So-net無料ブログ作成
検索選択

(^_-)-☆気持は日本 [食]

 2528 Fumakyura Panasonic Sharp Lionなどなど、盛んにコマーシャルで、ジャパンテクノロジー、ジャパンクヲリティーを強調している。それと、ひらがな、カタカナの文字が画面によく表れるようになった。昔からある石鹸の「しんずい」をはじめ、「チモリ」飲み物「ポッシュ」香水「みらい」飲み物 かわいい、きれい、すてき、という言葉もよく聞く。
日本への旅が一等賞品、お茶畑、日本庭園、温泉、富士山、さくら、などなど、特にさくらが、背景にあるコマーシャルは多い。画面がピンクになれば、大概、さくらが満開な状態になる。

会社は、24日から1月3日まで、11連休にするらしいが、私は、今日が、ほとんど、仕事納めになった。間もなく、一時帰国になる。明日から、帰国の準備をする。何を持って帰るかというと、きまっている。静岡の住むインドネシア人のための食料品、クルピックの膨らんでいないもの、これは、包みが小さくても重い。それと、欠かせないのが、ブンブ(出汁のようなもの、味付け)各種、サピ、アヤム、サユール、イカン、ナシゴレン、ミーゴレンなどなど、リョウコやマサコやサジクなどといった商品名がある。“クリピック シンコン”は日本のスーパーにないと思う。日本で言う、ポテトチップスに似ているが、インドネシアでは、薄く切って、揚げたお菓子を、チップスと行かないで、クリピックという。ポテトチップスは、“クリピック クンタン(ジャガイモ)“という。それにそっくりだが、シンコンである。こちらでは、クンタンとシンコンのクリピックは同じ棚で売られているが、90%はシンコンである。これは、軽い、嵩張る。

来年から、会社の責任者をやることになるが、今のダイレクターをどう扱ったらいいか非常に迷う。そして、どう扱っても、使い物にならないことも分かっている。困ったものである。来年、一年、この年齢になっても、相当時間を仕事に費やさなければならないし、会社にいる時間が長くなる。本当に、本当に、一年限りにしようと思う。そんなこと言って、大丈夫なのと、言う声が聞こえてきそう。
IMG_5291.JPG
IMG_5223^.JPG
通勤途中、私の車の前を行く、オジェックとプヌンパン(乗客)、一台はスカートを履いているので、横座り、もう一台は、足を見るとわかるが、プヌンパンは二人、Gパンなので、大股開きで乗っている。


タグ:準備 終了 続く
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆西瓜スマンカ [食]

 2401 日本の西瓜は、非常に美味しい、外れがほとんどないと思う。何年ぶりかで、日本の西瓜を味わった。しかし、目が飛び出るほど高い。直径20cmくらいのものでも1500円くらいした。
インドネシアでは年中、売っているし、デザートがでるセット料理なら、食後のデザートには、必ずいといいほど、西瓜やメロンやパパイヤなどを小さく切ったものが出るので、年中食べている。一般的に、そう、甘くない。美味しいと思うことはほとんどない。スーパーで売っている物は、20cmくらいなら300~500円くらい、安いと思うが、買ったことはない。道端で売っている西瓜は非常に安いが、美味しくないというより、まずいという感じで、これも、大分、前に買ったきりで、今は、見向きもしない。

日本のスイカの、何という部分でしょうか、表面の内側の白い部分、非常に薄くなっているのには、びっくりした。孫たちが、美味しいといいながら、歯で掻きとるように、赤い部分を食べると、皮は、5mmくらいの厚さしか残っていなかった。私が買った種類がそうだったのか、日本のスイカが全て、昔に比べれば、白い部分が薄くなっているのかは、知らない。
IMG_3615.JPG
孫たちが、食べる前にスイカ割りをしたいというので、家の庭にダンボールを敷いて、その上に乗せてやった。ゴルフのクラブと、何やらの棒で、何回もやってみたが。なかなか、上手くいかない。庭の花火などと共に、大はしゃぎで、いい思い出になったと思う。
スイカ割りと言えば、インドネシアにはそういう習慣や遊びはない。インドネシアで仕事をした一番初めの会社で、社内旅行でアンチョールの海岸に行った時に、スイカ割りをしたことがあったが、スイカわり自体は、楽しかったようだったが、その西瓜を皆さん、食べようとしない。スイカ自体を余り好かない人が多い上に。汚いと思うらしい。不潔や汚いことは山ほどあるのに、何故?という感じだった事を覚えている。パンガンダランでもスイカは、大量に売っているが、海岸で切ったり、割ったりしている風景は全くない。
IMG_3614-.JPG
この庭の様子は、厭でも、毎日、目に入る。木々の向こうのサザンカの垣根の向こうの道を人が通る、子供が多い。時には駆け足で通り抜ける。孫は行ってきますと言って外の出ると10秒以内にここを通って、学校やラジオ体操へ行く、帰ってくる時、私が目に入れば、覗きこんで“おじいちゃん”と叫ぶ。網戸になっているので、ちょっと、ぼかしが入っている。
タグ:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆食べ物の価格 [食]

