじゃないが、追及などしようがない。
 どうですか、Aが、一社だけということはない、何社かと、こんなことをしているとすれば、すごい、蜘蛛の巣の糸のような構図になる。管理が難しいでしょうと言いってやりたくなるような、複雑さになりますね。有るのです、こういうこと。

 ハラパンクルアルガの歯医者(女性、ティティンさん)から呼び出される、仮の歯が出来たので、試してみるという。ほぼ、OK、しかし、手直しをして、水曜日に渡しますと、いうことになった。ティティンさん、木曜日にはムディック出発だと言っていた。

 テレビで全国のムディック渋滞情報がスタートした。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆贈答品 [習慣]

 2717 今時、各サプライヤーは、お中元ならぬ、なんというのでしょうか、パルセルと聞こえる。客先へ贈り物を届ける。客先の方は、いつで、仕事が終わりますよ、という知らせを出してくる。その日までに間に合うように贈り物を持ってきてください、と、言っているかのように、です。もらったものを最終日にスンバコとして配る会社が多い。だから、当てにしている会社も多い。スンバコはスンバコで準備してあるので、平等に分けたうえに、わが社も、当然、貰い物は、アミダで分けるものが多い。
 私の処も、客先であり、サプライヤーでもあるから、受け取りもするし、届もする。一般的に、贈答品のセットが売られている。スンバコの類だが、大小、ピンキリで、どの程度の値段のものを持ってゆくか迷うが、私の場合は、それほど、多きな取引ではないと思うので、10万Rpくらいのセットにする。ドライバーに届けさせるので、客先の倉庫(受け入れ場所)の人たちに、会社に渡すものとは別に、途中のケーキ屋で、ドーナツなど12個入りのセットを買わせて、ドライバーの顔を立てる。

 Paecer Parcelパルセルと言います。ラマダーン レバランの贈り物です。お歳暮、お中元の類です。近くのジャイヤンへ行ってみた。店内はごった返していて、十カ所以上ある支払いカウンアーの全てが長蛇の行列だし、それぞれが、カートにあふれんばかりの品物が載せられていた。こりゃ、困ったぞ、相当時間がかかりそうだし、行列の後ろに着くのも嫌だし、それよりも、買いたいものが何処にあるかも分からない。だから。先ず、インフォメーションに行って、箱に入っている贈り物はどこにあるか聞いた。そしたら、ここに“あるよ“と言いながら、パンフレットを出してきて、どれがいい?と聞く、やった!これだ! 10万Rpのセット、カートンボックス入りになっているパルセルを2箱註文した。箱を買って、いろいろなものをバラで買って、詰め込む方法もあるが、面倒だから、セットになっているものにした。プラスチックコンテナーやロタンの籠に入れているものもあったが、20万Rp以上と高いのでやめた。支払いはここのインフォメーションで済ますことができ、行列の後ろに付く必要はなかった。よかった。
 ただし、そこのカウンターで待っている私に、ここの案内人だと思ったやつがいて、つかつかと寄ってきて、景品の引き換えはここですかと聞いてきた。どうも、ここらしいので、ここだよと答えた。その通り、レシートを待った人がやってきては、鍋とかガラスの皿などをもらっていた。そいつ、直ぐ、私は個々の人間ではないことがわかって、苦笑いをしていた。私はインドネシア人じゃないよ。
IMG_3207.JPG
IMG_3208.JPG
戴いたパルセルと贈るパルセルと戴いたパルセルを詰め替えて贈るためのカートンボックスです。
IMG_3217.JPG
先ほど、また、TVで“ラスカル プランギ”を鑑賞した。勿論、この校舎に行って、中を覗いたこともある。ブリトゥン島です。http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0075.html
http://space.geocities.jp/enplaindonesia/newpage00092.html
http://otaenplaext.net/newpage48.html
http://otaenplaext.net/newpage49.html
ヤフーブログのプロフィールの写真にしています。http://blogs.yahoo.co.jp/enplaind
偽ワクチンが摘発され、大問題になっている。  

Vaksin ワクチン Waspada 警報

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆付き合いは疲れる [情報]

