So-net無料ブログ作成
検索選択

(^_-)-☆寄付贈与援助 [情報]

 3016 韓国系の会社と付き合いがある。S―PVCチューブを納品している。ボゴールにあるワイヤーハーネスを作っている会社だ。その会社、経営者の韓国人、知っていたのかどうか、インドネシア人スタッフになかに、いわゆるフィーを要求するやつがいて、利益が30%くらいなのに20%を要求していて、私の前のダイレクターが、それを、プロモーション費として、支払っていた。見返りの本人も何パーセントか受け取っていた。私に代わってから、それは、きっぱり、やめにした。それで、仕事がなくなってもいいと思っていた。払っていれば、どうせ、やっていても、利益がないからだ。ところが、その後、ほかの会社に、一時 一部、生産を回していたが、品質的に無理があったようで、元に戻ったばかりではなく、冷蔵庫の関係の仕事が増え、こちらにも注文が増えている。

ところが、そのフィーを要求していた連中が、一年ほど前に、韓国人の社長に、私がお酒を渡したのを覚えていて、同じものを欲しいと言ってきた。それなら、安いし、会社からの出費ではないし、品物だし。OKした。今日、納品のついでに渡したようだ。私に感謝と言っていたという。イスラムもこんなものです。

ところで、アホックさんに対して、1年の禁錮が検察から求刑されたそうですね。

あの世へ財産を持って行けにという話、私は、40歳(会社を作って10年後)くらいの時に、そう確認している。土日も含めて一日平均16時間は仕事をしていた。税金は、当時の私にしてみれば、相当多額を納めていた。その使い方、配分は気にいらなかった。そこで、とにかく、利益を少なくするように手を打った。従業員への配分をできるだけ多くした。会社負担で何かと皆さんに補助も出した。それでも、高額納税を続けた。それが、たまらなく、嫌だった。
仕事をしている時間16時間のうち、10時間分の利益を納税していた。ばかばかしいと思った。そして、そのころ、従業員に10年後に会社を辞めると宣言した。そして、その通り、社長を50歳で辞めた。そして、3年後にインドネシアに来た。当時、毎月100万円の使い道を任せられた(当時も今も、日本人一人に平均、月100万円かかるといわれていたし、言われている)。それを、私は、機械を買ったり、原料を買ったりして、技術指導の資金にした。当時から、家はルマーアバンの田舎に住み、車は自分で買い、運転手は使わず、できるだけ、技術指導、従業員の生活援助や日本語学校費用、また、皆さんと食事やボーリングやアイススケートなど体験、卓球台を寄付したり、工場の裏にバドミントンコートを作ったり、社内のバレーた卓球、チャトルなどの競技会も主催していた。お金を貯めるどころか、自分は節約し、皆さんのために使った。

当時の一緒にいた日本人は、社長を含めて、それが、私に対してPHをする理由になった。その後も、会社が変わっても、やはり、その会社の経営を任せられている人からは、追い出された。それでも、お金を持っていても仕方がないし、余分なお金を受けとっても仕方がないから、日本への留学生の保証人になり、資金を提供し、数人の日本での授業料や生活資金の援助もした。20年で、受け取らなかったお金と、使ったお金を合われれば、数億円になっていると思う。今でも、給料は8万円くらい、電気代や電話代は自己負担、車(納品にも使う)は貸してもらっているが運転手はいない、お手伝いさんもいない。お金を貯める必要はない、旅は自己資金、ゴルフは会員費用もプレー費も自己負担、これで、十分の生活をしているし、お客さんへの手伝いもできているし、若い従業員への技術指導もやっている。

どうですか、貯めようと思えば、おそらく、10億円以上貯めることができたと思う。しかし、貯めてしまってから、あの世に持っていけないからと言って、配分を始める、与えることを始める、では、ニュースになるかもしれないが、気が付くのが遅い。そんなに、貯めないで、何十年も前から、寄付や贈与や提供をしたら、もっと、よかったと思う。金額の多少ではない、気持ちだ。
IMG_6495-.jpg
IMG_6686.JPG
IMG_6768.JPG
ブリトゥン、天国でしょ。
明日は、別の天国パンガンダランだ。


タグ:寄付 贈与 援助
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆決選投票結果 [情報]

