So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ
前の10件 | -

(^_-)-☆イスラム元旦 [思うこと]

 3082 イスラム新年のスタートですね。正月の近所の様子を昼間、伺いに行こうと思っていたが、夕方、ちょっとだけ、コンビニが空いていれば、カップ麺でも買おうかと思い出かけてみた。
午前中は、昨日の夜からずっと続いているマスジッドでの祈りが、続いていて、今朝からは、大集団でのお祈りのために、どっと、マスジッドに集合する。どの、マシジッドにも人が入りきれず、前の道路を閉鎖するか、車線を減らして。シートを敷き、そこで、お祈りをするので、のこのこ車で出かけると、渋滞で通過できない場所の連続になる。だから、午前中、出かけるのは無理ということは、わかっている。午後に出ようと思っていた。
IMG_0552.JPG
ところが、ニュースでムディック状況を確認すると、今日も東方面へのムディックの渋滞が続いていて、チカランバラットのチカランウタマのゲートでは特に渋滞が激しいことが分かったし、ジャランカリマランもジャランラヤも、それなりの渋滞をしていることが分かって、夕方に出ることした。
ムディックが原因だろうが、各地でお祈りのための交通規制、休みだから、行楽地に向かう人も多いだろうし、私の知り合いでは、今日、日帰りで、本家に挨拶に行く人、墓参りに行く人などもいた。これらのすべてが渋滞の原因だ。
IMG_0550.JPG
元日というのにISISがらみか、スマトラのメダンでは、警察襲撃事件があって、警官とテロリスト一人ずつが、亡くなっていて、けが人は数人だという。二人組のようだ。モハンマドさんは、アッラーの神からの教えとして書いたコーランに、過激派やテロリストの行動を正当化しやすく解釈できる文章にしてしまったのでしょうね。自分の都合がいいように、書いてしまったのでしょうね。モハンマドさん自身が、軍の将軍として、今の過激派に近い思いを持っていたのではないでしょうか。

他の宗教に変えてはならないといったり、アラーは偉大なりと日に5回も言わせたり、他の宗教の人と結婚してはならいないと言ったり、とにかく、縛りを設けている、教えの内容に自信があるなら、何も強制する必要はないと思うが、自信が無かったのでしょうね。支配者にとっては、都合がよい宗教だと思う。それと、もう一つ、その集団の中、貧富の差が大きいほど、有難がる人が多くなる宗教だと思う。日本のように貧富の差がそれほどでもない社会においては、イスラムの教えは、有難味が少ないと思う。逆に、縛りが多くて、邪魔だと思う人が多いのではないでしょうか。

それに、もう一つ、言いたいことは、イスラム国家、イスラム教徒は、他宗教から資金や技術援助を受けている。彼らは、他宗教国家や人に技術や資金の援助をしてもいいのでしょうか、コーランには、多分、他宗教を援助するなどがハラムになっているのではないでしょうか。禁止事項になっているのではないでしょうか。中東のイスラムアラブ諸国に原油が無かったら、今のように王族の支配が続くことはなかったでしょうし、国として成り立っていなかったでしょう。今でも、散々な国や地域が、この辺りに集中している。他宗教が援助しようがない状態になっている。これも、この地域の人達がコーランを自分たちなりの解釈をしているからでしょう。原油産出国の一部の一族は、メチャクチャ金持ちだ。彼らは、その金を使って、脱原油の技術援助を受けているが、彼らが、イスラム国家以外に資金援助をしているとは思えない。ましてや、技術援助などは、したくてもできない。アラーがしてもいいよと言ったとしても、イスラム国家には、独自の技術がないから、援助はできない。物理と化学などは、イスラム国家では、思いもよらない、無縁の学問なのでしょうね。

で、夕方になっても、渋滞が少なくらないようだし、空いている店を見つけるのが手間だし、食料は多少残っているし、何も今日でなくても、明日、ゴルフが終わってからにすることにした。
IMG_0573.JPG
米麹が150gほど、まだ、あったので、甘酒を作った。米麹とお湯だけで、炊飯器を保温にしておけば、簡単にできる。三時間程度でこんな状態、既に、甘い匂いが漂っている。あと一時間くらい、もう少し、ふっくら状態になれば、電源を切る。出来上がりは、子供の頃、母親が、湯たんぽを使って作ってくれた甘酒と同じだった。

明日から7日連続ゴルフなので、良い休憩になったと思う。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆プアサ明け [インドネシア]

