So-net無料ブログ作成

(^_-)-☆高齢者ゴルフ [ゴルフ]

 3867 ゴルフ一番近場の藤枝ゴルフでした。明日、日本最終日、早朝出発なのにである。例によって、一緒は、80歳以上に方たち、私だけが、白で他の人は、このコースは、赤だった。ロングは100m違う。また、このコースは、山岳コース、打ち下ろし、打ち上げが半々、平はない。
aDSC04584.JPG
aDSC04583.JPG
aDSC04582.JPG
 こんなコースだから、私は皆さんより上の方から、それも、100m位先にまで、林になっていて、そこに入れれば、OB、皆さんはOBゾーンの向こうかた打つ。これで、コンペだ。不公平、極まりない。シニアー、レディースと言うコンペだ。これで、ドラコンもある。日本のゴルフ場は、高齢者に異常に気を使っている。収入源が高齢者が主だからだと思う。

 途中での忘れ物、ティーやクラブやクラブヘッドカバーは普通だが、フェアウェー上に、ボールが置き忘れている。ラフでもないし、左右の斜面の下の方や上の方でもない、とにかく、遠くからも見えるフェアウェー上だ。何故でしょうか、考えられることは、隣のコースから打ち込まれたのだろうか、両脇には木が多いから、Ðポ個からか打ったボールが木に当って、こちら側にはねてくるという可能性はある。そして、それをロスト扱いにしてしまっているのかな。殆ど、皆さん、セルフ(キャディーを使わない)でやっているから、自分でボールの行方を見ていない人がいるし、ボールを探そうとしない人が多い。
こんなこともあった。ティーショットがOBかもしれないと言われ。暫定球を打った。それは、フェアウェーの真ん中、グッドゥショットでした。そして、一打目を探し、OBではなかったが打てない場所で、ワンペナで2打目を打って、これも、グッドゥショット、その人、カートに乗って、悠然と三打目の場所に向いながら、あんなところにボールがあるよ、誰のボールだ?また、ロストボールが落ちて居るよ、と言う。自分が打った暫定球のことは、全く、忘れてしまっている。私が指摘で、気が付いた。

 ほぼ、一か月の自宅の生活は終った。やはり、自分の部屋への閉じこもりが多かった。仕事を止めて、自宅にずっといるようになれば、いろいろな付き合いをするように動くが、短期間では、そいう付き合いだ出来ない。また、孫が大きくなり、それぞれの行動や付き合いがあるので、爺ちゃんの関わり合いは殆どなくなっている。そう遠くない間に、仕事から離れることになるが、その時、どういう具合に過ごそうか、いよいよ、自信の老後?の生活について考えなければならない。終活をどうするか共に、日常の過ごし方を、いくつかの候補はあるが、考えなければならない時期になってきたと思う。その一つに、インドネシアはリタイアビザにしようと思っている。
aDSC04575.JPG
 この虫、名前を知らない、せっせと土を掘っている、何が目的なのだろうか。もくもくと?行動している。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆なんとか [ゴルフ]

 3801 腰が痛くて、眠れなくて、それでも、眠ろうと横になっている内に、眠ってしまった。アラームをセットするのを忘れていた。目が覚めた時、外がかなり明るい、時計を見た。7時丁度、ティーオフは7時12分、飛び起きた。直ぐ身支度をして、家を出たのが7時10分、顔を洗わず、ひげも剃らず、最低必要品だけ確認して出た。直ぐに、仲間に電話をした。10分遅れると、昨日は、腰が痛くて、参加できるかどうか気にしていたのに、腰が痛いことは痛いが、キャンセルは全く考えないで、とにかく出た。ぶっ飛ばして、7時20分に到着、いつもなら、自分で駐車しに行くが、今日はバレットと言って、係の人にそれを任せて、直ぐにカウンターに向った。トイレにもよらず、走って、スタートホール一番に向った。2フライトの1組は、既にスタートしていた。私の組は、前が空いて、打てるようになるのを待っていた。間に合った、ガバット起きてから、25分でティーショット、腰が痛い事が、ティーをセットするために屈んだ時に、気になりだした。
DSC03691.JPG
 途中、無意識に腰を抑えている時が多かった。それでも、何度か、気になった程度で、何とか、ひどくならずに終わった。これなら、明日もやれる。
DSC03697.JPG
この病院、アスリ メディカという。田舎の地方病院といった感じ、ジャバベカには、新しい総合病院がいくつもできていて、この病院、あまり、行く人がいなくなったという。インドネシアは全ての病院が救急医だ。どんな小さな、個人開業医も24時間受付だ。そりゃ、個人医の都合で休むことはあるが。だから、日本のように、救急担当医院、病院という制度はない。

