So-net無料ブログ作成
検索選択

(^_-)-☆ITTEだって [状況]

 3013 まず、9;40に出発で、P.BEDに10時、打ち合わせが済んで、11時に出て、高速道路に入ったところで、サクラのビリーさんから電話、パスポートが届いたという。従業員と一緒だったので、そのまま、会社に帰った。午後は予定がなかったし、明日明後日は、予定が入っているので、15時に出てMMへ向かった。朝は渋滞がMMの1km手前からだったが、戻る11時過ぎには、渋滞がチカランウタマのゲートからになっていた。午後三時過ぎには、その渋滞がもっとひどくなっていると思い、ジャラン カリマランでMMへ向かった。のろのろ運転で、1時間かかった。多分、高速を使ったら、二時間以上かかったかもしれない。というのは、MMからの帰り、16時過ぎ、高速で帰った。その時、反対のジャカルタ方面の渋滞は、チカランウタマを通り越し、チカランバラットのゲート付近も通り越し、渋滞の尻尾は、どこまで東に延びているのか確認できなかった。
IMG_7918-.JPG
行きのカリマラン通りの様子
IMG_7918^.JPG
帰りの高速道路の様子、帰りは渋滞なし、ジャカルタ方面は大渋滞。

渋滞の原因の一つは、本来四車線で路肩も走れたから事実上五車線だったのが、車線を増やす工事?をしているため、現在は三車線になってしまっているが、その真ん中の車線で穴ぼこ修理をしていて、その個所は二車線になってしまっている。夕方出れば、チカランからジャカルタのアパートまで5時間かかるという話は、頷ける。本当にばかばかしい。

ところで、私の友人の一人が、ジャカルタに5年ほど住みながらEJIPに通っていた人がいる。その渋滞が年々ひどさが増すことに堪り兼ねて、デルタマスのサクラアパート兼ホテルに引っ越してきた。ここなら、EJIPまで渋滞は考えられない。多分、30分も掛からないと思う。ところが彼曰く、ジャカルタはブロックMまで歩いて5分の所に住んでいた。夜、出歩くわけではないが、その明るさと賑わいが、結構,気に入っていたという。デルタマスにきて、渋滞はなくなった通勤時間もほとんど無しに等しくなったが、静かすぎて、寂しいという。運転手を使っているから、渋滞でも眠ってしまっていればいいから、それ程、苦には、ならなかったと、今になって言っている。
IMG_7918.JPG
ということで、今月から一年間のワーキングビザの印がされたパスポートとKITAS(キタス、一種の住民票、インドネシア人ならKTPカーテーペー)を受け取るつもりだったが、キタスカードは廃止だとか。代わりは、何というのでしょうか、電子制限付き住民許可証ITTE(イーテーテーエー、イテテー)とでもいうのでしょうか。紙切れになった。住民証明が必要の時は、以前のKITASと同じようにこれを見せなさい、そして、常に持っていなさいということだ。こっちのほうがなくしてしまわないなと思うが、汚したり濡らしたりできないなと思う。カラーコピーを沢山して、あチコリに分散して保管しておこうと思う。インドネシアは何もかも変わりやすいなと思う。

何度も書いたが、運転免許証SIM(今は外国人も5年)を持っていれば、それがIDカードになる。ただし、外国へ出て、インドネシアに再入国するときには、KITASと同じようにこれを見せなければならない。キタスホルダーの通過、カウンターは、名前がITTEホルダーに代わっているのでしょうか。変な話だが、運転免許証が5年というのも不思議で、VISAはほとんど1年だから、切れてしまってもSIMを出せば、インドネシア国内では、身分証明と認められるのが、インドネシアらしい。

インドネシア人のための電子KTPでは、大規模な汚職があったらしく、KPKに重要人物が取り調べを受けているし、それがらみかどうか、KPKの捜査員がバイクに乗った男に顔面を襲われたという事件があったばかりだ。

手続きに従っただけで、何も問題はない。前回、前々回は、会社の責任者が手続きをなかなかしなかった、というより、仕方がわからなかった、というより、やる気がなかったから、書類を提出していないのに、提出したと言っていたし、要するに、能力がなかったので、なかなか、進まなかったが、今回は、私自身が責任者になっているので、エージェントとも直接連絡しあったし、書類を整える担当者に指示してスムーズに進んだ。