 3081 9分の2が終了、四人だけでした。イスラムの大晦日、明日は正月ですね。土曜日、休日料金ということもあって、昨日とうって変わって、ガラガラで、途中の待機もなし、ハーフの待ちも無しで、7時スタート、11時までには終了してしまった。12時前には、セキュリティーしかいない、会社に入った。ちょっと、金型の修正をし、書き物をして、帰宅したのが、14時前、洗濯の後、テレビの番人をするだけで、何もすることがない。明日の正月、ゴルフもクローズ、何をしようか。

今年の断食月は今日で終わり、ジャボタベックの明けは17時50分くらいでした。家の周りの彼方此方から、爆竹?花火?の音と共に、近くから遠くから、マスジッドのスピーカーからの祈りの声が絶えない。大変、申し訳ないが、無神論者というか、八百万の神を信じている私としては、大声や大きな音は、人類としては、近所迷惑だな、と、思うしかない。年の瀬くらい、静かに過ごしましょうよ、と、思うしかない。要するに、やかましいナ、静かにしてよ、と思う。
IMG_0543.JPG
例によって、ブレーキングニュース(臨時ニュース)で、“今日、ラマダンが終わりました、明日、新年です“という、宗教大臣からの発表をやっていた。有史以来、このような日は何分何秒まで、わかっていることで、いちいち、臨時ニュースで流すことは、ないのに、当たり前だが、毎年の来年の休日を9~10月には、発表されている。イスラムの休日だけが、ほとんど10日ずつ,早くなるからだ。カレンダーを作る都合があるからだ。そして、レバランを含めて、その時になれば、天体の観測によって、変わる可能性がある、と言われている。しかし、20年インドネシアにいるが、変わったためしがない。これも、当たり前のことだ。モハンマドさんがいたころには、宇宙の周期の観測が正確ではなかったから、直前に、明日ではなかったとか、今日ではなかった、ということ張っただろうから、宗教家は、それの流れで、変わるかもしれないと言っているに過ぎない。と、私は思う。

もっとも、モハンマドさんは、赤道近くで生まれ育ったから、地球上の緯度によって、日照時間が大幅に違うということを知らなかったから、断食は日の出から日の入りまでとした。あらゆる場所で、断食の時間が違うことになってしまうことを知らなかったのだと思う。余計なことだが、信者の方々は、豚で象徴されることなども含めて、疑問に思わないのでしょうか。起こっている人は多いと思うが、口に出せないのでしょうね。韓国の嫌日思想も一種の宗教のようなものでしょうね。宗教とはそういうものでしょう。
IMG_0534.JPG
盗難防止の遮断機もイスラム社会の一緒の象徴で、イスラムを信じている人たち、贈収賄も、汚職も、麻薬の類も、ゴミの不法投棄も、道端でのガソリン販売も、皆さん、アッラーの神は、どうぞと、言っている、と、思っているのでしょうか。宗教の前に人間(Manusiaマヌシア、)として、どうかということの方が重要だと思うが。宗教は人間(Manusiaマヌシア, Human)が作ったもの。人間によって、宗教は異なるもの。

明日はゴルフなし、インドネシアに残っている日本人、運転手も使えない、家に閉じこもりの人は多いと思う。私のウェブサイトで、インドネシア中の旅をしてみてください。
http://otaenplaext.net/newpage1.html  旅行記 
http://otaenplaext.net/newpage2.html  写真
http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage%20top%203.html 旅行記 
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage229.html     写真集
インドネシアの端から端までの旅でm一日、暇つぶしができますよ。
 
タグ:人間 宗教
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆休日初日 [インドネシア]

