So-net無料ブログ作成
検索選択
歯医者 ブログトップ

(^_-)-☆歯ナシ爺 [歯医者]

 2595 ついに、下の歯が全滅、というより、全滅させてしまった。昨年の11月に、下は、残り5本程度になっていて、それが、すべて、ぐらぐらになり、歯茎がなお後退し、今年、インドネシアに戻った時には、いつポロっと行ってもいいくらいになっていて、インドネシアの歯医者に駆け込もうかなと思っていた。しかし、今回、どうも、ちょっと長期で日本にいることになりそうなので、保険がきく、日本で入れ歯にしてしまうことにした。

過去には、家から歩いて一分もかからない医者に掛かっていたが、そこは、2年ほど前が最後だった。なんだかんだと、日本の歯医者は、治療が遅く、さっさとやってくれればいいにと、子供のころから不満があって、この医者はその典型だと思っていて、いつか、別の医者の所へ行ってみたいと思っていた。
IMG_0810.JPG
IMG_0808.JPG
そして、今回、昨日、近くの、歩いて5分程度のイオン買い物にいったついでに、その駐車場の一角になるような医者を予約した。比較的、新しい歯医者で、患者さんの送迎をします、など、と看板に書いてあった。その予約が16時でした。

歯医者に掛かるのは、一大決心がいることで、そんな覚悟で、入っていった。診察席というか治療席が6席並んでいたが、誰もいなかった。空いている真ん中の辺りの席に案内されて、仰向けに寝かされていると、医者がやってきた。見かけ60歳以上のおじいさん医者だった。入れ歯にしたいと問診票に書いて渡してあったので、その医者、入れ歯を作りたいのですかと、聞いてきた。そこで、わたしは、インドネシアでの話と、今回、40日ほど、ちょっと長く日本にいるので、その間に、入れ歯を作ってしまいたいと話した。すると、意味がないと思うが、例に行って、何番の歯がなんだのと、順番に、全歯の状態をチェックしだした。欠損が多い。そして、X線の撮影もした。席に戻って、医者に、総入れ歯にしたいから、下の残っている歯を全部、抜いてください、すっきりさせてくださいと、頼んだ。その医者もそう思っていたらしくて、そうしましょうと言いながら、既に、麻酔の注射器を持っていた。麻酔はいらないから、抜いてしまっていいですよ、と言ったが、そうはいかないですよと言いながら、ぶすっと、やってくれた。三か所ほど、麻酔薬を流し込み、効いたか、まだかの束の間に、抜いてしまった。もともと、自分で抜いてしまおうと思えば抜けるくらいにぐらぐらだったから、簡単だ。

最初、席に着いてから、10分くらい後に、下の歯が全部、無くなってしまって、すっきりした。その医者、明日、型を取りたいので、来てくださいという。早い。望むところだ。もしかしたら、この歯医者、予想に反して、引き延ばしはしない医者かもしれないと、思った。期待がもてる。ここにしてよかったかも知れない。

お爺ちゃん、おじいちゃんみたいになったねと言われた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆歯を抜く [歯医者]

 2044 日本の歯医者に何日か、通ったが、結局、新しい義歯を取りつけてもらえなかった。インドネシアで付けてくださいと言われてしまった。日本の歯医者は、これだから行きたくないのが本音。そこで、木曜日の歯医者ルスカンディさん(日本語が日本人より上手かもしれない、つい、私がインドネシア語で話しても、日本語をしゃべる、だから、私も日本語を話しようにしてやる)のハラパン クルアルガ(ジャバベカ2)へ行ってきた。日本の歯医者は予約制で、大体時間通りに治療が始まる、というより、暇で、前の人がいないから、医者が待っているのです。後の患者がいないにもかかわらず、治療は10分程度、消毒や出血止めが定着するのを10分程度じっとしていて、それで終わり、料金は私の場合10%だと思うが、薬は無しで、700円くらい払う、ということは7千円ですね。
IMG_7202.JPGIMG_7203.JPG
インドネシアの場合、予約制ではないし、医者が来るのは一週間に一日だけ、同じ医者に診てもらうことになるので、他の日と言うわけにはいかない。今日は、今回の治療での初日だったので、8時に家から出て8時30分に病院に着いた。受付で、何科の医者は誰かを聞かれる。そして、過去のカルテを捜しだしてもらう。その医者の診察室は個室、その部屋の前で、自分の順番を待つ、9時前に部屋の前に行った時、診察が既に始まっていた。約30分後、終わった人が出てきた。待っていたのは、母親と子供だけ。看護婦が出てきて、次の人を呼ぶ、該当者がいない、次の人を呼んだ、これも、いない、そして、次の人を呼んだ、それが、その親子だった。