 3014 インドネシアらしくない選挙結果速報。全てが遅いインドネシアだが、選挙結果が出るのは早い。投票終了後に開票するのではなく、投票が始まったら、開票を始めるのではないかと疑いたくなる。それも。どういう機関が発表しているのか、いくつもの発表がある。最大2%くらいの違いがある。僅差だったらわからないが、今回のようにはっきりしている場合は、負けたほうから敗北宣言をだす。正式結果は、多分、二~三週間先に選挙管理委員会から出るでしょう。それは、どうでもいいことになる。
IMG_7935.JPG
ジャカルタ知事選挙、アホックさんが負けちゃったね。アニスさんが当選だね。予想外の、大差だった。イスラムが大部分の社会、当然といえば当然だが、カリジョドに見るように、彼の実行力は、大したものだと思う。このまま、身を引いては、もったいないと思う。また、まだ、州知事はアホックさんで、交代するのは半年後?でしょうか。どうでしょうか。
ただし、判決がどうなるかだと思うが、市民権はく奪のようなことにならないと思う。
IMG_7932.JPG
Wi-Fiはもう、どうでもよくなった。飾りとして期待していたが、何の音さたもないので、すでにで、電源を切ってしまった。そして、アンドロメダの中で、一番容量が多い機種を買ってきて、事務所の真ん中に置いて使いだした。何の不自由もない。

 パスポートを受け取りにサクラへ行ったが、あそこへ行くと、なぜか、航空券の手配を頼みたくなってしまう。今回は、どこにしようかなと、つぶやいたら、ウィウィさんが、ワカトビはまだでしょ、という。彼女とは15年以上前から、知り合いで、私が、インドネシア中を訪問していることを知っていて、多分、まだ行っていないところは、ここだろうと、思ったのだと思う。ジャカルターワカトビ(JAKARTA-WAKATOBI)往復 ウイングス エアー(Wings air)で、4,5ジュタ(約4万円)で予約をした。ワカトビとは、何やら、日本の何かの名前のようだが、スラウェジの二本足の東側南端からもっと南の小島がある付近で、ダイビングスポットとして、かなり、有名だと思う。ダイビングが趣味の人にとっては、あこがれの場所かもしれない。この前,行ってきたラジャ アンパットと類似の場所だと思う。ジャカルタからは、ちょっと、遠回りをして、マッカサールとクンダリの二か所トランジットになる。6時間ちょっとかかる。時差の関係で、行きは5時間半、帰りは7時間だ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆今回の旅から [情報]

 2981 ブリトゥンの旅は、景色やガイドなど現地の人々との接触は満足だったが、気に入らないこと、気を付けなければならないことに沢山であった。インドネシアだからと言って、ティダ アパ アパ、と、言いたくない。

ホテルのワイファイ、使えることを確認し、止まることにした。フロントでパスワードも教えて貰った。そして、部屋で接続してみた。繋がらない。フロントに電話で聞いたら、修理中だから、10分ほど待ってほしい、できるようになったら、電話するから、と言われた。一向に電話が掛かってこない、30分後に試してみた。ネットワークなし。また、電話した。故障をしているという、いつ治る予定か聞いた、いつになるか分からないという。私が持っているスマートフレンのモデムは、圏外としか出てこないから使えない。結局、ネットに繋ぐことが出来なかった。最後の最後、空港でもネットワークなしだった。

ジャカルタに戻って、先ず、車の宿泊場からの迎えの車について、何処で待つのか案内に聞いたら、決まった指定場所はないという、呼べばいいという。駐車チケットに駐車場に掛かりの電話番号が書いてあるから、そこに電話して呼び出すと言われた。そのチケット、車の中に置いてきたので、持っていない、と言ったら、それじゃ、だまだよ、持ってこないのが間違いと言われた。誰かを送ってきた通り掛かりの車を捕まえるしかないという。それも、到着フロアーで待てという。どうも変、送ってくるのは二階の出発フロアーじゃないのかというと、いや、下に来るから、過去で待てという。一向に、通らない、来ない、40分ほど待っていたが、待ちきれずに、彼らを無視して、二階で待つことにした。二階でも、掛かりに何を待っているのか聞かれ、先ほどと同じことを言われた、しかし、待つしかない。30分ほど待って、やっと来た。外に出て、1時間以上、イライラさせられた。電話して迎えに来てもらうシステムなど知らない、聞かされていない。普通は、シャトルバスの後場と同じように、駐車場からの迎えの車を待つ場所を作っておくと思う。そんな場所かない。

