So-net無料ブログ作成
検索選択

(^_-)-☆日本で再びゴルフ [思うこと]

(^_-)-☆日本で再びゴルフ 3107 車で40分、藤枝CC,8時過ぎスタート、インドネシアの場合は、昼食を挟むことはないが、日本では通常、50分ほどの空きを作って、昼食を取らせてから後半になる。しかし、今日の場合は、昼食がセットになっているので、ゴルフ場としては、食べてもらわなくてもいいからでしょうか、休憩なしで後半を続けた。昼食は13時過ぎで、インドネシアでの場合と同じ時間だったし、ゴルフ場を離れたのは、14時前だった。平日、ゲストで、キャディーなしのセルフで、食事つき。シニヤー無税で、1万円強だった。やはり、高ッ!!

オリンピックも1点,100円で、2千円払った。慣れないグリーンで、1パットが少なかった。
IMG5396.JPG
このコース、山岳コース、起伏はパンガンダランのチャガールアラムよりきつい。フェアウェーの先が見えないコースが多い。一緒の人達は、カートでボールの真横まで行かないと降りないし、打った後、必ず、カートに戻るので、私が、常に待つ。
それと、年齢によって、ティーショットの位置が細かく分けられていた。白の前に、70歳以上、80歳以上、そして、レディースの60歳以上、という具合だ。90歳以上は、レディースの60歳以上と同じ位置からだそうだ。前の組に91歳の方がいた。
日本でのゴルフは、こんなものだ。こんなゴルフの始まりだ。
IMG_5339-.JPG
残念なことに、昨年の暮れから正月にかけて、一緒に回った人、6人の内の2人が、足や腰が痛む、治らないといい、不参加だった。私と同じ年の人達だった。多分、この人たちが、回復して、ゴルフをやれるようにはならないと思う。私たちの歳になれば、そういうものだと思う。
IMG_5395.JPG
今朝、通勤、通学時間に、ゴルフ場に向かったが、その道のほとんどが、インドネシアなら、ルマーアバンからカラワンに向かう、ジャランラヤに匹敵する、国道一号、印象、バイクが全く、走っていない。自転車には会う。道の両側で、何気なく外を見ている人は皆無。

インドネシアの通勤時間の様子、バイクとの闘い、バイクの走りを利用する、これが、車の運転のコツです。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆極端な違い [思うこと]

 3106 先ほど、入れ歯の作り替えを頼んできた。多分、二年ほど前に、今日行った歯医者で下だけ総入れ歯にした。それが、歯茎の退化によってだと思うが、合わなくなってきていた。インドネシアで作ると、保険が効かないし、日本人だからと吹っかけれるので、日本へ帰るまで、我慢をしていた。早速型を取って、一週間後にできるという。今日の支払いは370円だった。
IMG_0323.JPG
二十年以上、主が使わないで縁側に置かれている碁盤。二十年以上前には、何人かがここへきて打った。そのうちの何人かは、もうこの世にいないと聞いている。明日、木曜日、近くの公民館の囲碁同好会へ復帰しようと思う。遊びに行ったことは、その間、何回かあるが、会員として復帰をしたことはなかった。今回は、一応、半年だけ、会員になろうと思う。当時の顧問の先生など、会員のほとんどは、いなくなっていると思う。
IMG_0320.JPG
庭の次郎柿、隔年で、成り方が違う。今年は豊作のようだ。柿木はインドネシアでは見たことがないが、どこかで、渋柿を作っているかもしれない。偶に、スーパーで灰を使って渋抜きをした柿が売られていることがある。ちなみに、インドネシア語に“渋い”という言葉はないと思う。
カリンも豊作のようだ。カリン酒を造ってみようかな。

インドネシアの私の住所、チカランティムールのチタリックと日本の私の住所、静岡、丸子とでは、環境が違い過ぎる。まったく、別の世界だ。
IMG_0668.JPG
私の棲み処、北の方からジャバベカゴルフに向かう、ここを右に曲がれば、直ぐだ。左に曲がればジャバベカ6の工業団地。結構、開けた場所だ。
IMG_0668-.JPG
私の家、西に向かう。先の信号を過ぎてすぐ左にある。その信号の右側は、北丸子工業団地になる。コマツや永田部品などがある。国道一号線、この歩道橋の右に、今日行った歯医者がある。とろろの丁子屋の看板があるように、この数キロ先に宇津ノ谷トンネル、蔦の細道など、古文書に出てくる地名の場所がある。

関係会社の手伝いはするし、ゴルフもするし、囲碁もやるが、せっかく、インドネシア語ができるので、希望者があれば、教えるボランティアをしようと思い、募集を始めた。静岡で興味がある方は、  
kota02@y6.dion.ne.jp
09042125986
のどちらかで、コンタクトをしてみてください。家に来ていただくことになると思う。自分で選んだ、インドネシア語講座の本を持ってきていただけば、無料です。実用インドネシア語を学べますよ。会社関係の人には、インドネシアの仕事に関する話もできますね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆日本生活始まり [思うこと]

 3105 今回のガルーダは、ガラガラだった。後ろの方の席で、窓側、三座席のひじ掛けを上げて、よく眠れた。いつも、後ろの席を取るが、以前は必ず、4座席を使って眠ることができていたが、最近、往復とも混んでいて、横になって眠ることができるのが少なくなっていたが、今回は、十分眠れた。
静岡に着いている。9時過ぎ、羽田、品川から静岡、11時には自宅着。暑い、インドネシアも暑いが、もっと、暑い。アラックバリやナッツなどのチョコレート、25kgほどのバゲジ、リックサックを背負い、京急は立ちっぱなし、機内、眠れたとはいえ、やはり、疲れる。

そして、直ぐに、パソコンをブックオフいって買ってきた。壊してしまったので、予備をできるだけ早くほしかった。ついでに、カメラの予備も買った。デジカメはあるかと聞いたら、まだ、あるよ、という。なんと、4千円で、16GBのメモリーカード付で買った。

妻、子供、孫とも久しぶりの対面、最長半年の付き合いになる。体の点検とゴルフの付き合い、そ
れと、孫たちに勉強を手伝うことで。過ごそうと思う。
IMG_0314.JPG
IMG_0313.JPG
自宅の庭は、真夏、アジサイも満開だった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆離インドネシア [思うこと]

 3104 最終日 朝、普通に出勤、ミーティングで、インドネシア人による、インドネシア人のための、インドネシアの会社として、皆さんの自立を激励した。最長、半年、出勤しない、ただし、日本にいても、できることは、ある。手伝いが。どうしても、必要というときには、遠慮なく頼むようにも伝えた。13時には、家に戻り、帰り支度やちょっとした掃除をし、冷蔵庫の中のものも整理をした。
 
今朝の工場の雰囲気 
IMG_1258.JPG
私がいない間に、住んでもらうノフィさんが14時過ぎなら行けるというので、会社から戻って、待っていた。家の使い方、注意事項を伝えた。特に水のことについて、メモを取らせた。使用量メーターのところにあるバルブは、外出するときに、必ず、締めてあることを確認する。また、貯水タンクのバルブも必ず閉めること。閉め忘れると、家の中が、洪水になるかもしれないと。

 ガルーダ インドネシア 23;30発 羽田便 会社から19時に出発、いつもは、日曜の夜の出発にしているので、渋滞に心配はする必要ないが、今回は、平日、ジャカルタを通過するので渋滞が心配、早めに出た。

電話はどちらもアクティブにしておくが、インドネシアのHPは交際電話になるので高くなる。インドネシアからは、e-mailをお勧めです。メールアドレスは、どこにいても変わらない。http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/このウェブサイトの左下に、示してある。
HP 08111007012  Indonesia
  HP 09042125986  Japan

ターミナル3でガルーダインターナショナルを使うのは初めてだった。アラックバリ(ただし、ココナッツが主原料だった)も堂々と大量に売っていた。
免税店で、アラックバリ二本、買った。アーモンドチョコレートなど5箱買うと一箱付いてくるというのも買ってしまった。合計1ジュタだった。

話は変わる、インドネシアでは麻薬関係のニュースが非常多い。ダンドゥッツの超有名なローマという男性歌手の息子がシャブをやって、懲役5年の判決が下ったばかりだった。先日書いたが、人気ドラマ、アナック ランギットの主人公が、ナルコバ所持で逮捕された。昨日は、シャブを1トン運んでいる船が捕まった。
IMG_1255.JPG
間も無く、機内へ、イミグレを通過し、なんだか、気が楽になった。2006年のパニック障害の時、インドンメシアからやっと脱出したときと、気分は、真反対、ターミナルの雰囲気をガラッと変わっているので、あの時に、自分の座り椅子の雰囲気は全くない。目の前に、なぜか、MARUGAME UDONの文字が見える。
    
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆最終ゴルフ [思うこと]

 3103 涙もなければ、抱擁もなし、またいつか会いましょうねと、握手だけでした。あっさりした別れの最終日でした。
IMG_1239.JPG
昨日、すっぽかした社長さん(EJIPのゴムロール屋さん)と、18時に、久しぶりの、リッポチカランのシンガラジャの日本食レストランで食事を始めた。まず、昨日のお詫びからの会話だった。

シンガラジャ、何か月ぶりだったでしょうか、日本と韓国文字だらけになっていた。レストランが増えていた。日曜の夕方だが、駐車している車も一杯だった。数か月前も、こんなにレストランが増えてやって行けるのかなと思ったが、多分、今は、半年前の二倍、こんな狭い場所に、日本食レストランだけで、10軒はありそうだ。
IMG_1250.JPG
キンタマニと武士道しかなかった20年前と比べて、ブロックMより、はるかに日本食レストランが多くなったリッポチカランだ。

その方、ゴルフのカートでよく一緒になる人で、良くしゃべる。左目が曇って見えるという症状で、いろいろな病院へ行った、日本に帰って、日本の病院でもチェックした。病名を聞いたが忘れた。その辺りの毛細血管が切れて、血がにじみ出て、それが邪魔をして、霞がかかったようになってしまったという。その治療方法についても、話をしてくれて、結局、一種間程前に、注射をインドネシアの目の専門病院Klinik Mata Nusantara(KMN)でしてもらったという。その後は、改善されてきているような気がするが、はっきり、効果が出ているとは言いけれない。症状が悪くなってはいないという。もう、二回、打つそうだ。それで、改善されなければ、レーザー治療をする、その効果もなければ、zty術をするそうだ。どうも、最初から手術をしてしまえばいいじゃないかという、気にはなないらしい。恐いらしい。奥さんには、もう、歳なんだから、片目が見えなくなったって、生活に問題はないでしょ、早く手術してしまいなさいよと、言われたという。

