So-net無料ブログ作成
検索選択

(^_-)-☆腰痛再々発 [日常]

 2977 強行軍のジャングル探検や山登りをしたわけではない。長時間、立ち続け、歩き続け、睡眠も不足、食事も不規則、それで、二日連続ゴルフ、バッカじゃないの、と自分で思う。ゴルフ二日目の朝、足がつって、目が覚めた。伸びをしたら、釣っていなかった方の足もつった。腰が痛い、釣った足が何とか収まり、起き上がろうとしたときに、腰がギクッと来た。

それほどでもなかったのでゴルフにやった。ボールを置いたり拾ったりするときには、膝をしっかり曲げて、できるだけ、前かがみにならに様にしなければならなかった。そして、少しずつ、痛さが増していって、何かを掴まなければ、立ちあがれなくなっていた。

ゴルフに出かけるのは、スタートの30分前、10分程度でゴルフ場に着く、着替えは家出していくので、15分前には、スタートホール脇にいる。という、余裕のない行動をして一応大丈夫。ところが、昨日は、余裕があり過ぎて、なんとなく、出発前にズボンを履き替えた。その時に財布を、履いていたズボンから出してテーブルの上に置いた。履き替えたズボンに入れたはず、で、出発前にチェックをしなかった。ゴルフ場について、メンバーズカードをだそうとして、財布を忘れてきたことに気が付いた。待てよ、その時、家の鍵を閉めたかな。記憶がないことにも気が付いた。幸い、着替えを入れてあるリックサックにプレー費にもチップにも十分な金額の予備のお金があるのでそれを使った。メンバーズカードは、私の顔で問題ない。家の鍵は?もう時間がない。その後、このことは意識していなっかった。家に戻って、扉を押したら、開いてしまった。また、鍵をかけるのを忘れたのでした。幸い、財布も大した金額でもない中身もATMカードも全て無事だった。鍵のかけ忘れは二回目だ。前回は、強風で、開いてしまっていたのをセキュルティーが気が付いて、締めて、私が帰るまで、見ていてくれて、帰った時に注意された。工事関係者が家の周りに屯していて、にやにや笑っていた。
全く、もう、間が抜けている。間抜け!!!な奴だ。どこのどいつだ。

イジップへ夕方出かけた。途中、久しぶりに、カルフールに寄ってみた。まだ、営業をしていることにびっくり。入ると、超閑散、店員もほとんどいない。テナントは一軒も無くなっていた。生鮮コーナーは、無くなっていた。全体の売り場面積は3分の1以下になっていて、如何にも、在庫整理という雰囲気。インドネシア語でチュチ グダンCuci gudang,直訳は倉庫を洗う、である。在庫一掃セール、である。数少ない、店員に、いつトゥトゥップ?いつ閉店かと聞いたが、しらない、4月かな、と言っていた。それにしても、二年ほど前から、閑散となり始めていたので、いつまで持つのかなと思っていた。やっと、閉店になるらしい。とにかく場所が悪い、誰がこんな場所に進出を決めたのでしょうか。フランス人でしょうか。Uターン場所が遠すぎる。
IMG_6405.JPG
IMG_6409.JPG
イジップの入り口付近でサンセット。

タグ:ボケ 閉鎖 腰痛
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆買い物は平日 [日常]

 2967 食材の買い物は、一週間に一回、金曜か月曜に決めている。コンビニでの買い物も、急ぎでなければ、平日にしている。土日祭日はレジが混む、何処のスーパーでも、最低10分、長ければ20分は並んで待たなければならない。それに我慢をしたくないからだ。
そもそも、日本人は行列に慣れているという。じっと、待っている姿が日本人の行動として、外国に紹介されている。インドネシア人は、毎年、スンバコの配布の時には、大混乱になるニュースが繰り返される。地震災害の時には、店への乱入は当たり前だ。
ということだが、日本のレジに繋がる人数はせいぜい、3人程度、それ以上、或いは、以下でもちょっと並ぶようなら、店員が飛んできて閉じているレジを開ける、それに慣れているということは、スーパーでもホームセンターでも、日本人も長い行列は絶えられないからだと思う。サービスとして、待ち時間を少なくするというのは、当たり前と考える。

