So-net無料ブログ作成

(^_-)-☆special道楽 [体験]

 3198 囲碁は道楽であり、打ったことで自己満足する。その為の往復で、徘徊をしてみた。三キロほど離れた場所にある生涯(障害ではない)学習センターで、木曜日、夜6時から囲碁同好会の集まりがあるので、薄暗くなり始めた5時半ごろ家から出て、車でなく、歩きで、徘徊しながら、行くことにした。土曜日は昼間なので、歩いてゆく場合もヲーキングとなるが、薄暗い丸子川の土手を主に歩くので、多分,他人が見れば、徘徊に見えるだろうと思う。
IMG_1604.JPG
早く着きそうだったので、ちょっと、余分に徘徊してみた。25年ほど前に、碁会所へたまに行っていたが、その後、如何なっているのかなと思い、そのあたりに行ってみた。住宅地の暗い小道を歩いていると、どの家も、センサーが作動して、照明が灯る、そんな場所の一角に、まだ、見覚えのある、その、プレハブの建物はあった。人がいる気配はないし、現在、使われているような気配もなかった。こんな写真を撮っている爺さんは、怪しい。
IMG_1607.JPG
IMG_1609.JPG
帰り道、また、ちょっと、遠回りして、車が頻繁に通る道を歩いた。ここはちょっと広いが、この道の大部分は、人が道路わきを歩くようにはできていない。道脇まで30CMくらいに白線が引いてあるが、体は、当然、白線の外に出ている。車が後ろからくるたびに、体をぐっと、道脇に寄せる。徘徊老人としては、かなり緊張する道だ。最近、路肩に突っ込む車のニュースが気になっているし。

帰りの8時半過ぎ、歩いた大部分の道で車にも人にも会わない。私を目撃する人は、いない。徘徊していても誰も知らない。たとえ、座り込んでしまっていても、誰も、気が付かない。

そういえば、大学の同級会で二人、徘徊が趣味です、楽しんでいますという自己紹介があった。俳諧でした。

昨日からの続き、私が選んだ仕事は、その遣り甲斐がある、結構、多くの人のためになると思える道楽をしていて、結婚もし、子供もでき、家も手に入れた。多分、他人から見れば、相当、恵まれていると思われていたと思う。七年後には、夫婦合わせて、残業代を含む月給が30万円くらいあった。1972年ごろでした。
ところが、その前から、私が気に入らない環境を感じていた。自己満足できない状態があった。
タグ:趣味 体験 俳諧
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆勇気がない [体験]

 3160 勇気がないtidak beraniティダブラニ、何がないかというと、まだ、セルフのガソリンスタンドへ行っていない。タクシーではなく、バスに乗る勇気もない。

初めてである。毎年、健康診査案内が来ていたが、一度も受けていなかった。今回はちょっと時間があるので受けてみようという気になって、今日、受けにいった。というのは、予約が必要などとは、全く思っていないで、普通に、何かの受信を受けに行くように、行けば、直ぐに、やってもらえると思っていた。受付へ行くと、案内状を見て、いきなり、予約に来たのですかと聞かれた。“え、予約ですか、そうです”と、反射的に、言ってしまった。

予約をしなければいけなかったのでした。特定健康診査の予約をした。今月末近くになった。やはり、ある程度、長期で日本にいなければ、受けられないなと思った。多分、結果も何日か待たなければならないだろから。
IMG_1065.JPG
また、郵便局へ封書を出しに行ってきた。これがまた、入ってゆくと、何やら、番号札をとるようだ。それがどこかわからない、近くにいる人にきいて、そこだよと、教えてもらった。番号札を取って、座って待っていた。5分ほど待っていた。自分の番号がもうすぐだと思っていたら、先ほど、聞いた人が、隣に座っていて、気になったのでしょう、私に、郵便物なら、あっちの窓口で、番号札は必要ないよ、と、言ってくれた。直ぐに、郵便物の窓口に行って、切手代を渡して、終わった。その人にお礼を言って出てきた。番号札は、銀行業務関係だったのでした。

