So-net無料ブログ作成

(^_-)-☆kerja hari pertama [情報]

 3869 仕事初めの日、と言う意味です。一ケ月ブリの職場復帰だ。新規三社との懸案が進んではいたが、まだ、途中で、その様子をチェックした。一つは、客先との共同開発のような製品、半年以上関わってきていたが、最終段階になっていて、慌ただしい。金曜日に最終?サンプルを提出する約束をした。と言うのも、客先の担当者が日本本社の承認をもらいに、日曜日にそれをもって日本に出発だからだ。

 次いで、技術指導と製造ラインを提供する話だ。これもほとんど半年前からの話で、私以外から見積もりを取っていて、それなら、そちらでどうぞ、ローカル会社でできるものを私が奪いたくないからだ。私のポリシーに反することはしたくない。そう伝えたのが2カ月ほど前、私はとっくに、その会社の方に注文を出して進行しているものだとばかり思いっていて、復帰したということと、何か問題があったら遠慮なく相談をしてくだいとメールしたら、どうも、まだ、ローカル会社に頼むことを決めてないという。二か月前にも納期的にひっ迫していると言っていたが、どうなっているのでしょうか。大丈夫でしょうか。

 もう一つ、これも、2か月ほど前からの客先からの新規製品の見積もり依頼されていた。もう、見積もりを出したのか、確認したら、まだだという、製造数量(クオンティティ)を問い合わせているが返事がないから見積もりを出せないという。そのことを、先方に日本人に伝えたら、その日本人も分からないらしい。そういう時は、こちらの希望数量を書いて見積もりを出しておけばいいのに、それを、関係者全員が思わない。で、ミニマムロットで見積もりを出しておくと話した。そして、既に見積もりを提出した。
DSC04658.JPG
 独立記念日の旗や幟が、そのままになっている。23年前、赴任してきたときの道端がこうだった。何があるのと聞いたら、独立記念日だったよ、と言っていた。
DSC04657.JPG
 近所の広い田んぼ、私が出発する時は稲刈りをしていた。それが、広大な更地にされていた。大きな町が出来そうだ。
DSC04660.JPG
昼食、早速、ミーアラムバソの大盛りだ。胃がない私だが、ペロッと入る。美味しい。

毎日のように、これは、日本製だったという話が出てきます。面白いですね。あれも、これも、日本製です。気付かずに使って居ました。まだまだ、でてきます。日本商品が無ければ、生活ができません、日本装置や部品や薬品が無ければ、韓国の製造業は何も作れません。日本商品が無ければ、様々な商店に売るものが無くなります。失業者が増えます。コレアは、不買運動をしながら、世界中に日本の技術、日本商品を宣伝しているようなものですね。韓国は何もかも日本に手伝ってもらっている触れ回っていますね。それに気が付いていない。有難うと言いたいですね。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆緊急手伝い [情報]

 3802 自社で作ってそれをその他の部品と組わせて製品を作っているいくつかの会社の一社から、自社の押出ラインが故障してしまい、直そうと画策したが、今のところどうにもならない。組み立てる製品の納期は過ぎてしまった。太田さん、何とかして、と言うことになった。日本人からも、プロダクションコントロールの責任者からも、頼まれた。押出ラインの修復は勿論頼みたいが、製品をすぐ作ってほしい、直ぐです、と言う、木曜日に来て、とにかくすぐにと。

