So-net無料ブログ作成

(^_-)-☆夏花火 [人生]

 2753 近くのホームセンターに、注文してあったバリ取り面取り器と筒型テーパーゲージが届いたという知らせが、水曜日に入っていたので、先ほど、受け取りに行ってきた。ネットで、それらのメーカーをチェックした。求めるものは、それぞれ、一社しか見つけることができなかった。これじゃ、インドネシアで売っているわけがないと思った。通販で扱っている会社を二社見つけた。そして、値段をチェックした。また、DIY店に行って、価格を確認した。 通販よりDIY店の方が安かった。また、受け取ってから払えばいいので安心。ということで、近くのホームセンターに取り寄せ注文をしてあった。
IMG_0922.JPG
購入するとき、店のサービスカウンターに行って、購入予約票のようなものを見せて、受け取りに来たということを言う。係りの女性、奥の方から、それらを持ってきた。大きなものではない。価格をチェックしている。何故か、値段をつぶやきながら、困っているようだった。私が取り寄せを頼んだ時の人と違う。私は合計価格を知っているから、財布からその金額を出していた。何故か、戸惑ったようにその価格を言う。私は、“高すぎると思ったでしょ”と言いながら、その金額を渡した。ご本人、“高い物とは思わなかった”と、言っていた。そう、テーパーゲージが高い。小さい方が4000円くらい、大きい方は1万円以上する、二本ずつだから、3万年以上、面取りが5個で9千円以上なので、総計、4万円以上、高っ!!しかし、必要品だ。いちいちの通り止まりのゲージを作るより安い。
IMG_0935.JPG
安倍川の花火大会、今年は、私はアッシイ君、みんながそれぞれ、行くというので、車で二回に分けて、送って行った。7時から始まるので、6時から7時前までそれをしていた。帰り、まだ、暗くなっていないが、始まっていた。交通規制が強化されている感が有り、昨年まで通れた道も閉鎖になっていた箇所があったし、歩行者優先のガイドをしていたので、車の通れる道は渋滞していた。そして、ニースのテロの後ということでしょう。車両進入できない場所は、パトカーや機動隊バスが横向きに置かれていた。

昼間はうるさいくらいの蝉しぐれ、夜が更けて、中途半端に遠い仕掛け花火の音、日本の夏ですね。一人でスイカを頬ばった。インドネシアで、いつでも食べているのに、と思いながら。

9時に予定通り、花火の音はやんだ。皆は、歩いて帰ってきた関係で10時家に戻ってきた。歩いて疲れたのでしょう。孫二人は、私が寝る布団で眠ってしまった。私は、畳の上に寝る。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆疲れる [ゴルフ]

 2752 日本でのゴルフはいつもそうだが、何が疲れるって、待つことと、気遣いというか世話。今日のメンバーは、79.72.72.68歳。79歳は腰が痛い、医者通いをしていてコルセットを付けている。72歳は私ともう一人、この人は、ひざの具合が悪く、歩くのがつらい。68歳は、特に悪いところはないがし、飛ばすが、方向が定まらない。セルフだからキャディーはいない、カート一台に四人乗って、移動する。私は、特に悪いところはなく、ティーショットの後、三番ウッドとピッチングとパターをもって、カートに乗り、二打目の近くで降りる。そのあとは、ホールアウトし、次のティーグラウンドに移動する時まで、自分のためにカートに戻ることはほとんどない。戻ったのは、18ホールのうち、3回だけ、オンさせようとするまでの距離がピッチングでは合わない時だけだった。バンカーに入ってもピッチングを使う。

ところが、その他に、何回か途中でカートに戻っている。自分のためではない、他の人のためだ。山岳コース、上り下りが急だし、それは前後だけでなく、左右にもだ。皆さん、カートはボールの真横に止めて、降りる、道から遠い人は、30m、50m歩かなければならない、それも、急な登りか、下り、必要なクラブは二三本、一応、持ってゆく、ゆっくりゆっくりである。そこまでは、私は眺めているだけ、ところが、その人、中途半端にチョロッてしまったら、私が手伝わなければならない、次に使うクラブをカートまで取りに行って渡す。その人、次の地点まで、ゆっくり歩く、打ち終わって、カートに戻る。私は、自分のボールの場所にそのまま歩く。グリーンに乗っていれば、皆さんが乗っているカートが到着するのを待つ、乗っていなければ、先に乗せてしまって待っている。

