So-net無料ブログ作成
検索選択

(^_-)-☆うまくいかない [思うこと]

 3054 納期がとっくに過ぎている製品の試作がうまくいかない。ポリカーボの二色プロファイルイル。何が悪いのかと言って、悪いものの心当たりが沢山あって、どれを治そうとしても、治らない。コエクストゥルーダーのスクリューは折れるし、停電が頻繁にあって、せっかく、うまくいきそうなときに、ストップしてしまい、原料をシリンダーの中で滞留させてしまったり、再加熱で分解させてしまったり、ガックリする。金型を解体したり、スクリュー、シリンダーの掃除をしたり、そんなことを繰り返す。

今朝、昨日、せっかく、うまくいっていたのに、スクリューが折れてしまって、押出機を変えるためのアダプターを改造してもらうために、チビトゥンの金型屋に出かけた。乾季になったというのに、途中、突然の大雨、にわか洪水のなか、金型屋に到着、すぐやってと、頼みこんで、1時間ほどで済み、会社に持ち帰りセットをした。
IMG_9169.JPG
IMG_9175.JPG
結果は、こんなことの繰り返しで、そして、15時過ぎからトライを始めた。コエクストゥルーダーを替えたため、条件を掴むことから始めなければならなかった。どうも、製品に筋が多いし、表面がざらざらした状態が消えないので、条件をいじって、何とか直そうとしたが、一向に直らない。
低く設定している場所の温度が下がらない、その場所はOFFになっているのに、下がらない。そして、その隣の温度は、設定まで、なかなか、上がらない。どうも、温度コントロールができていないようだ。なんとなく、温度調整の位置を変えてみようとして、ヒーター位置を確認したら、とんでもないことになっていた。サーモカップルの位置もヒーターの位置も間違えていた。だから、高すぎる温度の場所で、樹脂が分解していたのでした。間違いを治して、温度を下げたら、表面のザラザラは消えた。しかし、問題はコンタミだ。黒い点が消えない。ポリカーボ独特の真っ黒い異物だ。これは、一旦出始めると、なかなか消えない。何時間流しても消えない代物だ。バラシて、焼いて磨いた方がはやいし、原料の無駄使いも少なくて済む。

折角、真っ直ぐな、外観的にも寸法的にもOK製品ができたのに、コンタミが原因で、今日も,また、バラシだ。また、明日、朝からやり直し、22時過ぎに家に帰った。今日も、うまくいかなかった。明日こそ、と、思う。
IMG_9178.JPG
他に誰もいない事務所、9時半を過ぎている。下では、オーバータイムの二人が金型をバラしている。

(^_-)-☆仕事とゴルフ [行動]

 3053 木、土、日とゴルフ、しかし、三日とも会社へも行っている。金曜は普通出勤、そして、今日は、21時を回った今も会社にいる。明日、月曜は休みだが、ゴルフなしで、出勤をする。今日は、朝から、ある客先の製品の立ち上げをしていた。ゴルフ場へ行く前に,会社に寄って、金型のセットについて、注意事項を指摘しておいた。14時前に、一緒に回った方たちと食事後、会社へ入った。その製品の立ち上げを丁度、している最中だった。一旦、家に戻り、洗濯をし、また、会社へ、16時を回っていたが、製品になっていなかった。私も手伝い、製品になったのが、ブカ プアサの18時ちょっと前だった。近所のワルンやカキリマから、ゴレンガンやらソトアヤムのブンクスを買ってきて、ブカ プアサをした。製品が順調に流れていた。

明日、どうする?と、工場長に聞いたら、太田さんは、いいよ、何人かを呼び出して、生産を繋げるからという。私も手伝うよと、言ったが、休んでください、と、言われる。皆さんは、仕事を従っている、レバラン休暇の資金稼ぎをしたいのだ。その機会を私が奪ってしまってはまずので、それなら、私は、覗きに来るだけにするよ、ということになった。順調に流れていること雑談しながら確認し、間も無く家に戻るところだ。継続して良品ができることを願うのみ。この年になって、こんな、プレッシャーを受けるような仕事をするなよ、と思う。
IMG_9159.JPG
15年ほどゴルフ場に通っているが、このロッカールーム、狭いと思う。ロッカーも狭いともう。通路も狭いと思う。いつのころからか、この99番が私のロッカーのようになっている。そして、99よりいいスコアーをと、ずっとやっている。係員に、太田さんどうだった、切った?と聞かれる。この一年、平均で、切っていると思う、今日も切った。
この場所の前、通路が狭い、こうして開けっ放しにしておくと、邪魔になる。人が通れない、開けたら直ぐ閉めておかなければならないと、気を遣う。だから、私にこのロッカーを任せたのかもしれない。体重計が見えるが、シャワーの後、体重チェックしやすい。使い終わったタオルを入れる籠もそこにある。体重計に乗る前に、タオルをかごに入れる。
IMG_9164.JPG
丁度、ブカ プアサの時間、薄暗い、養殖魚の餌(残飯)を持ってきた空き袋を焼いている火が見える。
  

(^_-)-☆今日からプアサ [行動]

 3052 今日からSuci Lamadhan神聖なラマダン月になった。夕方、5時過ぎです。間も無く、ブカ プアサBuka puasa断食明けの時間です。
IMG_9150.JPG
IMG_9152.JPG
この現場で仕事をしている人たちも、間もなく、何かの飲み物から口に入れるでしょう。手前に見えるのは、ベッド屋さん向けのサイドバンパー、また、注文が来ちゃったよ、太田さん、頼むよ、と言われている製品です。その向こうにあるのが、ソフト塩ビチューブです。ここにある内の大部分は、水槽屋さん向けのチューブです。パナソニック、ハイアール(サンヨー)のトリムが自動カッターで定尺に切られて、ピンクのザル籠に落とされている。左の方で、これも、水槽屋さん向けの硬質塩ビの透明パイプを手押しの丸鋸で定尺に切っている。右下の人は、条件を記録している。

先月末のブキット インダーの火事で日経4社が、仕事がほとんどできなくなった。一か月過ぎた今も、状況は変わっていないという。それ等から、供給を受けている会社は、100社以上だという。それらの、規模はまちまちだが、30%以上の製品の組み立て、完成品ができなくなったままだという。平均が30%くらいだが、90%い所の会社も数社あり、その会社の従業員数は、一万人以上ではないかと言われている。ある一社は、5000人が自宅待機名なっているという。その会社へのサプライヤーは150社だという。その150社のある一社への依存度を50%とすれば、150社の稼働率は半分に落ちているということになる。突然、仕事量が半分になってい待っているのです。大袈裟に言っているのではない。そういう嘆きは、あちこちから聞こえてくる。

それでも、供給がなくなってい待った部品を他社からとか、緊急輸入するなどして、6月初旬になれば、止まっているうちの半分くらいは稼働するのではないか、レバラン明けには、80%くらいにはなるという希望的観測もある。

想像を絶する影響を各方面に与えているのです。何万人?何億円?
この話とは、別に、車(モービル)業界の売り上げが伸び悩んでいるという嘆きも聞く。平均で増えていないという。バイクも同じ状況らしい。

それに引きかえ、内のような、ローカル零細企業でも、忙しいのはうれしいことだと思う。社員の平均年齢は、私を除けば、25歳くらいだと思う。今回の三連休もおそらくオーバータイムで繋げるでしょう。客先は、支払いが確実な日系企業が主だから、皆さん、やりがいがあり張り切っている。この会社、私がいなくても、伸びると思う。木曜出勤で、土~月の三連休にしたが、今日も明日、日曜も動かすと言っていた。私もゴルフをしていない時間は会社のいる。

(^_-)-☆明日からプアサ [思うこと]

 3051 各地で月を観察している。そして、間違いなく明日からラマダンだと宣言している。テレビでも中継している。何千年先のことでもその日は決められるのに、天文学者なのか、宗教学者なのか知らないが、何を観測しているのか知らないが、大袈裟に宣言をする。宗教大臣が、宣言をする。レバランになる日も、同じことをする。そして、場所によって、天気によって、何が違うのでしょうか、水平線からでも山の中でも、地形から、地球上どこであっても、日の出や日没の時間は、決まっていることだ。ま、一種のセレモニーでしょうね。イスラムにとっては最重要の儀式でしょうね。太陰暦を使っている、月の満ち欠けで、月変わりが決まる、それなのに、月の動きで決めればいいのに、太陽の動きで断食時間を決めるというのが、不思議だと、私は思う。緯度によって、断食時間が異なる、これも、不思議だ。そのほかにも、私の考えからだと矛盾することが沢山ある。面白いというと、宗教侮辱になってしまうのでしょうか。
IMG_9114.JPG
IMG_9117.JPG
 私には、どうでもいい話だが、カラオケ、マッサージは、今晩まででしょう、明日からレバラン明けまで、クローズですね。ブロックMだけ、時間短縮、灯自粛で営業すると思う、予約が必要かもね。レストランではアルコール類の提供、自粛が、原則だが、お茶を出す器で、酒、ビールなどは出される。 それでも、期間中、ジャカルタ、リッポチカラン、リッポカラワシなど。それぞれ、最低一か所、過激派連中に乗り込まれるのが恒例でしょう。たまたま、居合わせた日本人は、不運だったと思うだけでしょう。

土曜日からなので、多くの会社は、月曜から、昼休み時間を短くして、ケタリングは無しにし、終業時間を早めるでしょう。一斉に、帰宅やレストランへの途に就くので、多分、16時前から渋滞になるでしょう。

プアサ突入の明日、ゴルフ、キャディーの多くは、明日からメンスになる、私のメンスは、一か月続くと言っている。メンスの人は、断食しなくていいことになっているから。
IMG_9110.JPG
初めてのカントール パジャック(税務署)行き、だった。なんだかよくわからないが、経理担当者が、多分、会社の住所を変更したことを申請するつもりのようで、何かと書類を整えて、何度か,行っていて、最終的に受理をしてもらうには、代理ではだめで、代表者がサインをしなければならないと、私を連れて行った。場所は、ジャバベカのプレシデント ユニバシティーの隣、ジャバベカゴルフから近い。

そして、受けつけカウンターに進んで、書類を見せながら、受理を頼んだら、なにやら、まだ、足りない書類があったらしく、これらの書類が整ったら、また、来なさいと言われた。なにやら、今までに申請した中に、会社固有のパスワードが、必要になるらしく、その、パスワードは、税務署からメールで会社に送られるから、今日の申請には、そのパスワードが必要だということらしい。だから、今日は、申請できず、何日か後に送られるだろう、パスワードを待つしかない。ということで、すごすごと、税務署を後にした。

経理の女性、怒っていた。この前の担当者は、そんなことを言っていなかった。書類は整ったので、代表者と一緒に最終申請に来なさいと言われたのに。と、ぶつぶつ、行っていて、インドネシアだから、しかたがないとも言っていた。レバランの前は、口には出さないが、皆さん、アンダーテーブルを欲しがっているしね。

当然ながら、いろいろな取り締まりに励む警官も増えるし、外国系の会社には、ベアチュカイもポリシもイムグレも突然の訪問をする季節になっているしね。ミンタ ウアンminta uangのシーズンです。

(^_-)-☆マチャムMacam [思うこと]

 3050 よく、火事がありますね。今度は、25日の夜明け前 3時過ぎ、ジャバベカ1工業団地のベルリナという会社です。
PT.Berlina Tbk Jababeka Alami Hebat,Inilah Penyebabnya原因はやはり、漏電のようだ。

PT. Berlina yang berada di Jl. Jababeka Raya Blok E12 -17 Kawasan Industri Jababeka, Desa Wangunharja, Kecamatan Cikarang Utara, Kabupaten Bekasi, Jawa Barat, Rabu (24/5/2017) sekitar pukul 03.30 WIB.
PTBerlina.jpg
PT. Berlina Tbk (BRNA) Jababeka I, beroperasi pada produksi kemasan plastik, closures, dengan fokus utama untuk melayani industri farmasi, makanan dan minuman, produk perawatan rumah, produk perawatan mulut dan gigi serta industri lainnya. 製薬業界を提供するためのクロージャ、プラスチック包装の製造に関する業務 ホームケア製品口と歯のケア製品だけでなく、その他。 花王のような会社でしょうか。

