So-net無料ブログ作成

(^_-)-☆閉じこもり [状況]

 3329 昨日の空港へ向かう前のクアルンプール名所巡り、約、2時間の強行が、さすがの私にも、異常な筋肉痛の原因になった上に、下痢状態も重なった。別になにもする必要もないし、閉じこもりを決めた。向かいコンビニへ買い物。カップ麺やパンなど食べ物とコバヤシのアンメルツヨコヨコなるものを買った。
IMG_1487.JPG
疲れと筋肉痛の原因の多くは、Batu Cavesだった。ここは無料。下から急な階段を上り、上り詰めた場所から、少し下り、また昇って、突き当りになる。巨大な鍾乳洞が、地上に出てしまったのでしょうね。駆け上がり、駆け下り15分で往復した。写真もたくさん撮った。このほかは、料金を支払ってはいる場所ばかりで、外国人は、二倍から三倍払わされた。
IMG_1488.JPG
Petronas Twin Towersここは入ったわけではない。下まで行っただけ、ムナラもそうだったが、無駄なことだと思うが、寝転んで写真を取っている人が多かった。これらは、登らなければ、近くへ行っても仕方がない場所だ。ただし。Menara Kuala Lumpurには、展望台迄上がった。狭い場所にオフィスや住宅が集中し、人口密度が高いのでしょうね。高層ビルが林立している。ジャングルだったはずの場所に、緑がほとんど見えない。ジャカルタのモナスからの方が、緑ははるかに多いような気がする。もっとも、道路の面積はジャカルタとは比較にならないほど広いともう。そして、見下ろしても、バイクはほとんど見えない。まるで、日本のようだ。自動車道と思われる道路にバイクが偶に見える。
Musium Dirajaと Petra jayaにもよった。王宮とモスレムだ。なにやら、贅を尽くしている建物、施設だ。あまり、興味はない。ホテルに入る前に、りょっと、周囲を歩いてみた。古いアパートが裏手にあった。向こうの近代的ビルと対照的。
IMG_1486.JPG
貧富の差を感じた。汚い、臭い、こわれそうな場所も多い。

もう我慢ができず、近所の薬屋へ行って、腹痛と下痢薬を三日分買ってきた。始め二錠、約五時間ごとに一錠ずつ飲むなどと薬剤師が説明してくれた。効くのかどうか、試すしかない。さて、明日は何をしようか。直らなければ、閉じこもりきりか。
IMG_1491-.JPG
それでも、無理にこんなところで食事をした。
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆KL泊り [行動]

 3328 本当は、コタキナバルにいることになっていた。しかし、思うようにいかず、空港から戻って、Jl,bukit Bintangのホテルに潜りこんだ。一泊150RM朝食はつかない。ちょっと高い気もするが、賑やかな、繁華街なのでこんなものかと思う。ホテルのそばにあるレストラン街。
1IMG_1483.JPG
マイホテルを8時半ごろタクシーで出発、インドネシア大使館までは、地図上では近いように見えたが、行ってみると、歩ける道はなく、ほとんど車だけしか通れない道だった。それでも10分ほどかかった。どうも、朝の渋滞だったことと、一ポイ通行の関係で遠回りをしたようだった。9時前に大使館の前に到着、何のために来ているのでしょうか。現地の若い人たちが続々入ってゆく。VUSAの申請場所はどこ、と、三回聞いた。最後に50席ほどある部屋に行った。入ってすぐのところに、順番カードを取る場所があった。そこに、ハンサム青年が、立っていたので、申請に来たと言ったら、ここで、書類をチェックしましょうと言いながら、順番カードも取ってくれた。持ってきた書類を広げると、入国スタンプの場所のフォトコピーがないから、外に場所ががるから、取ってきなさいと言われた。
IMG_1356.JPG
1IMG_1357.JPG
外に出てみると、いきなり、タクシーの運ちゃんがタクシーかと聞いてきた。次に、コピーか?と他の青年が聞いてきた。そうだといったら、あっちだから、俺が連れて行ってやると言いながら、私も方向は聞いていたから、向かって行ったら、付いてきて、それだけか、一人でか、手伝いはいらないか、としつこい。コピーきのある店の前には、そんな人達が大勢いて、話しかけれ来るので、無視した。

コピーを持ちかえり、関ほどの彼に見せたら、これでいい、順番が来るまで、あちらで待っていればいいといわれ、待った。番号は39。なかなか、進まない。10時半ごろ、やっと順番が来た。書類は、すべてOK,費用を430RMくらい払い、領収書、受領書と先程の呼び出し番号を渡されて終わり。

パスポートの受け取りは、四日後の木曜日、午後2~4時だ。
あの青年に助けられた。出るときにお礼を言う老いと思っていたが、交代していたいなかった。

あそれからが、大変、外へ出て、例の寄ってくるタクシーで市内観光と空港までを頼んだ。17時過ぎのフライトでコタキナバルへ行く予定だった。なんやかんや、あちこちに、聞いやり、頼んだりしたが、パスポートなど、IDになるものがなければ、ダメだった。予想はしていたことだが、大使館の預かり証とフォトコピーでは、ダメだった。がっかり、ショック!

往復航空券とタクシー代1万5千円ほど、無駄になった。そして、さて、どうしよう。そして、いま泊っているホテルで、3っ日間、籠城することにした。ま、コタキナバルへ付けた場合でも、一日前の帰り便にかえなければならなかったし、ここで、待っていれば、時間的余裕はたっぷりで、性分ではないが、とにかく、のんびりできる。

ストレスからだろうか、インドネシアの何を食べても下痢にならない私としたことが、飲食で、全く思い当たることがないのに、若干の腹痛を伴う下痢状態になってしまった。動き回って疲れた。
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆KLへ [行動]

 3327 日の出と同時、6:20 ティーオフでゴルフ、11;30前にはシャワーを浴びて、ゴルフ場をあとにし、一旦、家に戻って準備をし、会社へは12;30に入って、タクシーを待った。
IMG_1337.JPG
13;30には、出発、日曜日といえどもジャカルタや空港までの渋滞を軽く見られない。フライトの時間は、19時過ぎだが、早くついているに越したことはない。で、どうだったか、順調すぎて拍子抜け、15:00前に着いてしまった。久しぶりにタマンアッグレックの前を通過した。
IMG_1343.JPG

時間つぶしに、ソラリアに入って、食事をしながらPCをいじっていた。3時間ほど前でもいいかと思い。X線を通過して、中に入った。カウンターがない。聞いてみたら、エアーアシアのドメスティックだという、インターナショナルはターミナル3だといわれた。変だなとは思っていた。愛内板に、私が乗るはずの便がない。ただし、エアーアシア意外だが。当然、行く先が外国の便が沢山ある。当然だ。ターミナル2は、本来、インターナショナルターミナルだ。すぐに、第三に向かおうとしたが、すぐ来るはずのシャトルバスが一向に来ない。出発の2時間ほど前になってしまったので、空港内の巡回タクシーで移動した。5万Rp。
直ぐに。ボーディングパスのカウンターへ行ったら、発券機を使えと言われた。行ってみたが、方法がわからない。側にいた手伝いの人にすべてをやってもらった。いろいろな場所を押したり、アルファベットのボタンを押して、やってくれたが、私じゃできない。後ろに待っている人がいなければやってもいいが、結局、人を呼ぶことになりそうだ。

イミグレを通過して、ゲートに着いたのが1時間前だった。余裕をもって早く出て、余裕だらけで、行動していたが、結局、なんだかんだで、いろいろ尋ね、何やら、余裕がなくなっていた。おまけが、ディレイ、なかなか、搭乗の案内がない、結局、50分ほど遅れた。なにも、慌てることはなかった。

飛行は順調、KL空港には23時過ぎに着いた。日本とジャカルタの真ん中の時間帯、バリと同じなのが面白い。経度的に言って、かなり矛盾していると思うが、どうでもいいか。

空港が広い、まず、イングレに、入国カードがない。カウンターでは、顔写真と指紋の撮影がある。簡単だが、人によって、時間のかかり具合が違う。何故か、ありがとうと言われた。

次はタクシー、タクシー乗り場は一階、イミグレは二階だった。マネーチェンジャーも二階にあった。そして、迎えの車もその階の外にあった。案内板にタクシーは一階と書いてあった。リフトで一階に降りるとすぐタクシー乗り場が、見つかった。そこへ行って、タクシーに乗ろうとしたら、チケットは?と聞かれた。なにそれ、中にカウンターがあるから、そこで、行く先を言って、払ってチケットを受け取ってから、ここに来なさいと言われた。めんどくさ!戻って、ホテルのフォーチャーを見せて、80なんぼリンギッドを払った。
IMG_1355.JPG
そして、やっと、タクシーに乗れた。2000円ちょっとだから、そう遠くないと思ったら、高速を40分くらい走った後に、市街地へ入った。高速代は3回払った。インドネシアと同じようにすべてカードだった。合計15RMくらいだった。そして、チケットの80RMには、その料金も含まれていたのだから、安い。私がマレー語を話すと、運ちゃん、マレー語の方言なのだろうか、一部しかわからなかったが、いろいろ説明してくれた。ホテルにも、迷いわずしっかり送ってくれた。
24時を回ってチェックイン、マイホテルという名前のホテル。いきなり、おそかってね。カツオさん、と言われた。何やら、タックスだという。10RMを払ってほしいといかれた。今年から、皆さんからホテル税を請求することに税制で決められたと、申し訳なさそうに説明していた。そんなこと、別に、構わないのにと思ったが。

しかし、よくやるね。早朝からゴルフ、そして、右往左往したが、その日の真夜中にはクアラルンプールのホテルに潜り込んでいる。
   

nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆季節変わり目 [状況]

 3326 車の部品を作るのだそうだ。プレス機が搬入された。間もなく、完成する小さな工場に既に同じような機械が二台搬入されている。
IMG_3570.JPG
我が工場の一角だ。左に金型の棚がある、奥に、原料が置かれている。
IMG_3567.JPG
Indonesia terus diguyur narkoba. Belum lama dua kapal bermuatan total 2,9 ton sabu ditangkap, Jumat (23/2) malam satu kapal lagi disergap di perairan Kepulauan Riau (Kepri). Kapal asing ini dicurigai membawa 3 ton sabu. インドネシアは常に麻薬を流されている。以前、合計2.9 トンのシャブをの2 つの船でつかまえた。金曜日、サブ(2/23) の夜に逮捕された、1 つの船が再びリアウ の海域で待ち伏せされました。これらの外国船は3 トンのシャブを運んでいると疑われました。
Tsunami narkoba dari Cina 中国から麻薬の津波、と言われている。シンガポール、台湾、フィリピンの国旗を掲げているが、実際は中国からだという。今、なぜ、大量に?
timsabu.jpg
雨季から乾季に徐々に交代している。二月が激しい雨季の最終月、3月中に、乾季になるのが普通。これは、象徴するような空。直射日光はジリジリ熱く、日傘を欠かせないが、間もなく前方から雨雲が広がる、雨傘に変わる。Banjir di pangandaran パンガンダランも大洪水で、バンジャールからの一本しかない道が、川の氾濫のための洪水で、孤立化している。山岳地帯で地滑りが発生して、今も行方不明者の捜索をしている。ブレベスでも平野部を通っている高速道路が洪水で通行止めになっている。
ま、三月中旬までもことだ。それ以後は、この類のニュースは、全くなくなる。
IMG_1319.JPG
明日の夜は,KLにいる。
タグ:災害 状況 KL
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆最終日 [思うこと]

