So-net無料ブログ作成

(^_-)-☆身近な韓国企業 [手伝い]

 1985 同じヒュンダイ工業団地の中の韓国企業を訪問した。場所は。今建設中の複合ビルtrivium lakeside parkの真正面の道を300mほど東に向かった所、会社からは5分くらいの場所、韓国も負け、その前に日本も負け、お互いに、だめでしたね、まだ、希望は残っているが、ほとんど可能性はないね、で、意見が一致してしまった。
IMG_6391.JPGIMG_6392.JPG
この会社の製品も、本国、韓国から輸入している製品をインドネシア国内で調達したいということで、私に付き当たったのでした。同じゴルフ場の会員で、この人は、ほかの韓国人と違って、早朝からやることが多かったので、挨拶こそしていなかったが、お互いに顔見知りだった。私が指名しているキャディーが彼を手伝ったことがあって、彼も、彼女を指名しようとしたが、ほかの人を手伝っているから、と、断られたそうだ。その後、私を手伝っているのを見たそうで、私をよく覚えていたということでした。
彼は、今、別のキャディーを指名している事を私は知っている。彼の評判は、紳士的だと評判がいい。失礼ながら、韓国人にしては例外だと、私のキャディーが言っていた。その通り、仕事の付き合いでも、腰が低く、私としては、戸惑うくらいで、それでも、酒好きな彼のために濁酒を持って行きながら、時々、世間話をしている。今日は、世間話でがなく、製品のサンプルを持って行った。すぐに、取り付けて、状態を確認してもらい、OKをもらった。今週後半から量産に入る。今まで出したサンプルは透明度がたりないと、言われていた。本来に原料に透明原料を混ぜ、いくつかの試作品を持って行ったが、なかなかOKにならず、やっと、20%透明を混ぜることでOKになった。 
今、もう一社用の見積もり資料や各種書類を整えている。これは、製品を作るのが非常に難しい、私も、今のところ、どういう方法で作ってみようかという、方法が決まっていない。大きな話で、信じていないが毎月500万円以上の注文になる。勿論、対応できる容量はない。それを前提で、インドネシアではできるという人が私しかにないのだから、客先も、私に依頼するしかない。

韓国企業だが相手はインドネシア人だけだ。話をしている先方のこのプロジェクトチームの購買や開発のインドネシア人若者スタッフは、大体、エクストゥルージョンを知らない。インジェクションと思い込んでいて、金型のライフタイムは何ショット?何個取りなどと聞いてくる。射出じゃないから、と言っているのに、ショットタイムは?などと聞く。一人が、ちょっと、違く事を知っていて、射出じゃないと言っているだろう、などと言っている。ミーティングが大変も面白い。押出しとはこういうものだよと、客先に青年たちにも、言って聞かせながら。仕事が纏まるとか、まとまらないとか、儲かるとか、そうでもないとか、そんなことは、こういう時には考えない。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆若者は熱心 [手伝い]

1031 2011年11月11日。土曜や日曜ではないが、金曜日だし、今日結婚する人は多いのではないか。イスラムはお祈りの日だし、結婚する人は多いと思う。
 試作の準備は出来た。月曜日、うまくできることを祈るのみです。
三日間で装置の準備をし、一つの試作の準備が終った。いろいろ足りないもの、合わない物が有ってそれらの手配に手間取った。いろいろなサイズが、この会社の従来品と違うので、最初から合わせておけばいいのにと言われてしまった。私としては、何十年もそのサイズでやっていて問題になることは無かったので、この工場の道具のサイズなど全く無視していた。私からすれば、こんなサイズを使っている方が変だろうと思うのだが、言えるはずがない。
月曜日の午前中にトライをするのは、PCのプロファイルです。上手くいくはずですが、何が起きるか分からないので、心配は有る。その心配は先ほど、夕方、不具合が見つかって、金型屋さんへ修正に出した。月曜日の早朝には持ってきてくれるそうで、一安心である。
とにかく、三日間の勤務だが、疲れる。土日二日休みなので今はほっとしている。あっという間だと思うが、孫の相手が主な仕事になる。
IMG_2128.JPGIMG_2002.JPG
 装置が全く無い中、何箇所からか見積もりを取り稟議書を書き認められたのが、9月中旬、10月20日装置がインドネシアから到着した。普通3カ月掛る。そして、試作依頼を受けたのが10月15日である。17日にインドネシアへ行って9日に金型を持って帰ってきた。これも普通なら、二か月掛る。これだけ短縮しても、評価はされない。そして、依頼された試作品は私が望むものではない。やってみたいものではない。この私の気持ちは今後の設備強化について意見を聞かれても返事をしようがない。何をやりたいかに依って設備の種類は違う。私が欲しい設備は入れてもらえるはずがない。インドネシアの設備の提案も辞退をした。有効ではないと判断したからだ。他の場所の方が有効だからです。仕事を断ってしまうのだから、装置は無駄である。

