So-net無料ブログ作成

(^_-)-☆MRTとLRT [状況]

 2849 MRTとはMass Rapid Transitの略で日本語にすると大量高速輸送システムだとか、 LRTは、Light Rail Transit でしょうかLight Rapid Transitというのでしょうか。どうも、私には、違いが分からないし、レールの上や下を走る乗り物の種類を言っているようだが、どうでもいいことですね。私は静岡市に住んでいたので、多分、静鉄電車のようなものをLRTというのではないかと思う。私が生まれる前からあるのだから、日本では先進的なシステムの電車だったのですね。当時は路面電車も走っていた。

MRTジャカルタの南北線はいつから運用されるのでしょうか。地下鉄工事をしているところもあれば、LRTの高架線路を作っている通りもある。多分、2018年に、アジア競技大会があるから、その前に開通ということになるでしょう。勿論、計画の一部ですが、ジャカルタの中心を通る。
Upacara peletakan batu pertama diadakan pada tanggal 10 Oktober 2013, dengan tahap 1 proyek (Lebak Bulus ke bundaran Hotel Indonesia) akan dibuka untuk umum pada Agustus 2017
21.7 km jalur Utara-Selatan (dari Lebak Bulus untuk Kampung Bandan) dan 87 km untuk jalur Timur-Barat (dari Balaraja sampai dengan Cikarang).ditargetkan untuk beroperasi pada tahun 2025
KA MRT LRT.png
ジャカルタというかジャボタベック(ジャカルタ、ボゴール、タンゲラン、ブカシ、カラワン?)のこの路線計画地図を見ると、凄いですね。MがMRT,LがLRT,K(Kereta Api)が普通の鉄道ですね。今は、工事中も含めてこの路線の10分の1もないと思う。全部完成するには、20年以上先だと思う。今工事をしているのはM1(濃青)の下の方、5分の3くらいでしょうか。北は、日本大使館の前辺りでしょうか、それより、もっと北のKOTAの方まで計画はあるようだが、おそらく、2020年までにはできないと思うし、M2として、地下鉄東西線の計画があるが、2025年までにはできないでしょう。
もう一か所、ブロックMバスターミナルの東側の道路の上に高架線路が引かれている、これが、多分L3,L4ではないかと思う。
また、もう一か所、スカルノハッタ空港とジャカルタの間でやっているのが、K7だと思う。これは、ジャカルタ市街を通って、東南のハリム空港に繋がる。このハリムは、現在、多分、工事が始まっていなければならない、中国が受注した高速鉄道のジャカルタ駅ができるはず。2019年には高速鉄道が運行されている予定になっているが、鉄道K7は、おそらく、2025年ごろ繋がるのではないかと思う。頓挫していなければ、その頃には、高速鉄道が順調?に、運行されているはずだし、そうでなくてはならないはずだ。でも、大赤字でしょうね。
10月28日の投稿を参考にしてください。
IMG_3324.JPG
今、ラップトップの背景にしているお気に入りです。
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0