駐車チケットは持って出るのが当たり前だとも言われた。日本のように、買い物をすれば、無料になるなどのシステムなら、持って出るが、インドネシアには、そういうサービスはないから、持って出ることはない。車を盗難されて、チケットがあれば、外に簡単に持っていかれるでしょ、駐車券は車の盗難防止の為に持って出るのが当たり前と言われた。なるほどと思うが、車の盗難など、私の周りで20年以上、聞いたことがない。それより、決まった待機場所がないなら、迎えに車を呼び出すシステムなら、そのことを、チケットを渡すとき言うのが常識でしょ、と言ってやった。運用して、多分、半年以上過ぎると思うが、足りない部分が沢山ある。インドネシア人は、問題ないのでしょうか、不思議だ。

16時半に外に出て、18時前にやった、駐車場から脱出した。それから、ジャカルタ方面に向かい道が分かりにくい、新しい道だが、案内の看板がない。とにかく、山勘で、道を選んで進んだ、LRTの線路に突き当たり、線路沿いの道に出た。どうも、方角が反対、しかし、一方通行、戻れない、レールの反対側の道は、向こうからの一方通行になっている、あちらの道に行かなければならないと思っていた。すると、500mほど先で、その線路を跨いでUターンするように、陸橋の道が出来ていた。ぐるっと回って、先ほどと反対方向(ジャカルタ方向)になった。そして、先ほど線路沿いの曲がった、突き当りの場所も通り過ぎて、100mほどのとことで、やっと、右折、ジャカルタ方向という看板があった。不思議な事に、何故、先ほど線路の突き当たった場所に陸橋を作らないで、500Mも離れた場所に陸橋を作ってUターンさせ、合計1km以上も遠回りをさせなければならないのでしょうか。相当な無駄使いだと思うし、時間や燃料も無駄になるのに。

今度は、渋滞の心配があった。ウイークデー。渋滞は覚悟していた。タマン アングレックのずっと前に大渋滞にハマった。北回りをしようか、迷ったが、グロゴール側を選んだ。20時前にはジャバベカに着くかな、と思いながら、渋滞の中に入っていた。
スマンギまで1時間、そこで、友を下して、ブカシバラットまで2時間、もう20時を回っていた。家に着いたのが21時過ぎ、クラッチを踏む足は、良く、釣らなかったと思う。とにかく、全ての出口の手前では渋滞になる。出口を過ぎると、少し流れが速くなるが、しばらく走ると、また、出口に手前の渋滞になる。

ということで、一日中、PCを開くことはなかった。家に戻って、やっとブリトゥンの投稿が出来た。もう、22時(日本時間0時)ちょっと前だった。やっと、その日に、間に合った。
楽しんだ後の大試練だ。平日のジャカルタは、とんでもないことになるから、絶対に行きたくないが、今回は仕方がなかった。
IMG_6788^.JPG
パンタイ ブキット ティンギのほんの一部。
IMG_6704.JPG
この海岸、素晴らしい景色、しかし、遠浅の海岸は汚染せれていて、色が黒っぽいし、臭い。歩いてみようとしたが、歩ける状態ではなかった。
IMG_6788 -.JPG
ヒラタ美術館(記念館)どぎつい、配色のオンパレード、ヒラタ氏がこれを認めたのか、彼の考えなのか、以前の素朴な自宅のままの時の方が私は好きだったが、今のペンキ塗りの家や周囲の壁は、気分が悪い。彼の作品は,“二十四の瞳“を、模したと言われても仕方がないような内容だが、その世界と、今の展示場の雰囲気は別の次元というか、世界だ。彼の本心が今にあるとしたら、ラスカル プランギは、いったい何なのだろうかと思う。やはり、本当に彼の作品その物かどう疑いたくなる。それに、彼の作品で、これ以外の物を聞かない。

http://otaenplaext.net/newpage48.html  前回
http://otaenplaext.net/newpage49.html

http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0075.html 前々回
http://space.geocities.jp/enplaindonesia/newpage00092.html
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ポンプの音 [情報]