明日19日は、ジャカルタ州知事の決選投票日で、ジャカルタは休日ですね。ブカシは休日ではない。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆安倍さん、離イ [状況]

 2921 24時間もいなかったのではないでしょうか。
IMG_5409.JPG
メイド イン インドネシアのナイフ自動カッター付の引取機です。私が12年前に、作らせて、その後、10台ほど、私が関係した押出成形会社で購入している。価格は150ジュタ(約135万円)、日本で同じものを作ったら、350~400万円は掛かる。
IMG_5408.JPG
右の金型、溶けた樹脂が出てくる先端部分です。何か変だと思いませんか。左が普通です。私が、いない間に、任せたものです。どんな図面を書いているのでしょうか。それを、納入してくる担当者も変だ。

引っ越し先を決めてきた。現在のグラハタマンから会社まで25分ほど掛かるようになってしまったし、場合によっては、信号渋滞で30分以上かかってしまう。築20年くらいなので、隙間が多く、蚊が自由に出入りできるようになっている。24日までなので、22日には引っ越しをする。今度の場所は、会社まで5分。今より、田舎なので、道は狭いが渋滞は考えられない。壁が共有の一般的な長屋タイプ、一年、レンタルで、19ジュタ(17万円くらい、一か月1万5千円くらい)安いでしょ。今のところの三分の二だ。Citarik Villa(チタリク フィラ)という、セキュリティゲートにいる分譲住宅地、その中の新築の中流の下くらいの住宅だ。
IMG_5402.JPG
間取りは、いきなり、応接室、その向こうに、台所、食事場所、右に寝室、その奥に居間、間にカマールマンディがある。高齢者一人暮らしには十分だ。

先日のパンガンダラン行きを纏めた。特に写真を大量に乗せた。どんな道だろうか。
http://otaenplaext.net/newpage124.html 旅の記録
http://otaenplaext.net/newpage122.html 写真集
IMG_5413.JPGIMG_5413.JPG
 スマトラ島の北部の大都市、メダンの近くで、M5,6の地震が、夕方、二回あった。前回のアチェの南、マラッカ海峡側の地震は、過去になかった地域の地震だったが、その南やはり、マラッカ海峡側なので、特異地域に二回連続で起きたことになる。二回、有ったから、三回目があるのではないでしょうか。それも、今までのM6程度どころではなく、M7以上が来るのではないでしょうか、と、インドネシアの地震学者は言っている。膿の下が震源地ではないのも特注で、津波に心配はないことになっている。
シナブン活火山に近いと言えば近いが、それとは関連がないらしい。


タグ:格安 十分 借家
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆試作がだめ [状況]

 2893 二日目 残念ながら、PCカバーができない。問題は、設備、引取機が小さすぎて、製品を引っ張れない。それと、バキュームポンプが掃除機では、難しい。他にもあるが、取りあえずそれがあれば、出来そうなので、太田化工から借りる手配をした。どうでしょうか、私がこちらにいる間に間に合えばいいが、ギリギリだと思う。
やっていることが、同じ、押出でも、創造期の成型方法が根本的に違う。ほとんど、製造方法の革命を起こさなければ、解決しそうもない点が多々ある。知らないということは、改革を妨げるということか。従業員に、全然、考え方が違うよと言っても、彼らは与えられた設備を最大に生かそうとしているわけで、与えられた設備そのものがちょっと変じゃないのという考えには至らない。それが、普通でしょうね。インドネシアも日本の殆どは、同じような考えと、取り組みでしょうね。だから、私が教えたことしかどこの会社でもできない。応用が利かない。融通が利かない。そんなものでしょう。

引取機とバキュームポンプは、夕方、5時に静岡を出発した。明日の朝には着く予定。押出機のヘッドの状態も、全く、違うもの変えなければならない。これも、指摘した。革命だ~~ぞ。面白いぞ。
IMG_4354.JPG
今朝までに民宿は、どうも、不気味で、一人きりの私にとっては、不安で、今日は、泊まる場所を変えてもらった。ホテルの中の和室、昨日までと、雰囲気が別だ。しかし、高そう。
IMG_4348.JPG
なんという橋、新湊大橋かな、直ぐ傍に海洋丸パークがある。橋は、下を通る船舶に高さに合わせてそうと高い。飛び降り自殺が多いという。