 3325 ブルジュンマット、金曜日の礼拝は、欠かせない。ある程度の人数が集まる場所へ行って、お祈りをしなければならない。自分の家で家族だけとか、小さな会社の小さなお祈り室で済ませてはいけない。だから、道端のモスジッドは混雑するし、大きな会社に大きな祈祷室があれば、通りがかりの人だけでなく、近くの会社の人も自由に入ることができる。そして、路上駐車もこの時だけは、許される。だから、お祈りしているので,道はガラガラ、そして、モスジッドの前の道に駐車している車が多いので、その前を通ろうとしている車は少ないが渋滞している。道は閑散としているが、もし、渋滞になっているなら、その先にモスジッドがある。
1IMG_3560.JPG
1IMG_1306.JPG
サクラへ行って、パスポートを返してもらった。スンチンさんがいて、パスポートなしで、預かり証とコピーだけで、コタキナバル行きの飛行機に乗れるかどうか確認のため、エアーアジアに問い合わせてくれたが、結局、行ってみなければわからないということになって、とにかく、チョバだよ。ということにした。行けなければ、KLとその周辺、あるいは、ペナン辺りまでバスの旅もいいかなと思う。マラッカやジョホールバルへは行ったことがあるし。
ヴィザの申請に持ってゆく、書類を確認していたら、インビテーションレターのタイトルがPresident Directorになっていてびっくり、知らなかった、インドネシア語で書かれている定款でのポジションのDirektor Utamaが社長だということを、社長ならDirektor Presidenだとばかり思っていた。いやいや、まさか、社長だったとは。今更、どうにもならないから、このまま申請になるが、一年限りにする。

MMへ行ったついでに、ナンブの三人を呼び出して、ベアチュカイの隣のカキリマレストランで食事をした。1996年、インドネシアで仕事をし始めたときに、同時に入社した人達だ。22年まえに、高卒で入ってきて、押出部門にいた。私の生徒たち、今は、それなりの地位で、普通に努めている。今は昔。

本当は、昨日も今日も仕事をしてはいけない、出社してはいけない、ユニフォームを着ていてはいけない。労働ビザが切れているからだ。でも、いつものようでした。明日も会社へ行くが、ゴルフの後だから、短パンとティシャツだ。

ブレーキングニュースで、リアウ州、マラッカ海峡で、3トンのシャブを運んでいる台湾戦を捕まえたとか。ちょっと前、同じリアウ州で1,6トンのシャブを積んだ船を捕まえたばかり。
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆車が直った [思うこと]

 3324 Bencana longsor di Berebes ブンチャナは、災害ですね。中部ジャワの北西、チレボンの東隣に位置する。ブレベスです。北はジャワ海に面するが南は山岳地帯になる。
hingga Kamis sore ini pukul 14.30 WIB, terdapat lima korban meninggal dunia, 15 orang hilang yang diduga tertimbun longsor, dan 14 orang selamat dalam kondisi luka-luka.
今朝19時ころに起こった。百姓が大勢、生き埋めになった。
午後14.30現在、5 人の死者、地滑り、埋められた15人の行方不明者と14人の負傷者の状態で生き残った。雨季は、もう一か月で終わり。3月末には、乾季に入るでしょう。もう少しで、洪水や地滑りはなくなるでしょう。その代わり、山火事が増える。
l516546.jpg
longsor-di-brebes.jpg
 エポ完了の知らせが入った。予定通りに進行している。25日夕方、KLへ出発も変更はない。

追突されたり、横っ腹にぶっつけられたりした傷はきれいに直った、新車のようになった。頼むから、ぶっつけないでほしいと思う。田舎のベンケル(修理屋)、どうかなと思っていたが、腕はいいと思った。レンタカーは返した。

アイススケートのショートトラック競技で、韓国がメダルを沢山とっているのは、よくわかる、彼らに合っていると思う。日本人には向かないスポーツ?防具を付けなければならない競技は他にもあるが、競技者同士、押しのけあう時の接触での争いのために必要というのは、ほかには、あまりないと思う。以前、争うが激しくなる前は、日本も、ある程度、戦えたが、韓国や中国が力を入れだしてからは、押しのけられるように、日本人選手は、目立たなくなってしまった。
今回のオリンピックでも、何やら、問題が沢山、発生しているようだ。失格者も多く出ているようだ。その判断も難しいと思う。
接触しないで、他人を押しのけないで、真のスピードを競うやり方にならないものでしょうかね。一周400Ⅿの競技だって、接触を避けるためにセパレートのコースになっている。ショートだって、セパレートコースにできると思う。パシュートのように、反対側からのスタートにすることもできると思う。速度を争うのに、他人を押しのけたり、邪魔をしたりする能力、テクニックの優劣を争うというのは変だと思う。アイスホッケーじゃないのだから。
小平選手、私の中学の時の同級生に似ている。


nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆やっぱり [状況]

 3323 女子パシュート、すごかった。逆転のスピードが凄かった。陸上400Ⅿリレーのように、連携の力は、個々の力をより引き出しますね。良かった。繰り返して映像を見てしまった。

通勤路の途中に何のためにこんなに高くしたのかという橋があることは既に書いたが、今朝、出社途中、その100Ⅿほど手前でストップした。橋は見えないが、橋で何かが起きている渋滞すているのだなと思った。そのうち、対向車線の車やバイクがやってきた。交互通行になっているなと思った。しばらくして、進みだすと、案の定、大型のトラックが、こちらぬ向けて、斜め前倒しで止まっていて、積み荷の砂を二人がかりでスコップで落としていた。軽くしたいのでしょう。何時間かかることやら、それにしても、向こうから来たのに、こちらの車線側で動かなくなってしまっているとは、これ如何にである。
IMG_3543.JPG
とにかく、こんな状態の橋なら、絶対こういうことは起きる。インドネシア人だって、そんなことは分かる。どこかの役所が管理して、OKをだしているはずだ。一体、何を考えているのでしょうか。住民、通行人はクレームをつかないのでしょうか。ばかばかしくて、あきれ返るばかりだ。乗用車でも前後を引きずっている車が多いし、地面にその立て筋が彫られている。
 バンドゥンの南を通る高速道路でも跳ね上がって、どんと落ちてしまう橋が3か所ある。
IMG_3539.JPG
Jagalah kebersihan!!!!
Abis air besar/kucil disiram dengan tombol yang ada diatas closet atau selang shower
Jangan buang pembaru

 こんな張り紙は一例に過ぎない。大小便をした後は、ボタンを押すか、備え付けのホースで水を流して、きれいにしましょうということです。ごみをトイレに流すな。
orang-gila-.jpg
Razia dilakukan untuk merespon maraknya pengaduan warga yang mengkhawatirkan lalu lalang orang gila di ruang publik sekaligus untuk membina dan merawat mereka secara lebih intensif di Rumah Sakit dan Panti Sosial yang lebih kompeten. ラジアとは、取り締まりとか検問などの意味ですね。バイクの無免許、無点灯ヘッドライト、ヘルメットの未着などの取り締まりは、よく見るが、今回は、ギラの取り締まりですね。市民の苦情があるのでしょうね。私も、裸でうろついている人を良く見かけます。インドネシアのギラは、男女とも素っ裸で、髪の毛なぼうぼう、お肌はきれい。
タグ: トイレ ギラ
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆どうしようかな [情報]

 3322 また、やってしまった。HP(ハンドホーン)を持って出るのを忘れた。朝のミーティングが始まって気が付いた。取りに帰る往復時間、20分ほど無駄にした。

NANBUへ行ってきた。仕事の話である。彼らと会うのも半年以上ぶりだ。非常に仕事が忙しいらしくて、休日返上らしい。エリアが狭いから、装置は増やせない。受注量が増える分は、オーバータイムでこなすしかない。それでも、間に合わなくて迷惑をかけている会社が出てきている。それらを少しでも改善するために、私が頼まれている。“のノ字”の生産生産ラインを1ライン、何とか増やすらしいが、本社からの移動の仕事で、会社全体としては増えるわけではない。車のシートとヘッドレスト関連の異形品の受注が増えていて、それの生産をしている方が、原料に種類は少なくて済むし、金型の交換頻度も少なくて済み、楽に生産できるので、多品種少量の技術的にも厄介な製品はやりたくなくなっている。

会社全体の雰囲気が、受注金額が多い製品優先になっているのは、技術者がいないからだ。手のかからない仕事を求めるのです。赤字でもだ、ということらしい。

行って、金型のチェックをしたが、元々、私が作った金型だから、ほんの一部の修正で内の押出機に取り付けることができる。それほど,難しい、引継ぎにはならないだろうと思う。
しかし、帰り際に、顔見知りの日本人がたまたま?近づいてきて、曰く、“手のかかる小ロットの仕事は持って行って”と言われた。“もう一社についても、くれてやるから、早く持って行って”といわれた。悲しいね。そういう言い方。“内では、キャパが足りなくなって、やり切れないから、太田さんの方でお願いします“と言われれば、気持ちがいい。なんだか、この仕事、引き受ける気がなくなった。どうしようかな。

Ini Identitas 7 Korban Luka Robohnya Tiang Girder Tol Becakayu
今朝のジャラントールの高架化工事の事故だ。橋桁が折れちゃった?7人の怪我人
https://www.youtube.com/watch?v=AgN2HW9GNOE そのyoutubeです。繰り返しますね、この類の事故。
IMG_3535.JPG
IMG_3541.JPG
相変わらずのマチェット。馬もマチェットの中。
IMG_1302.JPG
インドマレットで見つけた“どら焼き”最近、パンなどでも、ひらがな、カタカナ表示がある製品が増えてきた。
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆車の修理 [思うこと]

 3321 このままでも、機能的には問題なく使えるが、やはり、恰好がわりい。じろじろ見られる。仕方がないから、近くのベンケル モービル(車の修理屋)へ修理に出した。今回の二か所の修理と以前に誰がいつ作ったか知らないが、小さい傷が、もう二か所あり、それらを全て,直してもらうことにした。見積もりは3,5ジュタ(3万円ほど)だ。22日の夕方までには、できるという。多分、日本と比べればかなり安いと思う。

車はレンタルを使うことにした。会社で手配してくれたので、何んという会社か知らないが、デルタマスからだといって、18時過ぎに、届けて置いて行ってしまった。同じアバンザの黒だった。四日間借りるらしい。

Sinabung Meletus Dahsyat Pagi Ini, Abu Vulkanis Menjulang hingga 5 Km,
 Senin 19 Februari 2018 10:32 WIB 今朝、5000mまで煙が上がった。
https://news.okezone.com/read/2018/02/19/340/1861343/sinabung-meletus-dahsyat-pagi-ini-abu-vulkanis-menjulang-hingga-5-km 慢性的な、スマトラ島北部のシナブン山の噴火です。インドネシアでは、特別なニュースになっていない。この辺り、過疎地区で、観光地でもない。それに、地元住民もずっと避難生活なので、慣れてしまっている。今回も、犠牲者がいない。メダンに近いとわいえ60Km以上は離れている。
  