13時ころ終わって、ゴルフの後、いつもは会社に寄るが、今日は寄らずに、直接、家に戻った。そして、直ぐに昼寝、目が覚めたのは、足が攣ってしまった時で、18時を回っていた。腰の痛みはより和らいだが、念のために、大きな膏薬を貼った。よく眠った。
DSC03696.JPG
久しぶりに,二つ水面から出て咲いている蓮が姿を現した。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆コンペ オネスト [ゴルフ]

 3690 小規模コンペだった。イジップ工業団地の南のゲートから入ってすぐ右側にある貸工場に入っている何社かのゴルフコンペに何故か、その工業団地とは全く関係ない私が何年か前から、潜り込んでいる。幹事をしない名誉会員ということになっている。このコンペは、一般的にあるニアピンやドラコンなどの賞はあるが、ドラタンといって、フェアウェーに乗って、一番飛距離が短い人が対象になる。また、順位での表彰はない。あるのは、オネストといって、隠しホールを前後半二か所、合計四ホールをパーとして、自分のスコーを予測し、ピッタリ当った人に、集めた賞金を受け取るという賞だ。シングルぺリアの計算方法と同じで、予想をスコアーを当てるということだ。

私が取れる可能性がある賞は、この二つだけで、私のためにある賞のようなものだ。結果、予想通り、ニアピンやドラコンやもう一つ、大波賞(前後半のスコアーの違いが最大の人)は、縁が無かった。ドラタンはどうだったでしょうか。これも、駄目だった。実を言うと、この7番ロングだったが、ナイスショットで真っすぐ、150くらい前方のフェアウェーまで、飛んで行った。しかし、1mほど届かなかった。ここでは、今迄、一度もフェアウェーに届いたことが無かった、今日も届かなかった。それだけの話だ。

最後のオネストは、完全に運の世界だ。予想より悪い人が多く、一番離れた人は20も多かった。100を予想していて、130以上叩いて、改善がどういうわけか、10しかなかった。私はどうだったか、予想より5多かった。そして、もう一人5多かった人以外て、これが、一番予想に近かったということで、賞金を二人で分けて、30万Rpくらいずつ受取った。実力には関係ない賞を獲得した。目出度しである。そのお金で、途中、ドリアンを買ってしまった。今日は半分、食べてしまった。

会社に寄って、明日の試作の準備をした。例のスリットパイプのテストを明日のゴルフの後やる。
aaDSC01740.JPG
朝ゴルフ場に行く途中の雰囲気。多くのカキリマが道の両側に出ていて、大勢の人がそれらの屋台で朝食用の料理を買っている。
aaDSC01741.JPG
昼前の花が開くピークだ。
aaDSC01748ー.JPG
今日も夕方、食事をしに、この工場の敷地内にやってきて、私が18時前にれるときに、彼らも出て行った。毎日、敷地内の良く育つ雑草を食べさせに、やってくるようだ。彼らの去った後の糞害が、半端ではない。車のタイヤにもベッタリ付くし、乾燥糞塵も皆さんの肺に吸収されるし、製品には他の様々な粉塵と共に付着する。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆超後期高齢者ゴルフ [ゴルフ]