それから、40分後、終わって出てきた。次の患者を呼んだ、先ほど呼ばれて、いなかった人が、一組だけ来ていて、その人達が入っていた。その人たちは50分後の11時に終わって出てきた。次に呼ばれた、先ほども呼ばれた一組は、今度もまだ来ていなくて、私は呼ばれた。2時間以上の待ちだった。私の抜歯などの治療が終わったのは、11時50分でした。部屋の前に到着して約3時間後に、終わったのでした。それから、料金の払い、薬(痛み止め、化膿どめ、うがい薬)を受け取り、保険が効かなくて、60万RP(5500円)払い、病院から出たのが昼食の時間だったので、途中、家に寄って食事、13時前に会社に入った。
このように、一人当たりの診察、治療時間が長い。が、一週間後に形を取って、二週間後には入れ歯の装着という段取りになっているので、私は、待ち時間は、運不運があるが、インドネシアの歯医者の仕事ぶりの方が好きだ。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆叱られて [歯医者]

 1513  様々な、と言っても、おおざっぱに分けて二つの提案を頂いた。試してみました。というより、子供のころからやっていたことの再確認でした。ノーベル賞とはいきません、しっかりくっついている部分が何か所かあるので、やはり、簡単にというわけにはいかなかった。テリマ カシー。

ルスカンディ先生が真剣に私に言い聞かせてくれた。多分、3年ぶりくらいでしょうか、日本での歯医者が全く無視してくれた虫歯が心配で、久しぶりにハラパン クルアルガ、ジャバベカ2へ行ってみた。待合に座っているときに先生が出勤してきて、眼があったときに、久しぶりですね、お早うございますと、言われてしまった。
 IMG_1852.JPGIMG_1853.JPG直ぐに、治療が始まった。歯をチェックしながら、ぐらぐらですね、酷いですね、ほとんど全部、ぐらぐらしてますね、と、あきれたような口調で言う。大きく口を開けている私は、返事のしようがない。そして、歯垢をガリガリとる作業が始まった。日本で取っておいたので、それは簡単に終わった。そして終わってから、太田さん、カルテを見ながら、前に来たのは三年以上前ですよ、その時に、半年に一回以上、歯垢を取りながら、状態のチェックをしましょうと、言ったでしょ、なぜ、三年も来ないのですか、虫歯の治療のことなど忘れているかのように真剣に怒っているようだった。歯を磨かなくてもいいから、歯の根元と歯茎をゆっくり強く押すように実がいてください。歯ずらしではなくて指の方がいかもしれません。指でゆっくり強く押してください。あとで、歯茎の状態を改善する薬を出しますから、毎晩寝る前にそれを口に含んで、1分ほど口を濯いでから、捨ててください、そのあとは、何も飲んだり食べたりしてはいけません。朝も朝食が終わったら同じことをしてください。私に目の前で力説していた。
 はいこれで終わりです。ちょっと待って、虫歯の治療がまだですよ、というと、あまり重要ではないらしく、あそうだった、という顔をして、全く、いい加減という印象だったが、虫歯をギリギリほじって、石膏の様なものを押しこんで終わってしまった。5分も掛からなかった。 
 そうなのか、歯医者の考え方は、歯そのものよりも、歯茎の方が大事なのかと思わされた。だから、日本の医者も、虫歯の治療をしないで、歯垢取りと歯茎の強化の治療をしたのか、と、初めて、気が付いた。そうだよね、土台の方が大事だよね。今ごろ気がついても遅いが、しっかり、歯茎を押そうと思ったし、真面目に薬で口を濯ごうと思う。
 永久歯が出始めてから65年くらい、それほど、ひどいぐらぐらだとは思っていないし、
それだけ持てばまあまあかなと思っているし、リンゴの丸かじりのまだできるのに、日本で叱られ、インドネシアでも叱られてしまった。それにしても、ルスカンディ先生、インドネシア語でもかまわないのに、日本語でよく喋ってくれました。二人の看護婦は、わけもわからず、きょとんとしていたのが印象的だった。