 Proyek Tol Becakayu(Bekasi-Cawang-Kampung Melayu Toll Road)
Roboh, tujuh pekerja luka tiga orang masih tertimbun
また、高速道路の工事での事故ですね。朝5時7人怪我、3人まだ埋まっている。カンプン ヌラユという東ジャカルタの地域だが。氾濫、洪水、ごみに山で有名なチリウン川が南北に流れている。
 
インドネシアでは、地域の名前の最初の文字、いくつかを繋げて、広域の名前にしたり、高速道路の名前にする習慣がある、ジャボデタベックはどうでしょうか。ジャカルタ Jakarta、ボゴール Bogor、デポック Depok、タンゲラン Tangerang、ブカシ Bekasiの広域の事を言いますね。
IMG_3517.JPG
IMG_3518.JPG
会社からの帰り方向、ジャラン チタリク(jalan Citarik)といいます。どこに住んでるの、と聞かれたら、ジャランチタリクと答えれば、なるごどねという感じ。
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆不安 不運 [情報]

 3320 気分が悪い。車の事だ。続けて、ディ ダブラックdi tabrakぶつけられている。いずれも、めんどくさいから、自分で直さなければならない。木曜日に高速に入ってすぐに追突された。会社に戻って、確認したら、後ろの上下に開け閉めする部分の凹みが大きく、しっかり閉まらないから、ドアが閉まっていない状態の表示がでて、リモコンロックができなくなった。
 そして、今日、二車線の左カーブで外側を回っていた私の車の内側を回っていたバイクが車の左側にぶつかった。バイクは倒れた。すぐ車を止めて、様子を見たら、すぐ立ち上がりバイクを押して道の左に寄せていた。怪我はしていないようで、ほっとしたが、バイクの一部が破損していた。
 すぐそばに、ジャバベカのテキュリティーがいて、寄ってきた。事故を見ていたそうだ。私の車に突っ込んでくる格好だったと言う。バイクの本人、自分が悪いと思っている。その若者、ぶつけて、私の車にもへこみ傷があるし、バイクも壊れている。困っている。が仕方がないから、バイクの修理屋まで一緒に行ってやって、修理に大体どのくらいかかるか聞いて、1ジュタくらい、ということだったので、その場でm1,2ジュタ渡してやった。ご本人、よっぽど、うれしかったのだろう。何も、咎められない上に、修理代まで出してもらって、何やら、その辺りに多きの人が行き来しているのに、激しく抱き着いてきた。こっちは、もういいから!!やめてくれよ!という感じだったが。
 さて、私の方の車、明日、会社の皆さんにどう説明したらいいのか迷う、正直に言っても、太田さ~~~ん、本当?と、太田さんが、何かやったんじゃないの?と、疑われそう。とにかく、大きな事故でなくてよかった。修理屋に二三日、入院させなければならない、その間、私の足はどうしよう。

 しれにしても、ぶつけられる側にも、なにか、ぶつけられやすい状態を作ってしまっていると、いわれている。追突されやすい人っているよね。とか。私のこの頃も、そうかな、と、気になる。
IMG_3526.JPG
IMG_3533.JPG
IMG_3534.JPG
 そんな事故の前。ゴルフ場では気分よく今日もプレーした。結婚式とパーティーが催されていた。朝のうち、雨だったが、晴れてよかったと思う。かなり、金持ちの一族の集団だと思う。

小平選手、やりましたね。よかったですね。
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆スポーツ [インドネシア]

 3319 ようやく、金が取れましたね。羽生選手、宇野選手、たいしたものです。それにしても、アメリカのネイサンという選手。SPは、何だったんでしょうか。私はネットでみています。
で、冬のオリンピックにインドネシアは、参加していないのでしょう。ニュースが無い。紹介もない。従業員も、まったく知らない。もっとも、8月から9月にかけて、ジャカルタとスマトラのパレンバンで開かれるアジア大会について、知っている人も。殆どいない。スポーツはサッカーが盛んだが、弱い、バドミントンだけが、何故か、世界に通じている。
学校に体育の時間なんかないと思う。
 ピョンチャンオリンピックについて何かニュースがあるかとインドネシアのネットでチェックしてみたら、
Diprotes Warga, Korsel Batal Bangun Ruang Salat untuk Olimpiadeこんな記事があった。競技とは関係なし、
Korselとは、コレア スラタン南朝鮮、韓国のことです。韓国がオリンピックにためにイスラムのお祈りの部屋を作らないことに、市民が抗議。インドネシアや中東から韓国への観光客が増えているのに、祈り室を作るのを中止したとは、何事か、と、言ったニュースですね。
jIMG_3506-.JPG
 ゴルフ場から、南に山が見えた。PangrangoとGunung Gedeです。グデとは、大きいという意味です。雨季の晴れの日にしか、ここら辺りから見えない。ボゴールの南、スカブミにある。今。通り抜けできなくなっているプンチャック方面にある。3000m位のある。パパンダヤンと同じようにエーデルワイズの花畑があることで有名だが、スイスのエーデルワイズとは別物だ。
 インドネシアの山はどこでも同じだが、上り始める場所がかなり下からになる(日本の場合は、五合目くらいまでは車で行けるがインドネシアの場合は、二合目くらいから登る)し、まっすぐに近い登山道なので、かなり、きつい。ここも、例外ではない。
jIMG_3487.JPG
 こんな雰囲気でのゴルフ、旅に出ることができなかったが、家にじっとしているわけではない。明日は私たちのグループ、8人2組で一杯だったが、突然の申し込みに対応してくれて、9人3組でやれることになった。
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆動けない [行動]

 3318 春節ですね。Imlek,chinese new yearですね。インドネシアもナショナルホリデーです。三連休。私は、朝からゴルフ、皆さんとの食事をキャンセルして、ゴルフ場から、14:00、パンガンダランへ出発した。予定は、順調に行けば22時ころ着く、遅くとも24時前には着く、というつもりだった。

チバトゥインターから入るために、サッカースタジアムの脇を通って、南下した。ジャラン カリマランの上を通った。下を見ると、東方向の道は、車は一杯で、なかなか、進んでいないよいうだ、これはまずい、と思った。連続して、ジャラントールの上を通過した。下を見ると、東向きは、やはり、見える先までずっと渋滞だ。こりゃダメだと思いながら、チバトゥではなく、デルタマスからにしようと思って、一般道を東に向かった。デルタマスのインターへは左折すれば入れる四差路に差し掛かった。もう、そこから、デルタマスインターへ向かう車がつながっていた。高速に、なかなか、入れないで渋滞している。ここで、もう、止めた。会社へ行くことにした。既に一時間経過、15時だ。四差路をUターンして、デルタシリコンのゲートの手前を右折し、北上し、カリマラン川を越えて,ジャランカリマランを通って引き返そうとした。
IMG_3500.JPG
IMG_3499.JPG
カリマラン川を越える橋の手前で、車が動かなくなってしまった。ジャランカリマランまで200mほど手前だ。先ほど、上から見た通り、東に向かう車が進んでいないので、そこに、割り込もうとしている、こちらからの車が入れないでつながっている。私は、それらの車とは違う西に左折したいのだが、大部分が東へ行きたいから、私もその中で、待つしかなかった。高速の上の橋に差し掛かった時、下のジャラントールのジャカルタ方面から東へ向かっている車の渋滞の写真をゆっくり取れた。
IMG_3501.JPG
やっと、ジャランカリマランを西に迎えたのが16時ちょっと前だった。西に向かう車はほとんどない、それに対し、反対車線はこんな渋滞状況だ。この車、どこへ行きたいのでしょうか。目的地に着くまで、相当な辛抱が必要だろうなと思う。会社へ戻ったのが、16:30頃だった。結局、チバトェウ、でルタシリコン、デルタマスヲめぐって、パンガンダランは諦めて、戻るまで、2時間半も車を運転していた。昨日といい、今日といい、いったい、何をしているのだろうなと思う。

会社で、一仕事をしながら、明日のゴルフの予約をした。結局、どこへも行かず、家の近所でうろうろしていなさいといことでしょう。休みなさい、ということでしょう。
IMG_3503.JPG
18時過ぎ、会社から出たときの夕焼け、田植えを終わったばかりの田んぼが光っていた。
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆ブンガ バンカイ [インドネシア]

 3317 バンドゥンの植物公園内に、ブンガバンカイが、咲いているが、完全には開きそうもないらしい。管理者が行っているように、ボドールもバンドゥンも、ブンガバンカイが咲けば、ニュースになる。しかし、それらは、パンガンダランかブンクルーから蕾や苗のようなものを持ってきたものです。そこで自生したものだはない。
Bunga bangkai berjenis Amorphophallus Titanum アモルファス チタニウム
Selasa (13/2/2018) bunga itu tumbuh di lokasi taman kelinci yang berada di Tamana Hutan Raya (Tahura), Ir Djuanda, Dago Pakar, Kabupaten Bandung, Jawa Barat.バンドゥンのタフラ森林公園です。
Karena dikhawatirkan dirusak oleh pengunjung bunga itu di pagari menggunakan pagar besi.訪問者によって壊されることを心配して、鉄柵で囲ってる。
05e0f770-d47].jpg
"Bunga ini saya yang tanam tahun 2007 lalu. Ini kan dibawa dari ekspedisi di Cagar Alam Taba Pananjung, Bengkulu tahun 2006. Terus, disehatkan dulu di Kebun Raya Bogor, baru ditanam di sini. Dulu ada empat, sekarang tinggal tiga koleksinya,"私が、2007年に植えたこの花は、2006年にブンクルーから持ってきて、ボゴールラヤで養生し手から、ここに植えた。四つあったが今は三つになっている。この人に話によると、2010年8月に最初の花が一つ咲いて、その時はきれいに開いたが、今回、成長したものは、多分、もう開かないでしょう、開くなら、相当前に開いているはずだから、今回は失敗(gagal)だ。
http://otaenplaext.net/newpage341.html
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0307.html
http://otaindoesiaextrusion.web.fc2.com/newpage0010.html
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0304.html
そして、私は明日、パンガンダランへ出発する。
59db0090c.png
Bajing loncatバジン ロンチャッ(リスがスキップ)、日本語では“追いはぎ”とでもいうのでしょうか。トラックの荷物などを運転手が気が付かないうちに、持ち去る行為です。子供が、登坂で、のろのろ走っているトラックの後ろに乗り込んで、あるいはへばりついて、野菜や果物などを後ろの路上に放り投げて盗む、それが、リスに似ているのでしょうか。
バンカイ ブンガ ラフレシア

2月15日  (^_-)-☆もう、参った 3317 11時半に会社から出た。MM2100のSAKURAに寄って、エポに必要書類を届けることと、KLのホテルのフォーチャーを受け取るためだ。12時半に着いて、ルコの中で昼食、13:30にP.BEDに入る約束通りの行動をするためだった。会社から出て、ジャバベカ2からチカランバラットインターに向かう道から渋滞が始まった。そして、インターに入ってすぐから、車が進まなくなってしまった。
1IMG_3460.JPG
大雨の中、もう引き返せない、覚悟を決めた。約束の時間までには、到着できない、遅れはどのくらいになるか予測できないくらい、一向に進まない。