海外生活、16年だそうだ。50歳でフィリッピンに行ったのが最初で、中国、そして、インドネシアだそうだ。フィリッピンが良かったという、何が良かったのか、ダイビングが手軽にできる場所だったからだそうで、毎週末、潜りに行っていたそうだ。見かけによらない趣味を持っていたのにはちょっとびっくりした。道具を一そろいン、インドネシアにも持ってきてあるが、インドネシアでは、ダイビングスポットが遠いので、一度も使っていないという。ウエットスーツは、もう、使えなくなっているかもしれないという。

よく話を聞いた。2時間半、また、お会いましょう、私は、まだ、2年ほどはインドネシアですから、戻ったら声をかけてくださいということで、お別れをした。従業員1000人ほどの会社の、今年、5億円投資をした会社の社長さん、頭を抱えることも多いでしょうが、息抜きをしながら、気軽に経営をしてください。4月末の火事で、この会社も大きな影響があった。今は、その反動で、メチャクチャ忙しいそうだ。
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆疲れがピーク [思うこと]

 3102 送別ゴルフのため、休めずゴルフに参加。私の送別ではない、他の方、二人のためだ。Rpはもう、ほとんど、いらないと思い、円に交換してしまってあった。旅の費用が、予想の人数より多くなってしまい、ホテル代も食事代も、その他いろいろの経費が予定以上だった。それだけ、多くの人に經驗させ、喜んでもらえたのだから、それはそれでいいが、今日のゴルフコンペ代は、どうにかなったが、明日のゴルフ代やキャディーへのチップが足りない。ジャバベカの両替所で逆に円でRpを2万円買った。117Rp1円だった。これで、明日の分、何とかなる。



 ゴルフの後、日本に持ってゆくものの買い物を済ませたところで、頭がクラクラするほど熱っぽくなった。ふらふらしながら、家にたどり着いた。そのまま、ひっくり返ってしまった。16時ころだった。そのまま、寝込んでしまった。18時過ぎに、TELが入った。あっと思った。リッポチカランで18時に会う約束をしてあったことを、瞬時に思い出した。しまった、と思った。案の定、その方からだった。約束をすっぽかした。疲れがピークに達していたとはいえ、カレンダーにメモってあるにもかかわらずだ、すっぽかしてしまった。平謝り、明日、必ずと、改めて、約束させていただいた。私の最終日なので、私も、このまま、会えないで帰ってしまうわけにはいかない。それにして、私自身にショックだった。
IMG_1229.JPG
 たこ焼きは、今やインドネシアでは、どこにでも、当たり前にある屋台だ。20年ほど前にはブロックMに一軒あっただけだった。インドネシアのたこ焼きはブロックMが元祖だと思う。リッポチカランに知っているだけでも3か所ある。
IMG_1222.JPG
 私がいつも手伝ってもらっているキャディーは、結婚出産の休みを合わせて、5年以上になる。今日、明日で、お別れである。「人生是離別」別れるときは必ず来る、ヒドゥパンニヤ スプルティー イトゥHidepanya seperti ituと、こんな話をした。彼女には、ほとんど、毎週末数時間ずつ一緒だったわけで、マリアさんに次ぐ、話し相手になった若い女性だ。私が若い気でいられるのも、彼女の存在が大きい。今日もちょっと涙ぐんでいるような時がった。明日、最終、なんと、声を掛けようか、どうしようか、どうなることでしょうか。多分、あっさりとした挨拶になると思う。 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆戻った [旅]

 3101 朝から雨、今回は、日の出、日の入りには恵まれなかった。それにしても、平日のも関わらず、早朝から、両海岸に出てきている人が多い。聞くところによると、学校が始まるのが来週からで、家族連れや一族連れが多いそうだ。ウミさんのレストランも24時間、オープンだそうだ。

さて、8時には出発、途中、ルンバー プトゥリはクローズになっていたが、カラン ニニによる。ジャティのプランテーションがあるでこぼこ道を下って、海岸近くの駐車場に着く、歩いて、ちょっと下ると、海に着くでた場所に着く、両側に、壮大な海岸景色が広がる。西に、パンダンダランの組み根っこから半島が一望できる。東側は、ヌサカンバンガンが見える、その手前に、パンタイカラピアックなどの行ってみる価値がある、美しい、海岸が点々としている。
IMG_1218-.JPG
IMG_1218^.JPG
私にとっては、見慣れている景色なので、感激も何もないが、連れの皆さん、ここでも,大はしゃぎ、初めてに人にとっては、そんなかなと思う。私も20年近く前に初めてだった時がった。皆さんが、生まれたばかりのころだ。その時の印象は、景色より、ジャティの木がきれいに植わっていたことと、道が綺麗に舗装されていて、流石、観光スポットして、整備されているなと思ったことを記憶していた。
そのジャティは、今、なんだか、手入れをしていない、植えて、そのまま放置という感じで、自然に生えて、伸びてしまった雑木の方が多くなって、雑木林になってしまっている。これで、いいのかなと思う。聞くと、ラスクなってしまって、出荷しても赤字になるらしい。そして、アスファルト舗装された道も、見事に剥げていて、でこぼこ道になっていた。連れのDEKOBOKO凸凹の日本語の意味を教えた。

10時には、ジャンジャルサリを通過、帰りは渋滞はほとんどなく、順当なドライブ、ただし、途中の食事、トイレや土産物の購入などで。一時間半ほどのロス、一人が、カラワンの町の中の人だったので、カラワン バラットで高速からおり、北に向かって、ジャランラヤになったところで下ろし、高速に戻らないで、そのまま西に向かい、自宅方面に向かった。無事、皆さんの迎えが来る場所に下ろし。自宅に戻ったのは19時だった。疲れガピーク、途中で買ったウビを食べて、直ぐ寝てしまった。
IMG_1218.JPG
チレニーからパジャジャランのバンドゥンバイパスは、皆さんはぐっすり寝てしまっていて、私もどう走ったか覚えていないほど、ほとんど、居眠り運転をしていた。サービスエリアーによって、冷たいコーヒーを飲んだり、顔を洗って,眠気を解消した。

順調な帰りチプララン高速道路、62km地点、この辺りが、2019年に完成する高速鉄道の中間地点になる。

まだ、できるなと思った。
タグ:満足 疲れ 感激
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆パンガンダラン [思うこと]

 3100 昨日の16時近くに出発、いきなり、チバトゥから渋滞、これは参った。真夜中に、パンガンダランに到着した。それでも、いつものように、400kmほど、7時間半の行程だった。

8時過ぎにチャガールアラムにラシッド君とアウェン君を一緒に入った。人数が多いので、二人に手伝ってもらった。乾季のはずが、どうも、雨の日が多いらしい。これではラフレシアに会える確率は少ないと思いながらも、ぬかるんでいる山道を歩き回った。連れの四人はコンプレン、初めてのことだし、思っていたより、厳しい歩きなのでしょう、途中で、引き返したいという人も出てきた。何とか、なだめながら、滝の上まで到着した。滝つぼへ降りる雰囲気ではなかった。文句たらたらもどこへやら、写真を撮りまくり。

何とか、出てきたのが、13時過ぎ、東海岸のシーフドレストランで食事、ここでも、皆さん、上機嫌、今まで、多分、こんなに無制限に、魚、エビ、カニなど食べたことが無かったのでしょう。かぶりついていた。

食事後、直ぐにグリーンキャたことがない場所だよ、と、話していた。ところが、行ってみれば、そこの小さいボートに乗っただけでも、はしゃぎだし、到着して、ライブジャケットを着けて、泳ぐと言い出し、崖下で泳ぎだした、というより、水遊びをしだした。私は、ここ、何度も、泳いでいるので、どうでもよく、ボートで、貴重品の番人をしながら、居眠りをしていた。ここでも、まったく初めての場所だったし、いい場所だ、太田さん、ありがとうと、感激していた。
IMG_1123-.JPG
時間があったので、パンガンダランへ帰る途中、バトゥ ヒューに寄ってみることにした。途中、ウミガメ(プチュ)の世話をしている施設があったので、見学をしたここでは。ウミガメを抱いてみることができる。インドネシアでは各地で、ウミガメの産卵地があり、ジャカルタ付近で一番有名なのは、プラブハンラトゥーにある。パンガンダランの西、15kmほどのこの場所にも、産卵場所があったのかと、初めて知った。バトゥ ヒューでの景色も堪能したようだった。
IMG_1122-.JPG
17時半ごろ、ウミさんのレストランで、食事、私は、テンペゴレンとアヤムゴレンで食事をした。みなさんは、バソを主体に注文していた。ここでも、満足、そこで、私はホテルに帰ったが、皆さんは、電飾飾りのオドンオドンで、土産物の店巡りをしたそうだ。大量に仕入れて帰ってきた。
IMG_1123.JPG
初めての経験(子供のころ皆さん来たことがあったという)ばかりで、いろいろな体験が皆さん一緒にできたこと、大いに、楽しんでもらった。チャガールアラムの大変さも、いい経験になったのでしょう。
この旅、多分、いい思い出になるでしょう。竜宮城の亀も抱っこしてみることができたし、私自身も、今までにない、パンガンダランの旅をしているという印象がある。連れの皆さんは、どこの誰でしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆出社最終日 [思うこと]

 3099 実質、仕事の最終日でした。新製品の見積もり依頼も数件入っている。図面がはっきりしないものもあり、どうして、こんな図面を出してくるのだろうか、どう見ても、製品にならない、妙な図面だ。出したご本人にどんな製品なのかイメージがあるのだろうか、疑いたくなる。
IMG_0944.JPG
継続生産の一つです。この製品もインドネシアでは、私たちのところでしかできない。ABSの大型プロファイルです。
IMG_0942.JPG
ま、それはさておき、とにかく,キリがないので、ほっぽりだして、もう、インドネシアでの仕事は終わりにして、夕方、パンガンダランに向けて出発。54歳の時に初めて行って、20年後、これが、最後になるかもしれない。何回、そう思ったことでしょうか、そして、また、向かっている。
現在位置、出発して7時間経過、パンガンダラン ゲートまで4kmほどのポンパ ベンシン(GS)にいる。日付が変わる直前だ。これから、直ぐに、ホテルに入る。

今回は、特別で、私を含めて5人、一人なら、短時間で済むトイレコンビニでの買い物、大勢なので時間がかかる。その都度、私が来るまで待つ。多分、1時間近いロスだと思う。そして、12時半にゲートをくぐった。ホテルは、ブミ ヌサンタラ、西海岸のかなり古くからあるホテルで、10年以上前に、何回か利用した。大部屋が開いているのはここしか当たらなかった。

疲れて、すぐに寝た。
 
タグ: 夜中 大人数
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆何とかなった [思うこと]

