So-net無料ブログ作成
検索選択
インドネシア ブログトップ
前の10件 | -

(^_-)-☆テレビ番組 [インドネシア]

 2997 “風雲、たけし城”?のインドネシア版をやっている。何年か前に、日本の番組が吹き替えで、“ベンテン タケシ”というタイトルでやっていた。今度は、こちらで、そっくりの番組を作って、“タケシズ キャッスル”というタイトルでやっている。完全にコピーをしていて、日本人がインドネシア人に変わっただけの番組だ。
一寸、気になることだが、“サスケ“のコピー番組もそうだったが、旭日旗もどきのマークが随所にみられることと、谷隼人役を韓国タレントがやっていること、良く嫌がらずに、楽しんでやっているなと思う。
IMG_7573.JPG
ところで、今日もゴルフ、再び、グリーンに乗ったら、自動竿のルールに戻った。昨日は、10万Rp以上を払ったが、今日は他の方が、マイナスが多く、10万Rp以上戴いた。これが、スコアーは昨日の方が良かったのだから、オリンピックとスコアーは結びつかない。10万Rp損した、得したと、印象は大きいが、ほんの800円程でしかない。日本の場合は、一点100円でやる場合が多いので、何千円の動きがあり、場合によってはプレー費より出入りが大きい場合もある。インドネシアでは、多く場合、一点2000Rpだから、17円くらい、どうでもいい金額と言えばいえるが、桁が大きいので、結構、損や得の印象が大きい。

相変わらず、洪水や掛け崩れのニュースは絶えないが、着実に乾季に向かっていると思う。夕方まで、雨の心配は無くなっている。それでも、夕方になれば、スコールはある。強風が先に来る。黒い雲が近づいてくると、その下に雨が落ちているのが見える。その雨が強風を起こすのです。風が先で続いて大粒の雨が落ちてくる。水に落下が風を起こすのです。降っている間、風も強い、雨が通り過ぎてしばらくすると風も止む。

樹木の枝が折れる、大木をへし折る、根こそぎ倒す、車や人が被害を受ける。道を塞ぎ、しばらくの間、通れなくなる。そういう頻度がまだ多い。インドネシアでは街路樹を手入れや剪定をする風景は、ほとんど見られない。成長も早い。そういう状態だから、被害の頻度も億なる。
IMG_7576.JPG
夕方、家の前の様子、旗が千切れそうに旗剥いている。

それにしても羽生選手、自然の流れで、何か、簡単に演技しているように見えますね。素晴らしいですね。世界は違うが、マー君、早く立ち直ってほしいですね。

また、それにしても、仲川遥香、ハルカ ナカガワ JKT48から、卒業?の後、テレビコマーシャル、全く見なくなってしまった。個人でも、いくつかに出ているようだが、夕方から夜にかけての番組で、見かけなくなってしまった。どうしたことでしょうか。インドネシアで一番有名な日本人と言われていたのに。
  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆追悼ゴルフ [インドネシア]

 2996 Penyortiran diberlakukan hingga bulan septemberバンドゥン南までの高速道路が、一応、大畑車両も使えるようになった。しかし、他の橋も点検や修復を継続するのだそうだ。9月にまた、安全かどうか、見直すということでしょうか。
IMG_7542.JPG
地形は、私が知っている、御殿場、厚木間の東名に似ていると思う。しかし、とにかく、この高速道路、山岳地帯を通るインドネシアでは、初めての高速道路で、上り下りの急さは、半端じゃないし、カーブも急だ。何故でしょうか、山や谷の地形そのままに道路を作っているのです。高い場所から低い場所に少しだけ土を移動しているだけだからだ。トンネルは全くなし、それでも、低すぎる場所は橋を作ってある。これが、橋桁の強度が低いというか、基礎がいい加減というか、傾いたり、ひびが入ったりしている。そもそも、開業以来、路肩の崩落は頻繁に起きていて、修復工事をあちこちでやっている。私はパンガンダランへ行くときに必ず通るのだが、車線規制がないときは一度もない。