 3080 今日から、毎日(25日以外)ゴルフ場通いです。一日目が終わった。ゴルフ仲間でインドネシアに残る人は数人いるが、毎日ゴルフをする人は3人か、他のゴルフ場でやる人もいるので、このゴルフ場だけで、毎日というのは私だけかもしれない。9日間である。もっとも、今回のレバランが初めてではない、過去、三回、やっている。やっていない時には、大渋滞の中、車で、どこかに出かけていたので、棲み処に閉じこもりはあり得ない。
チュティ ブルサマCuti bersama(国が年休を使って休みを奨励している日)の今日から、連休が始まる会社が多いが、振替などして、昨日や一昨日から休みにしている会社もある。
IMG_0473.JPG
朝もやの中、スタートした、9分の1のゴルフが終わった。平日扱いなので、結構、混みあっていて、ハーフのスタート待ちが1時間近くになった。午後のスタートも11時ごろには、7~8組にスタート待ちがあった。ブカシバラットから来た人、2時間半かかったそうだ、それも、高速には入れず、JL.カリマランできたという。
IMG_0484.JPG
IMG_0491.JPG
ゴルフの後、15時ころ、ちょっとだけ、ムディックの渋滞を見てみようと、ジャランラヤ(国道)でコタ チカラン(西方面)へ向かった、渋滞と逆方向で、こちらは、ガラガラ、町へ行ってしまったら、帰りが大変だと思って、途中でUターンし、ムディックの渋滞(東方向)に入った。バス、バイク、車で、ルマーアバン駅の近くもなかなか進まない。こんな調子で行ったら、カラワンまででも1時間以上掛かりそうだ。渋滞を30分ほど体験して、道からそれたら、田舎の道は、閑散としていた。また、多くのコンプレックス(集合住宅地)の入り口、どこも、遮断機のようなものがある。普段は、遮断機が下りていることないが、遮断機が下ろされていた。その中は、当然、留守にしている家が多いから、盗難防止のためだ。普段なら、通りぬけることができる道が通れなくなっていた。
IMG_0469.JPG
レバランはオムツ屋が儲かる。風が吹くと桶屋が儲かる、の類で、大人用オムツが売れているという。盛んに宣伝をしている。POPOK DEWASA BISA DIDAPATKAN DI BERBAGAI GERAI YANG ADA(大人用おむつは、さまざまな既存店舗で見つけることができます。)と、書いてある。
日系メーカーもムディックの道中、プロモ-ションで、配っている。とにかく、大渋滞の中、何時間も車の中、トイレを見つけても、なかなか、順番が来ない。女性の高齢者は特に問題だ。そこで、大人用オムツが、この時期、飛びように売れている。
インドネシアの道中のトイレは、ガソリンスタンド、そして、モスジッドそしてコンビニ、高速ならサービスエリアだ。しかし、たどり着くまで、持たないでしょうね。男性も立小便をする場所は少ない。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆仕事納め [思うこと]

 3079 ラマダンは24日まで、25日がレバランになるはずだ。これも、いちいち、宗教大臣が前日に宣言をする。25日には、故郷の家に一族が集合しているのが理想、だから、明日から、多くの企業は7月2日まで長期休暇に入る。今日の夜から明日にかけて、ほとんどの皆さんは、ムディックに出発する。中部ジャワ出身者が多い。
IMG_0467.JPG
従業員は、全員、そろって、朝から出勤,製造はしない、月末に当るので、棚卸そして、大掃除、あちこちからもらったパルセルの中身を山分け。皆さん、3日には無事戻ってくるようにと、挨拶して終わり、お昼ごろには解散、その前に、全員そろって、写真撮影だった。予想外に、私もスンバコをもらったし、何より、THRを20ジュタRpももらってしまった。いいのかな。

レバラン休暇の前後、いつも思いうことだが、ほとんど、仕事にならない、注文した品物は、約束の納期には入らない、新たに注文しようとしても、受けつけないか、納期を決めてもらえない。休暇前の納期は、ほとんど守られないどころか、休暇明け、いつ入るのかも、分からない状態で、休暇に突入する。

兎にも角にも、イスラムの今年は終わり、来年直ぐに、このイスラムの国から、遠ざかる。やはり、年月を感じる。21年にもなってしまった。53歳から74歳になろうとしている。頭の巡りも悪くなっているし、動きも遅くなっている。体の具合も気になるところが多くなっている。自分から、率先して、何かをすることが少なくなっている。本当は自分でやってしまいたいと思うことを、人にやってもらうことが多くなっているので、歯がゆい。要するに、以前はできたが、今はできなくなっていることが多い。年々、その度は増す。一人でボヤク。目も休めたい。

アイディアを出すことは、いくらでもできるが、そのアイディアは自分でやればできることだ。やって見せて、どうだ、こうすればできるだろ、っと、見せるのが自分のやり方だった。しかし、今は、やって見せることができなくなっている。
IMG_0468.JPG
皆さん、帰って行って、最後の一人が出て行った。バイクの後ろにスンバコが乗っている。

今晩、すでに、ジャカルタから東に向かう道路すべてが大渋滞になっている。明日中、大渋滞が消えないでしょう。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆頭が混乱 [思うこと]