 2716 昨日私をすっぽかした。パーチャシングの人間、何の連絡もない。もう、彼からのコンタクトがあっても、付き合わないようにする。そして、昨日値下げの話をしに行ったが、7月に入ったら、値上げの見積書を出すことにする。インドネシア人の取引には、入って行けない。疲れる。複雑な、人間関係が交錯しているようで、疑えば、何でもありの世界のようだ。疑心暗鬼に陥る。

 ところで、中国製の押出機には、参った。使い始めてまだ10日ほどしか過ぎていないのに、一か所、C3の温度コントロールが出来なくなってしまった。コントローラーを交換したが、結果は同じ、サーモカップルからの温度が、変わってしまう。オンオフのタイミングが全く、機能していない。設定温度に達していないのにオフになったり、温度を越えているのにオンのままだったり、コントロール不能になってしまう。欠陥商品だ。このメーカーは売ってわいけないと思うので、被害者を少なくするために、折を見て、社名を公表する。

 タンゲランのコンパウンド屋が、なぜか、売り込みに来た。サビックに勤めていた人で、止めて、今は、プラスチックのペレット屋に努めているという。そこで、知り合いの私を訪ねてきて、あわよくば、売り込みたいという魂胆からだった。全然、私の処では使わないので、残念ながらお断りをした。
というのは、来る、口実にすぎなかったようで、本題は、こっちだった。オランダ人経営の会社だそうで、ロタンや竹ひご風味の樹脂をローカル企業に売っているそうだ。押出機を使うがペレットを作る会社だ。日系企業への売り込みが成功していないという。私に来てほしいという。それが、主目的だったようだ。今週中に社長を連れて来るから、何とか、来年からでもいいから、手伝ってほしいという。場所はタンゲラン、マチェットだから、いやだと返事をしたら、日系客先候補が多い、この辺りにセールスオフィスを作ってもいいと言われてしまった。
IMG_3196.JPG
こんな風景はどこからか知る人はほとんどいないと思う。押出機の上に載って下を見ている。何故、乗っているかというと、噛み込みを確認したり、噛み込んでいない場合はプラスチックの棒などで押し込んだりするのです。50年の間に、何度、上って、樹脂を押し込んだか。樹脂によって、直ぐ、噛み込み不良になってしまうものもある。シリンダーの温度の不適切やそのほかにもいろいろ原因があるが、この作業は、私の仕事では付き物だ。一度、この位置から落ちて、足の着き方が悪く、腓骨を骨折したことがあった。
IMG_3198.JPG
依頼された製品です。何とかしてやろうと思っている。
 

タグ:欠陥 勧誘 非礼
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆何を考えて [変!]

 2715 大手の弱電メーカーを訪問した。取引は、私がお膳立てして会社の創業間もない,1年半前ころからあった。今でも、コンスタントに続いている。アドバイザー当時は2回、品質に関して、訪問しているが、ダイレクターになって、まだ、挨拶に行っていないので、手土産を持って、挨拶に行ってきた。順調なら2時間だが、道を間違う可能性があるし、大渋滞になる可能性もあるため、約束時間の3時間前に出た。結局、3時間掛かって、やっと、着いた。約束の14時10分前に到着した。
 ということだった。ところが、ご本人がいないという。別の予定があって、そちらにいってしまっていて、16時過ぎには戻るでしょうという。本人のHPに電話した。切ってあった。がっかりである。仕方がないから、担当は違うが、同じパーチャシングの女性が応対してくれたので、その女性に、言いたいことを話し、伝えてくださいと頼んだ。値下げの話を持って行ったが、それは、止めにした。

 がっかりしたのは、大手弱電メーカーのパーチャシングの対応ぶりだ。何様だと思っているのでしょうか。こんな失礼な話はない。どういう教育をしているのでしょうか。約束の日にいない。そのいないことを事前に連絡がない。事後にも連絡がない。全くの無視である。こんな対応ぶりは、一時が万事、私に対する今日のことはほんの一部に過ぎないでしょう。せっかく、挨拶代わりに、製品の値下げの話をしてやろうと、案を持って行ったが、止めにした。ささやか乍ら、斜陽の企業を応援しようと思っているのに、これじゃだめだ。今後も、値下げの依頼があっても、応じない。