交通事故も頻繁に起きている。魔の何とかというカーブが沢山ある。私も一度、車のエンジンルームが機能しなくなるほどの事故に会ったことがある。私の場合、夜11時過ぎ、真っ暗の中、急な登り坂を上りきったところ、前方が平らになるが、その先が見えない、そこに何か落下物があったが、見えなくて、それにぶっつかったのでした。
IMG_7536.JPG
一週間ゴルフを休んでパプアへ行っていたので、二週間ぶりのゴルフ、EJIPのばね屋さんの日本本社の会長さんと回った。先日亡くなった栗崎さんの会社の方です。栗崎さんの思う出話が絶えなかった。ゴルフ場のキャディーを始め多くの人から、栗崎さんは?と聞かれた。一緒に回った時の思い出に場面が数々、よみがえった。
 
タグ:危険 弔い
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆高速なんとやら [インドネシア]

 2994 ペレタイザーを作った。インドネシアの町工場で、仕様を伝えて、作ってもらった。出来は抜群、後はいつまで刃が持つかだ。30ジュタ、26万円くらいかな、安いでしょ。メイド イン インドネシアです。
IMG_7508.JPG
cisomang.jpg
Published 27 Mar 2017 at 9:30 pm
Kementerian Pekerjaan Umum dan Perumahan Rakyat (PUPR) kembali membuka Jembatan Cisomang Ruas Tol Purbaleunyi untuk dilewati semua kendaraan mulai 1 April 2017. Kendaraan yang boleh melintas sampai 5 gandar (golongan V) dengan beban maksimum 45 ton.
27日発表で、チソマン橋の修復が終え、チプララン高速道路、(チカンペックーパダジャラン間)4月1日から、従来通り、大型車も通行できるようになる。多分、他の高架橋も強化工事を継続するでしょう。

ところで、この高速道路の近くのどこかで、高速鉄道路線の建設工事が再開されたと1月に聞いていたが、その後、全く、これに関するニュースがないと思っていたら、つい先日、交通大臣、リニさん、から、ぼやきの発言があった。

Rini mengungkapkan, pihak China mensyaratkan supaya pinjamannya bisa segera cair, maka harus ada RTRW. Dengan demikian, penetapan lokasi (penlok) untuk pembangunan proyek ini tidak berubah.中国からの貸付け金がすぐに必要です、その後、Rencana Tata Ruang Wilayah (RTRW) の必要があります。したがって、プロジェクトの建設のための場所 の決定は変更されていません。
"Oo itu bisa dilakukan, tapi yang utama RTRW harus fix. Pembicaraan kita dengan CDB, RTRW harus fix sehingga penloknya tidak bisa berubah. Selama bisa demikian, CDB tidak masalah,"
それは行うことができますが、主なもの RTRW を修正する必要があります。China Development Bank (CDB). と話して RTRW 必要があります penloknya を修正するので、それは変更できません。CDB が問題ではない場合は。
中国からの資金が提供されていないのです。

スラバヤまでの方はどうなっているのでしょうか。日本が5月には案を出すことになっているらしい。
Pembangunan kereta semi cepat Jakarta-Surabaya mulai masuk fase awal studi kelayakan atau feasibility study. Rencananya studi kelayakan digelar Mei 2017. ジャカルタ-スラバヤ初期段階調査またはビジネス検討開始から半高速列車の開発。計画の実現可能性研究発表 2017年 5月
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆贅沢な使いかた [インドネシア]

 2987 私からもメール発信。 皆様 お疲れ様です
栗崎さんとのお別れは、28日 リッポチカラン シロアム病院メモリアルホールで、
昼過ぎから、仏式で写真とお骨が置かれ、ご焼香ぐらいはできる状態にするそうです。特に儀式はない可能性が高いそうです。
29,30日も 8時から20時まで、借り切っているので、焼香は可能とのことです。

最新情報です。Berikut acara Ceremony duka :
1. Hari/Tanggal : Kamis, 23 Maret 2017, pukul 15.00 waktu Jepang, Jenazah telah dikremasi.
2. Hari/Tanggal : Selasa s/d Kamis, 28 s/d 30 Maret 2017, acara ceremony duka di San Diego Suites RS. Siloam Lippo Cikarang, mulai pukul 09.00 wib. Abu Jenazah akan disemayamkan di sana.
お別れ式は28日午前9時から午後8時まで 29日、30日は午前8時から午後8時まで3日間行われます。
お別れ式ですが日本のような葬儀ではないようです。各人がお線香をあげていただき、お別れをしていただく
ことのようです。23日に日本で火葬されましたので、遺骨をインドネシアに持ち帰り、お別れ式が行われます。