 一つの救いは若者が私から学ぼうとする姿勢である。今日、一緒に長い期間いるわけではないことを話した。出来るだけ、自分でやって、体で覚えるように云っておいた。仕事に向いているといいと思う。
   
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆気持ちは忙しい [手伝い]

IMG_1912.JPGIMG_1912.JPG 秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる。間違えていなければ、この頃は、こんな感じでしょうか。
今朝で三回目の点滴と肩への筋肉注射は済んだが、まだ、腫れは治まっていない。毎日の薬はまだ四日分残っているので、期待をするが、骨の出っ張りが見つかっているので、腫れというかコブは消えないのかもしれない。痛みも残るかもしれない。
 
まだ、装置が到着していないにもかかわらず、新しい、製品のトライの依頼が来たので、金型を作ることにした。日本で作れば80~100万円はかかるだろうがインドネシアなら、20万円そこそこでできそうだ。依頼した人は、私を信頼していてくれるので、できるだけあっさりと片づけたいと思う。ついでに、私が試作したい製品の金型も頼んでしまおうと思う。秘策がある。
11月から12月にかけて、やらなければならないことが集中してしまいそうで、ちょっと困ることになるかもしれない。今、三つのテーマを引き受けてしまっている。10月末に装置が入る予定なので、スケジュール的にぎりぎりである。

 7月1日に会社へ入って、装置の見積もりを受けて、稟議書を書いたのが8月の中旬、稟議、OKになったのが、9月10日、しかし、個人的にゴーを掛けたのが、稟議書を書いたと同時でした。それで、装置が完成したのは9月27日でした。ヒーターを注文したのが9月22日でした。ヒーターは9月27日に出来上がった。必要の内インドネシアデ作ったものは現在パッキング中だ。シッピングがいつになるかの返事をもらっっていないが、遅くても10月中旬より早いとみているので、末には到着していることを期待している。10月17日にはまたインドネシアへ行く予定になっているので、月末にハンドキャリーで金型を持ってこようと思う。その準備は来週中に終らせる。日本、インノネシアをまたにかけて、分刻みとまではいかないが日刻みのスケジュールになる。
 以上の他に日本からインドネシアへ運ぶ中古機械の手配もしなければならない。自分にプレーッシャーを掛ける。
S 198.JPGS 090.JPG
 インドネシアの端っこだという碑。こんな端っこにも日本軍の陣地が有った。
 IMG_1911.JPGスケジュール オーダー

(^_-)-☆公務員の休暇と収入 [手伝い]

ゴルフも残り二日になった。30日を除いて、毎日プレーを続けている。6日プレーをした。プレー費は一万五千円くらい、キャディーへのチップが一万円くらいでした。
省エネゴルフで、素振りは殆どしない、いきなり打つ。百十の王、ライオンとしては、もうスコアーなどどうでもいい。ただ、毎日、続けることに意味があると思ってやっている。私を含めて、三人が今日まで続けてたが、そのうちに一人は今日、途中で、リタイアしてしまった。やはり、疲れが蓄積していて、体に変調をきたしたらしい。そこで、明日は、その人は休む、替わりに、赴任してきたばかりの青年が入る。コースを回るのが、明日で、二回目という。初心者である。どうなることでしょう。