なんだか、自分が、ぼけ老人のように見られるのではないかと、周りが気になってしまう。決して,ぼけているからではないよ、と言いたい。
IMG_1061.JPG
IMG_1063.JPG
救急車が、信号待ちをしていた後ろからやってきた。右折車線が開いていたから、右折車から、赤信号の交差点を右に曲がらないで、対向車線の中央車線を走って直進していった。次の信号がある交差点も赤だったが、今度は、そこで、元の向こう向き車線に戻って、先へ行ってしまった。さすが、日本だと思った。青信号でも他の車が交差点に入らないし、対向車線の車も右によけていた・7. 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆下駄、自転車 [体験]

 3113 孫にせがまれて、29日の安倍川花火大会に着てゆく、浴衣に合わせた下駄を買ってほしいとせがまれた。今までのものが、小さくなってしまったからという。大人用だ。二人とも、LLだ。台と鼻緒を別々に注文、職人がいて、鼻緒の調整をしてくれる。桐、高い、二人で1,1万円だった。駿河楽市?静岡駅ビル内、筋向いのクレープ屋で、タピオカクレープを買わされた。
IMG_0387.JPG
自転車は、妹用、これも、色を注文、注文して、1週間後の今日、受け取りに行かせた。こちらも、既に大人の女性用、5万円。家の自転車は全て大人用が4台になった。おじいちゃん、自転車乗れるの?乗れるなら、乗って見せてよ、などと、言う。昔は、子供用など無かったから、足が届かない、男用の自転車に、足を、三角の中に入れて、向こう側のペダルを踏んで、自転車を斜めにして、運転していたよ、と、説明したが、そんな規方、想像も理解できるわけがなかった。確か、三角乗りと言っていたような気がする。無駄な、説明だった。今は、昔なら、婦人用といった自転車しか売っていなかった。馬にまたがるときのような、足を後ろにあげて、またがる乗り方をする自転車は、売っていなかった。

二回目のゴルフ、8時過ぎで、一番スタート、前がいない。人生の先輩が一緒だった。その先輩、前がいないから、さっさとやれば、午前中に終わるよ、ハーフも休憩なしでやるから、と、言いながら、皆をせかせる。その人、80歳になっているので、一人、かなり前の赤ボールのティーグランドで、ティーショットをする。その前に、他の三人は、白から打つ、それを、待ちきれずに、一人、カートで、前に行ってしまう。私たちは、ティーショットの後、歩いて、その人が打つ場所の横のカートに乗る。
早くというその人が一番遅い。カートに、いちいち戻るし、ボールの側に行くとき、クラブを多数本持って行かない。既に、オンの他の人が、歩いて行って、グリーン上で待っているのに、悠々と、カートに乗ったまま、グリーン横に来る。そこから、寄せをする。それにもかかわらず、前で、その人が打つのを待っているのが、気に入らないらしい、前に出るなという。遠いボールをその人が打つのを待っていないで、その人より、グリーンに近い、それぞれのボールを、お先に打ちますよ、と言って、打ってしまうのも、気に入らないようだ。急げというのに、その人を待たなければならない。厄介な人だが、その人から、気に入られている私は、来月3日も、一緒になる。
日本のゴルフは気を遣うが、お世話になった方たちだし、私も、体力維持のためになるので、付き合いをする。
IMG_0383.JPG
山歩きのゴルフで疲れたか、座椅子に座ったまま、寝込んでしまった。 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆今にも雨 [体験]