会社は休日出勤、というより、振替出勤、月曜日を休みにした。しかし、その月曜日のオーバータイムで出勤になる予定。

ところで、私は、付き合いも有って、遅いスタートで、15時までゴルフ場にいた。今日の話題は、やはり、ブキット インダーの火事から派生するストレスが多かったが、新たに、今朝の火事、そして、自爆テルの話、ラマダンの付近になると、何か、事件が起きるような気がするね、ということだった。
IMG_9036-.JPG
私としては、そのことより、一緒に回る方の気難しさで、緊張させられて、あまり、気分が出なかった。その人のキャディーも私に愚痴をこぼしていた。例、私だけ、オンをしていなかったグリーン、私は、当然、先に打って、オンさせた。すると、その人、あの人の方が遠いから、あの人の方が先に打つのが普通だよ、と、注意された。私は、あの人はオンしていて、私はオンをしていないから、と言ったら、違うよ、遠い人が先だという。そうですか、すみません、で、終わったが、思いがけないことで、何かを言われそうで、その後、何かと気を使わざるを得なくなってしまった。その人がパントの時のほかに人やキャディーの立ち位置で注意されている人もいたし、明らかに修理地のマークだ有って、移動したら、他のプレーヤに一言、言って、と言われた人もいた。

その人、パットをして、入らなかったとき、お先に、の距離でも、普通は打たないでマークする人だ。次に、私の番、その人がボールの位置へ行って、当然、マークをすると思って、マークする前に、私がボールを置いた。すると、その人、マークしてボールを取り上げ、ちょっとして、お先に、と言いながら、ボールを置いた。その時、私のボールが目に入った。すると、やっぱりやめたと、私のボールを身ながら言って、自分のボールを取り上げてしまった。その時の態度が、ちょっと、むっとしている風に見えた。キャディーたちも、私に意味ありげに、アイコンタクトをしてきた。まただよ、という風に。

なぜか、その人、私が発する誉め言葉がうれしいようで、私と一緒に回るのが気に入っているらしい、私は、できれば、この人と一緒にならない方がいいと思っている。気楽にやりたいね、ゴルフは。
IMG_9095.JPG
昨日の夜の自爆テロの現場から、ブレーキングニュースです。

タグ:火事 緊張 自爆

(^_-)-☆多忙 [思うこと]

 3049 夏前だからなのか、レバラン前だからなのか、客先は、大胡の客先は生産を増やそうとしている。内が扱う押出品もその部品として必要なのでしょう。注文量が増えて困っている。先々週、受けた新製品のPOを最後に、新製品の見積もりは出さないことにしている。もう、打ち止め。おかげで、一応、世間並みのTHRは、支給できる。

それに、6月23日辺りからレバラン休暇になるので、一カ月しかない。新しい仕事を私が引き受けてしまうと、私がいない会社で試作をしなければならなくなる。
IMG_9093.JPG
金型を焼き場で焼いている。目的は、金型についている樹脂を取ることです。昨日の突っつき棒と同じように50年以上、同じことをしている。進歩がないといえばない。何時間バーナーを金型に向けて焼いたでしょうか、焼いた樹脂は何kg?何トン?でしょうか。電気炉などで焼けば、放っておいて、何時間後の冷えた状態で出せば、こんがりきれいに焼けていて、樹脂もきれいに取れているが、待てない、直ぐに焼いて、また、セットするとか、防錆剤を塗って、保管するとか、とにかく、早くやりたいので、焼くしかない。これも、技術がいる、うまく早く樹脂を取るにはどういう方法がいいかを、指示してある。

樹脂によって、焼け特性が違う、焼くより、金型から溶けて離れることを考える。樹脂の表面が焼けると、炭素の膜になってしまって、中がなかなか焼けない樹脂とか、真っ黒い煙と油煙が舞い上がるとか、いろいろだ。勿論、焼き方の作業標準書(スタンダード ブックルジャ、Standerd bekerja)は、ある。塩ビは、柔らかいうちに剥がす、焼かないのが常識。塩素ガスが有害。

柿田川の東プラ精工の焼き場を思い出す。その小屋には、金型メンテナンスの役をしている人がいて、丸棒や板の金型の整備を主にしていた。私は、そこで、手伝いながら、いろいろな注文をした。電気炉もあって、急ぎでないものは電気炉を使っていた。また、丸棒や板の冷却部には、滑りをよくするために、テフロンコーティングをした。二液を混ぜて、吹き付け、電気炉で、一晩、焼き付けをした。有毒なので、顔面完全武装で吹き付けをした。今は、どうしているのだろうか。

インドネシアではこのバーナーを手に入れるのは難しい。グロドックへ行くしかない。私が仕事をしていた職場には、必ずある。全て、私が買ってきたものだ。
IMG_9090.JPG
唯一この看板だけに、私たちの工場と住む家の住所、チタリクとチカラン ティムールと書かれている。それだけ、地名としては重要ではないということでしょう。
IMG_9083.JPG
ドンドン、開発が進む地帯、

21時ころ、ジャカルタのチャワンの近く、カンプン ムラユという地域で、二人による自爆テロがあった。4人死亡。高速道路高架の下のトランス ジャカルタのバスストップの近くだそうだ。
5人死亡、10人ケガで、病院


(^_-)-☆おこし [思うこと]

 3048 この写真、何をしているか分かりますか。私は、大学卒業し、就職して、直ぐにこれをした。というか、させられた。だから、今日も含めて50年以上、こんなことをしている。これからも、何年か後も、こんなことをする機会はあるでしょう。

スクリューで送り出せなくなった原料を棒で押し込んでいるのです。原因は、樹脂が一旦溶けて、それが固まって、スキュリューの供給部に付いてしまって、スクリューと一緒に回ってしまっているのです。供給部では、固まっていない樹脂がスクリューを滑って、溶融を始めた樹脂を押さなければならないが、邪魔が在って、押せなくて、押す役目の樹脂もスクリューと一緒に回ってしまっているのです。
IMG_9074.JPGそれを直すために、邪魔が少しの場合は、こうして、押してやれば、噛みこむようになる場合があるので、勢いをつけるために、しばらく、押し続けるのです。腕だけでなく、体重を乗せて押す場合もある。順調に噛みこみだしても、邪魔物が全くなくなったわけではないと思うから、また、噛み込みむらを繰り返す可能性もある。6ナイロン丸棒は、グロドックへ行って買ってきたもの。東プラ精工にいたときに、ナイロン丸棒など、各種樹脂でロッドやプレートも作っていた。

温度設定を間違えたり、止めるときに、供給部に樹脂が残っていたりすると、おうおうににて、そういう状態になりやすい。棒で押して何とか解決しようとするのが人間の心理です。完全に治すなら、ハージ剤で、パージして、スクリューを抜いて、残って付いている樹脂を完全になくし、シリンダーを煙突掃除のように、内面をきれいにする。バージするときに、固まってくっついている樹脂を溶かすために、流した時より高温にセットする。溶けたであろうことを待って、パージ剤を流す。場合によっては、供給部の温度が速く上がるように、固まっている樹脂が速く溶けるようにするために、ホッパーを外し、ウエスなどで、温度が逃げないように塞ぐ。

入社したてに、塩崎さんが、オコシと言っていた。お米から作るお菓子、オコシだ。表面が溶けた状態でそれぞれがくっついて、固まりになる状態をオコシに似ているからそういったのでしょう。オコシになっちゃた、とよく言ったものです。

話は転じて、塩崎さんのこと、すでに、何回か書いているが、何かというと思い出す。
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0067.html
習志野空挺部隊の猛者から、どういうわけか、東洋プラスチック精工の押出にいた。7歳年上、気は優しくて力持ち、私が今、よく言う、勘のいい人で、他の人ができない製品を塩崎さんならできた。係長補佐をしていて、私は三交代の班長をしていた時、よく、手本を見せてくれた。理屈ではなく、見て、触って、感じて、速度や温度条件やエアーギャップや上下左右、傾きを変えていた。4年後に富士プラ精工として独立してしまった。私も、その三年後には、塩崎さんを見習うように、太田化工として独立してしまった。“たちまち開く百千の~~真白きばらの~~~“”空の神兵“を熱唱する姿を思い出す。知らなかったが、私も覚えてしまった。そんなことを思いながら、ポッパーの中の樹脂を押している。
IMG_9079.JPG
今日も、夜中12時を回って、まだ、仕事をしている。なかなか、思うような製品ができない。


(^_-)-☆助かった [行動]

 3047 乾燥機、朝のうちに直る見通しが立たなかったから、ナンブから借りることにした。使っていない乾燥機でメーカーが同じものがあったというか、私が買ったのだから有ることを知っていて、直ぐに借りに行くからと、責任者に、頼み、担当らしい日本人にも電話して、許可を得て、借りに行った。11時ころには、こちらで、使い始めた。当たりまえだが、温度は上がる。約、一週間、借りることにした。15時過ぎに生産開始できた。やれやれ、ナンブの皆さん、協力的で、助かった。もっとも、押出の皆さん、私の身内のようなもの、日本人も一緒にゴルフをするし。
IMG_9071.JPG
このタイプの乾燥機、初歩的なもので、パン焼き機のようなもの、ボックスタイプというかキャビネットというか、皿が何枚か入っていて、それに何kgか入れて、乾燥するという、単純なもので、同じ原料をずっと流すような生産品の時に使う、射出のホッパードライヤーのようなものとは違う。私たちが扱う製品は、少量の原料をとっかえひっかえ使うので、こういう、定置式乾燥機が向いている。私が指導した会社にはあるが、こういう乾燥機を持っている会社は少ない。

結局、夕方には、こちらの乾燥機、治ってしまった。温度コンロローラーの接触不良だった。今週、二台使えるから、乾燥温度が違うABSも並行して流せる。
IMG_9068.JPG
花輪(karangan bungaカランガン ブンガ)の過熱状態がここにもあった。異常だ。チバトゥ インター近くのオレンジカントゥリーの何が開店したのでしょうかわからない。花輪の洪水だ。この写真の数倍はある。何百と並べられているように見える。スラマット サクセスと、決まり文句が全てに書かれている。関係者、例えば工事関係者や商品の取引先に、受けつけない、辞退の知らせを、通達しておくべきだと思う。花輪をよこすなら、金一封をと。
IMG_9070.JPG
私の家や会社がある、チタリクという村の一部です。田んぼの向こうに、サッカースタジアムが見える。今、借りてきた乾燥機をトラックに載せて会社に戻る途中。


タグ:身内 ホッ 借用

(^_-)-☆ガックリ [災難]

 3046 ゴルフを5;40スタートで始めた。しばらくして、SMSが入った。乾燥機が故障して、温度が上がらず,原料乾燥ができなくなり、生産ストップしたという。ガックリである。折角、何とか製品ができるようになったというのに、思わぬところに落とし穴があった。これも、中国製、2年前に買ったものだ。ゴルフが終わってから、会社へ行ってみた。昨日の予定では、私が引き継ぐことになっていた。メンテナンス担当の社員が、捕まらなくて、今日のところはどうにもならない、明日、早く修理できればいいと思う。最悪、どこからか、泣きついて、借りてこなければならないかもしれない。

ゴルフは、様々な業種の方たちと一緒になる。情報の交換場所に当然なる。情報と言っても、問題になっていることのぼやきが主になる。話をして、聞いてもらって、少しは、気が済めばいいと思うような話が多い。私がボヤくなら、このガックリの話になるが。

今日の話は、先日の火事による影響のことが断然多かったし、深刻さもかなりなものだった。4社が丸焼けになった、4社とも、多分、20年ぐらい前に、開業した、インドネシアでは、歴史のある会社で、多くの会社に納品をしている。それぞれ、長い付き合いだ。客先には頼られている。中には、大きな企業でも、その会社にしか注文していない会社も多い。

