So-net無料ブログ作成

(^_-)-☆こんなものか [趣味]

 2151 時間が余って困るというか、孫の英会話教室への送り迎えを頼まれていたが、娘が会社を休めることになったらしく、自分は用なしになってしまって、暇ができた。本当に久しぶりの碁を打ってみたい衝動にかられた。2kmほどの距離にある生涯学習センターに行くことにした。鞠子川の土手を歩いて、20分弱だ。1996年、インドネシアに赴任する前まで5年間ほど、ここで囲碁同会のメンバーとして皆さん世話役をしていた。中学当時の先生など、当時現役の小中学校の校長先生がメンバーとして多くいた。
年齢は、私より10才程度上だった。
今日、多分18年ぶりにいってみた、それらの校長先生は、いなくなっていた。深くは聞かなかった。20人近くの人達が来ていた。その中に3人、当時、一緒に打っていた人がいた。その三人の名前を覚えていた。ところが、挨拶しても、その三人、私のことを全く覚えていない、その中の一人と、お手合わせをしてもらった。打ちながら、一緒にいた頃の話をしたが、やはり、全然、覚えていない様子。腕前は、と言えば、その方達より、当時は、私の方が二三目置かせていたはずだった。どのくらいで打ちますかとい聞かれたので、「20年ほど前には4,5段で打っていましたが、全然、打っていないので、二段程度でしょうか」と返事、それじゃ、三目置いてくださいという。その人、五段になっているという。打ってみて、私は、確か、一年以上前になると思うが、ブロックMの慈恵?だったと思うが、相当久しぶりに打ったきりだったが、この人、五段はないでしょうと思った。二番打った、「上手いですね、これから三段で行きましょう」と評価された。私が、その人の評価をすれば、三段以下である。そのあと、四段だという人と黒で打った。どうも、皆さん、インフレの様子、20年以上前と比べると、相当、段のレベルが低くなっていると思った。
IMG_8440.JPG
また、囲碁、頭の胎動、ボケ防止にしては、私のことを全く、知らない、覚えていないとは、囲碁、ボケ防止になっていないじゃないの?効果ないじゃないの?と、思ったしまった。ざっと見て、いた方々の平均年齢は、私より10才程度若そうだった。
IMG_8443.JPG
13:00から16;30まで5番打って、帰途に着いた。帰り道は来た道を戻ったが、向かい風、日も山の向こうに沈み、寒い。鼻水が出てきた。囲碁もまあまあ、往復の歩きも快調、体調や思考をチェックしたようなものだった。12月一か月だけ、通ってみようと思う。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ラフレシア [趣味]

 1974 昨日流されてしまっただろうから、夕方、暗くなる前に枯葉剤をスプレーした。また、20:00頃大雨が30分ほど降ってしまった。がっくりである。乾季でしょ、今は、どうなっているの。

ラフレシアで検索すると最初に画像検索結果というのが出てきます。かなりの枚数出てきますが、中に、私が撮った写真もあります。そして、私以外の写真はグロテスクのものが多い。自画自賛、自己満足です。
昨日のURLでご覧になっていただけたでしょうか。何度も書いていますが、私が好きなのは、ラフレシア ファトマという種類です。関係ないが、ドリアンはモントンです。パンガンダランのチャガール アラムにしかありません。偶にボゴール植物園で咲いたというニュースが在ります。また、スマトラ中部のブンクルーのラフレシア アルノルディや大こんにゃくが咲いたというニュースもあります。しかし、これらは、それぞれの場所から蕾の状態で持ちこまれたものです。私が知っているのは、もう一か所 、ボルネオ(カリマンタン)の北部、マレーシアのコタキナバル、国立公園?の中に咲くとか、写真で見たことが在ります。名前もラフレシアなんとかで、種類は違うようですね。行ってみたいのですが、行っても、見ることが出来る確率は少ないだろうし、運よく、咲いている状態に会えても、見ごろというか、一番の盛りに会う確率はほとんどゼロに近いでしょう。実際、紹介されている写真もくたびれて、もう一日もすれば黒くない始めるとい感じのものですね。
http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage041.html
http://otaindoesiaextrusion.web.fc2.com/newpage0010.html
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0307.html
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0304.html