 その製品、20年ほど前に、私がキタガワ時代に供給した製品、今は内製で作っている。他のサイズのチューブもあって、それは、私がナンブ時代に引き受けて、今、ナンブから供給している。それで、今回のトラブルで取引があるナンブに頼み込んだが、無理だと言われて、私の所に来た。勿論、知っている製品だし、知っている担当者だが、直ぐにと言われても、金型が無い、装置もない、どうしても,何とかしてほしいというので、最短でいつから出きるか、“一休さんのポクポク“で、暫く考えた。そして、出た答えが、金型は、今持っている金型を修正する、装置も金曜日に改良する、原料は、今日のうちに100Kgほど、彼らの会社から届ける。金曜日の夕方から、トライをし、製品サンプルの評価を直ちにして、そのまま生産を続ける。土曜も今日、日曜も続ける、製品は、彼らが受取りに来る、その時、原料も待ってくる。とうことにした。
DSC03731.JPG 
 そして、その通り、今日も製造を続けている。オーバータイムである。それなりの費用は頂く。そして、先方の押出ラインに関しては、どうしても、私にチェックをしに来てほしいというので、私が直すわけではないが、悪いところ、直さなければならないところを指摘してやることになる。その後、どうなるのでしょうか。直れば、自社で作るのだから、内への注文は無くなる。どうなるでしょうか、もう社内で作るのは止めたら!!その装置、使えなくなったのは今回が初めてではない、過去、何回か、故障するたびに呼ばれた。簡単に直るば良いもあるし、三日四日掛かった時もあった。もう、20何年も使って、あちこちが痛みだしているから、たとえ、直したとしても、動かなくなる頻度も増える。もう、売ってしまったら?という話もした。
DSC03724.JPG
DSC03726.JPG
 ゴルフの最中、何かの催しのお囃子?太鼓や鐘の音が大きく、賑やかに聞こえてきた、オドンオドンだ。小さい子供の割礼のお披露目だ。田舎なので、その町を巡回する習慣が残っている。私の会社の方向から聞こえてくる。終わって会社へゆく途中、その行列に遭遇した。

 日本にも各驟催しの手伝いや段どりする会社があるように、結婚式やお祭りの段取りをする会社がある。それらの会社が、オドンオドンも、金額に寄るが、こんな具合に、するのです。
DSC03703.JPG
 ゴルフ場に到着し、バッグを下ろす場所、プレーや―のほとんどは、ここで降りて、受付に向かうが、私は、下りないで、バッグだけおろし、駐車場に車を置いて、ここに戻る。その時見る様子だ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆早速往来 [情報]

 3798 日系企業は今日始まりが多いような気がする。早速、休み中に色々テストした製品を客先に届けた。使えるかどうか、客先でのテストの結果を待つが、他の形状で金型を作っているので、そちらの方との比較になる。まだ、日にちが掛かる。

 私が20年ほど前から手伝っていたPT,KOHNOという会社がEJIPにある。洗剤などのボトルの上に着く、ポンプ付きのキャップを作っている会社だ。ポンプの下に、ボトルの底近くまで届く、パイプやチューブを取り付けてある、その、チューブを提供していた。今は、私が立ちあげたNANBUが提供を続けている。しかし、社内でもパイプの製造をしている。今回は、その社内の製造が、ラインのトラブルで、出来なくなってしまったといって、私にそのパイプを作ってほしいといってきた。その装置が直るまでのことだと思うが、その装置を治すことも頼んできた。

 Jum'at, 17 Mei 2019
Pekan Depan, Transaksi di GT Cikarut Dipindah ke GT Cikampek Utamaとっくに、こういう情報があったんですね。知らなかった。と言うのも、チカランウタマのゲートを5月初め以降は使ったことがなかっったし、チバトゥやデルタマスから入ってジャカルタに向かうこともなかったからだ。今日も、使った訳ではない、通ったわけでもいないが、ジャバベカ1から入った時に、どうも変だと思った。ちょっと以前から、チカランウタマのゲートをボンカル(破壊、壊す)という、ニュースがあることを知っていたが、使わなくなったということを知らなかったから、一体何のこと?と、思っていた。それが、今日、納得した。分った。

チカランウタマのゲートは使わなくなった、チカンペックウタマにその機能を移したということを、そういえば、パンガンダランへ出発する時、チバトゥから入ったが、ゲートは開きっ放しで、e-tollの残高チェックもできないで高速に入ってしまった。どこで、払うんだろうか、ゲートが、必ず、新しくできているはずだと思いながら走っていたことは、その日に書いた。

