So-net無料ブログ作成
検索選択

(^_-)-☆助かった [行動]

 3047 乾燥機、朝のうちに直る見通しが立たなかったから、ナンブから借りることにした。使っていない乾燥機でメーカーが同じものがあったというか、私が買ったのだから有ることを知っていて、直ぐに借りに行くからと、責任者に、頼み、担当らしい日本人にも電話して、許可を得て、借りに行った。11時ころには、こちらで、使い始めた。当たりまえだが、温度は上がる。約、一週間、借りることにした。15時過ぎに生産開始できた。やれやれ、ナンブの皆さん、協力的で、助かった。もっとも、押出の皆さん、私の身内のようなもの、日本人も一緒にゴルフをするし。
IMG_9071.JPG
このタイプの乾燥機、初歩的なもので、パン焼き機のようなもの、ボックスタイプというかキャビネットというか、皿が何枚か入っていて、それに何kgか入れて、乾燥するという、単純なもので、同じ原料をずっと流すような生産品の時に使う、射出のホッパードライヤーのようなものとは違う。私たちが扱う製品は、少量の原料をとっかえひっかえ使うので、こういう、定置式乾燥機が向いている。私が指導した会社にはあるが、こういう乾燥機を持っている会社は少ない。

結局、夕方には、こちらの乾燥機、治ってしまった。温度コンロローラーの接触不良だった。今週、二台使えるから、乾燥温度が違うABSも並行して流せる。
IMG_9068.JPG
花輪(karangan bungaカランガン ブンガ)の過熱状態がここにもあった。異常だ。チバトゥ インター近くのオレンジカントゥリーの何が開店したのでしょうかわからない。花輪の洪水だ。この写真の数倍はある。何百と並べられているように見える。スラマット サクセスと、決まり文句が全てに書かれている。関係者、例えば工事関係者や商品の取引先に、受けつけない、辞退の知らせを、通達しておくべきだと思う。花輪をよこすなら、金一封をと。
IMG_9070.JPG
私の家や会社がある、チタリクという村の一部です。田んぼの向こうに、サッカースタジアムが見える。今、借りてきた乾燥機をトラックに載せて会社に戻る途中。


タグ:身内 ホッ 借用
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆遊園地へ [行動]

 3025 「クブン ブアー ムカール サリ」ファミリー ギャザリング、イジップの横の道を15km?くらい南下、方向はボゴール。ずっと以前に、試しにこの道を使ってボゴールへ行ったことがあった。途中で西の方向を変えて、チャワンからの高速道路で、ボゴールへ行った。その頃は、どこも同じだが、かなりの狭さと凸凹で、二度とこの道は使わないと思った。
一般的にこの道路は、ルマーアバンーチバルサと表示されている。チカランバラットから高速道路を降りれば、まず、この道に出る。右(南)がリッポチカラン、左(北)がジャバベカを通って、コタ チカランに至る。そのリッポチカランを通り過ぎて南へ行くのです。

バスの一番後ろの席に座って、社内全体を見渡し、通過の外の様子もなんとなく観察、飛びぬけて、年齢が離れている、一番近い人が41歳。私の子供の年齢だから、何も話はしないで、眠ったふりをしているうちに到着した。すでに、駐車場は一杯、ものすごい人で、ごった返していた。クレタというバスに乗って、湖の畔まで行き、そこで、自由時間、1,5時間、何もすることがない。ただ、うろうろ歩き回っただけ、ほかの人たちは、自転車を借りて、うろうろしていたようだった。途中、ドリアンアイスの看板があったので、久しぶりに食べてみた。90円くらい、得も言えぬ美味しさ、分からないだろうな、ほかの日本人には、と、思いながら、幸せを感じる。
IMG_8322^.JPG
IMG_8321-.JPG
12時から、集合場所で食事、アヤムゴレン主体の、ケイタリングベントウ、辛くて食べられない、近くのワルンから、ミーアアヤムを届けてもらい、私だけのスペシャルメニューとした。
IMG_8322-.JPG
ヲーターキングダムという場所に移動、浅い、流れる、プールが二つあり、回転滑り台(ヲータースライダー?)もそれぞれにあって、ここも、ごった返していた。明らかにションベンプールだ、水泳パンツを持って行ったが、近づく気にもなれない。それでも、メンバーの子供連れは、皆さん、楽しんだようだった。やはり、2時間近く、木陰で寝たふりをしていた。いろいろ、考える。
IMG_8322.JPG
帰りは、女性従業員の旦那が、自分が運転して参加していた。バスは遅くなるだろうからと、その車で、先に出発、会社まで送ってもらった。それでも、帰りは、大渋滞、行きは1時間半だったが、帰りは2時間半かかって、18時半に、着いた。バスは3時間以上掛かって、20時近くに戻ってきた。20時半、皆さんが帰宅するのを見送った。
参加を見合わせようと思ったが、とにかく、参加してよかったと思えた。

