So-net無料ブログ作成
検索選択

(^_-)-☆トランプ演説 [生活]

 3169 国際連合のトランプ演説は、良かったと思う。北朝鮮は、日本の国際連盟での松岡洋祐の態度で象徴される状況と似ていると思う。その時の日本は、今の北朝鮮と同じと世界中から見られていたと思うと、当時の日本は、厄介な存在だったのだと思う。
自国第一主義も、当然だと思う。その上での話合いだし、妥協だし、紛争だ。

インドネシアでの病気事情。私は、もうすぐ、インドネシアでの正味生活が20年になる。この10年は、風邪をひいていない、腹痛もない。だからと言って、病院へ行っていないということではない。メマイで二回行っている。ただし、着いたころには、治ってしまっていて、原因がわからない、それだけである。それ以前、パニック障害の散々な状態以外には、1996年赴任して2か月後に、強烈な腹痛に見舞われ、ジャカルタのSOSへ行ったときには、到着前に治ってしまっていたし、そのほかは、風邪に二三回掛ったと思うが、通院するほどではなかった。旅も、多分、飛びぬけてしているが、旅先で病気になったことはない。一回だけ、スイスで強烈な腹痛になって、病院に行き、点滴を受けたことがあったが、入院とまではいかなかった。インドネシアで何もないのに、スイスで腹痛とは、どうなっているのと思った。ドイツ、スイスに来て、一週間以上過ぎていたから、インドネシアでお腹に入れたものではない。
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0113.html
エアコンの利かせすぎで、風邪を引く人は多い。私が共同で使う車を嫌って、自分で買って、自分で運転した理由の一つでした。
今日見えたお客さんにも話したが、インドネシアのローカルで、ローカルとほとんど同じ食事をしているが、なんともない。が、私は特殊だと思っている。日本人に、大丈夫だよとは言わない。

怪我、打撲、捻挫、骨折など。よ~~く聞く。この原因は、インドネシアでの怪我の多くは、タイルの床で転ぶ、風呂場での事故が多い。インドネシアの床は、ほとんど、タイルが敷かれている。滑りやすい。私は、とにかく、ゆっくり、注意深く、歩く、それでも、時々、滑る。
もう一つ、よく聞くのは、ゴルフ場のカートでの事故、転げ落ちたり、挟まれたり、乗るときに頭をぶっつけたり、いろいろ、あるものです。
IMG_1190.JPG
IMG_1191.JPG
スーパーへ買い物に行ってきた。すべてが、高いと思う。すべてが、である。輸入果物コーナーでは、全く手が出せない。仕方がないと思うが、少ないし、小さいし、食べごろではなさそうだし、何より、南国の産地と比べて、値段が高すぎる。

タグ:病気 国連 怪我
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆体育祭 [生活]

 3168 中学校の体育祭の応援に行ってきた。
キンタマニを見る展望台からは、キンタマニ、バトゥール山の向こう側、東南、ちょっと、気が付く人はいないと思うバリのアグン山、噴火の警戒レベルが上がっているようですね。バリ島の東部へ行く、観光客はほとんどいないと思うが、今は、近づかないほうがいいよ、ということらしい。
Bali023].jpg
私が行ったのは、大噴火があって多くの犠牲者が出た10年くらいの後でした。ひたすら北海岸を東に向かう。Singarajaの街中で一方通行を逆走して、捕まったが、観光客と分かると、大目に見てくれて、「気をつけていってください」と丁寧に、方向を示してくれた。うれしくなった。北海岸沿いには、サーフィンスポットとダイビングスポットがおおいらしい、両方のショップレンタル用具屋が並んでいた。しかし、閑散としている。
 間もなく、東海岸へ、一層道と海が近くなり、民家や学校が目に付き、通学の子供たちと出会う。制服が民族衣装でした。インドネシアでは官製の制服があるが、それに準じていないのはバリだけではないかと思う。
 そのうち、荒涼とした火山礫の中の道になる。Gunung Agungが右に見えてくる。天気が好かったので頂上までくっきり見えた。飛行機で上から眺めた事は何度もあるが地上から眺めたのは始めてである。東の海岸まで溶岩が流れたのでしょう、また、雨水による土石流も東海岸まで達したのでしょう。その中に新しい道ができていて、そこを走り抜ける。
 しばらく、その状態で走り、Tulambenから内陸に入って、Taman Soekasada Ujung(スカサダ岬公園)に行く、アグン山とSeraya(スラヤ山)の間を通り抜ける。そこ公園内で遅い昼食を取る。ここも閑散としていた。
 
