So-net無料ブログ作成
検索選択

(^_-)-☆18年お世話になった [人生]

 2985 私がインドネシアで知り合った人の中で、一番、お付き合いの長い方でした。赤旗を立てでもまたゴルフをしましょうよ、と、声を掛けていたがかなわぬことになってしまった。

私がゴルフを始めたのが1998年、暴動の直ぐ後でした。その半年後位にある初心者歓迎というゴルフの集まりを知り、その仲間に入れてもらうことした。アクラブ会でした。その会の世話役をしておられたのが栗崎さんでした。その時も今も、ヤマニの方でした。私も栗崎さんもその会を何年後かに止めて、ジャバベカで毎週ゴルフを小グループでやるようになっていた。それは、昨年の末、10月ころまで続いていた。

その1年前くらいから、肺がんが見つかり、日本やマレーシアなどで手術を受けたり、治療をしながらも、インドネシアにいる時には、一緒のカートでゴルフ場を回っていた。その内、激やせで、体力も無くなり、ゴルフどころでは無くなっていた。それでも、会社に出勤していたし、ゴルフの夢を見ると言っていた。

今年に入って、月に一回、日本に帰り、投薬をしていたようだった。今回、半年ほど会社から休暇をもらうよ、と、話しながら、一週間ほど前に帰国した時には、病院で投薬もない状態で、静かに亡くなったとか。

ドライバーの飛距離が殆ど同じだったので、同じカートに乗ることが多かった。二打目も同じくらいのところに行くので、カートに戻らないで、無駄口をたたきながら一緒に歩くことも多かった。仕事上の付き合いはなかったが、ジャバベカでのゴルフの付き合いは、10年以上はあった。私はインドネシアでお付き合いしている日本人は少ないが、栗崎さんは、インドネシアには35年以上関わっていて、県人会をはじめ、工業団地の付き合い、何やら、ボランテャアの仲間、現地警察にも知人ガ多かった、多くの世話役をやっておられて、栗崎さんを何かと頼りにした人も多かったと思う。事件に巻き込まれた時に、栗崎さんに相談した人も多かったと思う。時々、そんなことを、ゴルフコースを回りながら、話をしていた。私は、聞き役だった。

事件やデモ、ストライキの事前情報もこまめにメールで流してくれていた。

ゴルフ場でも超有名人で、しばらく、顔を出さない時には、私に、栗崎さんどうした?今日はいないね。と、多くの人が聞く。栗崎さんは、今、日本だよと、紙に書いて貼っておきたいくらい、会う人ごとに聞かれる。

インドネシアにいて、お世話になった方が亡くなったという知らせを聞くのは非常に辛い。今朝、その知らせを聞いて、しばらく、涙が止まらなかった。人生の先輩として、尊敬をしていたし、非常に身近な方だった。ご冥福を祈る。

そう、多くはないが、尊敬している方、目標にしている方、生き方の手本にさせていただいている方が、次第に会えない世界に行ってしまう。
IMG_8047-.JPG
IMG_8047^.JPG
IMG_4457.JPG
元気だったころの姿。ともに愛でた花。Surgaで眺めていることでしょう。栗崎敏敬(くりざき としのり)さん、ありがとうございました。
日本で荼毘に付し、インドネシアで告別式、埋葬するそうですが、詳しいことはまだ決まっていません。


(^_-)-☆二十歳の誕生日 [人生]

 2772 1996年8月18日、愛知、小牧からバリそしてジャカルタ、そして、リッポチカランのクラウンコートへ。約、16時間の旅の末に到着、赴任、第一日目でした。インドネシアの国旗や幟が、沿道や建物に飾られていて、昨日、独立記念日だったということを知った。それから、20年、そんなつもりはなかったが、今日がインドネシアでの二十歳に誕生日です。いくら何でも、もうそろそろ、と思いながら、言いながら、20年過ぎてしまった。そして、今でも、いくら何でも、もうそろそろと、思っている。
今朝のミーティングで、大事な話として、今年末までには、インドネシア人ダイレクターを一人増やすと宣言した。私が身を引くための準備の始まりだ。私が、いなくなってしまうわけではないので、皆さんも納得したと思う。