ジャカルタ、スラバヤ中高速鉄道について、今日、明日?ルフトが日本へこのことについて話し合いに来るはず。
Studi Kelayakan Kereta Cepat Jakarta-Surabaya Dibiayai Jepang
ジャカルタ、スラバヤから高速鉄道の検討、融資日本
Menko Kemaritiman Luhut Pandjaitan mengatakan bentuk Kerjasama Pemerintah-Swasta atau Public Private Partnership (PPP) bisa saja diterapkan pada pembangunan kereta listrik semicepat Jakarta-Surabaya.
Luhut Pandjaitan は、公共の私用パートナーシップまたは公共の私用パートナーシップ (PPP) の調整は中高速鉄道 ジャカルタ、スラバヤの構築に適用できると述べた。

"Kami sudah mendiskusikan dengan Bappenas tentang alternatif ini (PPP). Bisa saja kita mengundang sektor swasta untuk bersama-sama membiayai proyek ini, dan kami akan membicarakan hal ini kembali sebelum saya berangkat ke Jepang minggu depan," kata Menko Kemaritiman saat berbicara kepada wartawan asing di Indonesia yang tergabung dalam Jakarta Foreign Correspondent Club di Jakarta, Kamis (15/12/2016). 「この代替 (PPP) 国家開発企画庁に 説明してきた。私たちは共同プロジェクトを融資する民間企業を招待でき、次の週に日本へ発つ前にもう一度説明します」インドネシアの外国のジャーナリストにジャカルタ、ジャカルタ外国特派員クラブ (木曜日) (2016/12/15)。

エンドオオタの引っ越しは、27日と決定という知らせが入った。ヘニ君、頑張っている!頑張って!!!

座敷で畳に座って食事というスタイルが殆どで、これには、ちょっと、胡坐をかいて座るというのに、慣れていない。
IMG_4352.JPG
夕食の堅焼きそば、イフミーIfumiである。普通だが大盛、たいらげたが、味は、サンマはインドネシアに限るように、これもインドネシアに限る。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆地震予知 [状況]

 2870 二日前の地震、震源地はどこでしたっけ、最大震度は5でしたか。M7、4でしたか。日本で地震予知をしているらしき集団の方に、一つ、お願いがあるのですが、日本の地図上に、何処にいつ地震が起きそうだという、場所とM値と半年以内の確率を示してほしい。それは、常に公表しておいてほしい。毎月更新してください。各都道府県(ただし北海道は4分割して)に書いてもらえばなおいいですね。半年内が0のところが多いでしょう。100%と予想する場所が有ってもいいと思います。出来ますかね。如何でしょうか。

当たらない確率が多いと思うが、現在では、予知とはこんなものだと示すことになるでしょうが、それが、必要だと思う。勇気のある学者にぜひお願いします。イソップ童話の“オオカミと少年“の少年になってください。

どこどこに、今すぐ来てもおかしくない、などと、いうのは止めてほしい。それを言うなら、全国、何処にすぐ起きてもおかしくないと言っておくのが正しいと思う。
とにかく、何十年も前から、そんな類の話は聞いているが、当たった例がないというか、大きな地震が起きた場所は、全く、予想していない場所ばかりのように思う。神戸、奥尻、東北長野北部、熊本、その他、予知情報を出していなかった場所ばかりでしょ。ま、今回に限っては、大きな被害に至らなくてよかった
ですね。

 私が、これを書くには根拠があるからです。東海地震の発生について、もう、記憶がないほど、何十年か前に、ある大学の当時助教授の方が、静岡の地震に関して、歴史を調査したのでしょうね。何年前からの物か知らないが、何年かごとに起きている。それが、150年?間隔で起きているらしかった。そこで、もう、最終から150年過ぎているから、いつ起きてもおかしくないと言い出したのでした。それから、多分、50年過ぎているが、まだ、壊滅的地震は起きていない。最後から200年以上過ぎていることになる。じゃ、今後の事、どうでしょうか。その方、現在、どうしているのでしょうか。分からないが、その方でなく他の方達が、多分、今では、駿河湾地震ということではなく、四国から東海、伊豆に掛けての、東南海地震が、何年後かに何パーセントの確率があって、津波の高さは十何メートル?と予想している。駿河湾はその端に置かれてしまった。