それに、ブンクルー、コタキナバルのラフレシアは、模様がグロテスク、色もドギツイ感じがする。また、ブンクルーの大こんにゃくは、その植物園のようなところない、山の中を捜しまくって、そこへ、持ってきて、集めてあるのです。また、道端(車がガンガン行き来するアスファルトに車線)にあって、ここにあるよという看板が出ている、その傍に人がいて、そこにあるからと、案内してくれる、といっても、道端から10mも中に入らない。そして、印象はこれも、どこからか持ってきたのだと思う。枝の上に乗っていない。緑の草の上に置いてあるようだ。大きさは少し小さめだと思うが、パンガンダランのラフレシアは落ち着いた色をしているし、斑点の模様も控え目で良い。木の枝を攫むように蕾があって、草や土に植えから、蕾が膨らんでいることはない。だから、案外、横向きが多いし、斜めのものも多い。近くに邪魔な木や石がって、開けなくなっている花も多い。
09-21185[1].jpg
2003年9月21日に、始めて、半開きのラフレシアにあった。開きだして半日くらいだと思う。色鮮やかで、花弁?の縁がするどい、丸まっていない。
IMG_5973.JPG
2012年7月10日 いろいろな咲き方や状態のラフレシアが一か所に集まっていた。木の途中にくっ付いている、蕾も見える、腐って真っ黒になったものもある。八分咲きのものもある。ラフレシアの博物館の展示物のようだ。
IMG_5957.JPG
同じ場所、角度を変えて撮った。横向きに咲いたばかりの花が蕾を見下ろしている。その向こうにほとんど墨になってしまっている花が見える。親子三代の様。こういう状態に出会えた事、私の誇りに思う。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ついに来た [趣味]

 1595 究極の押出し製品のメイドインインドネシア化の話が舞い込んだ。現在手掛けているLED PCランプカバーより遥かに厄介な仕事である。この製品をある会社が輸入して使っていることは大分前から知っていた。その会社が創設以来25年以上過ぎていて、ずっと、インドネシアでできる人はいないかと捜していたが、結局、私に行きあったのが、5年前でした。その製品もかなり注文がうるさくて難しかったが何とか、3か月で、希望の製品を納め出した。そして、私が作ってしまった製品の他に、数量はそれほど多くないが、厄介な製品があることを聞いていた。その製品を国産化する度胸というか、勇気がその会社には当時無かったので、ほとんどの製品を作り上げた私にも、その製品のことは触れなかった。それから、二年後、その会社にカマを掛けたことがある。しかし、そういう樹脂を使っている製品はあるが、これは、まだ、出せないといっていた。

 それから、三年後の今、その製品を輸入して製品の一部として使っている会社が捜しているのではなく、その押出製品を使って作った製品を購入している会社が、どこかできるところが無いかと、探している動きを掴んだ。私が指導し、技術を与えた会社全部に当たったらしいが、いずれも、出来ないと言われたとか、そもそも、それらの会社の営業担当者は、現在やっている製品以外の樹脂の事は全く知らない上に、技術のことの話は、まったくできないのだから、仕方がない。それらの会社の日本人が寄ってたかっても、それらの会社の日本本社工場の人達に相談しても、出来ないというでしょう。できるのは、現在、インドネシアへ輸出している会社だけでしょう。しかし、そこでも、収率はかなり低いと思う。

それで、私にできるでしょうか、出来ます。その製品の話が私に来た時に、対応できるように、装置を考えて準備をしてあった。ぴったりの装置である。この製品には、私としても思うところがある。
IMG_0958.JPG
 昨日の道の写真の場所の今朝、重い荷物を積んだ連結トラックが穴にはまり込んで身動きできなくなっていた。盛り上がった土は、そこにまだ見える。
IMG_0955.JPG
 経営者グループがインドネシアから、逃げ去ってしまったという、閉鎖された会社。このような会社にならないように、この会社で、もう十分だ。ヘルメットで見えにくいが、従業員は一丸となろう、コリアに対抗するために。などと書いてある。このような、中小企業を経営していた半島の国の人は、倒産させる時には、或る日。突然、何もかも放り出して、この国から脱出してしまう。そういう例を幾つか知っている。そういう会社の中古押出機をそこの村人(元従業員)から、買ったことがある。
   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ルコが工場 [趣味]