ミーティング、今月一杯で、ナンブの押出の日本人が定年で帰国をする。私の後を引き継いだ人でした。その人がいなくなる押出部門は、日本人がいないままになる。いなくても、やっていけるし、いない方が、インドネシア人が積極的になれると思う。ところで、その人と、最後のミーティング、内容は、秘密だが、彼がいなくなった押出部門のことと、私が居なくなった時のエンドオオタの関係についてが、主だった。ナンブから、移動したい人が何人かいるが、ナンブのメンバーは私が育てて29年近くなる人が多くて、それなりの高給料を受けている(しかし、押出部門だけが多きな黒字になっている)ので、躊躇をしているが、組合の主な役割をシテイルメンバーもいて、給料だけで、判断できない部分もあるらしい。ともあれ、日本人がいなくなるので、私がインドネシアにいる間は、私に相談事が多くなるはずだ。例えば、自分たちの部門は黒字だが、その他の部門は赤字、そのため、給料やTHRが自分たちの黒字と比例しないことに不満を持っていて、独立、別工場にしたいという意識はずっと前からある。副社長として、新赴任してきた人物の考えがどうか、様子見の処があるようだ。面白くなりそうな面もある。

二十歳の誕生日、シャープから乗り込んできた。LEDチューブランプの二色成型パイプタイプの量産が10月初めからになったらしい、そこで、スケジュールの確認に来たのだった。毎月2万本の予定だし、今までの半円タイプの物も月6000本はコンスタントに継続するらしい。キャパが心配で、冷蔵庫関係の部品の在庫を増やし始めている。

この製品の問題点は、原料の入手が思うようにいかないこと、原料のブレードが限られるうえに、商社の担当者が知識を持っていない。とにかく、思うように動いてくれない。いつ入手できるのか、価格はどうなのか、なかなか、返事が来ない。それと、メーカーから必ず、用途は何か、どこ向けか、購入数量予定はどんなのか、問い合わせがある。だから、直ぐ、返事をするのだが、それに対しての、アクションがない、何故、色々、問い合わせたのでしょうか。一社に頼んでも、思うような返事がない、だから他の商社に頼んでみる、そこも。また、同じ、また、他の商社に頼む、中には、そのメーカーとは取引できないと、返事をしてくれる場合もある。それならそれでいいのだが、多くの場合は、“メーカーに依頼する”と、返事をくれたまま、前に進まない。日系の商社、しっかりしてよと思う。二十歳の誕生日、悩みは絶えない。
IMG_1442.JPG
あのMM2100のLG,広大な面積を占めている、その半分が見事に解体、荒れ果てた平地になってしまっていた。撤退には相当な出費だったでしょうね、まさか、韓国企業お得意の夜逃げというわけにはいかない大企業だからね。時の大統領スハルトがオープニングセレモニーに来たという、ソニーはもう15年以上前に撤退した。
IMG_1443.JPG
MM2100の一つの出入り口のちょっと,外側の様子、突然、田舎になる。
IMG_1448.JPG
この看板、いろいろ、書いてあるが、いったい何をどこでやっているの?インドネシア人には分かるのでしょうか。カラワンのテクノマートのことでしょうか。多分、カラワンの町中のどこかに会場があるのでしょう。
 

(^_-)-☆夏花火 [人生]