 3616 昨日のゴルフは、シニアー&レディースというコンペだった。45人だった。私の組は4人、女性一人、78歳 男性3人 82歳 81歳 そして私75歳、どうも、全体を見ても、私より若い人がいるかもしれないが、見かけ、感じ、私が一番、若そう。 出場資格が60歳以上と聞いたいるが、何故、見かけ、60歳から74歳の人が一人もいないのでしょうか、何故でしょうか。事実、前後では、白から打つ人は見当たらなかった。75歳以上のティーグランドから打つ人も少なかった。大部分は、80歳以上ともっと前のレディース(90歳以上も)からだった。

これだけ、超高齢者が多いと、話題は、今回、来ていない人、そして、前回来なかったり、しばらく来なかったが今回来ている人に関してになる。そして、もう一つ、このコンペから抜けた人だ。一緒の人で、前回来なかった人は先ず、なぜ、来なかったのか説明しなければならない、忙しくてとか、他の予定があってとか言う人はいない、体のどこかの具合が悪くて、特に目医者に行った人、それと、膝の具合が悪かった人だった。
今回、欠席の人に関しては、あの人、どうしたのかね。あの人、亡くなったらしいよ。あの人、歩けなくなっているらしいよ。車の運転ができなくなっているらしいよ、
コンペから脱退した人も同じような状態だ。そして、自分たちも、こんなことを話しているが、私たちも、いつ何時、そんな話の対象になるか分からないよね。あの人、どうしちゃったのね、っと。明日は我が身の人達ばかりだ。

私たち、四人の間では、配偶者との現状の話が出る。一方は、奥さんに先立たれていて、人入り暮らし、もう一人は、ツアーに便乗して、一緒に旅をするそうだ。女性の方は、ちょっと、深刻な話をしていた。旦那さんも一緒に、常連のメンバーだったそうで、参加者の皆さんがよく知っている人たちだ。その旦那さんが参加していなかったので、皆さんが、どうしたのかと聞く。ところが、それが、面白くないらしい、どうも、仲が良くないらしい、そして、旦那さん、今、膝や腰の具合が悪くて、ゴルフどころか、家でゴロゴロ、それも、寝ている時が多くて、要求が多いという。これから、我儘な男の世話をしなければならないと思うと、それだけでストレスになるという。施設に送り込んじゃいたい、と、言っていた。多分、彼女としては、深刻な危機的な問題なのでしょう。聞いているだけだった。

私はどうかね。多分、何方も、マイペース、何方からも頼ってもいないし、負担になっていることはないと思う。
DSC00486.JPG
DSC00489.JPG
静岡のゴルフ場は、大概、こんな景色になっている。海から数キロ以下の場所にあっても、山岳コース、冬、フェアウェーの緑は残っているが、全体的には茶色っぽくなっている。気になるのは、松の木が枯れている。それも、かなり多い。
気になる事は、杉の木の花粉だ。暖かったからでしょうか、私は、寒さで、鼻水を垂らしながらのプレーだが、今回は、心理的なのかどうか、花粉症の症状がでていたと感じさせられた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆赤いじゅうたん [ゴルフ]

 3593 インドネシア、残り一週間にあった。一か月半日本だが、ゴルフの予定がすでに入っている。11月29日、浜岡、12月6日、相良、10日、藤枝、 20日、9:07 リバー富士G,CCを予約、1月の初打ちは1月4日、7:30スタートで島田G,C。多分、年末25日過ぎに、もう一回、追加されると思う。

ミニコンペだった。EJIPのヒュンダイ工業団地の入り口の筋向いの入り口から入ってすぐ右側に、貸工場の一角がある、その中に入っている、ヤマニ、サンシュウ、TRC,そして、ニットウ(今はデルタシリコン5)の四社の隣組コンペに、ヤマニの方々と、いつも一緒にやっていたので、何故か、関係がない私が、数年前から参加している。オネストといって、自分の予想スコア(グロスから隠しホール4か所をパーにしてのネット)を申告し、ピッタリかオーバーで近い人に皆さんから集めた罰金(オーバーは×1万Rp,マイナスは×2万Rpを払う)をもらえる。上手下手は全く関係なし、私は、マイナス1だったので、まったく権利なしで2万Rp払った。グロス108の人が99で申告してあって、ぴったりだった。私は、最終ホールでボギーだったが、ダボにしておけば良かったと思った。予想で調整できるが、あくまでも運である。ニアピン賞は一か所もらった。