 1897 インドネシアの日本食レストランの定食の価格は日替わりの場合、税込みで5万Rpから7万Rp,余った材料を処分するための日替わり定食なので、安くできるのです。一般的な定食は7万Rpくらいが最低でしょう、平均では、8万Rpくらいだと思う。Rpから日本円への換算は、ゼロを二つ取って、0.9を掛ける。8万Rpは、720円くらいです。これは、昼食時の値段です。これが、夕食になると、30%以上高くなる。一品料理の高いこと、私は一人で、こんな夕食を食べたことがない。
高いですよね、日本国内より、高いと思う。高いと言えば、日本から輸入した食材の価格。税金が高いからでしょうか、象徴的なもの、インスタントラーメン、5個入り、600円以上、うどん、5個入り、やはり600円くらい、お菓子類は日本の価格の1.5倍、韓国産のうどんは、400円くらいです。納豆等は一パック120円くらい、インドネシア産の開発商品、味も食感もいまいちでも90円くらい。
IMG_5031.JPGIMG_5032.JPG

だから、私は、こういう、日本的な日本食品に関して、インドネシアでは高いが、日本では格安な食材を選んでインドネシアへ持ってゆく。持っていって、三ヶ月間ほどで、食べて無くなる、という、ペースで、消化する。主食は、インドンシアの食材である。ラーメンなどは、日本の有名チェーン店が、数多く進出していて、“太麺ですか、細麺ですか、チジレ麺ですか”などというのもあるし、味噌や醤油や何々味など、多彩だ。そして、一杯、500円以上、それに、トッピングとかいって、乗せるものを追加すれば、すぐに千円くらいになってしまう。こだわる人は、そういう店を気に入って,利用する。そして、どこそこはおいしい、そうでもないと、うんちくを言う。
私はどうか、タカがラーメン、そういった類の店に誘われて行って、何を食べても、うまいと思ったことは、一度もない、もったいないと思うだけだ。それどころか、インドネシアのカップメン、インドミーやスダープなどのインスタントラーメン、30円くらい、の方が、よっぽどうまい。カップ麺のミーゴレンは、格別、私の味覚に合っている。日本から持ってゆく、インスタントラーメンは、5個で200円しない、価格的には、インドネシアのインスタントラーメンとほとんど同じだ。
私はそういう工夫というか生活が楽しい。自分には安上がりである。言うまでもなく、インドネシア人,中流の生活をすることができるなら、一月の食費は、2万円以内で済ますことができる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆Masakan Jepang [食]

1896 マサカン ジュパン日本食のことです。Jepangは間違いではありません。インドネシア語はこうです。

今回も、日本で何人かに聞かれた。食べ物に苦労するでしょう?日本食は、食べられるの? 水は大丈夫? 十何年前も今も、私がインドネシアから戻ったばかりと知れば、こういった質問は、相変わらずだ。今も昔もインドネシアという国は、未開の国、という印象を持っているのでしょう。

その都度、こう答える。“全然問題ない、それに、日本食レストランには、一人で行くことはない”。どうぞ、安心してインドネシアに行ってください。
舞台はジャボタベックでの話です。ガイドブックのような、日本食レストランやカラオケを紹介している小雑誌新聞の特集を見れば、百や二百軒はあるでしょう。なお、増殖中です。コンビニもスーパーも日系が続々と開店しています。おにぎりなど、すぐそこで売っています。