 2753 近くのホームセンターに、注文してあったバリ取り面取り器と筒型テーパーゲージが届いたという知らせが、水曜日に入っていたので、先ほど、受け取りに行ってきた。ネットで、それらのメーカーチェックした。求めるものは、それぞれ、一社しか見つけることができなかった。これじゃ、インドネシアで売っているわけがないと思った。通販で扱っている会社を二社見つけた。そして、値段をチェックした。また、DIY店に行って、価格を確認した。 通販よりDIY店の方が安かった。また、受け取ってから払えばいいので安心。ということで、近くのホームセンターに取り寄せ注文をしてあった。
IMG_0922.JPG
購入するとき、店のサービスカウンターに行って、購入予約票のようなものを見せて、受け取りに来たということを言う。係りの女性、奥の方から、それらを持ってきた。大きなものではない。価格をチェックしている。何故か、値段をつぶやきながら、困っているようだった。私が取り寄せを頼んだ時の人と違う。私は合計価格を知っているから、財布からその金額を出していた。何故か、戸惑ったようにその価格を言う。私は、“高すぎると思ったでしょ”と言いながら、その金額を渡した。ご本人、“高い物とは思わなかった”と、言っていた。そう、テーパーゲージが高い。小さい方が4000円くらい、大きい方は1万円以上する、二本ずつだから、3万年以上、面取りが5個で9千円以上なので、総計、4万円以上、高っ!!しかし、必要品だ。いちいちの通り止まりのゲージを作るより安い。
IMG_0935.JPG
安倍川の花火大会、今年は、私はアッシイ君、みんながそれぞれ、行くというので、車で二回に分けて、送って行った。7時から始まるので、6時から7時前までそれをしていた。帰り、まだ、暗くなっていないが、始まっていた。交通規制が強化されている感が有り、昨年まで通れた道も閉鎖になっていた箇所があったし、歩行者優先のガイドをしていたので、車の通れる道は渋滞していた。そして、ニースのテロの後ということでしょう。車両進入できない場所は、パトカーや機動隊バスが横向きに置かれていた。

昼間はうるさいくらいの蝉しぐれ、夜が更けて、中途半端に遠い仕掛け花火の音、日本の夏ですね。一人でスイカを頬ばった。インドネシアで、いつでも食べているのに、と思いながら。

9時に予定通り、花火の音はやんだ。皆は、歩いて帰ってきた関係で10時家に戻ってきた。歩いて疲れたのでしょう。孫二人は、私が寝る布団で眠ってしまった。私は、畳の上に寝る。
 

(^_-)-☆よく降るね [人生]

 2711 全く、雨季の真っただ中の様相、昨日の夜中から、ずっと、雨だった。6時スタートだったが、雨の中、空の色は全天、灰色、風がない、ザ~~っと降るわけではないが、しとしとと降り続く、止む気配がない、空のどこにも明るさが見えない。そして、11時ころ終わったが、雨は降り続いていた。全身、びしょ濡れ、寒い。靴の中も水が飽和状態。帽子も重たい、つばから、水がしたたり落ちている。

コースは水溜りになっていて、ボールが転がらないどころか、急ブレークがかかってしまう。高く上がって落ちたゴールは、付き刺さってしまう。雨季のゴルフだ。いつもは、レストランに寄ることなく、直接、スタート場所に行ってしまうのだが、今日は、雨ふりで,カートにそばで、スタートを待つことを止めて、レストランで待つことにした。コーヒーかテーを頼もうとしたら、2.9万Rpだという。高っ。朝食は、バイキング方式で幾らかと聞いたら、5.9万Rpだという。ドリンク付きだ。そこで、朝食を食べることにした。ナシゴレンやブブールがメインで、トッピングが多種類あり、果物もある。味噌スープモドキもあった。何年ぶるだろうか、ここで朝食を食べたのは、いろいろ食べて,最後におにぎりが有ったので、一つ、放り込んだ。
ハーフを終わって、8時半ごろ、スタートまで、ちょっと間があったので、ミーアヤムを食べた。これは、毎回のことで、品切れでなければ、必ず、食べることにしている。私にとって、大変、美味しい。3万Rp