 3098  “アナック ランギット“昨日逮捕されたアマール ゾニの姿は無かった。突然、失踪したことになったようだ。
また、ヌサカンバンガン刑務所からの脱走者が2人ですね。明日から、チラチャップ ヌサカンバンガン方面に行く計画していたが、これでは、付近が閉鎖になってしまっているだろうから、変更をしなければならないかもしれない。重犯罪人の島流し、死刑執行の島、刑務所ですから、できれば、脱走したい気持ちは分る。先ほど、ラシッド君に電話して聞いたら、外国人は上陸できないという、インドネシア人なら良いと言っていた。以前、脱獄事件があった時も同じようなことを言っていたが、それも、妙な話だと思うので、行ってから、確認しようと思う。
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/yanto.html

PCの原料ですったもんだがあって、それでも、その原料でゆくしかないので、新規に購入してあった。スクュリューが折れたのも、その原料だからだった。今回、ロットが違う。様子を観察しながら、流し始めた。前回のロットに比べて、今度は、妙に溶融粘度が高い、出てきた樹脂が直ぐに固まってしまうほどだった。慌てて、温度を上げた。前回は、温度を上げれば、直ぐに分解が始まり、艶がなくなり、筋が出てきてしまったが、今回の原料は、20度あげてやっと、私が正常だと思う粘度まで下がった。そして、外観もまともにきれいのままだった。やはり、ロットによって、この原料は、物性が大きく違うことが、改めてはっきりした。今回の原料は、まともに、非常に成形しやすいものになっていた。これで、スクリューの心配もなくなったし、まともな製品ができるようになった。そのまま、量産に移行した。
今回は、これでいいが、ロットが変わるたびに、温度条件など、成型条件を大幅に変える必要性がある恐い原料だ。落ち着いたら、他のメーカーからのものに交換する必要があるかもしれない。
IMG_0937.JPG
もう一つ、S-PVCの原料も、今朝、入荷した。早速、昼過ぎから、トライを始めた。一応、できたようなので、サンプルを取る。外観の改善と内側の辺のふくらみをなくすことだったが、どうでしょうか、完全に透明なので、ちょっとした歪のようなものでも凹凸に見えるので、完全につるつるというわけにはいかない、辺についても、改善はしたが、まだ、ちょっと膨らんでいるような気がする。とりあえず、必要な本数だけ作ることにした。
IMG_0935.JPG
私が間も無く日本へ行ってしまうということで、スマランのコミサリス、エンダンさんがご主人と一緒にやってきた。毎年、一回は日本へ仕事で行くことは知っていた。今年も11月に、日本に行くそうで、その時には、会いましょうということだった。まあ、大過なく、会社は動いている、ヘニー君で大丈夫、私も日本から手伝いはできるということで、ま、安心でしょう。昼食はマサカン スンダのレストラン、Mang Kabayanでした。グラメゴレンとソッ ブントゥットゥとカンクンでお腹一杯ご馳走になった。満足!
 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆最終週 [思うこと]

 3097 足枷というか、やり残しというか、懸案事項が2つ残っていた。今日、それが、一挙に、消えてなくなることを期待していた。結果はどうだったか。

折れてしまったスクリューの交換品が入荷した。本当は、レバラン休み前に入ることになっていたが、甘かった。そして、薬味明け一週間遅れでやっと入った。25φなので、圧縮比を3.5にすると、供給部のシャフトが細くなりすぎて、ねじれたリ、折れたりする心配があるので、2.5にしてみた。どうかと思い、直ぐに、流してみた、一応、問題なし、普通に使えそうだ。明日朝から、本格試作をする段取りになった。

もう一つ、こちらは、原料がまだ入らない。何とか、12日までには、最終試作を済ませたい。

夕方、再び円買いにリッポチカランまで行ってきた。119Rp.1円だった。円が安くなっている。また、帰り途中、タマンセントサの入り口近くのヘアーサロンに寄った。以前は良く利用していたが、久しぶりである。変わっていない。帰国の準備の一つだった。
IMG_0920.JPG
帰国といえば、間も無く、高齢者一人暮らしも、一時、中止になるが、まだ、自炊はしているわけだが、食材の備蓄が、調度無くなるように、気を使いだした。最終的に、冷蔵庫の中を空っぽにしなければならない。米は、昨日で無くなった。だから、ブンクスか果物インスタント品やパンを食べる状態になっている。ところで、ジャガイモの余りがあって、食べてしまおうと思い、塩ゆでにしたのはいいが、弱火でそのままにしていて、うたた寝をしてしまい、一時間ほど後に、焦げ臭いにおいを感じた。やってしまった。既に手遅れ、真っ黒なジャガイモ原料の炭が出来上がっていた。こういうことは、初めてではないので、本当にチョロ火でしかしないので、真っ黒になるだけで、いつも済んでいるが、ガス栓のタイマーが欲しいと思う。あるのかな?
IMG_0930.JPG
人気テレビドラマ“アナック ランギット”の主演男優Ammar Zoniが麻薬関連で逮捕されたね。明日からの番組どうなるのでしょうか。
https://www.dream.co.id/showbiz/gunakan-narkoba-ammar-zoni-ditangkap-polisi-170710d.html

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆興味津々 [思うこと]

 3096 今朝からのゴルフ、インドネシアに赴任してまだ2カ月余りのある現地会社の社長さんと同じカートになった。何もかも新しい、吸収したいことが山ほどある。責任ある立場ながら、経営的に安定している会社、私にとっては、非常に羨ましい時期だ。私にも、ずっと以前、こんな時があったなと思う。

ちょっとした言葉でも。メモを取っている。ポリガミとか、スリンクとか、何とかドンとか、そんなに、早く覚える必要のない言葉でも、キャディーから話が出ると、その単語を繰り返していた。ブランカットやサンパイ、今、話題テレビでよく使われる言葉も繰り返していた。いいね。

歌にも興味があるようで、多分、既にカラオケにも何度か言ったのでしょうか、しきりにダンドゥッという言葉が出てくる。女性が踊りながら歌ったのでしょう。イスラムが良く許しているなと思うような、腰振りダンスを伴った歌のことで、インドネシアでは、伝統的な歌のジャンルだ。チカラン出身のサスケヤ ゴティックという女性歌手の話もキャディーから聞いていた。イヌル フィスタという、インドネシアではもっともう有名な歌手がオーナーになっているファミリーカラオケの話もメモをしていた。

私が、その中で、話したのは、インドネシアの民謡的な伝統的メルディーのクロンチョンについて、ちょっと、説明してみた。代表的な歌に“ブンガワンソロ”があると、ちょっと、歌ってみた。50歳くらいだと思う、彼、まったく、知らなかった。20歳くらい私より若い、そうか、もう、この世代では、知らないのだなと思った。小学校の音楽で、私たちの世代は習った。“ブンガワンソロ 清き流れ~~~”と、インドネシア民謡として習った。
https://www.youtube.com/watch?v=MIaHxGCvhT4 ユーチューブ一年ほど前のテレビ番組からです。歌が本物か偽物かを見分ける番組です。テレビによく登場するタレントが評価をする。この時は、プトゥリ アユがゲストで出てきたいるし、司会は、今、インドネアシアで一番忙しい、ラフィだ。審査というか、予測するタレントには、サスケヤ ゴティックやアユ ティン ティンもいる。そして、一カ月ほど前に子宮がんで亡くなった、ジュリア ペレス(ジュペ)もいる。白のズボンで上も白、時々、黒い上着を着ている女性、見ていると、一人、元気はない、他の人が動き回っっているのに、彼女は動かない、この時、既に、具合が悪いのだなと思う。
https://www.youtube.com/watch?v=N4ylaIUS_1s&list=RDN4ylaIUS_1s#t=0プトゥリ アユについても紹介した。

私はあと一週間、日本へ帰る。新しい人、既に古い私、対照的な同行者でした。
IMG_0909.JPG
ある人の送別ゴルフでもあった。話が長くなり、帰りは15時過ぎ、途中、一点俄かに掻き曇り、大粒の雨が雷と共に降ってきた。乾季だが、スコールは、ほぼ、毎日ある。
IMG_0914.JPG
臨時ニュース、二カ月ほど前に、指名手配されていた、二人組の殺人犯が一人逮捕され、一人は抵抗したので射殺された。という。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆思うようにしたい [思うこと]

 3095 今日も聞かれた。太田さんは、自炊をしているの?お手伝いさんは、使っていないの?と。“ん、自炊だよ、使っていないよ“ と、答える。”高齢者一人暮らし、お手伝いさんに来てもらっても、やることは、ほとんどないよ、僕のためというより、仕事の大部分は、自身のためだけになってしまうよ”とね。”それに、お手伝いさんがいれば、狭い家だから、何かと、気を使わなければならない、例えば、自分の居場所や服装もね“ということになる。自由が利かなくなる。
料理、食べ物は、自分で作れば、全て、納得だし、カキリマからブンクスでも、納得する。味をどうのこうのと、思ったり、言ったりする必要がない。洗濯やアイロンも、自分が思うようにできる。とにかく、他人にやってもらうなら、車の運転もそうだが、何でも、自分がすれば、こうするのに、という、思いが必ず出てくる。要するに、不満が出てくる。自分が思うようにやってほしいと思い、そして、言いたいが言えない、もし、口に出して言ったとしても、その通り、私の思う趣旨道理にできるとは思えない。だから、自分で、なんでもすれば、全てに、納得する。
旅も一人がいい。同じ理由だ。二人以上の旅は、全ての行動について、自分自身より、一緒の人の気持を伺いながら、しなければならない。それに、他人がリーダーの旅はしたくない、私が付いてゆく旅はしたくない。必ず、自分のしたいことができなくなるからだ。団体旅行は嫌いだ。例えば社員旅行だ。旅行者に行程やガイドを頼む、私が抜けるわけにはいかないから、ついてゆくが、ぞろぞろ歩く集団の中に、私がいることはない。ガイドの説明を聞くこともない、ちょっと、離れて、歩いている。この集団とは、私は関係ないよ、と、ささやかに、主張している。

金銭的なこともある。他人が絡んでくると、どうしても、私が余分に出すことになる。“いいよ、いいよ、ここは、僕が、出しておくから“ということになる。割り勘など、皆さんで負担するときも、皆さんより、多く出して、金額を合わせることになる。車で行くなら、車関係費用は、私の負担になる。それで、皆さんがいい旅だった、連れて行ってもらってよかった、と、思ってもらえるのかも、気になってしまう。だから、一人旅がいい。皆さんと一緒に、楽しめるということはあり得ないと思う。でも、過去は、よく、私の行きたい旅先に、他の人を連れて行っている。行ってみたいという人が、あれば、いいよ、と、一緒に行く。帰国する前に、旅をしたいと思っているが、その話をなんとなくしていたら、連れて行って、と、言った人が、何人かいた。