 東北地方大地震の後、一年ほどの間に、どこそこに、どれくらいの確率でどれくらいの規模の地震が発生する可能性があると、発表されていた。関東大震災の可能性も含まれていた。それから数年後の今、それらの場所に関して、発表されたことと、今は、変わっていないのか、全く、情報を出していないように思えるし、国民も、それを、常に知りたいとは思っていないようだ。“のど元過ぎれば、熱さを忘れる”の類でしょうか。富士山の噴火も聞かなくなってしまった。その後の確率の動きは検索すれば出てくるのでしょうか。

 インドネシアは日本と同じ地震火山国ですが、私が住んでいる辺りは地震がないようです。地震を感じたのは、1999年ごろだったと思うが、北ジャカルタのプルイットのメガモールで買い物をしていた時でした。少し揺れているなと上を見るよ、ランプが揺れている。横揺れで遠いと思った。それだけだったが、その後、直ぐに、大パニックになった。大勢の人が一斉に出口に殺到した。私は、何もしないで、その様子を見ていたし、一緒に行った連中には、大きくないから大丈夫と言った覚えがある。それっきり、いままで、なし。ジャカルタは高層ビルが乱立しているが、日本のような耐震強化になっていないと思う。
IMG_3803.JPG
IMG_3804.JPG
 ジャバベカにある国際大学、ユニフェスタス プレシデントと通りの雰囲気。この辺り、キンダーガーデン、小中高学校もある。インドネシア人より、東南アジアの他の国からの学生の方が多い。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆引っ越し日決定 [状況]

 2868 今朝起きて、ネットを開いたら。福島の津波警報が出ていてびっくり、しかし、時間を確認したら、到着予測時間は30分以上過ぎていて、ほっとした。
IMG_3787.JPG
インドネシアは、連日床下浸水です。私の工場や住宅はその程度で済んでいるが、多くの場所は大変です。雨季になれば、バイク屋が儲かる。
IMG_3786.JPG
12月3日(土)に決定。当初、コミサリスと建設業者の契約?から、聞いた話では9月末には、引っ越しで来ていたはず。その時の状況をみて、無理なことは分かっていた。そして、二ケ月以上遅れる結果になった。ま、こんなものでしょうが、今の工場のレンタルを二か月延長した費用など、どうなるのでしょうか。そもそも、土地や建物の総費用がいくらなのか私は知らない。今まで、支払っていると思うがそれも知らない。だから、借金をするのだろうが、何処からいくら借り、利息がどれほど、毎月、返す金額、何年で終わる?これら、全てを知らされていない。多分、コミサリス自身が分かっていないと思う。見積もりがあって、契約を交わしたという、形跡も知らない。
新しい住所と電話番号です。12月5日からです。
CLUSTER IKM Kav 24-25 Jln Binong Desa Jatireja, Cikarang Timur Bekasi
Telp. 021 2948 2798
12月3日から6日までに、全てのことが完了する。そして、早ければ、6日(火)から、生産を開始できるでしょう。納品は、通常通りで、休むことはない。そのための在庫はある。

LED tube Lamp
フルパイプの二色成型のLEDチューブランプのPCカバーの本格?生産が始まる。毎月1万から2万本、価格は、0.8US$。長さが1140mmで重量は100g、十分利益がでて、キロ当たり8US$で出来るようにした。デフュージョン エージェント光拡散剤入りの原料を買うとそれだけで、キロ当たり7US$以上になってしまう。いくら人件費が安いからと言って製品をキロ10US$でも、利益はほとんどなくなってしまう。