私は、28日、都合が悪いので、29日に、お別れをしに行くつもりです。

カラワンのプレス屋さんに行ってきた。私たちが作った製品に沢山の打ち抜きをする工場だ。以前、一度、打ち合わせに行ったことがあったが、今回は、実際に打ち抜きをしている現場の様子を確認するためだった。結論から言うと、気の毒なくらい、手間取っているし、戸惑っている。穴の数や種類が沢山あり、打ち欠きする場所もあり、2mの製品に15カ所以上、抜き欠かなければならない。二台のプレス機を使ってやっているが、なかなか、はかどらない。その上、まだ、金型の一部が出来ていないので、ナイフで切り欠いている。見ていると、一本完成させるのに、10分以上かかっている。それも、四人がかりだ。 
一日7時間やったとしても、40本くらいしかできない。今回、900本だから、一か月掛かることになる。私たちの生産は三日間で終わっている。
IMG_6936.JPG
IMG_6938.JPG
IMG_6940.JPG
この会社、広大な土地に、広い工場をいくつも建ててある。それぞれが、使っているのは使っていないのか、人が殆どいないし、車もおいてない。このプレス工場も、だだっ広い場所のほんの片隅に機会が並んでいて、風通しのよさそうな状態で仕事をしている。事務所の一角もない。新品、未使用のプレス機が、難題も並んでいる。仕事の当てがあって入れたのだと思うが、聞くと、いつから、どんな仕事をするのか、聞いていないという。日本の岡山のプレス工場で研修生として3年仕事をしていたという日本語上手な青年が、そう言っていた。

10以上ある建屋に中は、全て、こんな様子、中に設置されている装置を全部、集めてきても、この工場、一杯にならないと思うくらい、無駄な使いかたをしている。どういう経営者なのだろうか。道楽としか思えない贅沢な工場だ。大赤字に違いない。

この会社、今日の仕事ぶりをみて、これでいいのか?と、思う。いいはずがない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆アラブサウジの王様 [インドネシア]

 2965 4月で切れるビザの申請書類を届けにMM2100のサクラへ行ってきた。今回は、ポジションがそのままの延長なので、国外に出る必要は無し、ブカシのイムグレへ行けばいいだけだ。簡単で安く済む。
行ったついでに、旅のチケットの予約もした。どこへ、でしょうか。インドネシア、行くところが殆どなくなってしまった。一寸、遠いが、RAJA AMPAT(ラジャ アムパッ)に決めた。どの辺りでしょうか。海の景色がいい処だと聞いている。ほとんど僻地のようなところだと思う。こんなところしかなくなった。チケット往復ガルーダ6,5ジュタ(6万円弱)だ、この金額でジャカルタからはかなり遠い場所ということがわかる。

RAJAと言えば、安倍さんがインドネシアに来る前から、サウジアラビアの王様が来るという情報が流されていた。そして、今日、やってきた。マレーシア訪問の次に来た。今は、安倍さんもこの前行ったボゴールの宮殿(イスタナ ボゴール)へ行っていると思う。とにかく、イスラム教の宗主国の王様だ。インドネシアのイスラム教徒にとっては、教祖が来たようなもの、皆さん、大喜びで大歓迎。一週間ほど前から、来る来る、来たあ~、と、大騒ぎ。私にしてみれば、どおってことないのに、宗教というのは、怖いと思うだけだ。
王様、11項目の契約を儀式的に交わし、ジャカルタ辺りに三日いてバリへ移動、五日ほど滞在するらしい。
IMG_6270.JPG

ただし、マスコミは一寸、皮肉交じりのコメントをしている。

Ke Indonesia, Raja Arab Saudi Salman bin Abdulaziz Mau Apa?
サウジアラビアのキング ・ アブドゥルアズィーズ ビン サルマン、インドネシアに何しに来たの?
Betul, sejak awal rencana kunjungan ini muncul, rombongan Raja sudah mendapatkan jadwal untuk tetirah ke Pulau Dewata. はい、これらの訪問の計画の初めから、王のグループは神々の島に移動し、しばらく滞在 のスケジュールを取得します。Tepatnya, mereka akan ada di Bali pada 4-9 Maret 2017,4~9日バリにいる。 setelah kunjungan kenegaraan dan beberapa agenda lain di Jakarta dan Bogor pada 1-4 Maret 017. 3月1~ 4 日 公式訪問といくつかの他の話をジャカルタ、ボゴール でし、の後、