南海岸道路に出る。Candidasa辺りから、Nusa Penida(ペニダ島)が見え始める。ここで、昨日もらったホテル半額券の中から、KutaのSeaviewを選び電話で予約、「その券での予約は貴方が初めてだと言えあれた、Banyuwanngiでしか配っていない」と言っていた。しばらくして、海岸から離れたあとはDenpasarの道路標識を目標に、次はKutaを目標に走った。
いつかの旅日記からでした。
IMG_1187.JPG
IMG_1167.JPG
で、中学校の体育会、応援とビデオ撮りに行ってきた。男女混合で、女のアンカーだった。フォームもいいと思った。結構早い。チームは二位だったそうだ。

応援の最中、電話が入って、太田化工へ行き、神奈川から見えられたお客さんとミーティングでした。日本国内で出来れば、技術指導をしてほしいという趣旨のようだった。インドネシアでなら、できると、返事をしておいた。私にしてみれば、難しいことではない。どうも,装置(その製品を作るライン)を作っている装置メーカーでうまくできていないらしい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆台風接近? [生活]

 3166 台風が、一週間ほど予測では、台風、今日の昼頃には、通り過ぎているはずだった、ところが、一向に、偏西風に乗らないで、九州の南西で停滞してしまって、東へ進まなかった。全ての気象予報士が、言い訳できない状態になってしまった。間もなく、九州に上陸という状態が2日間も続いてしまった。そして、やっと、今朝、九州に上陸した。そして、真夜中の今、中心は、多分、京都から岐阜辺りにあると思う。

で、同級会の手紙出しの作業を、今日の夕方と、約束してあって、二三日前には、どうかな、台風は、心配だね、という状態だったが、まったく、問題なし、その作業は終わった。19日過ぎには、出してもらえる。

孫が、どうしても、買いたいスカートがある。今日までディスカウントだという。そんな、ことを、言いだしたのが、なにやら、どこかの、学園祭を見に行って、帰ってきた17時前だった。私に連れて行ってという。私は、直ぐ出かけなければならないから、できないよ、と言いながら、出かけてしまった。私が帰ったのは、18時半ころ、夕食を取っていた。その後、なにやら、勉強をしていたようだが、19時半頃になって、おじいちゃん、パルコにどうしても、買いに行きたいから、送って行ってと、懇願する。“お金は自分で出す、閉店は22時だから”という。仕方がないから、車で送って行った。四階、リフトで上がった。着くと、閉店の準備をしていた。20時閉店のようだ。5分前だった。目的の店も閉める準備をしていた。店員が、閉店ですという、買うものが決まっているなら、まだいいよという。直ぐに、そのスカートをレジに持っていって買った。980円でした。エスカレーターは、止められていた。歩いて、降りようとしたら、向こうのエスカレーターの下りだけ運転しているから、向こうへ行った方がいいと指示された。既に、エスカレーターで降りてゆくと、各階の前方は遮断されていて、とにかく、次の下りのエスカレーターに行くしかないようになっていた。閉まられない売り場には、網がかけられていた。パルコから出たのが20時を回っていた。ギリギリの最終のお客さんだったようだ。
IMG_1131.JPG
IMG_1132.JPG
“よかったね、買うことができて、どうしても、買いたかった、ありがとう、おじいちゃん、明日、敬老会、大丈夫かな“”大丈夫だよ、台風一過の良い天気になるよ“明日は、小学校で敬老会がいが予定されていて、クラリネットを吹くのだそうだ。

暴風雨警報が出ているが、それほどでもない。 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ムルデカ [生活]

 3135 インドネシア独立記念日ですね。明日をどこかと振り替えて4連休にしている会社が多いと思う。インドネシアにいれば、どこかに旅に出かけていたはずだし、言っていなければ、4日間ゴルフになっているでしょう。
赴任した翌日、休日、テレビをONにしたら、なにやらセレーモニーが、映し出されていた。独立記念日と知った。
私にとっては、こういう風景は、非常に新鮮に思う。子供のころから静岡は自転車が日本一多い町だと言われていたように思う。その通り、今でも、多分そうかなと思う。インドネシアのバイクだらけ、人だらけの世界で住んでいた私にとって、家の前でただ外を眺めている人が全くいない、バイクが見えない、自転車が多い雰囲気は、世界が違うと思う。
IMG_0691.JPG
IMG_0694.JPG
男性老人が、なにやら、荒い息をしながら座り込んでいる。通りがかりの人か、近所の人が、救急車を呼んだのでしょう。心配そうに見守っている。ここにも自転車が見える。この後、日傘を持ってきた人もいた。