 2964 昨夜、近所の家からクレームがあった。音がうるさいと、今回で3回目、最初はコンプレッサー、夜中にバタバタと音がする。たまりかねたのでしょう。止めてほしいと電話が入った。直ぐに止めて、朝まで待って、外に出してあったのを屋内に移動した。二回目は、バーナーで金型を焼く音、ゴーゴーと音がする。夜に焼くことはほとんどないが、その時には必要で夜勤がバーナーを使った。これは、夜は、バーナーを使わないようにした。そして今回、三ラインの運転で使う水が一杯いっぱいだったので、中古の有り合わせのポンプを足して水を多く供給でいるようにした。四ラインを稼働させた。その、中古のポンプの音が大きすぎた。直ちに止めて、稼働も三ラインに戻し、今朝、午前中に新品のポンプをコタ チカランのポンパ アイルの店まで行って買って来た。2HPで四ジュタ(3万5000円くらい)、早速、取り付け、4ラインの運転にした。



SGCの前の大通りに面している店、左に中国提灯がぶら下がっている店の隣、支払いにカードが使えないというので、通りの向かい側のダナモンバンクのATMで現金を下してきて、店に戻る途中、中央分離帯の上から、SGC方面を写した。この道を平気で渡って往復する日本人高齢者はいないだろうねと思うほど、普通の日本人には、ちょっと、危険かもしれない。



ドイツ製のポンプ、音はほとんどない。これで、夜中でもコンプレーンがなくなるでしょう。周りが淡水魚の養殖場、田舎の閑散とした殺風景な環境、夜中は、静寂その物だ。50M以上離れている家が一番近い、その家から、電話が掛かってくるのです。



頻繁に停電はするし、釘や針金などパンクさせるものは沢山落ちているし、ちょっとした音でも遠くまで届くし、工場に適さない環境だ。日本なら固定資産税が安い場所だ。

騒音 文句 装置停止

-)-☆ポンプの音 2964 昨夜、近所の家からクレームがあった。音がうるさいと、今回で3回目、最初はコンプレッサー、夜中にバタバタと音がする。たまりかねたのでしょう。止めてほしいと電話が入った。直ぐに止めて、朝まで待って、外に出してあったのを屋内に移動した。二回目は、バーナーで金型を焼く音、ゴーゴーと音がする。夜に焼くことはほとんどないが、その時には必要で夜勤がバーナーを使った。これは、夜は、バーナーを使わないようにした。そして今回、三ラインの運転で使う水が一杯いっぱいだったので、中古の有り合わせのポンプを足して水を多く供給でいるようにした。四ラインを稼働させた。その、中古のポンプの音が大きすぎた。直ちに止めて、稼働も三ラインに戻し、今朝、午前中に新品のポンプをコタ チカランのポンパ アイルの店まで行って買って来た。2HPで四ジュタ(3万5000円くらい)、早速、取り付け、4ラインの運転にした。

IMG_6245.JPG
IMG_6247.JPG


SGCの前の大通りに面している店、左に中国提灯がぶら下がっている店の隣、支払いにカードが使えないというので、通りの向かい側のダナモンバンクのATMで現金を下してきて、店に戻る途中、中央分離帯の上から、SGC方面を写した。この道を平気で渡って往復する日本人高齢者はいないだろうねと思うほど、普通の日本人には、ちょっと、危険かもしれない。

IMG_6249.JPG

ドイツ製のポンプ、音はほとんどない。これで、夜中でもコンプレーンがなくなるでしょう。周りが淡水魚の養殖場、田舎の閑散とした殺風景な環境、夜中は、静寂その物だ。50M以上離れている家が一番近い、その家から、電話が掛かってくるのです。



頻繁に停電はするし、釘や針金などパンクさせるものは沢山落ちているし、ちょっとした音でも遠くまで届くし、工場に適さない環境だ。日本なら固定資産税が安い場所だ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆中高速鉄道 [情報]

