So-net無料ブログ作成
検索選択
買い物 ブログトップ

(^_-)-☆渋滞なし [買い物]

 1508 日曜日の15:00過ぎ、この時しか、渋滞は無くならない。土曜日でも渋滞は半端じゃないから、平日は大々々渋滞である。ジャカルタへ行くには日曜日のこの時間しかない。チカランやチビトゥンから3時間かかるという。私には、その中に、運転して突入する勇気は無い。
恒例の、ジャカルタの日本食料品スーパー買い物である。納豆の調達のためだけに、行くのですから、渋滞が消えているのが条件です。
IMG_1806.JPG
 ビンタンやアンカービールとポカリスウェットに埋もれて、なぜか、一本だけ、置いてあったアクエリウス、日本人はほとんど見ていないはずのコマーシャルが効いて、売れてしまったのでしょうか、それとも、まだ、品薄で、店頭に並べるほどの出荷ができないのでしょうか、何故一本だけ置いてあるのか分かりません。
IMG_1801.JPG
 ガラ空きの高速道路、スマンギの出口に差し掛かった。ガトゥットゥスブロト通りも。閑散としている。

 ところで、納豆の価格は約六千Rp、輸入の納豆が一万六千Rpくらいするのに比べれば安いが、日本で買うのとあまり変わらない。だから、高いと思うが、売れに売れているようで、私が、店を回っていた10分くらいの間に三パックセットに物が30くらいは無くなっていた。そのうちの10は私が買ったものでした。
IMG_1819.JPG
 もうひとつ、友人に頼まれて、探したものがある。塩辛である。店員に“塩辛はあるか”と聞いても、分からない。魚のコーナーへ行って、聞いたら、その場にいた日本人が効いていて、ここにあるよと教えてくれた。グラム数が書いてないが50gくらいでしょう。400円くらいした。高い。それもイカではなく、タコだった。そこの店員に改めて、イカの塩辛は無いのか聞いたが、ハビスだという、仕方がないから、それを2パック買った。友人が納得するかどうか分からない。私は美味しいと思わないので食べない。鮮魚担当店員が奥から、これはどうだと言って、1kgの塩辛1パックを持ってきた。40万Rp、約4千円である。私が、業務用にでも使うと思ったのでしょう。そんな大量にはいらないよと、丁重にお断りした。

 帰りの道もガラガラで、多分平均時速80Km以上だったと思う。瞬間的には120Km以上出ていた。ジャカルタから通勤している人にとっては夢のような話だと思う。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ポンパ [買い物]