食べ物で苦労する?先ず、食当たりを心配する。出張で短期間、滞在する人の気持ちはわかる。刺身など生ものを食べて、腹痛になったとか、インドネシアにいる時には、なんともなかったが、日本に戻ってから下痢になったとか、そんな話を聞くことがある。ただし、10何年いて、私の知り合いでは、そんな人は一人もいなかった。だから、よっぽど、運が悪かった人だと思う。長期で滞在を始めた方は、ちょっと事情が変わる。私の印象では、三か月以内に下痢を経験する可能性が高い、それも、若い人のほうが高い。日本食レストランやホテルやサービスアパートの食事しかしない。ミネラルヲーターしか飲まない、歯磨きもアクアを使う、そういった気遣いをしても、なる人が多い。これは、仕方がない、免疫が無いから、体内に初めて入った、細菌、バクテリアが悪さをするのです。しかし、それを一度経験すれば、その後、繰り返す人は、ほとんどいない。通過しなければならない、工程だと思った方がいい。二三か月過ぎて、私は何ともない、という人も、その後すぐに掛かるかもしれない。私の周囲にいる人、いた人、ほとんど、同じです。心の準備をしておいた方がいいと思う。そして、それは、一日、二日で治ります。病院は、近くで充分、より取り見取りです。海外保険に加入していれば、無料です、取り扱い病院でない場合は、支払っておいて,後で、請求すれば、全額、すぐに、戻ってきます。

それは、さておき、日本食レストラン、腐るほどあるし、まだまだ、どんどん、増えています。それでも、日本人が増えているので、どこも、儲かっているようです。高いと思うが、高給取りの日本人にとっては、問題ではないらしい。私は全く行かないが、夜、酒を飲みながら、過ごす人が多い、一晩で数千円使う人も多いとか。多くの人は、以上です。しばらく、いれば、なにも、心配することはなくなるでしょう。日本で生活しているときより遙かに、優雅な、自由な、思い通りの食生活を送ることができるでしょう。

なんども書いているが、私には、そういう食生活は、馴染まない。千円もする日本食がおいしいとは思わない、二百円ほどのワルンの食事の方がおいしいと思う。日本食レストランだから安全だとも思わない、道端のカキリマも安全だと思っている。だから、“全然問題ない“と、答えるのです。
IMG_5033.JPGIMG_5034.JPGIMG_5038.JPG
我が家の庭の春。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆私のパン事情 [食]

 1775 インドネシアのパンは私に合わない。Sari Rotiというパンがこのあたりでは一番有名で、工場はジャバベカ1にある。日本人が常に駐在していて技術指導をしているようです。それにしては、何が違うのか、日本の大部分のパンとなんとなく食感が違うし、味も違うように思う。生地がきめ細かすぎるのでしょうか、気泡が小さいのでしょうか、粘り気が多いような気がする。また、色々な種類、アンパンのようにパンの中に餡子が入っているのをインドネシア人は機に行っているのでしょうか、やたら甘い、あんこにブルーベリー、コーヒー、パイナップルル(ナナス)ストロベリー、中にはドリアン、マンガなどの味付けされたものが入っていると書いてある。しかし、それぞれに味はほとんど分からず、ただひたすら、甘すぎるだけ、インドネシア人はそういうものが好きなのでしょうね。辛いものが好きなくせに、めちゃめちゃ甘いもの好き?どういう味覚を持っているのか、理解できない。
IMG_3768.JPG
IMG_3771.JPG
ジャカルタの日本食材を主に扱っているスーパーマーケットでは、その店でパンを作っていた、今もそうでしょう。違いが分かる私としては、やはり、日本のパンと微妙に違っていて、食べる気がしなかった。ただし、インドネシアのパン屋さんでは手に入らないような、メロンパンやクリームパンを扱っていた。食パンも何種類かの厚さのものが有った。コッペパンも見つけることができた。それでも、やはり違っていた。日本人がチェックしていると思うが、材料が違うのでしょうか、同じような触感にならない、と、私は思う。他の日本人が私と同じ気持ちなのか、私が特別なのか、それは分からないが、私には合わない。売れて入るのだかから、多くの人は気にならないのでしょう。
私だけの事情だが、胃液が無いからか、パンの消化がよくない、インドネシアのパンは、きめが細かすぎて、よくかんで食べても、何か飲み物と一緒に柔らかくして食べても、十二指腸の入り口で丸く固まってしまって、落ちて行かないので、胆液(黄色くて苦い)が上がってきてしまい、吐き出してしまいやすい。