その他、パッティングが終わり、グリーンから離れるときに、周りを見渡す。持ってきたパター以外のクラブが残っていないことを確認する。もっていかない人がいるからだ。時のグリーンに来た時の前の組かどうか、クラブの忘れ物がある場合もある。

スコアーの間違いやオリンピックの点の間違いは、当たり前にある。当たり前に間違える人が、格好、他の人のスコアーやポイントの確認が、厳しい。全ての人のスコアーとポイントを確認し、記入し、移動中に、皆さんの合計を確認し、誰が良いとか悪いとか言っている。いちいちうるさい。そして、確認したはずなのに、その合計を間違って言っている場合もある。もう、言わせておけと思う。

いちいちカートに戻らないで、殆ど歩いて、皆さんより早くプレーするし、オリンピックの点数は私が即座に言ってあげるので、太田さん、足に問題がなくて、羨ましい、と言われる。計算が早くていいね、と言われる。私は、恵まれていると思う。それでも、忘れ物は多くなっていると思うし、若いときと比べれば、相当、いろいろな能力は衰えていることを自覚している。皆さんの行動や言動は、他人事ではないかもしれないと思う。

それと、二人が白内障だとか、ボールの行き先がはっきりしない。カート道から遠いのか、どれくらい離れているのか、OGなのか、どうなのか、分からない。いちいち、教えなければならないし、先、ボールの側に行くので、ここだよと、指さして、教えなければならない。なおかつ、近くで待っていて、その人が近付いた時に、右とか左とか、ちょっと前とか、見つかるまで、最後まで教えなければならない。ラフに入っていれば、その人、近くにいても見つけられないからだ。

ぼけちゃったらこもるよね、本人は良いかもしれないが、周りがね。そんな話は普通にある。
IMG_0910.JPG
コースの一部から駿河湾を望む。
IMG_0877-.JPG
ここから、宇津ノ谷峠のいくつかの道に行ける、蔦の細道や江戸時代の東海道や明治の道、そして、現在のトンネルに入る。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆子供の頃 [思い出]

 2751 安西橋の手前と安西橋の向こう側、安西五丁目と山崎だ。小学校のころ、この道は、真ん中の一車線の広さしかなく、舗装はしてあったと想うが、剥げていた部分の方が多く、ちょっと風が吹けば砂煙が上がっていた。車はほとんど走っていなかったので、アスファルトが残っている場所に座り込んで、眺めの釘と石で、埋まっている釘、入りがね、ねじ等を掘り出し、貯めて、屑鉄屋に持ち込んで小遣い稼ぎをしていた。アルミや銅(赤)や真鍮は高く売れた。リヤカーや大八車が行き交っていて、自転車の後ろにリヤカーを繋げて引っ張っている姿もあった。この通りを塞ぐようにしてラジオ体操をしたし、缶蹴り、水雷駆逐、Sチンなどの遊びをしていた。
IMG_0855.JPG
IMG_0859.JPG
安倍川の土手まで500mくらいのところに住んでいて、安倍川には日常的に遊びに行っていて、泳ぎも川に放りこもれて覚えたし、魚釣りや石に下の魚を石をぶつけて取ったり、ぬかビンを仕掛けて取ったりして遊んでいた。時には、安西橋を渡って、大門川、藁科川の方まで遠征し、木枯らしの森付近で泳いだり魚を追いかけたり、ぼったいで魚を捕まえたり、鳥餅でチャッチャ(子供ウグイス)、目白などを捕まえたりしていた。船山にもよく行っていた。蝉やクワガタ、カブトムシは当たり前、アユなの魚やイナゴやドジョウ、蜂の幼虫は食用だった。

その内、砂や砂利の採掘が盛んになり、河原のあちらこちらに、採掘跡の広い深い穴(浅いと思って歩いていると突然深くなってしまっていた)が出来てしまっていて、その穴に落ちて亡くなった子がいて、なんとなく、安倍川で泳ぐことが禁止になってしまったように覚えている。

今の風景、状況からは、想像できないほど、川向う(山崎新田?羽鳥?)は、ど田舎だった。安西橋を渡って向こう側に行くのは冒険だった。大門川で蛍の大群に遭遇した時には、大感激したことを覚えている。安西橋の両岸の下には、昔はコジキと言われていた人たちが住んでいた。そのうちの一人、“ごんじい“に助けられた思い出は忘れられない。
 