私は、買い物をして、レジで待たされるのは苦手。インドネシアのスーパーは、平日はどこもガラガラ、だから、レジで待たされることはほとんどない。むしろ、近づくと、こちらへ、と、招かれる。
休日はどうか、それほど混んでいないが、平日よりはちょっと多い程度。ところが、レジを見ると、平日より多く、いくつか開いていても行列ができている。何故でしょうか。要するに、一人に掛かる時間が長い。何故でしょうか、
一人当たりの買い物の量が多い。
バーコードの読み取りが時々できないので、数字を打ち込むときがある。
軽量してバーコードを付けてもらう商品だが、それをしないで、持ってきてしまっているから、店の人が売り場まで持って行って測っても持ってきてもらうのを待つ。
バーコードがある商品でも、それが、取れてしまっているものもある。
その場で、買うものを忘れたことに気が付いて、売り場に探しに行く。
レジの人が金額をチェックしながら、商品の種類別に、プラスチックの袋に入れている。
支払いが手間取っている。カードが使えない、その場に、種類によってそのカードをチェックする装置がない。

コンビニでは、店員がうろうろしているのに、レジを一か所しか使わない。
プルサ(HPの前払い)をレジで売っているが、それの登録に時間がかかる。
こんなことが重なって、一人平均、五分以上掛かっているような気がする。待たされるのはばかばかしいと思う。

今日は、外に出たので途中、コンビニで買い物をしようと寄って、かごに入れてレジに並んだ、一か所しか使っていない。四人目だった。最初の人はプルサで手間取ったし、途中で追加商品を取りに奥へ行って戻ってきた。これが5分くらい。二番目は、子供二人連れだった。子供が、あれをほしい、これをほしいとねだっている。幾つか取りに行って戻ってきた。やはり、何かの料金を払っている。コンビニで幾つかの公共料金を払うことができる。やはり、いつまでかかるか分からない。私は、かごに入れた商品を戻して、買うのを止めて出てきてしまった。どうしても、ここでなければならないということはないし、どうしても必要という品物ではなかった。
IMG_6267.JPG
IMG_6292.JPG
大分出来上がってきましたね。チカランバラットとチバトゥのジャラントールゲート横の複合ビルですね。
IMG_6262.JPG
ハギノ機工のナイフカッター付の引取機、約30年前のモデルです。45年くらい前に、私の提案で作ってもらったモデルです。インドネシアで今でも、私が持ち込んだものが、TPRとNANBUとENDOTAで合計7台か活躍をしている。これをモデルにして、インドネシアでそっくりさんを作り、それは、6台稼働している。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆欠陥住宅 [日常]

 2950 日本の新築で、こんな状態で、注文主がOKをするはずがないし、色々チェックしてから、不具合は、直してから、売るなり、貸すなりするはずだが、どうも、インドナシアの分譲生住宅は、チェックをしないまま、外観OKなら、できた~~~となって、分譲するらしい。今まで、不具合について書いたが、水に事、水が出ない、散々言ってやっと、直ったと嬉しそうだった。水回りの工事を請け負った人が、何とか、水を使えるようにしたのでした。結局、配管の一番高い天井裏(カマールマンディの上)にポンプを設置し、水源からの吸い上げが出来るようにし、貯水タンクと洗面所とシャワーと台所の流し台に、送れるようになった。実は、この家に入った時には、水源からの水は、貯水タンク以外には、直接水が行くようになっていた。貯水タックに水を入れる時だけ、ポンプを使う設計になっていた。そして、断水の時には、貯水タンクからの水が、各場所に逆流のような形で出るようになっていた。だから、タンクは高い位置にある。

ところが、水圧が少ないため、外の低い位置にある洗車用?の蛇口から出るだけで、他の何処からでも、水が出なくなってしまった。タンクにそばにあるポンプを作動させても、引っ張れないから、何処からも出ないし、タンクに水を入れることも出かるはずがない。

そして、強力な、自動吸い上げポンプを取りつけた。結果、水は使えることが出来るようになった。どのからも出るようになった。しかし、である。水を使わない時には、ポンプをオフにして置くが、使いそうなときには、オンにしておかなければならない。タンクからの水を使うバルブは閉じて置く、ポンプをオンにしておかなければ水は出ない。オンにして置けば、蛇口を開ければ水は出る。結局、水を使う時には、電気代。水代両方掛かるようになったのです。最初の設計では、タンクに水を溜める時だけ、電気代が掛かるはずだった。負担増である。また、水をだせば、自動的にポンプが作動するようになっているのだが、水を出さない時にも、なぜか、時々、一瞬だが、作動する。その音が大きい、天井裏から、響く、寝る前に、オフにし忘れると、真夜中に、起こされる。