1135 インドネシアでは外国人に取っては要求がうるさいが、インドネシア人なら何でも許されると言うところが在る。特に当り前の一般人ならまったく目を付けられる心配がないところがある。最低賃金を守っているかどうか、排水のデータ管理をしているか、騒音や排気ガスが管理されているかどうか、工業団地内の企業は厳しくチェックされているが、巷のローカル企業はそういう事の知識も必要なし、チェックされることなどあり得ないからです。MM2100のルコにも銀行、両替、レストラン、商社、旅行社、ホテル、運送業者などが入っている。それらの大部分は日系企業そのものか日系企業へサービスを提供している会社です。其の中に明らかにローカル会社の鉄工場が在ります。鉄パイプ、Cチャン、Lチャンの切断や溶接や組み立てをしています。その隣はインドネシア大手銀行のMM2100支店です。給料日ともなればATMに長蛇の列ができますが、鉄工場の仕事は黙々と進行している。銀行のセキュリティが鉄工場の前に立っていた。
 私が目を付けていたルコもジャバベカゴルフの近くで、ゴルフ場が近くていい。既に空きが少なくなっていて、そのうち二つのユニットではインジェクションの機械が稼働していた。勿論、ローカル会社で電気の事や水の事を聞ける先駆者がいることが頼りになりそうだった。昨日決めた処が無かったら、そのジャバベカゴルフ近くのルコに決めていたでしょう。

 私の装置を日本から送る先(仕事をする場所)はリッポチカランモールの裏のヒュンダイ工業団地の外です。出退勤にジャラントールを使わないのも魅力の一つでした。
IMG_2886.JPGIMG_2885.JPG 
今朝はラッキーだった。朝、車に乗ろうとしたらパンク状態が目に入った。家まで戻って夜の内に空気が抜けたのです。どこか道端でなく良かった。何十回とタイヤの交換はしているので、特別なことではない。タイヤをはずしてスペアーをはずそうとしたら、スペアーが外せない。ボルトで支えを持ち上げて固定してあるがそのボルトが私の力では廻すことができなかった。しょうがないからパンクしたタイヤをタンバルバン(パンク修理屋)へ行って治してもらうことにし、道の向こう側にたむろしているトカンオジェックの一人にいってもらった。30分ほどして戻ってきて、彼がタイヤも取りつけてくれた。こういう時、手伝いを頼めば直ぐやってくれる人がうろうろしていることはパンク修理屋が至る所にあるのは便利だと思う。
横っぱらの下の方がへこんでいる。中学生が運転していたモートルがどうしたのか斜め後ろから突っ込んだ。自分が悪いと思ったのでしょう。大丈夫かと聞いたら、大丈夫といって、逃げるように立ち去った。それで構わないが、もし、その子が大怪我でもしていたら、こうはいかない。病院へ運んで、多分、治療費も出すことになるでしょう。それでも、それで終わりです。警察沙汰になるとしたら、その子がひん死か死亡の時だけです。
群衆に取り囲まれるが、目撃者がいるので危害を加えられることはないでしょう。それより病院へ運ぶのが先です。

   
タグ:投資 自由 手段
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆故に我あり [趣味]

1122 思う事を話しても誰も分からない。やりたいことを話しても誰も分からない。誰もわかってくれないとは思わない。分からないのが当り前だからです。私がサラリーマンだった若いころ勤めていた会社の人でも、インドネシアで技術指導や新しい仕事を引き受ける仕事をしていても、回りの人は誰も、私がなにをしているのか分からない。いちいち、説明してもどうせ分からないから、好きなようにやるしかない。それは、回りの人を戸惑わせるし、面白くないと思わせる。結果がうまくいけばいくほど面白くないと思わせる。その会社のトップは認めてもNo2以下は全員面白くない。
 分からないことで成功されては気分が良くないということも分かっている。しかし、私はそういう仕事を引き受けるのが趣味だから仕方が無い。会社の中にいては自由に投資出来ないことも分かっている。説明しても仕方が無いことも分かっているので、私の趣味は組織の中では出来ない。
 それに、組織から投資を受けなくても、自分で投資すれば良いくらいの資金は持っている。それに、その資金はあの世に持って行って自分で使うわけにはいかない。この世にいるうちに、ぴったりゼロにするのが理想だと思っている。