楽しんだようで、何よりでした。30人足らずのローカル企業で50人ほどのファミリー ギャザリング、できたことが何よりでした。P.BEDも今日、バンドゥンのトランステレビスタジオにバス17台で行くと言っていた。規模が全然違う、成功したのでしょうか、帰り時間の予定は21時過ぎと聞いている。
皆さん、無事に帰宅したと思う。明日はメーデーで休日だが、アーバータイムとして、明日の朝から、稼働させてもらう。

土曜日に電気容量を増やす工事をするという約束を前日にしたが、係の人は来たらしい、しかし、容量を増やさなかったと、今朝、報告を受けた。ヤッパリダメかと思っていたが、先ほど会社に戻った時に、配線などを確認したら、容量が増やされていることが分かった。今日、PLNが来て、工事をしたと、セキュリティーが行っていた。明日から、5ラインの稼働と、粉砕機も使うことができる。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆プラプラ クルジャ [行動]

 3007 今週の三連休は、14日は出勤日になっているが、私は、ゴルフにした。来週の三連休は、日帰りファミリー ギャザリングが予定されているので、参加しなければならない、それ以外の二日はゴルフ、再来週の三連休は、やっと、パンガンダランへ行ける。
ところで、グーグルで「パンガンダラン インドネシア」と検索してみた。私が10年前に投稿した4travelの記事がイの一番になっていた。4トゥラベルにパンガンダラン関係は、何回か投稿しているが、なぜ、10年前の記事が初っ端に出てくるのかわからない。その記事を読んでみた。40回と書いてあった。数えていないがすでに、80回以上でしょうか。そして、何ページかのタイトルだけを見てみたら、私の書いたものがたくさんあった。他の人はどんなことを書いたのかなと、ちょっと、読んでみた。海岸かサーフィンスポットしか書いてありいませんね。ここまで来て、もったいないですね。

中でも、非常に残念に思うことは、私以外、誰もラフレシアのこと書いないことでした。何を参考にして、西ジャワの南東端インド洋側の日本人がほとんど訪れない場所に行ってみようと思ったのでしょうか。ラフレシア ファトゥマは世界中、ここにしかないというのに。他で見たよという人は、ここから蕾を持っていたものです。持っていた人と話をしたことがある。種類は違うものなら、ブンクルやコタキナバルにもあるが。ジャングル歩きはちょっと、大変だが、パンガンダランまでせっかく行ったなら、ラフレシアを探してみてください。