 3078 インドネシア、なんという国でしょうか。朝、出勤して間も無く、7時半ごろ、停電になった。ずっと流していた製品もすべて、突然ストップ。そして、やれることがなくなった。いくら、休みになるからといって、電気を二日ほど前に止めてしまうことは止めてほしい。
とにかく、停電が多い、雨季には、ちょっと、雷が鳴りだすと、停電だから、一週間に数回あるし、来ても、直ぐまた停電といった繰り返しもあるし、乾季に入った今でも、雷雨はあるし、今日のように、何でもない時でも。突然の停電になる。ジャバベカ2の時、容量も同じ、電気代も同じ、しかし、停電だけ余分。この損失は、おそらく、原料や人件費で、毎月20ジュタRpくらいになると思う。電気代と同額だから、こちらでは、電気代を倍払っていることになる。
移る前も今も、この場所には賛同していない。コミサリスに報告しているが、返事はない。電気は11時過ぎに復帰した。


試作、山勘がなかなか当たらない、その上、停電、この休み前に何とかしようとしていたが、ダメのようだ。原料もなくなってしまって、7月にならなければ入らない。もう、どうにもならない、アパ ボレー ブアッの状態。
客先には、何とか、出来損ないのサンプルを出すが、もう、休み前は、どこも、休みだから、じたばたしても仕方がない。とにかく、二種類の原料で作ったサンプルを提出にこぎつけた。後は、休み明けからのこと。
IMG_0426.JPG
IMG_0419.JPG
昨日のLTCglodokは、中の駐車場の方から、今日の写真は、駐車場からガトゥットゥスブロトに出たところ、こちらが大通りに面したメインのLTCglodok入り口。また、相変わらず、ごちゃごちゃの旧ビル街。

一部、すでに書いたことと重複するかもしれないが、不思議な原料屋さん、日本人では話が通じないので、同僚のインドネシアに来てもらった。インドネシア人同士の顔つなぎのこともあった。PAを、その商社の日本人にお願いした。今後、毎月2~300kg購入すると話を始めた。その商社が扱っている原料は、私が、これと同等品ということで示したメーカーとは違うメーカーの原料を扱っているということで、同じような原料を紹介され、これでも良いかというので、それも、使ったことがあるので、それで見積もりをお願いした。250Kg、注文をして、そのあと、毎月のフォーキャストを出すことにした。そして、見積もり通りの注文を出した。納期が一か月だということで、OKをした。そこまで、話は、変ではない。

ところが、そのあとが変、250Kgの注文は受けるが、次の注文は、その250Kgを使って、使えると評価してもらった後、次のPOとフォーキャストを受ける、その評価が出るまで、フーキャストを出されても、受けつけないと言い出した。要するに、輸入の手配をした後、使えないよ、注文しないよ、と言われては困るから、ということらしい。私が、いくら、この原料を使ったことがあるし、フーキャストを反故にすることはないですよ、と言っても、本当かどうか、確認できないが、今度は、メーカーの方でも、そういっているから、注文を出しても、作らないという。
それでは、最低二カ月間、原料を売れないということですね。と、聞くと、返事がない。他から買ってください、と言っているようなもの、そこで、仕方がないから、他の商社から、同じではないが、似た原料を買う交渉をして、そちらは乗り気で話が進み、7月は注文した250Kgを使い、8月から、他の新たな商社からの原料を使う、その商社は、普通にフォーキャスト通りに準備をすると言っていた。これで、この話は、終わった、と、思っていたら、

例の日本人、私が、間もなく、帰国すると聞いて、挨拶に伺いたい、今後の12ナイロンの購入予定もその時に伺いたい、と、言ってきた。使ってOKを待ってからでないと、次を売れないという話も変だが、今後の予定を聞きたいというのも、もっと変だ。今後の予定は、最初から話してあったはず、それにも関わらず、注文は受けないと言っていた本人が、言っているとは思えない、妙なことだ。

そもそも、この原料、250Kg金額にしたら、40万円近く、受けておいて、使えるか使えないか聞いて確認するという姿勢も変だ。そんなに心配な原料なら、250kgではなく、先ず25kgを送るから、使ってみてください、というのが普通だと思うのだが、250kgは、どこかに、キャンセルされて、在庫が余って、処理に困っていたのでしょうか、素直に売るという。どこかの国に在庫があって、船の輸送日があるので一か月の納期を言ってきたのでしょう。つじつまが合う。そして、その原料のことで、失敗したので、メーカーも慎重になったのかもしれないと、解釈できる。原料を二か月、入れなよ、それは、理解しても。

今日来てもらったインドネシア人担当者は、そのPAの話の経緯を日本人から、聞いていなかったのでしょうか、日本人から、聞いてくるように頼まれたのでしょうか、今後の購入予定は?と、彼も聞いて来た。そこで、一部始終を話し、この話は、すべて、終わっていて、250kgの後は、他から買うことにしたよ、と、説明してやった。ご本人、がっかりしていた。そんな話は聞いていないと言っていた。