仕事も一人がいい。自分の課題の仕事は自分自身でやりたい。他人に手伝ってもらうのも嫌だし、他人の仕事に手出しや口を出すのも嫌だ。任せてもらえれば、全て、最初から最終、製品ができるまで、一人でやりたい。手伝いたい人は、必ずいる。手伝ってもらうにしても、重いものを持つとか、自分一人ではできないものだけに限りたい。私の手伝いを、私が思うようにできる人はいない。必ず、なんだかんだと、アドバイスというか、注文を付けることになる。技術指導の内だと思う。新しい製品を立ち上げる技術指導が仕事だから、対象の人に、できるだけ任せるようにしているが、不満は沢山ある、言いたいこともたくさんある。それも、自分のペースで言いたいし、やらせたい。

太田さん、神を信じますか、とよく聞かれる。“信じないよ、自分を信じているから、どこかの誰かに、頼ることはないし、神がいたとしても、頼むことは何もないよ、全てが、自分次第、自分の責任だからね”
やはり、一人がいい。自立がいい。
IMG_0895.JPG
コールオンで、グリーンの後方に控えているキャディー。完全リラックス
IMG_0884.JPG
“オドン オドン“って。知っていますか。オドン会社のトラックの出発です。割礼をした男の子のお披露目行列のことです。神輿のようなものに乗っけられて、町内を一回りするのです。鐘や太鼓を響かせながら。
タグ:自由 自立 一人
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆入社テスト [インドネシア]

 3094  20年前から、ほとんど変えていない算数の入社テストです。私が指導しているプラスチックの押出成型には欠かせない計算も含んでいます。
1番、パレットに載せてある袋が40で、一袋25kg、合計何Kgか
4番 外形18mm内径15mm、肉厚は何mm 
5番 パイプの寸法公差、13±0.15で、最小と最大寸法は?
8番 1M/1分で生産している製品の長さが200mm、1時間に何本できるか。
IMG_0876.JPG
私が知る限り、20年間、100点満点の人は一人もいなかった。UI卒業の人も満点はいなかった。平均50点でしょうから、高卒インドネシア人にとっては、適切な問題だと思っている。円周や面積や歩留まり計算や分数同士の足し算を出してみたことがある。計算に取り組んだ形跡もほとんどないくらい、手を付ける人はほとんどいない。
全然、進歩をしていないことがわかる。こういう問題ができないからと言って、生きていけないわけではない。宗教教育の方が遥かに必要な世の中だから、テスト結果は、当然だと思う。80点以上の人を、適正テストの結果と合わせて評価をする。

押出と関係ない会社でも、試してみませんか、日本なら小学校卒程度?以下でしょうね。

突然ですが、南の島に雪が降る、のではなく、雹が降る、です。珍しくありませんが、降ればニュースになる。山岳地、山岳都市に一年平均、数回は降るでしょう。長時間でも広範囲でもないが、突風を伴って、雹が降る。最近は北スマトラのメダンとトバ湖の間の山の町に降った。100軒ほどの家の屋根が壊された、と、なっています。
バンドゥンにも、毎年、どこかで降っていて、この辺りでは雹といえばまたバンドゥンか、というくらいだ。今年3月ジャカルタに雹が降ったというニュースも聞いたことがある。ウジャン エス、氷の雨と言います。決して雪(サルジュSalju)ではない。インドネシアで雪が降ったというニュースは、20年間、一度もなかった。有れば、大ニュースになるでしょうが。パプアのプンチャック ジャヤに氷河があると聞いているが、雪が降ったかどうか、確認しようがないのでしょうね。
IMG_0873.JPG
Merusak Atap Rumah dan Bangunan アタップは、屋根ですね。
Cuaca ekstrem melanda Kabupaten Karo, Sumatera Utara. Hujan es turun, Senin sore, 12 Juni 2017. Badan Penangulangan Bencana Daerah (BPBD) Kabupaten Karo mencatat kurang lebih 100 rumah rusak pada bagian atap.

錦織選手って、石川遼になるかもしれないね。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆飲料水 [思うこと]

 3093 アイル ミヌムAIR MINUM飲み水ですね。インドネシアに赴任してきた人は、必ずと言っていいほど、何週間か以内に、腹痛に見舞われる。私も。21年前に赴任して、一か月後くらいだったと思うが、どうにもならない、強烈な腹痛に見舞われた。強烈な下痢だった。日本にいたときには、腹痛、下痢になっても、出してしまってしばらくすれば、治ってしまっていた。しかし、この時には、会社に来て、数時間過ぎても直らない。当時はジャカルタのSOSしか、日本語を話せる病院が無かったらしかった。タケノコはあったのかな。ただ事ではない、たまりかねて、SOSへ連れて行ってもらった。しかし、途中で直ってしまった。なにやら、薬をもらってきた覚えがある。
 ということだが、それ以来、20年以上、一度も、腹痛で、そういう目にあっていない。パニック障害は別物。普通に、道端のカキリマやテントワルンでブンクスしたり、その場で食べたり、しているが、なんともない。食器を洗っている状態は、目をそむけたくなるがね。氷は禁物、ということも、知られているが、私はなんともない。ゴルフのプレー中、途中のワルンで、お気に入りのコーヒー、GOOD DAY、大きな氷を入れてもらって、増量し、5000Rpで買って、氷が完全に溶けるまで飲んでいる。他の日本人には、絶対、勧めない。
IMG_0843.JPG
 家で飲んだり、料理をしたりする水は、一応“AQUA”を使っている。食器などを洗うときは、水道の水を使う。ところで、このタンクローリー、飲み水と書いてある。何処から来たのでしょうか。ガロンボトルと一般的に言われている19Kg入りの飲み水のボトル、空になったら、こういうタンクローリーから補給し、キャッツをすれば、あたかも、“AQUA”そのものに再生される。キャップやシールの偽物も沢山ある。どうですか、インドネシアの大半の人は、こういう、偽物を飲んでいるのです。私たちも偽物を飲んでいるかもしれませんね。アクアだからアデスだから、プリスティンだからといっても油断なりませんネ。小さいボトルも、どうでしょうか。スーパーなどではだいじょうぶでしょうが、道端のワルンなどでは、どうでしょうか。一時、アクアのコマーシャルで、“空きボトルを捨てるときには、キャップを取って、ひねりつぶして捨てましょう“トいうのが、盛んに流されていた。回収されて、再利用されるケースが多かったのでしょう。

 この19Kgボトル、私にとっては、ディスペンサーに乗せるとき、かなりの覚悟と用心がいる。まず、腰の来ないようにする。キャップの先を穴の中心に目がける、うまくいかない時には、かなりの水を外にこぼしてしまう。中心に小さな穴が開くように小さな抜けるキャップが付いている蓋がある。それを使えば、穴の中心が抜けるまで水が出てしまわないようになっている。その小さいキャップは、ボトルの中に入って、上に浮いている。空になった時に、ついている穴空きキャップを外して、その小さいキャップをつければ、元のキャップに戻るので、何度でも再利用ができる。次のボトルにはめれば、何度でも使える。忘れてボトルの中に入れたままにして置く人はいないと思う。
IMG_0869.JPG
 また、会社やレストランなど大量に使うとことは、仕入れたままのキャップを外さないで、消毒ティッシュで拭いて、ナイフで十文字にキリ込を入れるだけで、ひっくり返してセットするのが一般的です。これが、一番、安全で安上がりで、簡単ですね。

 ところで、“社員から、太田さん、病気?何か、顔がちがう”と、今朝から、何度も言われた。本人、ちょっと、体が重いかな、熱がちょっとあるかなという感じは、起きた時からあった。何か、そんなに、変わって見えるほど、いつもと、違うのかなと思った。ちょっと、疲れているかもしれない、と、答えていた。心当たりは、ゴルフをやりすぎ、そして、ドリアンの食べ過ぎくらいだ。年寄りは、疲れや食べ過ぎでの変調は時差があるからね、っと。痛いのも下痢もない。食欲も普通。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆円を買う [日常]

 3092 間も無く、日本に帰り、半年ほど日本になるので、こちらのRp預金の一部を円に換えて持ってゆく。そのため、先月から少しずつ交換をしていた。今日が最終回にした。リッポチカランやジャバベカにも両替場は何か所かある。しかし、ずっと以前から、これらのマネーチェンジャーでは、円がほとんどない。10万円以上(12ジュタRp)を準備できるところはない、予約しても、できない。また、銀行で両替には、手間がかかるし、やはり、予約が必要、会社の経理に頼むのも、仕事を増やすので頼みにくい。
 一般のマネーチェンジャー(ジャカルタの事情は知らない)は、円やドルをRpに交換する客対象になっていて、Rpを円に換える客は少ないので、円を準備して置かないで、Rpを準備してある。だから、Rpを円に交換をするには、その前に円でRpを買う客がいなければならない。だから、円がない場合の方が多いのです。有っても、一万とか二万とかの円なのです。だから、今は、その辺りの両替所にはいかない。以前、行ったときには、明らかにカラオケやマッサージで主張の日本人から受け取ったであろう千円とか二千円をRpに交換している女性を見かけた。

だから、私は、円に交換する場合は、MM2100のルコにある両替所を使う。MMで仕事をしていた時から、の付き合いで、顔なじみである。以前はロッテマート側の入り口付近にあったが、今は中の通りの“サクラ”の隣、“HIS”の向いに移動している。ここは、女性が円をRpに交換するのではなく、日本人客が多い。だから、ある程度の円をいつも持っている、夕方近くなら10万円くらいは、毎日ある。顔なじみということもあるだろうが、また、予約をすれば、ルコ内の日系の銀行から融通してもらって、翌日までに、準備をしておいてくれる。銀行で手続きをする手間がいらない。ここで、私は30万円をRpで買ったことがある。今日は20万円を買った。121Rp1円だった。ちょっと円安になっているのかな。
そして、今日は、隣の“サクラ”で日本への片道ティケット、ガルーダの羽田便を3,8ジュタ(3万円強)で受け取った。

偶に、まとまった円を緊急に必要な日本人に、私は、円を貸してあげることがある。チカラン辺りでは、円を買うのは難しいからだ。
IMG_0858.JPG
IMG_0859.JPG
MM2100からの帰り、ジャラントールは渋滞していることが分かっていたので、ジャランカリマランで帰ってきた。MM側から、広がった橋を渡るのは、初めてだった。以前は左の橋だけだったので、大型がすれ違えず、交互通行になっていたので、いつも、大渋滞になっていた。日本では考えられない、中途半端な幅の橋を作るのがインドネシアですね。ここだけではない、デルタマスにも同じような橋があった。どちらも、今は、もう一本、橋を作ってある。まったく、余計な手間をかけるものだと思う。
真っ直ぐ行って、カリマラン川を渡って右折し東に向かう。この通り、この通り、ジャバベカまで、渋滞無しの、順調だった。
IMG_0845.JPG
テレビ画面で韓国が目の色を変えて怒り狂う”旭日旗“に、そっくりな、マークを見ることは珍しくない。これは、人気番組”Tukang Ojek”“バイクタクシ-“の一こまだ。Tシャツプリントされている。他のレギュラー番組の中でも、見ることがある。韓国は抗議をしないのでしょうか。日章旗や旭日旗のシールを張っている車も見かけるし、ペイントしている車も見たことがある。インドネシアでは、結構、気に入られているように感じる。それにしても、朝日新聞のマーク、旗に抗議がないのは、意味不明ですね。甲子園の高校野球の様子を見れば、韓国人は卒倒してしまいそうなほど、旭日旗のそっくりさんだらけなのに、ですが。新しい大統領に、安部さん、直接、聞いてみたらいかがでしょうか。朝日新聞ソウル支社ってあるのでしょうね。マークはどうしているのでしょうか。