 今日は、高速に入ってMMに向ったが、フライオーバーから下の元チカランウタマのゲートがジャカルタ方面,無くなっているのを見た。ただし、ジャカルタ方面から東に向かう方のゲートは、まだあったので、まだ、使っているのかなとも思った。
DSC03665.JPG
 そして、MMからの帰り、チカンペック方面(東行き)は、今までとずっと同じで、ゲートがない、e-toll
も翳さない。ジャカルタ方面(西行き)に関しては、ゲートがあるので、払って入るのか、ここで入ったという証拠のe-tollを張り付けるのか、今までのことを知らないし、今日のことも知らない。でも、多分、いくらか払っているのだと思う。
 と言うのは、私が、ジャバベカ1から入った時、以前は4500Rp払って入った。だが、今日はいくら払ったか見なかった、と言うのは、今まで通り4500Rpと思い込んでいたからだ。
DSC03667.JPG
 そして、帰り、チカンペック方面に入った。チカランウタマゲートだったところの手前から左の道に入り、ジャバベカ1の出口に向かう途中、ジャラン トゥルース ティダアダ トゥランサクシの表示が見えた。ゲートは、まだ、壊されていないが、使っていないことが分かった。
 
それをみながら、出口に向かった。そして、払った金額が、中途半端な3825Rpだった。MMから入ったという証拠はないから、MMからの金額ではない、もっと、ずっと、ジャカルタ方面からも、この金額のか。それとも、チェックないしで入ったMMからだけがこの金額で、その西のタンブンは、入ったという証拠を残すためe-tollを張り付けて入るのでしょうか。今日の所は、分からない。

ジャラントールに入るとき、①フリーでジャラントゥルースと、②払う必要はないが、ここから入ったという証拠の為にe-tollを貼って、ゲートを上げて入ると、もうひとつ、③入るときに金額を払って、ゲートを上げるの、三つの入り方がある。それらに従って、出るときは、①フリー、②支払う、③途中のゲートでそこまでの金額を払って、もっと、先で出るときに、また払う。の三つの出方があるようです。

慣れない人は、ちょっとストレスになりそう。フリーで入る場合は、e-tollの残高を知らないまま、入ることになる。

今日訪問した客先から、POMで、同じ製品を作るように、依頼された。成形もPOMは、難しいが、原料入手が滅茶苦茶むずかしいし、面倒だし、価格も分かりにくい。それでも、何とか、結果を見たいというし、引き受けることにしたが、明日中に見積もりを出す。インドネシアでPOMの押出をやっている会社はないはずだ。だから、原料を扱ったことがある商社もないはずだ。
DSC03670.JPG
ここは、ジャバベカ5の入り口だ。ジャバベカ1のゲートを出て、会社に戻る途中、一番の近道はここを通る。
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆短粒米 [情報]

 3797 私が食べている米です。インドネシアのお米、以前と違って、短粒米が普通になっている。ナイゴレンにはパサパサした、長粒米が向いているといわれていて、その方が良いという人もいるが、矢張り、売れ筋は、日本のお米と同じように、甘みが多い物、おにぎりを作りやすい、多少粘り気のあるお米(beras)のようだ。以前は、ご飯を炊くときに、お米の三倍の水だったが、この米は、2倍が丁度いい。3倍などにしたら、半お粥になってしまう。
DSC03650.JPG
Pemutih Pengawet Pewangi プムティ プンガウェッ プワンギですね。それぞれ、“漂白剤”“白くするもの”、“保存料”“防腐剤”、“芳香剤””香水“という意味ですね。Tampa タンパは“抜き“”含まれていない“という意味ですから、自然食品ということを強調しているのですね。
PeとかPenなどは、物や人や道具などを表す、例えばputihは、“白“ですから”白くするもの“ということです。Wangiは、”良い匂い(香り)”ですから、匂いをよくするもの、ということになりますね。しかし、このawetというのは、"丈夫”ですね。

