So-net無料ブログ作成

(^_-)-☆工業団地 3 [情報]

 3186 イジップEast Jakarta Industrial Park(EJIP)“エジッペ“と聞こえる。チカランバラットを出て、右(南)に向かう、1Kmほど進むと、直進できない四差路にぶつかる。一昨日の写真の位置。2000年ごろまでは、ロータリーになっていて、真っすぐも右にも行けたが、今は、ロータリーがなくなり、左折かUターンしかできなくなっている。
IMG_1311.JPG
その前、ここまでの途中、左側に“タマン セントサ”という住宅地に数年住んでいたことがある。今は、ハイアール(サンヨー)と冷蔵庫の部品で付き合いがある。ここにも、そうそうたる日系企業がある。ただし、周囲が一杯で、拡張の余地はなさそうだ。MM2100と繋げたいのは、こちら側だが、MM2100は、うんと言わない。バイクは行き来できる。最近、繋がったという情報もあるが、信じられない。大型トラックが通過できるのでしょうか。デルタマスとオレンジカントゥリー方式でしょうか。仕事の付き合いではないが個人的付き合いでYAMANI(バネ)とTRC(プリンター用ロール)には、よく出かける。TOSOやKOHONOとも、取引がったが、今はない。ARBINIという、押出成形屋があるが、私が指導した製品以外、新しい仕事は取れない。
IMG_3849.JPG
ヒュンダイ工業団地Hyundai Bekasi International Industrial Estate(BIIE)昨日の写真の所を自然に、左折し、案内は右の出てきたところを右折すれば、そこが、入り口の一つ。ちょっと前でUターンすれば、シティーヲークの前を通って、EJIP方向になる。
直進すれば、ホテルサヒッドやシロアム病院やリッポモールなどがあるし、シンガラジャ通りや数々のルコ(ルマー トコRumah Toko)分譲住宅地があり、日本人がウジャウジャ住んでいるエリアだ。こちらには大型車は進入できない。大型車はヒュンダイ工業団地のほうに曲がらなければならない。

ヒュンダイの入り口は、EJIPの裏門に近いところにもある。名前の通り、コリアン系の会社が多い。キアも在庫一杯の工場がある。しかし、コリアンが撤退した後に日系が入るケースが増えているようだ。
ここを通り抜ける重量トラックが多いので、道がいつも凸凹になっている。雨季の終わりころには特にひどくなる。ここから、東へデルタマスの手前(チバトゥインター)まで、行けるし、ジャバベカ2までも、高速道路を越えて行き来できる。
IMG_1317.JPG
安倍川河口近くのしまむら、という、衣服のディスカントショップに、明後日、甲府行きの為の冬服を買いに行った帰り道、私の胃を取り出した病院が目に入ったので、久しぶりに、今、どうなっているのかなと思って行ってみた。病院の建物が増えていたし、周りが田んぼや桃園だったのが、住宅街になっていて、直前まで、病院が見えなかった。エントランスや駐車場は変わっていなかった。名前は変わっていた。
IMG_1313.JPG
傘雲の富士山、久しぶりに見えた。初冠雪かもしれない。これから、富士山が見える日が増える。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ていへんだい [情報]

 3181 私は、2009年の駿河湾地震がその”駿河湾地震”だったと思う。それが巨大でなく中規模で終わった。それだけではなく、小規模地震は時々来ていた。もう駿河湾巨大地震は来ない。来ても、M8などというやつは、あと数十年先です。それも来ない可能性はあります。私は、全く、心配していないし、気にも留めていない。海外安全情報のように、なんだかんだと、いうが、結局は、「自分の見は自分で守りましょう」これですね。

私が45年ほど前に、自分の会社を沼津の志下というところで会社を立ち上げた。海からは200Mほど離れら場所で、周りは、魚の干物屋ばかりだった。その何年かのちに、地震学者が、いわゆる、“駿河湾沖地震”震度、6~7が、いつ来てもおかしく無い、明日来てもおかしくないと言い出した。理由は、周期説だった。150年周期で、来ているが、既に、150年過ぎているからという説だった。私の工場辺りは、一たまりもない場所だった。私は全然気にしなかった。それまで、日本でいくつも大地震があったが、予知がされた例はなかった。予知など、できるはずがないと思っていた。日本全体、いつどこに、どんな地震や津波が来てもおかしくないと思っていた。自分の近くに来たら、それは、仕方がないなと思うしかないなと思っていた。