 完全にUターン渋滞になっている。土日がピークになると予想している。ところで、毎年、大統領が、公務員は土曜日から次の日曜までの8日間の休暇を取り、金曜日まで、通常通り勤め、日曜日には、家に帰り、月曜日から出勤するようにと、談話をだす。しかし、公務員のほとんどはムディックの渋滞が始まる前の木曜日以前に休みを取り、Uターンは渋滞が無くなる、月曜日や火曜日に帰ってきて、出勤は水曜日以降になる。だから、8日間休むのではなく、最低12日位休むのです。公務員の仕事は約二週間ストップ状態になるのです。プアサに入ってから、ラマダン休暇明けまでの、約一週間、許認可に絡む、仕事はストップし、許可、認可は、他の時期に比べると、一か月以上遅れるのです。それも、書類の提出順にやってくれれば、一か月遅くなるだけだが、書類は渋滞をして、次から次へと積まれる。公務員さん、どの書類を手にするか、読むかは、ちょっとした、アンダーテーブルを受け取ったか、受け取れないかで、判断するので、只待っているだけでは、一か月どころか、二か月以上掛ってしまうこともある。許認可の申請はプアサに入る二か月以上前までにしなければなりません。プアサ前一か月の申請は、三カ月くらい、後になることを覚悟しなければなりません。

 その点、警察と交通警察だけは、休暇返上で、仕事をしている姿が、映し出される。おそらく、レバランの後に休暇を取ると思うが、彼らが道の要所、町の要所に立っているだけでも、渋滞や混乱の度合いは少しは少なくなっていると思う。もっとも、彼らは、プアサ中、取り締まりを厳しくして、罰金を懐に入れてしまうという、悪しき評判もある。私も、そう思う。日本のように切符を切って、罰金を納めさせるという、システムはある。しかし、振り込みの制度が無い。後日、警察に出頭して、罰金の額を言い渡されて、払うという。日本で、40年くらい前までにやっていたシステムになっている。だから、捕まった人は、必ず、その場で、幾らか払って、済まそうとする。警官もその方がいい。自分の懐に入れる。そのうちのなん%かは、上司に渡して、警察ぐるみで、そのシステムを実行しているのです。
 第三者のチェック機構があれば、罰金が国庫に入る金額が少ないことを指摘して、不正の正そうとするだろうが、当然、その第三者機構も、お金をもらえれば、指摘をしなくなる。これが、インドネシアです。
 IMG_1507.JPGIMG_1507^.JPG渋滞。 
タグ:収入 罰金 認可
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆自分は何者? [手伝い]

 何、この暑さ。昨日も半端な暑さではなかった。先日の菊川もすごかったし、日影が殆ど無かった。今日も殺人的な灼熱の中、ゴルフ。今日は氷にしたスポーツドリンクを四本持って行った。
 会社では、そんな会話は一切ないが、ゴルフの時には出る会話、「お前が死んだら、俺が弔辞を読んでやるから、安心して俺に付き合え、もう書いて準備してある」。という。『逆でしょ、私が読んであげるように準備してありますよ』、こんな会長に付き合いで、13日出発予定を16日に伸ばした。暑さは予想せれていて、スタート直前に自動販売機で二本準備したようだったが、それでは足りなかった様子で、なお、途中で買おうとしていたので、私の氷スポーツドリンクを一本渡して飲んでいただいた。インドネシアでは、四本までは持っていかないが、三本必ず氷にして持っていっている。それも、粉を買って、自分で作るのです。安上がりだし、PETボトルのリサイクル利用になる。
 会社の夏休みの最後の日だった。通常の困難な仕事に戻る会長と明日インドネシアへ戻る私とゴルフ場のレストランで、二人きりでの昼食は楽しませていただいた。普段見せない笑い顔をしてくれるので、私も付き合った甲斐があったというものです。
 いつもプレー費は払っていただいてしまっているので、今日は私自身で払ってしまった。いつも払ってもらっていては、また、会長の好意に甘えてばかりでは、私の気持ちが許さないので、今日はそうさせていただいた。ただし、食事代だけ奢りにしていただいた。結構、気を使う。
 
それにしても、日本のゴルフ代は高い。インドネシアのように毎週土日というわけにはいかない。明日出発で17日の独立記念日にはインドネシアでゴルフ、18,19日が仕事で、20日にまたゴルフという予定になっている。会長と今日ゴルフをしないで13日に出発していれば、昨日14日にゴルフのはずだった。というわけで、予定を入れるのに困らない。

 終戦記念日でもあったので、インドネシアを占領していた時の大日本帝国政府発行のルピアです。ソロへ行ったときにアンティークショップで手に入れたものです。今のインドネシア語のルピアとはスペルが違うが、1Rp,10Rp,100Rpの三種類です。
当時のRpのレートは日本円と同じだったそうです。
IMG_1432.JPGIMG_1431.JPG 
 孫の夏休みの絵日記の書き方指導をさせられた。大浜公園のプールへ行って来たとか、そのことを書きたいが、何と書いていいか分からないから、おじいちゃん、教えて、とせがまれた。自分は何者かと思う。彼女たちとも、一か月の別れである。