試作中の過程で、何回か触れたと思うが、原料は、インドネシアで他社が比較的大量に使っているので、勿論輸入品だが、商社に在庫が常にある。他社というのは、押出メーカーはないので、ブロー成型メーカーになる。探した結果、ローカル商社にMI3の原料があった。幸いなことにその原料、ULスタンダード、V0(勿論、厚さに寄る)だった。Kg辺り、2,7US$
そして、光拡散剤は、日本の積水テクポリマーを訪問し、事情を話してサンプルを何種類かいただき、トライをした結果、結果が良いものに会った。輸入は比較的簡単、商社を通さず宅配便で入手できた。混ぜる量は4%、1Kg50US$だから、2.0US$になる。そして、混ぜるのは円周の三分の二だから、1.4US$くらいだ。

それだけで、十分白いが、もう少し、純粋な白にするために、チタンを少々混ぜる、これは、ほとんど只。
合計原料費が4.1US$/Kg収率95%なら 4.3US$/Kgになり、製品を8US$/Kgで売っても、十分な利益が出る。

それに、この方法なら、明るさや光拡散率や色の調整ができて、Kg当たりの価格も、ほとんど一定にすることができる。客先の要望に応えることができる。
ただし、MSDSやMTDS(Material Safety Data SheetとMaterial Technical Data Sheet)は、混ぜる前のそれぞれの原料の物なので、そこは、承知してもらうしかない。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆宗教って、厄介 [状況]

 2850 こんなことを言うと、怒る人がると思う、だから、厄介だと思う。宗教がなければ、世の争いの半分はなくなる、戦争の80%は、なくなると思う。どうでしょうか。人間がいるから、宗教がある、人間以外の生き物に宗教はない。だから、人間っていう動物は、厄介。
selaku ketua Gerakan Nasional Pengawal Fatwa Majelis Ulama Indonesia (GNPF-MUI) menyampaikan, total dana untuk demonstrasi kasus penistaan agama Gubernur DKI Jakarta Basuki Tjahaja Purnama alias Ahok, Jumat (4/11/2016), mencapai Rp 100 miliar. (7.7億万円くらい)
アホックさんがイスラムのコーランに掛かれていることを批判した、冒涜したと、宗教裁判のようなものに告訴した?その集団がアホックを逮捕しろ、刑務所に送れと、デモをやったのでした。面倒くさいなと思う。選挙運動の最中だし、気に入らなければ、選挙で投票しなければいいだけだと思うし、宗教を信じているなら、他人に何を言われても、信じていればいいことで、他人はどうでもいいこと思うが、どうも、そうではないらしいのが、私には腑に落ちない。本当に宗教というものは厄介なものだ。

私は、無宗教だと思っている。頼りになるのは、自分だし、責任も自分だ。私に神様がいたら、神様に何を頼むのでしょうか。何も頼まない。冗談で、ちょっこ、困った時には、モハメッドさん、キリストさん、お釈迦さん、纏めて、皆さんに何とかしてほしいとお願いする。結果は、頼んでも、頼まなくても同じだと思う。
IMG_3409.JPG
本日のインドネシアの主要各都市のデモの風景をライブで見ていた。一応、平穏の内に終わったようだ。ゴミ拾いをしていたグループがあって、これだけが新鮮だったのでしょう、各テレビ局が、インタビューをしていた。インドネシアでは、おそらく、初めて見る風景だった。

同じ、人出でも、ハロウィンの行事?渋谷の何日間の様子、宗教行事だよね。これって、宗教に関係があると、知っている人は、この中の何%いるのでしょうか、別に知らなくてもいいと思うが、楽しめばいい。同じ宗教絡みでも、ジャカルタのデモと、渋谷の人出,ホコ天、とは、何もかも、別の世の中だと思う。宗教は人間が作ったものだから、自由でいいんじゃないの。他人に迷惑を掛けないことが条件で。
IMG_3406.JPG
宗教がどうのこうの、の前に、踏み切りで、遮断機が下りているのに、線路の直ぐ手前まで進入して、他人より、先に行こうという神経は、どこから来るのだろうか、他人より、先に行きたいのなら、こんなことでなく、勉強や運動や仕事などで、先に行くようにしたらいいと思う。