12時過ぎに、シンガラジャのうどん屋で食事、チラシうどんというものを頼んだ。トッピングに野菜天ぷらも頼んだ。これが、ボリューム一杯、冷やし中華のうどん版です。出てきた瞬間、トッピングを頼むのではなかったと思った。食べてみると美味しい、てんぷらが美味しい、乗っている食材に種類も多い、栄養のバランスもいいようだ。多い気がしたが、たいらげた。4,5万+2万で払ったのは7万Rpだった。この味、この量なら高くない。私は飲まないが、ビンタンボトルが他の多くの日本食レストランの7万Rpなのに、ここは5万Rpで安いらしい。

食欲旺盛、よく食べる自分がいる。ゴルフで体を使い、心地よい疲れを感じながらも、よく食べると思う。胃が無いのに、よく食べる。仕事をしている、いつまでも、こういう状態でいられればいいなと思う。

実は、私のインドネシアでの生活の中で、身近にいてくれて、何かと世話をしてくれて、付き合いも多く、それらからの情報もいろいろ、伝えてくれる方が最近、体調が優れず、食欲がない様子、痩せてきているのが気になる。回復を祈るばかりだ。ゴルフをご一緒したい。
IMG_3081.JPG
IMG_3082.JPG
IMG_3076.JPG
ヤシの木に寄生させてあるランの花、と、育ち過ぎたキノコ。

(^_-)-☆スルガへ旅立ち [人生]

 2378 近くの小学校夏休みは今週の土曜日からとか、二学期?が始まるのは、8月最終週からだそうで、夏休みは一か月くらいになっているそうだ。夏休みが始まる日ではなくなった今日、また、あの人の誕生日が巡ってきた、一足早い72才です。
また、妻がテーブルの上に置いておいた教職員互助会の会員雑誌をなんとなく、ぱらぱらめくっていたら、中学三年の時の担任の先生の投稿文が目に入った。当時、大学を卒業したばかりの新任だったので、私より10才も年は離れていなかった。雨の日、新聞を包んでいるポリ袋(ビニール袋)の再利用に関して、だった。まだ、頑張っているんだなと、同級会を何年もやっていないので、インドネシアから早く足を洗って、声を掛ける機会を作りたいと思う。ただし、来年かな。

車のバッテリーが上がってしまっているようなので、近くの修理屋へ自転車で行って、バッテリーを持ってきてもらってエンジンを掛けた。そのまま、15kmくらい走って、戻ってきた。そして、エンジンを切って、又、掛けてみた。掛からない。カチカチと音がするだけ、ロック、オフのリモコンは使えたので、全くというわけではないが、ほとんど充電がされていなかった。途中で買い物に寄ろうと思ったが、止めて良かったと思う。また、修理屋を呼んで、バッテリーを交換してもらい、充電をしてもらってから、元に戻してもらうことにした。一応、ゴルフや買い物や太田化工に行けるようになった。半年近く乗っていないし、バッテリー自体がかなり古いので、こんな時もいつかは来ると予想はしていた。それが、今回だった。
IMG_3343.JPG
IMG_3345.JPG
真夏の様子、じりじりとした暑さがこの写真からも分かるような気がする。外出に帽子は欠かせないし、飲み物を携行して、水分補給しながら歩かなければならない、汗びっしょりである。

ショッキング。静中静高卓球部通信が届いていた。開けてみると、私がダブルスを組んでいた山川君の訃報が目に入ってしまった。左利きの彼と毎日練習をしていた。団体戦の中のダブルスでは、中部大会も県大会へ行っても無敗だった。中部大会で、私は、個人戦でベスト8まで行ったが。彼は準優勝した。いつも、思っていた、個人戦で、彼は私と練習していいが、私は彼と練習をしたくなかった。理由は、実践では右利きとしか試合をしないのに、右利きとの練習を出来なかったからだ。彼にそれを言えなかった。ただし、名コンビだったと思う。顧問が名ばかりだったので、キャプテン、マネージャーとして、部内外を二人で仕切っていた。卒業してからも、何度もOG会などで会っていたが、私が日本から出てしまってからは、会っていない。とにかく、がっかり、ダブルス相棒がスルガへ旅立ってしまった。ご冥福を祈る。
今日、誕生日の人も当時、別の学校で卓球をしていたので、私たちのコンビのことは良く知っている。試合会場では応援をしてくれていた。