 こんなことが原点だったから、インドネシアでの生活は全く苦にならないどころか、快適そのものだ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ゴルフは試練 [ゴルフ]

 2750 梅雨明けはまだだという。昨日から雨が降り続き、今朝も霧雨状態、その中、ゴルフ場に向かう。静岡市街に向かう渋滞車他派反対方向、西に向かう。国道を40分ほどで到着、7時半ころ、雨は、霧雨のまま、寒い。直ぐ止むだろうからと、8時にはチーオフ、雨はやまないどころか、風もでてきて、横から雨が降ってきた。場所によっては、下から雨が吹き上げて来た。終わったのが2時ころ、前の若者の組が遅い、寒い中、途中待ち時間が長い。忍耐、試練のゴルフになってしまった。暑さを覚悟して、日本にやって来たのに、ゴルフ用のレインコートを持っていないし、傘もない。寒さに耐える羽目になってしまった。
IMG_0838.JPG
IMG_0839.JPG
チカンペックも真っ青な、山岳コース、上りも下りも急だし、狭い、左右どちらかは急な下り坂になっていて、フェンスでその下までボールも人も落ちないようにしてある。フェンスに達したボールはフリードロップでき、ノーペナだ。その反対側は急な登りのラフその上は森になっている。こちらはOB。ただ、ひたすら、真っ直ぐ打つことを考えるしかない。

四人で一人は会社の元社長さん、リタイヤして、悠々自適、ゴルフは、腰が痛いと言いながら、週に一回ペースでやっているとか、一人は、その会社の元部下従業員、家が近くで付き合いをしている。もう一人は、元公務員、技術研究所に長い間勤務していて、今でも、何かと理事とか、相談員とか、講師などを恃まれてやっているとか。
それらの中でも話題は、ISなどのテロのこと、そして、起きたばかりの障碍者に対する殺害事件、そして、何故か、日本の貧富の格差についてだった。

どういう基準で言っているのか知らないが、一人が、日本人の6人に1人は貧困だというデータがあるという。給食費を払えなくて、給食を食べられない子供が増えているという、本当だろうか。母子家庭の殆どは生活保護を受けているのだそうだ。非正規社員が増えていて、使い捨て労働者では、長期の教育はできないから、技術の進歩や開発はできない。労働組合は、彼らを正規従業員にしようとしない、自分たちの取り分を分けなければならないからだ。今、総評も連合もどうなっているの?ベースアップも国に促されて交渉らしきことをしているだけだよね。最低時間給を24円アップの勧告?が、有ったようだが、これも、なんだかよくわからないね、という。
私にはそれらの話題に入り込める知識を持っていない。聞いているだけだった。
 

タグ:寒い 話題 試練
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆安上り [生活]

 2749 なななんと、20年以上ぶりに日本でズボンを買った。インドネシアでは10年ほど前に二本ズボンを買っている。なぜ、今日買ったのかというと、明日、ゴルフにはいてゆく、ズボンと襟付き半袖シャツがないからだ。インドネシアで4本持っていたズボンは、直しながら使っていたが、三本がほころびだらけになって使えなくなり、はいてきたズボン一本だけになってしまった。インドネシアには道端のどこにでも、衣服の修理屋があって、直して使うには非常に便利な場所だが、それにしても、修理を繰り返していて、もう修理が無理になっていたのでした。

日本はもともと替えズボンを置いていなくて、有ればインドネシアから持ってきて使っていた。あした、使うズボンがないことに気が付いた。近くの安売り店に行って、三本買ってきた。3×1600円、4800円でした。襟付きシャツは、2×900円 1800円、小雨が降っていて、何故か、雨の日は5%オフだそうで、6000円ちょっとでした。安い、インドネシアで買うより安い。衣服や履物は、日本の安売りの方が安い。

これで、今後5年以上はズボンを買うことはないでしょう。

ゴルフの後など、或いは普段着は、どうしているかというと、インドネシアでは、半ズボンとTシャツだ。これらは、どこで買ったかというと、旅先のどこかで買ったものだ。短パンは三本持っている。その一本を今回日本に持ってきている。Tシャツも旅先で記念に買ったものだ、これは、沢山持っている、数えてないが、20はあると思う。今回は、バリのハードロックカフェのTシャツを持ってきて、着ている。インドネシアでは、ポンティアナックとコモドとコタキナバルとパンガンダランのものをとっ替えひっ替え着ている。ブリトゥンのラスカル プランギ、プリントのTシャツは、洗濯を繰り返し、色がくすんできてしまったので、今は、着ないで飾ってある。