これも、厄介なことの一つ、来年一月からの最低賃金上げのためのデモ予定ですね。今年のインフレ率と経済成長率を足して、やく、8%の上げという、試算が出来あがっている。今年が4ジュタRp(4.000.000Rp)とすれば、320.000Rpのベースアップになる予定だが、さて、どうなることでしょうか。要求はその倍くらいでしょうか、根拠は?
SPMI上部団体よりの添付指示書を入手いたしましたのでご連絡致します。
1.県知事・市長へのデモ
日程:  2016年11月2日~9日までの間に最低2回
時間: 9:00~終了まで
目的地: 各地域の県知事及び市長事務所
要求事項: 1)低賃金反対、2017年最低賃金のRp. 650,000上昇
2)政令2015年第78号の撤廃
2.地域毎でのストライキ
日程:  2016年11月10日
時間: 9:00~終了まで
目的地: 各地域の
1.工業団地
2.工場エリア
3.地方政府
4.各地域、県のSPMIにより指示された場所
要求事項: 1)低賃金反対、2017年最低賃金のRp. 650,000上昇
2)政令2015年第78号の撤廃
3.ナショナルストライキ
日程: 2016年11月11日より30日までの間でSPMI上部団体より指示された日


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆MRTとLRT [状況]

 2849 MRTとはMass Rapid Transitの略で日本語にすると大量高速輸送システムだとか、 LRTは、Light Rail Transit でしょうかLight Rapid Transitというのでしょうか。どうも、私には、違いが分からないし、レールの上や下を走る乗り物の種類を言っているようだが、どうでもいいことですね。私は静岡市に住んでいたので、多分、静鉄電車のようなものをLRTというのではないかと思う。私が生まれる前からあるのだから、日本では先進的なシステムの電車だったのですね。当時は路面電車も走っていた。

MRTジャカルタの南北線はいつから運用されるのでしょうか。地下鉄工事をしているところもあれば、LRTの高架線路を作っている通りもある。多分、2018年に、アジア競技大会があるから、その前に開通ということになるでしょう。勿論、計画の一部ですが、ジャカルタの中心を通る。
Upacara peletakan batu pertama diadakan pada tanggal 10 Oktober 2013, dengan tahap 1 proyek (Lebak Bulus ke bundaran Hotel Indonesia) akan dibuka untuk umum pada Agustus 2017
21.7 km jalur Utara-Selatan (dari Lebak Bulus untuk Kampung Bandan) dan 87 km untuk jalur Timur-Barat (dari Balaraja sampai dengan Cikarang).ditargetkan untuk beroperasi pada tahun 2025
KA MRT LRT.png
ジャカルタというかジャボタベック(ジャカルタ、ボゴール、タンゲラン、ブカシ、カラワン?)のこの路線計画地図を見ると、凄いですね。MがMRT,LがLRT,K(Kereta Api)が普通の鉄道ですね。今は、工事中も含めてこの路線の10分の1もないと思う。全部完成するには、20年以上先だと思う。今工事をしているのはM1(濃青)の下の方、5分の3くらいでしょうか。北は、日本大使館の前辺りでしょうか、それより、もっと北のKOTAの方まで計画はあるようだが、おそらく、2020年までにはできないと思うし、M2として、地下鉄東西線の計画があるが、2025年までにはできないでしょう。
もう一か所、ブロックMバスターミナルの東側の道路の上に高架線路が引かれている、これが、多分L3,L4ではないかと思う。
また、もう一か所、スカルノハッタ空港とジャカルタの間でやっているのが、K7だと思う。これは、ジャカルタ市街を通って、東南のハリム空港に繋がる。このハリムは、現在、多分、工事が始まっていなければならない、中国が受注した高速鉄道のジャカルタ駅ができるはず。2019年には高速鉄道が運行されている予定になっているが、鉄道K7は、おそらく、2025年ごろ繋がるのではないかと思う。頓挫していなければ、その頃には、高速鉄道が順調?に、運行されているはずだし、そうでなくてはならないはずだ。でも、大赤字でしょうね。
10月28日の投稿を参考にしてください。
IMG_3324.JPG
今、ラップトップの背景にしているお気に入りです。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆いつになる? [状況]

 2841 新工場に関して打ち合わせた。もう、いい加減に、見通しをつけてよと言ってやった。遅れ遅れで今に至っていて、この先、いくら何でも、それほど誤差なく、引き渡し日を決めてほしい。