中に、ジャワ島には海岸がないのでしょうか、などと,呆れることを書きたり、問いかけたりしている記事もある。バリのような、小さい島でも、周囲は、ほとんど海岸の連続だ。況や、ジャワ島に限らず、インドネシアの島々の周りはほとんど海岸だ。パンガンダランの半島には砂浜はほとんどないが、半島を頭とすれば、両肩だけを見ても、何十キロあるでしょうか,遥か彼方まで、広い砂浜が続く、ジャワ島の周り、全てが元砂浜といってもいいくらいだ。崖になっている場所、そして、港など人工的に砂浜ではなくなった海岸は、10%もないと思う。崖になっている場所もその下は、砂浜になっているとことが多い。私は、ジャワ島のほとんどすべての海岸に沿った道を自分で運転して通ったから、知っている。
http://otaenplaext.net/newpage21.html
http://otaenplaext.net/newpage115.html
腐るほど、沢山、記事を書いているが、比較的、最近のものです。
ウェブサイトの表紙もパンガンダラン関連が沢山紹介されています。
http://otaenplaext.net/newpage33.html 2012年にまとめたラフレシア ファトゥマ(ブンガ バンカイ)です。
IMG_7801.JPG
Lindungi KPK dari teror koruptori汚職人のテロから、KPK を保護する。汚職を取り締まる機関KPKの要人が、襲われた。
IMG_7804.JPG
Jaksa Belum Siap, Sidang Tuntutan Ahok Ditunda検察は準備ができていない。裁判延期を要求された。アホックさんの宗教裁判の結審が延び延びになっている。ジャカルタ知事の決選投票は19日だと思う。それまでには、判決は出ない。どうも、最近、イスラム侮辱裁判への関心が低くなってきているようだ。さて、どんな判決が下るでしょうか。
 プラプラ クルジャとは、仕事をしている振りをしている、という意味です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆桜まつり [行動]

 3003 会社は忙しい、三交代は土曜日にも出勤というシステムだが、それでも、間に合わず、日曜もぶっ通しで、製造をする。先週もそうだった。原因は、以前にも書いたが、電気の容量が少ないから、全ての装置を一斉に動かせない、ということ。 使えるのに、使えない状態だ。
ということだが、会社は忙しいが、私はそう忙しくない。楽屋で出番待っているが、私が登場する幕が、なかなか、ないからだ。それも、電気容量が少ないからだ。新しい仕事を引き受ける状況にないからだ。

ゴルフの前に工場に寄って、生産状況を確認、安心してゴルフ場へ。終わって、また、工場に寄って、確認、安心して、今度は、オレンジ カントゥリーの桜まつりへ行ってみた。

シチィーヲークの時の桜まつりしか見ていないので、今日のオレンジ カントゥリーは、すごかった。16時過ぎに通りに到着した。車もバイクも、すでに、駐車場からはみ出ていた。止められる道にも止められていた。勿論、一見しただけで、すごい人出、駐車場に入ろうとしたが、満車ということで、そこを通り過ぎた、今、高層ビル建設中の工事者車が入る場所を指示せれた。そこも、すでに、バイクでいっぱい、ずっと奥にやった駐車スペースを見つけて駐車した。とんでもないところに来てしまった。

中に入ると、また、熱気もすごい、インドネシア人、日本に興味があるなと思う。高速道路のゲート側の駐車場は、多くの店が並び、その奥には舞台があり、日本人のグループが歌っていた。JKT48の一部もいたようだし、今、人気が出てきた、ティダ アパ アパのザ スリーという、吉本の三人組も来ていた。

ちょっと、違うだろうと思うが、しつこいピンクの造花さくらが、経路の上に飾られていた。ほとんどすべての人々が、記念写真を撮っていた。真っ直ぐには歩けない、ごった返していた。ほとんどすべての店に人が入っていた。店番が暇そうに座っている店はない。
IMG_7734^.JPG
IMG_7733-.JPG
ゴルフのキャディに大勢あった。日本人の小さい子を連れた家族にも会った。日本もどきを楽しんだ。シューマイを蒸かしていたので、食べてみた,惜しかった。美味しかったと、言ってやったら、喜んでいた。今年は、桜の季節に、日本へ帰らなかったし、栗崎さんが亡くなったばかりだし、この雰囲気で、ちょっと、うるっときてしまった時があった。
IMG_7734-.JPG
ゴミの処理、管理のシステム、さすが日本人が管理する催しだなと思う。処理係がユニフォームを着て、仕事をしていた。この。大混雑の中、ゴミのポイ捨てが全くなかった。インドネシアじゃないようだ。
IMG_7734.JPG
18時ころ、駐車場のバイクの向こうに富士山もどきの雲に沈みゆく夕焼けを見た。また、ちょっと、うるっときたてしまった。