余計だが、Gawat!ガワッと言うと、シマッタ!ヤバイ!という表現です。

そして、このお米で、甘酒やお酒を作って、皆さんに提供している。私の甘酒作りは夕方始める。
お米100ccを200ccの水で、食べるときと同じように炊く。
炊き終わっも、炊飯器の中に入れたまま、保温状態にしておく。
100ccの水を注いで、温度を下げながら、かき混ぜる。
米麹を100ccほぐして加えて、よく混ぜる。
蓋をしないで布巾などの布を被せる。蓋はしない。
最初は一時間ほどの間隔で数回、混ぜる。
徐々に、しっとり、そして、甘みが増していることを確認する。成功だ。
 寝る前に保温を切って、蓋をし、自然に冷やす。
 朝、一応、出来上がっていることを確認し、容器に移す。
 簡単でしょ、炊飯器の温度条件が適しているのだと思う。採点も甘いが、甘すぎなくて、私に合っている。
antarafoto-a1.jpg
一方通行にして、渋滞が緩和されたと効果を強調する警察の報道より、渋滞の時間がかなり長いと思う。まだ、途中から、今どこ辺りと写真を送ってくる従業員がいる。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆製造は最終日 [情報]

 3785 日本でなら、年末仕事納めに日、6月5日がレバラン、イスラムの正月だ。その前後、当期休暇になる。その仕事納めの日が今日だった。シフトも夕方で終り、夕方、16時、終業の時刻に皆さん集合で、スンバコを渡して、解散、そして、明日は、一応、8時出社で、大掃除と棚卸し、5Sで、昼前には、解散になる。ムディック体制になる。6月10日、仕事始めになる。

 ということで、今年も、お仕舞、全て、順調と言いたいが、最終日の今日、昼前から、突然停電、停電は、いつも突然には違いない。そして、すべてが、否応なしに、ラインストップ、製造ストップ。今更、電気が来ても、再スタートしても仕方がないから、金型は解体、整備、そして、停電が回復するのを待ちながら、後加工も手でできるバリ取り、そして、検査や梱包作業、修行の16時になっても、電気は来なかった。この工場らしい、最終日だった。アパボレーブアッApa boleh buat!’(どうしようもないね!)の一日、そして、一年でした。
DSC03395.JPG
 私は、朝から、試作をするつもりだった。金型のセットは、してあった。ところが、水を吸い上げるポンプの一台が故障してしまって、吸い上げる量が不足し、その時稼動していた他の3ラインの水の供給で一杯一杯になり、私が水を使うと、そのラインを止めなければならないから、試作ができない状態になってしまった。それなら、仕事最終日だから、それらを止めた後、試作をしようと思っていたが、停電だ、皆さんがいなくなって、17時まで待ったが、停電のまま、諦めて、明日、私はゴルフだが、自分にやらせてほしと言う、現場のリーダーの一人がいうので、彼に、支持をした。私は14時ころ出社するが、その時、終わっていることを期待する。彼は、有望株の一人だ。100℃までの、アニーリングテストはしたが、明日から110,120℃と可能な限り高い温度でのテストをする。休み明けの12日頃には、サンプルを提供するためだ。

 また、今日、同じ客先からPOMのパイプはできるかとの問い合わせがあり、出来ると、答えた。ただし、原料の入手が面倒ということと、船便なら2か月掛かると伝えた。インドネシアに、押出用のPOMを在庫している商社はない。射出では使われていると思うが、押出をやっている会社はないはずだ。POMのパイプを作ることができる会社はないし人もいない。できるのは私だけだし、経験があるのも私だけだ。

 そして、他の一社と、架橋HDPEのチューブの製造ラインを指導してほしいとという依頼があった。其の会社、S-PVCの製造販売をしているローカルの会社だが、日本人が、他の部門のアドバイザーとして、在籍している、その方から、折角、設備があるのだから、自社で、今まで手懸けたことがない原料でのチューブを自社で作ることを社内提案しているのでした。休み明けに、訪問する約束をした。
DSC03398.JPG
 あきらめて、家に着いたのが17時半、停電はつづいていた。電気が来たのは、19時ころだった。明日、ローソクを買っておかなければならない。一年を象徴するような一日だった。

 https://www.youtube.com/watch?v=0mvYoullpugこの番組 知られていない地方の素人歌手が出演し、ゲストが玄人か素人かを当てる番組、韓国の番組から、パクった?韓国がもともと、どっからかパクった番組らしいが、インドネシアで、かなりの人気番組だ。
タグ:象徴 故障 停電
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆道なりのカーブだけ [情報]