 そして、私がやろうと思っている趣味の幾つかは、今、明かすことは出来ない。完成させられないものも幾つか残るかもしれない、その時には、出来なかったものを明かそうと思う。出来たものについては、その都度、自己満足で一人にんまりしたい。

 今作り始めた金型の一部デザイン変更をした。でき上がる目標日は22日だが、途中で何かに気が付いて、また、変更するかもしれないので、最終的には24日までに完成すればいいと思っている。ヒーターも作る。
IMG_2759.JPGIMG_2759[.JPG
 チカランバラットのインターからリッポチカラン、イジップ方面に向かっている。相変わらずの渋滞ぶりで、この状態が無くなるのは休日だけである。
  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆我思う [趣味]

1121 先日、思い付きをいくつか書きましたが、それらは、私が作ろうとしても、他人を頼らないと出来ないものです。それには資金も必要です。他人を説得しなければなりません。しかし、その道の専門家や会社はちょっと工夫や応用をすればできるでしょうし、販売ルートも掴みやすいでしょう。気が向けばそういう人達がやればいいと思う。
私の得意分野でも思うことは沢山あります。あれが出来たらいい、これが出来たらいと思うものが沢山あります。中にはこんなものを作ってインドネシアで売り出せば、きっと儲かるだろうなと思うものもあるが、大部分は、売れると思わないし、使い道がわからないし、儲かるとも思えない物で、一種の道楽と思われそうなものばかりである。しかし、この世の中にまだ、無いと思われる技術を開発しなければ出来ないものばかりです。
今まで、何十年も、客先から、こんなものができませんかと聞かれて、出来ないと言えずに出来ますといってしまって作り上げたものばかりです。その中には日本で私が初めて作った製品も在ります。日本のどこかで作っていたが、インドネシアでは初めてという製品も沢山ありました。それらは客先の利益に貢献してきたし、中には、それがその会社の基礎作りになったものもありました。また、私自身の利益にもつながったし、従業員への分配も十分してきましてきた。その証拠に、この厳しい日本の製造業の状況の中で生き残っているいし、インドネシアの部下たちは私のいる場所に就いてきたがる。今の状況も、私が今の会社から手を引いた後に会社を辞めてしまっても、私は使わないと宣言してある。
本筋から離れたが、もうそろそろ、客先から頼まれたことではなくて、自分が作ってみたい製品を私が考え出したやり方で作ってみたくなった。だから、組織にいたのではできない。組織にいたとしても、このことに関しては私が投資するので、自由にできる環境でなければならない。それをやるには、やはり、インドネシアが良い。開発のための投資金額が日本の三分の一以下で済むうえに、納期も半分以下でできる。
IMG_2724.JPGIMG_2713.JPG
ジャイアントと言わないでください。ドラえもんの友達のジャイアンと同じ言い方をしてください。奮発した200円の昼食。

 
タグ:趣味 投資 自分
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆質問と許可依頼 [趣味]

1079 我が部屋は、日中は暑いほど温室効果が良い。閉め切りでは暑すぎるので、隣の台所との引き戸を全開にして北側の台所兼食堂に熱を送っている。
私のウェブサイトやブログに関連して、私に対する相談事や頼みごとの多くはインドネシアのどこそこへ行きたいがそのあたりの情報を欲しい、ということが一番多いが、二番目に写真を使わせてほしい、です。三番目が、プラスチック押出成形にかんすること。大ざっぱにいってこんなところです。中にはエアーチケットの購入やホテルの予約をしてくれというのが在る。流石にこれらは丁重にお断りをしている。
 また、中には、自分の名前だけ名乗のって、他に自己紹介について何も書かないまま、目的が何かも書かないまま、写真を使わせてほしいと頼んでくる人もいる。何も断りなしで使う人よりましかと思い、良いですよと返事をする。そういう人は、それに対するお礼返事が無い人の方が在るかに多い。
 インドネイア人で、日本で仕事をしたり勉強をしたりしている人は全国に散らばっていると云うことが分かるほど、日本のあちこちから頼みごとが来る、その大部分は写真を使わせてほしいと云うことです。インドネシアを周囲の日本人に紹介をするためが、やはり、大部分です。そして、多くのインドネシア人は地元の人々との交流会を盛んにやっていることも伺える。その折のスライドショーで使うのです。
 原則的には写真や文章を使っていただいて構いませんが、その使った後のことについては責任を負いません。私の説明が間違っている場合もあるし、文章が現状に合わない部分もあるでしょうし、使った人が間違う場合もあるでしょう。
 使いたいと思う方は、一応、ご一報いただくのがエチケットにかなっていると思うだけです。使用料を請求することはありません。
 