その後、あちこちで、大地震が来ているが、いわゆる、駿河湾震源の地震は、小さいものばかりだった。その間、地震対策税というのでしょうか。一般的な税金のほかに、対策税を支払い続けている。今でも、何%か余分に払っているのではないでしょうか? そして、建築基準も厳しくなり、新工場の建設も、避難場所に使えるように、鉄骨も太くし、指定地域以外より、投資は高くついた。より頑丈な、工場にしなければならなかった。

静岡に移っても、海の近く、予想される地震が来れば、完全に水没してしまう場所だった。数Mの津波なら、何とか、避難場所として使える強度の工場にした。工場の裏は東海道本線、そこから5Mほど高いところを、新幹線が走っている。既に、築34年になる。

地震予知から、40年過ぎた今、2009年に、M6.5があったという、私が、たまたま日本にいた時に、2回、震度3程度の直下型を経験している。いずれも、倒壊家屋はなく、死傷者も無かったと思う。

結局、今や、駿河湾沖地震と言わなくなってしまった。あの時、言った人は大勢いたが、いったい、どうなったのでしょうか、説明が欲しいくらいだ。あちこちの大地震が起きるたびに、その類の集団の人たち、“東海地震”と言い出し、次に、“東南海”そして“南海”最後に全部まとめて、“東南海地震“が、どうの、津波の高さが25M以上、などと、それが、30年以内に来る確率が80%だ、70%だ、口から出まかせで、私でもいえること言っている。その間にも、その他の地域で、被害が大きい地震が起きている。

そして、P波だ、S波だと、警報?また、何の役に立つのでしょうか、実際、役に立ったのでしょうか。その後の地震で、この警報は出されたのでしょうか。

きついね、ラスベガス。マシンガンを持ち出せる社会がすごいね。
IMG_5673[1].jpg
IMG_08081[1].jpg
 日本で見ない花、地震や火山やツナミ、ていへんだ!!
タグ:地震 自信 自身
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆滑稽 [情報]

  3180 “国会が変わらなければ、出馬しても意味がない”というようなことを小池百合子さんは言っていたように思うが、それを聞いて、言っていることの意味が分からない、私は認知症でしょうか。誰もが、なるほど、と、意味が分かったのでしょうか。大体、私には、国会の何が変わらなければならないと、いっているのか分からない。それに、自発的に変わるのを、待つのでしょうか。自分が党をぶち上げていて、誰が、変えるのを待つのでしょうか。

 民進党を解散したわけではないでしょ。ただ、希望者は、希望の党の入党の申請をしていいですよ、ということになっているらしい。民進党から、希望の党に行かない人、行けない人たちは、どうするのでしょうか。また、申請しても、公認を受けられなかった人はどうするの?民進党の上層部の人、そして、過去の上層部だった人たちは、小池さんに、“公認をください”などと、お願いは、プライドが許さなないだろうし、小池さんも、リベラル派の人を受け入れないでしょう。だから、民進党公認か無所属で、出るしかないでしょう。

 そうなれば、結局、維新の党と希望の党が、同じ選挙区に立たないように調整するらしいが、民進党や民進党出で、無所属で立候補する人は、希望の党と同じ選挙区でバッティングすることになるでしょう。元民進党の人と争うことになるでしょう。こうなれば、どうでしょうか、そんなことになることを、描いていたのでしょうか。

結局、民進党は解答し、希望の党に行かない人たちと、その賛同者で、新しい党を立ち上げるのでしょうか。いずれにしても、面白いというより、ドタバタが、滑稽ですね。

 何やら、小池さんが、この滑稽劇の主役に、立候補したような気がする。二三か月後が、楽しみになってきた。
舛添や石原元都知事劇場より、コメディー度が増すような気がする。悲しいかな、東京オリンピックの時には、小池さんが、都知事ということはあり得ない。というより、2018年中には、どなたかに交代しているでしょう。
59c3575a62e56.jpg 
Preman SUGBK sedang memalak sopir bus wisata. ジャカルタ スナヤンのブンカルノ国立競技場のプレマン(ごろつき、ぴんちら)がバスの運転手に、駐車料金(本当は無料)を要求している。警察が求めることもあるのが、インドネシアです。
Stadion Utama Gelora Bung Karno (SUGBK)
Papandayan43[1].jpg
インドネシアのエーデルワイズ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆水槽の音 [情報]