そして、今日のメンバーの多くは、4社から、部品を調達して、製品を組み立てて作っている会社に、そのほかの部品を供給している会社、下請けをしている会社の人だった。それらの人の話は、最終製品を組み立てている会社への納品がストップしてしまったということだ。

ある企業が、ただ一つだけの部品が手に入らなくなり、操業をストップした。その下請けの会社からの部品受け入れをストップした。下請けの会社も製造をストップした。それが、どれだけに比率を占めているかは、それぞれ違うが、中には、ほとんど、その会社のものしか作っていない会社もある。皆さんの話によると、少なくとも、300社くらいは、大部分か、一部の生産をストップしているし、従業員の自宅待機などもしているという。そして、いつまで、その状態が続くか、見通しがつかないという。最大の会社は、従業員1万人以上だという。サプライヤーは150社以上、その下請けも入れたら、200社以上だろう。

間も無く、プアサ、THR(ボーナスのようなもの)も払わなければならない。悩みは深刻だ。ある企業は、部品の緊急調達を海外からエアーでしなければならない、その費用だけでも膨大だ。何万人に影響が出ているのだろうか、私の想像を超えるいろいろは影響が出ていると思う。

焼け出された会社、書類もすべて焼失した会社もある。全てである。PCに入っているデータも消えてしまった。途方に暮れている。どうにもならないから、逃げたいがそれもできず、毎晩飲み歩いている経営者もいるとか。

本当かどうか、火事が起きてから、消防に連絡は電話番号がわからず、自転車(バイクではない)で20分かけて消防署に行ったという。消防車が来たのが出火から40分後だったという。既に、4社に火が回っていたという。

ゴルフなどやっている場合じゃないというが、やらないからと言って、なにもできない。ぼやくしかない。
IMG_9019.JPG
IMG_9041.JPG 
 夜明けは三ホール目だった。
 

(^_-)-☆何とかなった [仕事]

 3045 ゴルフの後、会社によって、状況を確認した。昨日の原料の原産地が違っていて、物性も明らかに違い、なかなか良品ができない、その原料を何とか使いこなして、製品を作らなければ、納期に間に合わない。客先の客先のその客先まで、迷惑が掛かってしまう。原料商社は、そんなことは、考えてくれないし、考えたからと言って、今更、どうしようもない。

14時ごろ会社に入ったが、その時には、まだ、流し始めいなかった。金型の組み具合をチェックして、一旦、家に戻って、洗濯などを済ませ、再び会社へ、18時過ぎに行った。既に、流していたが、まだ、良品になっていない。彼らと一緒に、20時過ぎまで、いろいろ条件を変えて、最適条件を模索し、やっと、ビジュアルもルックスも良品のすることができた。

もう、土曜日の夜だ。私が今晩、明日の朝までやろうかといったら、彼らは、そのまま、明日の昼頃まで、勤務し続けるそうだ。ということで、そのまま、彼らに続けてもらって、ゴルフが終わった昼過ぎから、私が、月曜の朝まで、繋ぐことにした。条件は、製品良品が安定してできていることだ。ムダ ムダハン ランチャールが条件だ。祈る気持ちだと、彼らは言っていた。アッラーに祈ったと思う。

それにしても、彼らの責任感というか、真面目さというか、それに、体力、感心してしまう。自分でいうのも変だが、私の若いころのようだ。太田さん、悪いから、いいよ、僕らがやるよ、という。そんなこと言わないで、お前らがやるより、私の方が、早く、良品にするよと、ロスを少なくすることができる、と、言いたいが、彼らの意欲を受け止めることの方を、優先する。フォーローをすることにする。
IMG_9009.JPG
先ほどの現場の様子、何人かが出勤して、生産と試作を続行している。
IMG_8987.JPG
 今朝、6時半過ぎ、ここを右に曲がってゴルフ場へ行った。会社へ行くなら、まっすぐ行く。
IMG_8999.JPG
ゴルフを終えて、会社へ行くには、ジャバベカ6の手前、ここで、右に曲がって行く。
  

(^_-)-☆開いた口 [災難]

 3044 プラスチック原料ローカル商社、そこを通して、Kg26万Rpの原料を毎月、コンスタントに400kgほど購入していた。勿論、フォーキャスト出していた。輸入です。そして、それは、メーカーは受注生産。ということは、商社は大体三か月先までの納期に間に合うように、メーカーに注文をしておかなければならないはず。
ところが、今回、その商社から、在庫が切れました。注文したが、生産が一か月後、入荷を約束できるのが2か月半先になる。それだけではない。価格を上げるという。28万Rp/kgになるという。呆れて、開いた口が塞がらない。こんな価格で、2トンほど注文したいとおもいますが原料どうしますか、と、追い打ちをかけてきた。開いた口は閉じたが、今後、この会社とは口を開かないことに決めた。二年ほど、コンスタントに付き合っていたが、取引をしないことに決めた。

しかし、日系企業を含めて他社に、三社に当たってみた。急な話で、やはり、無理がある。取引が面倒なので、どの商社も、扱いたくない原料だ。本当かどうか、在庫はない、受注生産になる。やはり、納期は二か月半から三か月先になるという返事。その原料でなくても、近い原料でもいいが、それもない。

来月末、レバラン前の原料調達ができない。その、ひどい商社の担当者が300Kgなら、中国に在庫があるという。仕方がないから、それをエアーで購入することにした。20US$の原料を24US$で買うしかないと決めた。

再来月末については、ローカル商社から日系商社に替えて、頼むことにした。日系商社なら。在庫がなくなりました。メーカーも生産中止にしました。どうしますか?などと、言ってこないでしょう、からね。

また、原料で別の問題に直面し、困っている。やはり、本家本元はドイツの会社の製品、輸入原料だが、お願いした商社に、多分、他社向けに在庫がったのでしょう。ブロー成型にも使う原料だ。案外、スムーズに入手ができたので、ほっとしていた。サンプル取り寄せて、成型性のチェックをし、その原料で、製品を試作し、客先の承認も得た。それが約,三か月前でした。
その製品の注文書が入ったのが、二週間前、そのために同じ原料を一週間前に手に入れた。直ぐに、生産を開始。と、したが、製品がうまくできない。明らかに溶融粘度が低い。試作した原料とは別物の感じ。溶けて樹脂が金型から出てきた時の状態が、押出用としては、柔らかすぎる、温度を下げても、思うような硬さにならないので、もっと、下げると、表面がザラザラになるだけで、固くもならない。

製品表面の艶も違う。
これは、明らかに、ロット間のばらつきで、MIが大きい。袋を見たら、以前のロット、サンプルでもらったロットはタイ製、今回は中国製だった。やられた、と、思った。商社が、多分、同じ原料、同じグレードを二か国から買っていたのでしょう。商社は、グレードが同じなら、どこからでも、同じものだと判断しているのでしょう。今、タイ製に交換できないかと相談を持ち掛けている。多分、できないと、言われるでしょうが。
これも、場合によっては、日本のメーカー、日系商社から購入すること考えなければならないかもしれない。

全く、面倒な話、機械や原料で中国が絡んだものは、今の会社では、厄介なことになりやすい。今後は、中国からか確認する必要があると思う。本元がヨーロッパやアメリカや日本であっても、作っている国が中国ということなら、避ける方が無難だと思うようになっている。

海外では、技術以外に、こういうことも、乗りこえなければならないから、大変ですよ。
IMG_8983.JPG
何か昔のコマーシャルに、私はこれで、会社を辞めました。というのがったが、私は、これで、インドネシアをやめられません。
IMG_8986.JPG
私の今日の昼食です。近くのワルンで買ってきました。ナシ、チャベ、サユール、アヤムゴレン、ソトサピのセットです。いずれも、キャンティーンで皿に移して食べます。2万Rp 150円くらいです。ソトアヤムやバソもエナックだが、私はこれとミーアヤムが好きだ。スープの味次第で、美味しい

タグ:対処 困難 困惑

(^_-)-☆気の毒 [病]

 3043 迷惑メール、一日、20件ほど入る。少ないでしょうかね。その外、受信メールに、迷惑メールに当たるものが、数件はいる。以下の二件が昨日、受信メールの
面白いメールが入った。つい、笑っちゃいました。 どんなメールでも、心当たりがなければ、添付ファイルは、開かない。迷惑メールに入れて、消去する。それで、困ったことは一度もない。
支払い明細書として、お手数ですがよろしくお願いします。連帯保証人は記載しなくて結構です。
かぶしきがいしゃ
連帯保証人は記載しなくて結構です。
株式会社 ジャパンエキスプレス
URL: http://www.japan-express.co.jp/

「運行・車両管理部 ご担当者様 お疲れ様です。駐車違反の報告書を添付してます。 ご確認の程、宜しくお願い致します。」原文のままです。添付所は開いていません。ご確認などするわけがないでしょ。直ぐに、迷惑メールに入れて、破棄しました。何が笑っちゃうかといえば、こんなばかばかしいメールを送って、これで、何がしたいのでしょうか。何か、稼げるのでしょうか。知能程度が相当低い人が、仕事として、何かをしているのでしょうか。
添付所を開くとどうなるのでしょうか、請求書に金額と振込先が書いてあるのでしょうか。どこかの警察からでしょうか、本文には、それが書いてない。どこかの運送会社に問いかけているのでしょうか、個人にではないようですね。
これで、騙されて、支払いをする人がいるのでしょうか。宛先が、似たようなアドレス3か所になっているが、どこから、拾ってきたのでしょうか。似たようなアラマットに、大量にばらまいて送っているのでしょうね。
こんな人種が多いのでしょうね。気の毒ですね。何かの技術を習得して、普通にまじめに働きなさいよ。それができれば、そうしているよと、言われるかもしれませんネ。

こういう人達、どういう生活をしているのか、知りたいですね。私が経験したくても全くできない世界なのでしょうね。ばかばかしくて、したくなどないがね。こういうたぐいのことを今は日本では何と言っているのでしょうか、特殊詐欺の一種ですか。
IMG_8976-.JPG
会社からジャバベカ2へ行く途中です。ここをまだ真っ直ぐゆきます。ここを左に曲がればゴルフ場ですね。大概の休日はここで左に曲がります。ゴルフ場に来る、ほとんどの人は、向こうから来ます。私のようにこちらから入る人はほとんどいないと思う。こちらには、日本人が住めるような家はないし、ホテルもない。
IMG_8979.JPG
このホテルのオープンは、一カ月ほど前です。なんと読むのでしょうか。ザ セレクトンでしょうか。なぜか、前に、こけしの絵が並んでいる。南からくる車がロータリーで、ぐるっと回って、ゴルフ場へは、左(東)へ行くが、このホテルは、そこまで回らないで、まっすぐの方向(北)へ行き、この写真のように右に見ながら通り過ぎ、Uターンすれば、着く。
IMG_8977.JPG
このラーメン屋は、多分、2カ月くらい前にオープンしたと思う、営業を始めたばかりのほてるイビスが誓い、モミジ祭りをした、ハリウッドジャンクションにあるようだ。しかし、看板の左側に、ばりうま、と書いてるが、私にもインドネシア人にも意味が分からない。また、TONKOTSUと書いてるが、大丈夫なのかな。
 

(^_-)-☆またラマダン [日常]

 3042 間もなく、ラマダン月(プアサ)になりますね。pihak dari Muhammadyah telah menentukan awal puasa ramadhan jatuh pada tanggal 27.27日からですね。断食付きですね。商戦はとっくに始まっている。断食の時に皆さん体重が増える、体に良くないし、修行にもったいない。アッラーさんの目的は何なのでしょうか、同胞というか、同じだよ、と言いないのか、それなら、修行になっていないのだから、ほかの修行になることを考えればよかったのにと思う。この時期になると、必ず、そう思う。夕方から、皆さんで飲んだり食ったり大騒ぎをするだけだし、昼間から飲み食いする人も半数以上だし。
レバランは25,26日ですが、23,27,28日がチュティブルサマ(年休消化)ですから、最低6日間、休暇になりますね。多くの会社は、そのまた前後を、それまでの休日を出勤して振替休日にし、10日間以上の連休にする。この時期、インドネシアにいても何もできないから、日本人は、インドネシアから出る人が多い、家族連れは特に、日本に一時帰国するか、海外旅行に行くでしょう。ゴルフ三昧の人もいる。私はその一人になるでしょう。各地で混雑と闘わなければならないから、国内旅はしたくない。海外へでるには、料金が跳ね上がっている。

http://otaenplaext.net/newpage130.html
http://otaenplaext.net/newpage131.html WAKATOBIの纏めです。