使っているラップトップが、既に12年物、老朽化が激しく、操作途中で、突然、ダウンしてしまい、せっかくのデータが保存前に消えてしまったり、開いたアプリが、固まってしまったり、トラブルが頻発してきていた。突然、ダウンしたままになってしまうことを心配する。予備を中古販売店で買ってきた。オフィスインストールして、使えるようにした。アウトルックでメールのセッティングアドレスノートなどの移転も済ませた。
しかし、どうも、使い勝手が違う。シートカットの作り方、なかなか、発見できず、検索から、やってみてできたが、面倒だし、時間がかかった。こちらを主体にし、今までのものを予備にする。 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆墓参り [生活]

 3133 終戦記念日とお盆の中日?妻の提案で、大崩れ海岸の焼津側のホテルレストランバイキングの食事。このホテル、40年以上前に仲人をしたときに結婚式披露宴会場として使った時に依頼の再訪だった。

県外ナンバーで駐車場はほぼ満車、驚くほど混みあっていて、驚かされた。私たちは、昼食バイキングだけの予約で行ったのだが、おそらく、皆さんは、泊りで、ここをベースにして、焼津やその周辺を巡る観光で来ているようだ、土産物売りがも盛況に様だった。
IMG_0662.JPG
そして、食事の方、マグロの解体ショウなど、実演料理があちこちにあり、それぞれに行列ができて居たリ、キッズ用ミニ料理コーナーがあったり、ソフトクリームを自分で作るコーナーがったり、工夫がされていて、雰囲気としては、魅力的だった。皆さん、とにかく必死、総じて料理はおいしいし、見た目も珍しいものが多く、どれを取ろうか、迷いながら、とにかく、全料理を、できるだけ沢山食べたいと、食べては、また、取りに行く行動を繰り返していた。私のその中の一人だった。焼津とあって、魚の料理が多いのは当然ながら、私は、肉料理が主体だった。インドネシアにいるときともそうだった。というより、インドネシアは、魚の新鮮さに関してちょっと心配だし、何より、海魚の値段が高すぎる。日本の1.5倍はした。

とにかく、満腹、最後にソフトクリームの絞り期から自分で作ったものを食べて終了、このソフトクリームが美味しかった。今まで、いくつ食べたか知らないが、今までに無かった美味しさだった。

その足で、焼津の北の方からバイパスに乗って、岩淵へ向かった。墓参り。正月以来だ。生憎の小雨模様で、富士山を見ることができなかった。また来たね。親父が亡くなった時に私が作ったお墓、25年ほど前だ。後、何年、このお墓参りをするのだろか、そんなことを思いながら、手を合わせた。この周辺に大勢のいとこが住んでいる。彼らの両親(私の父の兄弟)お墓もこの周辺だし、先祖代々、私の祖父祖母、その親たちなどの墓もなる。太田と書かれている墓標が沢山ある。一族の菩提寺とでもいうのでしょうか。
IMG_0670-.JPG
小さいころ、毎年、夏休みには、この階段から富士川を見ながら、上り下りをした。故郷の景色である。 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ふわっとする [生活]

 3131 ゴルフと陸上競技で、睡眠不足になりますね。外国での日本人の活躍を見るのは、楽しみだ。

酔っぱらってしまった。明日、ゴルフを一緒にやる方たちに、あげるためだった。夕方搾った。出来具合は、上場で、三合の米で、約4Lできた。搾った酒粕で早速、甘酒を作った。酒を飲めない私だが、酒粕の甘酒は、お湯で作るので、アルコールがほとんど飛んでしまうからか、体がほんの少し、温まるだけで、ふらついたり、頭が痛くなったりすることは、普通ないが。
IMG_0647.JPG
今回は、どうも、アルコール濃度が高いものができてしまったようだ。感覚的には、30%以上になったと思う米麹が多かったようだ。この酒粕の甘酒を匙でニ三回飲んだところが、頭の両脇がずきずきしてきて、頭も痛くなってしまって、飲むのを止めた。ここコップの三分の一くらいの酒粕にお湯を注いだだけだったので、アルコールがほとんど抜けていなかったようだ。後で、煮沸しなおして、アルコールを大部分蒸発させてから飲み干した。美味しい