インドネシアのパン屋さんは、至る所にある。バイクや車の移動販売もある。ケーキ類やお米の菓子、日本が和菓子ならインドネシア菓子とでもいうのでしょうか、柔らかくて甘すぎるものが多い、それはそれとして、そういう町のパン屋さんでも、サリロテュの種類に負けないくらいの種類が置いてあり、店ごとの味を出しているようだが、私にしてみれば、どこも、同じようなもの、味が微妙に合わないし、粘りがあって、食感も気に入らない。
IMG_3764.JPG
ということだったが、つい最近、味も食感も満足の食パンに出会った。厚切りパンは、インドネシア系のスーパーやパン屋には全くない、ところが、あるスーパーのパンコーナーで厚切り食パンを見つけた、生地の気泡の穴も大きかった。買って食べてみた、美味しいし、焼いてマーガリンを付けて食べた時の感触も実にいい。感激。

ちなみにインドネシアには日本のマーガリンと同じような、パンに塗るものが無い、バターはある。冷蔵庫の保管しておくと、固まっているので、パンに塗りにくい、味も日本のバターの用な甘みは無く、塩気が多いような感じがする。私は日本からマーガリンを持ってきている。味も塗りやすさも、日本のマーガリンが最高。そこに、であったパンが登場、大変おいしい、また、胃が無いので十二指腸で、パンが固まってしまう心配をしなくていいようだ。

そのパンはフライパンで焼いている、なぜなら、一般のスーパーやコンビニで売られている、切られている食パンの厚さが10mmくらいのもしかない、一般のショッピングモールや電気屋さんに売っているトースターは立て置きで、タイマーを使い焼きあがったら飛び出すやつしか売っていない、それが10mmしか、対応していないのです。厚切りはセットできない。横置きのトースターが、売られているのを見たことが無い。


タグ:違い 食感
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆一寸異変 [食]

 1643 JKT48が日系企業以外のコマーシャルに登場している。アルファマート(Arfamart)です。
一寸、インドネシア語。timun suri 姿を消した。道路沿いの臨時売店。少なくともMM2100からチカンペック間の高速道路の路肩と国道の道端でも見かけなくなった。また、栽培している畑も無くなっている。以前は、季節も問わず、ラマダンの三か月前ほどに種が撒かれ、ラマダン突入と同時に収穫され、店が開かれていた。瓜の一種で、黄色いものが多い、そのままでは味がない、砂糖を加えて茹でる。プアサが開けた時に、何かを飲んでから、最初に食べる人が多かった。
トンと見えなくなった理由は何でしょうか、正しいかどうか、私が考えられることは、先ず、天候不順です。こう、雨が降り続いていては、まいた種も流されてしまう。たとえ流されなくても、日照時間が短いし、肥料も流される、収穫できるほどには育たない。次に高速道路や国道の両側は畑が赤土の荒野になってしまっているとことが多い、開発が進んでしまって、畑を作る場所が少なくなっている。また、一年にたったの一か月の為に特別な作物を栽培したところで、何の利益にもならない。そして、今や、断食明けに食べるのに適している言われる沢山の食べ物が、宣伝と共に売られていて、別にティムンスリでなくても良いと思うし、少なくなっていることすら気がつかなくなっている。クルマ(ナツメの実)の売り場面積は年々増えている。これは、ほとんど中近東、イスラム国からの輸入品だという。

Pedagang Kaki Lima(PKL)今、ジャカルタ州知事にジョコウィさんが手掛けている仕事の一つとして、路の良車線以上を占領している道沿いにカキリマを一掃して、渋滞を少なくする手段の一つとしようとしている。どこかの屋台村に移動してもらおうという話だ。それは、PKL(カキリマ商売)が反対するに決まっている、デモも行われている。彼らにとっては長年の既得権利を奪われてしまうのだから。
IMG_1707-.JPG
JABABEKA1の西側の出入り口だが、この出入り口には番号が付けられていない。ピントゥー1とか2などである。全く目立たない。
IMG_1707.JPG
あちらこちらで、相変わらずの分厚いコンクリート舗装をやっている。ラマダンのムディックに間に合うでしょうか。間に合わなければ、今でも大渋滞なのに、各地の渋滞が,大大大渋滞になる。


タグ:クルマ 胡瓜
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感