 謝りの連絡がないということは、ご本人、なんとも思っていないのでしょう。今は、取引があるから、公表はしないが、インドネシアの仕事を止めた時には、公表しようと思う。企業の弱点の象徴だ。中国や台湾に身売りをしたり、身売りをしなくても、やっていた事業から手を引いたり、縮小したり、衰退が止まらない業界。各社の創業者が泣いている。

 インドネシア人のモラルの低下を放置しているのでしょうか。インドネシア人が知らない中で、経営者が高い原料を買い続け、供給者から、アンダーテーブルを受け取る。また、上司が知らない中で、インドネシア人担当者も高い部品を買って、サプライヤーから、フィーを受け取る。中には、サプライヤーの協力者に配分している場合もある。会社のためでなく、自分のためだけにコルプシ。多くの従業員をも裏切っている。
 
 THRを支給した結果、ちょっとだけ反応があった。基本は勤務日数だが、私の評価を加えた。マイナスした人は、前ダイレクターと経理の担当、手伝い者だ。何人は、プラスをした。何人かから、お礼をされた。しかし、経理の人からは、間接的に、なぜ、少なくしたのか聞いてきた。説明をした。この人、従業員の契約をしていない、前々ダイレクターの友人で引っ張られたらしいが、雇用契約がないまま、週三日出勤すればいいらしかった。前ダイレクターもそのまま使っていた。しかし、三日にしては、手当てが高すぎるし、前任者の分けのわからない出金を黙って、認めていて、経理上問題になる処理をしていた。私は、この人に契約があるか聞いてあったが、返事がないまま、今に至っていた。
 なぜ、少なくしたか聞かれたので、出勤日数が少ないことと、チェック機能をはたしていなかったことと、アシスタントへの仕事の任せ方、教え方がうまくないことと話した。
 そして、今のような曖昧な立場でいられても困るから、本人がいう、契約は8月末、以降は、従業員としての雇用にしたい。月給は今までのまま、勤務は勿論、会社規則による。そして、ポジションは経理だけでなく、事務全体を見てもらう、人事総務をやってもらう。部下は二人。という、条件を示した。レバラン休暇後に、どうするかの考え方を私に伝えてほしいと言っておいた。

 この人物、直ぐに止めてもらっても構わないと思っている。会社の情報が、前々ダイレクター漏らしていることは明らかだし。
IMG_3185-.JPG
 女性専用駐車場からこんな車がでてきた。トヨタヤリスだが、菱自動車と書いてある。
IMG_3185^.JPG
 途中のコンビニで借りたトイレ、清潔だと思う。大なら、紙は自分でもって入らなければなりません。手で洗うならいらない。
IMG_3185.JPG
 帰りの高速道路、大粒の雨が降ってきた。対向車線は大渋滞の様子。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆望まない移転先 [思うこと]

 2714 THRを振り込んだ。
また、置き忘れ、今度は、パスポート(キタスを挟んであった)が病院から会社に戻った時に、無くなっていることに、気が付いた。歯医者へ行ったときに、必要かなと思って、バッグからポケットに移して持っていた。受付で見せて、直ぐ、ポケットにしまった。診察室、支払いカウンター、そして、車、どこかで、ポケットから出てしまったようだ、病院の受けつけに戻った。聞くと、ニッコリしながら“有るよ“。でした。診察室ののげぞり椅子の脇に落ちていたそうで、ポスセキュリティーで保管しているよ。でした。セキュリティーの方を見ると、既に、私のパスポートを掲げて、私を招いていた。ホッである。
それにしても、注意不足というか、いろいろなことを注意を払えないというか、怖いですね。ポケットから落ちれば、その時の感触があるものだと思うが、それがない。HPを車の脇に落とした時も、自分の手から離れた感触がなかった。触感が退化していると思う。注意散漫だ。

プアサ期間中とはいえ、それにしても、歯がないのはつらい、噛めないから、何でも、出来るだけ小さく切ってから、飲み込むしかない。硬いものは、全くダメ、粉々にして飲み込む。