8時過ぎスタート、前二組は青からスタートの国の人たち、遅い、実の遅い、その上、前が空いているのに、休憩かなか知らないが、ティーショットをなかなかしない。その上、11時前にスコール、30分ほど雨宿り、終わったのが14時を回っていた。ゴルフ場を後にしたのが15時半、後半の赤旗も立てられなかったし、昨日と変わって、気分爽快とはいかず、風邪気味もあって、疲れがきつかった。
DSC00219.JPG
DSC00222.JPG
一時的な強風で火炎樹から落とされは赤い花の絨毯ができていた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆風がさわやか [ゴルフ]

 3592 火曜日がナショナルホリデーなので、月曜を休みにして今日から4連休だ。ところが、インドネシアでは、掛かった覚えがない風邪を引いてしまったようだ。鼻の奥が乾きだして、くしゃみが頻発している。コンビニで売っているトラックアンギンという風邪薬を飲み始めている。

安田という人は、結構、和気あいあい状態で過ごしていたのでしょうか、という、印象は、多くに人が持つ。彼が言っていることをうのみにする人は少ないと思う。彼を批判する人を批判する人は、彼の事を知らないからだという。そりゃそうでしょ、知っている人など、ごくごく少数しかいない、そして、知らないから、一般常識として、先入観なく、見ることができるからでしょ。批判する人を批判する人は、彼の事を知っているという。そして、同業者?だ。要するに、第三者という立場で、公平に評価できない人ばかりだ。

風邪を引いても、ゴルフはする。汗をかくことは、風邪を撃退しやすと思い込んでいるからだ。子供のころから学生時代も、風邪を引いても寝込むことはなかった。クラブ活動も休むことなかった。中学時代、お前が休めば、学級閉鎖になるのに、と、友達によく言われた。もっとも、その頃は風邪ではなく、当時は、風邪だと言われていたが花粉症だった。決まった工程を通れば直ってしまう。
DSC00205.JPG
DSC00208.JPG
木曜日の強風は、ゴルフ場の木々も何本か倒していた。そして、高いところに取られずに残っていたはずのマンガも全て落とされてしまったようで、無くなっていた。今日は、清々しい晴天だった。チンペダックを持って行って、仲間にプレゼントしたが、ドリアンのように臭いと言われ、敬遠されたが、終わって、食事尾のあと、中身を出してもらって、皆さんに披露した。全員が、初めて見たという、私は20年以上前から食べているのに。い一部の人だけ食べたが、拒否する人の方が多かった。美味しいのに。余った分はウェートレスにあげたら、大喜びだった。
DSC00210.JPG
15番のグリーンの横にシニヤーハウスへの近道がある。この外に、川奈のアパートを建設中だ。そして、このもっと向うの大通りの方で、24,25日に“紅葉祭りMOMIJIMATSURI”が模様される。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆後期高齢者ゴルフ [ゴルフ]