 3179 多分、10年以上ぶりに風邪を引いたようだ。この前行った病院で移されたのかもしれない。鼻と口の間が、乾く感じが兆候で、そこから、段階を踏んで、最後は痰が球って、無くなって、終了、治る。大体、一週間だ。今、喉が痛くなりだしたところ。薬を飲むと、今までの経験から、この工程を遅らせるだけなので、飲まない。風邪では、医者に掛からない。
IMG_1262.JPG
 ジャガイモのフライ、串刺しになっている。これが、物心がついてからの、ジャガイモのフライのスタイルだ。これを、この前の写真の黒はんぺんのフライトともに、売っていて、よく買って食べた。

アクアリューム、水槽を増やした。8月の金魚すくいの結果として、金魚の数が多すぎて、今までのままでは、狭いからだ。直ぐに死んでしまうのが、普通だったが、今年は、私が世話をしているからか、なかなか死なない。
新しい水槽、近所のホームセンターで仕入れた。2000円、私たちの会社で作った塩ビのチューブが入っていた。この透明の塩ビのチューブ、長さが85cm±1cmをターゲットにして作っている。それを、直径5㎝くらいの輪にして、出荷している。
この水槽、ちょっと気になること、空気を送るためのポンプの音、ブ~~~、という音だ。震動音だと思い、音を小さくなるように、置き場所を、いろいろ換えてみたが、小さくならない。気になりだすと、気になる。価格の問題があるだろうが、振動音がないポンプがないものでしょうか。水の中に入っているポンプは振動音が聞こえない。これは、空気を送るのではなく、水を吸い上げて、ろ過フィルターを通って、水槽に落とす、その時、空気を一緒に落とすというやり方なので、ポンプにブ~~はないが、水を落とす音がする。

ということで、私の提案は、ブ~~の音もない、水を落とす音もない、それで、ろ過もでき空気も送ることができる装置が立ったらいいなということだ。空気の水口のホースをつけたポンプを水中に入れてしまえばいいと思うのだが、ホームセンターでいろいろ見てみたが、まだ、無いようだ。既にあるのなら、ごめんなさい。熱帯魚を飼うのが趣味の人には、逆に、それらの音が快感になっているかもしれませんね。
IMG_1274.JPG
この写真、新しい左の水槽の向こうに、青い箱が見える。インドネシアで生活をしたことがある人なら、懐かしく思う、サリワンギ(Sariwangi)ティーパックですね。今回は、大量に持ってきて、ほぼ毎日2パックは、飲んでいる。  
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ポポーとザクロ [情報]

 3178 ついに、ポポーとイチジクとザクロの苗を庭の隅に植えた。南側の山茶花の垣根の内側に2m間隔で植えた。今、植え付けに適しているかどうかは知らないが、売っているということは、最適かどうかは知らないが、不適時期ではないと思う。
 いずれも、子供のころから大学のころまで、家の庭や道端で、取って食べた果物で、いつかは、家の庭の垣根脇に植えて、実がなったら、垣根の外から手を伸ばして、取って食べたいと思っていて、二三年後に、実がなって、それができることを期待する。
IMG_1265.JPG
東バリ島のアグン山の噴火の兆候によって、十何万人もが避難生活を余儀なくされているというニュースは、10日ほど前から伝えられている。6年ほど前に、その山に、登ろうと試みて、途中で断念した。その代わりに、バトゥール山へ登った。

http://nanbuindonesia.web.fc2.com/page237.html
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/page236.html その時の記録です。
 一人で行っても、何人で行っても、ガイドを同行するのが、インドネシアの登山の一般的で、作法というか、礼儀のようなものです。