 本線まで、まだ1km以上ある、少し前進し、止まったそのすぐに、後ろのトラックが追突してくれた。車が前の出るほどではなかったが、かなり大きな音がした。外は大雨、そのまま、じっとしているしかなかった。運転手も降りてくる気配なし、というか、大雨で、降りてきてもどうにもならない状態だった。私も降りて、状態を確認することもできないまま、渋滞の中、ずっと、そのトラックは、くっついて後ろにいる。そのうち、二車線だったので、後ろに、乗用車が割り込んだ。そして、その先、4車線になったり2車線になったり、故障車があって,一車線になっらりしたので、ぶっつけたトラックが遠く後ろになってしまい、私は路肩走行で出来るだけ早く走るようにしていたので、もう、どうでもよくなった。高速に入って、1時間以上経過、約束に13:30には、絶対、無理になったので、電話をしようとHPを持った。画面が暗いままだった。切れてしまったのかな、ONにした。明るくならない。まずい!こんな時に、バッテリーを取り出し、入れ直し、また、ONにしてみた。点灯しない、壊れたか、散々、こんな状態を繰り返していたので、今回も、それかと思い、叩いたり、車の中の硬いところにぶっつけてみたりした。直らない、いよいよ、再起不能になってしまった。遅れの連絡ができない。車はぶっつけられるし、HPは壊れるし、車はぎっしり渋滞の中だし、パニックになりそうだ。大声で怒鳴りたいくらいだ。じっと、我慢。それにしても、約束の時間に来ない、連絡もない、私に、頭に来ているだろうな。

 結局、14時過ぎに、MM2100にやっと入った。まず、サクラに寄った。何故か、入り口に近いからだ。もう、トイレ、我慢が限界を超えていた。サクラに着くなり、トイレに駆け込んだ。間に合った、すっきちした。用事を済ませ,P、BEDに入ったときも、大雨が止まない。駐車場から入り口まで遠い、セキュリティーが傘を貸してくれた。飛び込んで、相手を呼び出してもらった。1時間遅れだ。購買のマリアディ君、電話しても出ないし、会社に電話したら、2時間以上前に出ているというし、心配していたという。電話も壊れれしまって、申し訳ないと、平謝りだった。打ち合わせは、急いだ。太田さんとのミーティングは、14;30に終る予定で、15;00、次の客と打ち合わせを入れてしまっているという。30分で終わらせた。

 15;00にP,BEDからでた。もう一軒、チビトゥンとチカランの間,国道沿いのSTSに寄らなければならない。さてどの道にしようか。高速道路の北側の国道には、ジャランティクスを駆使して、出たはいいが、ここも、東西両方とも大渋滞、東方向のSTSには、中央分離帯で隔てられた対向車線沿いなので、右に見ながら通り過ぎ,1km行ったところでUターンし、戻ってくる。渡すものを渡して、出ても、今度は、西に向かうしかない、2Kmほど先のUターン場所まで行って、会社がある東にまた向かわなければならない、この3Kmが、ほとんど、進んでいる気配がない。多分、1時間以上かかるだろう。すでに16;30だ。Uターンは諦め、寄らないことにした。それからが、また、たいへん。コタ チカランの中も大渋滞、道路の浸水が30cmくらいが、ずっと、続いている。バイクが走れなくなっている。故障バイクが多数道端で止まっている。
1IMG_3475.JPG
1IMG_3477.JPG
 踏切を二か所渡ったが、手前の渋滞もすごい、何方からも、道一杯に、車やバイクが詰まっているので、遮断機が上がっても,なかなか進まない、そのうち、また、遮断機が下りてしまう。鉄道の北側に出て、国道に入るが、会社へ戻るには、再び、鉄道の南にでて、南に向かわなければならないが、STSと同じように、過ぎてUターンをしなければならないが、やはり、ここの渋滞も酷く、もう一つ向こうの踏切から南に向かうことにし、Uターン場所も遠くからにした。そこまでくれば、渋滞が少なくなっていた。

 とにかく、バンジールとマチェットの連続、両足とも、痛い、よく、攣らなかったと思う。会社に着いたのが18:00でした。6時間半、その間、車の外は45分くらいだけだった。散々な目に合った。ボケてはいられない。

 ところで、壊れたHP、家に帰って、ダメもとで、タイルの床に私も目の高さから、落としてみた。そして、ONにしてみた。生き返った。SIMを移せば、直ぐに使える予備のHPを待っているが、使う必要がなくなった。車の方は、後ろの凹み、みっともない状態だ。
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆ボケを自覚 [インドネシア]

 3316 それにしても、おしい銀が続きましたね。速報を見るのが楽しみです。金は誰が何でとれるのでしょうか。

 100g 16000Rp(130円)、この姿で売っている。三本?で、1,2Kgちょっと、20万Rp(1700円)イガ(あばら骨、鎖骨辺り?)。骨の間の肉を鋏で切って(いつもは買った店で切ってもらう)。鍋にぶち込み、牛肉用のブンブを入れて、煮込む。冷まして、温めるを数回繰り返す、肉から骨がするっと抜けるようになれば、柔らかさも味も、高齢者にとって満足できるようになる。ソッ イガ(sop iga)ですね。私は、じゃがいも、ニンジン、玉ねぎ、何回か繰り返しているとスープが濃くなるので、野菜を一緒に煮る。ニンニク類や唐辛子類は、苦手なので入れない。日本では、ちょっと、考えられない。
IMG_3446.JPG
 ドリアンの季節、赤道より北、スマトラやタイなどからは、インドネシアの雨季の始まるころには、店に並ぶが、ジャワ島では、雨季の終わり近く、今が旬だ。道端で売られる。そして、この時期、チンベダックCempedak)も旬だ。毎年、この時期には書いているが、スーパーで買い物をしていて、チンペダックが目に入れば、見過ごせない、ついつい、秤の方へ持っていってしまう。
IMG_3447-.JPG
IMG_3450.JPG
IMG_3452.JPG
 匂いが大事、ドリアンとは違う臭い。その臭さで、食べごろか、早すぎるか、既に腐っているかがわかる。ドリアンと同じで、車に一時間ほど置いておいただけで、敏感な人は、一週間くらい、そのにおいを感じ続けるでしょう。私は,その匂いが、気にいっているから、今日から、しばらく、そのにおいを意識することができる。

 開いて、実を取り出し、種の周りを食べる。ヌルっとした舌触りと甘い匂いを感じながら、半分ほど食べてしまった。残りは、また、明日。この怪しい風景は、日本では、ちょっと、考えられない。

 この辺りでは、どこのスーパーでも置いてあるが、多分,5,6っ個しか置いてない。他の果物の間に入り込んでいるので、目立たない。気にしていなければ、ほとんど、目に入らない置き方だ。そして、量り売りになっている。この果物、表面に小さいとんがりで覆われているが、ドリアンのように尖っていないので、持っても、痛いことはないが、粘膜というか、べとつき易い、粘り気のある物質を分泌している。指に着くとなかなか取れない、一寸、厄介なことになるので、出きれば、備え付けの切って使うポリ袋で掴むとか、ポリ袋に入れてしまった方がいい。
道端でも売られている場所がある。チカンペックのインターの付近、ナンカやランブータンなどと一緒にめにはいる。ここは、スバンの山の中で栽培したものの直売所になっている。シーズンにはパイナップルも大量に売られている。勿論、先日、バスの大事故があった辺り、道端で売られている。置いてあるのではなく、ぶら下げられている。
https://www.youtube.com/watch?v=gMUpSeDAN7A CEMPEDAK
https://www.youtube.com/watch?v=eX-QxQxUnec ついでに、TARAP
どうでしょうか、話のタネに、食べてみませんか。

とんでもない間違いに気が付かなかった。金型を設計するときに、初歩的なミスを犯したのに、それに気づかず、制作をし、気が付かないまま、トライをしてしまった。会社の他の人たちも、気が付かないというか、まったく、疑っていないから仕方がない。そして、トライが始まって、直ぐに、間違いに気が付いた。大きな修正をしなければならない。三四日、係るので、21日頃になってしまう。

それと、最近、約束して、会うことになっていた、一緒に食事をすることにっていた。寝過ごして、すっぽかした。それも、丸一日過ぎて、気が付いた。とんでもないことをしでかしてしまった。平謝り、こんなこと、まったくなかった。暦には、しっかり予定を書いてあったにもかかわらず。それにしても、ショック、こんな間違いをするとは、ボケが進行しているなと。もう、これまでかなと。
明日の約束は、三ケ所訪問がある。
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆最近情報 [インドネシア]

 3315 https://www.youtube.com/watch?v=gshGQc10T4w 昨年7月の事、ジョコ大統領が、がっがりしている。怒っている。土地と資金のもんだいだといっている。そんなことは、最初から分かっている。
そして、現在も、同じのようだ。
Pembebasan Lahan Kereta Cepat Jakarta-Bandung Sudah 53 Persen ジャカルタ バンドゥン高速鉄道、既に 53 パーセントから土地を取得
Bila Lahan Beres, Dana Kereta Cepat Cair April 2018   
土地がクリアされると、高速列車の資金がでる。2018年 4 月 

Pemerintah Kejar Pembangunan Kereta Cepat Jakarta-Bandung
政府は、ジャカルタ バンドゥンから高速鉄道の建設を追求
Pembebasan lahan untuk kereta api cepat Jakarta-Bandung ditargetkan selesai akhir Februari 2018. Meski begitu, penyelesaian megaproyek ini dipastikan molor hingga 2020 dari target semula 2019. ジャカルタ バンドゥンから高速鉄道の土地買収は、完了後半 2018年 2 月を対象しました。しかし、このプロジェクト の完了は 2019年の元のターゲットから 2020 年まで遅延を確認しました。
Apa saja penyebab molornya proyek kereta cepat? dan mengapa pinjaman untuk kereta cepat dari Tiongkok Development Bank belum bisa dicairkan?
快速プロジェクト遅延の原因は何ですか。そしてなぜ中国国家開発銀行から高速鉄道のためのローンの支出がまだなのですか?