たまたま、元南部の会長から、しばらく戻ってきていないが、今度、いつ戻ってくるの?という、メールが入っていた。7月には戻ると返事をした。孫の中学校入学式の報も届いていた。春ですね。春なのに、ですね。

タグ: 新年度
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ブリトゥン [行動]

 2979 日本からのお客さんを二人連れて、ブリトゥンBelitungに来ている。仕事の具合によっては、キャンセルかと思っていたが、幸い、平日、会社を離れることができる雰囲気になっていた。ブリトゥンは、三度目である。
4時半に家から出発、ジャカルタで友をピックアップし、空港へ、8;30発 スリウイジャヤは、 ターミナル2である。一晩車を泊めるので、それ専用の駐車場(pakir inap)に駐車、こちらも時間単位だが、単価が安い。ターミナル1,2へ曲がらず、タ-ミナル3方向にまっすぐ行くと、ちょっと、分かりにくいと思うが、PARKIR INAPの看板が出てくる。ゲートで、HPの番号を聞かれる。適当に駐車し、ゲートの方に戻るとその左側に、各ターミナルへ送ってくれる車を待つ場所がある。小型の数人以下の乗り物、乗ると、使う航空会社を聞かれる。そのターミナルへ送ってくれる。私はタクシーを使うより、ここに止める方が安いし便利だと思う。

9;40 タンジュン パンダン空港に到着、出ると、すぐ右にタクシーのカウンターがある。北の灯台をはじめ、観光地を案内してもらって、最終は、街のホテルまで送ってもらう。それで幾らか、夕方の5時ごろまでで、50万Rp、それでOK,すぐに北に向かった。

船乗り場がある海岸に着いたには、11:00 途中、錫など鉱物資源露天掘り地帯を通る。4つの島めぐりと、昼食、シーフードセット、シュノーケリングセット、ライフジャケットそれぞれ二人分、合計88万RpでOK,

以前と同じなので、私としては、感激も薄れているが、連れにとっては、天国のようだ、と思う。天気もまあまあ、途中、ひと泳ぎをした。ここは、インド洋ではない、波はおとなしいものだ。パンタイ ティンギ、ここが、ラスカル プランギの撮影の場所の一つ。とにかく、大岩の芸術的配置には、何度来ても、素晴らしい景色だと思う。

18時過ぎにホテルに入る。丁度サンセットの時間だった。しかし、このホテル、WiFiが使えない。失敗だった。
IMG_6703^.JPG
灯台がある島、大岩の間から、灯台を望む。
IMG_6703-.JPG
サンセットが間もなくの海岸。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆停電なし [行動]

 2975 停電がないこと、電圧の低下がないことを願った。祈った。祈りが通じたのか、停電が今のところないし、電圧低下で、モーターが止まってしまうこともない。継続生産をしている。
IMG_6360.JPG
曜日を間違えてこうどうしてしまっていたが、早朝、ゴルフを一緒にするために、日本からのお客さんを迎えにジャバベカ2のホテルへ迎えに行った。ちょっと早くついてしまって、丁度、そのお客さんが食事中だった。朝食券が二人分有るというので、私も朝食を戴くことにした。バイキング形式だった。卵を焼くか、と聞かれたので、目玉焼き二個(マタサピ ドゥア)と頼んだ。マタン?(しっかり焼く)と聞かれたので、その通るだと、答えた。一般的な話、インドネシアに卵は、日本の卵より大きい。そして。肝心の中身は白身はほとんど水、割ると時に注しなければなならい。ドンブリの縁で割った瞬間、どんなに素早く閉じ返しても、白味がドンブリの外に流れ出てしまう。テーブルの上でそれをやれば、テーブルを汚してしまう。インドネシアの人たちは。割る時は容器の上でもって、スプーンなどで卵を割る、白味は容器の中に流れ落ちる、テーブルなど容器の外を汚すことはない。
気味はどうか、盛り上がることはない、ベタ~~と低く広がる、そして、割れてしまっている場合も多い。こんなだから、新鮮のシの字もない。とにかく、生卵のまま、食べるのは危険だということは直ぐわかる。そして、目玉焼きも無理というか、半熟も無理、スクランブルなら、問題ない。それでも頼んでみた。案の定、目玉状態になっていなかった。目玉が壊れてしまっていた。