   

(^_-)-☆玉手箱から白い煙 [手伝い]

 浦島太郎になってしまっていることが、いくつかある。先ず、会社へ行く道だが、高速道路を使って行くなら、以前と変わっていないので、問題ないが、一般道を使って行く道は、決まった道しか通れない。もっと近道が出来ているような気がするし、実際、それらしき道が何本もあって、そちらの方へ曲がって行く車も多い。私も付いて行って確認したいが、もし、違う方向へ行ってしまったら、会社への到着時間が遅くなってしまう。それが、帰りにそれらの道をたどって見るということも出来ない。カーナビを使えば良いじゃないのという声が聞こえてきそうですが、新米のタクシードライバーならいざ知らず、ただ、通勤路の近道を確認するために、取り付けようとは、全く思わない。インドネシアにカーナビは無い。地図もいい加減なものばかり、それでもジャワ島の主要道路、主要都市、主要観光地の全てを制覇したと思っている私です。日本国内を車で制覇したいとは思わないが、思っても、カーナビなど使いたくない。分からない時、迷った時に、聞きながら行くのが楽しいのですから。
地図を買ったらいい、グーグルサテライトマップでちぇっくしたらいいという声も聞こえてきそうですが、その気になれば、いつでもできることで、まだ、その気にもなっていない状態だ。
IMG_0923-.JPGIMG_0923.JPG 
 
 セルフのガソリンスタンドの方が多くなってしまっていた。値段はそう変わらないという印象です。150円が147~8円になる程度、たまに145円というところがある。プイペードカードでも現金でもいいらしいが、まだ、利用したことが無いので、一度は試さなければならないとおもっているが、今のところ、そう値段が変わらないので、セルフではない昔からなじみのガソリンスタンドで入れている。
 チデジという言い方も変だと思うが、アナロブ放送が今月24日正午で終了すると聞いた。内はというと三台ある内の一台は、チデジ対応を考えて買ったわけではないが、3年前に買い換えたものが、チデジ対応だったということだけで、他の二台は対応していない。
 アナログの受像機は一体どこへ行ってしまったのでしょうか、何百万台何千万台でしょう。この数年間で擦れられたでしょ。そしてまだ、捨てていないアナログテレビは同じ数くらいあるのではないでしょうか。外国でこういう過程を通った国はあるのでしょうか。インドネシアでは、アナログとかデジタルとか、特に大騒ぎした気配はありません。どうなっているのでしょうか、多分、とっくにデジタルに変わっていて、とっくにデジタル用のテレビしか売っていなかったのではなかと思う。ホームテレホンが普及しないうちにHPに変わってしまったように、です。
日本は何故面倒なことが多いのでしょうか。一つ一つ変化してゆくことに同調しなくてもよい社会の方が楽なのに。
書きたいことが山ほどあるのに、当たり障りのないことだけを見つくろって書くしかない辛さ。やはり、自由になりたい。
ウツボとマユミ トド
  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆もったいない通勤時間 [手伝い]

斜めからインドネシアを見る 965
 通勤が面倒。高速道路を使えば、30分くらいで会社に着くが、月曜日一般道を使うと一時間15分掛ってしまう。その内30分が渋滞原因のロスタイムです。初めて知ったが、大井川にかかる富士見橋の付近で渋滞になる。その手前、500m付近に達すると動かなくなってしまう。原因は橋までの間に信号が3か所ある。その両側から、車が入ってきて、直進の車が進めないようになってしまう。信号のタイミングが非常に良くない。両脇から入る方が早いと気がついた。

 火曜日は、手前600m位から脇道に入って、できるだけ、橋の近くから本戦へ入るように行ってみた。その脇道からも渋滞しているが、本線でじっと待っているよりは若干速かった。
そして、水曜日は6:30分に家を出た。早い、渋滞は殆ど無い、橋の手前で若干速度は落ちた程度でした。45分で会社へ着いた。到着が早すぎた。要するに、15分遅く出れば一時間15分掛るが、15分早く出れば、30分短縮できるのです。今日は6:30前に出て見た。07:15に到着した。昨日と同じでした。ラジオ体操にも十分、まになう。ラジオ体操をするのは多分サラリーマン時代が最期だから、40年ぶりくらいでしょうか、忘れないものですね。それに、体も良く動いた。
 早く会社に着きすぎてしまっても意味がないが、暫くは、これで行こうと思う。