 2932 ABSのプロファイル、製品が大きかったので、引取機のベルトの幅が不十分だが、引き受けてしまった以上、何とか製品にしなければならなかった。何とか、近くまでは行ったが、金型の修正ではだめで、一部、作り直し羽目になった。一寸、複雑な形をしていて、いくつかの出っ張りあり、出っ張りが、溝に入らなければならないが、こちらをいれれば、あちらが入らず、になってしまっている。
ジャカルタ中心、南北に作っているMRTについて、現地の報道です。期待に高さが、伺われる。
https://www.youtube.com/watch?v=h-4LSHCBlt0 
https://www.youtube.com/watch?v=xlNe1sxZm_U
これとは、対照的なのが、例のジャカルタ、バンドゥンの高速鉄道のこと、一昨日も書いたが、話題にならなくなって、これについて、検索すると、去年の12月、来年中には着工できるというニュースが出て来るだけで、おいおい、来年中って、一年先まであるぞ。そんな具合だ。で、安倍さんが来た時に、ジャカルタ、スラバヤ間の電化による中高速鉄道の建設について、ジョコさんとも、話をしましたね。中国への当てつけともとれる話ですね。中国に発注した話と全く別の話です。

Indonesiaは、どうするつもりなのでしょうか、スラバヤ ジャカルタが日本へ発注に決まっているわけではないという閣僚もいます。それらの人は、現在のジャカルタ、バンドゥンを中国に押した人達だ。しかし、だからと言って、ジャカルタ、スマランの中高速鉄道を中国に進めるわけにはいかない、当然だ、今、取り掛からなければならない工事をそっちのけにしたり、並行してややったりするなどは不可能。ルフトさんは、完全に日本派だ。バンドゥン経由のスマランまでの高速鉄道を中国にやらせばいいと思っている。そして、出来ないと思っている。だから、日本にバンドゥンを経由しないスラバヤ行きを日本に進めているのです。彼は、完全に日本派だ。

ジョコ大統領の選択肢は、バンドゥン経由は、中国に発注してしまったのだから、この話をジョクさんが、キャンセルするわけにかない。但し、中国が辞退することを望んでいる。そして、ジャワ島縦断高速鉄道に傾いている。日本の出方次第で、発注するか、止めにするかのどちらかだと思う。日本がダメなら、他の国に発注することは100%ない。
まさか、バンドゥン経由の今の高速鉄道の話は無かったことにして、中国にはキャンセルし、その代わり、今、日本に頼んでいる話を中国にやってもらうなどと言うことはあり得ない。
IMG_5634^.JPG
インドネシアはドリアンが旬ですね。この辺りのドリアンは、見た目、ラグビーボールを小さくしたような整った形をしているのが特徴、産地が名前になっている。しかし、タイやマレーシアからの輸入ドリアンには、味も食べられる果肉の大きさも、かなわない。私は、あまり、買う気になれない。輸入品に比べれば、安いが、食べる部分が非常にすくない。実が小さいうえに、種の占める割合が中身の80%以上だ。輸入品は倍以上の大きさで、種が占める割合は50%以下だ。それに、食べごろかどうか、見分けるのが難しい。はずれが多いと言うことだ。
IMG_5633-.JPG
金型屋の帰り、いつもガラスキのチカランからルマーアバンへのジャラン ラヤ何やら、大渋滞になっている。
40フィートのコンテナ車が左に駐車しているためだ。それだけなら渋滞はしない。そのコンテナ車の前で何か大きな事故が有ったようで、対向車線側からのやじ馬も多く、見物人も多く現れ、対向車も見物渋滞だ。
チュパッcepatとは、早い、速い、速くという意味です。チュパットやチェパッとは聞こえない。
   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆強力麻薬 [情報]

 2928 初めて聞く麻薬の名前、タバコゴリラ、良くわからないが、相当、強力らしい。
Tembakau gorila ini beredar bebas di Indonesia. Ini merupakan daun tembakau biasa yang dikeringkan,
kemudian disemprotkan zat kimia cannaboid sintetik. “Efeknya setara ganja, bahkan bisa melebihi hingga 50 kali lebih kuat,” kata Ali. Lantaran efek yang amat kuat ini, pecandu lebih suka narkoba jenis baru ini meski dijual dengan harga mahal.
このタバコゴリラはインドネシア流通放置されている。これは普通の乾燥タバコの葉からなる。化学合成 カンナボイドを散布します。「額マリファナに相当の効果、最大 50 倍以上に強力な可能性があります」この非常に強力な効果により、麻薬中毒者は、高価な価格にもかかわらず、この新しいタイプを好みます。
IMG_5532.JPG
Penyidik Direktorat Reserse Narkoba Kepolisian Daerah Metro Jaya menangkap dua orang yang diduga sebagai pengedar narkotika golongan satu jenis tembakau gorila,
メトロジャヤ地域警察麻薬捜査本部は、二人の麻薬密売疑惑容疑者を逮捕した。タバコゴリラの一種、yakni AAF dan MY, すなわち 、イニシャルAAF とMY Sabtu dini hari, 21 Januari 2017. 土曜日の朝、2017 年 1 月 21 日