日本の冬は、どうしているかというと、冬用は家に置いてある、20年以上前に買った服、厚手のシャツやセーターは今でも使える、タンスの引き出し一個の中に収まっている。これらは、今後、買って増やすことはない、そんな必要は、全くないはずだ。インドネシアへ持って行ったことはない。

今日買ったズボンとシャツはインドネシアへ持ってゆく、はいてきたズボンは持ってゆかない。旅も仕事もジャングル歩きも、これで十分すぎるくらい十分。
IMG_0743.JPG
IMG_0745.JPG
庭の一角から孫が撮影。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆視察費用 [変!]

 2748 リオの五輪視察費用、それだけで、日本の公共費用を全部でいくら支出するのでしょうか、何億円になるのでしょうか。 公務員の職員や役職の人たちの視察などの出張費の予算(目標費用)はいくらになっているのでしょうか。交通費と宿泊費、それと、持ち物などの必要経費ひっくるめて、一人当たり、どこどこへ行くにはいくら掛けてもいいという金額です。

以前、海外技術者派遣制度をチェックしたことがあった。派遣条件がいろいろあったが、その時の派遣される人への報酬を見てびっくりしたことを覚えている。そのとき、半額でも十分だと思った。半額にすれば、倍の人数を派遣できるということは、海外技術援助が倍できるし、日本人に倍の仕事機会を与えることになる。そのうえ、もう一つ気になることは、この制度に関する職員や審査員らしき人の多いこと、これらは、人数を半分にし、報酬も半分にできると思った。派遣手伝い費用は4分の1になるということだ。同じ予算なら、私なら倍以上の人を派遣できると思った。その年度の予算終了次第派遣を締め切ると書いてあったような気がする。
公共の予算を立てる人は、私から見れば、結構、贅沢に費用を使おうと思っているとしか思えない。技術者派遣をするには、それだけの報酬を出さなければ、行ってくれる人がいないとでも思っているのでしょうか。自分が行くなら、これくらいは最低欲しい、これくらいの生活はしたいと思うのでしょうか。それは、間違いだと思う。

都知事の視察費用や公私混同が問題になった。当たり前でしょ。私は今、海外で技術援助をしている。私の年間報酬はいくらでしょうか。分かりやすいように、円で書きます。先ず、航空券はエコノミーです。それも、格安を狙います。年間2往復が会社負担で、20万円です。実際には、17万円程に押さえます。ちなみに、今日本にいるが、今回の往復費用航空券は7万5千円くらいです。これが、快適、ひじ掛けを全部上げて、寝ていれば、日本に着く。
月の報酬は15万円くらいです。位というのは、ルピアでもらっているからです。また、私が、仕事ができるようにするためのVISAなど費用、30万円くらい。

これらを合計すると、20+15×12+30=230万円です。これで、全部ですが、車だけは会社から借りている。当然、この車は、仕事に使っているし、私が使っていないときには、他の人も使う。ガソリン、保険、点検費用は会社負担になっている。
運転手は使わない、運転免許費用、住宅費、通信費、パソコン ハンドホーン などなど、全て個人負担だし、会社の人の世話にはならない。毎週のゴルフや旅に出れば、その費用も自分です。そして、食費など生活費、そして、それらの合計は、12万円くらい(15ジュタ未満)です。だから、毎月、幾らか余る勘定です。余った金額は、慶弔費、病院見舞い、食事会などに使うことができる。

決して無理をしていない、インドネシアにはない技術を新たに教えながら、客先の手伝いをしながら、生活のエンジョイもする。快適である。この金額で十分なのです。他の人も同じようにできるとは言いませんが、倍くらいなら誰だってできるでしょう。ドライバー付きレンタルモービルは月、5万円で十分だし、ガソリン代は日本の半値以下、高速代は十分の一。公共費を使って、旅費を含めても、年8百万円も一千万円も一人に掛ける必要はないし、派遣業務をする人も同じことが言える。