 2645 天気予報では、夕方から雨だった。9時からを8時からに早めてスタート。今回、日本でのゴルフ予定日のうち、二回、雨で、中止になった。インドネシアなら、スタート時やプレー中にスコールが長時間なると思われるときだけが中止になるが、天気予報によって、事前に中止になることは全くない。そんな話は20年間、聞いたことがない。怪しいと思っても、家を出るときに大雨であっても、必ず、ゴルフ場には向かうし、途中、止まず、ゴルフ場に到着しても、支払っても止まないときでも待機する。インドネシアの場合はプレー前に払う。プレーを始めなければ返金される。プレー中の買い物は現金でその都度払うのが普通だ。
8時からで、一番スタートだった。そして、二番スタートは、多分、30分以上離れていたと思う。前後が全くなしで自分たちのペースでできた。と、言いたいが、そうではなく、自分のペースではできなかった。いらいらしながら、プレーしていた。前後とは関係なしに、一緒にプレーした人のことだ。とにかく遅い、セルフ(キャディーがいない)である。カートは、ボールの真横まで行かないと降りない、クラブは、降りてから、カートの後ろに回って選んで取る、打って戻って、乗る前にクラブをバッグに戻す、また、同じ繰り返し、ちょろうことが多いが、その都度、クラブを取りにカートに戻る。そして、歩く速度が非常に遅い、急ぐ気配が全くない。カートにはほとんど乗らない私は、一打目を打った後、カートに座る前に、ドライバーを戻し、三番ウッドとピッチングとパターの三本を取り出し、持って、カートに乗る。二打目の近くか、どなたかが、その前で止めた時にカートから降りてしまう。後は、グリーンでパットが終わって次のホールに向かう時に遠ければ乗るが、近ければ乗らない。
そして、他の人の姿を振り返りながら、私が飛びぬけて、早く、前に前に行っている。打数に関わらず、私が一番早くオンをさせていて、皆さんと到着を待っている。そして、パットの順番を支持する、ピンも私が抜く。遠い人のために、ピンを斜めに持って、位置が分かるようにしてやる。

グリーンを離れるときには、クラブの置忘れがないか、グリーンの周りを見回してチェックをする。スコアーもチェックをする。一番遅い人、チョロやPBやバンカーから出なくて打った数、全く、いい加減、酷いときには三打少なく言う時がある。

また、全員のオリンピックの点数のチェックを毎ホールその人はする。同じことを何度も繰り返して、聞く、そして、誰が一番とか、誰が支払いとか、言いながら、うるさい、最後の数字合わせをすればいいのにと思うのだが、その人は、いちいち、確認しないと安心できないのでしょうか。それまで、一回しかとっていない人や全く取っていない人についてもトータルいくつという言い方をする。そして、ペナルティーがあって、マイナスがある人もいちいち、その説明を繰り返して、トータル、いくつという。途中で、計算をしなくてもいいんじゃないのと言ってやっても、やめないばかりか、損だ得だと、喋り続ける。いら!!

16.17日はインドネシアでゴルフの予定がしっかり入っている。
IMG_1687-.JPG
IMG_1684-.JPG
今年最後の桜、見納め。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆火山登山に注意 [体験]

 2422 ブカシバラットのイミグレに行ってきた。また、キタスの申請手続きのためである。例によって、全指の指紋と写真撮影とサインで終了、タイミングが良ければ、一分くらいで終わる作業だ。何度も同じ場所で同じことをしているので、何の問題もない。来週初めには、取りに行けると思う。
IMG_3899.JPG
IMG_3930.JPG 
イミグレからの帰り、ジャラントールが大渋滞だと知っていたので、ジャランラヤを通った。ルマーアバンのグラハチカラン、私が1997年から2003年まで、住んでいたコンドミニアムでした。
ところで、イミグレに隣接する場所でサッカースタジアムを建設中、いつ行っても建設中、何年前からでしょうか、まだ、建設中、後何年かかるのでしょうか。デザインは、ジャバベカに建設中のものとそっくりで、同じデザインを使っているのかもしれない。ジャバベカも二年以上過ぎているが、いつになるか、予測ができる状態になっていない。どうでもいいか。

インドネシアの日本語新聞で紹介されたことがある、ジャワ島のほとんど東の端にある火山、イジェンで、スイス人の男性が登山中に転落死したというニュースで。この、イジェンという山は、登るガスが夜、青く光るという、神秘的な光景を見ることができると紹介されてから、外国人の登山者が増えたという。それは、まさしく、二硫化水素系化合物毒ガスだと思う。急な狭い登山道でなくても、一歩、道を外せば、谷底へ転落なんていうこともあり得る。夜だし、真っ暗なら、片側が谷底などということも、気がつかない、知っていれば、又、昼間なら、そうと危険な場所だと震えるくらいの道かもしれない。

Banyuwangi - Seorang turis warga negara Swiss meninggal dunia di Kawah Ijen Banyuwangi. Johann Josef Brunner (66) meninggal dunia ketika mendaki Gunung Ijen, Selasa (1/9/2015).