 3770 MM2100からの帰り、行きと違う道を開拓しようと、チカランウタマ2(ジャバベカ1へ直接入るゲート)から出て、北へ向かって直進、いつもは、信号で右折し、ジャバベカ2に向っていたが、今日は、その信号を直進し、ジャバベカ1の中を北に向った。どうなるのでしょうか、どこかで右折して、コタチカラン方面に行かなければならないと思いながら、進むと、突き当りで右折するように道になっていた。そのまま、東に向って、しばらく行くと、コタチカラン方面は左車線、右側は、その道を越える陸橋になっていた。いつできたのか、新しいフライオーバーだった。
1DSC03189.JPG
2DSC03190.JPG
そうか、ここに出たか、そこ越えれば、ジャバベカ3、4、5に入ることが分かった。

もう、東へそのまま進めば、ドライポートを左に見ながら直進でいい。ユニフェスタス プレシデンPresident Universityの前を通って、ロータリーを半周して、向こう側、ジャバベカゴルフの入り口方面を右に見て、なお、直進、ジャバベカ6の手前で右の狭い道にないる。
3DSC03193.JPG
DSC03203.JPG
結局、チカランウタマのゲートを出てから、真っ直ぐ北に向かい、自然に東に向かい、真っ直ぐ行けば。ジャバベカ6に至る。非常に、シンプルな道程だった。次回、MM2100方面の高速に入るときには、これを逆に行けばいい。迷うことはあり得ない道だ。

また、チバルサヤやチカランバラットのインターから入るより、料金上手前の渋滞はないし、ジャラントールの距離が短くなり、渋滞にハマる距離も短くなる。

今後、ジャカルタなど西から見えられるお客さんや、ジャカルタなど西から見えられるお客さんや、内のドライバーがMM2100やボゴール方面などへの納品の時や私がタクシーで空港方面に向う時、この道を使うよう、教えようと思う。単純だし、広いし、新しいから凸凹が少ない。
4DSC03198.JPG

そして、16時半ごろ、事務所に誰もいなくなった、私一人しかいなくなった。
新しい、私のウェブサイトの表紙はこちらです。 http://otaenplaext.net/concept1.html
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆引っ越し予定 [情報]

 3755 私ではない 以前からこういう話はあったが、今日、閣議決定がされたようですね。インドネシアの首都(IBU KOTA)をジャワ島以外の島へ移転をするという。
10年後が目途らしいが、どこにするかは決まっていないし、いつ決めるかも決まっていないようですね。
 https://www.youtube.com/watch?v=LSn-CY2wtWo
2019/04/29 に公開
Presiden Joko Widodo bersama Wakil Presiden Jusuf Kalla memimpin rapat terbatas bersama menteri dan sejumlah kepala daerah dan lembaga, Senin (29/4/2019). Rapat kembali membahas wacana pemindahan Ibu Kota negara dari DKI Jakarta ke daerah atau provinsi lain.
この報道では、カリマンタン島の内陸部にあるパランカラヤが有力といっていますね。行ったことがあるが、インドネシアの真ん中に近いし、開発するには、何もないところだから、適当だと思う。南にバンジャルマシン、ちょっと北東にバリクパパンとサマリンダなどの中都市がある。ブラジリアに似たようなプロジェクトになりそうだ。
問題は資金だね。
IMG_3182.jpg
パランカラヤの空港ターミナルです。
パランカラヤhttp://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage109.html
http://nanbuindonesia.web.fc2.com/newpage110.html
は、fcを使っている。

私のWebsite、ジオシリーズを使っていたページは全て、新しいサイトで開くことができるようになっているが、もう一つ、問題がある。web.fc2.com/を使ったページだ。
数年前から、使わなくなっているため、開くと、何やら、邪魔な画面が挿入されていて、バツ印をクリックすれば消えるが、また、直ぐ現れる。写真を開くと、また、何やら、現れるものもある。鬱陶しい。そこで、良い機会なので、これらも、すべて、今使っているソフトでのページに移そうと取り掛かった。
しかし、取り掛かってみると容易ではない。ファイル数が多分、数千になってしまっている。特に写真の数が凄い、旅の一か所だけで、1~200ファイルはある。それが、fcを使っているのが、40か所以上ある。
DSC03040.JPG
私は、ホームページ、ビルダー21というソフトを1万数千円で買って、使っている。その中の左上の「ファイル」から「どこでも配置モードで新規作成」という、何にもないページだけを使って、ファイルを膨らませている。「ファイル」に中の「かんたんホームページ、デビュー」より、簡単だと思うから。

