So-net無料ブログ作成
検索選択

(^_-)-☆ITTEだって [状況]

 3013 まず、9;40に出発で、P.BEDに10時、打ち合わせが済んで、11時に出て、高速道路に入ったところで、サクラのビリーさんから電話、パスポートが届いたという。従業員と一緒だったので、そのまま、会社に帰った。午後は予定がなかったし、明日明後日は、予定が入っているので、15時に出てMMへ向かった。朝は渋滞がMMの1km手前からだったが、戻る11時過ぎには、渋滞がチカランウタマのゲートからになっていた。午後三時過ぎには、その渋滞がもっとひどくなっていると思い、ジャラン カリマランでMMへ向かった。のろのろ運転で、1時間かかった。多分、高速を使ったら、二時間以上かかったかもしれない。というのは、MMからの帰り、16時過ぎ、高速で帰った。その時、反対のジャカルタ方面の渋滞は、チカランウタマを通り越し、チカランバラットのゲート付近も通り越し、渋滞の尻尾は、どこまで東に延びているのか確認できなかった。
IMG_7918-.JPG
行きのカリマラン通りの様子
IMG_7918^.JPG
帰りの高速道路の様子、帰りは渋滞なし、ジャカルタ方面は大渋滞。

渋滞の原因の一つは、本来四車線で路肩も走れたから事実上五車線だったのが、車線を増やす工事?をしているため、現在は三車線になってしまっているが、その真ん中の車線で穴ぼこ修理をしていて、その個所は二車線になってしまっている。夕方出れば、チカランからジャカルタのアパートまで5時間かかるという話は、頷ける。本当にばかばかしい。

ところで、私の友人の一人が、ジャカルタに5年ほど住みながらEJIPに通っていた人がいる。その渋滞が年々ひどさが増すことに堪り兼ねて、デルタマスのサクラアパート兼ホテルに引っ越してきた。ここなら、EJIPまで渋滞は考えられない。多分、30分も掛からないと思う。ところが彼曰く、ジャカルタはブロックMまで歩いて5分の所に住んでいた。夜、出歩くわけではないが、その明るさと賑わいが、結構,気に入っていたという。デルタマスにきて、渋滞はなくなった通勤時間もほとんど無しに等しくなったが、静かすぎて、寂しいという。運転手を使っているから、渋滞でも眠ってしまっていればいいから、それ程、苦には、ならなかったと、今になって言っている。
IMG_7918.JPG
ということで、今月から一年間のワーキングビザの印がされたパスポートとKITAS(キタス、一種の住民票、インドネシア人ならKTPカーテーペー)を受け取るつもりだったが、キタスカードは廃止だとか。代わりは、何というのでしょうか、電子制限付き住民許可証ITTE(イーテーテーエー、イテテー)とでもいうのでしょうか。紙切れになった。住民証明が必要の時は、以前のKITASと同じようにこれを見せなさい、そして、常に持っていなさいということだ。こっちのほうがなくしてしまわないなと思うが、汚したり濡らしたりできないなと思う。カラーコピーを沢山して、あチコリに分散して保管しておこうと思う。インドネシアは何もかも変わりやすいなと思う。

何度も書いたが、運転免許証SIM(今は外国人も5年)を持っていれば、それがIDカードになる。ただし、外国へ出て、インドネシアに再入国するときには、KITASと同じようにこれを見せなければならない。キタスホルダーの通過、カウンターは、名前がITTEホルダーに代わっているのでしょうか。変な話だが、運転免許証が5年というのも不思議で、VISAはほとんど1年だから、切れてしまってもSIMを出せば、インドネシア国内では、身分証明と認められるのが、インドネシアらしい。

インドネシア人のための電子KTPでは、大規模な汚職があったらしく、KPKに重要人物が取り調べを受けているし、それがらみかどうか、KPKの捜査員がバイクに乗った男に顔面を襲われたという事件があったばかりだ。

手続きに従っただけで、何も問題はない。前回、前々回は、会社の責任者が手続きをなかなかしなかった、というより、仕方がわからなかった、というより、やる気がなかったから、書類を提出していないのに、提出したと言っていたし、要するに、能力がなかったので、なかなか、進まなかったが、今回は、私自身が責任者になっているので、エージェントとも直接連絡しあったし、書類を整える担当者に指示してスムーズに進んだ。

明日19日は、ジャカルタ州知事の決選投票日で、ジャカルタは休日ですね。ブカシは休日ではない。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感