 インドネシア火山は、至る所にある。私が行ったり、登ったりした山の例です。これらは、全て、ほとんど下から登ります。例えば、バトゥール山は、キンタマニ展望台から右手に見下ろす湖の岸から登り始めます。そして、日本の富士山のように、大きなジグザグの道ではなく、蛇がくねくねと移動するくらいのくねりの道を登ります、垂直ではないが、かなり、急な登りになり、下からずっと、富士登山の8合目、9合目の様な登りです。それと、もう一つ、火山だから、色々なガスが発生している、風向きによって、気持ちが悪くなったり、息が詰まったりすることもある。三色の火口湖で有名なクリムトゥなどは、私も目眩を感じたことあった。毒ガスに巻き込まれて、亡くなった人もいると聞かされながら登ったものです。
 http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage029.htmlフローレス クリムトゥ
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage124.html
http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage019.htmlパパンダヤン、
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/page237.htmlバリ島、キンタマニ展望台から見るバトゥール山。
 
ディエンのサンライズを見に行く登山道が、そんな道、登るときは、見えないので、平気で登ったが、下山の時、見てびっくり、幅が50cmくらいしかない片側が100m以上あろうかという谷間、もう片側は、見上げるほどの岩肌、ようするに150mほどの崖の通した道だったのです。それも。勾配が30度は有る。よくこんな所に道を作ったなと思うほどだった。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆PCバッテリー [体験]

 2416 PCのバッテリーがほとんど機能しなくなって、今では、電源が繋がっていない時に10分ほどしか持たない。常にバッテリーの交換をお勧めしますという、メッセージが現れる。日本で、何と家電に注文に行ったら、在庫がないし、いつになるのか分からないと言われ、それでも、注文しますかと、聞かれた。何をおっしゃる、その状態で、注文しますか、などと、聞く神経が理解できなかった。シンガポールに行っても、常に電源を捜さなければならなかったし、どこでも、同じことだった。

シンガポールへ出発する前日、土曜日に、近くのローカルのコンピューター修理店で、駄目もとで、話してみたら、75万Rpだが、どうしますかと、聞かれた。同じ品番はないが、使えるだろうバッテリーは、ここではないがジャカルタにあると思う、取りよせますか。テストをしてみて、使えるかどうか確認すればいいとのことだった。そこで、注文した。届くまで、バッテリーをはずして操作をしていた。先ほど、店から電話があって、届いているというので、受け取ってきた。全く同じ物の新品だ。今は、バッテリーだけで、操作をしてみている。どのくらい持つかテスト。
日本の大型電気器具チェーン店より、リッポチカランのPC修理屋さんの方が遥かに気が効く。

マーディ フィッシュというアメリカのテニスの選手、パニック障害だったのですね。かなり有名な選手だったが何年か前から、この選手の名前を聞かなくなっていた。今回、全米プロに出場するに当たって、なぜ、突然、消えたのか、書かれていた。そして、最後になるらしい。
IMG_3846.JPG
私の経験ですが、私のように、薬を呑んだその日からばったり、症状がなくなってしまうのは、どうも、希なことらしい。
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0063.html
私は今でも、当時の薬を御守りのようにして持っている。コンスタン、パキシルそして胃腸薬、本当に、偶~~に、原因は他かもしれないが、クラッと来た時に飲むだけ。9年前の当時も、かなりのストレスを受けていたが、今の方が、その時より、ストレスは大きいかもしれないが、再発の兆候はない。 
IMG_3858.JPG
原料がない原料置き場。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆何とか出かける [体験]

 2363 なでしこジャパン残念でした。2点取られた時、4点も取られた時、ショックでした。1点を返した時、ちょっと、ほっとした。2-5で負けた時、残念だが、良くやった、と思った。