Namun, jangan salah. Piknik ke Bali bukan agenda wisata tunggal rombongan Raja Arab Saudi dari keseluruhan rangkaian perjalanan kenegaraannya ke kawasan Asia kali ini. しかし、誤解しないでください。バリ島にピクニックはありません、今回のアジア旅行全体のシリーズとして、王様御一行のツアー。 Sebelum ke Indonesia, rombongan Raja sudah singgah ke Maladewa—salah satu surga wisata bahari dunia. インドネシアにくる前に、王のグループは、世界の海の観光パラダイスの 1 つ、モルディブに寄っている。

私たちがサイジアラビヤと言っているが、インドネシアでは、アラブサウジという。ゴルフで、バンカーに入ると、キャディーはmasuk arab saudi(マスク アラブ サイジ )“アラブサウジに入った””という。砂漠の国だと知っている。ボゴール宮殿の玄関に横付けになった車が、土砂降りの中、強風横風に揺れるくらいだった。王様、びっくりしたでしょうね。ほとんど雨が降らない国からはるばる来て、ずぶ濡れになったのだから。

砂漠の王様。きれいな海に憧れているのだろうか。
IMG_6268.JPG
この景色の反対側に民家がある。この風景からは、うるさいという言う家は見えない。

(^_-)-☆間違いだらけ [インドネシア]

 2963 昼間、三日続きの晴天である、それでも、夜は良く振っていた。今朝も快晴、清々しかったが、昼頃から大雨。三月に入れば、次第に晴れる日が多くなってくるはずである。

この雨季の中、LRT(Light Rapid Transit)のブカシ線?の敷設工事が進んでいる。高速道路沿の東行きの路肩の外側に支柱を立てている。支柱を立てるスペースがある場所が優先で、民家が近くに来ている場所や高速道路を跨いて陸橋がある場所は、後回しになっている。簡単にはいかないからでしょう。それでも、多分、どこまででしょうか、取りあえず、ブカシテュムールの先まででしょうか。順調に進んでいるようです。2019年には、運行が始まるでしょう。タンブン、チビトゥン、チカランまでは、まだ先の話のようだ。ところで、高速鉄道の方は、ワリニで始まっているらしい、本格的に始まったという映像が紹介されていない。
IMG_6243.JPG
面白いことに、ルートの紹介地図によると、ハリムから直ぐ高速道路の北側に出て、高速道路の北をチカラン先辺りまで行き、カラワンの駅は高速道路のずっと南になるので、高速道路を跨ぐようになる。カラワンのいくつかの広大な工業団地のなお南を通過し、チカンペックの手前から、南向きのルートになる、ということになっているが、こんなルートはあり得ない。ハリムから、高速道路の南側がルートになるはずで、高速道路も跨いで、ブカシバラットやブカシティムールのビルや住宅が密集している場所に通すはずがない。報道する側も、チェックする側も、土地の事情を知らなすぎるし、中国の担当者が、知るはずもないし、調査もしていない証拠になっている。
IMG_6242.JPG また、インドネシア人にとって、最早、興味がなくなっていることかもしれない。

だから、本格的工事が始まったというニュースで、高速道路の北側でのLRTの工事現場を高速道路を走りながら撮った映像が流されている。これが高速鉄道の工事現場だと言っているようにとしか思えない。これは、嘘でしょうと言いたくなる。
ワザとか、無知で、だろうか、よくわからないが、ジャカルタ、スラバヤ間の中高速鉄道に関するニュースでは、中国高速鉄道が走っている映像がバックになっていたりするし、ルートがバンドゥン経由になっていたりする。バンドゥン経由は中国がやるのだから、日本が手伝おうとしている鉄道はバンドゥンとはかかわりがないはずだ。チカンペックから南の向かわないでそのまま海側、東へ向かうのが日本ルートです。中国が受けたバンドゥンまでの続きをスラバヤまで繋げるはずもない。
IMG_6243-.JPG
中国から購入した引取機も、アネーanehだ。一年ほど前に買った、中国からの押し出し機や引取機、不具合が多くて参っているが、今日は、その不具合の一つ、引取機のベルトを正常なものをこちらで買って交換した。しかし、それが、簡単にいかなかった。普通は、ベルトを張っているボルトを緩めれば、外せるし、そのあとに、新しいベルトを入れて、ボルトを締めて適切な張にすればいいだけ、簡単な作業のはず。ところが、この引取機、横の黄色いカバーを外さなければ、ベルトをどうすることもできない。そして、そのガバーを外すために、駆動のモーターを外さなければならない。逆のセッティングも大変な作業だ。ベルトの交換のことなど、全く、考えていない設計だ。日本製なら、あり得ない、複雑さで、人手も時間もかかるし、重いものを扱う作業もしなければならない。何とか、交換をした。半日掛かりだった。日本の引取機なら、30分も掛からない。
   