 3461 日本でやるときの家から一番近いゴルフ場、藤枝、それでも、平日、通勤時間に重なるので、40分くらいかかる。 

250ヤードほど登り、そして,のこり250が下りのパー5のスタートホールで、私は、皆さんより、50ヤードほど後ろ(70歳以上)からティーショットは済んでいて、他の3人が、80歳以上のティーグランドから打った。80歳同伴者、一打目、右の斜面の上の方(カート道は左)のラフへ行った。3人が売って、四人でカートに乗り、一番飛んでいない、私のボールの位置まで行き、カートから降りる。その後、私はホールアウト迄、カートに戻ることはないように、クラブはPとパターと3Wをもっている。皆さんのカートは、先に行ってもらっている。私は二打目を打って、自分のボールがどこに落ちたか分かっていて、歩きだし、登る。そして、右の斜面のラフの方へボールを探しに行く、先ほどの80歳の人のボールを探すためだ。ラフが深い、中か見つからない、他の二人は、自分のボールの位置に行って二打目を打って、カートに戻って、待っている。
IMG_0014.JPG
IMG_0011.JPG
なかなか、見つからない、二人が、いらいらしながら待っているのが分かる。三打目の近くまでカートを早く移動させたいのだ。ロストにしてしまえよ、と、言っているよう。そして、見つかった、打った、ナイスショット、ただし、また、右のラフだ。そして、カートに戻ってやっと前進、私は、歩いて行って三打目を打って、グリーン側に落とした。そして、また歩き、先ほど、探すのを手伝った人のボールの位置を示そうと茂木のラフに向かった。遅れて、その人が、来た、二打目の時と同じ状態、状況だった。ボールが見付かって、私は位置を示し、私は四打目の方に下って行った。他の二人は三打目を打って、カートで、待っていた。そして、その人の三打目はりちょろった。おまけに、足が攣ってしまった。その場に座り込んでしまった。なかなか、立ち上がれない、四打目は、クラブを替えなければならない、私は既に前へ歩いてしまっていた、声がしたので振り向いた。クラブを持ってきてという、というか、言われなくても、もって行ってやらなければならない状態だ。使いたいクラブを聞いて、二人が待っているカートまで行き、クラブを持って、逆戻り、登りだ。クラブを渡し、その場で、やっと、痛みが軽くなり打てる状態になったのでしょう、打った。そして、見事の4オンだった。二人は、お構いなしに、カートを勧めてグリーン側に行っていた。私は、その人と一緒にグリーン側に歩く、Pで四打目、そして、ON。その人のパターをカートへ取りにって、渡す。

二人は、いらいらしているのが、態度と言い方で分る。そして、攣った人は、その二人の態度が気に食わない、知らん顔だからだ。二人はイライラからか、四打目,トップで、オーバーしてしまい、5オンだった。結果は、なんと、攣った人、わたしをてこずれせた人がパー、私が2パットのボギー、二人も2パットにダボだった。

スタートホールで、これだ。ホールアウト迄、これほどではないが、ずっと、こんな雰囲気だった。久しぶりのいい天気、私にとっては、かなり快適な天候だったが、皆さんは、暑すぎるとか、風がないとか、熱中症がどうだとか、前のグループのプレーが遅いとか、私にとっては、何も気にならないことで、文句を言い、私の同意を求める。
ボールが飛んだ位置、皆さん、ほとんどの場合、打った後,どこへ行った?と、聞く、というか、つぶやく。わたしは、聞かれる前の、方向とどんな状態かを言ってやる。すると、中の一人は、太田さん、人のボールの位置を、いちいち言うね。と、何か、耳障りだと言いたげに言う人がいた。その人が、一番、どこへ行った?と、聞く人なのに。
天気晴朗なれども波高し、といった、年寄りと一緒のゴルフだ。そういえば、今日,だれだれさんが、急にキャンセルしたという、どうしてですかと聞いてみた。そうも、最近、一緒の回った人と口論になったらしい。コンペの仲間から抜けるとも言っていたという。

80歳そこそこの人たちのゴルフ、できるだけでもいいよね、恵まれているよね、と言いながら、なかなか、和気あいあいとはいかないようだ。
厄介 攣る 機嫌

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆袋井ゴルフ [ゴルフ]

 3450 全く、初めてのゴルフ場でした。シニア―というか、超年寄りのコンペでした。それを知らないで、誘われたので、行ってみた。スタートの時にそれを知らされた。ざっと見て、私より年下は良そうにない、それどころか、平均89歳くらいに見えた。案の定、私のパートナーは、85,82、82、そして私、74.6歳、オレンジティーグランドは私だけ、3人は、平均30Mくらい先の赤からだ。わたしが先にティーショット、三人が続くが、私は、カートを使わず、脇を歩いて、自分のボールの横へ行き、ティーショットを待つ。どこへ止まったか、確認する。そして、私は2打目を打つ、打った後、三人に、止まった位置を伝える。キャディーがいたが、キャディーの補助の役だ。私のクラブは、キャディーが持ってくることはない、私が、選んで持って歩く。ミドルの場合、大概、2打目の前に、3番ウッドとPとパターの三本、3打目の前は、ほとんど、そのままで、Pを使うかパターを使うが、例外的に、カートに戻り、P以外のクラブを持ってくる。だから、簡単だ。