バーの後ろの、広さ 2 x 3 m、まだ間違いなく Ahok 忙しい。
https://www.youtube.com/watch?v=Ptq99M_Hh9U" target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=Ptq99M_Hh9U
Meski di Balik Jeruji Berukuran 2x3 Meter, Ahok Masih Dibilang Sibuk
https://www.youtube.com/watch?v=4hCbrb5GQ5w
中国は、高速鉄道資金US$ 4,498 Miliarを提供しまじめる。
Tiongkok Cairkan Dana US$ 4,498 Miliar Untuk Proyek Kereta Cepat, KAI Mulai Gusur!
いずれも、15日のニューからです。

http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/
私のWebsite。10年を過ぎました。2007年ですから、パニック障害が原因で、日本で、一年ほど、おとなしくしていた時で、手持ち無沙汰で、暇つぶしのつもりで、メールをするようになり、au,dionの関係だったので、そのウェブサイトも使うようにした。そして、直ぐに、また、インドネシアで仕事をするようになった。パニック障害完治?を自覚したころでした。薬もお守り程度に持っていただけだった。
今は、http://otaenplaext.net/newpage0.html

私のHPです。自慢のHPです。誇りのHPです。ソニーエリクソン、はっきり覚えていないが、パニック障害にかかる前から使っていたので、10年以上前からということになる。5ジュタRp(当時5万円くらい)で買った覚えはある。今買えば50万Rp(4千円くらい)何度、落としたか覚えていない。何度、モニターが真っ白になったか覚えていない。何度、どこかに置き忘れたかわからない、一週間ほど行方不明になったこともある。完全に使えなくなってしまったと思ったことも何度かある。最後に落としたのが、先日15日、スカルノハッタ空港から出るとき、歩きながら、ONにしようとしたときだった。飛び散らないように輪ゴムで縛ってあるので、飛び散らなかったが、ONにするためのボタンを押したが、一応、ピンを入れる場面になったはずだが、真っ白のまま、また、やってしまった、と思った。パーキル イナップまでの迎えの車を呼び出さなければならない。困った。誰かに頼まなければと思い、側に会ったインフォメーションらしいカウンターの側の人に近づきながら、HPを強く叩いてみてから、ONにしてみた。画面が現れた。直ってしまった。
IMG_8968.JPG
HPの周りは、傷だらけで、白くなって、丸みを帯びている。完全に壊れた時のために、数年前から、予備のノキアのHPを持っている、何度かSIMを入れ替えて使わなければならなかったこともあったが、とにかく、叩いたり、落としたりしてみると直ってしまう。何回か落としても直らなくても、何日か後に落としてみると直ってしまった。そして、今も愛用している。これで十分、電話とSMSに使うだけで、ほかの機能は必要なし、メールやネットもできるが、使ったことはない。
IMG_8970.JPG
二色成型のPCパイプです。C,Dieから出てきたところ、水槽に水が入っていない。空冷だ。
 

(^_-)-☆また現実 [仕事]

 3041 金型が壊れたという連絡が入った。新しく金型を作りたいと言ってきていた。その金型を今朝、見た。こんなの見たのは、50年以上で初めて。よくここまで、出てくるまで、流したなと、感心。そりゃ、新しく、作るしかないでしょう。面にかかる圧を、下の偏だけで、支えていたが、こんなこともあるのだから、上にも支えの部分を加えることにして、さっそく、注文した。
IMG_8962.JPG
また、連休中にもかかわらず、インドネシア初のパイプ型のLEDチューブランプ用のPCカバーの生産を開始したが、どうも、うまくいかなかったらしい、できなかったサンプルを見ると、補助押出機からの樹脂が分解しているように見えた。今日、その生産を開始しなおした。しかし、様子はNGサンプルと同じ、溶融粘度も低い、補助押出機の温度を下げていった。それでも、メインより高い。やはり、分解したように表面がざらっとしている。どうにもならない、そのうちに補助押出機から樹脂が来なくなってしまった。多分、スクリューが折れたのだと思う。そこで、やめた。

試作は、日本の太田化工から持ってきた25年前の押出機だった。それは、移動できる補助押出機と違って、簡単に移動できないし、メイン金型に取り付けるのが大変だった。今回、中国製の新しい補助押出機を使って、簡単にに金型をセットできるようにした。とことが、性能が変、オーバーロードを示すはずのAメーターが変、明らかに負荷が大きくなっていると思われるのに、Aが上がらない。自動ストップのシステムもない。チナの押出機、メインの方の調整も一苦労したが、補助はこれでは使いものにならない。明日、依然使った押出機に戻すことにして、今日は不完全燃焼で終わってしまった。引取機といい、押出機といい、もう、こりごり、ということをインドネシア人が分かった。コミサリスとその義理の弟がジャカルタの見本市で買うことしてしまった代物、私は、反対したが、結局、買ってしまった。

自動カッターも使えない。まったく、サービスがない。様子を伺いにも来ない。使いものにならない自動カッターを取り除き、インドネシア製の自動カッターを40ジュタで、取り付ける。

そして、押出機を120ジュタで作るため、何社かに見積もり依頼をした結果、間もなく、POを発行する。

また、新規の金型製作依頼が入っているので、その金型の注文の準備をする。レバラン休暇の前に、何とかという、依頼できているので、期待に答えたいと思う。これ、私にとって未経験の形状と樹脂の組合せだ。第六感で金型を作る。きっと、うまくゆくでしょう。客先にこんなことは言えない。試作のために、土日のゴルフをキャンセルしなければならいかもしれない。

また、何に使うのかよくわからないが、LDPEで三種類のパイプの見積もりをだした。これが、まとまると、8月ごろからの売り上げが800ジュタを超える。私はその場にいなくなるが、もう完全にマンディリmandiri自立になる。
IMG_8964.JPG
もらったので、夜食にポップミーのラサ バソRasa Baksoバソ味を食べた。私は、スダープよりポップミーの方が口に合う。そして、あまり食べないが、日本のカップネードゥルより、インドネシアのカップ麺の方が合う。
  

(^_-)-☆付きがなかった旅 [旅]

 3040 天国の一つに加えようかなと思って出かけた場所、天候にもホテルにも、海の中にも恵まれなかった。運が悪かったのかもしれないが、もし、事前調査しても、これらのことは、全て、来てみなければ、分からないことだったでしょう。
朝食、7時、9時ホテルチェックアウト、空港到着、9時15分、10時10分ボーディング、クンダリ経由でマッカサールに13時前に到着、ここまでは順調。14;50搭乗の予定だった。ティケットには、予約したときとなじ、IW1331ウィングス エアーになっている。何の疑問もない。ところが、その時間になっても10分過ぎても、搭乗の案内がない。変に思って、搭乗口に聞きにいった。遅れているのかと。ところが、その人、ワカトビからジャカルタに行く便は、変わっているという。もう、出てしまったという。私を呼び出しもせず、である。丁度、今、ライオンのジャカルタ便が出るから、それに乗れというわけで、そのまま、便を変更し、搭乗した。結局、戻れたわけだが、10分すぎて、聞かなければ、その便の出てしまって、次が何時になるのかわからなくなったでしょう。結局、予定より40分ほど遅れてマッカサールを出発。
IMG_8871[.JPG
スラウェジ島の南の部分、右下に、ワカトビの主な四島がある。ちょっと北にクンダリ、左にマッカサール(旧ウジュンパンダン)がある。タナトラジャ、ゴロンタロー、マナド、ブナケンはこの島の真ん中から北東の端にある。これらも、全て行ったことがある。
なお、Wanciワンチは、現地ではWangi-wangiワンギワンギ(ギは鼻濁音)で、その中のKota町をWangiワンジ、と言っていた。同じスペルだが、発音が違う。インドネシアではgの字が入っている単語の発音が一定していない。

今回の旅は、ついていなかった。天候に恵まれなかった。そして、ホテルも、頼りのWi-Fiも今朝はコンディションが悪く、ローディングが遅かった。14日は、一日中、断続的な大雨と強風、ほとんど閉じこもり、テレビを見ることができるようになったのが救い、クンダリの洪水のニュースが入ってきた。今朝、トランジットした町だ。

このホテルの敷地は広すぎ、カリムンジャワのクラクラアイランドの全周囲(円周)をほぼ真っ直ぐに伸ばした感じ、景色もクラクラを一周したときとそっくり、ただし、丸い島なら、どこ行くにも一番遠くて、直径の距離、ここは、端から端までは直径の3倍以上歩かなければならない。このホテル内送迎用のカートが必要だ。
IMG_8871^.JPG
IMG_8871-.JPG
左右の端です。

付いていなかったことの一つに食事、私の口に合わなかった。インドネシア料理しか頼まなかったが、辛くさえなければ、普通に食べられるのだが、ここのレストランの味付けは、馴染まなかった。昨日のミーアヤム、辛くしないでほしい、と、頼んだにもかかわらず、私にとっては、辛すぎ、それでも、我慢して何とか食べた。しかし、そのあとが、大変なことになった。夜、食事をしながら、PCをいじっていた。お腹の具合が悪くなってきた。胆液が上がってきてしまったのだ。甘すぎ、辛すぎのもの、そのほか、パンをまとめて食べたり、ノリやトマトの皮など、消化しないもので十二指腸の壁に張り付きやすいもの食べたりしたとき、苦い黄色い液体が上がってきてしまい、そうなると、吐き気が止まらなくなる。水を飲み、吐き出す、それを、トイレで、黄色い液が出なくなるまで、何度も、繰り返す。苦しいが、必ず治るので繰り返す。口に苦さが残るが、数分で苦さも消える。二日目三日目の夕食後、それを、させられた。別に、旅先だからではなく、飲食のことなので、日常でもあることだが、二日続けたのは、ここの食べ物だからだ。
IMG_8871].JPG
これも、予想されたことだが、空港から家に戻るまでの時間、3時間半、2時間は渋滞の中。タマンアングレックから渋滞、チャワンで消えたが、ブカシ バラットの手前でまた、ハマった。ブカシ ティムール通過後順調になった。21時に家に着いた。ホテルを出て、時差の関係で、13時間の旅でした。機内にいた時間は、5時間だったのに。
 

見るところ、訪ねるところの千分の一も行っていないと思う私の印象です。

長期間滞在し、海の深くまで潜る人には、魅力的なところかもしれないが、私のように、二三日や、一週間ほどの滞在で、ほんの一部の岸に近い場所でしか潜れない人にとっては、また、他のダイビングスポットの経験している人にとっては、素晴らしい場所ではないと思う。サンゴの死骸というか、枯れたというのでしょうか、破壊されている場所が多い、その上、ゴミが多い。海の中もそうだが、陸上に至っては、ゴミだらけ、森の中へ入ってもゴミが散らばっている。元町長さんのここでは、代表的なホテルでも、ゴミ処理ができていない。ダイビングガイドのいる建物の周りに、ツアー客を運ぶ船(ざっと見て、2~30人は案内出来る結構大型)も桟橋に二艘、停泊させてある。酸素ボンベやダイビングスーツなども用具が大量に置いてある。その場所の周りもゴミだらけ、臭い、残飯の悪臭、彼ら自身が率先して、汚している感じがする。汚いね、と、反しかけたら、にたっと、笑っているだけだった。

錨を下すのは止めてほしい、ラジャ アンパット、カリムンジャワ、コモド、ブナケン、パンガンダランのバトゥ ラヤン付近、で、海中を覗ぞきに行った時、錨を下さなかった。流れの少ないとことを探して、停泊する。流されれば、戻るを繰り返す。プラウスリブは20年前に、すでに、滅茶苦茶だけどね。