工事の様子のニュースは、全然ない。大統領が鍬入れ式をしてから2年以上過ぎている。この一週間以内のにゅーすです。何やら、ずっと以前に土地収用はほとんど終わっているという話があったが、今になって、53%だといっている。残りはいつになるか、今月末の目標にしたが、それも、はっきりしない。勿論、中国からの融資に話も、いつになるか見通しがついていない。それなのに、2020年開業に目標を定め直した。最初、2年でできるといっていたのが、4年にした。それも、今になっては、誰も期待しなくなった。なぜ、遅れているかの、報道番組(1,2,3,4)でも、いつできそうだという結論はでていないし、期待していない、会話だ。
https://www.youtube.com/watch?v=nvWcrWQMrwQ
https://www.youtube.com/watch?v=wCk629lP4IE

ジョコ大統領は、ソロの出身だから、バンドゥンの先、山また山の中を通して,ジョクジャカルタへ、そして、地元のソロへと、計画をぶち上げている。スラバヤまでの北街道沿いの中高速鉄道で十分なのに、このことでは、ジョコさん、再選を狙って、大ぶろしきを広げて見せているが、バンドゥンまで、たとえできたとしても、数年後だろうし、その後も大赤字になるに決まっていると多くの人は思っている。

私の希望としては、早いうちに、スラバヤまでのセミ チュパットの鉄道改修工事を着工してほしい。早く、乗って、スラバヤまで行ってみたい。
Berteduh-di-Flyover.jpg
Ingat, Jangan Berteduh di Kolong Jembatan Jika Tak Ingin Ditilang罰金を科されたくなければ、高架橋の下で雨宿りをするな。覚えておきなさい。
Pengendara sepeda motor berteduh di bawah flyover saat hujan turun, Jakarta, Senin (16/11). Petugas kepolisian akan menerapkan tilang dengan denda maksimal Rp250.000.
雨が降ったとき、ジャカルタ、月曜日、ドライバーが高架下で避難をした (11/16)。警察官が違反チケット最大 Rp 250,000 の罰金が科される。雨宿りTempat berlindung dari hujan
agung Bali043.jpg
erupsi-gunung-agung.jpg
Hanya berselang tiga hari sejak diturunkan statusnya dari awas menjadi siaga, Gunung Agung kembali mengalami erupsi.
わずか 3 日で休憩状態から危ない状態になった。アグン山が再び噴火しだした。
タグ:最新 噴火
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆ギンギン、ギラギラ [インドネシア]

 3314 フォートラベルの閲覧数も一日平均30ページくらいになっている。http://4travel.jp/traveler/enplaind/ 
http://otaenplaext.net/newpage327.html 10年以上前に書いた文章です。その時の事だが、我ながら、よく書いていたなと思う。その前、その後も、できるから、旅をし続けている。飛行機や船、車を使って行った場所は、北西の端、サバン、南東端、ムラウケとそのなお東の国境の部落、ソタ村まで行っている。自分の運転では、西はスマトラのランプンまで、東はロンボク一周まで、どちらも、勿論、フェリーを使う。
そして、滅茶苦茶通ったのがパンガンダラン、1997年に、初めて、ガルッを通って南下し、インド洋側に出て、東に向かい、グリーンキャニオンに寄ってからパンガンダランに着いた。14時間掛かった。その時にはジャングルに入らなかったが、それ以来、昨年までで、多分、一年、平均3回として、60回は行っていると思う。いわずと知れたブンガバンカイ(ラフレシア)探しが主目的。今は、8時間で行けるから、ずいぶん楽になっている。

“夕日“という、唱歌ですよね。私のインドネシアでの旅は、まさに、ギンギンギラギラでしょうかね。インドネシアでは、この歌を、人前で歌わないでくださいね。歌う人はいないと思うが。”ラグ ギラ,ragu gila”は、まずいですね。おでこに、斜めに人差し指を掲げて、ギラ、と言ってはいけません。

私の旅は、どうでしょうか、ギラでしょうか。そんなことはないと思う。気が向くまま、気楽に、旅を繰り替えしでしょう、これからも。そして、16日には、また、出かける。

バスの横転事故で27人もなくなったと思えば、今度は、麻薬船の摘発だ。シンガポールとバタム間で捕まった。
40017.jpg
シャブ3トンだって。船籍はシンガポールだが、台湾人4人が捕まった。いずれ、ヌサカンバンガン島で、死刑になる。まったく、とんでもない奴らがいるもんだ。まさにギラ。
Sabu di Kapal Berbendera Singapura Ternyata Capai 3 Ton
https://www.youtube.com/watch?v=hT2voL-JdD8
 バタムもシンガポールも勿論、何回も行ったことがある。
http://otaenplaext.net/newpage8.html

変な重大事件が多いために、洪水も地滑りも、相変わらず、インドネシア中各地であるが、あまり、ニュースで取り上げなくなくなってしまった。
IMG_3437.JPG
アクアフランジという商品名ですね。私が日本の家に帰ったときには、金魚の水槽をきれいにする仕事をする。風呂場へ持っていって、シャワーなどできれいにするのだが、そこまで、持ってゆくときに、水は少なくしておくが、それでも、ぴちゃぴちゃして、水が飛び出してしまうことがある。畳の部屋を通るので、濡らしたくない。こんな、縁につばがあればいいなと思っていた。どうでしょうか、メイドインインドネシアと書かれているが、インドネシアで日本人技術者が作っています。水槽のサイズに合わせて,はさみで切れるように、軟質塩ビが原料だが、ガラス蓋を簿せることを考えて、硬めの材料を使っている。透明なので、ちょっとでも凸凹があると、目立ってしまう。水槽としてではなく、小さい爬虫類などを飼う容器として使うなら、小動物の逃げ出し防止にも、大いに役立つでしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆また、パンク [インドネシア]

 3313 https://www.youtube.com/watch?v=28f_y2AbEyo
昨日の夕方の交友事故、27人犠牲になり、重症18人、軽症10人。乗客や運転手の合計が何人か知らないが。半数の人が亡くなっていたようだ
Kecelakaan maut terjadi di Tanjakan Emen, Ciater, Subang, Jawa Barat pukul 17.00 WIB, Sabtu, 10 Februari 2018. Insiden yang melibatkan sebuah bus pariwisata dan satu sepeda motor Honda Beat ini menyebabkan 27 korban meninggal dunia.
17.00チアトゥル、スバン、西ジャワの斜面に致命的な事故が起こった、土曜日 2018 年 2 月 10 日。観光バスとホンダ ・ ビートのオートバイを巻き込んだ事件発生 27人 の犠牲
Ini bukan kali pertama Tanjakan Emen memakan korban jiwa. Sebelumnya, ada sekitar lima kecelakaan maut yang pernah terjadi di Tanjakan Emen dan seluruhnya menelan korban tewas.タンジャカン エメンが犠牲者を食べたのは初めてではない。以前にも、犠牲者を飲みこんだここの起きた事故は5件ほどあった。

イスラム的には、24時間以内に埋葬しなければならないとか、犠牲者はタンゲランの人らしいが、集団で埋めてしまって、後に掘り起こして、各自、受取り埋葬しなおすそうで、早速、今日のうちに、埋めてしまっている。

ゴルフが済んで、駐車場に向かった。車の左後輪の空気が少なくんったいた。パンクだ。いつどこで、何が刺さったのか、思いつかない。走れるので、会社に向かった。どんな田舎にもタンバルバンはある。途中のどこにあるかは気にしていなかったので知らないが、必ずあるはずだ、そして、やっぱりあった。
車を止めて、タイヤの交換をそこの子供に頼んだ。奥からお父さんでも呼び出すのかと思ったら。本人が、タイヤはそのままに、空気を一杯まで入れた。そして、石鹸液を持っていて、塗り付け、漏れている場所を調べだした。みあたらない、ちょっと、車を前進してほしい宇野で、半回転ほど前進した。すると、針金が刺さっている場所が見つかった。そこに、ゴムを差し込んで修理を終えた。空気抜けは止まった。
ところが、ご本人、タイヤを交換するという。要するに、彼は、タイヤの横気味の穴だったから、しばらくはいいが、また、破れてしまうかもしれない、このタイヤは、予備にした方がいいというのだ。どう見ても小学校高学年程度の子供、いうことも、やることも一人前だ。
IMG_3432.JPG
IMG_3435.JPG
タイヤを出すから後ろをあけてほしい、ジャッキはどこですか。だしてほしいという。いう通りにすると、あとは、交換終了まで、一人で、迷うことなく、やってくれた。ジャッキや工具のあった場所に戻したし、タイヤも車の下にしまった。増す締めのとき、裸足に足でスパナに乗っかって、跳ねるようにしていた。靴は?と聞いたら、学校用の靴は汚れるから儚いといっていた。この辺り、コンクリート舗装になっているが、それ以外の場所か、グチャグチャ道だ。

最後に、新しい同じタイヤが一つあるが、買わないか、買っておいた方がいいよと勧められた。自分の車じゃないから、相談してからねと、断った。商売をしているなと感心した。30分くらい、仕事をしてもらって、2万5000Rpだというから、5万Rp渡した。大喜びしていた。

おじさん、どの人と聞くから、日本からだと答えると、ばく、将来、日本へ行こうと思っているという。君ならきっと、行けるよと、言いながら、お金を渡し、ありがとうと、握手をした。
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆快晴なれど [インドネシア]

 3312 雨季の中、珍しく、朝、明るかった。久しぶりに太陽が眩しかった。雨季の太陽は、日差しがきつい。空が洗われているから、乾季の時より、日焼けが早い。乾季の時に傘を差さないキャディー達が、今日は傘を日傘として使っていた。日陰が、はっきり、真っ暗に感じた。久しぶりに、濡れないで、ゴルフが楽しめた。
IMG_3391.JPG

香港で二階建てバスの横転で10何人死んだというニュースのあとでしょうか、とんでもない交通事故が起きたものだ。夕方、何んとなくTV ONEをかけておいたら、ブレーキング ニュースが流され始めた。スバンでバスの横転事故だ。いきなり、死者10人と出ていた。観光客だろうか、乗客は50人くらいと思われると出ていた。車内にまだ、多く残っているので、犠牲者は増えるでしょうとも言っていた。
夜9時の時点で26人が亡くなっている。まだ、増えそうだ。
Maut di tanjakan emen Subang, 10 orang meninggal dalam kecelakan di Tanjakan Emen Suban
https://www.youtube.com/watch?v=m-4ITe5QjQQ&t=35s
https://www.youtube.com/watch?v=llbpn5CrAPk

img-2014.jpg
このエメンという場所は、スバンの町の南の端にあある。南へ向かう道に入ってすぐのところだ。急カーブが連続し、上り下りを繰り返しながら、温泉観光地CiaterチアトゥルとTangkuban Parahuタンクバンプラフへ向かう道だ。その先は、レンバンを通って、バンドゥンに至る。道沿いは、広大な茶畑が広がる、そてだけでも、景色は十分だが、パイナップル畑、カカオやゴムの木のプレンテーションも広がり、社会科勉強になり家族ずれの日帰り観光には最低な場所だと思う。
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/page005.html
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/page0401.html
だから、観光バスも多いし、バイクツアーも多い、交通事故もかなり頻発している。1週間前にも死者があった。ここは、私も、何度も運転して通っている。道は程よく広いし、田舎の山道にしては、舗装の状態がよかった。ついつい、スピードが出てしまうという感じだった。日本なら、カーブミラーが何な所も取りつけられれているような道だ。

インドネシアのバスの運転は荒っぽい。
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆ビザ取り直し [情報]

 3311 私のビザの書き換えのスケジュールが決まった。15日にパスホートとキタスオリジナルを渡す。19日にエポになる。その後、一週間以内に、国外へ出なければならない。一般的には、シンガポールへ行って、エージェントに、パスポートや写真を渡して、夕方、VISAの印が押されたパスポートが返ってくる。日帰りで簡単にできるが、シンガポールは飽きたので、クアラルンプールのインドネシア大使館へ行って申請することにした。25日にマレーシアのクアラルンプールへ行って、26日に申請をする。受け取りは、2日になるらしいので、その間、コタキナバルへ行ってくることにした。26日の夜、コタキナバルに入る、そして、2日の14時ころ、クアラルンプールに戻り、その足で、大使館へ行くことにした。その間の飛行機エアーアジア代は、約3万円、KLで二泊、Kota kinabaluで4泊になる。ホテル代、6泊で約3万円、総予算、8万円とみている。予約は飛行機だけ、宿泊場所は行き当たりばったりになる。クアラルンプールのインドネシア大使館に近いホテルで安いところをタクシーの運ちゃんに紹介してもらう。いつもの事だ。