中高のころ、冬場、毛布を被りながら、夜遅くや朝早く起きて勉強していると、必ず、おふくろが、この熱々の粕酒を作ってくれた。それが、楽しみだった。大学でも、甲府の冬の寒さは厳しかった。酒粕を買ってきて、自分で作った。それで、ほんのり、温かくなっていた。だから、今でも、インドネシアでも、粕酒は作る。

百人一首を読むときに、舌が回っていなくて、孫に、「おじいちゃん、どうしたの?しっかり読んでよ」と言われる状態だった。すえのまつやまなみこさじとは、なんてね。
IMG_0644.JPG
妻の畑から家、右下の縁側がある部屋が私の居所。

タグ:濁酒 競歩 粕酒
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

(^_-)-☆どうだったか [生活]

 2946 水は出たかな。どうだったでしょうか、直ったなら、直ったとSMSを送るように言ってあったが、17時過ぎ、まだ電話がない。今日も、ダメかと思っていたら。17時半に電話が来た。治ったと、完璧だと。直ぐに、帰宅して確認した。天井裏のパイプが一番高いところに強力なポンプを新たに付けてあった。カマール マンディにある電源からとっていてそこにスイッチもあった。ポンプは水を流すときだけ作動するようになっているので、それをONにして置けば、必要などこにでも行くようになっていた。寝る時や外出するときにはOFFにして置く。タンクにも水を入れておくが、完全断水の時用になる。
一応、これで、水に関しては解決、早速、マンディをした。
IMG_5906.JPG
他の住宅については、知らないふりをすると言っていた。そんなものです。

ジャカルタ バンドゥン高速鉄道の情報です。用地の買収は90%まで行ったというニュースが半月ほど前でした。中国からの資金の話は止まったままのようだが、インドネシアが、その資金を待たずに、再開してしまっているようだ。本格的ではない。そして、2019年末までには完成させるよと、リニさんは言っている。
Rini Soemarno menteri BUMN国営企業大臣リニ スマルノ
Di daerah walini itu banyak,itu cukup tinggi, kereta cepat itu tidak boleh naik turun,jadi dia harus banyak sekali terowongannya, itu yang bikn lama 上り下りはダメだから、工事期間が長くなるトンネルを沢山作らなければならない。そんなこと、大臣が説明しなくたって、誰でも分かっているよ。以前、イランの高速鉄道と比較して以上に高価だと指摘され、向こうは平地にレールを敷くだけ、こちらは、山の中だから、高くなると、言っていたが、それにしても、距離は三分の一、予算は二倍、6倍高いことになる、それに、山の中は80kmほどで、60㎞は平坦だ。そんなに高いことの説明になっていない。日本の提示価格より高かったし、利子も高い。

1月22日の記事
http://indotrend.my.id/proyek-kereta-api-cepat-jakarta-bandung-10-fakta-mencengangkan/
この説明文にも書かれているが、スラバヤまでの高速鉄道は有効だが、バンドゥンまでは、意味がない、損をすると書いてある。私も、強く同感だ。
高速鉄道プロジェクト ジャカルタ バンドゥンについて知っておくべき 10 の事実で、この情報は役に立ちますように。
IMG_5893.JPG
形状はOKになったが、色がまだ。色は、押出技術とは関係ないところで、いつも、厄介だ。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆まだ、直らない [生活]

 2945 新築新居家賃一万三千円くらい。やはりというか、当たり前というか、不都合が一杯で、私だから何とか暮らせるが、一般の日本人ではとっても無理の世界だと思う。
そして、今朝、やっと、水の関係を施工した人間がやってきた。事情を話すと、納得、おいおい、そう簡単に納得してしまっていいのかよ。自分たちが描いたこれならいいという配管をしたのだろ?他の家はどうなの?