タグ:準備 帰国 両替
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ハンドスピナー [日常]

 3091 渋滞の道端で、いろいろな物売りが、車によって来るのは当たり前、高速道路でも当たり前のインドネシア、ジャバベカのある場所で、ハンドスピンーを売っているのに出会った。アメリカで爆発的な売れ方をしているというニュースを見ていたので、ちょっと、興味本位で買ってみた。高!!5万Rpもした。メイド イン チャイナだ。早速、真ん中を摘まんで、まわしてみた。ナニコレ、それだけ?ベアリングが使われているので、抵抗が少ない、なかなか、止まらない、中国製にしては良く回る。ただそれだけである。回しながら何かの技をするというわけでもないらしい。こう書くと、必ず、そんなことはない、技は一杯あるぞという人がいるだろう、しかし、それは、少数のマニアだけで、一般的には、ただ回すだけだと思う。数回、勢いよく、まわしてみて、何か変化があるのかなと、見つめたが、やはり、何もない。孫たちに見せるために、帰国のバゲジに放り込んでしまった。
IMG_0842.JPG
工場が動き出した。約二週間ぶりだ。そして、私の仕事日も残り5日ほどになった。気掛かりになっている二種類の製品、一つは原料がない、一つはスクリューがない。そして、今日になって、やっと、今週金曜日前には入るという返事をもらった。もっとも、二つとも連休前に納入するという約束があったが、いずれも、無視された。というのは、私の方から、納期通りの入荷を直前まで、確認しようとしていたが、結局、遅れるとも言わない、そして、その理由も言わないまま、そして、休み明けのいつになるとも、聞かされないまま、休みに入ってしまった。
そして、昨日、また、こちらから、いつになるか、しつこく、問い合わせたところ、やっと、昨日の夕方と今朝、それぞれ、今週中に届けると言ってきた。もう、まともに信じていないが、期待するしかない。客先との約束がギリギリ果たせるかどうかの瀬戸際になっている。インドネシアらしい。
IMG_0839.JPG
IMG_0851.JPG
らしいといえば、火事、頻繁に燃えている。ほとんど毎日火事のニュースがある。インドネシアの家屋、地方のヤシや竹で作った家と違って、ジャボタベック(ジャカルタ、ボゴール、タンゲラン、ブカシ)の住宅の多くは、レンガとタイル、コンクリートでできている。中身はプラスチックや木を粉にして固めた板が材料の調度品が多い。そこで、ちょっと、火が起きれば、たちまち燃え上がる、そして、壁が共通、家がくっ付いている。瞬く間に延焼してしまう。消火器もほとんど意味をなさない。消防も来るのが遅い、水道からの水もちょろちょろしか出ない。大概、跡形もなく燃え尽きる。日系企業が焼けた5月末のチカンペック、ブキットインダーの火事も、典型でした。
DIDUGA AKIBAT KORSLETING LISTRIK 電気的短絡(ショート)と疑われる
Api karena pendek listrik電気ショートによる火事がほとんどだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆仕事はじめ [思うこと]

 3090 全員が日勤、明日から三シフトが始まる。若いのに全身リュウマチ、そんなのあるの、と思うが、で、休みがちだった一人だけが、その理由で、出てきていなかったが、その他、全員が、戻ってきた。戻り率が異常に良い。THRをもらって、辞めてしまったり、ムディックから戻らなかったりして、初日に出てこない人が、多いのが普通だからだ。

その関係でか、こちらが急いで欲しいものがあって、メールや電話で、問い合わせても、返事がない場合が多い。仕事にならない。客先から催促があるものもそれが手に入らなければ、返事ができない。だから、客先も、私からの返事がないと、思っている、と思う。日本の正月の仕事初めて同じようなもので、一週間ほど、世の中の動きが鈍い。
IMG_0749-.JPG
IMG_0750.JPG
連日、撮影対象だった蓮の池とキャディー、そして、白い蓮には赤とんぼがいつも群がっている。

大学の同級会の案内が入った。今回の幹事は、山梨在住の方々だそうで、甲府市内集合が、10月初旬ということで、三か月前からの案内でした。メールの宛先から推測するとご本人を入れて、26人、39人いたが、一人は早いうちに亡くなっているので、38人でなければならないが、住所やメールアドレスが分からなくて、音信不通の人が12人なのでしょうか。亡くなった人がいるという知らせは聞いていない。
二回に分けて、案内を送っているなら、半々として20人弱ずつくらいに送るはずでしょうね。多分今回は、私が参加できるように日を決めていただいたのかと思う。インドネシアに来てしまってから、私が出席したのは、確か、15年ほど前の一回だけだったと思う。どうも、タイミングが悪く、参加ができなかったが、今度は出席できる。

私の同級生、多分、私が一番に近い年下だ。とにかく、現役で入った同級生はたったの5人だけだった。平均で、多分2歳年上だと思う。一番離れているのは5歳上だと思う。ということは、78~79歳になっているはずだ。関西地方に住んでいると思うし、まだ、出てこられるのかなと思う。ボケ老人の会、病気経験報告会、そして、暇つぶし方報告会。

中には、訳の分からない仕事をしている会社の社長さん?もいるようだし、現役で仕事をしている人も私を含めて数人はいるようだ。皆さん、どういう暮らし方をしているのか非常に興味がある。毎年、同級会をしている科もあるようで、単に集まって近況報告だけでもいいから、毎年、定期的にやったらどうかと提案する。ただし、海外は私だけとしても、関東一円から岡山辺りまで、分布している人達が、集まりやすい場所とは、難しい話でもある。年も年だし。
早い方は、出欠席の返事をしている。私は、迷っている。というのは、出席することはするが、次の日の日程が、韮崎の大村記念館や温泉施設を訪問することにしているらしいが、折角、久しぶりに甲府へ行くので、個人的には、ノーベル賞に興味があるわけではないし、大学周辺や思い出の場所を訪問したいのが本音で、どう返事を書いたらいいか迷っている。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆MEIKARTA [インドネシア]

 3089 25日の閉鎖日を挟んで、9日間、9分の9、ゴルフ場に皆勤でした。疲れは感じていない。別に達成感や満足感もない。淡々と休日を過ごした。そして、インドネシアは残り、二週間になった。明日から仕事に戻るが、やり残した二つのことを終わらせなければならない。それも、今週一週間でだ。気持ちは焦るが、入るものが入らなければ、できないことなので、ちょっと待つしかない。 IMG_0751.JPG IMG_0751ー.JPG 蓮の花、必ずと言っていいほど、毎回、撮る。天国へ近いような気がする。 ところで、メイカルタ、MEIKARTAって、何?どこ?知っていますか。 https://www.youtube.com/watch?v=XD6s4O3OybE MEIKARTAという新しい都市をLIPPOグループ(中華系立宝財閥)が作るというニュースです。場所は、リッポチカランとデルタマスの間、チバトゥ辺りで、高速道路の南側一帯です。既に、高層ビルの建設が何か所かで、始まっていて、この後、何年後でしょうか、ジャカルタに対抗する、ニューヨークをモデルにするなど、かなり、壮大な計画のようです。 https://www.youtube.com/watch?v=qSFpPqSdaAE 私が、頻繁に通る道です。ジャバベカ2の方からカリマラン川とジャラントールの上を通って南に向かって、今はオレンジ カントゥリーと言っている地帯に入る。サクラ祭りの会場にもなっているショッピングモールを右に見て、真っ直ぐゆけば、デルタシリコン4,5やデルタマスやリッポチカランへ行ける。斜め左に入れば、チバトゥのインターに向かう。一昨日にも、この辺りの写真を載せている。 http://www.meikarta.com/" target="_blank">http://www.meikarta.com/ リッポグループによるメイカルタのホームページです。いいカ月以上前に花輪が溢れていたのは、このためだったのでしょう。 IMG_0750-.JPG IMG_0750-.JPG リッポチカランは勿論、リップグループが建設した町、チカランバラットのインターから出て、南の町だ。デルタシリコン1やEJIPやヒュンダイの工業地帯に属する。この10年ほど前から、ここから、東に向かって、町や工業地帯が広がり、デルタマスの方からも、工業地帯が広がってきていて、工業地帯は繋がってしまった。これらは、どこの資本なのか私は知らない。その中間に、チバトゥインターができ、そこからは、北のジャバベカと行き来できる道もできた。このインターの周辺には何もなかったが、先ず、ショッピングモールができた。そして、今、高層ビルの建設が始まっている。そして、この一帯はリッポグループが開発することが明らかになった。 高速道路を挟んだ、ジャバベカも負けてはいない。ジャバベカ6辺りから、東方向、地平線の先まで買収済みで、建設予定の高速道路や新コンテナ港を当てにして、広大な都市を作ろうとしている。この一帯、バブルに突入している。土地も住宅も急に値上がりしている。数年前の2~3倍になっていると思う。  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆お得情報 [思うこと]

 3088 日本に一時帰国をした人も戻ってきている。各地からUターンの渋滞情報が入ってきている。
インドネシアの旅、インドネシアで仕事、そんな人は、ぜひ、確認しておいてください。知っておいた方が、安心する情報ですよ。
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0100.html 2010年ころ書いた、VISAなどインドネシアで仕事をするための諸手続きに関して、書いた文章です。現状とかなり違う点があるが、以前はこうだったということです。また、本人がシンガポール大使館に、行かなくてもいいなら、書類やパスポートを送ればいいと提案みたいなことを書いたが、やはり、パスポートに出国、入国のスタンプが必要だから、本人が行くしかない。
http://otaenplaext.net/newpage110.html
これは2016年に書いたものです。以前と,大分、事情が変化していますね。必要なくなっているものが多い。

そして、今は、KITASカードが無くなって、IZIN TINGGAL TERBATASU ELEKTRONIK、(ELECTRONIC LIMITED STAY PERMIT)直訳すると“電子期限付き滞在許可証)になっている。A4の書類です。これは、パスポートとセットで、常に携行することをお勧めします。
私はコピーを何枚か持っている。パスポートサイズの縮小コピーをプラスチックでコートして持っている人は賢いか。