このホテル、日本人客で一杯だそうで、土曜日の早朝なのに、レストランには日本人だけがうじゃうじゃいた。
IMG_6395.JPG
睡眠不足でも、仕事が一段落で、キャンセルすることなく、お客さんと楽しむ?ことができた。旨く行かなかった仕事の客先の日本人も一緒にプレーした。とにかく、生産は続行していることを確認していた。15時前に日本からのお客さんを見送って、会社に入った。他の製品と共に、製造は継続していて、安心をする。定尺化カットやバリ取りも並行していた。20時ころまで会社にいて、製品を確認していた。

ハイアール イジップとパナソニック ボゴールからの注文は、1,5倍になっていた。よく売れているらしい。インドネシアもいよいよ、冷蔵庫を各家庭で置くようになったというこちらしい。


タグ: 不安
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆輸入費用 [行動]

 2966 日本から、たったの20kgの原料や添加剤を輸入すると掛かる費用、ばかにならない。その物の価格は2万円だろうが、10万円だろうが、一般的な、宅配便THL、TNT,ヤマトなどなど使う。航空運賃や宅配費用が3万円近く掛かる。そして、凄いのは、通関費用だ、これは、運送会社には分からない、どの時の通関のさじ加減に依るからだ。最近は500US$(6万円)要求される。それを払った証拠を運送会社に渡さなければ、品物が届けられない。2万円の物を輸入するには11万円払う必要があるのだ。
それでも、添加剤を混ぜた原料を輸入するより、遥かに安いから、買い続ける。5%混ぜるだけなら、Kg当たり、30円にもならないから。
IMG_6283.JPG
新製品のプレス加工工場を訪問した。カラワンバラットとチムールの中間でカリマラン川に近い、田舎。ローカルの工業団地風の一角にあった。滅茶苦茶広い、この工場の一角のミーティングルームで打ち合わせ。納品はこの工場へすることになった。この工場で穴明などの加工をして、MM2100の客先にここから納品する。

この会社、やたら広い敷地に、広い工場が幾つかある、それぞれは、違う仕事をしているようだが、一つの会社。人の姿が数人しか見ない。セキュリティの人数の方が多いみたい。この建物中も人が見えない、200Mの長さがある。経営が成り立っているのだろうか、憶測だが、地方の有力者が、政治家が、地域の為にと作った工場だが、仕事を取れない、それだけの能力が無い、というところでしょうか。逆に、何処から、こんな会社を知ったのだろうか。初取引になるという。私たちがこの会社に売るのではないから、私が気を使い、心配する必要はない。

ヤント君がやってきた。いろいろな部品を日本から輸入販売する会社の営業をしている。仕事の時はほとんど日本語だそうだ。私と話すときも日本語で、と言われている。給料は20ジュタだそうだ。運転手を使っている。しかし、彼、営業には向いていないと思う。納期のことで悩むことが多いとか、客先が要求する納期に間に合わないことが多いとか、それを、うまく処理できないという。客先の要求納期を伸ばすことをしにくいという。6年以上も面倒を見て、インドネシアでは、愚痴聞き役だ。私に合うと気が枠になるらしい。
IMG_6278.JPG
IMG_6281.JPG
カリマラン川、向こう岸沿いはスダナゴルフ、KIIC工業団地などに勤めている日本人が入っているアパートホテルがある。この景色、インドネシアらしい、こちらの道、凸凹、ぬかるみ。川には沈下橋(通行料を取っている有料橋)そのそばに、どろ色の中で子供が泳いでいる。岸辺には、水浴場、トイレがある。そして、こちら側は、カフェと言われる、場所が並んでいる。今日行った会社で打ち合わせた人たち曰く、かわいい子が大勢いるよと言っていた。向こう岸とこちらでは雲泥の差だ。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ちょっとお節介 [行動]