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆どうなるのかな [インドネシア]

 2959 4月19日がジャカルタ特別州の知事決選投票日ですね。アホックさんとアニスさん。ジャカルタは、この日は休日になるのでしょうか。他の県の状況はどうでしょうか。他でも決選投票があるのでしょうか。

一か月ほど前に、工事が再開されたと言われていたバンドゥンまでの高速鉄道、まだ、始まっていない。
Proyek Kereta Cepat Jakarta-Bandung Makin Menakutkan
高速鉄道プロジェクト ジャカルタ バンドゥン益々 怖いことになっている
Mega proyek yang dijalankan oleh PT Kereta Cepat Indonesia-China (KCIC) bersumber utang dari China Development Bank (CDB) sebesar Rp 74,6 triliun itu dianggap semakin bermasalah.動き出している大きなプリジェクト インドネシア 中国高速鉄道会社中国開発銀行からの資本金、74,600,000.000,000Rpこれが、ますます、問題になっている。
Walhi(Wahana Lingkungan Hidup) Beberkan Dampak Mengerikan Proyek Kereta Cepat Jakarta-Bandungジャカルタ バンドゥンからプロジェクトの高速鉄道は生活環境に、ひどい影響を与える
こんな、記事が、この数日前に出ている。農業や林業に悪影響を与え、環境問題を大きくする、利益は限られた人たちだけ、矢張り、止めた方が良いという意見だ。

しかし、昨日は、
Bandung (ANTARA News) - PT Kereta Cepat Indonesia-China (KCIC) menargetkan pengerjaan fisik pembangunan Kereta Cepat Jakarta-Bandung akan dimulai pada Maret 2017. ジャカルタ バンドゥンから高速鉄道をターゲットと物理的な工事は、2017 年 3 月に開始されます。

"Pekerjaan fisik secara parsial akan dimulai dari kawasan Walini dan ditargetkan bisa dilakukan di 26 kilometer pertama, ada beberapa lokasi lainnya," 「物理的な仕事は部分的でワリニ地方から始まり最初の 26 キロメートルの対象にすることが、いくつかの他の場所もある」kata Direktur Utama PT KCIC Hanggoro Budi, di Kota Bandung, Rabu.KCICのトップ、ハンゴロさん曰く

とはいっても、その気配は一向に感じられない。いったいどうなるのでしょうかね。全く、工事現場のニュースはない。もっとも、ワリニは険しい山の中、それに、今、高速道路を大型車が通れないから、昔ながらの曲がりくねった、アップダウンの激しい一般道は大渋滞、それに、雨季である、洪水、崖崩れ地帯でもある。予報が当たるかどうか知らないが、気象庁は、今年の雨季は長期化し、4月まで続くと言っている。高速道路は4月末に改修が終わり、大型車が通ることができるようになると言っている。だから、3月からの工事を本格化することは不可能、早くても5月からでしょう。ハンゴロさんは現地の状況を知らないはずがないと思うが。
IMG_6191-.JPG
ファーマーズ マーケットへ食材の仕入れにいってきた。肉のコーナーへ行ったら、プロモをしていた。イガ(鎖骨周りの肉、)ブントゥットゥ(牛の尻尾のスープより、美味しいと思う、100g 約1、2万Rp、 1.25Kg買った。また、何にも使える肉、これが100g9800Rp三パックで1,6Kgくらい買った。合計 2,75Kgで30万Rp以下、どうですか、安いでしょ、オーストラリア牛です。
IMG_6191^.JPG
今日、行く手を塞いだ、地元の痩せた牛ではない。2700円くらい。日本なら、いくらするでしょうか、6千円くらいするでしょうか。早速、ソプ イガを作っている。かなり得した気がした。
IMG_6191.JPG
ATMから初めて、新札を受け取った。まだ、10万Rp札を見ていない。新札に変わると聞いてから、一か月半ほどになる。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆どうしようもない [インドネシア]