Jl,CISOKA RAYA BLOK B,2 No8 PERUMAHAN CITA VILLE DS,JATI REJA KEC,CIKARANG TIMUR KAB, BEKASI私の正式な住所です。DESA(DS,)は、“村”という意味です。
会社の住所は、1KM Cluster, Kav. 24-25.Jl. Binong, Desa Jatireja Cikarang - Bekasi 17824, Jawa Barat – Indonesia Telp. (6221)-2948 2798 - 0812 8813 2890
ですから、同じ、村ですね。来る人は、迷いますね。
IMG_5543.JPG コンプレックスの真ん前はこんな風景。
タグ:田舎 麻薬 迷う
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆大晦日 [情報]

 2904 “嵐“のとり、良かったね。孫たちは、“恋“まで、起きていたが、直後、あっという間に眠ってしまった。
シルバーコンサートというのを聞いていて、0時ちょうどに演奏がぴったり終わったのにはびっくりだった。東京フィルハーモニー、大友という人が指揮者だった。

大晦日もゴルフ、二人の元社長さんが、どうしてもというので、付き合った。島田でスタート、10;24と遅い。やっぱりというか、案の定というか、プレーが遅い、ほとんど、全てが、セルフだし、会社が休みで、経験が浅い、若い人が多いのが原因だと思う。とにかく、毎ホール待つ、7分間隔が標準だと思うが、15分くらいずつ待ったと思う。結局、ハーフ、3時間かかった。13;30終了、そのまま行けると思ったら、14;20後半スタートだという。一方は、そこで、止めてしまった。来客があるらしく、16;00に家に帰らなければならないらしかった。後半は二人でスタートした。二ホール目に前の組に追いつき、また、15分平均待ちになってしまった。連れが、我慢できず、15番で、オフィスに電話して、迎えに来てもらうことにした。その時、15:50.スタートして1時間半かかっていた。ホールアウトは、17時は過ぎてしまうと読んだからだ。それより、こう、毎ホール、長い時間待たされるし、コースの途中でも、二打目三打目も待たされては、ストレスが増すばかり。連れは、我慢が出来なかった。16番はプレーせず終わった。17;30には、もう、真っ暗になっていた。
本年最後のゴルフは、中途半端で終わってしまった。今年も80回以上やったと思う。来年は3日からである。
IMG_4595.JPG
富士山静岡空港の近く、茶畑の向こうに富士山。甘ったるい、テーの宣伝で、こんな風景がインドネシアテレビによく出てくる。
IMG_4595-.JPG
FDAフジ ドゥリーム エアラインの機体、着陸態勢に入っている。

車転落、子供二人が残されたよう。気の毒というしかないが、バックでブレーキとアクセルを踏み違えたのでしょうね。この件、何とかならないのでしょうかね。自動運転の前に、このことだけでも、無しにしてほしいですね。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆寒かった [情報]

 2903 7;24スタートだった。6;30前に家を出る。日の出前、真っ暗。そして、寒っ!!!ゴルフ場に着いたのが7;00.車の中が程よく暖かになったのは乗ってから15分後、着いた時には、やっと、体が温かくなったかな、というところ。車を降りたころ、明るくなってきた。寒い。鼻水が出始めた。

ということで、思ったこと、車の暖房(冷房でもいい)を自動ONに」出来たらいいなと思う。聞いたことがないが、そういう車あるのかな。例えば、乗る15分(セッティングが出来る)前にONになる。乗る時には、望みの温度になっているように。エンジンがかかっていなくても、車の中を温める方法が在って、それを、タイマーなので、自動ON、OFFが出来るようになればいいと思う。
エンジンが自動でかかってもいい。同時にエアコンもオンになる。このときは、勿論、パーキングになっていて、サイドブレーキがかかっているのが条件。風呂場やトイレを温めておくことと同じ理屈だし、理由です。
検索をしても、オートエアコンとしか出てこない。
こういうシステム、そんなに難しいことではないと思うが、作らないのには、何か、法的な理由があるのでしょうか。
IMG_4572.JPG
IMG_4573.JPG
スタートホールの日の出。