インドネシアに来るのに、一人、一泊3万円、航空券30万円など、とんでもない話で、3人分でしょ、この金額は。私なら、四人分です。

先日、日本のテレビで、インドネシアの紹介で、ナシゴレン10万Rp,オックステールスープ(ソッ ブントゥットゥ)15万Rp ミーゴレン10万Rpなどと紹介されていた。どんな、高級レストランだよ!こんな食費をもとに計算されたらたまらない。公務員の予算を立てる人は、こういう食事を前提にしているのでしょうか。私は、その5分の1の値段で美味しく食べている。ミー マサック、ミールブスは8000Rpだ。
IMG_0819.JPG
IMG_0828.JPG
散歩に出かけた丸子(マリコ)川土手、の花。
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆せまがれて [情報]

 2747 上の子に、大人用というか、中学、高校用に自転車を買ってやった。インドネイアならこれが、バイクになる。5万円でした。それでも、高いと思うが、インドネシアのバイクなら12、3万円くらいする。よくみなさん買ってやれると思う。下の子には、今まで通りの子供用自転車で我慢してもらって、来年、大人用を買ってあげると約束し、納得させた。上の子の今までの子供用の自転車を使うことになる。薄暗くなると、自動的にライトが点く代物だ。錠も二か所着いている。
IMG_0817.JPG
以前から、せがまれていた、近所にある、ラウンド1という、なんというのでしょうか、ゲームセンターやボーリング場、カラオケがある施設に行った。車で5分くらいの場所、この前は、以前から、頻繁に通過していて,そのたびに、“おじいちゃん、いつか、寄ってみようよ“と、言われていて、それを、実行した。
IMG_0815-.JPG
先ず、カラオケ、受付カウンターがあって、そこで、時間と飲み物の予約をする。私たちは30分頼んで、それは、15分ごとに、追加料金を払うシステムのようだった。飲み物はドリンクバーでセット料金になっていた。スナック、ポテトチップスやアイスクリームなどもそこで注文した。
買い物かごのような中に、マイクを二本と部屋番カードが入っている、それと、リモコンセットも入っている。それを、渡されて、部屋の方に行ってくださいというわけだ。2番という部屋、30番まで部屋があったが、それぞれの広さは分からない。私たちの部屋は、6人程度座れるスペースがあった。早速、歌い始める、孫も私も初体験、セッティングの仕方が分からない。モニター画面の下についているリモコンセットが分かりやすく、そちらで、予約を入れて行った。最初の歌は、なぜか”翼をください“だった。孫も私も歌える。彼女たち大声で張り切って歌っていた。ご機嫌である、大喜び、私も調子に乗って、”負けないで”“tomorrow”など。孫たちが知っていそうな元気な曲を歌った。びっくりしたには、上の子が“朧月夜”を予約していた。
大満足で1時間で10曲以上歌って出てきた。料金は2600円だった。3人分、飲み物、スナックなどを含んでなので、安いと思った。

プリクラ?写真編集ボックス?というのでしょうか、写真を撮って、いろいろ、編集するやつ、400円、人数に関係なし、これも、初体験、これにも夢中、何回かのポーズで撮影し、編集室に移り、文字や飾りや背景などを適当に書いたり、消したり、時間がかかる、黙っていれば、消したり、追加したり、きりがない、いつまでもやっている。編集を止めさせ、プリントを待つこと2分くらい、何やら、小さい写真が沢山出てきた。

午前中に注文してあった自転車を自転車屋に寄って受け取り、上に子はその自転車で家に帰った。孫と一緒におじいちゃんも十分楽しんだ一日でした。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆回顧と現在 [人]

 2746 あるものを買いに、久能海岸沿いの店へ行ってきた。これも、インドネシアへ持ってゆくものだ。その途中の海岸通り。
IMG_0701.JPG
帰ってきて、家の駐車場から出て玄関に向かう道で目に入る状態。四年ほど、剪定をしていないので、うっそうとしている。
IMG_0703.JPG
太田化工の社長を辞めてから23年ほど過ぎる。50歳で止めて、相談役になり、責任者から無責任者になり、約二年後のインドネシアへ行ってしまった。そして、相談役という役職も止めてしまった。単なるインベスターになっていた。そして、今は、資本も全部譲ってしまって、単なる創業者だったということになっている。日本にいるときは、気軽に、のぞきに行っている。途中、コンビニで、弁当を買って、食堂で皆さんと一緒に食事をしながら、世間話をする。