運転免許証SIMは、外国人も5年になっているので、運転する、しないに関わらず、持っていた方が、何かと便利です。身分証明はこれだけで十分、パスポートを出す必要がない場合の方がはるかに多い。私は、インドネシア国内で、IDカードとして、SIMしか使わない。

時々、今でも、ノービザで会社に入って、イミグレに密告されて、罰金を払わされるケースがある。一種の小遣い稼ぎのネタにされている。受け入れてしまう会社の日本人は、運が悪くないことを祈ってください。

最後に、エージェントによって、大分、速度も金額も違う、ということを、意識しておくことです。私は、ローカル企業にお願いしているが、融通が利くような気がする。
IMG_0746.JPG
塀が必要な場所でもないと思うが、なぜか、近所に塀ができた。早速、汚い絵が現れた。
IMG_0747.JPG
本日の夕食、牛肉ジャガとドリアン、これだけで、満腹になるが、ご飯もナシゴレンにして食べた。ゴルフはもう一日、体重の変化はなし。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ドリアン [思うこと]

 3087 家の中、香ばしい匂いが溢れている。一般的には、臭いと言われているが、私にとっては、独特な甘い匂いに感じる。類似を上げれば、チンベダックだけだが、開けて食べてみれば、果物の王様にふさわしい、その甘さと、とろけるさま、舌触りは、やはりドリアンである。臭いなんてとんでもない。しかし、モントンに限る。先ほど、無性に食べたくなって買ってしまった。高い!!!この二個で、1ジュタRpくらい(8千円くらい)しかし、買ってしまった。今は、においを嗅いでいる。
IMG_0707.JPG
日本では見たことがない。買うなら、いくらくらいするのでしょうか。そして、食べ時が難しい果物だ。輸入のタイミング、食べ時のタイミング、保存の仕方によって、これらも、変わってくる。私が買うときには、その人の質にもよるが、店の人に、匂いで確認してもらうが、当たりはずれがある。ちょっと開き始めているくらいがいいとはお思うので、自身でも納得するまで、確認する。
食べるときに、勿論、開けるのだが、場所によって、熟れすぎたり、硬いままだったりして、食べごろではない場所もある。熟れすぎは、勿論、直ぐに食べてしまうが、硬い場合は、冷蔵庫に保管して、食べ時を待つ。その間、匂いを楽しむ。

一個のままでは、多すぎるし、高過ぎるので、売れないままのものは、店の人が、開いて、パック売りをする。一パック、二切れで20万Rp(1500円くらい)他の果物に比べて、破格の高さだが、これなら、どんどん売れる。インドネシア人の90%以上は、ドリアン大好き、買ってあげたりすれば、奪い合いになる。

この三分の一くらい食べればお腹が一杯になってしまう。食事を減らして、一生懸命食べようと思う。食べ切るまで、一週間楽しめる。

パパンダヤン 2002年にも、水蒸気爆発による噴火があり、レベル4まで行きましたね。その後も、何度かレベル2になって、入山禁止なっていますね。この辺りは、火山地帯です。地震も、繰り返されています。しかし、怖がっていて、行かないのでは、もったいない場所です。ニ三日の休みがあれば、一度、行ってみたら、インドネシアを感じることができるでしょう。地熱発電所の見学も申し込めばできます。折角、パパンダヤンを目指すなら、チパナス(お湯という意味です、温泉宿がある温泉街)、ガルングン(休火山)、そして、カンプンナガ(電気を使わない伝統的な集落)をセットで、訪ねることをお勧めしまう。欧米人観光ツーリストは、コースに入れているスポットです。
IMG_2096[1].jpg
 パパンダヤンのエーデルワイズ、スイスのと似ているといえば似ているが、異種でしょう。スイスのエーデルワイズの方が、エーデルワイズだと思う。

http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage019.html パパンダヤン
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0314.html パパンダヤン 
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0401.html ガルングン
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/page235.htmlカンプンナガ
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/page234.html
IMG_0689-.JPG
この写真、前がつかえて居るので、しばらく、休憩をしている。キャディーの脇の下に注目、誰かがこちらを見ている。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆9分の6 [日常]

 3086 ゴルフ、九分の六が終わった。今日も快適だった。平日だが、休みも後半に入れば、ゴルフをやる人も少なくなるのでしょうか、予定より早く7時前にスタート、後半スタートも渋滞なし、11時前には終了、早く、帰ってもすることがないから、ラストランでの話がちょっと長くなって、12時半にゴルフ場を出た。毎日、そのまま家に帰るだけでは、脳がないので、ジャカルタ方面かチカンペック方面か、どちらかで、ちょっと、Uターンラッシュの中に入ってみようかと思って、チバトゥのインター方面に行ってみた。高速の上を通って東を見た。やはり、ジャカルタ方面は渋滞をしていた。それで、チカンペック方面に行くには空いているが、帰りが、ひどいことになりそうなので、チバトゥから入るのは止めにして、リッポチカランに向かい、チカランバラットから、もし、ジャカルタ方面にスムーズに入れるようだったら、ジャカルタ方面に行ってみようと思った。しかし、二か所の入り口共に、ゲートに到着する前に渋滞になっていて、これも、止めにした。チカランバラットインターの近くのフライオーバー辺りから、ジャラントールを見ると、こりゃ、入らなくて良かったと思う。結局、リッピチカランまでいって、ぐるっと回って帰ってきてしまった。昨日までより、ちょっとだけ、10kmくらい、行動範囲が広がった。明日は、もっと、ARUS BALIK LEBARANムディックからの帰りの流れが、ひどくなる、1日がピークになるので、もう、連休中の行動範囲を広げる機会はない。

ところで、今回、一緒にプレーする人達は、以前の連休で一緒の人は一人もいない、皆さん、初めてだ。多分、私以外の平均年齢は60くらいだと思う。私が飛びぬけて、高齢だ。そんな年になってしまったのかなと思う。昨日も、聞かれた、“太田さん、どこも具合が悪いところがないですか”と。そして、今日も、他の人から、同じことを聞かれた。74近くになって、連日、ゴルフをしているのが信じられないらしい。年齢的に若い時ほどの動きや機能はなくなっているが、どこかの具合が悪いから、ゴルフができないということはないし、疲れで、動きたくないということもない。あと三日、特に、頑張ろうということなく、自然に、続けられるでしょう。
IMG_0663.JPG
一応、チバトゥ、リッポチカランを通ったという証拠、チバトゥインターンの近く、一体、何を建設しているのでしょうか、クレーンが林立している。この写真の場所だけではない、同じような規模の建設現場がこの近くに他、3か所ある。
IMG_0664.JPG
リッポチカランモール、21年前にはここの二回のレストランコートで、いつも食事をしていた。ここしかなかった。日本食らしきレストランは、ホテル サヒッドの武士道とホテル チトラインのキンタマニしかなかった。
  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆休み中の行動範囲 [思うこと]

 3085 インドネシア国内、飛行機や船を使ってなら、サバン(北西端)からムラウケ(南東端)、車でなら、東はロンボク、西はランプンまで行ったことがある私が、この折角の大型連休中の行動範囲は、家から一番遠い場所が、ゴルフ場の13番ショートのグリーンで、4kmくらいの距離だ。昨日、ファーマーズ マーケットまで行ってきたが、2番の外なので、家からは3kmくらいしかない。会社に何回か寄っているが、1,5kmでしかない。家に閉じこもりではないが、地域に籠りきりだ。

グサン(ブンガワンソロやコタソロなどの作曲者)さんなどのクロンチョンを聞きながら、ベニー グッドマンのクラリネットを聞きながら、夜は、物思いにふける。Termenungあるいは,ぼんやりする。melamun,インドネシア語のこの二つ、トゥルムヌンとムラムンは好きな単語だ。中学生になった孫の一人が、吹奏楽部に入って、クラリネットを吹いているという。ピアノは家にあるので、適当に聞けるようになっているが、クラリネットはどうか、楽しみである。
 http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage106.html
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage104.html

https://www.youtube.com/watch?v=-J4yNa2w_I0" target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=-J4yNa2w_I0 グサンさんのクロンチョン
IMG_0632.JPG
IMG_0634.JPG
そのゴルフ場に出勤?途中、バナナの向こうの日の出、そして、カキリマに群がって朝食(サラマンヲ パギ)のブンクスを待っている人達。多分、何らかの事情でムディックをしなかった、そのあたりのコス(下宿)に住んでいる人達だと思う。

Ke Jakarta aku akan kembari Arus balik Lebaran Uターンラッシュが始まっているが、行楽と混じっているので、どちらが多いのか分からない。

バリからジョクジャに移動した、オバマさんと家族、ボロブドゥールへ行ったようですね。ジョコ大統領は、そのすぐそばのソロにムディックしていますね。明日は二人ともジャカルタに入る予定だと思うが、会うことはないと思う。オバマさんも一種のムディックで、子供のころ、ジョクジャカルタに住んだことがある、親せきにもあったのかな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆半分過ぎた [思うこと]

 3084 10日間の連休に5日過ぎた。多分、真夜中から降り出したと思う。5時ごろにも、かなりきつい雨が降っていた。明るくなり始める時間だが、真っ暗のままだった。この勢いでは、中止になるか、相当、スタートが遅れるなと思いながら、6時過ぎ、まだ、降っている中、出かけた。5分も過ぎないうちに、急に明るくなり、ちょっとした朝焼けになった。ゴルフ場に着いた時には、青空は広がり始めていて、予定より早めの7時前には、既に、カラット晴れあがっていた。ボゴール、プンチャック方面の山もかすかに見えた。今日も、あっちは、大渋滞になるだろうなと思いながら。
IMG_0605.JPG
今日も、快適にできた。このゴルフ場は、水はけがいい。ラフには、ぬかるんでいるところもあるが、フェアウェーやグリーンに水が溜まっていることはない。 
2665678478[1].jpg
Hampir Seluruh Gerai 7-Eleven di Jakarta Telah Tutup sebelum 30 Juniインドネシアのセブンイレブンのほとんどが、6月30日に閉められる。なぜでしょうか、儲からないどころか、大赤字だから、らしい。インドネシアのコンビニは、圧倒的なインドマレットとファミリーマートで十分だ。それに、日系が扱っている、おにぎりやら、海苔巻きやら、弁当もチンして、扱っているから、日系にこだわる人も少ない。その上、本当かどうか、外資系のコンビニの前には、一定の広さのオープンテラスを設けなければならないという規制もあるようだし。