ギリシャ。緊縮財政反対が圧倒的だったという。借金を自己責任にしない国や会社や人っているものですね。借金を返さない側は、そこから、自らの力で立ちあがることができるのでしょうか。立ち上がれないことを、他国の、或いは、他人の所為にするのでしょうね。
IMG_3162.JPG
IMG_3162-.JPG
レバラン休暇前に、なんとか、話して置きたいと、私に来てほしいと言われ、KIICのある会社まで行ってきた。HIPSの角パイプ、中に小さな突起がある。技術的は全く問題になる個所はない。今、どこからかっているのかと聞くと、インドネシア内のある会社からだという。上手くできていないようで、NG品が多く、納期遅れが多く、問題なので、他を捜しているという。私の姿勢としては、インドネシア内で既に作られている製品を横取りしたくないが、そういうことなら、見積もりを出させていただきますと返事した。それでも、新しいラインが入る9月中旬過ぎの話である。

最初2のゲートから入ろうとして、購買のインドネシア人に会いに来たと言ったら、ここではなく、向こうの1のゲートへ行って欲しいと言われた。それにしても、この会社、駐車場から玄関ロビーまで遠い、ざっと400(ロングホール)m、くらいある。腰が痛いし、頭も痛い中、カンカン照り、入り口が二か所有り、1の方が下請け、サプライヤー用らしい。そこから入ったが、駐車場まで遠い、これは車だから良いが、駐車場から、ずっとむこうにロビーが見える。斜めに歩いて行ければ、まだ、ちょっとは近いが、三角形の二辺や四角形の三辺を行くように指示されていて、斜めに行けない。最初行った2のゲートは、そのロビーの正面150(ショートホール)mくらいのところに有って、駐車場は、その中間にあり、ロビーに一番近い場所は30mくらいだった。2のゲートからは誰が入るのかと聞いたら、主に、この会社の日本人と日本人に会うためのお客さんだという。運転手を使っている人達のためでしょう。なるほど、私がロビーから出る時、すれ違いで、どこからかは知らないが、運転手を使った(当たり前)日本人の二人連れが、2から入ってきて、ロビーに横付けされた車から出てきた。私は、それを見ながら、また、400mくらい先の駐車場まで歩き始めた。

従業員と納品と訪問者のゲートを区別するのは自然だと思うが、同じロビーに入る訪問者を種類によってゲートや駐車場を分ける会社は初めてだった。
  

タグ:残念 区別 差別
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆実例提供 [体験]

 2315 弁護士などの志望者、法律を勉強している若者に、どう対処するかの実例を提供します。もし、示談の仲介を弁護士に頼んだ場合に、どう判断されるのでしょうか。色々な法律がからんでくると思います。私自身は、全くの素人ですから、単に脅かされて、すごすごと、相手のなすがままにされたという印象で、やられた、という感じです。ですが、許せない、人の弱みに付け込んで、客先を人質に取ったような形で、自分の責任を他人に押し付け、自分は、損失以上を押し付けて、むしろ、利益を上げている。
一般の方は、どう判断されるでしょうか。法律を勉強せれている方は、どう、対処するのでしょうか。他人事ですが、もし、自分が当事者だったら、対処するでしょうか。
一度、インドネシアにいる日本人弁護士に相談したことがあるが、契約書を見る限り、あなたが、会社の損失を補償する義務はないし、それを押し付けた経営者には慰謝料をプラスして返還を要求できる。ただし、それに応じないでしょうから、弁護士に依頼するようになるでしょう。弁護士同士の話し合いになれば、100%といかないまでも、妥協点を見つけてくれるでしょう。でした。
その時、感じた事、この弁護士さん、これだけの文章を、たった、二三時間で、全部読んで、内容を把握してしまったようでした。文章をメールで送ってから三時間後に、先の感想を伝えてきた。ライセンスなど無形資産として残っているものまで損失にしている、経理処理間違い、など指摘。専門家はやはりすごい。どこにどんなことが書いてあったか、覚えているようだった。