 ということだが、今回の避難騒ぎ、前にも書いたが、ウングラライ空港、デンパサールなど、南バリには、全く危険はない。中央のウブドゥ辺りも問題なし、ましてやタナロットなどは、である。日本からのバリーツアー、何もキャンセルの必要はない、安心して行ったらいいと思う。どこのゴルフ場も影響はない。キンタマニ辺りにいて、アグンの噴火が始まれば、眺めは特等席になるでしょう。
 私が日本から直接バリに行ったときには、必ずと言っていいほど、バトゥールの上空を通過した。しかし、今は、リスク回避で、西を通過するのではないでしょうか。

 可能性は少ないが、噴火が始まれば、ウングラライ空港が閉鎖になるかもしれない。噴火が始まってからの話だ。東ジャワの火山、ロンボクの火山が噴火した時も、二三日、閉鎖になったことがある。風向きが、日本のように一方向とは限らないからだ。
image34.gif
キンタマニ展望台から、正面のバトゥール山とその名の湖、そして、右の向こうにアグン山が見える。

1;0;0;億:円を、受け取れるっていう、メールが入ってきた。振込口座を知らせてほしいってね。これって、いくらなのかね。酷い若年認知症の人が、送っているのでしょうね。気の毒ですね。喜んで、口座番号を知らせる人がいるのでしょうね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆情報 事情 [情報]

 3156 日本でのゴルフを10月は、やらないことにした。日本に戻ってから、週一のペースで、やっていたゴルフ、今日もゴルフだったが、ストレスが増す。今月、後二回、予定が入っている。これは、仕方がないから、キャンセルしないが、来月は、都合が悪いことにして、予約を入れないようにした。その旨、メールをした。ただし、11月、12月は,断り切れず、付き合わざるを得ない。牧之原の相良ゴルフだった。
IMG_1042.JPG
IMG_1042-.JPG
途中の大井川の鉄橋。かすかな虹。

インドネシアと日本の交通事情の違いは非常に大きい。
 1、道の面積が少ないから、車も、バイクが溢れている。洪水や事故など多い、渋滞の酷さは、想像を絶する。
 2、交通信号の違い、交差点、青は一本の道毎だ。四差路なら、青は四分の一の時間だ。一分ごとに変わるとしたら、国道の赤は3分になる。日本のように対向路が同じ信号になることはない。右折矢印が出ることもない。
ただし、左折は、赤信号に従うことはないと書いてある交差点がほとんどだ。
 3、学校への行き帰り、その他でも、バイクの何人か乗りや小学生の運転も普通だ。親も学校も警察も黙認している。
 4、車線が指定されている道でも、普通に無視をする。守る車は馬鹿をみる。
 5、赤信号で、前方に車が詰まっていても、交差点に進入する。詰まってしまう。卍の知恵の輪状態になる。
 6、渋滞になると、対向車線を言ってしまう車も多い、渋滞原因の場所には、向こうからも、車がいっぱいになっている。踏切も同じ、踏切が開くと、線路上で、双方からの割り込み合戦が始まる。いずれも、渋滞を増やす原因になっているのに。
 7、一寸、広い道には中央分離帯がある。そしてその切れ目がほとんどない。だから、右折してやターンをする場所が少ない。そして、以前あった開きが閉じられてしまう、そして、どんどん、遠くなる。交差でも右折できなくなる場所が増える。右折したければ、左に曲がって、その先のUターン場所でUターンをしなければならない。それが原因で潰れたショッピングモールやレストラン、店が多い。
 8、同じ理由だが、双方向で中央分離帯がある道が、一方通行になってしまう道が増える。道が少ないうえに、一方通行になってしまうということは、遠回りになることだ。これも、店がつぶれる原因になる。
 9、運転免許証(SIM)は、買うだけ、テストがあるといわれているが、それをしているらしい場所はあるが、実際にテストをしている風景を見たことはないし、テストを受けた人にあったこともない。たまに、運転練習車を見かけたことがあるが、非常に少ない。
 
まだあると思うが、これくらいかな。
私は、インドネシアでの運転のほうが気を使わない。日本の運転のほうが、気を使うことが多い。

一寸、古いかもしれないが、http://otaenplaext.net/newpage361.htmlを参照してください。 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆どうなの? [情報]

 31458 ここで、急停車した。前方、赤信号、前の車までの距離的に、止まる速度ではしっていた。左側の車が、なぜか、前が開いた状態で止まっている。また、大きな字が書かれているのに気が付いた。何やらわからなかったが、急停車した。消防車の出口だった。そして、左の歩道側を見ると、確かに、消防車の車庫らしい目立たないシャッターが下りた、休業の店のような建物があった。勿論、私にとっては、この状態に出会ったのは、初めてのような気がする。
ただし、この消防車の車庫、シャッターが下りているし、人がそこのいる気配がない。知らない人にとっては、消防車の車庫とは気が付かないと思う。どこからか、出動の命令が下っても、どう考えても、5分以内には飛び出してこないような気がする。だから、今、何も、前を開けておく意味がない。
IMG_0933.JPGゾーンに停車することは、交通違反になるのでしょうか。
IMG_0937.JPG
このプリンター、2200円でした。セカンドです。未使用です。電源ケーブルがないと書いてあった。未使用のはずなのに、ケーブルがないってどういうこと?と、店員に言ったら、どこからか、ケーブルをもってきてくれた。
インクは付いていたが、予備として、黒だけを買うことにして、電気製品量販店でそれ用のインクを探した、インクの種類の多さにびっくり、なぜ、こんなにたくさんの種類があるの、どこがどう違うの、違ったデザインにしなければならない理由は、なんでしょうか。
そして、求めるインクカートリッジの価格は、なんと、2300円でした。高ッ!!買うのをやめた。日本では,そうたくさんプリントするわけではないから、インドネシアで買うことにした。なんでも、偽物がある国だから、法的に大丈夫かどうか知らないが、インドネシアでは、空になったカートリッジに、充填する道具とインクを売っている。これなら、カートリッジの十分の一の価格だ。

麻生太郎、まずいよね。今、どんなポジションなのか知らないが、元、首相でしょ。この人の発言、訂正なのか取り消しなのか知らないが、したようだが、トランプが批判されているのか変わらないね。思っていることが、つい、出てしまうのでしょうね。常識的に異常な政治家が多いね。
   

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆疑問 不可解 [情報]

 3147 今朝の北朝鮮のミサイルには、びっくりしましたね。ただし、日本の陸地に落ちる可能性と船に当たる可能性は、限りなくゼロに近い。また、こんな情報があっても、どうしようもない。私は情報の移り変わりを眺めていただけだった。もう一つ、変に思ったこと,三つに分かれて、ほぼ同じ場所に落下した,という速報。何度も繰り返していた。そんなことって、あるのかな?多段式?途中。切り離したのなら、同じ落下地点まで飛ぶはずがないし、どうなっているのでしょうか。そして、その後、このことに関して、訂正はなかった。あったかもしれないが、聞いていない。これで、政府は、ミサイルの飛行の全てを、把握をしていると発表している。どうも、眉唾だ。

それと、もう一つ、迎撃の態勢はどうとったのでしょうか。東北、北海道地方にある?ミサイルを落とすための、SM-3やPAC-3の迎撃態勢準備はどうしていたのでしょうか。迎撃をしなかった、あるいは、できなかった理由は何だったのでしょうか。これに関する報道もない。

また、このミサイル、目標に対して、どれくらいの誤差範囲があるのでしょうか。北朝鮮、誘導の技術はどうでしょうか。多分、発射は成功したと発表するでしょうが、目標から、何Mとか何Km以内に打ち込んだという発表はないし、その位置を確認する能力もないのだと思う。要するに、発射初速度と角度で目標到達を調整しているだけではないでしょうか。だから、グアム島に向けて4発、発射したところで、島の陸上に落ちる確率はゼロに等しい。程度を確認する機会になるからむしろ、やってもらったほうがいいと思う。

私は、生きているうちに、北朝鮮の金正恩が、いなくなることを望む。その状況を見てみたい。
IMG_0931.JPG
IMG_0932.JPG
こんな風景、インドネシアにはない。今日,通りかかった道路工事中の車線規制の現場。インドネシアでは、ほとんど、あらゆる会社に警備員が常駐する。私が所属する、立った35人しかいない、田舎の工場にも、ちゃんと、3人のセキュリティーがいる。どの会社にも、入り口付近にセキュリティーポストがある。入るときには、必ず、そこに立ち寄って、何らかの報告をしなければならない。
そして、運転手などと同じように、派遣を使うことが一般的です。