Arus pendek listrik“アルス ペンデック リストゥリック”って何だかわかりますか?インドネシアの火事の原因のトップです。アルスは流れ、ペンデックは短い、リストゥリックは電気です。そうです、日本で言う、ショート、短絡です。そしてそのショートの原因は雨漏りなどによって、濡れてしまうことです。雨季に多い原因です。今は、中規模の家事がインドネシア中、頻発している。
ネズミが電線をかじっての、ショートも多いです。昔々の日本もそうでした。接触不良でじりじりと火花がでるというのも、スラムのバラックでは多い。短絡ではないが、時々、公共の土地に不法に住み着いている人たちのバラック住宅が跡かたもなく燃えて仕舞う時がある。これは、追っ払うために、どなたかが、火を付けるのです。消火関係の到着が遅い。燃えて仕舞ってからやってくる。原因の追求はしません。良くやったというわけですから。
   

タグ:歯茎 土台 真剣
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆もう一つの荒行  [歯医者]

1451 今日で、8回目 歯医者である。歯医者というのは、なぜ少しずつしか治療というか、手入れというか、しないのでしょうか、これも、小学校のころから、そう思っていた。虫歯など、削って詰めるなどは一回、一日でできそうなものだと思うし、歯垢を取るのも、どんなに酷くたって、三四回通えばきれいに取ってしまうことぐらいできそうなものだと思うが、何をどうしているのか知らないが、毎日、同じようにギリギリ、ガリガリやって、「ではまた次の日」と、いわれるだけ。いつまでに、終わるとか、どのくらいまでかかりそうだ。ということは絶対言わない、言う医者にあったことがない。昔から、完全に終わりましたと言われるまで、通う続けたことはない、休みが終わったとか、どこかへ出かけるとか、しばらく、通えなくなった時を機会に、歯医者へ行くのを止めて仕舞うしかなかった。
今回も、その通りである。最初の日に、「通えるのは、一月4日まで」と、いってあった。
今回、歯医者へ通った主な目的は、軽いと思うが、ちょっとした虫歯の治療をしてもらうことだった。そして、最初の日の全体の歯の状態をチェックした時も、その虫歯のことは医者が指摘していた。
しかし、医者は歯垢とそれが原因だと思うが、歯肉の緩みを、治療する方が優先だと判断したのでしょう。毎回、そのためのギリギリしかしない。そして、私には、虫歯の治療はどうなっているのか、聴く勇気がない。だから、手つかず、そのままになっている。もう、終わりである。虫歯については全く無視された状態のまま、毎回、1400円~1800円払った。
その毎回は、痛さを堪える、連続だった、歯の治療でしか、感じることのない、強烈な痛さ、目を堅くつむって、両手をにぎりしめて我慢をするしかない、体をのけ反らしたいが、それは、こらえようとする。

 歯は自分なりに磨いているが、不足らしい、もっともっと、歯肉から血が出ても構わないから、歯と歯肉の間をごしごし、磨けと、注意される。鏡を見て、残っているものがないかチェックしているのだが、まだ、残っているといわれる。

 しばらく、この荒行から、遠ざかることができるが、虫歯については、インドネシアで直すしかない。
IMG_1544^.JPGIMG_1544-.JPGIMG_1544.JPG
 下の子に、ランドセルプレゼントした。どちらに、いるかわからないが、日本の学校に通う準備もしておかなければならない、上の子と同じように。
 
タグ:試練 苦痛 解放
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆覚悟が必要 [歯医者]

