So-net無料ブログ作成

(^_-)-☆足を撃つ  [思うこと]

3829 毎日のように、バイク泥棒 ひったくり 麻薬所持 喧嘩 などで逮捕のニュースがある。容疑者はオレンジ色の服を着せられ、警察の記者会見?の後ろに並ばされる。武器や書庫品を前のテーブルに置いて、担当警官が、誇らしげに、罪状などを説明する。そして、容疑者が何人かいる場合は、その中の何人かは、足に包帯を巻いている。歩くことが出来なくて、抱えられて付けてこられる人もいる。手錠や結束バンドで、両手は縛られている。

https://www.youtube.com/watch?v=fT1UIXUjQegほんの一例だ。
kak itembak-.jpg
kaki.jpg
 この足の包帯は、ピストルで撃たれた傷を縛っている。逃げたからではない、至近距離から、足が動かないように何らかの方法で押さえられて撃たれている。決まった場所に多分、かすめるようにだと思う。中には、失敗して、足を貫通してしまったのではないかと思われる、酷い状態のものもある。少しでも抵抗したり動かしていれば、こうもうまく、決まった場所鬼は撃ち込めない。

 本当に、毎日、毎日、流されるニュース、警察の逮捕時の作業標準でもあるかのように、多分、当たり前のように、何人かの足を撃っている。

Sejatinya, polisi diberi kewenangan untuk menindak tegas tersangka yang melakukan perlawanan. Menembak kaki tersangka yang membahayakan publik dan aparat adalah salah satu tindakan yang dibenarkan.
実際、警察官は容疑者を取り締まる権限を与えられている。公衆と装置を危険にさらす容疑者の足を撃うことは正当な行動の一つです。
Akan tetapi, harus kembali disadari bahwa tersangka belum tentu bersalah. Meskipun tersangka itu adalah tersangka kasus pembunuhan, ia tak boleh serta-merta dipandang "pantas" ditembak kakinya tanpa memertimbangkan apakah ia melawan petugas atau tidak saat ditangkap.
しかし、容疑者が必ずしも有罪であるとは限らないことに気付くべきである。容疑者を、逮捕時に警官に抵抗するかどうかにかかわらず、考えなしで彼の足を撃とは考えられない。
と言う記事だ。例え、確実な有罪であっても、警察官がピストルで撃つ習慣?は、どこから来ているのでしょうか、大統領は、この習慣?を、どう思っているのでしょうか。とにかく、手錠いい、足の包帯といい、日本ではあり得ない映像だ。

イスラム原理主義に近いアチェ州の不倫に対する公開むち打ち刑より、悪しきスタンダードだと思う。
DSC04099.JPG
いつもの帰宅途中の夕焼け
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感