 押出に関しては、新製品を考案したが、作ってくれるところがないので、作るところを紹介してほしい、また、価格的に有利だと思うのでしょう、インドネシアで作って送ってくれませんかというのもある。おいおいと云う感じ、その考案した製品が私から見ると、とうてい、売れそうもない。その上、ターゲットプライスを書いてこない、何と言うか、条件が無ければ、答えようがない。そういう人が新商品と思うものを考えついても、たとえ売れそうな商品でも、売る能力が無いと思うので、答えない。
IMG_2426-.JPGIMG_2426.JPG静岡県庁前

タグ:写真 文章
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆トリムシート [趣味]

1065 トリムシートって何ですか、知っている人はほとんどいないのは無いでしょうか。安い車は紐で縛ってある、高い車になるとフックやトリムを使っている。
車のシートカバーやヘッドレストカバーのフック、トリム関連の製品断面はどうしてこんなにデザインが各社違うのでしょうか、ほとんど同じものも勿論あるが、同じものは無い。シートやヘッドレストを作る会社は、それぞれ独自にデザインを考えるのでしょうが、車の外観のデザインと違って、デザイン的に特許や意匠登録には馴染まないし、見えないものだから、機能と安全と安さ第一で考えれば同じで良いじゃないかと思う。何十年もこの種の生産に携わってきて、私がやったことは、PVCを使っていたもの全てをPPに変えたことと、プレスで切り取っていた部分を切り取らないでそのままにしたこと、また、エラストマーと二色成形していたものを、エラスタマーを使わないで、薄くして単色にした。とにかく、日本から輸入している部品の過剰品質部分は、こちらから提案して屑りに削って、サンプルを出して大幅なコストダウンをした。
太田化工の時、日本で初めてPPで提供をした。35年くらい前のことです。
 金型などは殆ど只同然で作ったので、受け取らなかった製品の方が多かった。それでも、二三カ月売れば、金型費用は出た。
 何故、プレスで切り取らなくてもいいかというと、シートにはめ込む場合は、90°に曲げなければならない場合があるので、その曲がる場所を曲げやすいように切り取るのです。ところが、インドネシアの場合は冬が無いから製品が硬くなって曲げにくくなること無い、だから、切り欠きはいらないのです。インドネシアのトヨタ系の車のシートとヘッドレストにはそのPP製品が使われている。何年も品質、納期ともクレーム無しで表彰されていた。もっとも、私は一度も表彰状を受け取ったことは無い。押出の素人で知らん顔の社長さんがそういうときだけ受け取りに行っていた。
http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage060.html
ススキやホンダの車についてはインドネシアでの量が少ないから、日本やタイから、ずっと輸入していたようです。量が少ないと分かっていたので、私も特に売り込みはしなかった。ここへ来て、それらのシートを作る会社から製造依頼が有って、少量だが引受けて作りだした。しかし、この仕事については、私はノータッチで眺めているだけです。そして、それらは、日本の製品そのままで作っている。樹脂の値段は高いし、検査項目は多いし、収率が悪い。どう見ても、そこまでしなくてもいいじゃないかと思うくらい無駄な部分が多い。こんなのは、使用上無くてもいいでしょ?と聞いても、そういうことは、全く考えていないで、只、図面の通りに作っている。こっちの担当者にも客先の担当者にも云いたいことは沢山あるが、黙っている。
IMG_2363.JPGIMG_2359.JPG
 懲りずに今日もドリアンと昼食、奮発してソプブントゥットゥをつけて約300円でした。
   
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆どうせ、だめなら [趣味]