 1430 何年かぶりに日本の歯医者へ行ってきた。家の近くの行きつけ?の歯科医。といっても、多分、数年前が最後だったと思う。歯医者にはハラパン クルアルガに三年ほど前に通って、刺し歯や入れ歯をしてもらっている。歯医者というのは、どこの国でも嫌いである。
どうしようもなくなったと判断したとき、あるいは痛くて痛くて我慢が出来なくなったときに、差し迫ってゆく、今回は、痛くはないが、歯垢がかなり溜まっているらしいことと、一本、虫歯でかけ始めてしまっていたため、そして、二週間ほど、医者に通う余裕があるからだった。覚悟を決めて、行ってみた。その医者、日本で多くの歯医者に行っているわけではないから、比較はできないが、乱暴のような気がする、口のきき方もドリルの扱いも乱暴のような気がする。歯垢について今日言われたことは、ひどいの一言、歯の磨き方が悪い、血が出てもいいから、歯を磨くより歯肉を磨くつもりで磨いてください、と、注意された。この注意は今回が初めてではない、何年も前に言われている。そのつもりで磨いているが、医者にとっては、磨いていないという判断なのでしょう。

ギリギリ、ガリガリ歯の根元に届くのではないかと思われるほど、歯肉と歯の間にどんどん、ドリルを差し込む、血が飛び散っているのがわかる。助手の奥さんでもバキュームで吸い取りきれない、口をゆすいだ時に、真っ赤な血が噴き出しているのがわかる。5分ほどガリガリやったあと、ヨウドチンキでしょうか、歯の根元の周りにたっぷり塗りこんだ、これがまた、きつい苦味とにおいと痛みが口の中に沁みわたる。そのまま、5分ほどじっとしていたあと、口を濯いで終わりでした。「今日は、下でした、次ぐは、上ですね」「はい、ありがとうございます」試練だが仕方がない。
これで、4,500円、インドネシア保険を使えないで治療した時と同じ値段である。
それでも、年内に数回はお世話にならなければならない。
IMG_1283.JPGIMG_1285.JPG
連日の寒さ
  

タグ:非情 耐え
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一人きり 痛い [歯医者]

IMG_2435.JPG
二度と使わない富士山静岡空港。
 今日から投稿は22:00過ぎにする。
賑やかかった日々から、突然、一人暮らしになって、朝起きた時の空虚さ、これは、ひどい落差である。あんなに賑やかで、叩かれたり、寝ていれば体の上にジャンプして乗ってくるし、坐っていれば、肩車を要求して乗っかってくるし、コンピューターモニターキーボードを、いきなり、指でついてしまうし、全く、自分が予期していない行動をしてくれるので、彼女達の気配を感じた時は、何が起きるのか予測しなければならない。体のあちこちに力が入ってしまう。それが、日常的ではない快感になっていた。
二週間明けた家のタイルの床にはうっすらと埃がへばりついている。汚れ拭きから始めた。
 早速、新工場の着工が始まると期待していたが、どうも、遅れそうだ。また歯がゆい思いをしなければならないようだ。人任せでやることは、私の思うよりも必ず遅くなる、それは、承知しているのだが、やはり、歯がゆい。私がやった場合で期日や予定を立てるのは全く意味がないし、お客さんに予定をいうことは裏切る可能性が大きい。だからと言って、私が思う、1.5倍くらいの遅れを見て、言っても、裏切られることになるかもしれない、だから、やはり、もう、自分でやりたい。それも、できない状態なので、ある程度のところで手を引きたい。ただし、やらなければならないことはやる。
http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/
 日本へ帰る直前に前歯を差し歯が抜けてしまって、恰好悪くなってしまったのを修正するために、前に行ったハラパン クルアルガへまた行ってきた。その歯を乱暴にも、当然のようにボルトまで削ってしまって、神経に触るまで穴を掘ってしまった。行く前まで全然痛くなかったのが、今は痛くてたまらない。バッファリンを持っているなら、痛み止めは出しません、と言われ、はい持っています。と言ってしまったが、バッファリンがなくなっていた。マリアさんが、持って行ってしまったらしい。これも死ぬことはないので、一週間我慢するしかない。それにしても、この痛みは何年振りだろうか。
 前歯に一本が抜けてしまったが、もう一本も出ッパの様に傾いて、下くちびるに当たってしまうので、この歯も差し歯にすると説明を受けた。一本が1100円で二本の差し歯代金2200円の前払いを含めて、今日は3500円(35万Rp)払った。

タグ:遅延 苦痛 落差
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

斜めからインドネシアを眺めよう 417 [歯医者]