現在は、マッカサールークンダリーワンギ^ワンギが一日一便ウィングス エアーがあるだけ、しかし、ガルーダがバリからマッカサール経由で運行されると言っていた。希望を含めて、期待をしていた。実現すれば、バリからガルーダが来るようになれば、それだけで、宣伝効果になるし、バリで潜った人が、ワカトビで次に潜ってみたいということになるかもしれない。

(^_-)-☆残念なホテル [旅]

 3039 ACとTVのリモコンがない、初日、17時ころ部屋に入って、シャワーを浴びようとしたらタオルがない。テレビを掛けようとしたら、リモコンがない。エアコンは作動していた。鍵をある場所に差し込むと、電源が入るという仕組になっていて、出るときに、キーを抜けば、全ての電源がOFFになる。ということで、エアコンがオフになっていなかったから、作動したということは、分かる。しかし、オフにしようとしたら、リモコンがない。直ぐにレセプションに電話した。タオルは、すぐに、ハウスキーパーが持ってきた。それはいい。リモコンは来ない、夜になって、レストランパソコンをおじっている時にも、頼んだ。そして、その日、なしのまま、TVは見ない、ACは動いたまま。

二日目、昨日の朝、海に出かける前にも、レセプションに、リモコンが、まだ、届けられていないことを伝え、帰ってくる前に、届けるように頼んで出かけた。14時ころ、戻ってきて、キーを受け取りながら、届けてあるか聞いたら、部屋の掃除は終わっているという、そうじゃなくて、リモコンは?と聞いたら、今、届けるという。そして、昨日と同じ状態の部屋で待っていたが、一時間ほどたっても、来ない。また。電話した。今、届けに行っていますの返事、それから、30分後に、メンテナンスらしき男がやってきた。リモコン二つ持ってきた。ACの
方、リモコンに反応しない、機種が違うからという。そんなもの持ってくるなよ。TVの方、これも、反応なし、バッテリが切れているという。そして、すぐ戻るからと言って、出て行ってしまった。そして、すぐ戻るどころか、昨日、来ることはなかった。レセプションにまた夕方電話した。まだですか?と。聞かれてしまった。ダメだ、こりゃ、まったく、確認しあっていない。どういう、頼んだ、それだけだ。インドネシア~~~インドネシア、である。

 そして、今日は、海の中をまたみても仕方がないし、南の方のKATOBIの島の方へ行っても代り映えがしないと思い、ホテルの前の海岸を2kmほど、往復をして、昼過ぎに戻ってきた。部屋の掃除はしてあったが、やはり、リモコンはない。また、電話した。まだですか?と、また、聞かれてしまった。そして、やっと、メンテが15時ころやってきた。何処へ行ったのか、ほかの部屋のメンテをしていたという。優先がそっちだったのかよ。
 そして、新しいACのリモコンを持ってきた。やっと、ON,OFFができるようになった。TVは?持ってきていない。いつ?になるの?彼、リモコンがないという。そして、テレビの右横の操作ボタンの説明をしだした。そんなところにあったのかよ。最初から、言えよ。三日目の夕方、やっと、不完全ながら、AC、TV操作ができるようになった。めでたしめでたし。もう、明日の朝、チェックアウト。
 レセプション ハウスキーピング ルームサービス、メンテナンス間の連携が全く、なされていない。確認のスターダードはどうなっているのでしょうか.ね、前町長さん、

 このホテル、四月に新しい町長に代わる前、6年間、町長だった人が所有で経営者だという。前町長のホテルだという。それにしては、値段が高い割に、サービスは悪い上に、施設として足りない点が多い。まず、冷蔵庫がない。部屋が暗い。ヲーターディスペンサーがない。アクアは二本あるが、湯沸かしポットがない。そして、60万Rpの私が泊った部屋、レストラン、エントランスからの距離がロングホール以上ある。カートで移動できるわけではない、歩きである。WiFiの場所まで、結構な運動になる。
パンガンダランの30万Rpの部屋は、このホテルにないもの全てがある。ネットは、エリア全地域で、万全だ。感じ、このホテル、最悪、私がインドネシアで多くのホテル、プンギナパンを利用したが、最悪。ワカトビのホテルをネットでチェックすると、このホテルが最初に出てくる。Wi-Fiコネクト可能、というホテルはワカトビでここだけを強調している。Wi-Fi accessible from all areas of the resort.と、ね。しかし、そのサービスも遠いレストランだけ、そのことは、プロファイルに書いてない。

午後は、強風と大雨のため、部屋に閉じこもっているしかなかった。結局、サンセットを見る機会はなかった。サンライズも二日目、ちょこっと、見えたが、水平線からということではなかった。
IMG_8820.JPG
IMG_8820^.JPG

http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage009.html
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage101.html
午前中の散歩といっても、普通の人は入らない道なき道と狭い海岸だった。植物を見て、カリムンジャワを思い出した。カリムンジャワは、ゴミが漂着していなかったが、こちらは、漂着も多いが、地元で捨てたゴミも多かった。
IMG_8820-.JPG
ビアワック、死んでいるのではない。私が近づいて、水中に逃げ込んで、じっとしているのです。それにしても、3分ほど、側にいたのだが、びくともしない。どれくらい、我慢ができるのでしょうか。

タグ:ゴミ 残念 不備

(^_-)-☆海の中 [旅]

 3038 昨日の天気とうって変わって、快晴。6時ころには、もう、暑くてたまらないほどの太陽が輝いていた。
朝食のレストランには、なるほどというか、やっぱりというか、明らかに中国からの年寄りの方が多かった。地元の人が言うように、ここは、地上にはあまりみるところがない、地下と海の中に、見るところが沢山あると。この方たち、多分、地上だけしかみることができないのだはないかと。今朝までのところ、日本人には会っていない。

ワカトビは海の中しか見るところがない、それを、ちょっとだけでも確認しようかと思って、半日、近くのダイビングスポットでシュノーケリングをすることにした。7時過ぎにホテルから出発。島の西側にあるダイビング出発地へ行った。8時過ぎから、ほんの近く、船で、10分ほどの岸から100mくらい離れた、ここから見てみましょうというガイドに従った。そこで、海中を眺めてみた。魚の種類も多い、大小様々、しかし、サンゴの破壊が始まっていて、すでに、白くなってしまっている場所が点在している。岸に近い場所を、もう、二か所、10分ほど、それぞれ、離れた場所も眺めてみた。その辺りも、同じ状態だった。それらの、ちょっと、沖50mくらい沖は、急に深くなっていて、青色が濃くなっていて、底のサンゴの状態は見えなくなる。見える浅い場所は、島の周り、どうも、どこも、かしこも、破壊が始まっているようだ。出発桟橋の反対側、数百m辺りで、三か所ほどチョバcobaをした。その値も同じだった。

結構、潮流が速く、体感で、岸近くでも、秒速0.5mくらいの場所が多かった。ちょっと沖を、大型船が通過する頻度も多い、その都度、大波が来る。ダイビングの船は、錨を下す、サンゴに引っ掛けるのだから、当然、その場所は、破壊される。それが、繰り返されている、それが、原因には明らかだと思う。今回だけでも6っか所で錨を下した。引っかけているのは、サンゴだ。

岸辺に近いシュノーケリングスポットが、多分、各島々の周り、全てが、すでに、この状態になっているのではないかと思う。再生不可能になっている場所も多いのではないかと想像する。

以前、コモド島の周辺の海で、潜った時には、その場所に10隻ほどが、多くの人を案内してきていた。そこには、最初に到着した船が錨ではなく、綱を縛り付けれる場所が海上に出ていて、そこに縛り流されないようにする、到着した船は、それらの船と繋げて流されないようにする。10隻ほどお互いにつなげられているのです。だから、そこのサンゴは破壊されていなかった。
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage124.html
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage125.html
赤い砂の浜でした。その砂を、私は、今でも、大切に持っている。

ワカトビ、有名な場所になっているから、多くの人が訪れる、日本大使館の女性二人がちょっと前に来たと言っていた。二人とも、楽しい人だったとガイドの一人が言っていた。地元の関係者が、もっと、環境のことを考えないと、そう遠くない間に、名所では無くなるかもしれないね。ほんの一部を見ただけだから、たまたま、ひどい場所に当たったのかもしれないが。一事が万事、

ここへきて、海中を眺めたという証拠。ガイドが撮影した、これは、私です。フィンもライフジャケットも邪魔だから、付けない。ガイド曰く、体力ありますね、だった。73.5歳、やはり、海でもぷかぷか浮いているのが楽しいし、水中を眺めるのも楽しい。今日のところは、竜宮條というわけにはいかないが、浦島太郎もこんなところも見たかもしれない。背中日焼けでピリピリしている。
IMG_8655^.JPG
IMG_8655-.JPG
水中カメラを持って行かないとだめだね。海上、陸上ではあまり、写すところがない。海の中しかない。
IMG_8656.JPG
目覚めて部屋の外に出てすぐに場所。インドネシアですね。海岸ならどこにでもある風景ですね。

(^_-)-☆ここはど? [旅]

 3037 私は誰?クンダリくんだりまで、行ったと、以前。クンダリのことを書いた、マッカサールの次にクンダリ経由でワカトビに来ている。Patuno hotelに泊まっている。空港は島の東、ホテルは、北にある。なぜここかというと、Wi-Fiフリーということだったから。ただし、ロビーとレストランだけで、各部屋では使えない。私に部屋とレストランの距離は500m以上、だから、今、夕食を取りながら、4時間ほど、粘っている。三日間、多分同じだと思う。
1時前に車で出発、ムンギナップ駐車場に着いたのが、3時前だった。高速道路、スマンギの手前まで、ガラガラ、これじゃ、早く着きすぎると思っていたら、突然、渋滞になってしまった。三車線の内、二車線の舗装工事をしていて、タンゲラン方向への分岐点でやっと解消した。

ライオンエアーグループのウィングスエアー、ターミナル1のA、3時半ごろ、搭乗手続きカウンターに向かったが、20くらいあるカウンターすべてに10人以上並んでいて、こんな、早朝から、出発するんだと思った。4時半離陸、そして。ワカトビの空港に降りたのが、11時だった。マッカサールからはプロペラ機だった。以前、クンダリの時と同じ。
http://otaenplaext.net/newpage17.html
http://otaenplaext.net/newpage18.html
例によって、何の予約もしていない。ターミナルから出たところにタクシーカンターに近づいただけで、ユニフォームを着た運ちゃんが三人ほど、すぐに寄ってきた。そのうちの一番体格がいい、おっさんが、よくしゃべりだした。その人に、しゃべるような形になってしまった。今日は島の中を案内してもらう明日はシュノーケリングをしながら島巡り、スポット巡りをしたいという話から、夕方まで、いくらで案内してくれるか、ホテルはWi-Fiの可能なところなどと、彼に聞くようになって、頼むようになってしまった。60万Rpで,6時間ほど島中を案内してもらって、途中、ホテルの予約もした。ちょっと高くて、一泊60万RpでOKにした。
IMG_8654^.JPG
パサールが印象的だった。あちこちの、何やかやの売り名で地元のおばさんたちと会話が弾んだ、何がそんなにおかしいんだと思うくらい、皆さん、私の喋りで大笑いをする。私が見える場所にいる人たちは、全て、私を見ていて、何かを話しかけたいようなそぶりをしていた。あれを食べろ、これを食べてみろとうるさく寄ってくる。何やら、得体も知らない、食べ物を食べ出せられた。エナック?と聞くから、”OISHII“と、答えてやると、また、大受け。ウニを見て、美味しそうだねというと、割った、中身を出してくれるが、次々と割ってくれるが、中身がないものばかり、すると、隣にもウニを売っている台があって、そこのウニは、上下に割って合って、真ん中から、黄色いウニがはみ出て見えるくらい詰め込んであった。聞いたら、どのウニも身が小さいから、10こくらいから集めて詰め込んであるという。一個5000Rpだよ、食べてみると。美味しい、全部食べてしまったら、大喜び、日本人が美味しいと言ってくれたと。代金はいらないというが、1万Rp無理やり渡した。ただし、日本人にはお勧めしません。食べてお腹を壊しても責任持てません。インドネシアの食べ物全部、自己責任です。
IMG_8654-.JPG
IMG_8654{.JPG
あまり高い山はないが、ちょっと高台から見下ろした海、そして、何が何だかよくわからないが、海岸沿いの道から天草の養殖場だそうだ。確かに天草が道端に落ちていた。