洗濯機が置いてある場所の排水が詰まっている。最初からだ。洗濯機の半分ほどの水を流すと、なかなか、外に流れない、少しずつ、流れ出るようだ。一時間以上掛かって、やっと、水がなくなる。選択するときに足がビショ濡れになる。そして、その場所のタイルの凹凸の凹の部分に溜まったまった水は、一日以上乾かない。じめじめの状態が消えない。

また、家の各部屋の仕切りとして、開きドアがある。入口にもある。この全てが、重い。体当たりをするようにしないと、腕や肩に相当負担がかかる。なおかつ、ドアー自体が、斜めについているのか、床が平ら背はないのか、中途半端に開いたところから、床に当たって、持ち上げないとそれ以上は開かないようになっている。重いうえに引っかかる。いちいち、この作業で、精神的負担増になる。こんなことは、直ぐにわかるし、直ぐに直させるのが普通だと思うのだが、言っても、直してくれそうもない、多分、うるさいな!!この人は、と、思って、今のところ、無視しているのだと思う。GAPAPA(ティダッ アパ アパ)の典型だ。昨日の写真も、その世界ですね。
IMG_6007.JPG
IMG_6008.JPG
こんな分譲住宅だが、大々的なプロモをしている。
  

AHOKさん、どうなるでしょうか。

タグ:欠陥 排水 傾き
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆屁理屈か [日常]

 2936 コンビニなどでよく見かるbeli satu dapat satuと書いてあって、値段が書いてある。これを見て、どう思うか。私は、「当たり前でしょう、一個買えば一個手に入る」と思う。しかし、一緒に見た他の人は、「一個買えば、もう一個、おまけが付くでしょ、」と言う。私、「それなら、一個だけ買って、もう一個はいらないよという人はいないでしょうから、二個の価格がいくらと書けばいいでしょ、」と、言ってやったら、「そりゃそうだ、」になった。
 beli dua dapat satuなら、どうだろう。これなら、「二個買えば一個おまけが付いてくる」と思うしかない。まさか、二個を買ったつもりが、一個しか受け取れないとうことはあり得ない。

腰の痛みが一向に和らがない。歯がゆい。

http://otaenplaext.net/newpage124.html
http://otaenplaext.net/newpage122.html
IMG_5723.JPG
私が9日と12日に通過して紹介した橋のことです。12月23日からトラックなど大型車は通行止めになっている、チプララン高速道路のチソマンという橋の傾きが43CMということなので、相当な傾きですよね。Jembatan Cisomang Tol Purbaleunyi Geser 53 Cm, Pengemudi Diminta Hati-hati 気を付けて通るように、と最初は行っていたが、どう気を付ければいいのということですよね。そして、今日のニュースでは、20%の修復が進んでいて、5月中には、大型車も通行できるようになるそうです。どうでしょうか。他の橋はどうでしょうか。

この辺りを通る中国高速鉄道の27日のニュースでは、中国から資金が入らない。土地収用が85%済んでいる。地質調査を2000カ所予定していて、500カ所済んだ。それが、なかなか、見通しが付かない。そして、二月末を期待している。"Mestinya cepat sih, kita sudah bicara facility agreement kok, jadi yang lain udah, tinggal adminstrasi pinjaman saja yang dibahas," 「とにかく早くする必要がある、とにかく、我々は、既に、施設契約について話してきた は、他のこともやった、資金の貸し出しを待っているだけだ」、焦りと苛立ちが現れている。
IMG_5705-.JPG
 大雨が降り続いている。雨季は、もう一か月続くが、毎年、決まって、この二月が一番、洪水や崖崩れの被害が大きくなる。今日も雨。

結婚記念日 1970年、もう、47年前ですね。20年この日に私は日本にいたことがない。多分、来年もいないでしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆世の中、上下二重 [日常]

 2929 Sejumlah alat berat digunakan untuk pembangunan stasiun Mass Rapid Transit (MRT) yang masih dalam pengerjaan di Jalan Fatmawati, Jakarta, Kamis (19/1). ファットゥマワティ通りで使っているMRTの駅の建設用重機の数々。ファットゥマワティ通りは、ブロックM辺りで、スディルマン通りから変わって、ポンドックインダー方面(南)に向かう。日系企業の仕事、順調にいっているようですね。車両のデザインも決まったようですね。2016年、開通したら、乗ってみたいと思っている。
20170119-Jalan-Fatmawati-GM3[1].jpg