自分の失敗をさらけだすことかもしれないが、書かずにはいられない。 自分の責任である損失を従業員が被らなければ、その従業員を止めさせない、そして、その後の損失もその従業員の責任にすると脅かして、その従業員に、損失分は、貸しているお金を返さなくてもいいという、返事を受け取ったつもりで、やっと、その従業員を解放した。それも、最後まで、辞めることにOKをしないで、酷い目に合わせ続けようとした。本人にとっては、蟻地獄に突き落とされた心境で、この恨みはしつこく、追求しようと思っている。貸したお金を返してほしいと言い続けるでしょう。借りたという証拠がないから、借りたという意識はない、といいながら、借りた金は損失と相殺するなどと、寝ぼけたことを書いてきた後、そして、弁護士から話をしてもらうと言って来た後、このやり取りを公表しても、本人からは何も言ってこなくなった。誹謗中傷だ、とは、言ってこない。ということは、本人は、自分に非があることを認めているが、お金がないのでしょうか、返済出来ないなら、謝って、出来ないと言ってくればいいのに、それもできない。残念な人ですね。
http://otaenplaext.net/newpage63.html
http://otaenplaext.net/newpage82.html
とにかく、だんまりである。本人の消息も分からない。探りに行っているわけでもないので、仕事をしているのでしょうか、健康を害して、病院通いをしているのでしょうか。以前、会社の身売りを、画策していたが、ことごとく、話は消滅してしまっているのでしょうか。それとも、どこかの会社と合弁なり、身売りは出来たのでしょうか。売るなら、ただ同然で売ってしまって、全面的に、仕事から離れた方がいいと思うが、悪い評判が立ってしまえば、只同然でも引き取る会社はないと思いますが、どうでしょうか。公共の調査が入ってペナルティーを払わなくなる可能性の高い会社に、すり寄る人や会社はないと思う。

この文章をブログに書く前に、ご本人とインドネシア人スタッフにメールで予告をしている。止めてほしいなら、連絡してくださいと。丸、一日待ったが、何の返事もない。居直り状態が続いている。何か反応をすれば、つけ込まれる可能性があるから、無視するに限ると、どなたからか、アドバイスを受けているのでしょう。
IMG_2586.JPG
IMG_2587.JPG
通勤コースのチカランバラットゲート前のフライオーバーと頂上からの高速道路ゲート方向、ムリヤセラミックの煙突が目立つ。その向こうに出来ている新しいゲート用の道はいつから使えるようになるのでしょうか。ジャバベカ1への近道の筈ですが。今は、暴走族?のたまり場になっている。
審判 実例 対処

(^_-)-☆何となく面白い話 [体験]

 2274 インドネシアの押出しの一コマ。商社の人と話をすると、必ず出る話が、製品が上手くできない会社のことだ。勿論、インジェクションの話が多いのだが、私が押出の会社は?と聞くと。一か所や二か所の話は出る。ローカルの会社だが、圧倒的にオレフィンと塩ビのプロファイルがうまくできていない、ということになる。エンプラを扱っている会社はないのです。
先日、初耳の話があって、バンドゥンに丸棒を作っている会社がある。それもPOM丸棒、7.5φ~85φまで10サイズを作っているという。どれ程の規模か聞いたら、月に2トンだという。主にグロドックに卸しているそうだ。グロドックへ行けば、確かに、昔から、金属の素材を売っている店に、プラスチックの丸棒や板は並んでいた。全て輸入品と聞いていた。現場を見たわけではないが、一部だけ、インドネシアで作っていることを初めて知った。アニーリングもしているということなので、話は確かだ。

その会社、POMだけか、と聞いたら、そうだという。PCやPAやABSなどの素材は何故やらないのでしょうか。これも、不思議な話である。需要が無いのでしょうか。ということだが、POMの丸棒、ロスが多いという。表面の状態が安定しないで、筋やしわができてしまい、表面を削って出荷する製品が多くなってしまうとか。指導をお願いすることになるかもしれないと言っていた。

昨日の昼から、あるメールを送るという話があって、それを待って、行動に移さなければならないことがあった。急ぐことだった。昨日、二回催促をして待ったが、入らなかった。夕方、明日の朝、出勤したら、一番でメールをすると話していた。期待して、待った、9時になっても10時になってもメールが入らない。たまりかねてまた電話した。係に頼んであるという。いつ送るのか、と再び聞いた。係に頼んであるから、掛かりに催促するいと言う。今すぐ、送ってほしいと、また、頼んだ。結局今日も送ってもらえなかった。その気が無いと、あきらめて、他で対策を考えることにした。もういい!!!