Wangi-wangi Kaledupa Tomea Binongkoの主な四島の頭文字でWAKATOBIですね。若飛び、ではないですね。
  

(^_-)-☆時は流れる [押出成形]

 3036 日本で40年くらい前から、私と仕事を一緒にやってくれた当時若者が、今は66歳、去年の初めごろから、そろそろ、会社を閉じたい、どうも、手首の具合が悪くなったようで、シングルゴルフもこの一年以上できないと言っていた。気は優しくて力持ち、中学時代は卓球で、高校では柔道部の猛者だったという。年には勝てず、押出の仕事から、いよいよ離れることにしたそうだ。客先の多くは、太田化工に移し、押出機などの装置の大半も太田化工に移したそうだ。私と沼津で一緒に太田化工を立ち上げたようなもの、静岡に来てしまった私の後を継いで、客先もそのまま残し、数年後には、太田化工から独立し、セピックという名前の会社を立ち上げて、今までに至っていた。私の一番弟子というところだった。残念だが、原料袋も持ち上げられなくなったと、嘆いたくらいだから、仕方がないかと思う。

もう一人、彼の同級生で会計事務所を経営している、私が会社を作る前、富士プラ精工という会社で夜勤専門、12時間勤務をしていた時、一年半ほど一緒で、経理の仕事をやっていた。私が会社を作ってから、会計事務所に勤めだし、税理士資格に挑戦し、毎年、一科目かに科目合格し、4年で税理士の資格を取った。その間、勉強だからと言って、資格を取ったら有料にするからと言って、私の会社の経理を無料でやってくれていた。その後、静岡へうてってからも、かれが、税務申告をしてくれていた。私が社長時代、20年間、一度も税務署の監査を受けたことがなかった。もっとも、規模の割には多額の税金を払っていたからかもしれないが、彼の手腕には、大いにお世話になった。二年に一回ほどは、今でも、太田化工であったり、私が沼津の会計事務所に、アラック(インドネシアの酒)を届けたりしていた。 その彼も、そろそろ、事務所を他人に任せることを考えているという。

富士プラ精工時代に、何の大会だったか、卓球の団体戦に出たことがあった。亡くなった、梨大時代の同級生、同じ応用化学で卓球部だった小山君と四人で、いいところまで行った覚えがある。

お世話になりましたと、彼らから、言われているが、まだまだだよ、これからも、お世話するかもしれないし、お世話せれる可能性方が高いよね、という話をした。
IMG_8511[1].JPG
IMG_8518.JPG
最近、目立って、プルタミニが増えている。以前は、地方の田舎へ行くと、ガソリンスタンドがほとんどないところに、ペットボトルで道端に売っていた。しかし、田舎へ行かなくても、ちょっと、路地に入っただけのところで、ミニ ガスステージョンができている。続々と増えている感じだ。また、最近、プレミウムという一番安い種類のガソリンが売られなくなっていて、プルタライトという種類が多くなっている。それでも、リッター5~60円くらいだが。ミニでもライト(ガソリンの一種)とソーラル(軽油)を売っている。法に触れないのでしょうか、危ないと思うのだが。

日付が変わったころ、家から、夜逃げのようにして出発、空港へ向かう。4;30出発で現地時間11時に到着予定。
  
タグ:引退 出発 年月

(^_-)-☆納得の上 [押出成形]

 3035 ローカルのインジェクションモールディングの会社の人がやってきて、紙管のサンプルを見せながら、プラスチックでこれと同じ寸法でパイプを作ってほしい、見積もりをしてほしいと言ってきた。せっかく持ってきてくれた話、素直に、はい、わかりましたと言って、同じ内外径で、長さも同じのパイプの見積もりを出せばいいのかもしれないが、どうしても、疑問が沢山出てきてしまう。其れも、沢山である。それを、確認しないと、見積もりを出せないと思うし、出しても無駄だと思う。

 そこで、いくつかの確認をさせてもらう。まず、この会社、射出成型の会社、この筒を使って何を作るのか、射出製品とセットした部品、製品を売るのか、それとも、単なる商社(品物を買って売る)のようなことをしたいのか、後者だったら、この話は、そこで終わりになる。私は、いろいろな意味があって、使う会社と直接取引をすることにしている。
 この話は、今使っている紙管から、なぜ、替えたいのか、替えたい目的を聞く。物性か価格か供給かなど、今の製品の問題点を挙げてもらう。
そして、使い道は何か、何のために、この製品が必要かを聞く、使う場所、環境、取り付け方、相手の部品、形状を知りたい。

全てを確認した後、提案をする。一つでも、曖昧な点があれば、提案をしようがないし、見積もりを出せないという。とにかく、見積もってほしいと言われれば、仕方がないから、希望の樹脂、寸法で見積もりを出すが、価格や取引条件で、やりたくない見積もりを出すことになる。

説明に納得が得られれば、樹脂、寸法の提案をして、何種類かのその組み合わせで、見積もりをだすことを話す。プルファイルなら、形状の提案もする。
IMG_8505.JPG
IMG_8507.JPG
ジャラン ラヤ、ここを左に曲がった方向に私の家がある。曲がるとすぐに踏切、調度、列車が通過した。この路線、日本が中高速鉄道にする路線だ。ご覧のように電化されていない。ジーゼル車が引っ張っている。電化の浩二もしなければならないようだ。
IMG_8502.JPG
IMG_8501.JPG
コタ チカランのジャラン ラヤ沿いのパサールの雰囲気、多分、50年以上前から変わっていないと思う。リッポチカランやジャバベカのような、新港都市のようにはなりようがない、汚い、臭い、混雑状態は、変わることはない。
  

(^_-)-☆プロジェクト [情報]

 3034 チカラン ドライポートは7年ぐらい前に、私の棲み処だった場所のすぐ近くに出来て、役割を果たしているようだが、どうも、分からないのは、なぜ、ジャバベカなのかだ。鉄道線路の近くなら、どこにでもあるし、カラワンでも同じだと思うし、コタ チカランの南の方だっていいだろうし、運河を作るなら、カリマラン川でなくても、カラワンからブカシの北の海にそそぐ、チタリューム川もある。河口まで行ったことがあるが、タンジュンプリオク港がよく見えた。
http://www.indotravelers.com/peta-rute-jalan/beda_tinggi.php?f=-6.2549342,107.1445443&fn=Stasiun Cikarang&t=-6.10999,106.88454999999999&tn=Tanjung Priok
タイトルは、“チカランとタンジュン プリオク高さがの違う”
Beda tinggi Stasium Cikarang Ke Tanjung Priok
運河?のルートの地図も乗っている。大部分は、スンガイ カリマランを使うみたいだが、水面調整の水門がいくつか、必要でしょうね。
Peta Beda Tinggi Antara Stasiun Cikarang Dan Tanjung
とにかく、プロジェクトは動き出しているようだ。昨日書いた、鉄道も高速道路も運河とドライポートに無関係ではないことは確かだ。

 どうもこの運河の話、意味不明。まさか、ドライポートからコンテナ船がタンジュンプリオクを往復するとは思えないし、そうなれば、ドライポートじゃなくなる。コンテナ船がすれ違えるような幅も無理でしょう。深さもね。40フィート一個を運ぶ船専用なのでしょうか。運河の話、工事が始まっていると聞いているが、ルートを示す地図もない。鉄道や高速道路で運べば十分だと思う。

 Indonesia-Jepang Sepakat Bangun Pelabuhan Patimban di Subang
また、2016年から、スバン県の北の海岸、パティンバンで、新コンテナ港の建設が始まっている。2020年以前に一部、使用開始ということになっている。スバンはカラワンの東隣、新港は、チカンペックからスマランに向かう高速道路のインターからも近い、南に数キロの距離、カラワン、スルヤチプタ、その他のカラワン県の工業団地やチカンペック、プロワカルタの工業地帯からの貨物は、ほとんど、新港を使うでしょう。デルタマスやデルタシリコン、ジャバベカの一部もタンジュンプリオクは使わなくなるでしょう。

それと、もう一つ、中高速鉄道ジャカルタースラバヤを日本が建設をするでしょう、今月中には、日本から、具体的な提案をする約束になっていたはず。これも、2021年以前には利用できるようになるはず。チカランのドライポートの役割や運河なんて、ますます、意味が小さくなる気がする。

もっとも、インドネシアでは、プロジェクトは始まっても、途中でやめてしまうことが多い、タンジュンプリオク港のアクセス高速道路も一部がそうで、日系企業が後を継いで、使わなくなった、高架橋に橋脚を、なん十本も、破壊したこともあったし、ジャカルタのスナヤンプラザの前のモノレールの柱、今、どうなっているのでしょうか。高速鉄道も途中でやめてしまうかもしれませんネ。

余談だが、新港のスバンちうところ、北がバンドゥンに接していて、県境には、有名な、チアトル温泉や活火山、温泉卵もあるタンクバンプラフがある。日帰り、ファミリー ギャザリングの適地だ。
http://www.k4.dion.ne.jp/~enplaind/newpage027.html
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/page005.html
 
 若きダイレクター、ヘニー君、家を買った。頭金の支払いが済んだ。今月末前に、借家から引っ越す。家の感じは、私が住んでいる家とほとんど同じで、壁兼用の長屋、今、私が住んでいる家は、月1,5ジュタ(1万2千円くらい)で、借りているが、販売価格は400ジュタだ。高くなったものだ。10年前の倍以上になっている。ヘニー君が買った家は、450ジュタ(380万円くらい)だそうだ。奥さんと共稼ぎで、月16ジュタの収入がある。二歳の子供が一人。頭金50ジュタ、400ジュタを20年で払う。利息込みで800ジュタ、一年に40ジュタ、月3,4ジュタくらいの支払いになる。健全だね、子供が増えても、楽にやって行ける。
しかし、これは、ヘニー君夫妻だから、の話で、一般的には、なかなか、家を買えないのが現状だね。
IMG_8488.JPG
IMG_8487.JPG
こんな住宅です。同じデザインで、左右が逆になっている家もある。私の家の向かいに建設中の家がある。隣に建てられる住宅は、この壁で隔てるだけです。こんな家に、私以外の日本人は住みませんよね。インドネシアの人にとっては、新居はこんな家から、借金をして、手に入れる。
IMG_8482.JPG
内が扱っている高価な原料、ナイロン11はK19ドル、エラストマーは8ドル、ポリカーボネートも8ドルです。いじれも輸入です。

(^_-)-☆チカランーチビトゥン [日常]

 3033 最近のチカランーMM2100(チビトゥン)間の道路事情。朝のうちはいいが、昼前になると、ジャラントール、ジャカルタ方面は、チカランバラットから、すでに渋滞にハマるという情報があって、MM2100へ行くのに、一般国道を使った。会社から、ちょっと、北にある国道jalan rayaに出るのは近い、ルマーアバンの駅前を通って、西に向かい、コタ チカランの中心を通り、ひたすら、西に向かい、金型を作ってもらっているSTSの前、そして、引取機や水槽などの装置を作ってもらっているベンケル サンジャヤの前を通過、コカコーラを左に見たら、過ぎたところを左折し、ジャラン ティクスjalan tikus(ネズミ道、近道)で南に向かう、ジャラン カリマランに出て、左にまがり、すぐ、右の橋をわたる。この先の高速道路の新しい陸橋を渡れば、MM2100に入る。直ぐ、右側にルコとロッテマートへの入り口がある。途中、チカランの町中を通った時と、ベンケル サンジャヤの前、乾季に入ると、恒例の道の凸凹直し、二車線のうち、一車線が通れなくなっているので、のろのろだったが、スパンジャン ジャラン(sepanjang jalan)行程中、渋滞は無かった。45分でMM2100についた。
IMG_8479.JPG
 本当に久しぶりに、ソト クドゥス ブロックMを食べた。ピサーPisahを2とナシを1、食べた。美味しかった。これで、55000Rp(約450円)。帰りはジャラントールで渋滞なし、13時前には会社に戻った。