明後日から「令和」ですかね。27日の土曜日から、10連休に入っているんでしょうか、日本は。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆令和ですか [情報]

 3727 多分、日本人の大部分が、次の年号は“令和“か、っと、もう、知ったでしょうね。エイプリルフールだからと、夕方になって、安倍さんか菅さんが、実は5月1日から”和令“になります。と言ったら、面白いですね。私は、どちらかと言うと、こちらの方が良いと思う。今迄、和令は、無かったでしょうし、頭文字がWの方が良いし、人や会社で、こういう名前が、あるとしても、非常に少ないと思うし、和令の方が、笑いに近いし、それにR指定って、気になるし、どうでしょうかネ。なぜ、万葉集から引用したなら、ちょっと、前後を逆にしてみようという発想は、無かったのでしょうかネ。カズレーザーさんという人もそう思っているかもしれませんね。まっ、どうでもいいか。

私は、長い間、外国にいるから、日本の年号にはなじみがないし、日本で何か書類を書くときに、年号で書かされることに抵抗がある。今年、何年だっけ、と、いちいち確認しなければならない。

令は霊や零を連想される、それに命令にもつながりそう。もう一つ、万葉集から引用で中国の古典からではない、と言っているが、大宰府の梅でしょ、詠われているのは、当時のこの習慣、大いに中国からの影響ですよね。へそ曲がり人間の感想でした。
318805143[1].jpg
41a.jpg
Inilah Nama Era Baru Kekaisaran Jepang, Reiwaこれが日本の新しい年号です。令和。
インドネシアでも、速報されていました。Jepang Menantikan Nama Era Baru Jelang Lengsernya Kaisar Akihito日本見える前方新しい元号に Lengsernya 明仁天皇陛下の退任で、年号が新しくなる。。
Parlemen Jepang mengumumkan nama era baru yang bakal dipakai oleh Putra Mahkota Naruhito ketika dia bertakhta 1 Mei mendatang. 日本の議会は。皇太子徳仁親王によって使用される新しい時代の元号を発表しました。
Dilaporkan AFP Senin (1/4/2019), Sekretaris Kabinet Yoshihide Suga mengumumkan nama era baru yang bakal dipakai Naruhito adalah Reiwa. Afp 通信と報じた (2019/01/04)、菅義偉官房長官発表新しい時代の皇太子が使用する元号を “令和”と発表した。

私のウェブサイト、http://otaenplaext.net/newpage300.html ”太田勝夫 enpla sextruion”は、ヤフーの予告通り、今日から、開けなくなったページが幾つかありました。自己紹介、Profileの項目の大部分が開けなくなっていますね。昨日も書いたが、http://enplaext.livedoor.blog/こちらで、見る事ができます。
その他にも、ジオシリーズとは関係なしに、開けることができなくなっているページもあります。それらは、”太田勝夫 enpla ext Indonesia new” http://otaenplaext.net/newpage0.htmlから、見ていただけことができると思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆ビザ取得 [情報]

 3699 そして、無事、自宅に帰っている。ゆっくり起きて、8時過ぎ朝食、9時にアミンさんにパスポートや写真を渡した。12時にチェックアウト、街へ出た。別に目的はない、時間つぶしに、港、マーライオン方面に向った。17時過ぎに、パスポートを受け取るため、泊まったホテルに戻った。
aaDSC01867.JPG
aaDSC01870.JPG
まず、マーライオンを目指して、南下した。例のふねがのっている三本のビルを目指した。ラッフルズの像の前を通って、鉄骨の橋を渡った辺りで、マーライオンが見るはずだった。ところが、無い、何やら金網と柵で囲われていて修理中なのかな。それでも、多くの観光客がその周囲をうろついている。多分、すべての人ががっかりだと思う。特に、始めてきた人が一番楽しみにしていたはずだ。がっかりツアーになってしまって気の毒。