 2957 アパ ブレー ブアッ apa boleh bua  流石に、ティダ アパ アパtidak apa apaと言っていられない事態だ。

MM2100の新規客先へ、試作品を届けに行ってきた。既に形状についてはOKになっていて、今回は色合わせだった。最初から、色のサンプルを出してもらえれば、一回で済んだことだったが、客先の担当者、私たちのいうことを聞かない。
IMG_6141.JPG
相変わらずに大雨続き、道の凸凹は、増すばかり、もう、全ての道が、穴だらけ、ますます、深く、広く、多くなっている。車の故障は多くなるし、 洪水でなくても、速度は落とさなければならない、高速道路も例外ではない、穴だらけ。チカランからジャカルタスナヤンまで5時間かったと嘆いていた人がいた。 そういう話も信じられる状況だ。
IMG_6152.JPG
私は、故障車が止まっている場所と横切っている橋の橋桁がある場所以外は、往復、路肩しか走らない。本線を走って、車線を変えつつ、イライラ運転はしなくない。前方で、渋滞になっていそうなら、直ぐ、路肩に出る。この洪水、凸凹、渋滞の時期は、路肩走行の取り締まりもない。それでも、一応、パトカーが辺りにいるかどうかはミラーで、チャックをしている。警察は、ジャカルタやブカシの大洪水の地帯に出かけていて、高速道路には来ていないと思う。ジャカルタ中、ジャワ島中、洪水真っただ中、選挙が一段落し、ジャカルタ州知事職に復帰した、アホックさんも、このことで、大忙し、彼の責任ではないと思うが、どうにもならないことは分かっているが、何とかしてほしいと、対策に忙しい。その上、イスラム過激派の連中は、アホックさん復帰が気に入らない、デモをしている。裁判の結果は出ていないが、選挙では、イスラムの多くに人もアホックさんに投票をしている。大統領や、多くの政党の党首も。デモは止めましょうよと説得している。洪水も今後のアホックさんも、今後、どうなるでしょうか。暫く、これらのニュースは続くでしょう。

とにもかくにも、3月までこの状況は続く、そして、あちこちで、道路の修理が始まる、毎年、繰り返される。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆食べごろ [インドネシア]

 2954 土砂降りで、最後2ホールを残して、止めた。全く、二月はこんなもの、ザボタベック地帯では、昼間、太陽が覗く時間は、10%もないかもしれない。今日も太陽を見ていない。

我慢できずに、通り掛かりの果物屋に寄ってしまった。ドリアンを食べたい、という,思いが車を止めた。雨季の終盤が。多くの果物の旬だ。輸入の果物は、年中売っているが、この辺りで収穫できるインドネシア独特?の果物の多くはこの時期、道端に、日本なら、柿の木のように、それ以上に、バナナやパパヤがなっている。一寸、山の方に行けば、ナンカやマルキサやチンペダックやドリアンもなっている。
IMG_6082 -.JPG
IMG_6106.JPG
果物屋にドリアンも今並んでいるのは、この辺りで収穫したばかりの物だ。スバン辺りからが多いかな。産地の土地の名前がドリアンの呼び方になっている。但し、インドネシアのドリアンは、形は小さく、ラグビーボールを丸に近づけたようだ。平均500gくらいだろうか。タイ辺りからの輸入品に比べると、匂いは同じ、中身が問題だ。種が占める割合が、多分70%以上、その周りにたべる果肉がへばり付いていて、見かけの割りに、食べる部分が少なく、ガッカリさせられる。タイミングが重要だが、甘さも少ないような気がする。腐る前だが、腐るのがはやいから、食べごろの時間が短いと思う。

店先に並んだり,つりさげられているドリアンをどうしようかなと迷いながら、モントンは、と聞いた。あるよ!という。店の奥の方に、パックに移された実が並んでいた。最近は、食べごろを通り過ぎる前に、中身をパックで売る店が多くなっている。匂いの苦手な人、ドリアンの実を持ち運びが苦手な人、中身を取り出すのが面倒な人、怪我をしやすいこと、何より、食べごろと見て分かるように、それに、重棘のある外側の重さは訳が分からないが、食べる部分の重さで、良心的にかんじることなどで、パック売りが多くなっている。それを4万Rpで1パック買った。そして、奥の冷蔵庫にモントンがあった。出してもらって、様子を見ると、実が割れはじめていて、丁度食べごろ、もう少し、開いてみて、念を押した。よし、買おう、いくら、28万Rp、高くなったものだ。しかし、もう、買うしかない、買わないで、食べなければ、いつまでも、食べたいと思う気を引きずる。合計、42万Rp,3千8百円くらい。買ってしまった。パックは、直ぐにお腹に中に入ってしまった。なんとなく、うれしい。puas満足。