日本では、ある程度以上の規模の会社、工場には、セキュリティーがいるが、一般的には、セキュリティーを使っていない。訪問者は、事務所の場所を確認して、自由に入るのが普通ですね。

ところが、インドネシアでは、小規模の道路や家などの工事現場に警備員はいない。警備の目的が日本とは違うのだろうと思う。自分のテリトリーに、不審人物が出入りすることがないようにするための警備と、誰もが通過する場所で、通過する人を警備というより、案内の役目で、インドネシアでは、後者については、どうでもいいのです。だから、高速道路の路肩工事現場には稀にいるが、一般道路では、コーンが置いてあればいいほうで、この写真のような風景はない。
  
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆雇用形態 [情報]

 3146 契約社員の中に、三回目の契約が終了した人がいるが、どうしますかという、相談があった。私の認識では、インドネシアの法によると、契約社員は、三回まで、その後は、契約社員としては、契約できないので、正社員にするか、辞めてもらうことになっている。例えば、三か月契約で三回(9か月)済んだのちは、契約社員として契約更新できない。1年契約なら、3年まで、ということらしい。但し、があって、辞めてもらって、一か月後なら、また、新たに第一回目からの契約社員としての契約ができる。
これが、正しいかどうかは、確認していないが、かなり前から、そう信じていたし、私がいた会社では、そういうケースが、常にあった。
 私自身の部門では、就業規則(労働協約のようなもの)よると。新入社員は、先ず、3か月の試用期間を設けた。勤続年数のカウントは始まっている。3か月後、そのまま、雇うなら、正社員か契約社員かど知らかで、契約する。私の場合は、三回,契約社員終了後は、正社員として、契約をした。私が始動した会社の私の部下だった人は、すべて正社員として、仕事をしている。特に、N社の押出部門の場合は、K社からの私の部下が、ほとんど、全員、移動したので、才所から、正社員とした。私がいなくなって後から雇われた社員は、すべて、契約社員で、三回後は、延長していないという。
 一人、K社の私の部下だった人が、故郷に帰って、N社が、始まったときに、入らなかった。その人物、私がいなくなってから、N社に入ったが、契約社員として、だった。そこで、私の今の会社に来てもらった。今、ENDOTSAのダイレクターをしている。
 その人間から、どうしますか、という相談だったが、任せることにした。彼は、最低賃金のままにしたかったのでしょう、一旦、辞めてもらって、一か月後に、契約社員として、再雇用する、と言っていた。私なら、直ぐに、正社員にしてやるのに、厳しいなと思う。

 インドネシアの場合は、退職金や残業手当で、日本では、考えられない、労働者優遇の制度になっているのには、驚く。それが、契約社員を多くする原因になっているし、また、若者の雇用機会を増やすことにもなっているので、いいのか悪いのか、わからない。

 日本では、今、なにやら、契約社員として5年後は、長期契約を要望できる?制度を検討中とか。契約社員が多いからでしょう。会社としては、雇用を打ち切る良い機会になるかもしれない。派遣社員については、どうでしょうか。日本の雇用制度は、不備が多い。
IMG_0923.JPG
IMG_0925.JPG
このゴルフ場、それほど、山奥ではないが、上り下りが激しい。先ほどは、80歳以上の男女二人と私の三人で回った。コンペでも、80歳以上は、私が打つティーグランドより、平均50M前から打つ、優遇のような気がする。
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆グロドック [情報]

 3077 23日のチュティ ブルサマの日から、グロドックの商店は、クローズになるという情報があったので、朝から、必要品の買い出しに行ってきた。いつもなら、自分で運転して一人で行くのだが、今回は、トラックの運転手が暇なので、彼に運転をしてもらって、もう一人、メンテナンスの人間を同行させた。彼にグロドックでの買い物を経験させたかったからだ。しかし、今日でよかった、明日は、ほとんどの店が閉じるという。昔からある、ごちゃごちゃした店は通過し、Lindeteves Trade Center (LTC) Glodokへ直接、行った。まず、探したのは、バキュームポンプ、以前もこの中で買ったが、どの店か覚えていない。ポンプを売っている店は沢山ある。そのうちの一軒に、求めるポンプがあるか聞いてみた。“あるよ“以前は9ジュタRpだったが、13,7ジュタRpもした。値引きを頼んだが、売りたい値段は22ジュタRpだから、十分値引きしてあるよと、言われてしまった。そのほか、井戸から水を引き上げるポンプもそこで買った。合計18ジュタRpのお買い物、明日、チカラン ティムールの我が社まで届けてもらうことにした。
IMG_0407.JPG
とにかく、このポンプ、ここに来るしかない。日本の有名メーカーのものもあった。価格、なななんと、25ジュタRpだった。この日本メーカー、インドネシアにも進出しているが、この種のバキュームポンプは、インド寧アでは作っていないから、どうしても、高くなる。日本の会社では、この日本メーカーのものしか使っていない。

そのほか、バキューム用の耐圧ホース、また、引取機用のタイミングベルト、幅80mm、長さ、1,6M、日本メーカーのものしかない、しかし、バンドー 三ツ星ベルト、インドネシアで作っている。ホース売り場で、トトックスのブレードホースを見つけた。50年ほど前に、確か黒部だったか、砺波あたりだったと思うが、行って、糸の巻き戻し機に付いて、検討としたことがあった。夜、宇奈月の露天風呂に中西社長だったと思うが、一緒に行った。
中国、台湾製がほとんどだが、その中に少しだけだったが、紛れ込んでいた。やはり、価格が問題だ。聞いてみたら、他の国の1,5倍の値段だった。インドネシアでは作っていないのかな。
IMG_0412.JPG
ヒーター用のコードを買った店のお嬢ちゃん、塗り絵をしていた。
IMG_0415.JPG
インドネシアでは、電気製品、全て、客に渡す前にチョバをする。動いたでしょ、点いたでしょっとね。使い始めたときには、点かなくても、動かなくても、こちらの責任じゃないよと、言っているようだ。このときは、掃除機のチェック。

ジャカルタはすでに空いていると思っていったが、とんでもない、相変わらずの渋滞、ハリムの料金所の手前から、通り過ぎても、まだ渋滞、アンチョール方面に入って、やっと、渋滞がなくなったと思ったら、各出口の前で渋滞になっていた。コタの辺りは、いつも通りの喧騒地帯、ガジャマダからスマンギまで、やはり、止まったり、進んだり、を繰り返していた。

ちょっと、間違ったのは、スナンンギでガトゥットゥスブロトに入ろうとして、一番陸橋よりで左折するつもりで、手前の何か所かの左折場所をスルーした。で、曲がろうとしていた左折道路がなくなっていた。仕方がないから、橋の下を過ぎたとことで右に曲がり,ぐるっと回って、スマンギ陸橋の西向きに出た。直ぐに、左に入ってぐるっと回って、スディルマンの北方向に降りて、陸橋の下を通ってすぐに左に曲がって、また、ぐるっとまわって、スマンギ陸橋の上の東方面の道に出た。やっと、最初に出ようした場所に出た。そして、右車線から高速道路東向きに入った。やれやれ、渋滞の中、余計な時間を使ってしまった。最初書いたように、私が運転していなかった。

東向きの(帰り方向)、既に、始まったムディックの渋滞に巻き込まれることは覚悟していた。ところが、チバトゥまでは渋滞がほとんどなくて、いわゆる、ラマイ ランチャール(賑やかだが順調)という、交通情報通りだった。一応、グロドックへ行った目的は、達成した。

話は変わる。
石川と松山、斎藤とマー君、比較するのが気の毒ですね。人の将来は、どうなるか分かりませんネ。今、この状態だが、何年後かには、また、二人が違った立場にいるかもしれない。マー君、ちょっとおかしくなっているし、チヤホヤされるのは自分が望んだことではないと思うが、本人のプレッシャーになっていることは間違いない。行き過ぎたチヤホヤは、本人のためにならない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感