インドネシアでも、シニアー用のオムツが売れ出し、コマーシャルも盛んになってきたことは書いたが、これは、渋滞に備えのためが理由になっている。高齢者は増えて、日常的に必要が多くなっているとは思えない。
そして、私は、入れ歯の接着剤が必要な人になっている。インドネアシアでも一般的に、ポリデントという。これが、なかなか、探しても見つからない。薬屋は多い、しかし、置いてある店は少ない、そして、店員に、説明しないと、店員も知らない店が多い。結局、店の中を自分で探すしかない、たまに見つかると、一本だけ、置いてある。在庫を聞くと、ないという。大概の店では、ハビス、と言われる。要するに、必要とする人がほとんどいないのです。しかし、老人の歯が、しっかりしているというわけではない、歯が無くなる前に、本人が亡くなってしまっているからです。日本のように、ドラッグストアーに大量に各種が並ぶ状態は、かなり遠い先に話でしょう。
IMG_0604.JPG
10日ほど前に見つけた小さいやつ、これの中身は半分ほどしか入っていなかった。半分ほど使ったものをまた、棚に置いたのではないかと疑いたくなる。まともなものを、昨日、やっと、手に入れた。この店にも、これしか置いてなかった。これで、日本に帰る前、20日間程は、大丈夫だ。インドネシアでは、貴重品だ。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆清々しい [思うこと]

 3083 夕方の交通情報で、178人交通事故で亡くなっている。
今日もナチョナルホリデーでした。日の出とほぼ、同じ時間に家からでて、ゴルフに、駐車場は、一年で一番というくらいガラガラ。7時前にはスタート、終わったのが10時半。
IMG_0599-.JPG
スタート前の10番、私が下りて行ったときには、カートが並んでいなかった。このヤシの木のような木は、クルマ(ナツメヤシ)の木です。ラマダン、レバランの時に特に、大量に食べる。毎日のプアサ明けで、飲み物の次に口にするのが多くの人の習慣になっている。残念ながら、この木はオスで実がならない。インドネシアには、木に、カユ プティーのように、オス、メスがある木が多いような気がする。日本の南国の蘇鉄に、オシ、メスがあるように。
IMG_0599^.JPG
この女性、ゴルフ場の枯葉を集めたり、ゴミの処理をしたりする仕事をしている。顔なじみで、会えば挨拶をする。今日は、赤い花、黄色い花、紫の花を袋に集めていた。挨拶に近づいたら、聞かなかったのに、“仕事の後、墓参りに行く、両親や夫が入っている、そのお墓(クブラン、マカム)に撒く”と言っていた。家族が集まると言っていた。何か、楽しそうに微笑んでいた。日本の盆、正月と同じように、イスラムでも、レバランは墓参りの時でもある。
IMG_0600.JPG
気持ちがいいくらい晴れあがっていて、これぞ、インドネシアのゴルフという感じだった。

今日も各地で渋滞をしているようだ。大型連休だから、全部が帰省するわけではないが、出かける人は多い。二番ホールを終えて、ファーマーズマーケットが営業していることを確認し、終わってから直行、食料品を仕入れた。

小林麻央さんが亡くなったニュースを聞いて、当たり前のことですが、早期発見、早期切除が最重要ということですね。一度、見つかったものを、あるいは、疑いがあると言われたものを再検査などは、自殺行為だと思う。切れるならさっさと切ってしまうことが、当たり前の手段と、医者は勧めるべきだと思う。胃だって、腸だって、子宮だって、乳房だって、躊躇していないで、さっさと切ってしまうべきだと思う。
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0074.html  25年ほど前の私の体験です。9年ほど前に書いたものです。    
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆イスラム元旦 [思うこと]

 3082 イスラム新年のスタートですね。正月の近所の様子を昼間、伺いに行こうと思っていたが、夕方、ちょっとだけ、コンビニが空いていれば、カップ麺でも買おうかと思い出かけてみた。
午前中は、昨日の夜からずっと続いているマスジッドでの祈りが、続いていて、今朝からは、大集団でのお祈りのために、どっと、マスジッドに集合する。どの、マシジッドにも人が入りきれず、前の道路を閉鎖するか、車線を減らして。シートを敷き、そこで、お祈りをするので、のこのこ車で出かけると、渋滞で通過できない場所の連続になる。だから、午前中、出かけるのは無理ということは、わかっている。午後に出ようと思っていた。
IMG_0552.JPG
ところが、ニュースでムディック状況を確認すると、今日も東方面へのムディックの渋滞が続いていて、チカランバラットのチカランウタマのゲートでは特に渋滞が激しいことが分かったし、ジャランカリマランもジャランラヤも、それなりの渋滞をしていることが分かって、夕方に出ることした。
ムディックが原因だろうが、各地でお祈りのための交通規制、休みだから、行楽地に向かう人も多いだろうし、私の知り合いでは、今日、日帰りで、本家に挨拶に行く人、墓参りに行く人などもいた。これらのすべてが渋滞の原因だ。
IMG_0550.JPG
元日というのにISISがらみか、スマトラのメダンでは、警察襲撃事件があって、警官とテロリスト一人ずつが、亡くなっていて、けが人は数人だという。二人組のようだ。モハンマドさんは、アッラーの神からの教えとして書いたコーランに、過激派やテロリストの行動を正当化しやすく解釈できる文章にしてしまったのでしょうね。自分の都合がいいように、書いてしまったのでしょうね。モハンマドさん自身が、軍の将軍として、今の過激派に近い思いを持っていたのではないでしょうか。

他の宗教に変えてはならないといったり、アラーは偉大なりと日に5回も言わせたり、他の宗教の人と結婚してはならいないと言ったり、とにかく、縛りを設けている、教えの内容に自信があるなら、何も強制する必要はないと思うが、自信が無かったのでしょうね。支配者にとっては、都合がよい宗教だと思う。それと、もう一つ、その集団の中、貧富の差が大きいほど、有難がる人が多くなる宗教だと思う。日本のように貧富の差がそれほどでもない社会においては、イスラムの教えは、有難味が少ないと思う。逆に、縛りが多くて、邪魔だと思う人が多いのではないでしょうか。

それに、もう一つ、言いたいことは、イスラム国家、イスラム教徒は、他宗教から資金や技術援助を受けている。彼らは、他宗教国家や人に技術や資金の援助をしてもいいのでしょうか、コーランには、多分、他宗教を援助するなどがハラムになっているのではないでしょうか。禁止事項になっているのではないでしょうか。中東のイスラムアラブ諸国に原油が無かったら、今のように王族の支配が続くことはなかったでしょうし、国として成り立っていなかったでしょう。今でも、散々な国や地域が、この辺りに集中している。他宗教が援助しようがない状態になっている。これも、この地域の人達がコーランを自分たちなりの解釈をしているからでしょう。原油産出国の一部の一族は、メチャクチャ金持ちだ。彼らは、その金を使って、脱原油の技術援助を受けているが、彼らが、イスラム国家以外に資金援助をしているとは思えない。ましてや、技術援助などは、したくてもできない。アラーがしてもいいよと言ったとしても、イスラム国家には、独自の技術がないから、援助はできない。物理と化学などは、イスラム国家では、思いもよらない、無縁の学問なのでしょうね。

で、夕方になっても、渋滞が少なくらないようだし、空いている店を見つけるのが手間だし、食料は多少残っているし、何も今日でなくても、明日、ゴルフが終わってからにすることにした。
IMG_0573.JPG
米麹が150gほど、まだ、あったので、甘酒を作った。米麹とお湯だけで、炊飯器を保温にしておけば、簡単にできる。三時間程度でこんな状態、既に、甘い匂いが漂っている。あと一時間くらい、もう少し、ふっくら状態になれば、電源を切る。出来上がりは、子供の頃、母親が、湯たんぽを使って作ってくれた甘酒と同じだった。

明日から7日連続ゴルフなので、良い休憩になったと思う。
  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆プアサ明け [インドネシア]

 3081 9分の2が終了、四人だけでした。イスラムの大晦日、明日は正月ですね。土曜日、休日料金ということもあって、昨日とうって変わって、ガラガラで、途中の待機もなし、ハーフの待ちも無しで、7時スタート、11時までには終了してしまった。12時前には、セキュリティーしかいない、会社に入った。ちょっと、金型の修正をし、書き物をして、帰宅したのが、14時前、洗濯の後、テレビの番人をするだけで、何もすることがない。明日の正月、ゴルフもクローズ、何をしようか。

今年の断食月は今日で終わり、ジャボタベックの明けは17時50分くらいでした。家の周りの彼方此方から、爆竹?花火?の音と共に、近くから遠くから、マスジッドのスピーカーからの祈りの声が絶えない。大変、申し訳ないが、無神論者というか、八百万の神を信じている私としては、大声や大きな音は、人類としては、近所迷惑だな、と、思うしかない。年の瀬くらい、静かに過ごしましょうよ、と、思うしかない。要するに、やかましいナ、静かにしてよ、と思う。
IMG_0543.JPG
例によって、ブレーキングニュース(臨時ニュース)で、“今日、ラマダンが終わりました、明日、新年です“という、宗教大臣からの発表をやっていた。有史以来、このような日は何分何秒まで、わかっていることで、いちいち、臨時ニュースで流すことは、ないのに、当たり前だが、毎年の来年の休日を9~10月には、発表されている。イスラムの休日だけが、ほとんど10日ずつ,早くなるからだ。カレンダーを作る都合があるからだ。そして、レバランを含めて、その時になれば、天体の観測によって、変わる可能性がある、と言われている。しかし、20年インドネシアにいるが、変わったためしがない。これも、当たり前のことだ。モハンマドさんがいたころには、宇宙の周期の観測が正確ではなかったから、直前に、明日ではなかったとか、今日ではなかった、ということ張っただろうから、宗教家は、それの流れで、変わるかもしれないと言っているに過ぎない。と、私は思う。

もっとも、モハンマドさんは、赤道近くで生まれ育ったから、地球上の緯度によって、日照時間が大幅に違うということを知らなかったから、断食は日の出から日の入りまでとした。あらゆる場所で、断食の時間が違うことになってしまうことを知らなかったのだと思う。余計なことだが、信者の方々は、豚で象徴されることなども含めて、疑問に思わないのでしょうか。起こっている人は多いと思うが、口に出せないのでしょうね。韓国の嫌日思想も一種の宗教のようなものでしょうね。宗教とはそういうものでしょう。
IMG_0534.JPG
盗難防止の遮断機もイスラム社会の一緒の象徴で、イスラムを信じている人たち、贈収賄も、汚職も、麻薬の類も、ゴミの不法投棄も、道端でのガソリン販売も、皆さん、アッラーの神は、どうぞと、言っている、と、思っているのでしょうか。宗教の前に人間(Manusiaマヌシア、)として、どうかということの方が重要だと思うが。宗教は人間(Manusiaマヌシア, Human)が作ったもの。人間によって、宗教は異なるもの。