昨日、話をしたことは、私が社長をしていたころの取引先の社長の消息についてだった。数社、主な会社があったが、全てが当然、社長は交替している。それらの会社の社長さん、全て、創業者で、私より5歳以上15歳未満、上だった。私ほどではないが、皆さん、若いうちに自立したのでした。当時は、そういう、個人会社のようなものが多かった。名古屋に二社、東京に三社、静岡県に二社だ。そして、それら、すべて、今も取引が続いているそうだ。
当時の社長さん、既に三人亡くなっていたことは知っていたが、昨日、もう一方、亡くなっていることを知らされた。今年、5月だそうだ。そしてその人は、5歳しか違わない人だった。
残りの二社は、息子さんが社長になっているが、本人は、会長で頑張っていて、社長よりも煩く、今でも、太田化工の今の社長に対し、工場長と言っているという、うるさく、文句を言ってくると言いう。
そして、もう一社、引退し、他人に会社を任せ、悠々自適?の方がいる。その人とは、今でも、個人的にお付き合いさせていただいている。

全ての方々は、多いに、お世話になった方々でした。
20年以上も過ぎれば、そんなものでしょう。そりゃそうでしょう。太田化工も今の社長は30歳でなったが、既に53歳になっているのだから。
 

タグ:回顧 健在 他界
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ウダー [行動]

 2745 日本にいる間にやっておきたいことを一つひとつこなしていかなければならない。
脇腹の痛さが治らないので、気になって、医者へ行ってきた。首のヘルニヤの影響で、肩や脇の下も痛み出すそうだ。よくわからないが、原因はゴルフのしすぎだと私は思っていて、50肩はマウスの操作の時間が長いからだと思う。どちらも、止めれば治ると思っている。そこで、首つりを15分やって行けという。そのあと、痛みを和らげる注射をするという。首吊りの最中、注射券をよこし、終わったら、これをもって、注射する場所に行って、注射してもらってくださいと言われた。その通り、注射を終わって、診察所の外で待っていたら、診察室のドアが開いて、“太田さん、もう、注射終わりましたか?”と、券を私に渡した看護婦がこちらを見ている。私は、“スダー””sudah”と答えてしまった。“ヘッ?”“済みましたよ”と、言い直した。Sudah、Udahは、大変便利な言葉で、非常によく使う。Bulumの反対言葉だ。過去形を表す。終わった、済んだ、という意味で、なになにをしたか?と聞かれたときに、スダーあるいはウダーという。まだなら、ブルームと言えばいい。今、やっているなら、スダンSedangというが、これは、あまり使わない、スダンもブルームだからだ。日本で、もうなになにをしたかと聞かれた時に、“した“”しました””済んだ“”済みました“と返事をするのは、ちょっと変に思う。だから、何と答えるのが良いのだろうかと思ってしまうから、直ぐには返事ができない。インドネシアで頻繁に使っているウダーがとっさに出てしまう。

否定のことば、ウガッUgakも同じように、言ってしまう。スーパーで買い物をしたとき、袋、必要ですか、と聞かれたとき、必要ないと言わないで、ウガッ、と自動的に発する。
IMG_0695.JPG
IMG_0699.JPG
太田化工までの道。太田化工の二階、食堂から西を望む、東海道本線、新幹線、日本坂トンネルから出てきた。左は大崩海岸通り(旧150号線)があり、その名のとおり、頻繁に崩れて通行止めになる。今も通行止めになっている?焼津までは、行けないので、新150号線(新幹線トンネルの少し北側のトンネル)を通るしかないようだ。
新幹線、下りの場合、静岡を過ぎ、安倍川を渡り、ずっと高架線路で南下し、右が山になり左に海が見えて来ると真下横の太田化工を一瞬の内に通り過ぎる。新幹線線路から30mくらいしか離れていないので、遠くの海を見ていると、目に入らない。そして、数秒で日本坂トンネルに入ってしまう。

持ってゆく、工具や計器を仕入れた。ちょっと早いが、店にあるか、取り寄せを頼まなければならないか、或いは、ネットで購入しなければならないか、確認するためだ。剪定ばさみや精密やすりなどはあったが、テーパーゲージの丸タイプ(円筒型)が、予想通り、店頭で見つからない。薄型タイプはあったので、そのメーカーを確認できた。そして、ネットで価格を調べた。あした、ホームセンターへ行って、取り寄せてもらった場合の価格を聞こうと思う。安い方を註文する。二種類のサイズを二本ずつ買うので、場合によっては、一種類ずつ別の方法で買うことになるかもしれない。まだ、二週間あるから、どんな方法でも入手できるでしょう。