原料を何か月か売れません、その間、他から買ってください、そして、売れるようになったら、また、内から買ってください、購入スケジュールを教えてください。私の頭では、このストーリーは描けない。

とにかく、この商社とは,インドネシア人同士だけで、何事を話をするように、二人に話した。
   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆グロドック [情報]

 3077 23日のチュティ ブルサマの日から、グロドックの商店は、クローズになるという情報があったので、朝から、必要品の買い出しに行ってきた。いつもなら、自分で運転して一人で行くのだが、今回は、トラックの運転手が暇なので、彼に運転をしてもらって、もう一人、メンテナンスの人間を同行させた。彼にグロドックでの買い物を経験させたかったからだ。しかし、今日でよかった、明日は、ほとんどの店が閉じるという。昔からある、ごちゃごちゃした店は通過し、Lindeteves Trade Center (LTC) Glodokへ直接、行った。まず、探したのは、バキュームポンプ、以前もこの中で買ったが、どの店か覚えていない。ポンプを売っている店は沢山ある。そのうちの一軒に、求めるポンプがあるか聞いてみた。“あるよ“以前は9ジュタRpだったが、13,7ジュタRpもした。値引きを頼んだが、売りたい値段は22ジュタRpだから、十分値引きしてあるよと、言われてしまった。そのほか、井戸から水を引き上げるポンプもそこで買った。合計18ジュタRpのお買い物、明日、チカラン ティムールの我が社まで届けてもらうことにした。
IMG_0407.JPG
とにかく、このポンプ、ここに来るしかない。日本の有名メーカーのものもあった。価格、なななんと、25ジュタRpだった。この日本メーカー、インドネシアにも進出しているが、この種のバキュームポンプは、インド寧アでは作っていないから、どうしても、高くなる。日本の会社では、この日本メーカーのものしか使っていない。

そのほか、バキューム用の耐圧ホース、また、引取機用のタイミングベルト、幅80mm、長さ、1,6M、日本メーカーのものしかない、しかし、バンドー 三ツ星ベルト、インドネシアで作っている。ホース売り場で、トトックスのブレードホースを見つけた。50年ほど前に、確か黒部だったか、砺波あたりだったと思うが、行って、糸の巻き戻し機に付いて、検討としたことがあった。夜、宇奈月の露天風呂に中西社長だったと思うが、一緒に行った。
中国、台湾製がほとんどだが、その中に少しだけだったが、紛れ込んでいた。やはり、価格が問題だ。聞いてみたら、他の国の1,5倍の値段だった。インドネシアでは作っていないのかな。
IMG_0412.JPG
ヒーター用のコードを買った店のお嬢ちゃん、塗り絵をしていた。
IMG_0415.JPG
インドネシアでは、電気製品、全て、客に渡す前にチョバをする。動いたでしょ、点いたでしょっとね。使い始めたときには、点かなくても、動かなくても、こちらの責任じゃないよと、言っているようだ。このときは、掃除機チェック

ジャカルタはすでに空いていると思っていったが、とんでもない、相変わらずの渋滞、ハリムの料金所の手前から、通り過ぎても、まだ渋滞、アンチョール方面に入って、やっと、渋滞がなくなったと思ったら、各出口の前で渋滞になっていた。コタの辺りは、いつも通りの喧騒地帯、ガジャマダからスマンギまで、やはり、止まったり、進んだり、を繰り返していた。

ちょっと、間違ったのは、スナンンギでガトゥットゥスブロトに入ろうとして、一番陸橋よりで左折するつもりで、手前の何か所かの左折場所をスルーした。で、曲がろうとしていた左折道路がなくなっていた。仕方がないから、橋の下を過ぎたとことで右に曲がり,ぐるっと回って、スマンギ陸橋の西向きに出た。直ぐに、左に入ってぐるっと回って、スディルマンの北方向に降りて、陸橋の下を通ってすぐに左に曲がって、また、ぐるっとまわって、スマンギ陸橋の上の東方面の道に出た。やっと、最初に出ようした場所に出た。そして、右車線から高速道路東向きに入った。やれやれ、渋滞の中、余計な時間を使ってしまった。最初書いたように、私が運転していなかった。