こんなことをするから、誰かさんから、お前、遊びに行ってるだろう。遊んでいるなら、日本で俺の相手をしろよ、と、言われそう。


KIICのシャープ セミコンからLEDチューブランプの製造販売業務がpt.sky energy indonesiaに移されたようで、しばらく、製造がストップしていたが、今月から、SKYに納品するようになった。納品場所はバンドゥンになるらしい。ちょっと面倒な話で、本社がジャカルタなので、ジャカルタからPOが入る。そん業務のシャープの社員だった人は、バンドゥン勤務に移った。
IMG_1301.JPG
我が工場の入り口方面、倉庫なのか、作業場なのか、この工場が建設される前から着工していた建物が入り口近くにある。だから、作り出して、二年くらいになるが、いまだに、何かをしていて、出来上がっていない。当時、この土地の所有者で施工主のエコさんは、もう、借り手がついているから、早く完成させたいと、言っていた。つい、一か月前、たまたま、この未完成の建物の前にいたので、挨拶したら、聞きもしないのに、同じことをいっていた。そして、まだまだ、完成には程遠いように見える。何やら、泥まみれになって、土を掘り返して、溝らしいものを作っている。排水溝だろうか、私たちの工場の前の排水溝と繋げるつもりなのか。大体、我が工場の前の排水溝は、どこへも通じていない、ただの水溜りになっているだけ、いつの日か、どこか、外に通じるようにして、流しだせるようにするのでしょうか。まったく、何を考えているのか、私の頭では理解できない。

事務所内の電話とWi-Fiが使えなくなった。ケーブルが両方とも切断されたのでしょうか。電柱が倒れたのでしょうか。こういうことは、今まで、何度もあった。いつ直るかは、あまり考えない。期待しない。
IMG_3360.JPG
IMG_3387.JPG
昼食、どちらがいいですか。ミアヤムバソ、100円とすき焼重定食、800円+税です。後者はご飯が多すぎで半分ほど残してしまう。
タグ:新規 KL エポ
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆bencanaブンチャナ [インドネシア]

 3310 災害が各地に広がっている。ジャカルタの空港までのLRTが土砂崩れによって、運行できなくなった話が、失笑ものだ。がけ崩れが起きるような、山岳地帯ではない、ほとんど平野に近い、5m、10m程度を削るだけのところを通過している。
2381932072.jpg
Ancaman Banjir, Warga Cirebon dan Indramayu Tak Enak Tidur,
洪水の脅威、チレボン、インドラマユの住民は眠れない。

Karawang Dilanda Banjir, Ratusan Rumah Terendam dan Tanggul Kritis
カラワン洪水、何百もの家が浸水し、堤防も壊れた。。
2Longsor-Bandara.jpg
Drama penyelamatan dua korban longsor Bandara Soetta 
Alat berat membersihkan tanah longsor di Underpass Perimeter, Bandara Soetta, Tangerang, Banten, Selasa (6/2) 重機を何台も使っているとか、救出のドラマとか、こんなところで、開通したばかりのLRTが使えなくなるって、笑っちゃうだけの事なのに。

ヤント君とディッキ君に会う。共通は、PT,KGの社員だったこと、日本で日本語学校と大学や短大でも勉強したこと。そして、私が保証人になっていたこと。太田化工でもアルバイトをしたことがある。
MM2100の中のベアチュカイやカントールポス近くのワルンが集まっている場所に、17時、集合という約束をしたが、17時前にMMに入ったところ、出ようとしている車が、既に大渋滞になっていて、入る方の車線のうち、一車線は出る方になっていてもだ。ジャカルタ方面、高速自体が渋滞だから、なかなか入れない。私はちょっと、MMの中に、入らなければならないが、どのくらいかかるかわからない。そこで、近くのルコに中のレストランに変更した。
IMG_3386.JPG
他の2人も、その方がよかったようだった、ま、いろいろ情報交換して、またねと言って、出たのが、17時、まず、MMの先程、入ってきたゲートに向かった。すぐに、飛んでもないことになっているのが分かった。ゲートに向かう道は、すべて、大渋滞、多分、1km進むのに1時間かかりそう。
カリマランを使う道も二つあるが、そちらも、同じように大渋滞だと予測し、直ぐにEJIPに向かうことにした。MMの中、大渋滞を横目に見ながら、進む、EJIP方面からMMに向かってくる車、バイクの列が切れない。ただ、MMを通過するだけの車だ。そして、これらがMMから高速道路に乗れるのは2時間後かなと思う。気の毒。

私は、順調に、EJIPに入り、直ぐ、左折し、デルタシリコン1の中を北上し、ジャカルタ方面に入る高速ゲートの手前で右折し、ジャバベカへ向かった。止まってしまう渋滞はなかった。家に戻ったのは、20時だった。

EJIPの人がジャカルタの家に戻るのに5時間かかるといっていたが、納得。しかし、それにしても、MMの中の大渋滞は、とんでもないことになっている。これも、ブンチャナ、災害だ。
 
踏ん反り返っている人とは話をしたくない、話を聞きたくない。そして、マフラーを掛けているだけで、首に巻いていない人も、踏ん反り返っている人と同じ、両方の人は、見て、直ぐ、目を背ける、その場から離れる。何やら行ってしまっていると思うからだ。どんな理由があるか知らないが、どちらも、マフィアのボスとしか見ない。
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆高速鉄道関連 [インドネシア]

 3309ジャカルターバンドゥン間、高速鉄道(kereta cepatJakarta Bandung)de、検索すると、2年前が圧倒的に多い。それは、大統領が起工式をしたときです。その後、1年前、半年前、3とか2カ月前のニュース、だんだん少なくなってくる。2018で検索すると、ジャコ大統領が、遅れのチェックを催促催促している。そして、一昨日4日に、ハリムの近く、ジャティネガラというところの工事現場でクレーンに関する事故があった、4人死んだ、というニュース。ジャカルタからの出発駅になる場所とほとんど同じ場所で、工事をしていることは分かったが、死亡事故で分かったというのが、いかにも、インドネシアと中国の共同作業だと思う。

原因は雨の中の作業だったから、と、言っているらしいが、おいおい、雨季の真っ最中でしょ、それじゃ、雨季の間、工事を止めなさいよ。バンドゥンまでの大部分が山の中で所、地盤がゆるゆるの場所ばかりでしょ。高速道路の橋桁が、使用開始、数年後に50cm以上何本も傾いてしまった場所でしょ。平地で雨だからといって4人もしんでいては、これから、何人死なすことでしょうか。副知事が来て、保険で補償するから大丈夫と言っているとかいないとか。
1crane-jatuh.jpg
実際、このニュース、本当に、中国高速鉄道の工事事故?場所的に、LRTの工事事故じゃないの?がけ崩れや洪水のニュースはTVPONEで見るが、この高架事故のニュースは、テレビで見ない。

このニュースが、いろいろな報道機関でなされていて、高架工事の写真がある。しかし、これらの写真、擬古現場のものではないと、私は思う。どこの写真でしょうか、今、あちこちで、建設をしている、高速道路かLRTの高架工事の様子だ。写真の周りの様子を私は知っている。

そして、今までも、ずっと、youtubeでも、中国高速鉄道進捗ニュースで、映像は明らかに、高速道路の高架工事な様子だった。下に今の高速道路が沿って映っていた。中国高速鉄道と新幹線の写真やビデオが、混同されて使われている。ジャカルタ、スラバヤ中高速鉄道でも、中国高速鉄道の写真が使われているし、バンドゥンまでの様子に新幹線が使われていた。インドネシア人にとっては、どうでもいいことだろう。
https://www.merdeka.com/peristiwa/proyek-kereta-cepat-jakarta-bandung-ditunda-sampai-hasil-penyelidikan-keluar.html

Kereta cepat Jakarta-Bandung tetap kerja meski hujan
証人は、雨にもかかわらず高速鉄道ジャカルタ バンドゥンの仕事をした。
Kecelakaan kerja terjadi pada saat pemasangan bantalan crane pada proyek jalur kereta cepat Jakarta Bandung Minggu (4/2) dini hari. Menurut keterangan saksi, Jaja Bahar (50), pada saat pemasangan crane, hujan turun.
作業事故はベアリングパッドを取り付けている間に起きた。プロジェクト、ジャカルタ ・ バンドン高速鉄道、日曜日 (4/2)。ジャジャ バハール (50)目撃者によればクレーンの取り付けの時に雨が降っていた。
クレーンを安定させるためのパッドが甘かったのか、地盤の問題なのか、クレーンが倒れてしまったのでしょうね。
IMG_3363.JPG
IMG_3366.JPG
工場の前の急に大きくなった気の名前が分かった。Pohon cherry Indonesiaチェリーでした。まさにチェリーブロッサム、葉っぱも、細長いが似ている。木や枝ぶりは、明らかに違う。日本のサクランボと似たような甘い実だそうです。なん~~だ。インドネシアに桜があるじゃん、という感じかな。私に取っては大発見。
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆雨季のピーク [思うこと]

 3308 バンジール ロンソール ルバン
Kabupaten Bogor berusaha membersihkan material longsor yang menutupi jalur utama Puncak Bogor, Jawa Barat, Senin (5/2/2018). Jalur Puncak, Bogor ditutup sementara akibat cuaca ekstrem yang mengakibatkan bencana longsor di empat titik di ruas jalan di Jalan Raya Puncak yaitu di seputaran Masjid Attaawun, Riung Gunung, Grandhill, dan Widuri.
blongsor.jpg
ジャカルタの南、ボゴールの町からプンチャックを越える幹線道で、地滑り、今朝の時点で、死者2人。けが2人、未発見3人だそうだ。
夕方の時点で、死者4人。行方不明3人でした。まだ、タマンサファリまでで、その先にはゆけない。また、スカルノハッタ空港までの間の崖崩れで一人亡くなっている。

Banjir setinggi 65-100 cm merendam permukiman warga di Kampung Melayu, Jakarta Timur. Banjir itu akibat meluapnya air di Sungai Ciliwung.

Pantauan detikcom di lokasi, sekitar pukul 08.30 WIB banjir merendam pemukiman warga di RT 13, RW 04 Kampung Melayu, Jakarta Timur, Senin (5/2/2018). Berdasarkan tanda yang dibuat warga di tiang listrik, ketinggian air kurang lebih 65 cm. Sementara, di tiang listrik yang lain ketinggan air mencapai 100 cm.