 とにかく、この地域の交通は、広大な工業団地を往来する人たちにとっては考えさせられることが多い。ご存知のように、ジャバベカとMM2100の往来は、日本人の多くは、高速道路の1ルートしか使わない人が多いと思うが、基本的に3ルートある。私は、トールとカリマランとラヤを使う。ラヤとカリマランは阿弥陀くじの横棒のような道がいくつかあるので、それも使う。今日はラヤで行き、帰りはトールを通った。渋滞情報が必要だが、ナビでリェックしようと思えば、チェックはできるが、信用できないので、山勘で、使い分けている。外れより、あたりの方が多い気がしている。
 バイクなら、もう一つ、EJIPーMM2100の近道がある。車は行けない。

https://id.wikipedia.org/w/index.php?title=Berkas:Jabodetabek_Urban_Railway_Network_Map.png&filetimestamp=20160906102507&
Cikarang Urban_Railway_Network_Map[1].jpg
 このLRTの計画地図をご覧ください。現鉄道沿いに、コミューター ラインとしてチカランまでの計画があるようだが、こちらの工事はやっているのか、その現場が今のところないと思う。トール沿いのルートは、この地図だとブカシ ティムールまでとなっている。しかし、すでにチカランバラット近くまで高架の準備の工事をしているように見える。もし、そのためではないなら、何の工事でしょうか。それとも、チカランバラットに駅を作るのでしょうか、この地図が間違っているのでしょうか。しかし、この地図の全部が開通するのはいつでしょうか。

これらの前に、ジャランが付きます。  

(^_-)-☆休日の一日 [情報]

 3032 今日も、この辺りにいた。5時過ぎに起床、なんだかんだで、6時45分出発、ゴルフ場に7時前につく、7時半ティーオフ。13時半、ゴルフ場から出る。14時前に、会社へ着く、残業はしていないので、セキュリティーだけいた。事務所で、一時間ほど、書き物。家に戻ったのが16時半、洗濯や洗い物、ソプイガの準備を終えて、昼寝、18時に目覚めて、あとは、のんびり、書き物やテレビ、ムノントン。疲れて、20時には寝てしまった。何の変哲もない、休日でした。
IMG_8443.JPG
IMG_8454.JPG
IMG_8446.JPG
 ゴルフから会社に向かう道、こんな場所を通る。
IMG_8459.JPG
 周辺、行動範囲の地図です。私の家や工場の東側、田んぼや畑が広がっているだけ、道も狭い。ちょっと北に国道と線路がある。西、南は広大なコタ ジャバベカ、北にはパワーステーションやドライポートがあり、もっと。北西にコタ チカランがある。南にはジャバベカ3、1,2などの広大な工業団地。余計だが、ドライポートに北、私が通算、8年ほど住んでいたグラハ チカランがある。

 この地域、どんどん?開発が進む。以前にもちょっと書いたが、タンジュンプリオク(北ジャカルタの貿易港)との運河(タンジュンプリオクードライポート チカラン)によるアクセス高速道路‘ドライポート付近を通過、デルタマスのインターチェンジにつながる。ルマーアバン駅の近くにインターチェンジができる)によるアクセスの計画がある。この高速道路は、今、建設を始めている北スバン、チカンペックの北東の新しいコンテナ港につながる計画もある。そして、我が会社の、今、広大な田んぼや淡水魚の養殖場は、全て、ジャバベカの幾つめかの工業団地として、整地されるのもそう遠くない。
 ゴルフ場の入り口の右隣に、総合ショッピングセンターの建設が始まっている。チカランバラットゲートトチナトゥゲート側近の総合施設と同規模になる。

 まもなく、ここから、しばらく、遠ざかるが、詳細性のある楽しみな地域だと思う。
  

タグ:将来 計画 広大

(^_-)-☆田舎の繁華街 [情報]

 3031 チカラン ティムールCikarang Timur、高速道路(ジャラン トール)のインターチェンジ(ゲート)の名前に、ブカシ バラットBekasi Barat、チカラン バラット、Cikarang Baratカラワン バラットKarawan Baratはある。ブカシ ティムールBekasi timur、カラワン ティムールKarawan Timurはある。しかし、チカラン ティムールCikarang Timurはない。チカランには、ほかに、チバトゥとチカラン プサット(デルタマス)の二か所のゲートがある。
チカラン ティムールは、コタ チカランの東方、カラワンと接する地方だ。南にデルタマス工業団地が大分野地域、高速道路挟んで南側は、リッポチカラン、デルタシリコン、チバトゥ、デルタマスがある。それらの地域は、すでに、相当、開発が進み、広大な都市圏になりつつある。今もなお、大規模な開発が継続中だ。田んぼや畑はほとんどなくなっている。
それに、引換え、私が住む、チカラン ティムールは、カンプンKanpun 田舎だ。地方の名前の前にデサDesaというのが付く、村、と云う意味だ。その中でも、ジャティレジャという地域は、ジャバベカ6の工業団地、ジャバベカゴルフ、サッカースタジアムや体育館や競泳用のプールなどある総合運動場に接しているが、道は狭いし、舗装されていないところも多いし、舗装されていても,穴ぼこだらけ、そこに、私の棲み処も務めている会社もある。ジャバベカ地区から別世界の田舎~~~という感じになる。

それでも、田舎から、仕事を求めて出てきた若者、人達が、格安地域のこの辺りに、住み着くようになっていて、小さな店や学校や分譲住宅地の開発も徐々に進められていて、少しずつ、田舎が消えていく、田んぼも畑も養魚場も埋め立てられ始めている。キャディの多くもこの地域に住んでいて、私の棲み処のそばに住んでいる。皆、私の家を知っている。
IMG_8429.JPG
私の棲み処の西、ジャバベカゴルフの北側に、商店が並んでいる地域ができている。ジャインやファーマーズ、マーケットなど大型スーパーへ行かなくても、この場所だけで、買い物を済ませることもできる。今日は、ゴルフからの帰り道、ここを通った。と、というのは、ATMで10ジュタ下ろしたいからだった。ここにはニアガの10万Rp札がでるATMがあるからだ。土曜日の夕方、にぎやかだった。
IMG_8424.JPG
IMG_8428.JPG
IMG_8431.JPG
ヘアーサロン(美容院)以外に、三軒の散髪屋(床屋)があった。あなたは、どこを選びますか。
役、二か月、この近くに住む。

(^_-)-☆呆れさせられている [インドネシア]

 3030 輸入原料、毎月コンスタントに3~400kg使っている。月末に注文、月初に入手している。1年半ほど続いている。POとともに、三か月分のフォーキャストも出している。
この原料、扱っている商社から、「ストック ハビス 倉庫が空っぽ、注文したが、7月にメーカーで製造再開する。どうしますか、待ちますか、別の原料をさがしますか」と言ってきた。

今月末に入手しなければなら原料がない。8月からなら、入手できます、とんでもないことを、あっさり言ってくる。我々の客先に対する責任なの全く考えていない。待てるわけがないだろ。似たような原料があるなら、それを、提案しろよ。と、言いたいが、彼らに行っても無駄。この商社に頼れない。自分で、探すしかない。状況によっては、空輸入手も考えなければならない。別の商社を通す可能性もあるから、場合によっては、この商社と縁を切ることになるかもしれない。

夕方、結局、どうにもならないという、今後の見通しがメールされてきた。もう、この商社、追及しても仕方がないと、判断した。他を当たる。

ジャカルタ バンドゥン、高速鉄道に関する、最近のニュースです。止めたとは言わないが、まだまだ、先の長い話だし、リニさん一人で、いろいろ、言い訳をしているようで、KCICの社長さんは、最近、まったく、登場しなくなってしまっている。2020年に完成、一年、先送りしたようですね。利益計算はどうなっているのでしょうかね。そのことは、リニさん、なにも言いませんね。これも、呆れる一つですね。
Sebulan Lagi, Penetapan Semua Lokasi Proyek Kereta Cepat Selesai   Sabtu, 29 April 2017 | 12:40 WIB 
あと 1 ヶ月、すべての完成品の高速鉄道プロジェクトの場所の設定
Dana Pinjaman Kereta Cepat Jakarta-Banwung daei China Diteken Mei 29 Apr 2017, 13:48 WIB
中国銀行から5月ジャカルタ バンドゥンから高速鉄道の資金融資
Pengorasian Kereta Cepat Jakarta-Bandung Molor Jadi 2020
ジャカルタ バンドゥン モロル 2020 から高速列車の運行
  Buat Terowongan,Biaya Proyek Kereta Cepat Membengkok Rp10 Triliun "Ini sudah dibicarakan dan didiskusikan dengan China Development Bank (CDB). Tidak ada masalah kenaikan biaya, dan sudah dihitung Internal Rate of Return (IRR) masih bagus," kata Rini.
トンネルを作ること、曲がっている高速鉄道プロジェクトのコスト10兆Rp(約800億円)"これは、コスト上昇の問題はないと、また、計算された内部レートの戻り (IRR) は良い、これらは、中国の開発銀行 (CDB) と話済み」と、これらのすべては、リニ女性大臣が話していたことです。
https://www.youtube.com/watch?v=SjZ6zxfwdsQ 
kereta-bandung[1].jpg
カラワン駅建設の認可が降りたようですね。
三週間前のニュースです。
IMG_8392.JPG
LRTの工事で通れなくなっているが、左から追い抜きは禁止と書いてある。路肩を走って抜くなという意味です。工事中で、路肩はなくなっている。マスピオン付近です。
 

タグ:中止 生産 代替

(^_-)-☆エアーティケッ [思うこと]

 3029 ワカトビ行きのチケットを入手した。なんと、3,15ジュタ.約2万8千円、安! ウイングスエアー、ライオングループだそうだ。四連休、往復満席だそうだ。一体、何人乗りでしょうか。マッカサール、クンダリ経由で所要時間、6時間。

ついでに、まだ、先の話だが、7月帰国でインドネシアへ戻るのは半年後になる予定なので、どうしようか、ということで相談した。往復を買って、変更することもできるが、追加料金などで割高になる。そこで、ワンウェーを予約した。これも安い、ガルーダ、羽田便で3,8ジュタ、約3万円強、片道だと割高になるのが相場だが、気持ちが悪いくらい安い、今までの経験から、往復なら超格安で6万円はあったが。平均10ジュタ(8万円くらい)だった。

今日、サクラの隣の両替所で10万円買った。12,1ジュタだった。
digigit-komodo.jpg
Nasib naas dialami Loh Lee Aik (68). Fotografer asal Singapura ini digigit komodo di Desa Komodo, Kecamatan Komodo, Kabupaten Manggarai Barat, Nusa Tenggara Timur, Rabu (3/5/2017). 
コモドドラゴンのコモド島で、シンガポールからのカメラマンが単独でガイドを使わず、羊の死骸が置いてある餌場に近づき、足を噛まれた。出発地のフローレス島のプラブハンバジョーの病院に運ばれたが、亡くなったそうです。気の毒だが、ガイドを使わず、島に入ること自体、無法で、違反。登録し、ガイドを頼んで、入るのが常識。ガイドは、物干し竿を上げるような、先が二股になっている、棒を持っている。   
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage102.html 
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage125.html
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage124.html
http://4travel.jp/travelogue/10174039
IMG_8395.JPG
IMG_8400.JPG
MM2100へ行ってからの帰りジャラン トールの左側で、何やら建設の準備をしている。WASKITAという、文字が連続している。ということは、LRTの高架を作るのか、車線を増やす工事だ。多分、LRTだと思う。ブカシ ティムール辺りまでは、先月初め、ブカシ バラットに行ったときに見ているが、今回は、チカラン
 バラット近くまで、伸びている。一体どこが、終点になるのでしょうか。ジャバベカ1に入るゲートを作っているが、そのあたりに駅を作るのでしょうか、まだ、分からない。

(^_-)-☆勘と積極 [押出成形]