目の状態がちょっと変。半年前ほどから、世に中が上下に二重に見えるようになった。会社や自宅でPCモニターを眺めている時間が、結構長いのが原因だと思うが、一日、数時間に及ぶことがある。
朝、起きた時には、普通だ。ゴルフの時には、朝だから、全く問題ない、他の人から、目が良いねと言われる。自分の球だけでなく、他の人の200m以上先に飛んだ位置もはっきり見える。日本の時には、大活躍である。皆さんが私に聞く、どこへ行った?と。

中学三年の時から、かなり、酷い近視になり、眼鏡を掛けていた。次第に度がきつくなっていった。しかし、50才頃を境に、近視が治ってきた。そして、60才頃には、近視の眼鏡をしていると、見にくくなって、眼鏡を掛けなくなった今に至っている。逆に、60才頃から、50Cm以内を見る時には、遠視用の眼鏡を携帯していて使うようにしている。製品の検査には絶対必要だ。遠近両用などはいらない。運転免許もパスポートも今では眼鏡な新写真になっている。

ところが、二重に見えるようになって、朝の運転は何とも思わないが、帰りの運転は、全てが上下に二つ見える。横切っている電線が二重に見える、対向のバイクのランプが二重に見える。カーブで中央ラインが、二本に見える。気になって仕方がない。左右片方ずつでも、両目でも、二重になることは確かめた。そして、目を細めれば、二重でなくなることも確かめた。

家ではできるだけ、目を休めるようにしているが、文章を書かなければならないので、一時間程度はPCやテレビに向かう。そのまま、二重のままだ。そして、次の日の朝には、治ってしまっている。世の中、ぼんやりでも二重でもなく、はっきり見える。PCに向かわなければ、二重にならないということだ。しかし、それは、出来ない。


ここデサ、流石にデサ、早速、停電だ。会社、3時半ごろ、停電になった。会社にいても仕方がないし、事務所内が暗くなってきたので、退社したのが四時半頃、家まで5分の道中、停電をしていた。多分、家も停電だろうと思いながら家に着いた。停電していた。電気が来たのは5時半頃だった。2時ころから、大雨と落雷、それが、原因だったと思う。同じ部落だから、会社が停電なら家も停電になるのは当たり前の事。
IMG_5559.JPG
大分 積み上がってきた。
 

タグ:二重 停電 上下
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆また、来てしまった [日常]

 2911 その日、最終日がまた、来てしまった。一か月近く日本にいたが、本当にあっという間、もう~~、という感じ。

娘の誕生日。40何歳だ。孫と一緒に、バースデーケーキモンブランを買いに行った。毎年、日本からの出発は、この日の後にしている。残念ながら、娘以外の身内の誕生日には、日本にいたことがないので、この日までは、日本にいようとしていた。
IMG_4763.JPG
IMG_4764.JPG
モンブランには、思い出があるし、今でも、何かというと、買う。日本にいる時、妻の誕生日には、必ず、バースデーケーキを買うお金がなかったときから、モンブランを買って帰っていた。そして、それが続いていた。このケーキとモンブラン5個で5500円、高いですね。


これから、そして、最終日、明日。いつものように、早朝、家から出発する。100円ショップで、ちょっと買い物、そして、その隣のスーパーで、キットカットを仕入れる。日本のキットカットが良いと言われている。

今回は、今までとちょっと違って、インドネシアは、今年が最終になると考えているから、特別だ。手伝いの戻る会社は、新しい工場に移った。そこで、スタートするが、新しいダイレクターと二人ダイレクターになる。立場は私の方が上だが、実務は、新しい方に任せる。インドネシア人だけで、仕切るような環境にする。
私のビザの更新は3月中旬になる、収得のしやすさが理由で、今のポジションのままにする。今のままなら、四回、国内で毎年の更新が出来る。簡単だし、安上がりだ。
今以外のポジションンに変えるなら、今の地位の終了届を出して、国外に出なければならない、また、国外でビザを取らなければならない、それも、半年期限のビザしか取れない。
そして、ちょっと書いたが、半年、インドネシア滞在とする。半年は日本にいて、サポートをする。どうしても、ということになれば、その時だけ、また、短期で行く。必要なら、これを三年程度、繰り返す。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆何宣言 [日常]