(^_-)-☆何故、ここに? [人生]

 2341 今朝は3;40起き、4;40家から出て、5;40ティオフ、昨日も今日も一番スタート、夜明け前だが、薄明るくなり、やっと、球が見えるかなと思うわれるころのスタート、スタートホールでのティーショットのボールの方向は大体分かるが、落下位置は見えない。二ホール目から逆光でなければ落下地点が見える。三四ホール目くらいにサンライズになる。この時間の風景は、ゴルフなのどうでもいい、えもいえぬ雰囲気に包まれる。70年以上生きてきて、紆余曲折の行程の末にというか、途中というか、この地にいることを不思議に思う。ここに立っていることを不思議に思う。
IMG_2863.JPG
日本で言う老人ホーム(シニヤー ハウス)の参画屋根の横にサンライズ、一か月1500OS$だそうです。リップチカランのアパート一戸建てより安いかもしれない、どうですか、ここから、会社に通ったら?ゴルフ場サッカースタジアムも歩いてゆける距離。
IMG_2863-.JPG
前に誰もいないのだから、待つことはない、それぞれのペースで、後ろも、接近して来ていないので、ゆっくり、急がず、写真を取りながら、ゆっくり回る、それでも7;30前にはハーフが終わってしまう。後半は、長い待機列の後ろに着くので、約1時間は待たされる。その時間にミアヤムの朝食を取る、2万5千Rp。コーヒーやティーは只。お腹が一杯になったころ、次第に乾季独特の暑さが覆ってくるようになる。 カートに戻って、まだ20分以上待ちそうだ。あくびの連発から、眠ってしまった。日陰はまだ、そう暑くない。その眠りが、また、心地いい。もう、全く、ゴルフはどうでもよくなる。眠り傘覚めて、現実に戻って、どうでもよくなったゴルフを再開、後半は、前のグループをいちいち待つ、ティーショットも、三打目も待つ、時間がかかる、ティーショットを二組待つ時には、また、カートでうとうとしてしまう。これが、また、気持ちいい。

うとうとしながら、このまま、目が覚めなくてもいいかなと思う。そして、ここにいる自分が、もう、このままいなくなってもいいかなとも思う。そう思いながら、また、プレーを続ける。それを、何回か繰り返す。その内、なんとなく、滑稽に思えるようになる。面白くなる。そして、気ままに、過ごすことができているなと思いながら、恵まれているなと思う。目を覚ますと、ここはどこ、私は誰になったりもする。

まだ、やりたいことは、沢山あるが、もう、沢山やったから、これ以上やらなくても、良いじゃないの、などとも思う。


(^_-)-☆つらい [人生]

 2273 また、訃報が入ってしまった。インドネシアにいて、日本から、この知らせが入るのが一番つらい。もう何十人にもなる。太田化工で仕事をしていた時の取引先(南部化成)のQCの責任者だった鈴木豊さん、下請けの私の会社に良く出かけてきては、品質管理の手法について指導をしてくれていた関係で、現場の担当者にとっては、煩わしい存在だったと思うが、私にとっては、私がしなければならないことを、わざわざ、出かけてきて、やってくれるという意識があって、助かっていた。他の客先に対しても、彼の指導は有効だった。利用させていただいた。
私がインドネシアに来てしまったころから、彼も、会社でのポジションが上がって、自ら出かけてくることはなかったようだ。

帰国して佐々木会長とゴルフをする時、彼も一緒だったことが何度もあって、ゴルフの上手さは、シングルに近かった。また、私がナンブのインドネシアと日本のテクノセンター両方で手伝いをしていた時には、別の事業所だったが、彼の部下たちの技術指導もよくしたし、社内のゴルフ同好会でも付き合ったし、食事にもよく出かけていた。