 2944 MM2100の二社訪問、一社は、私が手伝ったことがある、会社の押出部門でした。今回の新製品の試作に関して、今の会社に引取機では、うまく引取れないことが分かって、今の会社でやるんではなく、この会社でやってほしいというのが目的の一つだったが、それは、ついでで、メインは、ISO習得のためのいろいろな情報をもらいに行った。もともと、その会社のISO収得は、私がいる時に、指導したものだったが、今度の会社に関しては、未経験のその担当者や手伝う人たちに、現状を見せてやろうと思ったからだった。押出工場とはどういう環境が良いのかを見せてやりたかったからでした。

この会社、既に、インドネシアに進出と同時に、サイドバンパー(PP+炭カル30%)や三色のパネルなどで、取引があるが、今回、難しいということで、日本人が断ってしまった。その日本人はいなくなってしまったし、インドネシア人はやってみたかったと言っていたし、近いし、取引はあるし、私の子供のような、この会社に、やってもらうのが、最善だと思う。

そのあと、昨日何とか出来た製品の客先を訪問し、サンプルを届けた。こっちの場合は、私が完全に補助役でインドネシア人同士で、話をしてもらった。新製品なので、客先も、色々迷っているところがあって、後工程(私たちは断った)で複雑なプレスがあるし、色とか寸法とか、このサンプルを参考にして、最終判断をするみたいで、後の連絡を待って、次の行動に移ることになるが、近くの先ほど行った会社に頼むことも考えていると伝えた。

製品は一応、OKだが、色が違う。カラーサンプルを受け取り、次のトライとサンプルの日程を話した。20日が目標だ。それで、OKになるとして、直ちに、先ほど訪問した会社に金型を持って行って、指導をする。どんなに遅くても、今月中に、移管を終了させる。もっとも、この製品、プレス打ち抜きが必要で、その金型が、来月末だという、客先の日本人、ちょっと、不満そうだった。そんなものですよ、インドネシア人に任せると。
IMG_5872.JPG
どうですか、赤ちゃん用の座椅子を備えたバイク(インドネシアでは、モートルmotol)も登場している。これは四人乗りである。違反の見本のようなものだが、誰も、危険だから止めなさいとは言わない。日本の自転車の感覚だね。筋道が出来てほっとした。とにかくこの製品もインドネシア プルタマ カリだから。
IMG_5876.JPG
今度はプランギ(虹)麻薬だ。一寸前がタバコ ゴリラという麻薬だった。また新種の麻薬所持で逮捕者がでた。麻薬所持だけで,大概は、ヌサカンバンガン送りでフクマン マティ(死刑)なのに、この種の栽培や製造や販売や密輸のタネは尽きない。おバカさんが多いですね。


タグ:譲渡 移管 筋道
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆既に回復 [行動]

 2939 50歳のころから、繰り返しているギックリ腰、4日間で、ほぼ、気にならなくなった。酷い時には、腰が曲がったまま、伸ばせず、かがんだ状態のまま、車を運転して、病院へ行ったことがあったが、それでも、注射を打ってもらえば、半日で治った。今回は、どちらかというと、曲げることが出来なくなった。腰が突っ張ったまま、ちょっとのけ反るような上体にしていなければならなかった。自炊の動作が大変だった、高齢者の一人暮らしにギックリ腰はきつい。3日目には、腰を曲げようとしなければ、忘れていられるようになった。これで、ゴルフは、ボールを置いたり拾ったりするときがちょっと気になるが、人数合わせで参加することができる。20年以上の間に、もう、10数回以上はやっている。スダー スンブー
IMG_5748.JPG
IMG_5796.JPG 
http://otaenplaext.net/newpage102.html
PT,ENDOTA SINAR INDONESIAのカンパニープロファイルです。
先ほど、写真で作ってみた。一番下のサムネル画像が逆さになったり横になったりするのが直らない。チカランバラット、チバトゥ、デルタマスどこのゲートからも渋滞にハマることはほとんど考えられない、迷わずに到達できれば、それらから30~40分でしょう。サッカースタジアムの裏側を目指すか、ゴルフ場とジャバベカ6を目指した方が分かりやすいと思う。その辺りから、直線距離は短いが、迂回するので、直線距離の5倍くらい走る。
余りにも田舎で、道が狭いし、凸凹だが、地図にそれを表すことはできない、多くの道の広さは単なる線になってしまうが、線にはしていない。
インドネシアの結婚の招待状に書かれている地図は、バイクしか通れない道でも大型トラックが行き来できるような広さに書かれていて、距離も全くでたらめだが、それよりは、ましだと思う。曲がってほしい場所になぜか、コンビニがある。私の住居は、この地図の上の方のレールの手前で、会社と同じ村です。