 2908 http://www.sky-plastic.com/沼津のセピックは、後継者がなく、太田化工に吸収されることになったが、この会社は、自分から望んで、独立して約3年半過ぎた。技術的にも完全に自立し、新しいアイテムにも積極的に取り組み、また、公共の援助も受けて、これから成長してゆく可能性が高い会社だと思う。将来性があると確信する。積極的に応援したい。経営者も45歳と動きやすい年齢だ。その会社を訪問した。開業前、引取機や水槽や金型をインドネシアから手伝った。
今、作っている製品の問題点について、ちょっと、アドバイス
IMG_4720.JPG
IMG_4719.JPG
このグロメットは私が日本で初めて作った。48年ほど前。スパイラルも、多分、私が日本で始めえ作った。50年前。当時は両方ともN6だった。

タイミングがいいのか悪いのか、妻の姉の旦那が亡くなった。私の義理の兄になる。79才。山梨まで行かなければならない。ゴルフはキャンセルした。

勤めていた会社を辞める前、一年前に、書面で、条件を示して、その条件が受け入れられない時には、止めると、上司に宣言というか、お願いをしてあって、一年後、全く、それを、無視されていて、何も、手を打ってくれていなかったので、ぴったり、一年後、退職届を出して、翌日から、出勤しなかった。その後、半年、退職票を出してもらえず、説得のようなものが続けられたが、今更、何だと、私を変えるわけにはいかなかったし、言ったことは、実行精神に反すると、そのまま、その会社で仕事をすることはなかった。
止める予告を出した時から、そのことは、身内や周りの人達、取引先など、お世話になっている人、関係者には、折あるごとに、話をして置いた。それは、自分の意志が変わらないように、だった。

そして、自分で作った会社を他人に引き継いでもらい、自身は外国へ行く前、矢張り、一年前には、関係者皆さんに宣言をしていたし、従業員もそのことを宣言して募集もした。後継者募集広告をだして、48歳の時に、50歳になったら、君たちの誰かにこの会社を引き継いでもらうと宣言をした。勿論、銀行にも、客先にも、原料メーカーにもであった。そして、その通り、50歳になったその年末に、社長を止めて、顧問になった。そして、三年後、インドネシアに行った。これも、気持ちがゆらがないように、だった。何故だと、何かあったのと、いぶかる人も多かったと思う。

そして、今、身の回りの人、特に家族に宣言をしている。手伝っている会社のコミサリスにも、日本やインドネシアのゴルフ仲間にも、或る宣言をしている。気持ちが変わらないように、である。
 
しばらく出かけていないが、
http://otaenplaext.net/newpage22.html  

タグ:予告 宣言 実行

(^_-)-☆ゴルフ初め [日常]

 2907 指揮 グスターボ・ドゥダメル 演奏ウィーンフィルハーモニー管弦楽団 一日に、毎年のように聞き。ラデツキー行進曲で、一緒に拍手し、自己満足する。自分なりの恒例行事だった。疲れるゴルフはじめ。四人でプレー、私以外の三人さん、遅い!!!その上、カートはフェアウエーに入ることができるが、各ボールすべての直ぐ傍まで行かなければ降りない。三人のボール巡りをする。また、その上、ボールの位置を見えていない場合がおおいし、またまた,その上、キャディーを付けたが、そのキャディーもボールをよく見ていない。だから、大体そのあたりということで、皆で探かと思えば、打った本人も、キャディー頼みで、探す振りもしていないで、カートで待っているだけ。
IMG_4712 -.JPG
IMG_4715 -.JPG
私と言えば、ほとんど、カートに乗らない。カートはどう見ても四人掛け、後ろに三人は座れるが、相当窮屈、座る人同士が気を利かせて、詰めなければ座れない。キャディーが座らなければ、私も座れるが、このキャディー、ほとんど歩かない。ボールの位置とグリーン周りでしか降りないので、私以外の四人は,息があって、カートにくっつきっぱなし。だから、歩いている私の方が遥かに早く前に進んで、皆さんを待ちながら、皆さんのボールの位置を教える。それでも、待ちきれずに、皆さんが未だ、後ろにいるうちに打ってしまう。グルーン近くなら、皆さんより、グルーンに近くても先に打って、先にオンさせて待っている。

