So-net無料ブログ作成

(^_-)-☆気分はスカッ [変!]

 2649 06:00ティーオフ変則12番からだった。何やら行列が長く、それに、一番がスタートしたばかり、この様子では、30分以上待ちそう、ということとで、一番スタートが、まだ、到達していない12番に入った。実は、これをやると、スタート時は、前に誰もいないので、快適にできるが、欠点は、1番と10番の二回、待たされる可能性があることだ。せっかく、早くスタートしても、結局、それほど早く終わることが出来ない場合がある。今回は、18番から一番に移った時に、7時半過ぎのころ、ここからスタートする7グループほどが待機していた。しかし、まだ、そこには、カートとバッグだけで、人が来ていなかった。そこで、それらの前に出て、すぐにスタートすることができた。また、二ホールだけを残して、10番に戻って、10時15分前、既に、行列は、無かった。終わったのが10時半過ぎでした。
IMG_1750-.JPG
IMG_1751.JPG
夜明けとともにスタートし、順調に進み、曇り模様だったが、明るくなるとともに、青空になり、入道雲が現れ始めた。直射の暑さは、じりじりと来たが、風は、まだ、冷たく、涼しい。15度くらいになった太陽が、広々とした緑を黄色にし、空の明るさと、地上の明るさの対照が、気持ちいい。

やっぱり出た、後出し?というか、全然、予測をしていなかった、熊本地震をあたかも予言していたかのように書いたる。ご本人がそういっていたのか、マスコミが適当に、脚色して書いたのか知らないが、地理的条件は別だし、規模も全く違っている。

もし、予知が当たったというなら、実験的でもいいから、起きるであろう時の10日前ほどから、半径50km中心地を示して、マスコミも、それを、報道してほしい。当たらなくてもいいじゃないですか、当たれば、予知できたということになる。そして、皆さんを納得させることができる。日向灘や伊予灘のことは、まったく、熊本地震の予知になっていないのに、予知していたとの後出しは、呆れる。

M6、震度5程度なら、ストレスを緩和する意味で、むしろ、来てもらった方が良いのだから、積極的に宣伝した方が良いと思う。
それと、過去のデータからの周期を決めることほど、安易な方法はない。地震の専門家はいらない。歴史に詳しい人にお願いすればいい。それと、もう一つ、活断層の話、日本、いたるところに、活断層と言われている場所がある。これも、過去の話、地震の可能性もあるが、無い可能性もある。大部分の活断層は、眠っているだけだから。起きる時期を当てることは、それこそ、データから、予測は不可能だ。

後出しと言えば、地震が起きてから、その地域には、ひずみが集中していたとか、地震が起きたその周辺に警戒が必要だとか、専門家という人が言っている。これも。滑稽、警戒というか、全ての人が、不安に思っている。専門家が言う必要などない、それより、当事者は、切羽詰まっている。崩れそうな場所から遠ざかったり、不明者の把握をしたり、当然のことをするだけだ。そして、崩れそうな場所は、余震によって、崩れてしまった方がいい。あの橋のように。
的外れの後出しは、罪だと思う。特定の地域に予測などできないと、正直に言った方がいい。

起きてしまったものは仕方がない。これから、どう、復興を進めるかに集中でしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0