 3028 先日書いた、プラスチック押出成形の基本中の基本より以前に、もっと、基本的なことがある。それは、第六感sixth sense インドネシア語では、firasat、 intuisi 、merasaでしょうか。
  
当たり前のことだが、五感で感じることは必要です。インドネシア語ではパンチャ インドゥラpanca indraです。味を見る(味覚)、Mendapatkan rasa(Rasa) 聞く(聴覚)、Mendengar(Pendengaran)
見る(視覚)、Lihat(Visual)  触る(触覚)、Sentuh(Rasa sentuhan)  臭いを嗅ぐ(臭覚)Mengendus(Mengendus) ですね。押出成型では味覚を使う必要はないでしょう。その外の四感は、いつも取り澄まして使います。これらの感覚の鈍い人は、この仕事に向いていない。触覚は、研ぎ澄まされていなければいけない。溶融樹脂の固さ、柔らかさ、溶融粘度は、触って、軽く摘まんで、確かめるし、製品表面の状態は、視覚より、触って感じる方が重要、見えないもの、見難いものも触ればわかるはず。匂いもいつも感じていなければならない。樹脂の分解や焼けも感じるが、機械装置の不具合も感じる、また、聴覚からも機械装置の異常を感じることができる。

それでは、五感で望まないことを感じたときはどうするのか、製品うまくできない、作業標準書がある。その通りにやっても、製品ができない。作業標準は、目安で、一種の例であって、その通りのやってもどちらかというとうまくできない場合の方が多い。私が段取りを解説しながら、やって見せて、そのあと、私がやった通りにやってみなさい、同じようにやればできるはずだよ。と、言う姿勢が、私の姿勢で、新製品の立ち上げの時には、私が、試作を繰り返し、金型を修正、冷却やバキュームなどの条件を変えながら、徐々に、まともな製品にしてゆく、その過程も示している。そして、製品ができるようになった。では、その、見ていた人、手伝ってくれていた人に、やってみて、と言って、その場を離れる、自分で自由にやってほしいからだ。センスのいい人なら、何とかできるが、センスがない人には、無理。勘がいい人、積極的な人は、経験もドンドン積む、差は、どんどん広がる。逆な人は、見放すしかない。押出というのはそういうものです。常に、新しい仕事に取り組まなければなりません。
 
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0200.html
IMG_8374.JPG
“banjir”Karangan bunga(直訳は花束の洪水) Politik bunga bersemi(花の開花政治)特にジャカルタで、問題になっている。日本でいう花輪、インドネシアでは、四角いか花飾り、決して丸くない。先週のアホックさんへの感謝の飾り、私も、度が過ぎていると思う。ジャカルタ中、あちこちに、挙句に、スラバヤでも、あふれていた。それだけではなく、あらゆる催しで、おめでとうの花飾り、以前は数が多すぎるという感じはなかったが、最近は、やたら、多すぎて、何かと、邪魔になっている。
IMG_8406.JPG
例です。ジャバベカ、ホテル イビスのオープンです。
IMG_8369.JPG
IMG_8367.JPG
今日の買い物は1ジュタだった。ここも、顔なじみで、買い物袋を持ってゆくには、どうも、私だけかもしれない。ホッカベンとスタバーがあるが、寄ったことはない。ごめんなさい。どちらも、高いし好みでもない。

(^_-)-☆まさかの一大事 [情報]

 3027 一大事。火事だ。ご本人も大変だが、取引先にとっても、大変迷惑な事態。これらの会社から製品を買っている会社もたくさん知っている。大慌てするしかない。気の毒である。
PT Sanwa Musen, PT Totoku Indonesia, PT,IMC Tekno Indonasia(PT.Ishikawa Indonesoa). PT Precious Indonesia. 30日夜明け前のブキット インダー工業団地 チカンペックで火事でした。カワサン ブリカットといって、確か保税地区になっていると思う。背中合わせに、TSTEKなどがある。
kebakaran.jpg
三和無線から出火、左隣に移って、プレシウスまで四社、かなりの火事だったようです。発生から7.5時間で、焼き尽くしたという。連休中だし、夜明け前だし、どうしようもなったのでしょうね。たいへんな事態になりましたね。これらの会社のインドネシアベテランの日本人を何人か知っている。
https://www.youtube.com/watch?v=aFxgddwP2v4
 https://elshinta.com/news/106448/2017/04/30/kebakaran-landa-4-pabrik-di-purwakarta
プラスチックを扱っている会社が多い、よく燃える。客先から預かりものの射出の金型は,持ち出しできなったろうから、使い物にならないでしょうね。インドネシアの火事の60%以上は漏電Hubungan pendek短絡という意味ですね。埃が原因だ。

そして、インドネシアの住宅も工場も隣との壁が共通している場合が多い、隣の声や音が聞こえる。これじゃ,火事も隣の部屋に移るようなもの。

私の車、納品で忙しく、スーパー買い物に行けなかった。余っているジャガイモ、簡単ほくほく芋を作った。真っ二つに切って、塩ゆでをし、柔らかくなったのを確認して、お湯を捨てる。なお、ちょっと火にかけて、水分を飛ばす。鍋に入れたまま、上下に振って、中で転がす、すると、皮の内側にでんぷんの白い粉を吹いたようになる。この状態が美味しそう。
IMG_8356.JPG
小学校の頃、家に帰って、何かない?と声を出すと、ジャガイモを買ってあるよ、返事がある。この芋よりかなり小さかったが、今日、やったことと同じことをして、お八つのほくほく芋を頬張ってから、宿題をやった。この芋で育ったようなものだ。学生時代もよく食べた。自己満足の世界に浸った。美味しかった。

(^_-)-☆最後の三連休 [日常]

 3026 ジャカルタの南、ボゴールを通って、プンチャックという峠の向こう側、チボダス、チパナスなど、インドネシアでは有数の観光地、ジャカルタから近いから、連休ともなれば、大渋滞の名所、必ず、その状況がニュースになる。交通事故も頻繁に発生する場所だ。チアンジュールは峠の向こう側、植物公園も有名、私は迷路に挑戦したことがある。スカブミはもっと南、東に行けば、バンドゥンの南、パジャラランという、大学で有名な町がある。ちなみに、チカンペックから南に向かい、バンドゥンの南の出る高速道路はチプラランとう、チカンペック、Cikampekプルワカルタ、PurwakartaパダラランPadalaranを結でいるからです。
Kasatlantas Polres Cianjur, AKP Erik, megatakan kepada wartawan, jumlah korban meninggal sebanyak 11 orang, lima orang luka berat, serta 41 orang tercatat mengalami luka-luka ringan.
チアンジュール警察のエリックさん、記者に語った。犠牲者は11人、5人が重症、41人が軽傷。
大型観光バスのブレーキが利かなかったらしい、暴走、横転事故で多くの車やバイクを巻き込んだ悲惨な交通事故が発生した。日本にも伝えられていると思うが、死者11人以上、50人以上のケガ人がいるという。

この、三週間の週末、三連休、三回、全国各地で交通事故が多発した。一体、何人亡くなったのでしょうか。先週の私のパンガンダラン行きでも、亡くなったかどうかは知らないが、車の大破事故が二か所であった。

インドネシア中、未だに、バンジールとロンソール(洪水と崖崩れ)による、犠牲者が後を絶たない。交通事故の犠牲者より、こちらの犠牲者のほうが遥かに多い。
IMG_8333.JPG
IMG_8341.JPG
今日のゴルフは、快晴の中、典型的な乾季の暑さの中、今年一番の暑さの中、疲れも重なり、いい加減なゴルフになった。その後、オーバータイムで仕事をしている会社へ様子を見に行ってみた。電力容量が増えたとは言え、生産ラインを増やすのは、木曜日からになる。できるだけ、ストックを積み上げておかなければならない。夜、また、豪雨、雷雨があった。幸い、停電には、ならなかった。
IMG_8343.JPG
この目薬の容器、デザインが悪い。機能的に悪い。私は目薬というより、目の渇きが気になって。本物の涙のような液体を目にさしたいと思っている。インドネシアの薬屋に聞くと、この目薬がいいという。とりあえず信じて買って使っている。効果のほどは、はっきり、確認できないが、最後まで使いにくい。残りが少なくなって来ると、液を出しにくくなる。液を出口に集めなければならないため、まっ逆さまにして、なおかつ指で強く押さなければならない。ちょっとでも、斜めになっていると、液が出口に来ない。

メーデー、アホックさんへの感謝とお分かれの花飾り(日本なら花輪)大量に掲げられていたジャカルタの街、デモの一隊が、それらの一部を焼いてしまったという騒ぎがあった以外は、デモで荒れるニュースはほとんどなかった。

(^_-)-☆遊園地へ [行動]

 3025 「クブン ブアー ムカール サリ」ファミリー ギャザリング、イジップの横の道を15km?くらい南下、方向はボゴール。ずっと以前に、試しにこの道を使ってボゴールへ行ったことがあった。途中で西の方向を変えて、チャワンからの高速道路で、ボゴールへ行った。その頃は、どこも同じだが、かなりの狭さと凸凹で、二度とこの道は使わないと思った。
一般的にこの道路は、ルマーアバンーチバルサと表示されている。チカランバラットから高速道路を降りれば、まず、この道に出る。右(南)がリッポチカラン、左(北)がジャバベカを通って、コタ チカランに至る。そのリッポチカランを通り過ぎて南へ行くのです。

バスの一番後ろの席に座って、社内全体を見渡し、通過の外の様子もなんとなく観察、飛びぬけて、年齢が離れている、一番近い人が41歳。私の子供の年齢だから、何も話はしないで、眠ったふりをしているうちに到着した。すでに、駐車場は一杯、ものすごい人で、ごった返していた。クレタというバスに乗って、湖の畔まで行き、そこで、自由時間、1,5時間、何もすることがない。ただ、うろうろ歩き回っただけ、ほかの人たちは、自転車を借りて、うろうろしていたようだった。途中、ドリアンアイスの看板があったので、久しぶりに食べてみた。90円くらい、得も言えぬ美味しさ、分からないだろうな、ほかの日本人には、と、思いながら、幸せを感じる。
IMG_8322^.JPG
IMG_8321-.JPG
12時から、集合場所で食事、アヤムゴレン主体の、ケイタリングベントウ、辛くて食べられない、近くのワルンから、ミーアアヤムを届けてもらい、私だけのスペシャルメニューとした。
IMG_8322-.JPG
ヲーターキングダムという場所に移動、浅い、流れる、プールが二つあり、回転滑り台(ヲータースライダー?)もそれぞれにあって、ここも、ごった返していた。明らかにションベンプールだ、水泳パンツを持って行ったが、近づく気にもなれない。それでも、メンバーの子供連れは、皆さん、楽しんだようだった。やはり、2時間近く、木陰で寝たふりをしていた。いろいろ、考える。
IMG_8322.JPG
帰りは、女性従業員の旦那が、自分が運転して参加していた。バスは遅くなるだろうからと、その車で、先に出発、会社まで送ってもらった。それでも、帰りは、大渋滞、行きは1時間半だったが、帰りは2時間半かかって、18時半に、着いた。バスは3時間以上掛かって、20時近くに戻ってきた。20時半、皆さんが帰宅するのを見送った。
参加を見合わせようと思ったが、とにかく、参加してよかったと思えた。

楽しんだようで、何よりでした。30人足らずのローカル企業で50人ほどのファミリー ギャザリング、できたことが何よりでした。P.BEDも今日、バンドゥンのトランステレビスタジオにバス17台で行くと言っていた。規模が全然違う、成功したのでしょうか、帰り時間の予定は21時過ぎと聞いている。
皆さん、無事に帰宅したと思う。明日はメーデーで休日だが、アーバータイムとして、明日の朝から、稼働させてもらう。

土曜日に電気容量を増やす工事をするという約束を前日にしたが、係の人は来たらしい、しかし、容量を増やさなかったと、今朝、報告を受けた。ヤッパリダメかと思っていたが、先ほど会社に戻った時に、配線などを確認したら、容量が増やされていることが分かった。今日、PLNが来て、工事をしたと、セキュリティーが行っていた。明日から、5ラインの稼働と、粉砕機も使うことができる。