とにかく、皆さんの面倒見というか、世話をする、する必要はないが、皆さんの動きが、遅くて気になるし、ボールの位置が分からない場合が多いので、ついつい、手伝ってしまう。
IMG_0199.JPG
IMG_0197.JPG
皆さんのティーショットを待つ状態と、二打目グリーンが空くのを待っている状態。

このコンペ、プレー費が1万5千円、高いが、商品は全員にあたり、商品の価格が、多分、平均3千円くらいだから、商品を買うようなものだった。ダブルペリアの何たらかんたら、らしいが、52人中、25位だった。とにかく、80歳以上が30M前だし、85歳以上は、そのまた50M以上前、ショートは、グリーンの脇15M位から打つのだから、ニアピンは全て85歳以上が持って行ってしまう。エージシュートは3人でた。日本のシニアーコンペでは、必ず、エージシュートが何人か出る。ちなみに、今日の優勝者は95歳の方だった。グロスが85、滅茶苦茶なエージシュートだ。ダブルペリアの改善が、13あったという。100迄は、頑張るといっていた。

90歳以上の方が5人いた。日本だなと思う。

ゴルフ場の手入というか、整備は、浜岡や島田より良い、というか、普通に良かった。家から、東名焼津から入って袋井で出て、1時間、帰りはバイパスのみで、1時間20分、家からジャバベカは、10分なので、やはり、藤枝の40分くらいのゴルフ場がいい。 

久しぶりのゴルフで歩き回ったことで疲れた。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆チカンペック [ゴルフ]

 3355 インドネシアの会社で仕事をしていた人が、定年などの理由で一旦帰国した人が、再び、戻って、仕事をしている人は、結構、多いと思う。私の友人にも何人かそういう人がいる。その中の一人と、二カ月ぶりに会ってチカンペックでゴルフ。カートを使うと60万Rp。カートを使えわなければ、異常に疲れる。ところが、カートを使えば異常に楽になる。雨季でぬかるんでいてもグリーン上以外はどこも通っていいらしい。許可を得れば、フェアウェーへ入ることができるゴルフ場はあるが、雨季には、そういう制度を使えないのが普通だ。しかし、ここは、どんなにぬかるんでいてもOKだ。今日もぬかるんでいた。時には、スリップして、横滑りや時にはスピンしそうになった。コースを移るときで、轍が深い場所で、池の縁を通るときには、私は歩いた。
IMG_2027.JPG
IMG_2037.JPG
天気は良かった。しかし、問題は自分個人のことで、右肩というか、腕の付け根が痛む。何年か前から少しずつ痛くなり、当時は50肩といわれたば、ここへきて、痛みがひどくなってきた。そのうえ、腰も痛い。来週はゴルフを休む。

Pileg dan Pilpres Serentak Digelar 17 April 2019, Ini Tahapannya国民議会選挙と大統領選挙、2019年4月 17 日 2018年10月から選挙運動が始まるので、その半年前の今、そろそろ、立候補者の情報が出始めている。
Pertarungan Jokowi – Prabowo Akan Kembali Terulang di Pilpres 2019 世論調査によると、前回と同じように、ジョコウィとプラボーの争いになるとみている。

今朝、夜明けの時刻に東へ向かった。7時スタートのつもりだったから。渋滞になることを心配し、6時にデルタマスのゲートからトールに入った。これが、ガラ空き、100Km以上が自然にでてしまう。時間調整で途中、カラワンティムールのサービスエリアでトイレに寄ったが、6時半には到着してしまった。食事、ミーアヤムとオムレツ5万Rpを食べながら待った。