 帰りがまた渋滞する。退勤時間遅らせるわけにはいかないので、これは、仕方がない。帰りは一時間くらいかかってしまう。労災に入っていれば、あさ、06:00から家に着く18:00過ぎまで、約12時間が労災適応時間になる。これを考えるだけでも、インドネシアで仕事をしている方が楽である。
 三日間の通勤だけで200km以上走った。

 会社の人から聞いた話だが、高速代1区間で450円は高すぎると話したところ、朝晩のラッシュ時間は半額になるよ、ただし、ETCを使っていなければならない、と、言われた。どこで、手に入れたらいいかわからない。何時から何時まで有効なのか、会社からの通勤費補助はどうなるのか、これは別にして、ネットでチェックしてみた。

とにかく、通勤の往復時間が始業前、終業後の無駄な時間が長すぎる。これで、会社にいる時間中に、意味がある仕事が出来ていない時間を含めれば、在宅勤務を考えた方が良いかもしれない。様子を見て、提案したいと思う。往復時間に色々考えることが多い。技術のこと、家庭のこと、インドネシアのことなどなど、運転に集中しているとは思えない。曲がるところを曲がらなかったことは、この三日間でも3回ある。その時間ロスもある。考えていることが、余計なことなので、なお、無駄だと思う。
IMG_0834.JPG今日も会社の製品宣伝。紙や木の屑をプラスチックに混ぜて作った、床材?。硬質塩ビのサッシの中にアルミの補強材が入っている。どちらも、売れるか売れないかは、プロモーション勝負だと思う。いくらいいものを作っても、皆さんに知ってもらわなければ、買ってもらえない。その点、K社は巧みだと思う。単に会社のウェブサイトで紹介するだけでは、今どき、どこでもやっていること。デモンストレーション重視が良いと思うのだが。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆休日もつらい [手伝い]

 当り前ですが、いきなり休日です。ところが、体は休日モードになることを許してもらえなかった。孫たちの時差ぼけ起床が10:00過ぎ、そこから自転車の練習、上の子が、補助輪なしで運転できるようになりたいと言うので、自転車の後ろを捕まえて自転車の速度に負けないように走らなければならないばかりか、左右に倒れないように支えなければならない。初めての経験である。姿勢が前かがみ、辛いが、弱音は吐けない。もう止めるというもで、一時間を二回付きあったが、へとへとと、汗だくと、腰がなんとなく痛み出したこと、明日が恐怖である。早く、後ろで支えてくれなくていいと言うほど上手くなてほしいと思うが、一か月くらいは掛りそう。

 面倒な話だが、他の工場に様子を見て、改めて、この会社がどこまでの仕事が出来るのか確認する必要がある。開発部門は見たので、グループ工場と御殿場の方の工場を確認することにする。しかし、私の感覚では、どこの工場も私がやりたいことが出来る装置はどこにもないと思うし、その装置を設置する環境も整っていないと思う。
IMG_0781^.JPGIMG_0781.JPG
 だから、平行して、環境の整備と装置一ラインの見積もりを取り始めようと思う。その後、どこの誰が稟議書を書いて、どこの誰が予算の承認をして、どこの誰が注文を出して、どこの誰が、それをOKかどうか確認するのか知らないが、それに向けて来週頭からスタート使用と思う。それをどこの工場に置くかも決めてもらわなければならない。これも、同じ、工程を通らなければ何も進まないと思う。これらを、考えると、バカバカしくなるし、どのくらいに期間がかかるのか全く想像が出来ない。私が任せられれば全部のことを一か月以内にやってしまうが、インドネシアの例から行くとこんなことだけで、半年掛ってしまう。また、今、開発が発表していることでも、全てが半年以上なんだかんだやっていて、彼らのスケジュールールの発表を見ると、来年の三月待つが目標になっている。皆さん、実に落ち着いているなと感心する。私にはとても、そんなのんびりしたスケジュールは作れない。努力するのは嫌いだが、努力してみようと思う。

 てなことで、私は8月前半中に準備が終わらなければ、何をしても意味が無いと思うので、ターゲットは8月15日にする。それが、かなえられない時には、何もしないで、聞かれたことだけ返事をする完全相談役に徹することにする。
 家のジャングルの入口とその足元にあるスイスから種を買ってきた花。
  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆始球式 [手伝い]