東向きの(帰り方向)、既に、始まったムディックの渋滞に巻き込まれることは覚悟していた。ところが、チバトゥまでは渋滞がほとんどなくて、いわゆる、ラマイ ランチャール(賑やかだが順調)という、交通情報通りだった。一応、グロドックへ行った目的は、達成した。

話は変わる。
石川と松山、斎藤とマー君、比較するのが気の毒ですね。人の将来は、どうなるか分かりませんネ。今、この状態だが、何年後かには、また、二人が違った立場にいるかもしれない。マー君、ちょっとおかしくなっているし、チヤホヤされるのは自分が望んだことではないと思うが、本人のプレッシャーになっていることは間違いない。行き過ぎたチヤホヤは、本人のためにならない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ハラルではない [情報]

 3076 透明軟質塩ビの異形品、トライ。休暇前に何とかしなければならない製品だ。経験がない製品なので、全て勘である。溶融金型の隙間寸法、冷却金型の製品が通過する隙間の寸法、全て、山勘である。軟質塩ビでも、硬度の違う二種類を流してみた。83と90の違いだが、金型から出てくる状態は、はっきり違っていて、びっくり、同じ隙間から出てくるのだが、厚さも違えば、ふくらみも違った、結果は、90の方が良かった。製品寸法として、完全ではないが、取り付けや使用目的には、問題ないと思うところまでできた。主になってやった、ヘニー、リナントの二人、まんざらでもない顔をしていた。明日EVAが入るので、トライをしてもらって、それから、修正をし、より、図面に、近づけようと思う。なんとか、ギリギリ、休み前に届けることができそうだ。

コレアの辛ラーメンなど、輸入インスタントミーの多くが、ハラルの認定を受けていないそうで、かなり、普通に大量に売られている。インドネシア人にも、辛さで人気がある。これが、このスチ ラマダンの時、急に問題提起されている。今更?という感じがする。何年も前から売られているのに、である。韓国麺の表示になかに日本語が書かれているものがあるし、ラーメンと書いてあるものもある、紛らわしい。そういえば、海苔なども,包装にカタカナ、ひらがなが入っているものがある。
1065879986[1].jpg
IMG_0369.JPG
豚のエキスが使われているという、ハラルの認定どころか、ハラムだ、それなのに、ハラムと表示されていない。先日、こんにゃくゼリーの袋に、ハラルというシールが貼ってあったという話を書いたが、コレアからのミーには、それがない。多分、これは、大問題になるでしょう。裏金を使っても収まらないと思う。以前、味の素の製品に豚のエキスが微量含まれていて、全商品を回収したことがあった。

宗教家は怒っている。中国、台湾、韓国からのミーの輸入を止めるとともに、インドネシアにある商品を全部回収しろと。日本が彼らから出てきていない。日本からの輸入品は、ごく少量で、日本食スーパーや大手スーパーの日本食材コーナーに限られていて、コンビニに並ぶことはない。それに、日清は最近あまり見ないが、インドネアシア国内で作っている。

Badan pengawas obat dan makanan(BPOM) Indonesia menarik empat produk mie instan asal Korea karena mengandung unsur babi namun tak mengumumkannya di kemasan –kemasan produk itu.豚のエイスが入っていることを 包装に書いてなかった
Keempatnya adalah Mi Instan U-Dong dan Mi Instan rasa Kimchi produksi Samyang,MI Instan Tamyun Ramen dari Nongahim, dan Mi instan Yeul Ramen dari Ottogi
四種類どころではない、やたら、何種類も、どの店にも並んでいるので、売れているのだろうなと思うが、私は全く買ったことがないので、味は分からない。ハングル文字が書いてある製品を買う気になれない、買ってみようとも思わない。同じ銘柄のカップラーメンも大量に並んでいるが、そちらの方は大丈夫なのでしょうか。

このプアサの時期、パルセルやスンバコで大量に売れただろうし、もらった人も喜んでいただろうが、さて、どうするのでしょうか。従業員に聞いたら、ティダ アパ アパ、と言っていた。もらった人は食べるでしょう。しかし、コンビニではどうするのでしょうか、売り場から無くすのでしょうか。また、輸入元はどうするのでしょうか、全品回収するのでしょうか、買って、食べなかった人にお金を返すのでしょうか。成り行きが見ものだと思う。

学校も休み、税務署、警察以外の官公庁は、仕事する気なしだという。合鍵を作りにリッポチカラン モールへ11時ごろ行ってきたが、平日だというのに、混んでいた。帰りの通ったジャバベカのジャイアンも駐車場一杯に見えた。上から見た高速道路も車の屋根の上に荷物を縛りつている、ムディクスタイルが、多く、目に入った。今日の納品で、休み前の納品はおしまい。