今日の状況と今までの進み方から、推測すると、なお、三週間ほど掛かる。しかし、ここの持ち主、今月中に、全てが終わると言っていた。とんでもない話だが、口から出まかせが癖なのでしょう、この人は。今までの二回の納期約束が大幅に遅れていて、未だに引き渡しができていないことなど、全く、意識していない。私は、来月の12~3日頃、引っ越しと決めた。そても、まだ、多少の不安がある。もしかしたら、もう、一か月、今のところを延長することもある。

その売り主が、銀行の人間を連れてきた。AGと大きく書いてある銀行だ。その人たちに聞いた。この工場は買ったのか、借りたのかと。ENDOTAが買ったという。土地、建物、若干の設備をまとめて、3,5M(ミリヤール)Rp(二千六百万円くらい)で、1Mは、エンダンさんが払ったので、残り2,5M(一千九百万円)を10年ローンでその銀行から借りる。そして、毎月の支払いが30ジュタRpだという。3.6M払うことになる。借り入れの1.5倍の金額を返すことになる。ま、私は、間もなくここにいなくなるのだから構わないが、零細企業としては大変なことだと思う。投資者が決めたことだから、仕方がないが、場所も最悪だし、無茶をするなと思う。

それと、引っ越し費用だ。電気の配線工事をすぐに始めなければならない。見積もりを取ってあるが、150ジュタ(120万円)以上かかる。POを今日、発行した。そんな、余裕はない。この金額を、コミサリスは、頭になかった。今皿びっくりされても困る。オーナーからの借りで、処理するしかない。この新工場について、私に相談することなく、決めてしまったものだから。
IMG_3246.JPG
IMG_3245.JPG
新工場前と裏の状態、まだ、この辺り特有の赤土の状態、雨季なので、粘度のようになっている。裸足で泥んこ状態で仕事をしている。コンクリートで覆ってもらいたいと頼んだ、そのつもりだという。これだけでも、二週間以上は掛かりそうだ。

電話もまだ入っていない。一か月半ほど、最初の納期から過ぎているのだし,ほんとは、最初の納期の日までには電話が入っていなければならないはずが、そんなこと、全く、意識していないで、今日、夕方、電話番号を決めてくると言った。また、調子のいいことを言っていた。そんなにすぐできるなら、何故、一か月半前にやらなかったのかと思う。こっちの、頭がおかしくなりそうだ。そして、今日取れたかどうか、明日朝、聞くことになる。多分、まだだと思っている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆時を待つだけ [状況]

 2587 昨日の続きを書いておく。私が、見積もりの案を出した。OKなら、正式見積もりを出すと書き添えた。製品とそれを作るための金型だ。現在、台湾からの輸入をしているが、その価格は、台湾よりも20%ほど高いし、その会社の製品を買うのだから、金型費用は掛からないという。そして、指値が示された。私は、製品を指値通りにし、金型は30%ほど、引いて、再提示した。それから、話がしばらく途絶えた。そのことはきのう書いた。
ダイレクターから、私が最初に出した見積もりから、全く下げることなく、正式見積もりを出した。それが、そのまま通ってしまったのです。そして、金型のPOが届いたのです。何か、変だと思いませんか。私との話では、先方のパーチャシングのインドネシア人、結構、本気になって値下げを頼んできたが、ダイレクターと話してから、急に高い価格のまま、注文してきた。深くは追及しなかったが、先方の担当者に幾らかをペイバックするという約束が成立していた。そのお金をどう分けるのかは知らないが、ダイレクターご本人から、受注したのは、自分の手柄と言いたげに、そのお金について話した。当然の方法と思っている。最近、新入社員を入れるときに、3ジュタ、ご本人が、受け取っている。テスト、インタビュー無しだ。それらの新入社員、全く、出来が悪い、不良品の仕分けができない、数える作業も間違いだらけ、とんでもない、社員を入れている。金をせしめて、人数だけ満たしている。呆れるばかりだが、当然の方法と思っている。