私がこの家に入ったばかりには、水圧が異常に強く、元を開けたままだと、吸い込みポンプを使わなくても、タンクら出すパイプを通って、タンクに常に水が入って、溢れ出てしまい、私が家にいない時にも何立法メートルか知らないが流れ出してしまっていた。それを問題にしたが、今の状況は、水圧が低く、外の洗車用の蛇口からは出るが、家の中までは水が送られなくなってしまった。要するに、トイレも洗面所も流しも洗濯機にも水が出なくなってしまった。それなら、せっかくあるポンプを使ってタンクに水を送ればいいはずだが、ポンプを回しても水を吸い込めない、タンクに水を溜めることができない。それでは、どうしているかというと、外の蛇口からの水をバケツに入れて、家の中に用意した大きなポリタンクに入れて水を溜めている。柄杓で書く場所に持って行って使っている。今日、業者が来なかったら、ポースを買ってきて、外から、トイレにタンクやポリタンクに水を送ろうかと思っていた。
IMG_5891.JPG
そして、施工者が8時にやってきた。原因が分かったという、本当にわかったのかな?とにかく、夕方までには直すことができるという。配管を変えるらしい、何故そうしたのか分からないが、どうも、パイプの一部を高い位置にしたらしい、それを下げるらしい。壁をぶち抜いて、そこに埋め込むらしい。外の蛇口から一部屋を挟んだだけで、4Ⅿくらいの距離にあるカマールマンディの水洗タンクや洗面所には水が出ないということは、どういうことか、その高さは、外の蛇口と同じだ。部屋の4M以上の高さの天井を越えて配管をしてあるのだろうか、それなら出ないのも分かる。それなら、そこを直さなければならないと思うのだが、どうも、そういう雰囲気はなかった。奥のタンクの方だけに気が行っているように見える。信じられないが、夕方までに直すというから、私は仕事に出てしまった。

17時過ぎに、家にもどったが、思った通り、水は出なかったどころか、溜まっていたタンクの水を全て流してしまってあった。もう、完全に、家の前の蛇口からの水をバケツにためて使うしかなくなった。カキリマや道端テントワルンのように、バケツにためた水で、汚れた食器などを洗うしかなくなった。災害時の給水車からもこんな風か。

明日、ポンプの場所を水が出る場所につけてみるという。吸い込めないのだから、水が来ている場所で吸い込んで、タンクに送るようにしたらいいと助言した。実は、私からのコンプレーンが初めてだったが、入居している全ての家が同じ状況になっているという。当たり前である。私の家でいろいろ試して、水をだせるようにして、他の家も同じようにするという。おいおい、アパボレブアッ!こんな状態で分譲するなよ。ティダ アパ アパと言っていられない事態でしょ。
明日、また、7時には来るそうだ。
IMG_5889.JPG
Dehidrasi ringan dapat menurunkan konsentrasi dan fokus軽度の脱水は、集中とフォーカスを失う。何のコマーシャルだと思いますか。飲料水のAQUAです。どういう意味があるのか、日本人の江戸時代風の使節団のような数人がエレベーターに閉じこめられて、中で、助けてくれと日本語で、言っている。外にいるインドネシア人が、落ち着いて、また、意味不明なことを言っている。何の意味があるのでしょうか、この映像は、狙い不明、理解できないコマーシャルだ。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆電気代 [生活]

 2934 電気の支払いは、今までは、日本と同じように、検針の人がメーターをチェックしに来て、請求書のカードを残していって、それに従って、支払い場所へ行って支払ってくるようにしていた。自動振り替えができるか、出来ないのかしらない。しかし、何年か前から、内の電気代はプルサを使っているよと、言う話を聞いている。
 
 そして、新居は、それだった。聞いているのは、コンビニで、そのメーターについている番号も伝えてプルサを買う、領収書に書かれている20の数字を押す、確認した後、右下の曲がった矢印を押せば、完了。残りのKWHが、表示される。追加はいくらでもできるそうだ。
IMG_5659.JPG
IMG_5661.JPG
 私の場合は、入居した日から、メーターの数字の減り方をチェックした。契約容量は1.3Wで、一日平均、7KWA減っているようだ。この住宅に入る前に、貸主がプルサを入れておいてくれた。その時40KWHしか残っていなかったので、直ぐに買わなければならないと思って、最高は幾らかとその人に聞いた時には、10万Rpだと言っていたので、インドネシア人にとっては、多分、一か月だなと思った。

 近所のコンビニで、何度もこの作業をするのは面倒だから、プルサの最高金額を聞いたら、1ジュタだという。それならと1ジュタを買うことにした。銀行手数料が2000Rpかかった。659,7KWHだった。早速、この数字を打ち込んでセッチングをしてみた。今までのわずかな残りに、買ったプルサのKWHが追加され表示された。約、100日分だ。一日、10.000Rp(85円くらい)一か月、30万Rp(2500円くらい)である。従業員にこれを話したら、一年分じゃん、と言われた。