明日、ゴルフ仲間の日本人の為に少し持って行って、賞味をしてもらおうと思う、食べるかな。
  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆インドネシアだ [インドネシア]

 2953 決戦投票は19日ですね。AHOKさんをSBYは推していると思う、アニスさんは、プラボーですね。ジョコウイはアホックですね。



今朝、出勤の前にゴミ出しをするために外に出た。車が若干傾いて見えた。運手席側のタイヤが完全にしぼんでいた。やられた、パンクだ。雨が降っていなくてよかった。タイヤの交換だ。タイヤを外して、予備のタイヤを下そうとしたら、予備タイヤも空気が入っていなかった。

会社の運転手が、一週間ほど前に、納品出発前に、空気が少なくっているタイヤがあるから、交換するという、話をしてきたので、OKをした。彼は、交換した。その日の夕方、私が運転するときには、予備タイヤの置く場所に、タイヤが戻っていたので、空気が少なくなっていたタイヤを修繕して戻したのだなと思っていた。ところが、今日、聞いた話では、修理ではなく、空気を入れたから、戻したという、話。その報告をしない、聞いていれば、修理したのに、また、車の下にしまわないで、載せてあるだけなら、修理したのに、全く、インドネシアだなと、アパ ボレー ブアッApa boleh buat!!である。続きがある。



私はスルヤチプタから帰ったのが13時、運転手が納品で使いたいと言ってきたのでOKした。そして、荷物を積み始めて、左の後輪がパンクしているのに気が付いた。私は、何処で、釘を拾ったんだろうか、多分、往復30kmくらいの内10Km以上は路肩を走ったからだと思うが、工場の近所の凸凹の狭い道かもしれない。今度は運転手が帰りにタンバル バンによって、修理をしたというので、大丈夫。そして、先ほど22時頃、外に出て点検した。パンクはしていないようだ。明日の朝は、ゴルフ出発時間1時間前にもう一度見てみようと思う。多分、当分の間、出かける1時間前に、点検しようと思う。

IMG_6041.JPG

日本?スルヤチプタから、帰りに、トイレに行きたくて、サービスエリアに寄った。昼時なので、コンビニで、パンでも買おうと寄った。すると、奥の方に、日本のコンビニで、よく見る、弁当風のパックが並んでいる棚が目に入った。行って見ると、まさしく、簡易弁当、メンチカツやエビフライなどが入っていて、ご飯が下にあったり、横にあったり、日本のコンビニと同じ並べ方になっていて、サラダやonigiriと書いてあるおにぎりもあった。 何気なく安いので2パック買ってしまった。カンターに持って行ったら、何も言わずに、ちょっと横の奥に持って行った、何をするため、そうです、チンをしに行ったのです。聞いてから行けよと思ってしまった。トゥング スブンタールと、ニコッと笑いながら言っていた。スンピット(箸)は?と聞いたら、ニコッと笑って、無い、と言われた、センドック(さじ)が付いていた。

会計、2つで4万Rp、約、350円、で、1万Rpお釣りを渡されると同時に、テーヒジャウ(緑茶)のボトルを二本渡された。プロモのサービスだという。

IMG_6041-.JPG

これ、全てで、350円、なんだか、メチャクチャ得をしたような気がした。和食さと、と書いたって、日本人の顔も印刷されていた。味は?ま、普通です。ちゃんと食べられた。満腹でした。



SUKI大きいと小さい、という100%オリジナル シーフード?何でしょうか、聞きもしなかった。

IMG_6041^.JPG

渋滞の前のトラック、二台、何と書いてあるか読めますか、“チャベチャベアン 本物のチャベではない“と書いてある。チャベ(cabe)は、唐辛子です。cabecabeanは検索してください。写真がいっぱい出てきますよ。

もう一台は、PACHINKOと書いてありますね。意味、分かっていないでしょうね。

IMG_6042.JPG

こんな明りがあるよ。

  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - インドネシア ブログトップ