もういい!!!と言えば、ある日本人、一年くらい前から、問題が表面化し、不味いところで、まずい人の手伝いをすることになってしまっていたことに気が付いた。しかし、既に、気がつかされた時には、手遅れで、私自身ではどうすることもできない状態になった。客先に対する納入責任があるので、運転資金を私が出し続けなければならなくなってしまった。そして、最終的に、脱出できたが、それらの資金のほとんどすべてを返してもらえず、その、会社は、私が担当した部門から、十分な利益を生むことに成功した。私が出した資金はその会社の利益になったのです。
その会社や社長に了解を得て、今日までの約一年の経過を私のウェブサイトブサイトで、公開をしました。私のような、ことに、巻き込まれないように、また、貴重な資金を台無しにしないように、私の体験を公開しました。
http://otaenplaext.net/newpage63.html
長く仕事をし、他人の手伝いをしていると、色々な人に出会い、色々な経験をするものです。貸したお金を返してもらえれば、他に手伝いがもっとできるのに、役に立たない会社に取られたという心境は、もう、経験したくない。そういう会社がはびこることも認められない。
IMG_2061.JPG
それでも、資金的にはまだちょっとした余裕があるので、旅もするし、今日も、今の会社の原料購入費として1万ドルほど、追加融資をした。振り込みの依頼に良く出かけるので、リッポチカランの本店に行かないで、ちょっと奥のルコにある支店へ行く。銀行の窓口の可愛い女性から“こんにちは”“ありがとお”とニコッとされながら、手続きが進む、振り込みの用紙には、全部彼女が書きこんでくれる。
IMG_2055.JPG
こんな所からフライオーバーに入るのです。渋滞しているので、必ずと言っていいほど、この付近に物売りがいる。飲み物、たばこ、“KANEBO“って何か知っていますか。車を拭くときに使い、昔、鹿の革と言っていた、不織布のことです。


タグ:公開 許可 余裕
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ゴルフの後 [体験]

 2264 Grande Valoreグランデバロレというのでしょうか。ゴルフの後、リッポチカランまで行かないで、ジャバベカ2にオープンしたばかりのホテルの中の“一休“日本食レストランへ行ってみた。勿論、新築で綺麗、天井が高い、この付近では一番高級と思える。
日本食レストランはどうか、広い、座席数も相当あり、座位すの部屋も在り、座席数は相当なもの、そこらのルコを改造し一階、二階と客を詰め込もレストランとは別物である。流石、高級ホテルの日本食レストランという雰囲気。ということで、私のような庶民的日本人にとっては、もったいない。値段もそれなりに高いし、かといって、特に美味しいというわけでもないし、また、来たいとは思わなかった。焼酎を持ち込んだ人がいて、500mlの紙パック、持ち込み料が5万Rpでした。定価の15%増しの価格が請求される。
IMG_1865-.JPG
IMG_1865.JPG
IMG_1870.JPG
大体、税込みで5~7万Rpメンバーは10%引き、コーヒー無料サービス、という、レストランに慣れているので、ちょっとね。もっとも、私は、こういうレストランでも、ゴルフの後、日本人と行くだけだ。一人の時には、行ったことがない。

日本への一時帰国からインドネシアに復帰したばかりの二人と一緒だった。彼等曰く、空港までの所要時間、5時間と4時間、5時間掛かった人は、結局、間に合わなくて、次の日の出発になってしまったとか、その会社の中の同僚で一番、空港まで掛かった人は7時間だったそうです。順調なら、MM2100からなら、1時間でしょう。私のリッポチカランから掛かっても1時間半です。私自身は自分で運転して行くことが多いが、今までの最長は3時間でした。時間に間に合わなくて、乗れなかったということはない。ただし、時間を2時間間違えて、時価管前に到着したと思っていたら、今出発しました、と、言われたことがあった。

私は、何度か書いているが、ガルーダの夜中発の日本行きしか使わない。それも、日曜日です。昼間ゴルフをして、それから支度をし、夜、8時頃、チカランから出発します。アンチョール経由の必要はなく、グロゴールの最短距離を使い、9時半には着きます。11時15分のフライトには十分間に合うし、レストランで軽食を取りながらブログの投稿をする時間も余裕である。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感