受注してしまって、私はいない、金型は一応、私が考えたもの、それを使って製品を作り出せる可能性はほとんどゼロだ、自分がまったく想像できない金型を与えられて、出来るはずがない、出来ないからと言って、改造なり、新しくその人の考えで作って、製品を作り出すなどということは、もっと、出来ない話だ。ど素人の上、現場作業に手を出したくない、出しても、うまくいかない人には、そんな話は、分かるはずがない。私や工場長を悪者にして、巧みに言い訳をする、話術は、どういうわけか、巧みなので、始末が悪い。嘘を真実として信じさせる話術には、感心する。前任者と言い、今のと言い、仕事をしない人間は、嘘で身を固めようとする。永久に続けられるはずがないのに。

仕事をできない人、仕事が嫌いな人は、口利きで、金を手に入れようとする、その話の中には、必ず,相手も欺く内容が巧みに含まれている。そして、仕事ができる人がターゲットにされやすい。仕事をできる人には、言葉巧みではない人が多いからだ。必要がないからだ。

とにかく、金型については、私の案を出しておく、それを使ってできると思わないが、それを使ってみるか見ないかは、私以外の人で決めること、出来なくても私の責任にしないことを条件とする。コミサリスに断っておく。
そして、このことは、客先にも話をした。
IMG_0678.JPG
 30cmくらいの子供のBiyawakビアワック
IMG_0685.JPG
 ビアサのバンジール、そして、恒例の、コタ カラワンの計画的バンジール、毎年、ジャティルフールを源流とするCitarumチタルム川の水門を閉じる場所を変えて、洪水の場所を変える。当然、事前に仮設テントや食料補給などの準備はしておくし、計画洪水になった場所は、それなりの補償金が払われる。水門を全部開けてしまうと、海までの下流の広大な田園地区が、大洪水になって、相当な打撃を予想されるし、過去にそういう事態に何度もなっているので、調整をするのです。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆滑稽が実態 [状況]

 2578 三連休の初日、ゴルフである。会社はオーバータイムで仕事をしている。ダイレクターさん、会社に来ていない、どこへ行ってしまったのでしょうか。従業員に仕事をさせておいて、ご本人は、どこかへ遊びに行ってしまっているとか、ソンボン スカリ、と、言われている。まだ、目が覚めないというか、性格や能力はやはり変らない。

いつから、ダイレクターの役目をするのか、はっきりしないが、その前に、やってもらうことがたくさんある。ダイレクターに頼んだことは、ことごとく、無視されていたので、彼に頼んだり、指示したりしても意味がない。すべてコミサリスに頼むことになる。先ず、求めることは、コミサリスが言っている、今、作っている製品の価格が安すぎて、利益が出ていないということを、私は、全く、確認していないので、その、データを求める。データをもとに、価格の確認をする。利益が出ない価格になっているものに関しては、値段を上げてもらうよう交渉する。しかし、本当に利益が上がらない値段なのか、この会社の何かが、利益が出にくい状態にしているのか、まず、確かめなければならないからだ。

製造ラインのアワーチャージ、製品名 製品1mの重量原料名、原料1kgの価格、これだけわかれば、利益率、収率、稼働率、スピード、輸送、梱包は想定できるから、製品の1m辺りの価格はわかる。それと、現行価格を比較すればいい。その、これだけわかればの、これだけのデータを頼む。

この会社の大きな問題は、これだけのデータがあると思っていない。今年からのアワーチャージを私は知らない。計算した形跡がない。今まで、何度も、頼んでいるが、一向に出てこない。コミサリスに頼んでも、いつまで待っても出てこないことが予想される。それで、儲からないと言っているならやはり滑稽だ。ということになる。

私はインドネシアで多くの会社の手伝いをした。KIIとMAKTA既に閉じたり、売ったりした会社で、今はない。現在ある会社は、NANBUとTPRとASKAと今のESIである。アワーチャージを計算できない、しない、見積もりができない、という会社は、ASKAとESIである。そういう概念がない会社の運営は私にはできない。だから、まともな会社ではないと思う。何とかしてやらなければならないと思っていたし、思っているが、経営者が、その気にならなければ、どうにもならない。
IMG_0534.JPG
リッポチカラン シンガラジャのLPG屋さん
IMG_0533.JPG
なんという花でしょうか、なんという木でしょうか。白とピンクの花弁が特徴。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感