タグ:Halal halam Babi
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆忙しい日だった [思うこと]

 3075 仕事以外で、仕事のようなもので、忙しい、一日だった。
チカンペックでゴルフ、久しぶりである。友がレバラン休暇で日本に一時帰国をするが、土産に、蜂蜜を頼まれていて、ゴルフ場で売っている蜂蜜を手に入れるためにチカンペックへ行きたいというので、付き合った。90歳を超えた人が、売っていることは以前紹介した。

今回、行ってみたら、先ず、以前、18番で売っていた甥が5番にいた。その時、あのおじさんが一か月前に亡くなったと、言っていた。そして、その五番は以前ミドルだったが、ショートになっていた。そして、8番のティーグランドの側で、息子が売っていた。そこでも父親が亡くなったばかりだと聞かされた。彼の歳を聞いたら48歳だという。そして、長男だという。45歳で初めて男の子ができたということになる。

それを置いておいて、9番がショートだったが、ミドルになっていた。その関係で、それまでティーグランドの脇で、蜂蜜を売っていたが、そこではできなくなったので、8番の脇に移動した次第だ。このゴルフ場へ行くたびに、世間話をしたおじいさん、スルガへ行ってしまった。アーミンである。

食料品の買い出しで、また、牛肉1,5Kg以上買って、おまけのチキンを一匹もらったり、60万R以p以上,買って、5万Rpのフォーチャーをもらったりして、洗濯や部屋の掃除をして17時前に家から出て、コタ チカランのSGC近くのレストランに向かった。これが、大変、マチェッ、スパンジャン ジャラン、Macet sepanjang jalan道程中渋滞、ブカ プアサ ブルサマ、Buka puasa bersama皆一緒に、断食明けの時間を待ち、開けたら、一緒に飲んだり食べたりする。ナンブの押出も今日だったという。家族も参加する。ファミリー ギャザリングの時と、ほとんど変わっていないメンバーがそろっているところに、遅れて着いた。既に、ブカしていた。
IMG_0362-.JPG
IMG_0362.JPG
従業員の皆さん、明るい。雰囲気が良かった。もう何一もない。皆と一緒にいるのは、自立Mandiriを強調しておいた。最年長はキタガワの初めからの人で今が39歳、多分、平均22~3歳以下だと思う。私の生徒達。感慨無量である。

これらの食べ物、食べきれない残したものは、日本では、絶対ダメと言われる、お持ち帰りが普通で、お持ち帰り用の容器も普通に用意されている。それでも、残飯は大量に出る。

日本から、ゴルフの予約の走りが入った。7月15,16日ゴルフをして17日真夜中日本へ出発。18日に着いて、20日と26日に、日本でゴルフをするぞと、知らせが入った。今月は、昨日今日、そして、23,24,(25日はクローズ)26,27,28,29,30日そして、7月1,2日、8,9,15,16日、ゴルフを予定している。体が持つだろうか。初めてではない。ロンボクまで行って帰ってくるよりは、やさしい

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆年の瀬モード [インドネシア]

 3074 私たちの会社では、昨日から今日にかけて、スンバコを従業員に、分けた。Sembakoとは、スンビラン バハン ポコッSembilan Bahan Pokok 九つの基礎的材料 ,ですね。BahanでもBarangで同じ意味でしょう。
http://space.geocities.jp/enplaindonesia/newpage0211.html
私のインドネシア語講座でも解説をしてある。そして、昨日、今月の給料とTHRを皆さんの口座に降りこんだ。THRテーハーエルとは、インドネシア語のアルファベット読みである。 (Tunjangan Hari Raya)(テーハーエルと聞こえる)直訳は“ナショナルホリデーの援助、援助金“だが、インドネシアではレバラン休暇の小遣のことを云っている。一種のボーナスで、公務員や会社勤めの人は給料一カ月分と大体同じ金額を受け取る。ムディック(帰省)での土産物を買うための資金になるので、休暇の一週間前には支給されているはずである。しかし、義務や強制ではないので、出せないローカルの会社も多い。だから、誰に会っても、THRを頂戴と言われるのです。いちいち、相手にしていたらきりが無いので、全く無視をしている。本当に嫌になってしまうほど、人の顔を見ればTHR、THRと懲りずに言う。遠慮がちという風は無い、当然の権利という風である。
 人によっては、やたらと、自分のHP番号を教えてしまっている人がいる。キャディ、カラオケの女性、マッサージの女性、などなど、盛んな人は二十人三十人から、THRをちょうだい、とメールやSMSが入ってくるらしい、今時、SMSは只だから、彼女たちは、自分のHPに保存してある番号全部に、行き当たりばったり、同じ文章で送っているのです。
 いちいち、対応はしていないでしょうが、それを、いちいち、言う人がいる。”何年も会っていない奴からも来るよ”と、いった具合。で、そういう関係で交際が広くても仕方ないと思うが、ご本人は、まんざらでもない様子だ。