私自身は、5人では窮屈なカートに乗らないで、皆さんを楽に乗れるようにし、先に行って、皆さんの打ったボールが何処でどんな状態化を知らせるし、言わないと、聞く人もいる。グリーン周りは特に、乗ったとか、そのくらいオーバーかなど、私からの情報を当てにしている。皆さんの為にやっている、私をまっている、という意識がある。

ところが、中に、先に打っちゃダメだよ、遠い方から打つのがルールだよ、太田さんはルール違反だよ。ペナルティーだよ。それに、そんなに早く行って、どうせ、待っているでしょ。皆が打つのを待てないの。と、いう人がいて、その後は、ボールの側まで、かなり早く行って、皆さんを待っているが,打ってしまわないようにした。すると、私の後ろから打った人のボールが何処に行ったのか、分からなくなる場合が多くなり、探す時間の長くなり、私が,待つ時間も長くなってしまった。もう、芝に座り込んで、待っているしかない時も出てきた。それなのに、自分のボールが何処にあるか私に聞く回数は変わらなかった。

おまけに、私に、近いのに先に打ってらペナルティーと言った人自身が、他の二人より、近いのに、待てなくて,さっさとっている。おいおい、どうなっているの、と、首を傾げてしまう。

その人、自身が、スコアーの少なくいう常習者だと、私は思っていて、時々、酷いときは言ってあげているが、“一緒にまわっている人で、10打くらい打っているのにボギーだという人もいるよ、困ったもんだよ”と、ご本人はよく言う。

もう一つ、その人がパットをするときに、その人、ピンの近くいた私に、“見えないから、指しておいて”と頼んだ、私は、竿をちょっと斜めにして、持ってパットを待っていた。予想以上に強くって、ホールを通り越した。その直後、私に“打ったら、竿を直ぐ抜かなければ、ルール違反だよ、ペナンルティーだよ”という。この人、困った人だなと、思った。プレー費は、私はいらないキャディーを使っているので、2万円だった。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆初日の出 [日常]

 2905 暖かな新年を迎えた。妻も行きたいというので、近くの海岸へ初日の出を見に行くことにした。
日本でのサンライズとの出会いは、何年ぶりだろうか。多分、40年以上ぶりだと思う。どこで、だったか、記憶はない、多分、何処だろうということも、言えないが、どこかの観光地や旅先で早く起きて見ていると思うし、どこかのスキー場で見ていると思う。初日の出ということになれば、もっと前、中学生の時以来ということになると思う。思い出がある。
インドネシアでは、初日の出をわざわざ見たことはない。単なる日の出なら、この間の東ジャワのイジェン山で見ている。パンガンダランの東海岸では最低でも100回は見ている。インドネシア中あちこちで、サンライズとサンセットは、習慣として見ているし、写真に収めてきた。印象はまちまちだし、その時の天候で大いに違う。
IMG_1369[1].jpg
パンガンダランの東海岸、ヌサカンバンガンからのサンライズ。気に入っている写真。
IMG_4647.JPG
伊豆半島からの初日の出。
IMG_4631.JPG
私が静岡に本社を移転した時に使った、用宗漁港の東側の道沿いの貸工場の前を通って、広野海洋公園の海岸で初日の出を見た。多くの人が、見に来ていた。日の出の30分前に駐車場に入ったが、既に、空きがなく、駐停車禁止の標識の前に駐車した。皆で止めれば怖くない。私が小学校の時にやっていたように、自転車で多くの子供たちもグループで来ていた。岸壁に並んでいる人たちを見て、西部劇映画で、インディアンが丘の上から、下にいる騎兵隊に襲い掛かろうとして、並んでいる姿を思い浮かべた。

今年から、しばらくは、インドネシアと日本を半分半分にしようと思う。出来ると思う。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆落下しない車 [日常]

 2881 病院に車が突っ込んだ?タクシー? 三人死亡した。あまりにも痛ましい事件。偶然とはいえ、そこに、いてしまった人達、サッカー選手が、飛行機墜落で亡くなった。偶然の積み重ねだよね。亡くならなかった人も、偶然だよね。運が良かった、悪かったというしかない。

急ブレーキを掛けるつもりが、アクセルを踏んでしまい、止まらないから、もっと深く力を揉めて踏む。踏み続ける。あ、間違った!!とは思わない。これが、人間の性です。

これを、全く、無くす方法があるのでしょうか。ペダルの位置を離す?当然、各メーカーは、とっくにじっけんしているのでしょうね、間違いやすさと、使いやすさを天秤にかけて、今の間隔が前後にしているのでしょうね。しかし、踏み間違いは絶対なくせません。本人がアクセルを踏もうか、ブレークを踏もうか、どうしようと思っているのか、思いを感知できません。分かれば、思いと行動が一致しているか、間違いか分かりますが。