 1385 サニヨーではありません。ポンパ バキューム、真空ポンプのことです。某日本有名メーカーの物は2馬力25ジュタ、某インドネシアの物は3馬力10ジュタ、某インドネシアの家庭用2馬力は2.4ジュタ、何十年も前から使っていた日本製は10年ほど前に止めた。そして、10ジュタのインドネシア製をその後は使っていたが、それでも、高いと思い、今回は2.4ジュタの物を購入した。
 他の物も合わせて、購入しようと思いグロドックまで出掛けた。探しまくり、尋ねまくってやっとたどり着いたのがこの真空ポンプ、チカランやジャバベカ当たりでも探したが、丁度いいと思うものが無かったが、流石、グロドック、在った。
 行きは渋滞の中、延々と運転し続けて、9時に会社を出たのに、アンチョール経由で、着いたのが11時を回っていた。駐車スペースを探すのも大変、いつもながらの混雑ぶり、インドネシアの繁栄を象徴しているよう。ゴミゴミしているし、色々な匂いが混じって、独特の臭さ、皆さん,たくましく売っているし、買っているという感じ、私は、ここの人々の動き、この雰囲気は好きだ。
 一つの店で買い物をした後、その店の人に、他の買いたいものを言うと、それぞれを扱っている店の名前と場所を教えてくれる。近くなら、その店へ行って買ってきてくれる。皆さん、人懐こい。店の人が知らないと、他の客が知っていれば教えてくれる。勿論、歩き回って探す物も多いが、思いもよらず簡単に買えることもある。
 帰りは14:20くらいの出発だったが、JL、スディルマン経由で、気持ち悪いほど順調、15;30には会社へ戻った。しかし、コタ付近のいつもながらの競り合い、特に駅前付近はクランク道が繰り返されるので、割り込み割り込みの連続になる。あまり、気を使っているつもりはないが、それでも疲れる。
 グロドックは土曜日午前中だけ、日曜日はクローズ。だから、日曜日にしかジャカルタへは行かない私にとっては、平日にしかグロドックへ行けないのは非常に残念、だから、行きたくないと思うが、行かなければならない時がある。
IMG_0159.JPGIMG_0160.JPGIMG_0158.JPGせっかく、数年前に新しいグロドックビルが生まれたにもかかわらず、業種別に区画を割り振らなかった。だから、もう一つ思う事は、色々な店が全く不規則な場所で商売をしている。ホームセンターなら、色々なコーナーがあって、目的の物は頭の上に表示を見れば、在るところが分かるようになっているし、表示が分からなければ、店の人に聞けがあるところまで案内をしてくれる。ところが、グロドックの場合は、目的別に区画整理をしていないので、行きなれない人には、何がどこにあるかわからないし、在る場所は全体に散乱しているので、全体を回らなければならない、また、一つの物をやっと買っても、次の物を買うにはまた全体を回らなければならない。勿論、既に書いたように一軒の店で世話をしてくれる場合もあるので、聞くことが大切だし、親しくなることが大切でもある。使用目的別コーナーに分けてあると、もっと、グロドックは発展すると思うが、ジョコウィさんが、提案し実施したらいいと思うが、どうでしょうか。
 明日はいよいよスイッチオンの予定である。ようやくここもできた。
  
タグ:混雑 親切 異臭
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆廃品売り? [買い物]

 1384 すごい店に買い物に行ってきた。場所はジャバベカのプルタミナ天然ガス基地の向かい側、見かけは屑屋。実はトコバングナン(took bangenan)日本なら、ホームセンターです。日本のホームセンターに近い店もあるし、そのチェーン店もある。しかし、私が求めるウレタンの低発泡シート、3mm厚さとゴムシート、2mm厚は知る限りではここにしかない。グロドックへ行けば買えるが、タンブンからチカランの間ではここにしかないことは、10年ほど前から知っていて、仕事を立ち上げる時には必ずここへ買いに来ていた。今回も同じ行動でした。
IMG_0151-.JPGIMG_0151.JPGIMG_0150.JPG この店、とにかく、どう見ても、いい加減に積み上げてあるだけだが、小物の商品の種類は大型ホームセンターに負けないのではないかと思う。建築に使うあらゆる部品というのでしょうか、電気関係のパーツも揃っている。私が求めるシートも厚さが1mmから10mmの間、1mm間隔で在庫がある。その在庫がどこにあるかは、店の一人の男性、写真の中で黄色いシャツを着ている人、こういう物、と、目に着く場所にあるものを、指していうと、サイズは?とか材質は?などと聞いてくれる。それらのことを答えると、あるよ。と、答えてくれる、値段は?と聞くと、奥のカウンターで聞いてくれと、言われる。奥のカウンターで価格を聞いて、戻ってきて、OK,買うから用意してくれと、いうと、その品物を奥の方の山の中から、出してきてくれる。私の場合はシートだから、買う希望の長さに切ってくれる。それを持って、また、カウンターへ行き支払いを済ます。
 お客さんは常時5人程度が来ている。どの山の中のどのあたりに何があるか知っているという。この程度の在庫は二階にもあるという。ちょっと中を覗いてみたが、二階へ階段が見当たらなかった。この中にきっとあるのでしょう。この山の中にも多くの商品が埋められているはずだが、どんな方法で出すのでしょうか。

 という具合で、仕事を始める時には、少ししか使わないが、また、非常に小さいものだが、なくてはならないものがある。そういうものは、一か所の店でそろえてしまう事ができないので、一つ一つ、置いてある店へ行って買わなければならない。面倒なことだが、無ければ、“画竜点睛を欠く“ことになってしまう。
 それにしても、地震でも来たら摘んである商品の下敷きになってしまいそう。
  


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
買い物 ブログトップ