 ちなみに、私が使う、電気器具の主なものは、AC一台、多分、5時間程度、その他は、炊飯器だけ、ランプやヲーターディスペンサー、冷蔵庫、テレビ、洗濯機、そんなもの、契約1,3KWで十分だ。インドネシアの一般家庭の契約は1KW以下なら、基本料金が極端に安くなるらしい。平均よりこれでもちょっと多い。どうでしょうか、日本人が住む、アパートや住宅は、3~4KWの契約になっているので、一か月、8000円くらい掛かるのが普通で、私がタマンセントサにいた時には、平均4000円払っていた。インドネシア人にとっては、電気代は、ばかにならない。

 あまり、日本人は知らないようだが、プルサは携帯電話やWiFiの料金支払いに使われるだけでなく、電気代や衛星テレビ受信代にも使われている。その他にもあるかどうかは知らない。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆こんなものだ [生活]

 2931 一昨日は停電と雨漏りについて書いたが、その対策は、ローソクと水の落下地点へバケツの置くことでした。子供のことが懐かしくなってしまう。

水の管理が難しそうだ。我が家の水は、一旦、タンクに中に蓄えて、そこから、落とすようにして使う。多分、断水することが多いのでしょう。断水した時の対策としては、いいと思う。
IMG_5564.JPG
IMG_5565.JPG
外に使用量を示す計器が付いている水源からのバルブがある。普通なら、そのバルブは開いたままにする。そして、タンクの水が少なくなったころを見計らって、タンクから落とす水バルブを閉じ、水を使えない状態にし、水源からの吸水用のバルブを開き、吸水,給水をするポンプを稼働させて、タンクに給水をする。そして、タンクが一杯になったころを見計らって、逆の作業をする。ポンプを止めて、水源からの吸水バルブを閉じ、タンクからの落下バルブを開いて、水を使うことが可能になる。どうですか、簡単でしょ。全て、手動です。
ところが、タンクが空近くになっているかどうか、どうしてわかるの?勘である。完全に空っぽになってからやればいいのかもしれないが、トイレの水を使ったあと、自動的にトイレのタンクには、吸水されて一杯になるはずだ。ところが、元のタンクが空になってしまえば、トイレのタンクも空のままになる。どうですか、大便の後、水が流れない。慌てて、吸水作業に取り掛からなければならない。タンクの水が一杯になったころは、どうしてわかるの?勘である。一杯になったら、自動的にポンプが止まるなどのセンサーが何もついていない。一杯になっても、止まらないから、あふれ出してしまう。だから、そこにいて、見ていなければならない。

もう一つある。水源から吸水バルブが完全に閉まらないようだ。ポンプが回っていなくても、少しずつ、タンクに給水してしまっている。だから、水を使っていない時間が長いとタンクの上から水があふれ出す。それが分かったのが,昨日の朝だった。水が落ちている音がするので、見てみると、その状態。外の計器を見ると、少し回っている。閉じてあるのに給水してしまっているのでした。そこで、ポンプを回すとき以外は、外のバルブを閉じることにした。

小さいが、左端がその元栓。

昨日は、それを忘れて、閉じなかった。夜中、11時過ぎに、タンクからあふれ出ている水音がしだして、あ、忘れたと、気付いて、慌てて、外のバルブを閉めた。

こんなものです、インドネシア新築住宅は、安いので仕方がない。それも、ま、いいか。
sarjani husein.jpg
ヌサカンバンガン刑務所から脱走した二人に関するニュースが大きく取り上げられている。今、島に近付けないはずである。
Dua napi Lapas Nusakambangan, Sarjani dan Husein, melarikan diri. Kedua napi kasus narkotika itu kabur saat pergantian petugas penjagaan. "Hingga saat ini, petugas gabungan masih melakukan pencarian di sekitar lapas dan lokasi lain yang diduga tempat persembunyian dua napi yang kabur,"
ヌサカンバンガン刑務所の二人の囚人、サルジャニとフセイン、脱走した。彼らは麻薬犯監視役に成りすまして逃げた。今、囚人が隠れているだろう刑務所の辺り、その他を捜索している。

そして、先ほど、6時ごろ家に戻って、戸を開けたら、タンクから水が溢れ落ちている音がする。相当な量だ。直ぐに外の元栓を閉めた。昨日の夜、締めたし、今朝、出がけに、締まっているのを確認した。私がいない間に誰かが開けたのです。いつ開けたのか、どのくらいの時間、溢れ出していたのか、分からない。貸主を呼んで、支払いをしてもらうよう交渉するし、直ぐに、まともな状態にしてもらう。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感