So-net無料ブログ作成
検索選択

(^_-)-☆円を買う [日常]

 3092 間も無く、日本に帰り、半年ほど日本になるので、こちらのRp預金の一部を円に換えて持ってゆく。そのため、先月から少しずつ交換をしていた。今日が最終回にした。リッポチカランやジャバベカにも両替場は何か所かある。しかし、ずっと以前から、これらのマネーチェンジャーでは、円がほとんどない。10万円以上(12ジュタRp)を準備できるところはない、予約しても、できない。また、銀行で両替には、手間がかかるし、やはり、予約が必要、会社の経理に頼むのも、仕事を増やすので頼みにくい。
 一般のマネーチェンジャー(ジャカルタの事情は知らない)は、円やドルをRpに交換する客対象になっていて、Rpを円に換える客は少ないので、円を準備して置かないで、Rpを準備してある。だから、Rpを円に交換をするには、その前に円でRpを買う客がいなければならない。だから、円がない場合の方が多いのです。有っても、一万とか二万とかの円なのです。だから、今は、その辺りの両替所にはいかない。以前、行ったときには、明らかにカラオケやマッサージで主張の日本人から受け取ったであろう千円とか二千円をRpに交換している女性を見かけた。

だから、私は、円に交換する場合は、MM2100のルコにある両替所を使う。MMで仕事をしていた時から、の付き合いで、顔なじみである。以前はロッテマート側の入り口付近にあったが、今は中の通りの“サクラ”の隣、“HIS”の向いに移動している。ここは、女性が円をRpに交換するのではなく、日本人客が多い。だから、ある程度の円をいつも持っている、夕方近くなら10万円くらいは、毎日ある。顔なじみということもあるだろうが、また、予約をすれば、ルコ内の日系の銀行から融通してもらって、翌日までに、準備をしておいてくれる。銀行で手続きをする手間がいらない。ここで、私は30万円をRpで買ったことがある。今日は20万円を買った。121Rp1円だった。ちょっと円安になっているのかな。
そして、今日は、隣の“サクラ”で日本への片道ティケット、ガルーダの羽田便を3,8ジュタ(3万円強)で受け取った。

偶に、まとまった円を緊急に必要な日本人に、私は、円を貸してあげることがある。チカラン辺りでは、円を買うのは難しいからだ。
IMG_0858.JPG
IMG_0859.JPG
MM2100からの帰り、ジャラントールは渋滞していることが分かっていたので、ジャランカリマランで帰ってきた。MM側から、広がった橋を渡るのは、初めてだった。以前は左の橋だけだったので、大型がすれ違えず、交互通行になっていたので、いつも、大渋滞になっていた。日本では考えられない、中途半端な幅の橋を作るのがインドネシアですね。ここだけではない、デルタマスにも同じような橋があった。どちらも、今は、もう一本、橋を作ってある。まったく、余計な手間をかけるものだと思う。
真っ直ぐ行って、カリマラン川を渡って右折し東に向かう。この通り、この通り、ジャバベカまで、渋滞無しの、順調だった。
IMG_0845.JPG
テレビ画面で韓国が目の色を変えて怒り狂う”旭日旗“に、そっくりな、マークを見ることは珍しくない。これは、人気番組”Tukang Ojek”“バイクタクシ-“の一こまだ。Tシャツプリントされている。他のレギュラー番組の中でも、見ることがある。韓国は抗議をしないのでしょうか。日章旗や旭日旗のシールを張っている車も見かけるし、ペイントしている車も見たことがある。インドネシアでは、結構、気に入られているように感じる。それにしても、朝日新聞のマーク、旗に抗議がないのは、意味不明ですね。甲子園の高校野球の様子を見れば、韓国人は卒倒してしまいそうなほど、旭日旗のそっくりさんだらけなのに、ですが。新しい大統領に、安部さん、直接、聞いてみたらいかがでしょうか。朝日新聞ソウル支社ってあるのでしょうね。マークはどうしているのでしょうか。

タグ:準備 帰国 両替
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感