バイクヘルメット未着用や無免許、無灯の取り締まりも、異常なほど、あちこちでやっている。警官もTHRがほしいのです。車もシートベルトの未着用、路肩走行、ゼブラゾーン進入も取り締まりが厳しくなる。自分で運転する人はいないと思うが、運転手は百も承知のことです。

 テレビでは、MUDIKの渋滞情報番組が始まっている。主要インターチェンジや全国各地の大都市の周辺からの情報が伝えられている。今は、ランチャール(順調)である。   ギリギリ駆け込みで間に合わせて開通させた高速道路の情報や高速道路は時間限定で下り一方通行にするという情報も入っている。一般国道は道一杯のバイクに占領される。
来週は、休みモードになる。早めにムディックする人もいる。だから、昨日からムディックは始まっている。22日の夜から、狂ったような渋滞になる。ゴルフに向かう人は要注意である。
IMG_0281.JPG
残飯の集積場所から、残飯を回収している。この近くのレストランや仕出し弁当屋、カキリマ、ワルンから出る、残飯をこの場所に放り込んでおく、毎朝、例の淡水魚養殖場から、当番が来て、持ち去るのです。ここは、ゴルフ場に行くときに、6時から7時の間に通る道だ。土日でも、必ず 、残飯を積みだしている。ブカ プアサ ブルサマが盛んに行われるので、残飯も、この時期がピークの量になる。
IMG_0282.JPG
ゴルフ場の風景、パッティング練習場、ここで練習する人は少ない。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆欠陥住宅 [日常]

 3072 私の住む田舎のちょっとジャバベカ寄りの発展地帯には、新しく造成された分譲住宅やルコが、次々とオープンをしている。
IMG_0269.JPG
築1年過ぎていないが、床のタイルがセリ上がってき始めた。インドネシアの建物は床にタイルを敷くのが一般的で、工場でも現場以外はタイルだし、一般住宅はほとんどタイル床、入り口の前もタイルが敷かれている家が多い。そして、そのタイル、必らずと言っていいほど、なぜか、盛り上がって、浮き上がる。膨張、収縮という概念がないのでしょう、また、タイルの下の土の部分の水分や乾燥といったことにも、気を使わないのでしょうね。会社の事務所などでも、皆さん、経験しているはずです。事務所のあちこちで、時間差で盛り上がり剥げてしまう。私の住む家でも、それが、始まった。
IMG_0260.JPG
IMG_0253.JPG
幟や看板の一部の例、

ドアーの取り付けが、いい加減だから、蝶番の部分が傾いて、ドアーが傾く、床に付いて、開け閉めが難しくなる、できなくなる、と、思っていると、ドアの開け閉めに通過する床タイルが盛り上がったり、沈んだりするのも、相乗効果で、どんどん、きつくなる、ついには明けたままにするしかなくなる。家中の部屋のドアーがそんな調子。

雨の浸み込み、雨漏りや排水のつまりなど、数々の不具合を指摘してあるが、500ジュタRp(400万円くらい)で、売りに出されている。そして、見学者は多いし、結構、売買契約が進んでいるようだ。こんな欠陥住宅、大金を払って買って大丈夫なのかなと他人事ながら心配する。

換気扇が必要だと思う、ダプール(台所)やカマールマンディに換気扇がないばかりか、トイレシャワールーム(カマールマンディ)が居間に向いている。要するに喚起は、ドアーを開けておいて今の空気と交換になる。

インドネシアスタンダードとでもいうのでしょうか。近所の家から、クレームの声は聞こえない。もっとも、日本人が多く住むリッポチカランの高層アパートでも、同じ現象になっていると聞く、特に、マツリヤ近くのアパート?は、不具合が多いという評判だ。

Kram menyakitkan di kaki saya 足がつって痛い、ほとんど毎朝である。目が覚めた時に、自然に伸びをしてしまう、しまったと、思うが、もう遅い、止めて~~と思うが、次第に、痛みが増す、キリキリと痛む、じっと収まるのを待つ。目覚めの日課になってしまった。
  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