そうですか、一度、その科にいって、程度を確認しようかな。インドネシアでは男性の平均寿命は65歳くらいではないかと思うほど、早く亡くなってしまうし、老け具合も10歳以上、年取って見える。ぼける前に亡くなってしまうからでしょうか、認知症というのはないと思う。私は、お世辞(bicara manis)かどうか、インドネシアでは60歳くらいと言われる場合が多い。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆車関連 [思うこと]

 2744 家でゆっくりした。特に今日しなければならないことがないので、頭と体を休めるために、休養日とした。おかげで、頭は軽くなったし,ふらふらもしなくなった。体調は正常になった。夕方、学校から帰ってきた二人を英語塾に送って行った。安倍川橋から市内方面。
IMG_0685-.JPG
ところで、車が新しくなっていた。今までの車は20年以上前に買った車、ほとんど、私しか乗らないので、8万Kmくらいしか乗ってないが、燃費は悪いし、あちこちの具合が悪くなり、もう買い替えなければならないと思っていたが,どうせ、今のところ、私が、合計二か月くらいしか使わないから、買い替えはもったいと思って変えていなかった。
ところが、一週間前に新車を買ったという。娘も乗るからと軽を買ってあった。また、浦島太郎だった。先ず、キーを使わない。ボタン一回でエンジン以外のすべての機能をオンさせる状態になり、二度目でエンジン始動になる。そのときに、ドア、オン、オフのリモコンをどこかへ置いてと、車が言っている。どこに置くのか分からない、説明書を読んでも分からない。適当に、そこらへんに置いた。置いて、エンジンが掛かった。それなのに、まだ、もう一回、言っている。無視をするしかないが、順調に運転できた。

GPSカーナビが着いている。いらねー、邪魔、うるさい。黙れーという感じ。でたらめを言っている。OFに仕方が分からない。分からないのは、これだけではない、ラジオ、CD、DVDその他、まだ、試していない。セットの仕方が分からないから、研究する必要がある。

こんな注意喚起が入ってきました。車上狙いの話です。
手口としては以前よりありますが、駐車中の車の窓ガラスを割って中に置いてある
バッグや貴重品等を盗む事案が最近またチカランエリアで起こっております。
以前はよく高速のサービスエリアに駐車中に起こっておりましたが、今回目新しいのは、窓ガラスを割るのにエンジンの点火プラグを使用するというものです。点火プラグは小さく、非常に硬いので、あまり人目に付かずに割ることが出来るようです。
いずれにしても、車内の外から見える場所にバッグや貴重品等を置いてあると犯行に及ぶことになりますので、駐車して車から離れる際には、外から見える場所にバッグや貴重品を置かないようにご注意ください。

車上狙いは、車を離れて5分以内に完了する。一般的には運転手を使っているのだから、運転手が車から降りて5分以内でしょう。そして、運転手とその辺りにいるセキュリティーもグルか見ないふりをしているのです。そして、もう一つ、運転手側のドア一か所を開けるのが普通、そして、そこから、目に入る場所、手が届く場所だけのものを取る、後部座席のものも手が届くから、目に入れば、この入れやバックは持って行ってしまう。
ということで、車上狙いは、車が到着し、駐車場に入り、駐車し終わり、人がいなくなっているのを、近くから、じっと見ている。小物入れやバックをもって出れば、その車は狙わない。そして、もう一つ、後ろのハッチは開けないので、後部座席の後ろにあるものは取らない。そこまで、探して、入る時間はないのです。
だから、結論としては、注意事項として、ただ、気を付けましょう、ではなく、盗まれては困るもの車内に置いたままにしないこと、有るなら、必ず、持って出よう。そして、どうしても、置いていかなければならない、ちょっと貴重品は、後部座席の後ろ、運転席からは見えない場所に置きましょう。これは、降りるときに、移すのではなく、乗るときに、置きましょう。

20年インドネシアで車の運転、運転手を使ったことはないが、車を何らかの方法で開けられ、物色されたことはない。盗難にあっていない。とにかく、持って出ている、それも、周りに持って出たことをみえるようにしながら、である。誰かを乗せているとき、必ず、その人たちに、貴重品は持って出るように言う。

私より先に73歳誕生日ですね。元気ですよね。
IMG_0685.JPG
デュアルクリーンフリー(ジェックス濾過装置)を取り付けた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感