  IMG_7426.JPGIMG_7426-.JPGまた、ゴルフ。30日のメンバーから一人抜けて三人でした。冗談や馬鹿が言える三人なので、私の提案でグリーンにオンして竿以上の距離なら自動竿とした。そうしたら、S氏からの提案で、竿は三点ではなく五点にしようということになった。たわいない話だが、73才と67才二人の三人は、ほとんど、童心に帰ったように夢中になって、オリンピックを争った。
ハーフの食事をしながら、盛んに、S氏の基本的な考えを私に伝えようとする。私の生き方と、考え方はそれとは真反対である。それも、S氏は承知している。しかし、それでも、私の考えを変えてS氏の考えに同調して行動してほしいと言っている。困った、影響されそうで怖い。
N社は6日が始業式になるとのこと、昨年末でN社から抜けて、今年、インドネシアで、ほかの会社を手伝うことになっている私に、始業式に顔を出して欲しい、というより、半強制的に始業式に来い、という。何のために行くのか分からないが、断りきれないので、8時には行くことを約束してしまった。
インドネシアでほかに会社に籍を置いても、N社を手伝えという意思を強力に、私に伝えていることが理解できる。
 
N社、ゴルフ場、富士山静岡空港がここから近い、箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ、の、大井川です。ゴルフ場近くに茶畑の向こうに朝日を浴びた富士山です。

皆さんの検索で一番多いのはやはりというか、当然というか、残念というか、“ブロックM”“カラオケ”“キャディー”です。日本人駐在員が一番、興味があるのは、こういうことであるとはっきり言える。

“じゃかるた新聞”です。一面トップの記事と各記事の見出しを見ることが出来ます。
http://www.jakartashimbun.com/ 
“日本円とインドネシアルピアのレート”です。
http://www.seputarforex.com/berita/kurs/grafik.php?ec=jpy&va=yen_jepang


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆興味深い話 [手伝い]

   IMG_7368.JPGIMG_7368-.JPG
ホテルの中の乾燥もそうだが、寒い以外に乾燥には参った。部屋に加湿器が備えてあるが、それでも乾燥している。一歩、部屋から出れば、たちまち、乾燥空気と寒さで口の回りが空からになってしまう。
インドネシアで仕事をしていて一年ぶりに日本へ帰ってきている自分がこんなことに遭遇するとは、世の中、何があるか分からないものだ。
上田のプラットホームの椅子の上に、この場所は鳩の糞が落ちてくるので注意と書いてあった。それには気が付いて、あ、この椅子の辺りは注意しようと納得して上を見たら、電線を這わせている金網の棚がホーム全長に吊り下げてあった。そのあたりに鳩の糞が引っ掛かっていた。
その場から離れて、別の場所に立って新幹線が入るのを待っていたら、掃除のおばさんがにこにこしながら近づいてきて、“お客さん、そこは鳩の糞が降ってくるよ“と注意してくれた。と、頭の上を見ると、鳩が留っていた。金網ではなく、屋根を支えている張りに、だった。どこにいれば安全なの?と聞いたら、どこにいても、上に注意だよと言っていた。このホームを知っている人は注意するだろうが、知らない人は上など見ない。きっと、糞が頭に直撃した人は多いのでしょう。
六文銭の真田幸村と真田十勇士で有名な土地柄、町のあちこち、勿論、駅にも六文銭が町のシンボルマークのように、書かれてあるし、飾られてあった。いつごろからか知らないが、新幹線ホームの鳩の糞はまずいんじゃない。

ガラッと変わって、昼過ぎに静岡へ戻り、太田化工へ挨拶に行ってきた。細かい、難しそうな仕事だけを、相変わらずやっていた。是が、太田化工の生きる道ということです。難燃、耐熱、艶消し、光遮断着色、耐候性、耐衝撃性というPCの材料を使ってプロファイルを作っていた。グロメットは相変わらず独占生産で、息が長い。私が27歳の時、40年前に日本で初めて作った製品が今でも続いている。

夜遅くまでの話と上田までの往復と会社訪問で一日があっという間に過ぎてしまう。今日は何日で何曜日だっけ、と、ふと、思ってしまう。
今朝の上田の駅前、軽井沢駅前のほんの一部。