1023 HP,モニターが表示せず、どうしようもないからノキアを買ったが、電話番号を入れるのに直ぐには出来そうもない。掛ってきたりSMSが送られてきた人は直ちに保存できるが、それだけではいつになるか分からない。それに、誰から掛って来たか画面を見れば分かったが、それがわからないから、相手に失礼になってしまう。名刺から拾い出して一人一人保存しなければならない。これが、膨大な仕事。
 前のHPをちょこっと叩いてみた。同じ状態だ、30cmくらいの高さから落としてみた、やはりどうにもならない。今度は1mくらいの高さからタイルの床に落としてみた。蓋がはずれ、バッテリーが飛び出した。今回はわざとだが、今まで、わざとではなく、胸ポケットなどから落として10回以上このようなショックは与えている。組み立てて見た。オンにしたら、見事にモニターが回復していた。
 これで、そのまま使えて安心、これからは、ボタンが付いたポケットに仕舞っておくことにする。世界中どこでも使えるHPは継続する。IMG_2099.JPGIMG_2099].JPG
 どうせダメなら早く結論を出して欲しい。ずるずる、ああでもない、こうでもない、何が足りない、何が余分、色々いわれてももう対応しない。私は個人的に持ち込むと云うことも除外した。望まれない物を無理やり押し付けるようで、後で、どんなことが起きるか分からないので、係わるのは止めにした。部分ではだめ、全部まとめて必要で、それらの全てが220Vから400Vに変換するためのトラフォが必要だし、水槽や金型の費用も発生するので、それがわかって判断する気が効いた状態で判断するようすが無いので、後で、余計な金が必要になってしまったと云われかねない。だから、判断の前にこれ等のことを伝えて置いて、暗に断るように仕向けた方が無難だと思う。

 来年の三月末で見切りをつけることを役員の一人にほのめかした。理由は考え方が違う。彼も、それを理解したし、彼が期待したほのめかしでもあった。日本の方も、完全に中途半端というより、機械を入れただけになるが、やむ負えないと思う。どうしても来いと云われ断り続けたが、ことわりきれずに入ってしまったが、様子は予想通りで、やはり、招かれざる存在だった。教える若者が居るので、こちらも3月末まではいることにする。

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆予想以上の猛暑 [趣味]

 暑かった。目が回りそうだった。会社の若い連中と一緒にゴルフ。菊川CCでした。初めてのコースで戸惑いがあったが、普通に楽しめた。それはそれでいいのだが、暑いといったらない。インドネシアの暑いところでしかやっていない私だが、多分フェアウエーの温度は40℃以上になっていただろう。今日の暑さにはまいった。湿度にもまいった。頭がくらくらしていたし、呼吸も正常にはできなかった。
 勿論、帽子をかぶり、日傘も差し、打つ時以外はできるだけ日陰で待っているようにした。それでも、パットの方向が決まらない、一m以内のパットを5回以上外した。また、強く打っているつもりが、全て短かった。
 倒れては皆さんに迷惑を掛けると思い、スポ-ツドリンクを飲み続けた、結局、500mmlを三本とゴルフ場から至急された氷入りの麦茶を一本飲んでしまった。汗が噴き出すように出ていた。疲れた~~~。
 その上、完全セルフ、キャディを使わないので、クラブを、何本か持って歩くのだが、ミスショットの後は、その後のクラブを持っていないことが多い、しかし、カートまで取りに戻るのが面倒なので、適当なクラブで打つ、うまくいくはずがない。
 この暑さでは、熱中症に当り前にあるような気がする。実にすさまじいと思う。私が日本にいるときにはこんな暑さは無かった。ゲリラ豪雨といい、やはり,気候は変化していると感じる。
IMG_1424.JPGIMG_1421.JPG
 帰省ラッシュが始まっていたのでしょう。朝7時ごろ既に渋滞とのろのろ運転が始まっていた。少し早めに出発したので時間は間にあったが、そういう時なんだなと、何年振りかに思った。帰りの15時ごろには上り下り共にのろのろ運転だった。夕方のテレビで東北地方の渋滞を見たが、整然と繋がっている。事故も相次いでいるようです。
 10日程後にはインドネシアのラマダン休暇の帰省(ムディック)ラッシュが始まる。それに比べれば、日本の帰省ラッシュはおとなしいもので、行儀がよすぎる。すさまじさはインドネシアの方が10倍でしょう。秩序は完全に無くなるし、思いやりも無くなる、故障車のあちこちに転がっていて道を狭くしている。深い大きな穴も渋滞の原因になっている。

 それでも、蝉の鳴き声がツクツホウシになっているし、ヒグラシも混じってきている。あきの気配も近づいている。
 初めてのゴルフ場に風景。
   
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感