今年はついに着工できなかった中国高速鉄道ジャカルタ、バンドゥンでしたが、来年には着工するそうです。来年のいつかは決まっていないようですが。まだ、決して、放り投げてはいません。大統領も、ハリムの空軍基地付近の土地使用を認めているようですし、早くやれと言っているようですし。
Profil Proyek  ジャカルターバンドゥン 高速鉄道のプロファイルです。
Nilai investasi: US$ 5,135 miliar (Rp 68,13 triliun) 6000億円くらい
Panjang rel: 142,3 kilometer
Stasiun: Halim, Jakarta Timur; Walini, Bandung Barat; Karawang, Jawa Barat; dan Tegalluar, Jawa Barat.
Luas lahan yang dibebaskan: 650 hektare
Mulai beroperasi: 31 Mei 2019
Pelaksana: PT Kereta Cepat Indonesia-Cina (konsorsium BUMN Indonesia dan Cina)
Kecepatan maksimum: 300 kilometer per jam
Tarif: Rp 200 ribu per orang
Target penumpang (tahun pertama): 28 ribu orang per hari
これによると、2019年5月31日運行開始。ジャカルターバンドゥン間料金20万Rp(1800円くらい)。当初の乗客数目標、一日2万8千人。

30分ごとに運行し、一日15時間なら30往復、2万8千人なら、一車両平均 900人、そして、全員がジャカルタ、バンドゥンに乗るとして、一日の売り上げ、約5千万円 どうでしょうか、30往復などしないでしょうし、いって、この半分、1万5000人弱、2千500万円くらいがやっとでしょう。車を使う人数は減らないと思う。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆リモコン [情報]

 2902 どこの家でも、どこの会社でも、エアコンリモコンをなくしたり、使えなくなってしまって、何台もあるなら、だんだん、使えるリモコンが少なくなって、最後は一個しかなくなり、使いまわしているところもあると思う。私の家がそうだ。20数年前のエアコンだ。5台あるが、一階二階一個ずつの二個までは、いいかなと思っていたが、今回、帰ったら、一個しか使えなくなっていた。そして、今日、マルチリモートコントローラーを買ってしまった。商品の裏側に使えるメーカー名と何年製以降と書いてある。12-3社、ほとんどすべてのメーカーで使えるが1980年代の物でも使えるというのは少なかった。ある一社製以外は、94年以降製だったが、そのある一社製が私の家のエアコンだった。それなら、88年以降製で使えると書いてあった。有ったっ!!と、思って買った。価格は、1200円だった。

早速、家で使ってみた。買ったところで、数字のセッティングが必要だよと言われていた。説明書から、セッティング画面とセットの仕方がすぐわかる。メーカーごとにその方は違っていた。そして、どんな機能(冷房、暖房、風量など、など)を使うか、で、01.02,03~~~09などのセッティングをする。私の場合は、ONを押しながら、暖房を押すと、01という数字が出てきた。それを02に変えて、30秒ほど待ち、ONにしたら、作動した。簡単に使えることができますよ。

カラオケとボーリング、孫が連れていてというので、近くの娯楽センターのようなところに行って見た。ボーリングは、ジャカルタで10年ほど前にやって以来だ。孫は初体験、1ゲームだけだった。歌もボーリングも久しぶりに楽しんだ。孫は“前前前世“をうたっていた。
IMG_4565-.JPG
ガーターにボールが落ちないように、衝立を立てますかと聞かれたので、二人には、立ててもらった。今はこんなものがあるんだ。わたしの番になると、引っ込んでしまう。

アスカの元従業員?カタニヤ(Katanya)資本比率のゴネはどうなったのか、やっと、ホウワが経営を継ぐようで、退職希望者を募ったそうだ。ENDOTAに入りたいと、何人かが、言っているそうで、何人かを来年から引き取ることにした。インドネシア人同士で条件を離すように頼んでおいた。
IMG_4565.JPG
くっきりはっきり、全部見える、雲がかかっていない富士山
IMG_4564.JPG
縁側の碁盤、この家を建てた時から、ここに置いてある。30年近く前から、ここにある。今は、上に何か置かれたままだ。20人以上の人とここで対戦したが、この二十数年は、全く、使っていない。その間、知っているだけで5人は、今、この世にいない。いつ、また、使うのでしょうか。縁側囲碁。碁石はどこのしまったのか覚えていない。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆中高速鉄道2 [情報]