新工場予定地を見てきた。何時だったか、だいぶ前に行ってことがあったが、ど田舎、という以外には、こんなところに引っ越すの?と、思っただけだった。今日の印象は、以前と同じだった。大丈夫かなと思うが、ジャバベカ6と繋がるし、新ジャラントールが直ぐそばを通るということらしいので、私が、その時にいるわけでもないが、ま、いる間は、何とかしましょうというところ。私も大変になるが、従業員は、もっと、通勤が大変になる。ジャバベカ6の一番奥の外300m東にあるが、道がない。ゴルフ場まで、1kmが、行くには遠回りで田舎道、10分以上かかる。客先も訪ねて来るには一苦労になる。
IMG_3120.JPG
この場所に工場ができる。
IMG_3124.JPG
工場予定地から1分くらいの場所から見えるジャバベカ6。ここに行くには、大回りをして10分以上かかる。
IMG_3131.JPG
 今年1月から、こんなアクセスが続いている。普通の日は平均600くらいで、500~700回だが、月に二回か三回、5000~6000以上のアクセスがされている。不思議である。目的は何なのでしょうか。限られた人数で、書かれていることを読まないでも、これだけ開けるだけで、大変だと思う。人数が出ないのが残念。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆入れ歯の注文 [災害]

 2713 大きな歯の看板が出ている、トカンギギかアーリギギはどうかと、インドネシア人為聞いたら、危ないからやめた方が良いと言われて、行きつけの病院にした。月曜日で、いつも(と言っても何年に一回)かかっていた医者はいないので、いる医者にお願いした。入れ歯を作りたいと、上の歯を総入れ歯にする。チェタカン(型)を取る、下の歯の型も取る.それぞれ二回、入念に、噛み合わせのための、噛んだ状態での型も取る。結構時間がかかる。30分以上かけて、型取り終了、仕事日で7日掛かるという。約10日後ということでしょう。金額は?これが、高っ。前払い、5ジュタ(4万円)、保険が効かない。大丈夫ですか?と、確認された。仕方がないから、大丈夫というしかない。日本とほぼ同じ価格だが、日本なら、20%負担なので、1万円行かない。カードで支払った。
それにしても、まさか、私が、ほとんど、総入れ歯になってしまうとは、食欲があるのに、うまく噛めない現在、とほほ!である。早く、歯が出来てほしい。レバラン休暇に入る前で良かった。
IMG_3111.JPG
ブンガワンソロhttp://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0303.htmlが大変なことになっています。あの有名な歌、ブンガワンソロhttp://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage106.html
です。中部ジャワの大河です。ジャワ島で一番の長さと流域の広さです。歌詞に雨季には、はるか遠くまで氾濫する、乾季には、干上がってしまう。とある。そして、歌詞の通り、雨季になれば、毎年、例外なく、多くの犠牲者がでる。しかし、今は、本当は乾季だ。ジャカルタやブカシも、今年は、乾季らしい状態は少なく、まだ、雨季ではないかと思うほど、雨が降るし、気温も低い、ジャカルタからもバンジール(洪水)のニュースは、毎日のようにある。
IMG_3107.JPG
そして、ブンガワンソロです。中部ジャワのこの川が流れている県のすべてで、ロンソール(土砂崩れ)バンジールが、発生していて、一か所で60人以上亡くなっている場所もある。流域の多くは、人が入らない、熱帯雨林(ジャングル)で、空から、眺めると、茶色の地域が緑の地域に侵入しているのが分かる。その場所全てに人が住んでいて、洪水に見舞われているのです。果てしない洪水とドシャ崩れ、超自然の原始時代の天災とはこういうものかと思うほどだ。雨季での氾濫はニュースにならないが、乾季の洪水はニュースになる。
この乾季のはずが、ブンガワンソロだけではない、パレンバンのスンガイ ムシ、そして、カリマンタンのスンガイ マハカムhttp://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage022.html
http://space.geocities.jp/enplaindonesia/newpage00073.html
も例外ではない。全然、関係ないが、ジャカルタのジャラン マハカムにあった、六本木パパというカラオケは今でもあるのでしょうか。

レバランも半分過ぎた。帰省(ムディック)渋滞の始まりまで、十日余り、雨が止まないので、凸凹道の舗装のし直しが進まない。今年の帰省、Uターンの渋滞は、例年以上に大変なことになりそうだ。事故も多くなるに違いない。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感