ジャカルタの恒例の洪水、チリウン川の氾濫は、雨季でなくても、ちょっとのスコールで、氾濫する。堤防などないところが多いから、あふれ出すのです。インドネシアの川のほとんどは、土手とか堤防はない。乾季は水が干上がって干ばつになるが、雨季には、溢れて氾濫し、3倍以上の川幅になるというか、幅が分からなくなる川が多い。ジャワ島のブンガワン ソロ、スマトラのパレンバンhttp://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage107.html
http://otaenplaext.net/newpage37.htmlを流れる、スンガイ ムシ、カリマンタンは、サマリンダを通過するスンガイ マハカムhttp://space.geocities.jp/enplaindonesia/newpage00073.htmlなどが代表的、上空から見ると、ジャングルの中を曲がりくねっている。
banjir.jpg
大河だけでなく、全国各地から、恒例の地滑り、がけ崩れ、洪水のニュースが伝えられている。治山治水という精神はインドネシアにないのでしょうね。何でもないところで、水捌けがなく、冠水するし、ちょっとしたところを梳って平らにした道でも両側から崩れて道を塞ぐ。

Hampir setiap hari, lubang di jalan“buaya” menjebak para ibu-ibu yang sedang mengendarai sepeda motor. Lubang buaya yang dimaksud adalah kalimat yang tertulis dalam papan untuk memberitahu ada gorong-gorong yang berlubang di Jalan Protokol Kota Cilegon.
bLUBANG.jpg
bJalan-lubang-.jpg
どこの道にも、高速道路にも、できる、穴、深くて広い、避けては走れない。陥没ではない、車が通ることによって、小さかった穴が、どんどん大きき深くなる。ほぼ、毎日のように、わにの穴がバイク女性をたべる、西ジャワの西端に近いチレゴンという町ですね。ユーモラスに書いてあるが非常に危険。
惨憺たる状況は、一向に改善されない。屋根や壁からの水の侵入を防げないのが当たり前の建築技術から何も進歩しないと同じように、直ぐ、穴ができてしまう、道しか作れない土木技術の進歩もない。高架のLRTや高速道路、なんだか、倒れそうで、近づきたくない。
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆使えない押出機 [日常]

 3307 渋滞やバンジールで、朝、遅れてくる人が多くなっている。ミーティングに間に合わない人もいる。そういう人に、出勤してきたときには、8時半ごろでも、スラマッ シアン(selamat siang)と笑いながら、いってやる。いわれた方は、エヘヘと笑う。

今朝も家を出る7;40頃、大雨が止まない、車に中も雨が吹き込んで、体中びしょ濡れ、傘も役に立たない。これだけ、大雨が続いているのに、不思議なことに、停電が、今のところ、私がインドネシアに戻って、一回しかない。それも、計画停電なのでしょう。一時間だったから。
IMG_3346.JPG
IMG_3348.JPG
家に帰る途中も大雨、家に着いたら、私の居場所が水浸し、雨漏りの場所がというか、落ちてくる場所が増えていた。60年ほど前の我が家を思いだしてしまった。

私が留守中に、納入されていた押出機、使っていないので、何故かと聞いた。シリンダーの温度が上がってOFFになっても、温度が上がってしまうから、吐出むらを起こしたり、分解しやすくなるからだという。そこで、冷却ファンの取り付けを頼んだ。ところが、なかなか、つけてもらえない。

そして、今度は、メンテの連中が、シリンダーから、スクリューを抜く作業をしている。何やら、トンカン、トンカンたたく音がする。何をしているのか聞いたら、吐出が安定しないので、シリンダー内の掃除をするため、スクリューを抜いているという。硬くてなかなか抜けない。やっと、抜けたらしい。こんどは、シリンダーの内径を磨いて、大きくして、スクリューが入りやすいようにするという。おいおい、そんなこと、社内ではできないでしょ。押出機を作った会社に取りに来てもらって、直してもらわなければならないでしょ。スクリューが抜けないような、押出機を作った会社の責任でしょ。やる気は分かるが、できないでしょ、社内では、それに、やろうとして、反って、どこかをおかしくしてしまったら、今度は、すべてはこちらの責任になってしまうでしょ。
結局、土日をまたいで、今日、それを眺めたら、スクリューが差し込んであるが、やはり、奥まで入っていない。電話して、作った会社に、取りに来るように、頼んだのかと聞いたら、まだだという。仕方がないから、私が電話をした。取りに来るとは言っていたが、いつという返事はもらえなかった。

この押出機を頼んだ会社、シリンダーやスクリューを作る会社。押出機を作ったことはないが、作ってみたいというので、頼んだ。納期が3カ月以上かかった。そして、納入され、私の留守中に、使いだした。書いた不具合があって、使いこなせていない。それなのに、こちらも、先方に、使えるようにしてほしいとはいっていないし、先方からも、どうでしょうか、使えますか使っていますかとの、確認もないようの見えた。はっきりしない。奇妙な状態になっている。インボイスは来ているというが、支払いも当然していない。これが、インドネシアらしいのかもしれない。
いつまで、放っておくのかな、結末はどうなるのかな、私は、手出ししないで、眺めていた方がいいのかな。雨漏りも報告し、早く直さないと、傷は大きくなるばかりだよ、と言ってある。いつまで、これも、放っておくのでしょうか。
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆雨とゴルフ [ゴルフ]

 3306 7時半に家から出た。35分に電話が入った。!太田さんキャンセル?“”いや、もうすぐ着くよ“”7時半だよ“”え、8時かと思ってた、あと5分で着く“”あっそう“と、こんな会話をした。私は、思いこみで、8時と決めてしまっていた。それは、それとして、大体、連日の大雨、今朝も、時間通りにスタートは、絶対できないほどの、大雨だった。実際に、スタートしたのは、8時15分だった。十分間に合ったというろり、もっとゆっくり出かければよかったと思った。
私が、遅れてきたので、住処を知らないキャディーから、“バングン ランバットゥヤ ティンガル ディマナ”“寝坊でしょ、どこに住んでるの?“と聞かれた。“ジャラン チタリク”と、答える。すると、一様に驚く。キャディーの多くも、その辺りのコスやロスメンに住んでいる、彼女達の生活圏でもあるからだ。

それはそれとして、連日の大雨、新築のこの家、事前のチェックで、一か所、天井が既に、雨漏りで、変色していた場所があったので、修理を頼んだら、既に直したといっていた。その場所は、確かに直っていて、雨漏りはないが、他の場所で雨漏りをする。また、入り口のドアの下の隙間から、雨水が吹き込んできて、入り口辺りが水浸しになる。家の中を歩くときには、タイルが濡れていると、滑りやすくて、非常に危険、私が、慣れているとは言え、油断は禁物。

ゴルフは、スタートから大雨の中、ボールの落ちた場所を見つけるの大変。まったく,ランがないどころか、突き刺さってしまって、ボールが真上からでしか見えなくなっている。水たまりにの底なら、まったく見えない。見つかっても、その場所では打てない、皆さんの声をかけて、ちょっと移動して打つが、それでも、足場がグチャグチャで、打ちにくい。キャディーもグチャグチャという言葉を覚えている。

グリーン上は、水が浮いている。浮き方が、一定していない。ホールの場所が水たまりになっていて、どこの穴があるのか見えない。思いっきりパターを振っても、球は、直ぐ止まってしまう。3パットは,マイナス3だが、10mくらいの場所から、4パットした人もいた。それが、このゴルフ場、グリーン上の水はけは非常に良い。雨が小降りになると、水がたちどころになくなって、次のホールのグリーン上は、よく転がるようになっている。パットの力感覚が狂ってしまって、ちょっと下りなら、打った場所り、はるか向こうまで行ってしまうこともしばしば、体全体がびっしょりだし、すべてが、いい加減な、どうでもいいやというゴルフになってしまって、スコーは最悪、ただただ、早く終わろうと思うだけ。
ところが、進行も遅い、いつもは、渋滞になる場所ではなくも、何か所かで、15分、20分待ちがあった。結局、通常なら、5時間以内で終わるのに、今日は6時間以上かかってしまった。

2月が、通常、雨季のピークで、各地の洪水もピークになり。コンペが中止になることも多い。3月に入れば、徐々に、乾季の移行する。
1IMG_3299.JPG
ゴルフ場への道、水が溢れる場所は、ほとんどないが、唯一のこの場所だけが、バンジール、水はけが悪い。
1IMG_3312.JPG
後半のスタート前、雨が止まない。11時ころ。ここでも、30分ほど待つ。
1IMG_3331.JPG
この花の木の名前を知らない。地色い小さな花を見るのは珍しい、遠くからは、この赤い葉っぱ?が、花に見える。 
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆好きな歌 [インドネシア]

 3305 https://www.youtube.com/watch?v=XfO_43mjQRE
"Tanah Air"
Tanah airku tidak kulupakan Kan terkenang selama hidupku Biarpun saya pergi jauh Tidak kan hilang dari kalbu Tanah ku yang kucintai Engkau kuhargai
Walaupun banyak negri kujalani Yang masyhur permai dikata orang Tetapi kampung dan rumahku Di sanalah kurasa senang Tanahku tak kulupakan Engkau kubanggakan

https://www.youtube.com/watch?v=DVwXl3FUr-8&list=RDXfO_43mjQRE
"Indonesia Pusaka"
Indonesia tanah air betaPusaka abadi nan jayaIndonesia sejak dulu kalaTetap di puja-puja bangsa
 Reff :Di sana tempat lahir betaDibuai dibesarkan bundaTempat berlindung di hari tuaTempat akhir menutup mata
Sungguh indah tanah air betaTiada bandingnya di duniaKarya indah Tuhan Maha KuasaBagi bangsa yang memujanya
 Reff :Indonesia ibu pertiwiKau kupuja kau kukasihiTenagaku bahkan pun jiwakuKepadamu rela kuberi

“タナ アイル”と“インドネシア プサカ”は、インドネシア国家に近い。こちらの方が国家にふさわしい歌詞だと思う。気が付けば、これらの歌を聞いている。
https://www.youtube.com/watch?v=-J4yNa2w_I0
“Bengawan Solo”
Bengawan Solo Riwayatmu ini Sedari dulu jadi... Perhatian insani
Musim kemarau Tak seberapa airmu Dimusim hujan air.. Meluap sampai jauh
Mata airmu dari Solo Terkurung gunung seribu Air mengalir sampai jauh akhirnya ke laut
Itu perahu Riwayatnya dulu Kaum pedagang selalu... Naik itu perahu
https://www.uta-net.com/movie/94620/藤山一郎
https://utaten.com/movie/kz15033143/ 松田トシ
私が小学校の音楽の時間に歌ったのは、松田トシの歌詞ででした。どうですか、小学生としては、南国にこんなすばらしい場所がある。いつか絶対行くぞ、と、思うのは、当然だと思うのだが、ちょっと、思い込みが、普通ではないかもしれない。そして、植物図鑑で見たラフレシアとともに、インドネシアへの思いは膨らんでしまった。
http://island.geocities.jp/enpla_indonesia/newpage0303.html
ブンガワンソロは、川の名前です。河畔のグサン記念公園での写真です。歌詞とあまりの違いに、こんなものだよなと思った。インドネシア語の歌詞には、花も清き流れも出てこない。流域の洪水と干ばつが出てくる。

インドネシアの歌はメリディー、旋律共に、ダンドゥットゥ以外は日本人には、親しみやすいと思う。ブンガワンソロなどのクロンチョン(keroncong asli)は、日本の民謡的なところがある。
IMG_3283.JPG 
IMG_3291.JPG
IMG_3288.JPG
今朝のゴルフ場への途中、雨の勢いが収まらなかった。ロータスが雨に似合う。
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆押出自社製品 [思うこと]

 3304 社内で自分たちが自社製品として作る製品に組み込むための押出製品を作っている会社は何社もある。例えば、ボールペンやさん。インクが入る細いチューブを作っている。それだけを何ラインかで作っている。歯磨きペーストや化粧品などの会社は、チューブを自社で作っている、何層にもなっているチューブを何台かの押出機を使って、多層押出成形をしている。シートや波板専門の会社もある。それらの会社は、それができる装置というかラインを一式購入して、装置会社からの技術者が、使い方を、作り方を指導して、それだけができるようにしてくれる。技術指導込みの装置。それだけだ。では、その装置を使って、あるいは、何らかの手を加えて、ほかの押出成形品ができるかといえば、まったくと言っていいほどできない。
中には、押出ラインを持っていて、自社製品用に成型をしているが、今作っている製品しかできないので、ほかの何種類かは、日本から輸入して使っている会社もある。
結局、押出成形の技術者がいないのです。作業標準通りに扱えば求める製品ができる装置を持っているだけです。樹脂を変えたり、形状を変えたり、単に厚さを変えるだけでも、できないのです。装置が言うことを聞かなくなれば、購入先に相談するのです。