明日はゴルフなし、インドネシアに残っている日本人、運転手も使えない、家に閉じこもりの人は多いと思う。私のウェブサイトで、インドネシア中の旅をしてみてください。
http://otaenplaext.net/newpage1.html  旅行記 
http://otaenplaext.net/newpage2.html  写真
http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage%20top%203.html 旅行記 
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage229.html     写真集
インドネシアの端から端までの旅でm一日、暇つぶしができますよ。
 
タグ:人間 宗教
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆休日初日 [インドネシア]

 3080 今日から、毎日(25日以外)ゴルフ場通いです。一日目が終わった。ゴルフ仲間でインドネシアに残る人は数人いるが、毎日ゴルフをする人は3人か、他のゴルフ場でやる人もいるので、このゴルフ場だけで、毎日というのは私だけかもしれない。9日間である。もっとも、今回のレバランが初めてではない、過去、三回、やっている。やっていない時には、大渋滞の中、車で、どこかに出かけていたので、棲み処に閉じこもりはあり得ない。
チュティ ブルサマCuti bersama(国が年休を使って休みを奨励している日)の今日から、連休が始まる会社が多いが、振替などして、昨日や一昨日から休みにしている会社もある。
IMG_0473.JPG
朝もやの中、スタートした、9分の1のゴルフが終わった。平日扱いなので、結構、混みあっていて、ハーフのスタート待ちが1時間近くになった。午後のスタートも11時ごろには、7~8組にスタート待ちがあった。ブカシバラットから来た人、2時間半かかったそうだ、それも、高速には入れず、JL.カリマランできたという。
IMG_0484.JPG
IMG_0491.JPG
ゴルフの後、15時ころ、ちょっとだけ、ムディックの渋滞を見てみようと、ジャランラヤ(国道)でコタ チカラン(西方面)へ向かった、渋滞と逆方向で、こちらは、ガラガラ、町へ行ってしまったら、帰りが大変だと思って、途中でUターンし、ムディックの渋滞(東方向)に入った。バス、バイク、車で、ルマーアバン駅の近くもなかなか進まない。こんな調子で行ったら、カラワンまででも1時間以上掛かりそうだ。渋滞を30分ほど体験して、道からそれたら、田舎の道は、閑散としていた。また、多くのコンプレックス(集合住宅地)の入り口、どこも、遮断機のようなものがある。普段は、遮断機が下りていることないが、遮断機が下ろされていた。その中は、当然、留守にしている家が多いから、盗難防止のためだ。普段なら、通りぬけることができる道が通れなくなっていた。
IMG_0469.JPG
レバランはオムツ屋が儲かる。風が吹くと桶屋が儲かる、の類で、大人用オムツが売れているという。盛んに宣伝をしている。POPOK DEWASA BISA DIDAPATKAN DI BERBAGAI GERAI YANG ADA(大人用おむつは、さまざまな既存店舗で見つけることができます。)と、書いてある。
日系メーカーもムディックの道中、プロモ-ションで、配っている。とにかく、大渋滞の中、何時間も車の中、トイレを見つけても、なかなか、順番が来ない。女性の高齢者は特に問題だ。そこで、大人用オムツが、この時期、飛びように売れている。
インドネシアの道中のトイレは、ガソリンスタンド、そして、モスジッドそしてコンビニ、高速ならサービスエリアだ。しかし、たどり着くまで、持たないでしょうね。男性も立小便をする場所は少ない。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆仕事納め [思うこと]

 3079 ラマダンは24日まで、25日がレバランになるはずだ。これも、いちいち、宗教大臣が前日に宣言をする。25日には、故郷の家に一族が集合しているのが理想、だから、明日から、多くの企業は7月2日まで長期休暇に入る。今日の夜から明日にかけて、ほとんどの皆さんは、ムディックに出発する。中部ジャワ出身者が多い。
IMG_0467.JPG
従業員は、全員、そろって、朝から出勤,製造はしない、月末に当るので、棚卸そして、大掃除、あちこちからもらったパルセルの中身を山分け。皆さん、3日には無事戻ってくるようにと、挨拶して終わり、お昼ごろには解散、その前に、全員そろって、写真撮影だった。予想外に、私もスンバコをもらったし、何より、THRを20ジュタRpももらってしまった。いいのかな。

レバラン休暇の前後、いつも思いうことだが、ほとんど、仕事にならない、注文した品物は、約束の納期には入らない、新たに注文しようとしても、受けつけないか、納期を決めてもらえない。休暇前の納期は、ほとんど守られないどころか、休暇明け、いつ入るのかも、分からない状態で、休暇に突入する。

兎にも角にも、イスラムの今年は終わり、来年直ぐに、このイスラムの国から、遠ざかる。やはり、年月を感じる。21年にもなってしまった。53歳から74歳になろうとしている。頭の巡りも悪くなっているし、動きも遅くなっている。体の具合も気になるところが多くなっている。自分から、率先して、何かをすることが少なくなっている。本当は自分でやってしまいたいと思うことを、人にやってもらうことが多くなっているので、歯がゆい。要するに、以前はできたが、今はできなくなっていることが多い。年々、その度は増す。一人でボヤク。目も休めたい。

アイディアを出すことは、いくらでもできるが、そのアイディアは自分でやればできることだ。やって見せて、どうだ、こうすればできるだろ、っと、見せるのが自分のやり方だった。しかし、今は、やって見せることができなくなっている。
IMG_0468.JPG
皆さん、帰って行って、最後の一人が出て行った。バイクの後ろにスンバコが乗っている。

今晩、すでに、ジャカルタから東に向かう道路すべてが大渋滞になっている。明日中、大渋滞が消えないでしょう。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆頭が混乱 [思うこと]

 3078 インドネシア、なんという国でしょうか。朝、出勤して間も無く、7時半ごろ、停電になった。ずっと流していた製品もすべて、突然ストップ。そして、やれることがなくなった。いくら、休みになるからといって、電気を二日ほど前に止めてしまうことは止めてほしい。
とにかく、停電が多い、雨季には、ちょっと、雷が鳴りだすと、停電だから、一週間に数回あるし、来ても、直ぐまた停電といった繰り返しもあるし、乾季に入った今でも、雷雨はあるし、今日のように、何でもない時でも。突然の停電になる。ジャバベカ2の時、容量も同じ、電気代も同じ、しかし、停電だけ余分。この損失は、おそらく、原料や人件費で、毎月20ジュタRpくらいになると思う。電気代と同額だから、こちらでは、電気代を倍払っていることになる。
移る前も今も、この場所には賛同していない。コミサリスに報告しているが、返事はない。電気は11時過ぎに復帰した。


試作、山勘がなかなか当たらない、その上、停電、この休み前に何とかしようとしていたが、ダメのようだ。原料もなくなってしまって、7月にならなければ入らない。もう、どうにもならない、アパ ボレー ブアッの状態。
客先には、何とか、出来損ないのサンプルを出すが、もう、休み前は、どこも、休みだから、じたばたしても仕方がない。とにかく、二種類の原料で作ったサンプルを提出にこぎつけた。後は、休み明けからのこと。
IMG_0426.JPG
IMG_0419.JPG
昨日のLTCglodokは、中の駐車場の方から、今日の写真は、駐車場からガトゥットゥスブロトに出たところ、こちらが大通りに面したメインのLTCglodok入り口。また、相変わらず、ごちゃごちゃの旧ビル街。

一部、すでに書いたことと重複するかもしれないが、不思議な原料屋さん、日本人では話が通じないので、同僚のインドネシアに来てもらった。インドネシア人同士の顔つなぎのこともあった。PAを、その商社の日本人にお願いした。今後、毎月2~300kg購入すると話を始めた。その商社が扱っている原料は、私が、これと同等品ということで示したメーカーとは違うメーカーの原料を扱っているということで、同じような原料を紹介され、これでも良いかというので、それも、使ったことがあるので、それで見積もりをお願いした。250Kg、注文をして、そのあと、毎月のフォーキャストを出すことにした。そして、見積もり通りの注文を出した。納期が一か月だということで、OKをした。そこまで、話は、変ではない。

ところが、そのあとが変、250Kgの注文は受けるが、次の注文は、その250Kgを使って、使えると評価してもらった後、次のPOとフォーキャストを受ける、その評価が出るまで、フーキャストを出されても、受けつけないと言い出した。要するに、輸入の手配をした後、使えないよ、注文しないよ、と言われては困るから、ということらしい。私が、いくら、この原料を使ったことがあるし、フーキャストを反故にすることはないですよ、と言っても、本当かどうか、確認できないが、今度は、メーカーの方でも、そういっているから、注文を出しても、作らないという。
それでは、最低二カ月間、原料を売れないということですね。と、聞くと、返事がない。他から買ってください、と言っているようなもの、そこで、仕方がないから、他の商社から、同じではないが、似た原料を買う交渉をして、そちらは乗り気で話が進み、7月は注文した250Kgを使い、8月から、他の新たな商社からの原料を使う、その商社は、普通にフォーキャスト通りに準備をすると言っていた。これで、この話は、終わった、と、思っていたら、

例の日本人、私が、間もなく、帰国すると聞いて、挨拶に伺いたい、今後の12ナイロンの購入予定もその時に伺いたい、と、言ってきた。使ってOKを待ってからでないと、次を売れないという話も変だが、今後の予定を聞きたいというのも、もっと変だ。今後の予定は、最初から話してあったはず、それにも関わらず、注文は受けないと言っていた本人が、言っているとは思えない、妙なことだ。

そもそも、この原料、250Kg金額にしたら、40万円近く、受けておいて、使えるか使えないか聞いて確認するという姿勢も変だ。そんなに心配な原料なら、250kgではなく、先ず25kgを送るから、使ってみてください、というのが普通だと思うのだが、250kgは、どこかに、キャンセルされて、在庫が余って、処理に困っていたのでしょうか、素直に売るという。どこかの国に在庫があって、船の輸送日があるので一か月の納期を言ってきたのでしょう。つじつまが合う。そして、その原料のことで、失敗したので、メーカーも慎重になったのかもしれないと、解釈できる。原料を二か月、入れなよ、それは、理解しても。

今日来てもらったインドネシア人担当者は、そのPAの話の経緯を日本人から、聞いていなかったのでしょうか、日本人から、聞いてくるように頼まれたのでしょうか、今後の購入予定は?と、彼も聞いて来た。そこで、一部始終を話し、この話は、すべて、終わっていて、250kgの後は、他から買うことにしたよ、と、説明してやった。ご本人、がっかりしていた。そんな話は聞いていないと言っていた。

原料を何か月か売れません、その間、他から買ってください、そして、売れるようになったら、また、内から買ってください、購入スケジュールを教えてください。私の頭では、このストーリーは描けない。

とにかく、この商社とは,インドネシア人同士だけで、何事を話をするように、二人に話した。
   

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感