私が南部から離れて、再びインドネシアへきてしまったあと、会長が止めたころ、彼も、退職した。昨年の暮れ、帰国した時も、一回ゴルフで一緒だった。65歳くらいだと思う。心臓発作の突然死と聞いている。先日の会社の奥さんも心臓麻痺だった。山崎君の時のことを思い出してしまう。
残念でならない。私の会社が全盛のころ、バブル絶頂の頃の友人でした。その後は、断続的な付き合いでした。大変、世話になりました。ご冥福をお祈り申し上げます。久しぶりに会長にメールをした。
IMG_2017.JPG
IMG_2025.JPG
 Panatai Madasari(マダサリビーチ)の波の状態です。人がいません。ここは、南の国の天国です。
 

無から出でて、無に戻る http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0069.html
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0067.html

(^_-)-☆ショッピング [人生]

 2246 おお寒!!!!昨日のカザハナといい、霜柱が真冬のよう、風を引かにように、厚着をしている。庭の名の花と日が差してきた霜柱
IMG_1604.JPG
ショッピング、先ず、一番遠い久能海岸近くの麹屋へ、次に、戻りながら、ゲームシフト妖怪ウォッチ真打と本家を手に入れた。それぞれ、3900円くらいだった。百円ショップとその隣のスーパーとドラッグストアーにも寄った。短い滞在なので、買い物は今日だけである。目的は、私が必要とするもの食べたいもので、インドネシアに売っていないもの、インドネシアのものでは私に好みに合わないもの、インドネシアの方が価格の高いものを手に入れることです。
IMG_1613.JPG
買い物途中の静岡新聞、放送、駿河区役所 アピタ、このどれかの勤務場所の文字が大きく書いてある車が次に買い物をしに行った量販店の駐車場に私が駐車する前から買い物を終えて出てくる30分後にも駐車していて、中の一人の男性は眠っているように見えた。明らかに、さぼっている人間だ。まだ10時ちょっとすぎでした。

私にとって重要な方の奥さんが亡くなったという知らせが入った。まだ、お会いしたことはないが、お噂は、いつも聞いていた。会社の経営から解放されて以降、奥様と一緒に旅に旅をしたという話を何度も聞いた。国内では北海道や山陰や対馬佐賀地方、海外は北欧やドイツなど、つい一月にもそんな話を聞かされながらゴルフを一緒にしていた。奥様に先に行かれては、今後、一人暮らしになってしまうので、生活が大変だろうと思う。

メディカルチェックの結果を聞いた。異常なし、コレステロール、血圧、糖、などなど、数値に枠の外に出ているものはなし、数値に異常ないが、時々の目眩やかゆみや寒気はどうして?歳だからからかな?お腹の周りにぶつぶつができて痒いので、塗り薬を処方してもらっただけだった。

東日本大震災4年目ですね。インドネシアのTVONE(ニュースチャンネル)で映画の一場面のように、様子を眺めていた記憶がある。福島原発の爆発画面もながめていた記憶がある。皆さんからは、太田さんの家はどうなったの?と、聞かれたものでした。
  

(^_-)-☆ひどい目まい [人生]

 2093 試作を二点、やはり、色の問題で、客先の納得を得られない。サンプルを三点出して、承認範囲を決めてもらうための試作が一つ。軟硬質PVC二色成型の形状改善だ。22日前に量産に入れるよう、両方ともOKを早めに貰わなければならない。望み通りにできない場合は土日も出てやってもらうつもりだ。