その対岸で、2時間ほど、転寝をした。行きたいところはないし、金がかかるし、たたたた、時間が過ぎるのを待つだけだ。この場で、寝転がるのは何度目だろうか、多分、もうないと思う。

17時過ぎに、パスポートを返してもらうために、泊まったホテルに戻った。18時前に受け取って、ビザの数字、312を確認し、直ぐ、空港に向った。空港には18時半に着いた。出国の時、片言の日本語で、下にして貼ってという、パスポートを下に向けて、装置の縦版に張り付けた、そうじゃない、下に向けて、下に向けてく、繰り返す、下に向けているでしょ、と、日本語で言ったら、パスポートを奪うように取って、違うと言いながら、写真が貼ってあるページを開いて、下に向けて、縦の壁ではなく、下のパネルに押し付けた。すると、前の遮断が開いた。目出度しである。しかし、入国のスタンプがあるのに、出国のスタンプがパスポートに無い、パスポート上は出国していないと思うが、どうでしょう。

日本からの時もそうだった。日本の時には、顔を認識していたが、チャンギでは顔を確認していなかった。

20:20離陸、21時には、インドネシアの右側の外国人のイミグレに着いた。
今、シンガポールでヴィザを取ってきたばかりだと言ったら、そうか、それなら、一番向う、左端ののカウンターへ行って指紋をとってもらいなさいという、初めてのことで、何やら分からなかった。インドネシア人用のカウンターの前を会釈しながら、左端へ行った。なんだ、と聞くから、ビザを取ってきた、と言ったら、そうか、じゃ。ここで指紋を取ろうという、そして、10本の指紋を取られた。そして、写真だという。右へ傾いているから真っすぐしろとか、下を向いているから、ちょっと上を見ろとか、言われながら撮影された。サインをすれば、ブカシバラットのイミグレで、ITASを申請する時と同じだ、そのあと、QRコードのステッカーを張ってくれて、これで、OKと言う。何がOKなのか分からないが、まっいいか。明日、サクラへいって、この成り行きを説明すれば、分かるでしょう。
DSC01920.JPG
ジャカルタへは、21時半に到着、予定通りだった。今日の内に会社に戻った。無事、任務を終了した。やれやれである。
aaDSC01875.JPG
aaDSC01877.JPG
マリーナベイサンズの手前のギザギザ屋根のショッピングモールの中の様子。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

(^_-)-☆MRTなど [情報]

 3679 いよいよ、3月12日、運行開始のMRTジャカルタ、初日は2万人を限度にタダで乗れるそうだ。ただし、ネットで予約は必要だとか。
https://20.detik.com/detikflash/20190212-190212096/mau-naik-mrt-gratis-bisa-begini-caranya
これが、開通したからと言って、トランスジャカルタがある限り、ジャカルタ南北の渋滞が少なくなるとは思えない。

このDVDは、高架高速道路とLRTと高速鉄道の様子が、一か所に見えるところをドローンで撮っていますね。
高速鉄道の工事、建物中に何があるのでしょうか。人気がありませんね。19年には開通のはずが、今、20年と言っているが、一説には24年ともいわれている。
高架高速道路は,どうでしょうか、ジャカルタ、チカンペックとなっているが、ジャカルターカワワンバラットですね。今年のレバランのムディックには、間に合わせると、言われていますが、どうでしょうか。
LRTは、ブカシティムールまでですね。こちらは、もう一年、来年のレバランに間に合わせるのではないでしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=SZh5wPh8XsA
無茶苦茶な渋滞の今、これらが、使えるようになっても、渋滞はなくならないでしょうね。
DSC01599.JPG
金型の修理依頼に行った途中、チカランバスターミナル付近でのラジア(交通取り締まり)。
DSC01603.JPG
その帰り、コタチカランの踏切、遮断機が下りた状態、私はこちら側の車線で持っているが、多くの車は、対向車線に行け待っている。踏切の向こう側も同じだから、踏切の手前から、割り込み争うになる。インドネシアスタンダードですね。
  

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感