 2879 Adik Megawati Jadi Tersangka Bersama Musisi Ahmad Dhani アホック騒ぎのどさくさの中、なんだかようわからないが、政府転覆を企てたとかの容疑でメガワティ スカルノプトゥリ( 初代スカルノの長女、5代の大統領だった)の妹、ラフマワティが有名なミュージシャン アフマッ バニーなど共に逮捕された。姉とは、同じ政党ではなく、姉とは絶好状態だった。ダニーは、この間の“紅葉祭り”に息子三人と共に、メインゲストとして、ジャバベカに来ていた。ゴルフをしている最中の彼の歌と喋っている声が聞こえてきていた。元の奥さんも有名歌手で、また、多くの歌手やグループを生み出している。今回、ブカシの県知事選挙で、副知事として、立候補をしている。

昨日のSemicepatの話の続き
以前にも触れたが、日本は、ぜひ、このプロジェクトを成功させてほしい。インドネシアが、最近、中国高速鉄道に関して、口癖に様に言っている、“ビジネストービジネス“インドネシア政府は、資金の保証をしない、です。これを、このプロジェクトにも、言っているので、それを、条件にして、決して、中国高速鉄道に、インドネシア政府が金を出さないように釘を刺すためにも、必要だ。

この区間は、2000億円でもおそらく、余裕を持って、完成させることができるでしょう。軌道(ルート)は、既存に沿った形にするので、単線の処を複線にするための用地買収は少ないし、高架にする部分も、あまりない。
現在、高速道路を、スラバヤまで、繋げてしまう工事が進んでいるが、おそらく、全路が繋がる前に、中高速鉄道を完成させることができるでしょう。とにかく、このルートは、日本の東海道のようなもの、海岸沿いに、いくつかの中小都市が点在している。その沿線は、畑と田圃、 東海道本線に特急の本数を増やすようなもの、だから、各町からのアクセスもいい。絶対、運航、その年から、利益が出るでしょう。 だから、政府保証などいらないのです。 

もう一つ、ぜひ、すすめてほしいことは、スマランからジョクジャカルタとソロに同じようは列車を走らせることです。もし、バンドゥンまで高速鉄道が出来ても、大赤字で、その先に延ばすことは、絶対にしないでしょう。高速道路も、その先には行っていないし、計画もない。必要性の順位としては相当、下位だからです。チレボンまでなどは20年以上できないでしょうし、中高速鉄道が開通してしまえば、なさらにことです。ましてや、南のジョクジャまでなど、200%あり得ない。しかし、ジョクジャ、ソロは日本の京都奈良のようなもの、それに、ジョコ大統領の出身地、自分からは言い出せないにしても、提案してやれば、直ぐに乗ってくるでしょう。任期が二年ちょっと、バンドゥンまでの高速鉄道に開通時には、もう、交代している。せめて、大統領の間に、スマラン、ソロ間の着工をと、提案したらいいとおもう。まとめれば。ジャワ島で、ジャカルタ、スラバヤ、バンドゥンの次の大都市だから、この線も、既存の強化だけで済むので、相当な利益を生むでしょう。観光客も倍増になるでしょう。

それと、これは、肝心なこと、袖の下、コルプシ、賄賂、アンダーテーブル、フィー、これら、意味は同じです。ジョコ大統領とインドネシア国民に“出さない、受けない“宣言をしてほしい。中国と自分たちは違うよ、という、手本を示してほしい。
IMG_3976.JPG
SUZUKI CUPというのでしょか、サッカーの東南アジア選手権?インドネシア、頑張っていて、今日はベトナムと準決勝、ジョコ大統領も貴賓席で応援、なんだか、儲けもののPKで、勝った様なものだが、それでも、インドネシア中、大騒ぎ、ま、アホックデモより、遥かにましだ。決勝も、勝ってほしいですね。それにしても、スタンドの周りにある広告は、日系企業が90%以上だ。
IMG_3967.JPG
IMG_3970.JPG
今日のゴルフは天候に恵まれ、終始、快適だった。
 

タグ:選考 提案 積極
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感