どうにもならなくなってきた。貧血目眩の頻度が激しくなり、現場へ行っても座り込んでしまうことの方が多くなった。話をしていても、急に目眩が来るので、しばらく、中断するしかない。過呼吸症候群の症状も出るようになった。対処法を知っているので、プラスチックの袋を近くに置いて、症状が出たかなと思ったら、すぐに、口を覆い、自分が吐く、炭酸ガスだけを吸うようにしている。すぐ治る。また、器官が塞がっているかのような、呼吸困難状態にもなる。これも、逆に、一生懸命吸おうとしないで、息を止めるようにしている。
IMG_7780.JPG
以前なら、救急当番医に駆け込んだ症状でした。今は、それほど、パニックにならないで済んでいるが、症状は同じだ。体の、決まった場所ではなく、どこかで、ちくっとすると、その1秒後に、クラッと目眩がして、立っていれば、座ってしまう、座っていれば、寝転んでしまう。
気休めに、おまじないのようにしてたまに飲んでいた。パキシルとコンスタンを真剣に呑み始めた。しかし、薬の効果がなくなっているか、二日ほど、効果が出ていない。

http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0063.html
以前はマリアさんがいた。今回は高齢者一人暮らしだ。車の運転もしなければならない。ただし、気を失ってしまうことはないし、死んでしまうことはないし、死んでしまいたいとは思わないところが、気持ちの支えになっている。もしかしたら、明日には、薬の効果が表れて、治っているかもしれない。
仕事は上の空だったし、これを書いている時も不安である。
IMG_7772.JPG
最近のチカランバラットのインターは空いている、車が詰まることが無い、料金所も5~6台の列があるだけだ。何故でしょうか、チバトゥのインターができたからでしょうか。
 

(^_-)-☆移動はいつ [人生]

 2089 準備ができたが、移動はまだだ。どうするつもりなのでしょうか。今日は、犠牲祭、朝早くから、そこかしこのマスジッドの前の道路は閉鎖され、車は迂回させられていた。道に座ってお祈りだ。その後、牛や羊や山羊を殺して、肉を分けるのです。道端は血で真っ赤になる。私は、その行事というか催しの近くを何度も通ったことがあるが、一度も、その様子を見たことが無い。見ないようにしているのです。その行事中、ずっと、スピーカーで祈りの声を流す。そこかしこから、その声が聞こえてくる、午前中一杯、聞こえていたと思う。ゴルフをしながら、ずっと、その声というか、私にとっては、雑音にしか聞こえない声が、ここえていた。帰り道、その行事が行われた場所は直ぐ分った。ゴミが大量に散乱していたからだ。イスラムはゴミの放置、投げ捨てはOKらしい。

ある一般的なサラリーマンの家族が、家の購入契約を済ませ、頭金を払って、その後の支払いに関する条件を決め、その後、建築が進み、いざ、その家に引っ越そう、住み始めようとした時に、ちょっと待って、あなたは、ローンを支払わない、必ず、踏み倒す、貴方を信用できないから、住み着く事を拒否すると言われたらどうしますか、どう思いますか。また、契約書に不備があったので、ローンを支払った金額分の部屋だけ使っていい、そういう契約に変えましょう。と言われたら、どうしますか、どう思いますか。車なら、ローンを払った分だけ、ハンドルだけ、次は、タイヤ、次は、シートという具合に受け取れるという購入契約書にしましょうと言われたらどうでしょうか。そんな契約があるのでしょうか、売る方が、そんな契約を思いつくということを一般の人は想像できるでしょうか。それより、頭金を何十パーセントか取っておいて、詐欺にばらないのでしょうか。 
売る側がそういう条件をだすとして、もし、その人自身が何かを購入する時に、売買契約成立後にあなたは信用できないから、契約を破棄、或いは、条件を変えるなどと言われたら、どう思うのでしょうか。納得して、交渉をし直しますでしょうか。
IMG_7736.JPG
Hidung mancung鼻が尖っている、Hitam黒い、Berjanggut あごひげがあるTinggi 背が高いBadan besar 体が大きい、アラブ人の特徴でした。
IMG_7726.JPG
ちょっと、大き目のLEDランプシェード、100mm幅ある。