PurabuhanRatu2.JPG
 ジャカルタの真南のインド洋に面するプラブハンラトゥの一風景、田圃とヤシと海がある風景はインドネシアでも珍しい。
 松井の活躍については一人興奮をしてしまった。先制のホームラン、二球目にホームラン性の大ファウル、その何球か後に、ファーストの右に二塁打性の惜しいファウルを打った。こういうときは三振前の馬鹿辺りと言って、三振するものとばかり思っていたら、見事に、打った瞬間ホームランという辺りだった。二打席目は満塁、ロドリゲスが三振の後、二球続けてファウル、ツーナッシングに追い詰められてからのセンター前ヒット、また、二打点。映像をライブで見たのはここまでだった。もう、勝てばMVPに決まっていると感じた。相手のペドルマルテチネスは、球界きっての大投手、彼は、淡々と、静かな表情で投げる。以前は速球主体だったが、最近は次第に変化球の切れで、勝ち星を重ねていた。その彼も、第二試合に勝ち越しホームランを打たれるなど、なぜか、松井にはコンシリーズよく打たれた。松井一人にやられたと思っているに違いない。
 その後の二塁打で二打点、四打席目は」打点の新記録がかかっていたが三振だった。もう充分である。外国で働く者は,外国で活躍する人を応援したくなるものです。

 前の下の歯が入った。一か月前から、治療していた場所に入れ歯が四本取り付けられた。10年ほど前に、一本無くなってしまって、そのまま放置しておいたら、その場所が塞がれ、三本で隙間がなくなっていた。今回、三本抜いただけなのに、医者は、四本欠落しているとすぐわかったらしい、歯の種類が、その四本の両側の歯と違うから、すぐわかると言っていた。
歯医者のラスカンディさんとはもう会うことはないでしょうが、日本語が上手で、多分、日本人を安心させると思う。保険はどこでも利かないわけだから、ぜひ、ハラパン、クルアルガの歯医者をお勧めします。三本歯を抜いて、形を取って、取り外しができる入れ歯を入れて、四回通って、支払った合計金額は二万円ちょっとでした。日本で、治療して、30%負担の金額と同じくらいだと思います。

 ジャカルタの 日本人がよく行く医者はその5倍以上は払わなければならないでしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

斜めからインドネシアを眺めよう 396 [歯医者]

IMG_1627.JPG

 ジャバベカのハラパンクルアルガ(インターナショナルから変わった)病院へ行ってきた。病気ではなく歯の治療のためだった。前の下の真ん中の歯の歯茎がほとんど消滅して、歯を支えることができなくなり、グラグラし、ちょっと引っ張ればとれてしまいそうな状態で、食べ物をちぎることができないし、何より、話をしにくくなってしまった。
この病院は総合病院で、一つのフロアーに沢山の小部屋があり、それが、各医者の診療室である。他の病院との掛け持ちなので、求める担当医がいるかどうかを電話で確認しから行く必要がある。
私は、昨日、歯医者は何時から出勤してくるか確認済みで、9時から診療開始といので、9時に家を出た。海外では歯の治療は保険が効かない。ジャカルタのキョウアイなど日本語を話せる看護婦がいる歯医者にかかると、一回、一万円以上はかかってしまう。差し歯などをすれば3~4万円は覚悟しなければならない。
9時に受付を済ませ、待つこと一時間、渋滞でDr,の到着が遅くなったと云っていた。さすが、インドネシアである。この、医者、日本が普通に話せた。まず、日本語で、待たせたことを謝っていた。噛んで、とか、グラグラですね、とか、歯垢を取らなければならない、とか、出来るから、日本語をしゃべりたいのです。インドネシア語で返事をしても、日本語で、話しかけ続けた。結局、歯は抜いた。一週間後にまた、行くことになった。料金は、2600円くらい、日本で30%払ったのと大体同じです。しかし、インドネシア人にとっては大金です。
病院はすいています。ガラガラでした。
日本人の皆さん、この歯医者(Dr.Ruskandy)はお勧めです。

ある会社へ閉めた会社の従業員の再就職のための、個人の必要書類を10人分まとめて、提出してきた。其の会社は、EPTEですが、日本の景気に左右されることなく、日本への輸出が、順調に伸びている。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
歯医者 ブログトップ