ここククプクジャンは、休日でも予約必要なし、一人でも構わない、メンバーになれない人たちや初心者の格好の場だ。そして、大体、空いている。待ち時間も長くて2組くらいだし、中間の街も30分の越えることはない。今朝の場合、10番からスタートし、11番に来た時、2組待ちになっていた。むずらしい。そこで、キャディーの提案で、すぐ後ろの13番のティーグランドに行って、先回りをした。13,14番を済ませ、11番に戻り、12番と続け、15番へ行き、正常に戻った。そんなこともできるコースだ。
IMG_2035.JPG
11番ティーグランドから12番で待っている人たち、この人たちの前に一旦、出たことになる。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆雨とゴルフ [ゴルフ]

 3306 7時半に家から出た。35分に電話が入った。!太田さんキャンセル?“”いや、もうすぐ着くよ“”7時半だよ“”え、8時かと思ってた、あと5分で着く“”あっそう“と、こんな会話をした。私は、思いこみで、8時と決めてしまっていた。それは、それとして、大体、連日の大雨、今朝も、時間通りにスタートは、絶対できないほどの、大雨だった。実際に、スタートしたのは、8時15分だった。十分間に合ったというろり、もっとゆっくり出かければよかったと思った。
私が、遅れてきたので、住処を知らないキャディーから、“バングン ランバットゥヤ ティンガル ディマナ”“寝坊でしょ、どこに住んでるの?“と聞かれた。“ジャラン チタリク”と、答える。すると、一様に驚く。キャディーの多くも、その辺りのコスやロスメンに住んでいる、彼女達の生活圏でもあるからだ。

それはそれとして、連日の大雨、新築のこの家、事前のチェックで、一か所、天井が既に、雨漏りで、変色していた場所があったので、修理を頼んだら、既に直したといっていた。その場所は、確かに直っていて、雨漏りはないが、他の場所で雨漏りをする。また、入り口のドアの下の隙間から、雨水が吹き込んできて、入り口辺りが水浸しになる。家の中を歩くときには、タイルが濡れていると、滑りやすくて、非常に危険、私が、慣れているとは言え、油断は禁物。

ゴルフは、スタートから大雨の中、ボールの落ちた場所を見つけるの大変。まったく,ランがないどころか、突き刺さってしまって、ボールが真上からでしか見えなくなっている。水たまりにの底なら、まったく見えない。見つかっても、その場所では打てない、皆さんの声をかけて、ちょっと移動して打つが、それでも、足場がグチャグチャで、打ちにくい。キャディーもグチャグチャという言葉を覚えている。

グリーン上は、水が浮いている。浮き方が、一定していない。ホールの場所が水たまりになっていて、どこの穴があるのか見えない。思いっきりパターを振っても、球は、直ぐ止まってしまう。3パットは,マイナス3だが、10mくらいの場所から、4パットした人もいた。それが、このゴルフ場、グリーン上の水はけは非常に良い。雨が小降りになると、水がたちどころになくなって、次のホールのグリーン上は、よく転がるようになっている。パットの力感覚が狂ってしまって、ちょっと下りなら、打った場所り、はるか向こうまで行ってしまうこともしばしば、体全体がびっしょりだし、すべてが、いい加減な、どうでもいいやというゴルフになってしまって、スコーは最悪、ただただ、早く終わろうと思うだけ。
ところが、進行も遅い、いつもは、渋滞になる場所ではなくも、何か所かで、15分、20分待ちがあった。結局、通常なら、5時間以内で終わるのに、今日は6時間以上かかってしまった。

2月が、通常、雨季のピークで、各地の洪水もピークになり。コンペが中止になることも多い。3月に入れば、徐々に、乾季の移行する。
1IMG_3299.JPG
ゴルフ場への道、水が溢れる場所は、ほとんどないが、唯一のこの場所だけが、バンジール、水はけが悪い。
1IMG_3312.JPG
後半のスタート前、雨が止まない。11時ころ。ここでも、30分ほど待つ。
1IMG_3331.JPG
この花の木の名前を知らない。地色い小さな花を見るのは珍しい、遠くからは、この赤い葉っぱ?が、花に見える。 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感