ところで、家の流し台からの排水パイプが、金属やプラスチックのパイプではなく、洗濯機の排水パイプのような蛇腹のホースが、排水溝に差し込んであるだけ。そうも、流しの下が水浸しになると思ったら、その蛇腹が破れている。もう一つ追加、屋根から雨漏りのことは書いたが、床が濡れている場所が台所の別の場所にあって、そこに置いておいた段ボールの箱の底が抜けていて使い物にならなくなっていた。近くの壁に亀裂が入っていて、そこから沁みだしてきていた。
日本なら、とてもじゃないが、貸したり売ったりすることができない、欠陥住宅だ。トイレ(カマールマンディ)に窓もなければ、換気扇もない、出入り口の扉が居間に向かってあるだけ、台所にも換気扇はない。家賃,月1万円ちょっとでは、こんなものかと思うが、二万円でもいいから、欠陥がない家を提供した方が良いと思う。この分譲地の他の家はどうなんだろう。数件、既に入っている。

それに、中国製の機械と同じで、呼んでも来ない、直そうとしない。屋根からの漏れは、直したと言っていたが、本当に治ったかどうかの確認もない。治っていないよと、言ってやっても、何の行動もない。この雨漏れについても、私に、何処から漏れていると聞く、そこにバケツが置いてあって、水が溜まっているのを見ているのにだ。ここに落ちているに決まっているだろ。そして、また聞く、屋根のどこから雨が入ってきているかと、おいおい、そんなこと分かるかよ、自分が登って確認しろよ、屋根を作ったやつに確認させろよ。である。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆近づかない [行動]

 2925 私に席を譲ろうとする人はいないでしょう。迷う人もいないでしょう。私も譲られたくない。こんな荷物を何気なく運んでいる人を老人扱いにはしないでしょう。
IMG_5496.JPG
 羽田について、京急で品川まで行く、乗った時に、直ぐ、目に入る席が、優先席だ。何やら、マークが沢山張ってあって、分かるのは妊婦と杖を突いた人、他にもあるが、ちらっとしか見ないので、どんな人が対象かわからない。そして、そこに座っている人は、決して、それらの対象者ではない人ばかりに見える。満席なら、優先席も隙間なく座っている。
 他を見ると、優先席に座った方が良いのではないかと思う人も座っている。要するに、優先席の意味がないというか、必要ないのではないかと思う状態だ。

 私は、行きの場合は特に、大きなバッグ(30Kg近い)を持っている。そして、車内に入る。優先席ではない座席が空いていればそちらに座る。一般席が空いてなくて、優先席が空いていれば、優先席に座る。当然、対象者だから遠慮することはない。座席が全て埋まっている場合は、優先席の方には行かず、一般席の方で立って居る。何故か、優先席に座っている人に、妙な気を使わせたくないからだ。

自分では、50歳ごろから、自分の顔を鏡で見ることは嫌だった。今でも、髭を剃る時以外は、鏡を見ない。確実に老け顔になっている。目じりが垂れて、タレ目になっているし、口の両側の肉が垂れだした。顔の筋肉のゆるみだ。

が、しかし、老人として、扱われたくない。
IMG_5496-.JPG
IMG_5496^.JPG
乾季のような雰囲気の快晴、空気が洗われて、スモッグがないので、直射日光の暑さを感じる。日向の車の中は、直ぐに酷暑になる。日本なら国道1号線です。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感