しかし、それが悪いというのではありません。それはそれでいいのです。当たり前の考えで自社製品として作っているのです。自然の方法です。
だだ、他社からの押出製品の受注生産は不可能だ。プラスチック押出製品のサプライヤーにはなりえないだけの話です。

そして、私にとっては、厄介なことがある。そういう会社から、一部の仕事を請け負い始めると、当然ながら、今作っている製品だけでなく、径を変えたい、肉厚を変えたい、はたまた、装置の一部が故障した、樹脂の出が安定しなくなった、などなどの相談がくる。

久しぶりのご対面~~~んの会社を訪問させていただいた。20年位前から、その会社の仕事を引き受けていて、当時は、それほど、日本人が多かったわけではないので、何となく、誘われて、ゴルフや食事会やらカラオケの付き合いやらで、親しくしてもらっていた方たちで、お互いに、まだいるの?という、長期インドネシア居残り組という感じ、仕事の関係が、数年前に途切れてしまって、それ以来、ちょっと、私の方から遠ざかってしまっていた。
 製品を納めていた会社から、私が仲介で、押出設備を売って、事業譲渡にしたはずが、元の会社から、客先は渡した覚えはないといわれ、継続して売るなら、自分の会社を通せと言われ、当時、新会社で、在庫を買い取ったが、その在庫を売るのに、客先に売るのではなく、自分の会社が買って、そこから売るといことになり、元の売値の0.7かけで、売ることになった。それ以後、その品物は、元の会社に売るための製造はしなかった。客先との直接取り引きもできなかった。その供給ストップという迷惑をかけた会社への何年ぶりかの訪問だった。

 個人的お付き合いもしなくなってしまったので、お互いの消息を知る機会がなかった。久しぶりに訪問すると、皆さん、私の事を心配してくれていたそうで、元気な姿を見て、ほっとしたといってくれた。製品は日本からの輸入に戻すしかなかったという。私が現れて、多分、元々の私に頼みたいという感が伝わってきた。何種類かあるが、指値をお願いした。また、御付き合いが始まるので、帰りの車の中は、倉木麻衣の歌を流しながら、うきうきしていた。久しぶりにうれしさを感じた。昨日のチョット不愉快から、一転していた。ロータスがメインになるが、“アルラブ会”が継続中だというので、参加しようかなと思う。
IMG_3276.JPG 
帰る途中、ジャバベカ2のマテル脇の草サッカー場、夕焼けが見事だった。
IMG_3273.JPG
 朝。通勤道、この先のアルファマートの手前で左折する。来客の方は、向こう側から来るから、右折するわけだが、通り過ぎてしまう運転手が多い。迷ってしまって、電話がかかってくる。大概、戻ってもらうことになる。
nice!(0)  コメント(0) 

(^_-)-☆結婚記念日 [思うこと]

 3303 結婚記念日、何回目だろうか、1970年2月1日、なぜ、この日だったのでしょうか。妻の仕事の関係で、この日にしたと思う。私の両親が負担してくれるというので、式や披露宴は静岡駅前の出来上がったばかりのクーポール結婚会館だった。遠方らこられる方には、わかりやすかったとおもう。仲人をしていただいたのは、一年前にお亡くなりになった、赤尾洋二先生でした。私たちが先生の仲人役の初めてだった。それぞれが、梨大や現職場からの同僚や上司、教授の方々に多く参列していただいた。
結婚後3月末で妻は横浜の学校を退職した。その8月に、ちょっと、大きくなったお腹で、静岡県庁へ行って、県の教員採用面接を受けた。そして、もっと大きくなったお腹で、大阪万博へも行った。翌年1月に、出産、4月から、県東部の小学校教員として勤めだした。慌ただしい、当時では珍しい、純粋な共稼ぎ生活が始まった。スーパーに夫婦でカート一杯の一週間分を買っている人は、ほかに見たことがなかった。一週間分で平均3000円くらいだった。二人の給料合計は、10万円くらいだった。

あれから、48年、妻は、孫の世話や地域の世話役など、忙しくしている。ずっと、私がいない生活をしている。長くいてほしいのか、長くいないでほしいのか、微妙だが、私が戻った日に、直ぐ、今度は、いつまでいるの?と聞かれる。家にいれば、いないときより、見方が増えた気分になるようではある。

こんな製品は、どうしましょうか。示された図面通りに異形品として成型するなら。金型費用が15万円ほどかかる。お客さんからの依頼は、一年で300本。殆ど、試作品の仕事だ。試作費用が3万円として、一本の値段が600円だ。そこで、パイプを切ることにした。サイズが近い金型はある。縦に切る冶具を作ればいい。1ジュタRpでできる。費用は試作費2ジュタで合計3ジュタRpで300本はできてしまう。それでも、一本1万Rp(80円くらい)になる。何万本と作るなら、一本10円くらいでできる代物だ。最初の300本は、これで、OKしてもらうしかないが、問題は、次の注文はどうするかだ。また、いつか300本と頼まれたら、そん時は、また、その時か。右下に元のパイプがある。
IMG_3252.JPG
試作品として、持っていって、取り付けた結果OKになった。試作POをお願いした。

一方が帰られた後、別の会社の方が見えられた。工場に入るなり、どこでも取ってOKといわれたので、というやいなや、工場内の写真を取り始めた。すごい態度の人だなと、呆気にとられた。撮影が終わったようなので、二回の応接室に案内をした。そして、私から、本来、押出の工場はノウハウが一杯あるので、お見せしないし、写真撮影も控えてもらうのが普通ですが、と、切り出した。すると、だから、昨日のメールで、撮影していいですかと、聞いたのです。と、言ってくれた。私の言いたいことが分かっていない。まったく、親しくもない,取引もないのに、撮影させてくださいなど、言うなよ、と言いたかったのだが、全然わかっていない。許可を取ったからいいといっている。態度がソンボン、こんな人もいるんだと思った。大企業の元社員と聞いている。
その流れで、今注文を出している会社から、一部、こちらに移したい、それには、最初はほんの一部から始まって、最終的には、半々の二社購買にするという。その、今、注文をだしている会社とは、私が立ち上げから面倒を見た会社で、その製品も私が作って取引を始めたものだから、原料や検査基準などなど、すべて私が決めたもの。しかし、御社にお願いした場合、一番心配なのが、原料を変えられてしまわないか、品質管理が十分できるかどうか、私がいなくなった場合、インドネシア人だけでやっていけるのだろうか、その点、責任を持てますか。と、まくしたてた。もう、この仕事、どうでも、よくなってしまった。付き合いたくないと思った。手伝ってもらいたいというのではなく、仕事をだしてやる的な言い方。

今のところから、仕事を回して増やす場合は、当然、値下げをしてもらうことが条件になるといわれた。恐れ入りました。結構です、どうぞ、今までのところだけにしておいてくださいと、口に出さなかった。

半々など、まっぴらごめんだし、やるなら、最初から全量でなければ、手伝わないという意識になった。
今月半ばで、その会社の社長を辞めて、後に引き継ぐというので、ま、いいか、次の社長との話になるから、と、気持ちを納めた。
IMG_3267.JPG
MM2100から、EJIPを通り過ぎ、リッポチカランを通過して、メイカルタの工事中の間を通過し、サッカースタジアムの脇を通って会社へ戻った。クレーンが林立しているが、本物かな?飾り?のように見える。
nice!(1)  コメント(0) 

(^_-)-☆仕事探し [思うこと]

 3302 客先によって季節変動が大きい場合もあり、仕事量が一定しないし、それに、1ラインが空いているので、仕事を増やしたい。ということで、営業を開始した。新規客先開拓や現在の会社からの注文アイテムを増やしてもらうための訪問のアポを取り始めた。

先ずは、どこからにしよう。なにやら、HDPEの太いパイプを作ることができる会社を探しているという情報が入った。射出の金型を作る会社からだが、その会社で使うものではない。その客先が、この射出の金型やさんに頼んである金型で作る製品とそのパイプを付けて製品にするのだそうだ。
ということは、うちで作った製品は、その客先に直接、売るのではなく、金型やさんが利益を載せて売るということになるらしい。いくら乗せるかわからないから、結局、この話はまとまらないでしょう。直接という紹介ではなさそうだ。だから、見積もりは、高めに出すことになる。勿論、行く先はどこになるのかは教えてもらえない。こういう話は、なにか問題になったとき、押出を知らない人が間に入る、間接の話になるので、厄介なことになりかねない。

こういう話は、日本でもインドネシアでも、いくつかあった。一つも、まとまっていない。最終納入先がどこであろうと、新しい製品でなければ、どこかから買っている。それより納期、価格、在庫管理で、より、優位な場所から入手したいのが普通です。それが、何か、間に入ってしまえば、優位性は一つもなくなる。今まで通りというおとになる。

その次は、私が、ずっと前に、その製品をインドネシアで初めて作ってあげて、それは、現在、私がいたことがある会社で作っている。製品は普通にできているのだが、納期が遅れ遅れで、その会社のアセンブリーラインが、止まり気味だという。お互いの社長さんを親しくしているので、こちらの会社の現場を預かる人間から、調達に何とかしてくれと言われている。調達は困っているが、社長は、動かないという。調達から私に、何とかしてほしいと言ってきている。そして、調達は全部私の方に言っているが、社長は、私に、ほんの一部だけの製品をお願いしたいといってきている。この会社、インドネシア人スタッフのほとんどは私を覚えているが、社長は、以前の事は、勿論、知らないし、私の事もしらいから、慎重だと思う。明日、その社長が、わが社の様子伺いに来る。

送信時間の変更,PCの設定時間が、日本時間のままにしてあった。ブログの送信時間は日本時間のままで問題ないので、そのままにするが、メールのやり取りの大部分はインドネシア内なので、設定時間をインドネシア西部時間(ジャカルタタイム)に変更した。二時間遅れている。

どうなんでしょうかね。確認したことがないが、インドネシア時間で日本に送信した場合、受け取り側の表示が日本時間になっているのでしょうか。例えば、インドネシアから12時に送ったメールは、日本では14時に受け取ったと表示されるのでしょうか。もう一つ、日本時間でインドネシア国内に送信した場合、勿論、私の控えは日本時間だが、受けた側は、インドネシア時間になっているのでしょうか。ちょっと気になる。

FENOMENA LANGKA GERHANA BULAN
SUPER BLUE BLOOD MOON 日本語では何というのでしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=AdMSv1TpNBo インドネシアでのライブでした。
ただの皆既月食ではなくて、かなり珍しい現象だったようですね。インドネシアでは、スマトラからパプアまで、全土で、皆さん、堪能したようですね。しかし、雨季の今、残念だった人も多いと思う。いくつかのテレビでライブをやっていた、昔々なら、インドネシアのコテカをした人種が、日食と同じように、この世の終わりと恐怖を感じて、祈りをしたでしょうね。現在はイスラムの一部の人が、何のためか知らないが、お祈りをしたようでした。
IMG_3246.JPG
IMG_3243.JPG
この木なんの木、一年ほど前には50Cmくらいだったが、今はこんなになっている。成長が超はやい。この辺りは二期作です。
タグ:営業 訪問 月食
nice!(0)  コメント(0)