間違ってアクセルを踏んでしまった時に、どうするかでしょうね。ぶっつからなければいいのです。障害物が前にある時に、アクセルを踏んでいても、ブレーキの方が強い力で掛かるようにすればいいのです。多分、そんなことは、自動運転の中の一要素に過ぎないので、相当のところまで技術が進んでいて、実際に、そういう装置がある車も使われていると思う。私が思うには、車の時速0から200Km速度自動制限装置が完璧なら、この種の事故は起きないはずでしょう。最高速度はその道に定められた最高速を越えないようにし、前45度の障害物までの距離が100m以内の場合は、速度を、例えば、時速50kmにし、距離に従って、その距離での最高速度をセッティングできる。それより、遅ければ、それはそれでよい。5mなら、1km/hour、1mなら、勿論、停止(0Km/
hour)ですね。もっと近くに寄せて駐車などしたい場合は、それを解除すればいい。
 
ぶっつからない車に比べて、落ちてしまわない車はどうするのですかね。障害物がない場合はどうしましょう。例えば、港の埠頭で海に向かって行った場合、落ちないようにするにはどうしたらいいでしょうか。斜めの走行などで、道の脇に落ちてしまわない車。出来ますかね。危ないと思って、急グレーキを掛けたつもりが、急発進状態になってしまった時は、止められますかね。面白いことに、“落ちてしまわない車”で検索したら、“中古車の価格が落ちてしまわない車”、でした。

インドネシアでは、登り坂の向こうがどうなっているのか、登りきるまで分からない場合が多い。向こうが真っ直ぐではなく、左右に急カーブの場合も多い。かなり、アクセルをふかして登ってきているわけで、登りきったところで、急に速度が上がる。そこで、真っ直ぐでなければ急ブレーキをかける。その時に、間違えてアクセルを踏み続けることは、ほとんど、考えられないが、とっさの場合、アクセルを離して、また、アクセルを踏んでしまうとも限らない。そんなとき、障害物がないでしょ。専門家の方、スキーのエアーターンで着地する前に、制動アクションをするように、アクセルを無効にして、ブレーキを自動的に駆るようにしてください。

オートマ車は、止まっても、エンジンは止まらない、エンストをしないから、自動で止める装置で問題ないと思うが、マニュアル車はどうでしょうか。速度を落とす場合はギヤーチェンジをしなければなりませんね。私は、インドネシアで、20年ほど運転しているが、最近の10年ほどは、マニュアル車を運転している。日本と逆で、オートマは15万円程、高いから。そして、ブレーキをかける場合は、必ずクラッチを踏んで、ギヤーをロー側に落とすから、アクセルとブレーキを間違えることはありえないような気がする。無意識に間違って、アクセルを踏み込んでしまうことはありえないような句がする。また、ローから、アクセルを踏み込んでしまっても、急に速度は上がらないし、何より、エンジンをふかした音が、異常に大きくなるので、直ぐ、踏むのを止めてしまう。踏み間違って、パニックになることも、あり得ないと思う。

ということで、高齢者は、マニュアル車の運転しか認めないようにしたらいい。ボケ防止にもなるかな。でも、ダメか、マニュアル車は免許状が違っているし、日本はマニュアル車の方が、値段が高い?

ぶっつからない車は、とにかく、センサーはできるから、障害物を感知したら、止めればいい。しかし、落ちない車は、無いことを感じなければならないから、どうしましょうか。下を見ていれば、直近で、あ、無い!とわかるが、例えば、10m手前から、無い、が、関知できるには、どのくらいの高さから、下に何度で、向ければいいのでしょうか。車に屋根の先端に、出来るだけ、高い位置から見るように、セルフィーのような、センサーを付けるのでしょうか。落ちない車ということで売り出せば、受験生を抱えた家庭では、買いたくなるのではないでしょうか。博多の道路の陥没のような時にも落ちないでしょうし、地震での地割れなどでも落ちないですよ。
IMG_3898.JPG
IMG_3898-.JPG
IMG_3898^.JPG
タンブン チビトゥン辺りのジャラン ティクスは、こんなもの。ギヤー5にすることはない。2か3である。ブレーキとアクセルを間違えようがない。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感